「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

中国オタク「子供向けという言葉は悪口にもなる。ウチの国で使われる場合は少なくとも褒め言葉にはならない」

ありがたいことに
「中国では子供向けを嫌う、子供向けを見るのはオタクじゃないという考えの人がいるように思えますが、今の中国のオタクな人達の子供向け作品に関するのイメージはどういったものなのでしょうか?」
「またどういった作品が子供向けカテゴリと見做されるのでしょうか?日本では子供向けに入る作品についても普通に語られているようなのですが」

という質問をいただいております。

質問にもある通り、中国オタク界隈では「子供向」という言葉がそのまま使われていますし、子供向けとされる作品に関しても、日本とは少々違う感覚があります。

中国のソッチ系のサイトでは
「子供向け作品とネガティブなイメージ」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


子供向け作品のイメージが人それぞれ過ぎて混乱する。
ジャンル的な物かと思えば、悪口になったりもしている。

子供向けの定義もハッキリしないしな。
今では誰も子供向けだと言わない作品が昔は子供向け扱いだったり、シリーズが進むうちに子供向けじゃなくなったりもする。

別に「子供向け」が悪口ってわけではないだろ。
俺は子供向けをネガティブな意味で使ってはいないぞ。単に「子供に見せるアニメ」ってだけで。

子供に見せるもの、子供に見せるようなものって段階でネガティブに使われる原因が出ているんだが。
実際は子供を騙すための作品と、子供に見せる作品ってのは違うはずなんだけど、子供が見るもの=自分が見るほどの価値が無い的な扱いにされがち。

「子供向」という単語にはネガティブな空気が付いて回るし、ウチの国で使われる場合は少なくとも褒め言葉にはならないね。
かなりのケースで「幼稚」と言い換えることもできてしまう。

自分の中のイメージだと、子供向けのアニメって「キレイな童話」「啓蒙的な話」だね。

子供向け作品を大人が見ても良いし、対象年齢関係無く面白いものは面白いと思うのだが、難しいな。

そこはウチの国独自の事情もあるだろう。
日本では子供をターゲットにした、子供向けアニメ市場が活発だし子供向けをそんなにネガティブな扱いにはしない。

一般的な感覚だと、子供向けと言えば子供に見せるものであって大人が見る物ではなくなるわな。

子供向けの番組を見ているという時、なにかしら自嘲気味な気分にはなるからね。年齢によるレッテルの影響もあるのかな。
ふと思い付いたが、ウチの国のネットの罵倒の一つ「小学生」ってのもよく考えてみれば……日本人に対して小学生と罵倒して相手の日本人に困惑された知り合いがいるわ。

自分が面白いと思う作品を見ればいいだけだろ。子供向けとか気にしなければいい。

日本のアニメの子供向けの定義に関しては、まず日本における放映時間で見ておけばいい。
少なくとも深夜に子供向けは絶対に放映されない。

内容を見ずに放映時間だけで判断するのはどうかと思うが。
子供のためになる、啓蒙的な作品、負の方向の内容では無い作品は子供向けとして見るべきだろう。

日本のアニメのシステム的な話だから内容以前の問題なんだよ。
深夜にわざわざ起きてアニメを見る子供を期待して作られる子供向け作品なんて無いという話だ。

子供向けと全年齢向けを混ぜてしまう人間が少なくないのも問題だ。
例えば「ポケモン」は全年齢の方なのに。

子供向けと全年齢って同じカテゴリに近いぞ。
明らかにそこを分けて考えるのも不思議な話だ。

何言ってんだ?
全年齢向けと子供向けは「=」じゃない!

普通の大人なら子供向けの作品を好んで見ることはない。見るのは普通全年齢向けの方だ。

魔法少女系で例えるなら「プリキュア」が子供向けで、「リトルウィッチアカデミア」が子供向けでは無いだろうね。そして「魔法少女まどか☆マギカ」に関してはあえて言う必要は無いよな。

でも「プリキュア」の方が大人のファンも多いらしいぞ。

「ポケモン」は子供向けじゃなくて全年齢扱いだから大丈夫!みたいな認識のヤツもいるか……

「ポケモン」、「遊戯王」は子供向けじゃないだろ。

あとは「仮面ライダー」なんかもだな。

子供向けって全年齢向けの中で低年齢層を対象にした作品だと考えていたが。完全に同じではないが、完全に違うものでもないという感じで。

昔はアニメって子供向けは子供が、青少年や大人向けは大人が見る物だと思っていたが、最近は子供向けの方に大人が見て楽しめる作品が目に付く気がする。
むしろ青少年向けや大人向けは小中学生向けが多いという印象も……

ファミリー向けというか、家族で見れる作品というのもあるからな。
こっちで大人向け、子供の作品じゃないとされる作品ってマニア向けであって、必ずしも大人向けではないように思えてしまう時もある。

子供向けの作品ではあっても、対象は子供だけではないからなー

おっさんな自分の経験を語らせてもらうが、「子供向」にネガティブな意味が加わるようになったのは、国産のゴミアニメのイメージが重なったからだね。自分達の見ているアニメは国産のゴミアニメ、「子供だまし」じゃないと。
最近は大人向けの国産アニメも増えてきているし、「二次元」という言葉で語られるようになってきたが、昔はその辺りの区別をしたがる人が多かったのよ。

何言ってんだ。別に国産の子供向けとか別にヒドイわけじゃない。
日本も子供向けアニメをどんどん作らなくなっているし、品質も劣化の一途だ。ウチの国の国産アニメの方が今では日本より優れているようにすら思える。

お前の見ている日本のアニメってたぶん俺の見ている物と違うんだろうな……
一度日本の玩具市場や、アニメ産業の情報をのぞいてみるといい。

昔の国産子供向けはマジでヒドイぞ。ゴミという形容詞がしっくりくる。あれのせいで「子供向」のイメージはヒドイものになったし、反発も生まれるようになった。

どの作品を子供向けだと受け取るかが人それぞれ過ぎるからな……
「けものフレンズ」とかは子供向けなのに世界観やストーリーのギミックがスゴイと思う。

「けものフレンズ」は子供向けじゃないだろ。

作品の中身を見ろよ。あれは明らかな子供向け作品だ。
劇中では動物園職員による動物紹介までやってるんだぞ?

「けものフレンズ」は制作背景やスタッフの発言、マーケティング、どこを見ても子供向け要素無いぞ。あえて言うなら子供向けのフォーマットで作られたオタク向け作品だろ。

子供向けに関してはストーリーの内容次第だと思う。
「けものフレンズ」はちょっと判断に迷う所だが……

ちょくちょく言われているのが
「今子供向けだと言われていない作品も最初は子供向けだった」
という話だが、これってどうなんだろう?
昔は子供向けだったシリーズの作品を見ている人間が子供向けを軽んじるのはどうかと思うのだが。

時代が違うしシリーズの各作品の扱いも違うからそこは別に気にする必要無いと思うが。

ガンダムとか仮面ライダーがその「元子供向けの大人向け」枠かね。
でもガンダムは初代からして子供向け枠で大人が食いついていたわけだが……

納得できない人がいるのも理解できるが、子供向けなのか、そうじゃないのかについてはやはりストーリーとかじゃなくてシリーズや商業展開で分けるのが正しいと思う。
特撮系、例えば仮面ライダーやウルトラマンの個別の作品に関して、これはストーリーが鬱だとか深いとかで子供向けでは無いという人も多いが、それは違う。
ターゲットに大人が含まれているとか、子供向けとしては問題があるように感じられる設定やストーリーとかがあっても、商業的には子供向けとして扱われている。

「大人も楽しめる子供向け作品」ではなく、「大人が見る価値のある作品」という方向で語られてきたからなあ。
ウチの国は子供向けということにネガティブな意味を感じ過ぎているような気もする。

面白い作品も多いのに、子供向けということでネガティブな扱いになるのはな。

子供向けを否定するのとは反対に成人向けの作品が良い、コレは成人向けの作品だと称賛するのもどうなんだという感じがする。日本語だと「成人向け」って「18禁」と似たような意味でも使われるから、逆に滑稽になってくる。

なるほど。そう言えば中国語だと「大人向」だとヘンな感じに受け取る人もいるから、「子供向」だけがある種のオタ用語として広まっているのも興味深い現象かもしれん。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈では「子供向け」というカテゴリやその扱いに関してはいまだに複雑な所もあるようです。

中国オタク界隈における子供向け作品への反発に関しては、自分達の見ているアニメはカッコ良くなければならない、価値のある趣味でなければならないといった空気が感じられます。

その辺りの原因については現在の中国ではではアニメが外来系文化枠、若者文化枠であることや、過去の国産アニメのクオリティとその扱いに関するトラウマの名残なども影響しているようですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国版FGO羅生門前炎上事件、謝罪と釈明と詫び石30個で一応の鎮静化?

