「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

中国の2019年10月新作アニメ公式配信状況

例によって遅いまとめとなってしまいましたが、中国の動画サイトにおける10月の日本の新作アニメの配信状況をまとめさせていただきます。
以前の記事にも書いた通り、独占配信に関してはハッキリしない所も多いので明記はしておりません


愛奇芸(iqiyi)
食戟のソーマ 第4期
真・中華一番!
慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜
SUPER SHIRO
ソードアート・オンライン-アリシゼーション-War of Underworld
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!
僕のヒーローアカデミア第4期
放課後さいころ倶楽部
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません


優酷(youku)
あひるの空
放課後さいころ倶楽部
僕のヒーローアカデミア第4期
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません


iqiyiやyoukuは一般向けの方は有名所を中心に確保はしているようですが、深夜枠のアニメに関しての動きはあまり活発ではないようです。


テンセント
真・中華一番!
慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜
SUPER SHIRO
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!
ばなにゃ ふしぎななかまたち
僕のヒーローアカデミア第4期
魔入りました!入間くん
ラディアン 第2シーズン


今回のまとめと直接の関係はありませんが、テンセントに関しては中国国産アニメの勢いが微妙になってきているという不安も聞こえてきます。近頃の中国国産アニメの失速など、その辺りについてはいずれ別の記事でまとめてみようかと考えております。


bilibili
ACTORS -Songs Connection-
アサシンズプライド
アズールレーン
浦島坂田船の日常
俺を好きなのはお前だけかよ
歌舞伎町シャーロック
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱
真・中華一番!
慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜
SUPER SHIRO
スタンドマイヒーローズ-PIECE OF TRUTH-
Z/X Code reunion
ソードアート・オンライン-アリシゼーション-War of Underworld
ちはやふる 第3期
厨病激発ボーイ
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!
七つの大罪 神々の逆鱗
ノー・ガンズ・ライフ
ハイスコアガール 第2期
ばなにゃ ふしぎななかまたち
BEASTARS
ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル
Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線 バビロニア-
放課後さいころ倶楽部
ぼくたちは勉強ができない 第2期
僕のヒーローアカデミア第4期
星合の空-ほしあいのそら-
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません
魔入りました!入間くん
ライフル・イズ・ビューティフル
ラディアン 第2シーズン
私、能力は平均値でって言ったよね!


bilibiliは今期も最も多くの新作アニメを配信していますが、アズレンとFGOという同グループ内でサービスが展開されているソシャゲ原作のアニメの配信があるのも目に付きますね。

成功したかはさておき、中国ではアニメなどでIPを宣伝してソシャゲで回収しようとするモデルが以前から活発でしたが、その逆のパターンの日本のアニメがどうなるのか、どういった影響を与えるのかは気になる所です。


Acfun
アフリカのサラリーマン
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2
ゾイドワイルド ZERO
トクナナ-警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課-
旗揚!けものみち
僕のヒーローアカデミア第4期


中国オタク界隈でも、いつまでいけるのかどこまでいけるのか分からない、などといった見方をされているacfunですが、今期も独自の方向で作品を確保しているようです。


以上です。
今年の中国では10/1の建国70周年の国慶節関連のイベントがなにかと盛りだくさん(?)だったこともあってか、10/1日前後はネットも静かになっていて10月の新作アニメ関連の話題も初動ではあまり盛り上がらなかったそうです。

ただその後は徐々に段々と話題が増えてきているとのことですし、中国オタク的な辺り作品もそれなりにあるようなのでこのまま盛り上がっていってくれるといいですね。


とりあえず、こんな所で。
一応気を付けてはいるのですが毎回抜けや間違いが出ております。そんな訳でいつも以上にツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「前の方が好みかな。料理のパワーが足りない」真・中華一番!に対する中国オタクの反応

ありがたいことに
「新作アニメの方の真・中華一番!の反応は?」
という質問を複数いただいておりますので今回はそれについてを。

「真・中華一番!」

は旧作のアニメが中国のテレビで放映され大人気になり中国で「思い出の作品」となっているそうで、小さい頃に見て中国で作られたと思っていた人も少なくないといった話もあります。
中国オタク「『中華一番』が中国で作られたアニメだと思っていたヤツ集合」

リメイク版は中国側がかなり積極的に関わっているらしく中国の方ではイロイロと宣伝されていたようですが、主なターゲットがずれているのか、中国オタク界隈ではあまり大きな反応は出ていないそうです。

とりあえず以下に中国のネットをまわって集めた
「真・中華一番!」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で


正直、前の方が好みかな。料理のパワーが足りない。
あまり期待していなかったから失望というほどでもないんだが。

細かい文句言いたい所もたくさんあるが、全体的に平凡で絵柄もイマイチ。残念な出来だ。

新作の第一話、古い方の第20話の「不幸をよぶ黒い鶏」だよね?
なんでこの話から始めたの?特殊な理由あるの?