前回の記事
中国国内版FGO、羅生門イベント前で既に炎上
で中国版FGOのゴタゴタを紹介させていただきましたが、
その後中国版の公式からの回答(中国語)が出たそうです。

ありがたいことにこの件に関するネタのタレコミを複数いただいておりますので、今回もその件についてを。
まず中国版FGO公式からの回答の大雑把な内容は以下のような感じでしょうか。

・中国版FGOのイベントスケジュールについては、コラボ内容について多方面と権利関係の交渉をする必要があることなどから数か月前にライセンサーの審査を受けなければならないので臨時の変更はできない。
例えば6月から8月の全てのイベントについては今年の2月13日にライセンサーの監修へ提出し、2月16日にライセンサーからの回答を得て、最終的なイベント内容とスケジュールを確定している。「陰謀論」のように他のゲームに合わせてスケジュールを変更するのはそもそも不可能。


・今後のイベント予定は6月24日からメインクエストAP消費1/2キャンペーン(3週間)とハンティングクエスト、その後は羅生門イベント。
bilibili8周年記念はゲームログインによるボーナス取得方式で行うので、イベントスケジュールへの影響は無い。

(Fate/Zeroコラボイベントの時点で昨年の日本のスケジュールより約3週間遅れの実装ペースでしたが、羅生門イベ辺りの時点で約5週間遅れになるようです。これに関してはピックアップ追加タイミングの調整の結果でもあるようですが)

・「陰謀論」に関して回答が行われなかったのは、当初その話題が一部のユーザーの間でのものだったので、存在しないものに対してユーザー全体に対して声明を出すのは不適切だと考えたから。
しかし6月18日に問題となった特設ページがアップされ、この話題が急速に拡散されたので、我々はこの意外な事態に内部で協議を行い、正式な回答を出すことを決定した。
今後、我々は(FGO系の大きなフォーラムのある)現地大手コミュニティの管理チームと毎月一度の定期的なコミュニケーションの機会を作る。この窓口を通じてユーザーの皆様と交流し、ユーザーの皆様の気になる問題について答えていきたい。


・問題の特設ページがアップされる前の時点では、サイト運営部門とゲーム運営部門の間のやり取りが無かった。我々はユーザーの反応経由でようやくこの事態を知り、即座にサイト部門の者に連絡して処理に当たった。
サイト部門は既に今回の件に関して厳重な処理を行っている。今後、我々は社内の他部門との横のつながりとコミュニケーションを強化し、類似の事件の再発防止に努める。


・この度の特設ページの不適切な内容により皆様にご不快な思いをさせてしまいましたことについて、この場を借りて全てのFGOユーザーの皆様にお詫び申し上げます。
また我々のお詫びの気持ちとして、ゲームのユーザーの皆様に以下のアイテムを送らせていただきます。
聖晶石(無償)30個


以上です。
端折っている所も多いので、詳しくは原文の方をご参照ください。中国版FGO運営の内幕に関する情報も出ているのは興味深いですね。

また日本のソシャゲにもかなり手を出している中国オタクの方によると、
今回の件に関しては

「日本版ではZeroコラボイベの後にすぐ羅生門イベの告知とAP1/2がありましたが、中国版ではZeroイベ中に追加されなかったメイヴやクー・フーリン・オルタのピックアップが追加されるだけで、みんな運営が故意に『長草期間』(草を育てる育成期間)を延長して時間稼ぎをしていると思いました。これに関して公式からの回答がずっと無かったことが余計に不満と陰謀論の拡散を強化したと思います」

「これまでFGOは中国オタク界隈でとても人気の話題になっていました。だから『長草期間』で停滞している間に碧藍航線に人気や注目を持っていかれるのではないか、運営は何をやっている?という焦りからくる疑いもあったと思います」

「この空気に関しては、例えるならば日本のグラブル系の所で新要素の更新が無く上級者のやることが無い時にFGOの話をしまくったらどうなるか、或いはその逆のことをやったらどうなるかといったものに近いかもしれませんね」

とのことでした。
とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの対応に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


運営から回答来たぞ。
詫び石30個だって。

ようやく誠意のある回答が出たか……過去に俺が信頼していたbilibiliはもう無いのかと思ってしまったよ。

石30個?
イイヨイイヨ。何も起こらなかった。運営を讃えましょう。

ふーむ、謝罪が入ったってのは結構意外だった。
ただスケジュール延期は日本との交渉が原因と言うだけで、何も変わらないのはなあ……

ライセンス関係の交渉をきちんとやってたのはちょっと意外。
サービス始まったばかりの頃、権利関係から「空の境界」とかのコラボイベントの実装は難しいのではとか言われていたからな。

悪くは無いな。
もっと早くできれば良かったけど。

よし、石30個もらった以外は何も無かった。そうだな!

30個もらえるなら定期的に特設ページやってもいいぞ。

今後は毎月ユーザーとのコミュニケーションを取るというのが大きな進展だろう。
石30個も凄いけど。

30個は新規の自分にはとてもありがたい。

それで羅生門イベントは何時からなんだよ。
そこがユーザーの気になる問題だろうが。

ピックアップの調整とかどうでもいいから、イベント先にやってくれよ。
日本のキャラ評価とスケジュール見て、みんなの引くキャラなんてのは決まっているんだから。

こっちの方ではピックアップの驚きは皆無だよね。
もしピックアップで稼ぐなら、情報が既に出回っていることを考慮しないとダメだろう。順番の調整でどうにかなるものではない。

予想としては出ていたけど、やはりゲーム運営とサイト運営で話が通ってなかったのか。

明らかにFate知らない、軽く検索してなんか流行ってるっぽいからやったみたいなネタだったからな……

それにしても今回は石出ても、今後信用するかは様子見って人多くないか?

今回はわりと本気で運営に対する信仰を失った人が多かった。
作品やキャラクターに対してあまりにもヒドイ扱いをした。ライセンスを取得したからと言って、何をやってもいいわけじゃない。作品を自分達が好きにしていい、ファンを侮辱して嘲笑していいわけではない。
運営に対してFateファンとして信用できるのか、作品を尊重しているのかといった疑問が生じた。

でも運営は良心的だと思うぞ。
今回も別に石を配る必要は無かったんだし。

運営に問題が無いわけじゃないだろ。特設ページに関して運営自身のやらかしではないのは分かるが、それ以前の不満の蓄積があったからあそこまでの大炎上になってしまったわけだし。
空白期間長いのに回答無し、ユーザーの意見をずっと無視していた結果の炎上だ。

そこは受け取り方次第だと思うけど、今回bilibiliが対処をミスったのは間違いないよね。自分はゲームをやめるほどではないけど、以前のような信用はできなくなってしまった。

しかしイベントのスケジュール決定について日本側と事前に協議しないといけないのは分かったが、スケジュールについてはまだ空くってことじゃねえか……

謝罪はしているけど、羅生門イベント期間という重要な問題に関する回答は結局無いんだよね。不満と不安の原因が解消されてない。

回答によるとメインクエストAP1/2が3週間ってことは、羅生門イベントも3週間後ってことじゃないの?
まだ育成期間続くのかよ……

いや、恐らくAP1/2開始から2週間後だろう。
日本版も最後の1週間と重なる形で羅生門がスタートした。
どっちにしろヒマな期間はまだ続くがな……ハンティングクエストで骨と羽でも取っておくしかない。

第五章まだ終わらせてないヤツとかいないだろ。
俺の周りは実装直後にリンゴ食うか石割って終わらせてるぞ。

古参は終わらせてるだろうね。
だが贋作やFate/Zeroから入った人はまだ終わってないかもしれないし、新規で始めた人が追い付くためにどこかでやらないといけない措置ではある。FGOってストーリーを進めないとイベントに参加できない作りのゲームだから。

自分はFate/Zeroイベントから始めたけど、ストーリーが目的だったから石割って進めた。ただ効率重視で1/2待ちの人やイベントを優先した人もいるだろう。

自分は最近再開して、AP消費しまくって進めてるから1/2はかなり助かる。

昔からやってても、イベントとデイリーと育成メインでストーリーが五章の途中という自分みたいなのがいるぞ!

なんか今回は前のようなノリで石を喜べない。
今回の一連のゴタゴタでなんか気持ちが揺らいでしまったというか、ファンとしての心が摩耗したような感じだ。
自分は普通のFate好きレベルだけどなんでこんなゲーム遊んでこんな運営に金払ってんだろうと。

謝罪や石もそうだけど、ファンとの窓口を開設するという話は収穫だろう。
もちろん謝罪は受け入れるし石はありがたくいだたくが!

別にみんな石が嬉しくないわけではないはず。
しかしやること無し、イベントスケジュール不透明な空白期間は続くわけで、そこに関する反感は消えてない。だから微妙な気持ちの人も多いんじゃないか?

運営とコミュニケーションの取れる窓口が出来たのは良いことだと思うけど、情報の告知や公開に関していまだに問題もあるからね。私もしばらくは様子見だ。

今後マシになれば良いよ
別にゲームを壊したいわけじゃない。

そうだな。ただ運営の態度は悪くないけど、しばらくメインストーリーAP1/2が続くのが判明してしまったのはガッカリしたよ……
日本と同じペースで計算したら、7月の第一週まで羅生門イベントは無いのだから。



とまぁ、こんな感じで。
ひとまず落ち着いてはきているようですが、今後のイベント開催が早くなるわけでもないことから、完全に問題解決という空気ではないようですね。

ただ中国版FGOの炎上頻度の高さはアレですが、運営チームの対応は日本の感覚と比べてかなり素早いように感じられます。この辺りは中国のソシャゲ市場で日々しのぎを削っていることによるものなのでしょうか。

それから詫び石30個も気になりますが、それ以上に現地のファンコミュニティ直結で、ユーザーとの交流窓口を作るというのがちょっとウラヤマシイと感じてしまったりも。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国国内版FGO、羅生門イベント前で既に炎上 

ありがたいことに
「中国版FGOを運営しているbilibiliがNTRネタでFGOユーザーを煽って炎上しているらしい?」
ということに関して複数のネタのタレコミ&質問をいただいておりますので今回はそれについてを。
もっとも、この件については現在も炎上中のようで私自身いまいち全貌を理解できていないので、間違っている部分に関しては随時ツッコミをお願いいたします……

6/21追記:中国の公式からの解答(中国語)が出ました。ついでに詫び石30個配布だそうで、これでそれなりに落ち着きは出ているようです。
6/22追記:その後についてもまとめましたので、そちらもご参照ください
中国版FGO羅生門前炎上事件、謝罪と釈明と詫び石30個で一応の鎮静化?

まず背景についてですが、中国国内版のFGOは5/19から6/9までFate/Zeroのコラボイベントが開催され、その後は絆レベルの上限解放やサーヴァント強化イベントの実装が行われているようです。

しかし新規要素の実装ではあってもストーリー追加やイベント開催ではないことから、大部分のプレイヤーにとっては「実質的にやることが無い」状態になってしまい、次のイベントのスケジュール告知も無く、
「いつまでこの育成期間というやることの無い時間が続くのか」
という不安と不満が蓄積していたそうです。

またそれに加えて、中国国内版FGOを運営しているbilibiliでは、大注目タイトルのソーシャルゲーム「碧藍航線」のサービスも始まり、人気や話題がそちらに移ってしまうのではないかということでFGO系コミュニティの空気がピリピリしていたという事情もあるそうです。

ちなみに「碧藍航線」は戦艦擬人化系SLGのようで当ブログ的には戦艦少女Rなどの他の中国国産ミリタリー擬人化系作品との違いなども気になる所ですね。
bilibiliの「碧藍航線」の公式ページ(中国語)

そしてそのFGOのイベント空白期にbilibiliが開いたFateネタの特設サイトが引き金となって炎上となってしまったのだとか。
この特設ページですが、
内容的にはユーザーのカムバックキャンペーン的な方向だったらしく
「お前のセイバー結婚しちゃうぞ、はよカルデアに戻ってこい」
といったネタと共にイラストやらコスプレが特設サイトにまとめられていたらしいです。
(タレコミで教えていただいた特設ページのキャプ画像。weiboにも出回っているそうです)
bilibili悪ノリ


ただ、煽り文句の内容に加えてトップのコスプレネタがセイバーとギルガメッシュのラブラブ結婚式だったそうで、
「ユーザーに緑の帽子をかぶせるのか!」
といった感じでFateファンが激怒して大炎上となってしまったとのことです。
(中国では「女を寝取られた男」或いは「自分の妻の不倫を認めている男」を指す言葉として「緑の帽子をかぶる」というのがあります)
現在bilibiliの特設ページは取り下げられ、謝罪ページ(中国語)がアップされているようです。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイト行われていた、この件に関するやり取りで比較的冷静だった所を例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今回のbilibiliのFateネタ、なんなんだ。
FGOでNTRネタだと?

bilibiliは我が国のFGOプレイヤーの忍耐の限界に挑むつもりか!?

監獄塔からこっちの、やること無い育成期間もアレだったが愚痴程度で済むレベルだった。しかしさすがに今回の件は許せんよ。

セイバーとギルガメッシュのカップリングとか日本の公式でもやってない同人ネタなのになんでこっちでやるんだ?

運営自身がマイナーな、しかも反発が最も大きいとされるセイバーとギルガメッシュのカップリング推しで論戦しろとけしかけるとか……

ゲームの公式サイトでこんな悪趣味なことをやるなんて。

セイバーとギルガメッシュのカップリングってマイナーじゃないと思うんだけど。
Zeroのアニメを見ているファンならこのカップリングになるだろ。

どっちもキャラ人気高いけど、カップリングをするファンは少ないぞ。
Zero関係のネタ絵はあるけど、組み合わせとしては弱くなる。需要が無いとは言わんが。そしてFate全体の知識がある場合は更に需要が減る。

同人とかでファンが考えた結果でやるならともかく、FGOの大陸版の運営をやっているbilibiliが公式で特設ページ作ってにわかぶりを晒して、NTRネタでユーザー煽るとか何考えてんだという話になる。

やったの女のオタだろみたいな話出てるけど、女からしても納得いかないんだけど。こんなネタにしてくるとか、むしろ女のオタをバカにしている。bilibiliの中には女性のプレイヤーがいないのではないかと疑いたくなる。

これってbilibiliがFGOを潰したいからやったことにすら見える。
bilibiliは最近始まった自前のソシャゲである「碧藍航線」に代理運営でしかないFGOの客を移住させたいからFGOをジワジワと潰していこうとしているなんて陰謀論が出ているが、これを見るとその陰謀論を肯定したくなってしまうよ。

俺がジャンヌオルタに課金したのが、こんな下らないものに使われていると思うと……

こういうことをやってくる、ユーザーをバカにして楽しむようなことをする運営に金を払っていたと思うとね。本当に気分が悪くなる。

そんなに騒ぐネタか?
Fate厨のヤツは騒ぐかもしれないが、普通のユーザーは特に気にしないと思うが。

FGOがここまで伸びたのはFateファンが流れ込んで話題にしまくったからだぞ。中心的な層をわざわざ挑発して不快にする必要も無いだろうに。現にFGO系の所はどこも大荒れだ……

所詮、bilibiliの連中も我が国の特色ある運営だったってことだ。
過去の運営を称賛する声も今となっては空しい。

キャラが重要な作品でやっちゃいけないことやってきたよな。

別に公式がネタ発言したり、ネタページ作るのは構わないよ。リヨぐだ子なんかは日本の公式のネタ投下なわけだし。
だがユーザーのサーヴァントに対する感情を侮辱する、否定するのは許せない。

運営はあんなもの見せられて、ユーザーがFGOを気分よく遊べるとでも思ってんのかね?全てのマスターに対してお前のサーヴァントは寝取られましたからというネタを公式でやって、愉快な気分になる人はどれだけいると?

さすがに今回の件は我慢の限界を超えた。
ユーザーに対して公式NTRで煽るとか、存在そのものが鬱陶しいレベルだ。

いったいどうやって抗議すればいい?オタ系フォーラムで意見しても公式にはとどかないし、評価を下げて影響のある場所も無い……俺、androidだけど返金要求通んないだろうからな……

意見するならbilibili公式の所で言うのが一番だと思うよ。他の作品の話題にも影響するから。

公式で文句言っても削除されるだけだろ。
結局は課金停止くらいじゃないか。

中国版削除して、遊ぶのを日本版の方にする、今度始まるアメリカ版の方にする、課金するのを日本版にするとか?
あと大事なのはbilibiliのゲームから離れることだな!

あー……日本版を始めるためのスレがそこら中で妙に伸びていたのはそれが原因か。
でも中国版もかなり課金したから、最初から他の所で始めるのもキツイんだよね……少し前まで、こんなイヤな気分にさせられるなんて思いもしなかったよ。

日本版は現在鬼ヶ島復刻で素材もQPも稼げてライダー金時と最強クラスの礼装までもらえちまうぞ!

iOSの方の返金の期限ってどれくらいだっけ?
もうどうでもよくなった。だが十数単分の金だけは返して欲しい。
(訳注:課金セットで一番高い518元(約8500円)で聖晶石86個+オマケ54個があちらでは一「単」という単位で呼ばれているそうです)

90日以内だっけかな?
本当に遊ぶのをやめるなら返金要求もありかね。返金されたのにそのまま遊び続けるとbanのリスクが出そうだが。

こんな運営のゲーム、さっさとやめるのが人生のためさ!

なんで自分から火に油を注ぐのか……ただでさえやることの無い期間が続いて陰謀論まで出ているのに、大反発必至なセイバーとギルガメッシュのカップリングネタを公式で推進するとか……

FGOのイベントが開催されない、効率の悪い育成くらいしかやることが無い状態にされているのが「碧藍航線」の開始を成功させるため、話題を盛り上げるためだってのが商業的な面から見れば納得できてしまう話だからな。
プレイヤーとしては反吐が出るが。

陰謀論とか、今の空気では信じたい人が増えてしまう……
実際は「碧藍航線」のサービス開始時期とFGOでやること無いヒマな期間はわりとズレているし、連動しているようには見えないんだが。

そもそも日本版でもこの時期ってイベントが無くてヒマだったんだけどね。
あえて言うなら陰謀論じゃなくて運営が無策なのが問題だと思う。

こっちでも監獄塔の時から既に「やることが無い」という不満は出ていたからな。
先行する日本版でもこの辺りの時期はファンの不満が出まくっていたから、ウチの国では前例を見て何か対処することを期待していたんだが……運営自身がこんな爆弾を投げつけてくるとは全く予想できなかったよ!!

そりゃホットな話題として注目はある程度もっていかれるかもしれないが、システムや題材的に「碧藍航線」のプレイヤーとFGOのプレイヤーってあんまり重ならないし、心配するほどではないと思う。
FGOを遊んでいるのってTYPE-MOONファンだからというのが主な理由な人が多いし、bilibiliやソーシャルゲームを遊ぶのが主な理由になっているわけではない。それにどれか一つしか遊ばないわけでもないだろうし。

理解できないのが、なぜわざわざ日本版のスケジュール(日本版は当時開発と同時進行で不安定なものだった!)に合わせて空白期間を作るかだよ。
bilibiliはなぜ何もしない。ユーザーの利益どころか、自分達の利益すら求めないとか無能過ぎる。

なんで学習しないのかね。先行している日本版によって判明した明確な問題だってあるのに。システムでもスケジュールでも。
日本の昨年のスケジュールをそのまま進めたら日本版と同じような不満が出るのは明らかなんだから、イベントの空白期間はさっさと飛ばすべきだ。

ユーザーのイライラが蓄積していたのも今回の大炎上の主な原因の一つだろうね。
次のイベント情報を待ち望んでいるのに出て来るのはサーヴァント強化クエストとかピックアップだけ。羅生門の告知もまだ。運営からは何の情報も無い。
そこに来た新情報が公式特設サイトで緑の帽子!

しかしこれをやらかして、結局メンテの詫び石3個だけか……もう燃えるしかないじゃないか!



とまぁ、こんな感じで。
今回の件は中国市場でずっとやっている中国の運営でもやらかす時はやらかすというか、ユーザーの作品に対する思い入れや理解についてきっちり把握しているわけではない、現地ユーザー向けの展開をきちんとコントロールできているわけではないといった事例の一つになってしまったかもしれませんね。

現在の中国オタク界隈では、FGOの代理運営を行っていることからbilibiliがFateの中国における公式担当のような空気もあったそうで、今回の件に関してはFateの看板を勝手に使っての悪ふざけ、それもかなり悪質なものだと受け取った人が少なくないという話も聞きます。

それにしても今回の件でもFateというコンテンツに関して、中国では人気は高いものの扱いの難しさがあるというのを実感してしまいますね。
特に歴史関係の題材の扱いや、ネタに走る際の許容範囲や温度差などについては、もうどこの判断基準を参考にすればいいのやらと頭を抱えたくなります。


それからあくまでざっと見た印象ですが、中国版FGOのイベントスケジュールに関しては、日本と大体同じペースで、ガチャに関しても春節などの季節系を除くと今の所日本との大きな違いは出ていないようです。
昨年の日本ではFate/Zeroコラボが4/27〜5/18でしたから、昨年の日本の実装日時から約3週間遅れてイベントが実装されるという流れになっているようです。

中国版が終局特異点の開催をどこに持ってくるつもりなのかはまだ分かりませんが、今のペースだと中国の冬休みの比較的早い時期になりそうですね。
来年の春節(2月16日)に合わせるとしたら更なる時間稼ぎをやらないといけなくなりますし、中国の12月下旬は日本のような年末年始気分では無く、学生も学期末直撃なので余裕はないですから大きなイベントをぶつけるのは商業的に考えても現実的ではないでしょうし。

そんな訳で、中国版FGOは羅生門イベントまでまだ空白期間がある上に、羅生門の後は三蔵法師イベントといった流れになりそうです。
中国の夏休みに合わせて水着イベントを先に持ってくる可能性も考えましたが、季節系のバレンタインイベントが中国版では3/4から(昨年の日本では2/10から)だったのを考えると、スケジュールの変更はあまり期待できないように思えます。

日本のFGOでは確か羅生門の高難度から三蔵イベントの礼装関係の流れでユーザーの不満が爆発していた覚えがありますが、羅生門も始まっていない今の時点で既に炎上というのは大丈夫なのでしょうかね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国版FGO羅生門前炎上事件、謝罪と釈明と詫び石30個で一応の鎮静化?