ストーリー的には特別なものはないけど、原作の「真・中華一番!」の第一話がこのエピソードなんだよ。新作版は真・中華一番ベースのアニメ化だからそこから始めたんじゃないか?

黒羽の話からか……もっと後ろからくらいかと思っていたんだが、原作版の完結まではやらないのかね。

私は原作ベースでやるならそれはそれで良いんじゃないかと思う。
旧作アニメの北京御前対決は皇帝も含めて原作の魔改造だと知ったのはかなり後になってからだ。

絵柄がやはり昔ほど良くない。あまり希望を抱かずにいた方がいいな。
特級厨師のエンブレム安っぽ過ぎとか輪郭白過ぎとか鋼棍のシェルの棍細過ぎとか言い出したらキリが無い。

展開を急ぎ過ぎているし絵柄も幼い。何より強烈なリアクションや発光が無くなっている。
アニメの形にはなっていても、旧作の良い所、私達が強く引き付けられたところが無くなっている。

なんかこう、新作の方は子供向け過ぎない?

同意。昔の方がカッコ良かったよね……
EDとかも昔のが素晴らしかったと再認識してしまう。新作は子供向けっぽくなっているが、子供が子供向けで作られた作品を好むわけでは無いんじゃないかなー

第一話を見た私はそっと旧作吹き替え版を見に行った……
美食をテーマにするならやはり旧作の誇張に誇張を重ねたスタイルの方が良かったのではないかと。

好み次第で評価が分かれそうだと思ったのはBGMと日本語版CVくらいかな。
元々期待していなかったからこんなもんかという印象になった。

時代は変わったということだよ。
旧作のファンのための作品じゃあない。

誇張しまくった料理シーンや鶏を〆るシーンが無かったのはやはり国内の子供に見せるためだったのかね。
食うと脱げる「食戟のソーマ」じゃないんだからそこまで気にしないでも良いだろうに……

上の説得や株価アピールに使いやすいIPではあるが、実際の所は人気獲得して平穏にやっていくのは結構難しいと思うわ。
現在のアニメファンは新しいのを見に行ってしまうし、旧作を知っているファンは絶対文句言うからな。更に中華料理だから現在の美食ブームの状況ではヘタすれば中華料理を侮辱しているなんて批判も出かねない!

既に制作者は中国を知らない広州を知らないみたいな批判は出ているからな。
当時のレベルは十分以上に詳しく、中国の空気を描写している作品だったが今の環境だと細かいツッコミ所を探されてしまう。

中国語版の声の演技に関してもツッコミたいが、評価は避けるか……

声に関してはしょうがない、旧作のキャスト見るとそれだけで強過ぎるのが分かる。日本語オリジナル版の先代とか今は海賊とかやっていて料理は仲間に任せちゃっているからな。
中国語版は……e-sportsの選手連れて来たりとまともに語るレベルじゃない。

オタク向けは日本語版、中国語版はe-sportsファン狙いなのかもしれないけど、そういうのをやると中立のファンが批判的になるんだけどなあ……
昔の思い出がある人間は中国のテレビの吹き替え版を見ていたのも多いのに。

第一話の時点でギリギリ不合格レベルかなあ
第一話は力を入れている、凄いスタッフが参加しているとか聞いていたけどそれでこの程度ではね。

私は旧作ほど引き付けられるものはないけど、想像していたよりはひどく無いと感じた。
全体的に見れば、受け入れられるレベルではあるだろう。

旧作との差が一番大きいのはヒロインだよ。
旧作アニメ版のヒロインは本当に良かったから、そこで残念に思ってしまう。

旧作のOPやEDのヒロインは確かにカワイイが、本編だと新作の方がクオリティ高くないか?

露出度の違いという問題も。
新作の方がイロイロと「正しい」んだろうけど、当時はドキドキしたヤツも多かったろうしその辺のマイナス補正はありそう。

新作のヒロインは優しさが前に出ているデザインだし、そっちも今の時代の子供向けという気がする。

顔面偏差値とか衣装とか、慣れれば良いのかもしれないが、思い出補正を売りにして宣伝されていた作品だから、どうしても厳しい評価になるかも……

旧作のOPやEDの出来、印象が強過ぎるんだよ。
それと比較されるのは厳しい。私も最初に見た時の感想は「あの誇張しまくったなんかスゴイOPみたいにはできなかったのか」「大黒摩季はさすがに呼べなかったか」だったもの。

旧作のOPの発光ぶりは日本の今の基準でも不可能だぞ!
ところでスタッフ見ても中国人の名前ばかりだし作っているのは主に中国側なのだろうか。

監督とかが日本人だけど、スタッフは中国人が多数っぽいからね。

ようはJY Animationの出した金が足りなかったのか?

予告PVの時点で予想された範囲かな。
国内の業者が放映開始前に誇大に宣伝するのはいつものことだが、宣伝の量も少なく思えたしそういうレベルの企画なのだろう。

最近は中国のアニメはどこも金足りないからね
ぬるぬる動くか=金がかかっているかみたいな判断はどうかとも思うが、実際金かけられなくなった作品は……

新作は新作の良さがある。
それに中国がかなり関わっている作品という目で見たら結構見る価値のある作品じゃないかと。

合作系の作品だけど、思い出を商売にして打ち壊す作品になってしまいそうな気配が。中国にIP売った場合にありがちな話だけど。

言ってみれば最近よくある「冷えた飯で炒飯作って金を巻き上げる」商法なのはハッキリしていたし、みんな分かっていたと思う。しかしそれでもブチ切れているヤツが結構いるのは正直意外。

思い出の作品だからしょうがないかもしれん。でも俺もキャラデザの時点で覚悟しておけよと思わなくもない。

とりあえず料理に関しては第一話でもなかなか光らなくて不安だったが光って安心した。
でもやっぱりやや光が足りない?
光らずに演技で見せるのも限界あるかなあ……

キャラデザが旧作アニメ版からかなり変わった時点で評価は厳しくなるのは予想できた。
原作に寄せたデザインという話も見たけど、どうなの?俺は旧アニメ版しか知らないんだが

並べてみると分かるが原作マンガとも違うデザインだよ。たぶん今の時代のアニメーターが描き易い絵柄にしたのでは。
個人的には悪くはない、問題点をあえて探さないと見つからないレベルだと感じた。しかしウチの国の視聴者が満足するかというと微妙。

原作マンガの小川先生の絵をそのままアニメにするのも難しい。
私は料理シーンが写実的過ぎるのが残念だったな。光が足りないなどのツッコミもそういうことじゃないだろうか。

分かる。新作アニメ版の料理関係の描写は旧作アニメ、原作マンガと比べて写実的になっている。
旧作アニメ版の誇張っぷりを期待していてガッカリした人、批判する人が出るのも無理はない。
中華一番という作品は言ってみれば「スーパー系料理アニメ」だから、そこを大人しくすると作品全体の勢いが消えてしまう。



とまぁ、こんな感じで。
現時点では新作の内容に関してよりも旧作版と比較してどう感じたかという声が多いようでした。

正直な所、私は新作アニメに関しては無難にまとめてきたという印象だったのですが、中国の方の反応ではかなり厳しめの声が目に付きました。

その辺に関しては現在の中国で思い入れの強い人が多かったことの表れでもあるのでしょうけど、思い入れの強い過去の人気作品を今の時代にリメイクをして評価されることの難しさも感じてしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「近頃の若いもんはガンダムを見ない、なぜだ!」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたり、中国オタクの濃い人からイロイロな話を教えてもらったりしたので今回はそれについてを。

中国のオタク界隈でも盛り上がるジャンルがあれば、それとは逆に沈んでいくジャンルもありますが、昔と比べて明らかに元気の無くなっているジャンルの一つとして
「ロボットモノ」
があるそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「近頃はロボットモノが流行らない」
「下の世代がロボットものに興味を持ってくれない」

といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


近頃の若いもんはガンダムを見ない、なぜだ!
ガンダムどころかロボも見ようとしない!