中国オタク「日本では『氷の旗』って無くなっちゃったの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

アニメや漫画に出て来る小道具、定番アイテムの中には中国オタク界隈でもよく知られている、「アレか」という感じで話題になる物もありますが、そんな中の一つに氷販売やかき氷などと一緒に掲げられている
「氷の幟」

があるそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「日本のアニメで最近氷の幟を見なくなったような?」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本では「氷の旗」って無くなっちゃったの?
最近のアニメでは見かけない。
あのデザイン、結構好みだったんだけどなあ……

氷の旗ってどんなの?ちょっと想像できないんだが。

白地に赤で日本語の「氷」って一文字が書かれている旗。
下の方に青で波が描かれていたりもする。

確か意味的にはかき氷の宣伝用の旗だね。
夏のイメージとしてよく使われる小道具。

私はなんかラムネと一緒に掲げられている旗というイメージなんだけど。

あれ、かき氷じゃなくて氷売っている所で使われるものらしいぞ。
一番目に付くのがかき氷用ってだけで。

言われてみれば最近のアニメでは見かけないな。もう消えてしまったのだろうか?

時代の変化が反映された結果使われなくなったのでは?

あれは昔の日本社会の風景を表すアイテムだからね。
そういうのが見たければ昔の作品を見るか、そういった世界観を狙った作品を見るしかないよ。

同意だ。制作会社やスタッフによってはその手の小ネタが好きなのもあるから、そっちを探すと氷の旗も見つかるんじゃないか?

アニメ作品全体の流れで考えた場合の時代の変化による、小道具表現の変化の反映の結果ってやつなのかもね。

個人的にはあの旗って「ちびまる子ちゃん」のイメージだな。ああいう世界観の作品なら劇中で使われているだろう。

時代の変化による小道具の変化って「名探偵コナン」みたいな長寿アニメだとありがちな話らしいね。「ちびまる子ちゃん」は時代を変化させない作品だから氷の旗もそのまま出ていると思う。

聞いた話では、日本のアイスクリーム販売関係の所では大体使われていたということだが。今でも使われないわけでは無いと思うが……

時代が変わったということだろう。
日本ではこういう標識や看板がどんどん亡くなっていると聞く。個人商店もコンビニになってしまっているし、氷の旗を掲げる場所も日本の都市風景から消えてしまったんだろうね。

時代の変化もあるのかもしれないが、最近の日本のアニメの舞台が、氷の旗のある場所では無くなっている、かき氷を売っている場所ではなくなっているという見方もできるのでは?
あの旗って、日常生活の象徴っぽいものでもあるし。

それか夏を舞台にする作品が目に付かなくなっているというのもありそう。
例えば「夏のあらし!」のように、夏であることに意義がある作品ってのが。

見る作品の傾向の違いでは。私はまだわりとそこら中で見かける気がするけど

そう言えば自分は最近見たのはどれも1クール、長くても2クールで終わる作品ばかりだな。1年続く、季節性のある一般向けの作品だとまだ出ているのだろうか?

出るとしたら、日常系要素、或いは現代社会を舞台にした日常描写がある作品になるんじゃないだろうか?
バトル系とか中二系はぶつかる機会が必然的に少なくなるだろう。

作品の舞台で思い付いたが、都市部や未来形の都市が舞台だと出て来ないんじゃないか?ああいう旗を出す風景って自然の残った田舎だろう。

「ラーゼフォン」では未来世界でも駄菓子屋があったんだが……

日本の都市部でもアイスクリームとか売っている所は普通に掲げているはずだぞ。便利な季節系の目印でもあるから。

学園モノだと、校舎内に氷の旗が掲げられる店なんて無いからね

学園モノでも、水着回やるならまだ出るんじゃないか?

子供が遊びに行く駄菓子屋や小さな商店の出て来る作品だと氷の旗がありそう。

「だがしかし」のかき氷回ってどうだったっけ?

最近の作品でも「メイドラゴン」では普通に出ていたぞ。

かき氷と、あとは海の家、それからお祭りとかで使われるんじゃないかな。最近の作品でも出ているし、今でも定番描写なのは間違いない。

たまに見たくなってしまうんだよな……なんか、懐かしくなるというか、

その気持ちは理解できるよ。
こういう象徴的なアイテムって心に残るし、アイテムが使われた場所やシーンのイメージも一緒に湧き出すから感慨深いものがあるんだよね。
私も最初はヘンな旗だなくらいの印象だったが、今では不思議な懐かしさを感じるようになっている。



とまぁ、こんな感じで。
それぞれのイメージやら考察やらが出ていました。

中国オタクの人達の中にはかなり長い期間日本のアニメを見ている人も少なくありませんし、アニメの中で表現される背景や小道具の変化が気になる人もいるようです。

またイロイロと記憶が積み重なっているのもあってか、日本のアニメの小道具やその表現の中に「懐かしさ」を感じる物があったりする模様です。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「二次元で青はアホの子。ピンクは腹黒というくらいに」

日本のアニメや漫画などにおける色の使い方、特にキャラを髪の色で特徴付けることに関しては中国オタク界隈でも話題になったり、
「ピンクは腹黒」
のような定番のイメージが形成されているようです。
中国オタク「ピンク髪キャラは淫乱?腹黒じゃなくて?」

先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて色によるキャラのイメージについて
「青い髪のキャラはアホの子が多い」
といったことに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


この間オタク友達から「青い髪のキャラはアホの子が多い」という説を聞いたんだが、どうなんだろう?みんなの意見を聞きたい。

言われてみると目に付き易いな。
青い髪はアホの子が多いかちょっと考えてみるか。

とりあえず「このすば」のアクアが最近の鉄板アホキャラではあるけど、その前にどういうキャラがいるかだろうね。

最近の青髪人気キャラ筆頭である「リゼロ」のレムはアホの子では無いぞ。

青はアホの子というよりも残念属性寄りのキャラが多くないか?
そっちは泉こなたから続く路線だと思う。

「東方」のチルノなんかはもう完全にバカだろう。
、アクアと代表的なアホの子キャラがもう青い。

そう言えば「三者三葉」で辻小芽が出て来た時はまさにイメージカラー通りのキャラだと感じたな。

「まどか」の美樹さやかは……その方向と言えるかな……

国産系だと戦艦少女Rの昆西(クインシー)が青髪系アホの子キャラでは有名かな?

青はアホの子だよね。「日常」でちゃんみおとゆっこの髪の色って逆じゃねえかと感じたのを思い出した。

むぅ……昔のアホの子系だと「Kanon」の名雪とか青い髪だな……

アホの子とまではいかなくても、天然ボケ系はわりと多い気がする。

古来より青はボケ担当。アホの子化はそれが進化した結果よ。

その意見、四糸乃ファンとしては納得できない!

古手梨花はアホの子でもない、頭脳派とも言い切れない特殊なキャラだが。

お前さん、綾波レイファンにケンカ売ってるのかい?

待て。綾波レイは銀髪だからセーフではないだろうか。

そんなこと言ってると日本アニメ史における最強の人気青髪キャラの水野亜美ファンに襲撃されるぞ。

自分はイカ娘がすぐに思い浮かんだんで納得してしまいました。

プリキュアシリーズだと青はアホの子ではない、頭の良いキャラが多いぞ。
昔は青髪ってこっちの方のイメージだったと思うんだけど……

上でも出ているが、セーラームーンも青は頭脳キャラだったよな。

魔法少女系だと「なのは」のレヴィが明確にアホの子としてデザインされた青髪キャラだな。

氷系の能力持ちだと青髪でもアホの子にはならない。
更にメインヒロイン属性や、人気ヒロイン属性がつく。
ゆきめやエスデスとか氷麗とか。

チルノは?

あっ……

古いのでリン・ミンメイを出そうと思ったが、あれは青なのか黒なのか。
そもそも設定上は黒髪だけどアニメでは青になったり緑になったりするケースもあるよね。あと銀髪が青になったりとかも。

全部ではないが、二次元で青はアホの子。ピンクは腹黒というくらいに。
しかし昔は青って頭脳派、クール系のイメージだったと思うが、なぜアホの子になってしまったのだろうか。

確かに。主人公系、熱血系の赤と対照的な存在としての青というのは分かるが、青がアホの子というのはどういう流れなんだろう?
たまたま青色系でデザインされた人気キャラにアホの子属性がついていたからとういことなのだろうか?

一応現在も青髪でクールな、冷静なタイプのキャラも出ているはずなんだけどね。

綾波レイやタバサから青って三無少女のカラーだった気がする。
(訳注:「三無少女」というのは中国オタク用語の一つで無心無口無表情なキャラを指す言葉だそうです。ちなみに「無心」の部分は日本語の意味からちょっと離れているようで、「無感情」から「感情を表に出さない」「感情が読めない」「感情表現が下手」といった辺りまで幅があるようです)

青い髪はアホの子や残念になるか、理知的なキャラになるかの両極端な気もするわ。

青らしく冷徹なキャラのはずだったけど残念要素が追加されてしまったキャラもいるぞ。Fateのキャスターとか。

「ラブライブ!」の園田海未も設定上は知的なキャラだったはずなのに、アニメではアホ成分が増えていったからな……嫌いじゃないが!