今の若い世代は異世界ネタが好きでロボ作品とか興味無いからな。

昔はガンダムがカッコイイとされていたけど、今のオタク主流世代は特に何とも思わないからね。俺自身もそうだ。
ロボアニメを見るとしても、ロボを見るんじゃなくてストーリーが目的だ。
私も別に何とも思わん。

冷戦終わって兵器や技術の環境も変わって、宇宙やSFへの熱も冷めたからそりゃ人気は落ちていくさ。

ロボアニメが一般ウケしなくなっちゃったよね。まぁ昔もマニア向け寄りではあったが、少なくともオタクの間では主流の一つだった。そして最近の「グランベルム」も不発だったし……

「グランベルム」は事前評価微妙でacfun配信で広報少ない割には健闘した方だと思うが。そもそもあれはメインの登場人物女だけにした時点で一般的にダメだろ。
言っちゃなんだが限定されたオタクを狙いすぎ。

今のロボアニメがつまらないのに加えて、コア層のファン向け過ぎるのが問題だよ。
ガンダムWやSEEDなんかは一般向け、00も一般層はなんとかって所だがそれ以降はマニア向け。

UCは成功しているけど、それも宇宙世紀ネタ前提だからマニア向けだし新人が入る場所無いよね。ガンダムに限らず新作はどこ向いているのか分からない作品多いが、それをやって旧来のファンは離れて新規ファンも獲得できていない。

今の時代は「ガンダムみたいな作品」の企画はもう通らないんだろうね。
ガンダムシリーズでさえ「ガンダムみたいな作品」を新シリーズでは作れなくなっている。

「グリッドマン」はロボアニメとしてもいけると思うんだが……いや、円谷系だからやっぱダメかな……

「グリッドマン」は演出も装備もロボだから迷うな。それはともかく、近年のロボが中心になるような作品は見るべきものがあまり無い。
近年のロボアニメ語る連中の間で評価が高いのって「蒼穹のファフナー」くらいじゃないか?これも既に5年近く前の作品だが。

ガンダムを見ていた人ってアニメ好きよりもSFネタ、そこまでいかなくとも科学技術色の濃い空気や設定が好きだったという人が多かったように思う。アニメより設定語るのが好まれているわけだからね。
でも近年は他ジャンルがそういうのをやっているし、特殊効果のレベルも上がっている。特にSF系映画はどんどんレベルが上がっている。もうロボアニメなんか見ないよ。

「トランスフォーマー」も特殊効果で持っているようなものだし、あまり新規入らない、旧来のファンで食っているような感じだからなあ。ウチの国で一時代を独占したからそれでかなり食えるから戦略的に間違いではないが。

他に考えられる理由としては近年のロボアニメって爽快感が不足しているというのも。作る側の目指す方向的にも、相対的な意味でもね。
異世界で俺TUEEEEEみたいに、開き直った爽快感重視の作品を作らないんだからそりゃ新規が入らずマニア向けになっていくかと。

爽快感かあ……そう言えば「Gガンダム」が何食わぬ顔してロボアニメの重鎮みたいに存在しているけど、あれって考えてみると物凄い異端だよな。

最近はロボ以外の部分で売ろうとしていないんじゃない?昔の玩具やプラモ売るための作品とはまた別の意味でロボだけ強調し過ぎ。
中二病、俺TUEEEEEやヒロイン、エロが足りない。SEEDがなぜウチの国であそこまで当時の一般層に流行ったのかといえば、そういう面もあったのは間違いない。
作品の評価としては語られ難いけど、大衆向けの部分は重要だ。

若い世代がロボを嫌いなわけじゃないよね。
SEED当時もそんなにロボが好まれていたわけじゃない。ロボ以外に興味持って作品に突っ込んでいったヤツの方が多かったんじゃないかな。日本人でもなけりゃロボだけで満足しないだろ。

ロボの思い入れやきっかけを作る環境や作品が無いしね。
一応、ロボ→Fate→ロボみたいな移り方している自分みたいなのもいるんだが、今の時代に新たに入るとなるとまずはFateとかになっちゃうのかなあ……

私の世代はまだテレビアニメでなんとなくロボット作品を見ていたから親しみ的なものはあったが、今の若い世代には無さそう
当時は「ゴッドマーズ」「ゴライオン」「ワタル」スーパー系もよく見ていたのもあってか現在幼稚だとか非科学的だとかされている部分もそういうものだとスルーできた。いやむしろテンションが上がる。

実際、今では「ロボアニメは幼稚」って認識がかなり強い。それに加えて「鉄血」「ダリフラ」とかヘンな部分が有名になった風評被害状態も混じっている状況だ。
ストーリーが面白い過去の名作を見ろと言っても絵柄や画質の関係から手を出してもらえないし、厳しいよね……

「ロボが出るの?じゃあいいや」「ロボアニメ?つまらなさそう」でバッサリだからね!
ジャンルだけで避けられている。一般人は心の底からロボ要素があるとダメな作品だと判断する。

今の時代に世界設定を固めて、人型ロボ兵器が必要とされるロジックを含めた世界観を作るのって厳しいんだよ。
ネットでの討論があるし、それでいて一度合理的じゃないというレッテルを張られると復活は難しい。昔はテレビの前で何となく勢いで見れた。

トンデモファンタジー作品を見ている人がロボアニメは非科学的だからイヤだとバッサリやるし、作品の空気や内容が今の時代と合わないのかね。ロボの戦闘を今の時代の画面で見ると間抜けに見えるという話も聞いたことがある。

少なくとも、今の学生層がカッコイイと思える空気が形成されていない。
昔々の「子供向け」だとされてバッサリやられた日本の特撮みたいな感じになっていってるような気もする。そして現在は逆に日本の特撮が評価されて伸びているのは興味深い流れ。

「ロボは男のロマン」とされたのも遠い昔か。
萌えミリタリー系ソシャゲの興隆からして、今の時代は美少女をもっと前に出して引き付けないといけないのだろうか。

新しい地球人は夢を忘れているからな……アニメじゃない、現実的なツッコミや批判が多い……

でも結局は良い新作が無いことだよね。
ジャンルに新しい血が入っていない。
時代の変化に加えて金が無い、市場が無い、脚本がダメ。

大体は同意だが脚本の良し悪し以上に今の時代のアニメの量産フォーマットに向いていないってのもあるんじゃないかね。
それに加えて、競争相手の作品がたくさん出ているのも問題だ。数の戦いだよ兄貴!

他のジャンルの表現力が上がっているからロボは相対的に厳しくなった。
昔の手書きの頃だとスゴイのはあるけど、CGでロボだと日本のアニメの強さ、2Dアニメ的なCGが活かせない。

同意。
ハリウッド的なメカ描写はできないから誰も見たいと思わんよ。2010年代も終わる今の時代のオタクがどういう作品を見て育ったか考えると特殊な嗜好でもない限り日本のロボアニメを見るわけがない。

作る方にとって、ロボの描写は他の作品よりも手間がかかる割に人気が出ないっていうのもあるんじゃないかと。昔はCGが発達したらロボット作品がもっと増えると思っていたんだがなあ

メカでCGがきちんと活用されて名作になったのってなんだろう。とっさにはガルパンくらいしか思い浮かばない……

せめてストーリーがマトモだったら良かったんだが。
戦争を舞台にする以上政治を語らなければいけないけど、今のロボアニメの制作者側の政治理念がツッコミ所ありすぎ。日本の作品が語る政治ネタはどれも幼稚園レベルで白けるのよ。
ガンダムにしても平成以降のは特に政治ネタのレベルが低いからな。

脚本のレベルが落ち過ぎだ。これはロボアニメに限った話ではないが……かと言って岡田麿里持ってきてロボ書かせるとか、全方面に対してバカにしてるけどな。

昔よりも競争相手が増えているのは間違いないし、相対的な批評も厳しくなっている。
最近は良い脚本が無いという意見をよく目にするが、昔のロボアニメの脚本とかわりとヒドイの多いし構成レベルでの迷走も頻発しているぞ?スパロボのイメージで語ったらダメだ。

実はロボアニメって投げっぱなしやグダグダなストーリーの作品も多い。
現代ではロボのデザインがカッコ良くても、キャラの言動や世界観、ストーリーのクオリティが無ければ叩かれる。
昔みたいにロボと世界観を前に出すだけである程度勝負できた時代ではなくなってきたのも厳しい所なのでは。

鉄血は止まるんじゃねえぞ、アルドノア・ゼロはNTRでイメージされるだけでロボのイメージ無いからな。

昔はロボアニメが優秀な娯楽に思えたというのも理由じゃないかな。
今の子供は恐竜を好きじゃないと不思議がるのと似たようなもんじゃないかと。

昔はロボアニメでしか見れなかったような内容が、ハーレムやら中二病やらバトルやらが別のジャンルの作品でも見ることができる。ロボアニメで目立っていた、強みになっていた要素が他の作品にも分散している。

今の時代にやるなら、「ダーリン・イン・ザ・フランキス」みたいな形じゃないとダメなんじゃないか?