私がオタクになったばかりの頃は青=三無属性くらいの印象もあったんだがな……今はアホの子か……

代表的なキャラが出ると影響を受ける後続のキャラや目に付くキャラも変わるということなのかもね。

ということは、今の青髪キャラのイメージの有力な代表は駄女神アクアか……面白いキャラだけど、綾波が女神だった人間としては納得いかねえ!!



とまぁ、こんな感じで。
イメージに合うキャラを探してみたり、世代間のギャップを改めて実感したりといったやり取りが行われていました。

こういった中国オタク界隈における定番ネタやお約束からくるイメージを追っかけていくと、中国オタク界隈における人気作品や影響を与えた作品の流れが見えてくるのも面白い所ですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「ピンク髪キャラは淫乱?腹黒じゃなくて?」

中国オタク「お前らの『五色戦隊』のイメージは何?自分は『まどか☆マギカ』なんだけど」

中国オタク「三次元に姉妹がいると姉萌え妹萌えにならないという話をよく聞くけど実際はどうなんだろう?」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただきましたので今回はそれについてを。

中国では過去の一人っ子政策の影響に加えて子育てのコストが跳ね上がっていることから、兄弟姉妹という存在が遠いものとなっているそうです。
しかしそれと同時に中国では親戚の付き合いが日本に比べて濃いですし、親戚のお兄さんやお姉さん、年下の弟妹的な存在に関してはかなりありふれているので、兄弟姉妹的な存在に関しては普通にイメージできる、むしろ日本よりも簡単的な話も聞きますね。

その辺りのイメージの違いは日本のアニメや漫画ラノベの受け取り方にも影響しているようですし、オタクネタの受け入れ方や現地での変化にも影響している模様です。

中国のソッチ系のサイトでは
「三次元に姉妹がいると姉萌え妹萌えにならないという話は本当か」
といったことに関するやり取りが行われていましたので例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


三次元に姉妹がいると姉萌え妹萌えにならないという話をよく聞くけど、実際はどうなんだろう?
自分は親戚はいるけど親が同じ兄弟姉妹はいないから判断し難いんだが。

どんなものであっても、三次元と二次元を比べたらガッカリするのは当然だ。二次元なんてのは妄想を充足させるためのものなんだし、そりゃあ現実を意識したら終わりだよ。

でもその落差をどう受け止めるかというのを考えてみるのもいいんじゃないか?現実と切り離して考えられるか、或いは現実に足りない物を求めるほどのものがあるかでまた違うと思う。
例えとして妥当ではないかもしれないが、現実の学校生活や先輩後輩を知っているから学園モノを楽しめないというわけではないだろう。

みんな親戚の姉や妹がいるから、このネタに関してもある程度は語れると思うが。

確かにウチの国だと親戚のお姉さんやお兄さん、弟や妹はたくさんいる。だが親が同じ意味での兄弟姉妹ってのは珍しい。
大多数の人間にとって、この辺に関しては完全に一致した体験はどうにも難しい。親戚関係からの推測するための材料はあるが、多少の想像や経験の無い知識が混じる。

ウチの国では姉や兄や妹や弟と言った場合、親戚のことが多いからねー
日本の二次元作品の兄弟姉妹とは生活における時間や環境の共有頻度に違いはあると思う。

なるほど。私は姉キャラ萌えだが、確かに姉はいない!

現実に姉萌えとかシスコンとかがいたら普通に怖すぎるだろ……二次元で現実と関係ないから萌えられるわけで……

私は妹いるよ。
小さい時から面倒見ているけど言うこと聞かないわ悪戯するわ気まぐれだわで大変。家にいる時間なのに何かとくっ付いてくるわ、頼みごとをしてくるわで疲れる。鬱陶しいし、リアルにいる妹は萌えとかにならんよ。

自慢か!?自慢しているつもりか!?

三次元にいたら姉萌え妹萌えにならんというのは正しいだろ。
まず今の子供の無軌道さを考えてみろ。そして自分が子供の頃ってその兄弟姉妹も子供だ。間違いなく双方の関係は悪くなる。小さい頃から様々な所で衝突しているのに好感を抱くなんてのはありえない。
可能性があるとすれば、年齢差がかなり大きいケース、つまり片方が既に大人なケースくらいだろう。

そんなに難しく考える必要は無い。
ようは顔だよ、顔。

この話題って、現実には二次元ほどかわい姉や妹は珍しいってことの証明な気もするな!

私は親戚の妹もカワイイと思っているし、妹キャラ萌えでもある。
むしろ、親戚の妹などと接した経験が無ければ本当の妹萌え、シスコンになれないのではないかとすら考えている。

肉親に関して、男女間的な愛情を抱くなんてのは異常な話だからな。リアルで兄弟姉妹がいるとそういうのは無いんだろう

男のシスコンって姉にしろ妹にしろ性欲関係の欲望があるからキモイ。逆に女のブラコンの場合は依存的な欲望が混じっているからまだマシ。

そうでもないぞ
自分は親戚の妹がいるが、その子の影響で二次元では立派な妹萌えだ。そしてそのせいかエロ関係の妄想はなんかストップかかる。エロ無しの萌えは感じるのだけどね。

ケースバイケースとしか……
組み合わせのパターンもイロイロとあって、みんながイメージしているブラコンやシスコン像が食い違ってたりするし。

三次元でも萌えになり得る組み合わせのパターンとしては、、姉と弟のパターンが比較的現実的だと思う。少なくとも兄と妹よりはあり得るだろう。

確かにそうだね。三次元の妹を好きになるなんてのはさすがに無理過ぎる。でも姉ならばなんとか?俺も年上の従姉妹がいるけどそれなりに萌えを感じている。

こっちで姉萌えだとかシスコンだとか言っている人間は、血縁関係がどうのこうのではなく、自分よりもしっかりとしていて優しい、自分を守ってくれて愛してくれるパートナーが欲しいってことなんじゃないだろうか?
そういう存在の象徴として「姉」があるわけで。

その意見にはわりと同意だ。あとそういう観点でいくと、ウチの国のシスコンや姉萌えを自称している人間の何割かはマザコンの派生形な気もするがどうだろう。

私も親戚のお姉さんがいるけど、その人は萌えの対象にはなってない。
ただ二次元の姉属性は普通にいける。ファンタジー要素が濃いから逆に同じカテゴリに思えないんだわ。

小さい子の面倒を見る親戚のお姉さんなんてのは珍しくないし、小さい子が憧れるようになるのは分かる。ただそれ以外、特に男が年上のパターンだと関係が良いのは珍しいし、兄萌え妹萌え的な関係は現実を知っていると厳しくなるのでは。

なんでお前らシスコンブラコンとか、現実だとありえないってのを理解できないんだ?
例えば父親や母親に恋するなんてことはないだろ?

世の中にはエディプスコンプレックスという言葉もあってだな。

そっちの方を例にすると、フロイト的な分析をされるぞ!とっても余計なお世話の!

改めて考えてみたが私は結局二次元的な妹キャラ、「さすがはお兄様です」とかいう感じで自分を肯定してくれる妹が欲しいのであって、現実の妹が欲しいのではないのかもしれないなあ。

自分も昔親戚のお姉さんが好きで、恋だと思っていたんだが、そのお姉さんが良い相手と結婚するという話を聞いた時、特にショックも受けず普通に喜んだから、たぶん憧れであって恋ではなかったんだろうな……もし本当に恋だったらNTRに目覚めていたかもしれないが。
ただ二次元の好みは今でも普通に姉萌えです。

女性の好みに関して、親戚とかは影響しそう。
自分は年上好きで付き合っているのも年上なんだけど、小さい頃に仲が良くてちょっと憧れていた親戚のお姉さんがいた影響だと思う。

従妹の中では一番年上なんで親戚の子供の面倒見ているけど、やはり萌えを感じるってのは無いね。嫌いってわけではないが、義務感や面倒くささが先に来る。

現実に妹がいると妹萌えにはならないというのは納得できるんだけど、現実に姉がいるから姉萌えにならないというのはどうも納得できない。
このスレでもそうだけど、私の実感でも親戚のお姉さんがいるヤツは姉萌えOKなヤツが結構いるわけで。

不思議なことに親戚の妹がいる年下好きは多くても、妹萌えとはあまり結びつかない気がする。

ウチの国のオタクの嗜好に関しては姉萌えがかなり優勢、妹萌えは少ないと感じる。
あくまで個人的な印象だけどね。



とまぁ、こんな感じで。
言葉の定義も混乱しているようでしたし、理解できる人もいれば理解できない人もいるようでした。

現在の中国でも親戚付き合いのペースは現代の日本と比べてかなり濃いという話がありますが、それでも普通の兄弟姉妹の距離感とは違う所があるそうです。
それに加えて、中国では肉親系ヒロインに対する拒否感が日本よりもかなり強い印象もありますから、日本のアニメや漫画ラノベに出て来るイスコンやブラコン的なキャラに関する印象に関しても日本と異なる所が出るのだとか。

ちなみに上のやり取りにもありますが、中国オタク界隈のヒロインの人気に関しては年上系のキャラ、お姉さん系のキャラがかなり強いようです。
この辺の嗜好に関する背景もそのうち調べてみたいですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


「俺妹」は中国オタク事情的にもスゴイ作品でした オタ中国人の憂鬱アップデート

中国オタクの間で流行っている「御姐」とは
(2008年の記事なので、現在の中国オタク界隈の扱いとは少々異なる部分もあります)

中国版FGO、国の規定により実名認証開始

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

以前の記事
中国オタク「FGOのガチャ確率は信用できる」 中国のソシャゲでガチャ確率表記義務化が開始
で書いた確率表記義務化の元になった政府からの通知ですが、その内容にはネットゲームのユーザーへの
「有効な身分証による実名認証」
が要求されていました。
昨年通知が出た時の中国のニュースはコチラ(中国語)などをご参照ください。

私もFGOはガチャ確率以外の対応、実名認証の方はどうなるんだろうと不思議に思っていた所、先週辺りからFGOでもログインする際に実名と身分証番号による認証が要求されるようになったそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGOでも実名認証開始」
といったことに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


中国国内版のFGO、実名と身分証IDが必要になっちゃったな……

別のゲームでも出ていたが、国内版FGOはbilibiliのゲームアカウントでの実名認証になるのか。

国産ゲーの「王者栄耀」とかはテンセントのシステムで既にやっていたが、海外産ゲーのFGOもやっぱりそうなってしまうか。

突然身分証明書番号を要求されて無茶苦茶驚いた。

これ前から言われてたろ。ガチャ確率表記とかと同じ通知によるものだ。

これって実質的にゲームの鎖国につながるんじゃないか?