あれはロボよりもキャラデザや設定、それ以上に制作会社による人気だったからな。ロボ部分の人気はむしろ微妙、設定に引いていた人の方が多かった気がする。

今の時代、ストーリーやキャラクターはかなり重要だと思う。
あと商業的なのは別として今の時代はスパロボ参加までで考えてあげるべきなのかな、とも思えたりする。
あれって実質劇場版でストーリー再編するようなものだろう。新旧様々な微妙なストーリーの作品もクロスオーバーや良い部分だけ取り上げて劇場版的な良い感じのものにしてしまう。これって実はスゴイことなんじゃないかと。

なるほど。
今の時代はロボアニメ単独で勝負するのはもう厳しい環境ってことなのかもな。昔のロボアニメが人気になった時代とは違うと。ウチの国でも、日本でも。



とまぁ、こんな感じで。
現状の不満や不安がイロイロと出ていました。

今回のやり取りの中にあった
「今の中国では若い世代がロボアニメに入るきっかけが無くなっている」
という点は確かに大きそうですね。最近の中国では日本よりも更にロボアニメに関する世代間ギャップが出ているという話も聞いたことがあります。

また中国オタクの方から教えていただいた話によると
「近年の中国ではロボットモノがダサい扱いになっている」
というのは間違いないそうで、そうなった原因に関しては、日本のロボット系アニメの迷走以外にも中国本土におけるトランスフォーマーの大人気とそれによる負の影響などもあるそうです。

特に一般向けのダサい宣伝や、柳の下の何匹目かのどじょう狙いの質の悪い作品やネタが溢れかえったことにより、ロボジャンルそのものがカッコ悪い、ダサいというイメージが形成されてしまった……などという背景もあるとのことです。

そしてそういった空気は他者との違いを重視する若い世代のオタクな人達にとっては我慢できない、敬遠したくなるものとなってしまっているとも。
このように流行り過ぎて陳腐化する、安っぽい存在のイメージが広がってしまうというのは中国の人気コンテンツにはよくある話で、現在の中国ではSFがその流行り過ぎて陳腐な安っぽいもの扱いになりそうで不安だ……という話も教えていただきました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「あの宇宙の法則を乱す栗まんじゅうが提供されてしまうのか」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたので、今回はそれについてを。

中国の方でも「哆啦A梦」の名前で「ドラえもん」は大人気で小さい頃から見ていたという人も多いことから、中国オタク界隈でもちょくちょくドラえもん関係の話題で盛り上がったりしています。


そんな中国で先日
「藤子・F・不二雄ミュージアムでバイバインな栗まんじゅうが提供される」
というのがちょっとした話題になったそうです。
バイバインで無限くりまんじゅう!?(川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたその辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の藤子・F・不二雄ミュージアムで公式に、例の栗まんじゅうが提供されてしまう模様。
お替りを頼むたびに倍になる……!

あの宇宙の法則を乱す栗まんじゅうが提供されてしまうのか。

これは実際に食べてみたいな……あと藤子F不二雄ミュージアムの存在を初めて知ったが、かなり気になる場所だ。

無理だ!宇宙に捨てるしかない!

1000円って60から70元くらい?
そんなに払ってわざわざ「饅頭」食べるの? ファン向けでもちょっと……

漢字は一緒だけど日本の「栗饅頭」ってウチの国の主食の「饅頭」(マントウ)とは違うぞ?普通のマントウよりは美味しい。

日本語の「饅頭」って基本的にお菓子の意味だからね。あとはこっちの「包子」とかも日本語だと饅頭の範囲だったかな?

これはたくさん頼んで回収して売り払えば元を取れるのでは?
それか複数人数で1個だけ頼めばコスパ最高なのでは?

日本語でちゃんと「お持ち帰りはできません」と書いてあるぞ!
あと恐らくこういうのは基本的に一人で食べないといけないんじゃないかと。

恐らくバイキングみたいなもんだろう。席に着いたら各人が注文すると。
当然持ち帰りは無しで、シェア禁止とかは子供の客もいるだろうからそこまで厳格にはやっていないとかじゃないか?
どちらにしろ、ちょっと試してみたいメニューだなあ。

ドラえもんならどら焼きじゃないの?

これ元ネタはのび太が1個残った栗まんじゅうをもっと食べたいというのから始まるから、ドラえもんの方じゃないんだよ。

藤子不二雄作品は食い物が美味そうなんだよな……実際に本物を食べるとそんなでもないのに。

ああ、思い出してきた。
あの見終わったあとにうっすらと怖くなる話か。

当時の私は、宇宙が大丈夫なのかと心配になったっけなあ……

こういうサービス込みの食事は良いねえ
カフェのメニュー見てみたが、アンキパンなんかもあるんだね。あとウソ800が提供されているようだがこっちも非常に気になる……

日本のコンセプトレストランはいつも予想外のネタ、予想外のやり方で笑わせに来る。

ところで私は栗まんじゅうってドラえもんでしか知らないんだけど、実際の味はどうなの?食べたことのある人いない?

栗入り餡の餅って所かな……自分が食ったのはパサパサ気味で、いわゆるあんぱん系統の食い物にも思えた。

だから150円のお茶で稼ぐ……というわけではないか。
水分補給したら食えなくなるし、かと言って食わないとお茶のお替りが出ない。

時間内に食いまくって元を取るにはどれくらい食べれば良いんだろうか。

好きだとか興味あるだとかでなく、量だけが目的なら千円もまんじゅう食わずに別の食った方がいいんじゃないか?
日本のお菓子は安くておいしいのがイロイロとあるぞ。

倍で増えていくと……4皿まではいける……かな?

カップの大きさから考えると、3皿7個までなら食べられそうだがその後の8個追加は無理かも。

俺も4皿目の8個が壁だな。
そしてそれを乗り越えたら16個追加か……!

小さい頃にとても食べてみたいと思ったお菓子で、当時の自分はなぜみんなは食べきれないのかと不思議に思ったもんだよ。
でも今は食べられる量も把握しているし、ある程度増えてしまった時点で食べきるのは無理だと分かってしまう。

指数で増えていくのは無理だよな。

ところでこのエピソードってロケットで宇宙に捨てるというオチだったと思うが、あれって大気圏で爆散させたり燃え尽きさせるのじゃダメなんだろうか?
子供の頃からずっと疑問なんだが。

食べきれずに残ったら増殖を再開するから破壊はどうなんだろう?
爆破しようが焼こうが消滅するわけじゃない。

「食う」というアクション以外はリスクありそうなんだよね。
食べたものに関しては増殖しないというのしか分からない、

SCPにそういうケーキあったよな。
あれの元ネタはコレだったりするのだろうか?

子供の頃に思い付いたネタと言えば、俺はひみつ道具の「ミニ・ブラックホール」で処理するのはダメなのだろうかと不思議に思ったっけな。

それにしてもバイバインは小さい頃は特になんとも思わなかったが、今になって考察してみるとかなりトンデモナイことやってるように思える。制限なしに質量を創造してしまうわけだから。

最後は銀河系レベルになるんだっけか。

無限に増殖していくというのが強烈な恐怖につながるというのを子供に思い知らせる良い設定だった。まんじゅうから宇宙の危機を意識させられるとか本当に感心するネタだ。

ちょっと怖いけど、そのまま宇宙の存在を空想できるようになるSF的な話だよね。
こういう話があって藤子不二雄はやはり凄いと後から気付く。



とまぁ、こんな感じで。
栗まんじゅうとバイバインのエピソードに関しては、「あの話か」と気付く中国オタクの人も多いようでした。

子供の頃に無限に増殖する栗まんじゅうに恐怖を覚えたという人がそれなりにいるようでしたし、ドラえもん関係では中国オタクの面々にとって子供の頃のトラウマを刺激するエピソードやひみつ道具などが他にもまだイロイロとありそうですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「その手の趣味の人も、含蓄のある作品を見たい人もバッチリ対応できる作品だぞ!」BEASTARSに対する中国オタクの反応

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも10月の新作アニメに関する初動の評価が出揃いつつあるようですが、そんな中で事前の評判よりかなり良い評価となっているのが
「BEASTARS」

だそうで、マニア寄りの層を中心に注目が集まっているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「BEASTARS」
に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「BEASTARS」かなり良いじゃないか。
十月の個人的覇権候補が来たかもしれない!

覇権かはさておき、文芸枠はこれが完全に頭一つ抜けている気はするね。

BGMが場面を印象的にしているのが良かった。
安定したクオリティになりそうだし今後が楽しみだよ。

第一話見終わったが、なかなか良いね。
日本の3DCG系作品ってあんまり好みじゃないし、この作品もCG面では微妙だがそれを考慮しても良い楽しめそうな作品に出会えた。

ケモナー系趣味の無い自分でも、なんかとても引き付けられる作品だった。

寓話的なキャラと現代社会的な部分を融合させ、更にポリティカルコレクトネス的なものも放り込んでいるのが面白い。それでいてメインは学校内で起こった殺人事件を軸にしたサスペンス。
その手の趣味の人も、含蓄のある作品を見たい人もバッチリ対応できる作品だぞ!