それよりサブアカとかどうすればいいんだ。
身分証番号と実名要求されるから実質的に禁止ってこと?

複アカとかみんなやってることなのに。ゲームのシステムが崩壊するだろ。

俺はやってないぞ。
めんどくさいからだが。

自分はメイン1、主にガチャのために2の計3つだ。どうすればいいんだ。できなくなるのは本当に悲しいんだが。

複アカはやってない人もいるからどうなんだろうな、
それにアカ転売の問題もあるし、グレーな部分は多い。

あとサーバへの負荷、課金、ゲームバランスとかがあるからなー
日本のゲームは外部ツールでBANされるが、だいたいはチートに加えてサーバ負荷が理由となっているらしい。

日本のネトゲでは複アカを弟や妹が遊んでいるからと言い張るらしいぞ?
不思議なことにゲームのおかげでとても多くの人が生き別れの肉親に急に出会うことができたなんて冗談もあるとか!

これって複アカより未成年関係の方がまずいんじゃないか?
身分証の有無と未成年の制限に引っかかる。
(訳注:中国では満16歳から身分証が交付されます。また18歳以下の未成年ユーザーに対しては「防沉迷系統」というシステムが発動し長時間プレイした場合の制限などがかかります。個々のゲームについては分かりませんが、規定では3時間以上プレイでゲームの「収穫」が半減、5時間以上で0になるとされています)

18歳未満の未成年ユーザーは慌てるわな。
他のゲームでも実名は実質未成年ユーザー弾きだということで大混乱だし。
(訳注:ゲームによっては未成年は遊べないというのもありますが、この実名認証で更に管理を強化してきたと見られています。ちなみにFGOが中国だと未成年は遊べないのかどうかはちょっとハッキリしません。ざっと調べても年齢制限が明記されている所が見付からないもので……)

そもそも認証できねえ!!
身分証のアルファベットも数字も問題無いはずなのに!

それ、アルファベットの入力方法の問題じゃないか?中国語のピンインじゃなくて英文入力の方じゃないと通らないケースもあるぞ。

なんか身分証の番号がちゃんとしてれば複アカ自体は可能っぽいぞ。そっちのチェックとは関係ないのか?

でも今後どうなるか分からない。
まぁでも、私は悪いことじゃないと思う。これでアカの売り買いや譲渡が明確にアウトになる。

アカウント紐付けの実名情報入力って所なのだろうか?
手間の方は一回だけでいいのか。

なんか入力要求されてる人と、何も出ていない人がいるみたいだ。
どこかで既に実名情報入力しているアカウントなら大丈夫なのかね。
iOSかandroidかの違いって話も出ているが。

これ別に本当のを入れなくてもいいんだろ?
俺が昔遊んでたゲームでは適当に入れちゃったけど。

検索すれば身分証の番号なんていくらでも出て来るからな。

実名認証ってみんなホントの内容を入力するのか?
こんなの信用できないし、マジでやるやついるのか?

普通にホントの内容を入力するぞ。
ウチの国でゲームやる以上恐れてもしょうがないだろ。
それに虚偽の入力した場合のリスクもある。例えばアカウントを盗まれた場合に取り戻すことが出来なくなる。

基本的に変更できないから未成年がその辺で拾ってきた身分証でゲームアカ作っちゃって、その後成人してから自分のIDでのアカウントにできなくて泣いたなんて話もあったな。

全部のアイアウントとIDを照会しているってことはないだろう。
ただ今後も照会しないとは限らないし、適当にウソを入力するのはリスクありそう。

大陸以外はどう対応するの?
私は香港人なんだがどうすればいいんだ?
わりと課金だってしているのに……

サポートに連絡してみては?
国内ユーザー向けでも混乱しているくらいだし、直接サポートとやり取りした方が良さそう。

無課金の俺には関係ない。
アカがダメになったらそれはやめる時だ。

そう言っているヤツに限って文句言うし、大荒れの連続スレ立てをするんだよ

国の規定だからどうにもならん。
ウチの国のオンラインゲームは何でこんなことするんだと言いたくはなるが。

まぁ管理したいんだろ。
未成年への悪影響や、違法行為の場となるみたいな批判はあったし。
あと地下経済やマネーロンダリングだどうのこうのは昔から言われていたしな。

未成年関係はそう言えば問題か……そっちの方からの管理要求ってのもありそうだ。
ただ未成年のゲーム耽溺防止システムってプレイ時間ベースだよな?FGOってそんなにプレイ時間が必要なゲームではないような気もするんだけど!

実際、年齢制限に関してはウチの国のネットってもう意味が無い状態だったからな。
今回の管理強化の件でも親のID使えばなんて話が早速出てるし。

未成年だけどちゃんと遊べるか課金できるか試してみたが問題無くできたよ。
これが自分のFGO初課金だ……

もしや、未成年にも課金させるための罠……?


とまぁ、こんな感じで。
ユーザーの方でも混乱しているようですし、実名認証の影響がどうなるかは現時点ではハッキリしていないようです。

それから今回の内容からはちょっと外れますが、中国オタクの方は日本のソーシャルゲームを遊ぶ際にサーバへの負荷などの問題をあんまり意識していない印象がありますね。
「何もやってないのにBANされたから〇〇の運営はクソ」
と言っていた方の話をよく聞くと、運営から何度か警告のあった外部ツールの使用をしており当人は
「チートじゃないから別に問題無い」
「加速しているだけでデータをいじっているわけではないからチートじゃない」
という認識だった……というのに何度かぶつかりました。

チートやRMTもそうですが、
現在の中国のゲーマーが一般的に認識している
「やっても問題無いこと」
「やっちゃいけないことだと思うけど、みんなやっているから自分もやる」
といった辺りの線引きがどうなっているのかはイロイロと気になってきますね。


とりあえず、こんな所で。
今回の件は私もハッキリしない所が多いので、いつも以上にツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「大学受験会場から最初に出てきた学生が痛Tシャツを着ていた件について」

中国は現在学年末、受験シーズン真っ盛りということで、学生が主要な層となっている中国オタクの面々も緊張した日々を送っているようです。

中国ではこの時期は大学入試である「普通高等学校招生全国統一考試」、 通称「高考」が行われるので、それに関するニュースがイロイロと飛び交い受験生の行動にも注目が集まります。

そんな中、四川省のある試験会場となった学校で
「試験終了前に解答用紙を提出してきたと思われる、最初に試験会場から出てきた受験生がアニメのキャラをプリントした痛いTシャツを着ていた」
ということで、ちょっとした話題になっているようです。
中国のニュースや学生の画像などはコチラコチラ(どちらも中国語)などをご参照ください。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今年もやって来た高考(中国の大学受験)シーズンだが、今年はなんか面白いニュースが出たな。会場から最初に出て来た学生が、痛いTシャツ着用!

「デート・ア・ライブ」の五河琴里の痛Tシャツかよ……

「休みになったら日本旅行に行きたい」「他の人も上手くいって欲しい」と答えた……か。スゴイな。

毎年受験シーズンにはヘンなニュースが出て来るが、今年はこっちの方から来たか。

あんなの着てニュースになるとか、見ているこっちが恥ずかしくなるわ。

写真を見た感じわりとくたびれているし、いつも着用していたんだというのが分かる。

この時期はみんなこんな格好だからな……プリントされた柄を除けば、とても普通の格好だ。だがそれだけになぜそれを選んだというツッコミが!

よくこんな格好で試験会場に入れたな。ただでさえくたびれ気味なのに。

高考は私服でないと入れないんじゃなかったっけ?学校の制服はダメで、私服の状態に関してはそこまで厳格ではなかったはず。靴はサンダル不可みたいなのあったような気もするが?

そこは地方によるぞ。ウチの省では制服で試験会場に行ってもよかった。

オタクで秀才属性で日本旅行できるくらい金あるとか、ウラヤマシイ。

痛いTシャツを着ているだけでオタクになれるのか?
こいつが本当にオタクなのかはハッキリせんぞ。

学生なんだからおっさんやおばさんがその辺に流れてきた安い服着ているみたいなのはあり得んだろ。
オタクじゃなければこんなTシャツを、受験の試験会場に着ていくわけがない。

私も何年か前にアニメ柄の服で試験に行ったけど、ここまで直球の痛いヤツじゃなかったわ。

俺が高校の時、クラスにこういうの着ていたヤツいたけど、周りにバカにされていつの間にか着なくなってたな。コイツはそういうのを押しのけて来たわけか……

そこは本人のキャラとクラスの空気次第だろ。
俺の学校にも萌え痛Tシャツ着ているのがいたけど、本人が積極的にネタにしていたし、むしろ一目置かれていた。あと3年前になるが俺のいた試験会場にも痛Tシャツ着用者はいたぞ。

自己アピールできるし、着る物そんなに気にしないで良いしな……人間関係とかも受験でリセットかかるし、ある程度の範囲なら好きにやっても問題ないのかも。

そうか、こいつが学覇……死宅学霸……いや、痛衣学覇か!

痛衣学覇!
わりとダメなカテゴリの学覇だな!

早速コラ素材になってる。今年の高考の有力ネタ候補確定だ。

これは恥を捨てて、自分の戦力を増やす作戦だ!
他の受験生は一人で試験に挑むのに、こいつは自分の嫁と一緒に挑んでいる!!

俺、受験が終わったら嫁と一緒に日本旅行して嫁グッズを買うんだ……というフラグか。

自分の時も痛Tシャツ、コスプレまではいかないが、ネタ系の服着ているヤツはいたな。
ガンダム系なんかはそんなに痛くないし。

なんかどんどんアレになっていく。
そのうち女装して受験会場入りするヤツまで出て来たりして。

少なくとも、去年オタク系の装備で試験会場入りした私より攻めているのは間違いない!
柄はどんどん痛くなってきているかもしれん。

俺は精神的にズタボロでこんなネタをやる余裕ないよ……勉強できるヤツの頭の中は理解不能だ。

でも別に早く試験会場を出たからって良い点数だとは限らないよな。俺の学校の学覇は普通にみんなと一緒に試験会場を出ていたよ。

痛い服着るのは構わないというか、自分も実は着て試験会場入りしたんだが、終了前に提出して出ていくのは無理だわ。

コイツが言っているように今年の英語は簡単だったけど、それにしたって時間をかけて損は無い。コイツは本当の学覇じゃないだろう。

分かんないから投げて出て来ただけじゃないの?
それかフェイカーだよ、フェイカー。

回答もトレースオンってか?
ただこの学生はどうやら普通に頭いい方の学生みたいだぞ。weibo見てこの学生を知っている、頭が良いヤツだという発言が出ている。
もちろん信じる信じないは勝手だが。

勉強もできるオタクとか正直嫉妬する。

まぁ清華大や北京大にもオタサークルある……というか、帝都(北京)はウチの国のトップの大学のサークルがオタ分野も牽引したからなー
ガチで点数とオタを両立しているヤツはいる。

こんなの着ていけるってだけで余裕があるということだし、強いよな。
自分は受験の前日なんてよく眠れなくて、服なんて意識することはできなかったよ。



とまぁ、こんな感じで。
現地では結構なネタニュースとして扱われているようです。

それにしても最近の中国ではオタクにハマってしまう年齢がどんどん下がっているのが感じられます。
私が中国で現役の学生をやっていた頃(90年代後半〜00年代前半)は、中国の学生は高校時代にも日本のアニメや漫画、ゲームにかなり接してはいたものの、いわゆる「オタク」的な活動や交流をするようになるのは大学に入ってからが本番だったのですが、今では環境が整った(?)のもあってか、中学高校からオタクになってしまう人もかなりいる模様です。
自分が歳を取ったのを改めて実感してしまいますね……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんで魔法少女は死んじゃうの?鬱展開になるの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

中国オタク界隈でもイロイロなオタク関係のお約束、定番のイメージといったものがありますが、中には中国で当初形成されていたイメージから別のイメージに変化して固定されつつあるものも存在します。

そんなお約束の一つが
「魔法少女」
なのですが、以前の魔法少女に関する記事
中国オタク「魔法少女っていつから危険な職業になったんだ?」
とはまた少々異なる話題も出ているようでした。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「魔法少女の扱い」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで魔法少女は死んじゃうの?鬱展開になるの?

近頃は少女キャラがヒドイ目に遭う作品ばかりだ。
夢とかいったいどこにいった。

最近は魔法少女が出た時点で精神的な準備をしなければならない。

魔法を学ぶということは命を失う覚悟をすることだ!

なんでこんなことになったんだろうなー
まぁ萌えや百合になっていることもおかしかったんだが。
魔法少女系作品の初期ってどんな感じだったんだ?

萌えや百合ってのは別におかしくないぞ。
魔法少女の初期の代表作である「キューティーハニー」がサービスシーン多用の萌えアニメだったから。

いやそっちは変身ヒーローモノの流れで、男性向けも意識した作品だ。
現代の目で見ると同じカテゴリに入れられないわけじゃないが、当初の魔法少女とは別カテゴリ。大元は普通に女の子向けの作品じゃないか?

魔法少女作品の始まりは「魔法使いサリー」らしい。
魔法を使って日々の物事を解決したり人助けをしたりする日常系作品。あとウチの国に入った最初の魔法少女系アニメは恐らく「花の子ルンルン」だ。

魔法少女が死と隣り合わせになるというのは、対象年齢が高めになった時点で避けられない問題だったのだろうか?

夢をかなえるだけではいられないということだったのかね。
世界の平和や社会問題とも向き合わなければならないと。

最近は魔法少女の魔法って物理属性だし……しかも自分の命が危険にさらされるような状況に飛びこまなければならない。

魔法攻撃(関節技)!
そう言えば「まどか」より先に「大魔法峠」ではマスコットキャラが純真ではないパターンになっているけど、マスコット関係の邪悪さってどの辺りの作品から始まったんだろう?

変身ヒーローと魔法少女の区別も曖昧になってきているよね。
あと少年が魔法少女に変身するのも珍しくない。

元々魔法少女は危険だぞ。
「セーラームーン」からして普通に死人が出ている。
プリキュアではバトル描写が変わったけど、むしろ被害はマイルドだ。

魔法少女自体は昔からリスクを背負った特殊スキルではあったんだけどね。
変身能力、魔法能力を一般社会の人間に知られるなどで秘密を守れなかった場合、人間ではない何かに変えられてしまうといったペナルティが提示されている。
童話的なネタではあるが、これは極端な見方をすれば死と隣り合わせだったとも言える。

過去の作品もわりとヒドイ作品はヒドイんだよね。例えば「セーラームーン」はストーリーの過程では普通に一般生活ベースだけど、最終展開の時には主人公以外全滅(一応生き返るけど)なんて話になっていたりもする。

でも戦うのって魔法少女の基本的な使命なのか?
最近は魔法少女が処理する問題のレベル上がり過ぎだよ。
確かに万能で強力な能力だけど、なんで少女が世界を危機に陥れる武力集団と戦わないといけないんだ?

魔法少女が本格的に戦うようになったのは「セーラームーン」辺りからでいいようだ。
「キューティーハニー」はジャンル的にはちょっと違う扱いだったらしい。

「キューティーハニー」はゲームの「魔女っ子大作戦」にも出ているはずだが、魔法少女じゃないの?

あれは版権かき集めただけっぽいからね……「魔女っ娘大作戦」の他の魔法少女と比較すると「キューティーハニー」の異質さが分かるぞ。

現在は魔法少女のお約束をベースにして意表を突く作品が増えているが、ある程度までいったらまた逆の作品が増えていくんじゃないか?

だとしても昔のようにはならないと思うけど。

影響と言うのを考えるならエロゲーはどうなんだ?
虚淵玄や奈須きのこもそうだが、オタクの定番ネタにはエロゲー系の流れがかなり出ていると聞くが。

私の中ではなぜか魔法少女と言えば触手なんですが。
あー……それに関してはそのものずばり「魔法少女アイ」というのがあるし、他にも魔法少女系のエロゲは少なくないはず。そしてそこでは大体触手が活躍する。

「魔法少女アイ」は内容的に魔法少女系では無いと思える所もあるんだけどね。
ヒロインが超常的な力で戦う現実を舞台にした非日常的なストーリーって感じだから、エログロ入った中二病系、伝奇系の作品という感じだ。

そっちの路線は進化して退魔忍になってるかな……今の魔法少女系の扱いってあんまりエロゲーの影響は無いような。

ただエロゲーヒロイン枠で魔法少女がちょくちょくいたのは確かだ。
結局これは遡るとセーラームーンに行きつくのか?

そもそも魔法少女の「お約束」の受け取り方が人それぞれだ。
お前らの魔法少女のイメージってなんだ?どんな作品が「元々の魔法少女」だと思ってる?

うーむやはり「カードキャプターさくら」かな

さすがに現役で「花の子ルンルン」を見ていた世代はもうかなり良い歳だし、ウチの国のオタクの間では「魔法の天使クリィミーマミ」や「魔法の妖精ペルシャ」とかからじゃないか?
その後は「セーラームーン」や「スレイヤーズ」とか?

私は「ふしぎ星の☆ふたご姫」だね。

なんか出て来る作品の名前を見ると、なんで萌えから鬱になったのか、そもそもなぜ萌えになったのかで混乱してくるな……

元々子供向けだったのが、大きなお友達の萌えの対象になって、その後に虚淵玄がやっちまったのではないかと。
百合は大きなお友達の萌えの対象になっていく中で発展したんんじゃないか?

百合は世界観的にそうなり易かっただけで、萌えとは別ルートな気もする。憧れの男性、彼氏キャラはいても、一緒に活動するのは女性になるからね。
例えば「カードキャプターさくら」や「セーラームーン」で既にそういうのが出ているし。

鬱になるのはだいたい「まどか☆マギカ」のせいだな。
あの作品から全てが歪んだ。

確かに影響力の大きな作品だけど、「まどか」が全ての原因ではないはず。それ以前から歪みはあったぞ。

最近の流れを確定付けたのは虚淵玄と「まどか☆マギカ」で異論は無いと思うが、そこに至る過程がどうなっているのかハッキリしない。
いきなり鬱になるわけではないはずだ。

その前の時代の「リリカルなのは」も鬱っぽかったりえぐい設定だったりな所はあるからね。

上のレスで思い出したが「レイアース」はどうだ?
あれはトリップ系だけど魔法少女的なジャンルの作品でもある。
現実に押しつぶされる鬱展開やバッドエンド路線的な方向では今の魔法少女に近いような。

90年代作品によくある全滅エンド世界崩壊エンドみたいな流れの影響もあるのかなあ

「プリズマ☆イリヤ」とかも、萌えで百合かと思いきやハーレムになって更に型月バトルになっちゃって、崩壊した並行世界を含めての戦いになったからな……

やれることが増えた、力の万能性が向上したことによる影響も考えられる。
大いなる力には大いなる責任が伴うというヤツだな!

あー……ヒーロー路線入ると鬱展開が加えられちゃうよな……

どっちが先からは分からないが魔法少女もインフレから逃れられなかったんじゃないか。敵と能力のインフレ、世界観も単純なモノから複雑なモノへと。

そしてそれに対するリスクも上がるということか。
こういうのって同じジャンルの作品が作られ続けている以上、避けられないものだったりするのかな。



とまぁ、こんな感じで。
過去に遡ったりわき道にそれたりしながらの議論が行われていました。

魔法少女に限らず中国オタク界隈でも様々な定番要素と、それをオタク的に解釈したネタ方面のイメージといったものが蓄積されているようです。
これに関しては日本とは微妙に異なる独自のイメージも混じっていたりするようなので、面白い題材にぶつかったらまた紹介させていただきたいですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「中国国産アニメに足りないのはストーリー構成力なのかもしれん」「ネット小説をアニメにするのは難しい」

ありがたいことに
「最近の中国の国産アニメは見る際に原作知識が無いと厳しい作品が多いように思えますが、中国の視聴者の間では問題無いのでしょうか?中国で一般的な武侠系の知識やネット小説ネタの知識だけでは対応しきれないようにも思えるのですが」
という質問をいただいております。

最近の中国ではオタク層向けの国産アニメの制作が活発になっていますし、中国オタク界隈でも毎シーズン中国国産系新作アニメに関する話題が盛り上がっています。
ただ質問にもある通り、
「原作知識なしでは厳しい作品」
も少なくないようで、実際に始まってみると付いていけなかった人もそれなりに出てしまっているのだとか。

そんな中国国産アニメの状況に関して中国のソッチ系のサイトでは
「国産アニメのストーリー構成」
などに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


国産アニメって始まってみるとどの作品も必ず批判が出まくる印象だし、実際気になる所をあげていくとキリが無いけど、その中で一番の問題はストーリー構成じゃないだろうか?

どういうこと?キャラデザだとかパクリだとか演出がダメだとか原作ストーリーの魔改造だとか批判出まくりなのは同意だが、ストーリー構成のダメさがそこまで突出しているわけではないような。

ウチの国の国産アニメに関してはコンテを描ける人材がいないのが大きな問題だと思うんだけど。使い回しが多過ぎるのもそれが原因の一つとなっているわけで。

確かに作画面も重要だ。
しかし作画やキャラデザは好みやちょっとした崩壊ネタくらいで済むこともあるが、ストーリー構成に関しては失敗すると作品全体にダメージが来る。
ようは、ストーリーをそのままやり過ぎてアニメにあっていない!構成がネット小説そのままでアニメになってしまう。これが大きな問題だと思う。

編集能力と言ってもいいか……作画方面が目に付き易いけど、そこも無視できない問題だな。
あと個人的に言わせてもらうと、ストーリーの魔改造ってウチの国で作った国産アニメだとそこまでヒドくはない。日本にぶん投げると大変なことになるようだが。

ああ、そういうことか。
確かにそれは理解できる指摘だ。

国産アニメってストーリー追っかけるだけでいっぱいいっぱいな作品が多い気はするね。
ネット小説の場合は地の文で大量の説明ができるけど、アニメではそれができない。結果的に視聴者への説明不足に陥ってしまう。

アニメ化されるネット小説作品って余裕で数百万字とかだし、どれも文字数稼ぎで膨らませている。そしてそれを1話十数分或いは二十数分のアニメのフォーマットにして、数十話で区切りが付く形にしなければならないわけだからな。

数百万字を数十話のアニメにする時点で凄い作業だとは思うが、アニメにする以上それで面白い作品にしなければならないからな……

説明不足とか別に構わんだろ。
オタク向けの作品なんだから。全ての人間がターゲットになっているわけでは無い。ウチの国はアニメ化されるレベルの作品は原作の読者数も多いんだからそれをターゲットにすれば問題無い。

それにしたって限度はある。
しかもそんな作品を「見なきゃ中国人じゃない」とか宣伝するファンがたくさんいるわけだし。

仙侠系でも説明不足に陥っているのがあるし、ネットゲーム系や学園系になると更に分かんなくなるわな。

今期の「マスターオブスキル」は用語とかの説明バッサリ省いているからなー
なんで凄いのか、どんな凄いことをやっているのかが分からん。作中で周囲のキャラが主人公持ち上げているのにそれでも凄さが分からんというのはかなりマズイのでは。実際、私の周りでも脱落者が多い。

これは「霊剣山」の頃から今に至るまで続いている問題かもね。
ネット小説をアニメにする以上、原作では大量の文章で説明されていた部分がバッサリ削られてしまうし、他の表現でのカバーも無いから、原作ファン以外はどんどんついていけなくなる。

ファン向けの作品なんだから合わなければ見なければいいのに。

ファン向けだからで済む問題ではないし、ファンからも文句出ているんだよなあ

ファン向けならファン向けでもっとしっかり作れと言う話になるし、ストーリーをなぞるのではなく面白い所を抽出してアニメにしろということになるね。

自分の場合、原作ファンだから見た国産アニメに関しては「なんか足りない」という印象のが多いね。

原作になったネット小説は面白いのにアニメになるとどれもダメになる。
中国のアニメに足りないのってアニメに合わせたストーリー構成力なのかもしれん。模倣するにも作画と違ってハッキリとしたものが無い。

ストーリー構成に関しては日本のアニメでも人材不足のようだしね。
ウチの国も映画業界とかなら人いるのかもしれないが、アニメまでは……

監督の問題もあるんじゃないかな。
実写はその辺りをまだなんとかやってやっているが、アニメだとどれも情報不足でやってしまっている。

原作メディアの特徴自体がなあ……ウチの国のネット小説って引き延ばして文字数稼がないと金にならない。しかしアニメという媒体でそれは無理だ。
(訳注:中国のネット小説は文字数ベースの課金システムが基本で、書き手もそこでの稼ぎに集中することから人気になる作品のほとんどがかなりの長編作品です)

言われてみれば構成の問題や文章で説明できない問題は大きいな。
もしかしたらアニメ化最大の敵はウチの国のネット小説の商業構造から来る更新ペースにより増大した文章量なのかもしれんな。

設定が多い、設定に関して地の文を読み込まなければならない作品でもアニメ化をやってやれないことは無いはずなんだが……例えば「境界線上のホライゾン」のアニメは普通に面白かった。

ただ説明しまくっても今度は好みが分かれるからな……今期の新作「Re:CREATORS」なんかは説明しまくってしかもそれでまだ足りていない感じだし、好みがハッキリ分かれて毎回炎上気味だし。

「Re:CREATORS」みたいな炎上気味なのが欲しいわけではないが、もう少し国産アニメでも作品関連の議論が盛り上がって欲しいとは思うね。
「Re:CREATORS」はオリジナル系で議論や予測で盛り上がれるってのはあるけど、国産アニメはなかなかその手の議論が盛り上がらん。

構成に関しては、ウチの国はネット小説から直接アニメになるケースが多いというのも問題なんじゃないか?
日本は巻数の区切りがある漫画やラノベが原作になるからやり易い所は間違いなくあるはずだ。ウチの国のネット小説原作アニメの構成が悪いのはメディアの流れ的に仕方がない。

ネット小説って更新ペースと文章量を稼ぐために推敲そっちのけで毎日投下しまくるのが主流だし、勢いはともかく構成とかはどれも二の次だ。更にパートごとの分業体制だから矛盾も当然出て来る。それをアニメで再構成するとなると……

日本のラノベって1巻ごとにテンプレに沿った起承転結や萌え要素を放り込んでいるけど、あれってアニメ化に便利なように調整されているはずだ。
ウチの国のネット小説は文字数パワーがメインでそういった調整は入っていないし、アニメにする際に問題にぶち当たる。国産アニメの制作に関してはその辺りの経験の蓄積も重要だろう。

最近は日本でもネット小説原作アニメが珍しくは無いぞ。

それだって一度書籍化してからアニメ化だろう。商業化の際に再構成や編集が入る。
ウチの国のネット小説も書籍で売ったりはするけど、ほとんどが手を入れずに文章流し込んで終わりだぞ。

日本のラノベ原作アニメも構成や説明がそこまで優れているってわけではない。
お前らがよく持ち上げている「ソードアート・オンライン」だって原作を見ないと分からない所がある。以前分からない所があって質問したのに「分からなければ原作見ろ」とか返って来たぞ。

日本のラノベ原作アニメも「原作ではこうだった」「原作を見れば理解できる」的な部分は確かにあるが、アニメで何やってるか分かんなくなるってことは無いだろ。
それと比べると国産アニメは前提知識と理解の要求水準がかなり高い。

国産アニメの場合、「興味があるなら原作も読んでみて」ではなく、「原作を読まずにアニメを理解できると思うな」といった感じのもあるからな……

日本のアニメって原作付きでもオリジナルでも、最初の方で世界観や目的を「ストーリーの中で」説明するからね。例えば「ソードアート・オンライン」でも第一話の導入でゲームのルールや背景をストーリーの中で伝えていたし。
日本のアニメに関しては説明セリフが多過ぎるというツッコミはあるが、最近の国産アニメの視聴者の脱落っぷりを見ると、ある程度は必要なものだというのが理解できる……

情報量や理解するペースの違いは間違いなくあるよな。
その部分に関する混乱が国産ネット小説原作の国産アニメにあるのは確かか。

ネット小説原作の国産アニメを見ると、ネット小説とアニメは違う。アニメは時間が限られているというのを強く実感する。
ストーリーは面白い、後の方から面白くなるという原作党のアドバイスはアニメに関してはあてにならん。

原作の違いもあるだろうけど、日本はアニメ向けのストーリー構成変更を大胆にやってくる印象だね。例えば「幼女戦記」は原作通りにやるなら二話の内容が最初に来るはずだった。

その作品の目玉になるようなエピソードやバトルシーンを最初に持ってきて、その後に説明を投下しながら話を進めるとかはやっても良いはずなのに、そういう試みが出ていないんだよな。どれも原作の流れ通りに進める。
ネット小説なんてどれも最初は盛り上がらないんだから、そこはバッサリ改変しても良いのに!



とまぁ、こんな感じで。
ちょっと前までは中国国産アニメに関しては
「頑張っているから良いじゃないか」的な、
問題点に関しては様子見といった空気もあったのですが、段々と問題点を指摘したうえで国産アニメに関して求めるモノについての議論も出て来ているようです。

中国オタク層をターゲットにした中国国産アニメもかなり増えていますし、今後中国の国産アニメがどのような形になっていくのか、既存の国産アニメからのフィードバックはどのような形で出るのかといった辺りも気になりますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京の漫画喫茶B3

日本からだと存在そのものを疑われる事も有る北京の漫画喫茶B3のHPです。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