面白いとは思う。
しかし毛並みの3D表現がちょっと微妙かなあ……作画の手間を簡略化できる利点もあるんだろうけど。

第一話から濃いキャラがたくさん出てくるし引き付けられる。
あの牡鹿中心の薄い本は読んでみたいかも……

フフフ……第一話からしてルイ先輩の「片足」発言はその、興奮してしまいましたよ。
彼らの関係性はとても萌える。

第一話から腐った方々のコメント弾幕がヤバイ
今後の展開を知っているとどう爆発するかが今から怖い

私も原作読んでるけど、レゴシとルイの関係に萌えるのはしょうがないいと感じる
あれは獣で男でと、自分にとって明らかに受け入れない属性なのに強烈に心を突き動かされた。そしてそんな自分に驚いて、自分の萌えポイントを真剣に分析してしまった。

第一話は予想していたより面白かった。
あと最初の犯人のシルエットからしてネタバレはそんなに隠す気無いんだと感じた。

実際、犯人についてはそこまで重要じゃないからね。事件を取り巻いて動き変化していくキャラクター関係の方が重要。

原作から結構アレンジ入っているけど、原作より分かり易い構成と演出が入っていてコレはコレで良いかも。

ルイ関係の描写が特に良かったね。
特段の説明なしに彼がどのような位置にいる人物なのかがよく分かった。

一番意外だったのは、予告編が全く本編の良い所を見せていなかったことだったり。あれで良いの?
それとも私の分からない狙いがあったのか。

他の作品だったら魔改造だなんだと叩かれるレベルで構成変えているはずなのに、メインストーリー的にもキャラの性格や関係を構成する関連イベント的にも問題無いのは凄いね。
アニメの方は分かり易くて印象に残るという良いアニメ化かも。

原作と違うというのが問題にならない良いアニメ化だよね。
もちろんアニメになった時点で原作マンガと同じ構成と演出になるのはありえないんだが、原作厨じゃなくても文句言いたくなるような作品も珍しくないからね。

詩的な空気すら漂っている第一話だった。
第一話でキャラクターと世界観、それを背景にした張り詰めた状況がきっちり描写されていた、わりと理想的な第一話じゃないかと。

キャラの毛皮描写見て切るつもりだったけど、友達に言われて実際に見て正解だった。見ずに切らないで良かった……

私も見る前はズートピアのパクリだろうくらいに考えていたら、普通に独自要素があって面白いわ

レゴシの声いいなあ。この後に来るであろう別のテンションの演技も楽しみだ。
ルイの声も凛々しくて張り詰めていて良い。

「BEASTARS」については「宝石の国」を思い出すという評価も聞くが、どうなんだろう

制作が同じオレンジだし、重なる部分はあるだろう。
ただもちろん「宝石の国」とは大きく違う部分もあるだろうね。

宣伝とかをパッと見ただけだと微妙だけど、実際にアニメ本編を見てみると良さに驚くのは似ているかもしれん。

「宝石の国」とこの作品に関しては日本のCGアニメの最先端のやり方を見せてくれるという点は共通しているのでは。
上手く言えないが、レベルの高いCGアニメの例としても良い作品なんじゃないかなーと

第一話見ただけだが、これは持ち上げたくなるのも無理はない作品だ。
こういう「安定したクオリティの演出」の3Dアニメって珍しいのでは。

演出上手いよね。
鏡とキャラのアクションで牙を見せたことを表現するのとか、ヘンな言い方だが3DCG使ったアニメでの演出に思えなかった。やられたと感じたよ。

これ別のスレでも話題にしたけど、日本の2D風3Dアニメって原画の方の人間の監修がきっちりと入るから、手書きのアニメと同じような方向性を維持できるんだよね。
そこら辺が良い方向に働くとこの作品のようになるのでは。

でも作画厨の自分からすると、やはりこの微妙な3Dモデルは引っかかるなあ。

そこだけ注目すればそうだけど、動いてストーリーの中で見ればいつの間にか気にならなくなった。動いてバトルすると引っかかるようになるウチの国のCGアニメとは正反対でなんかモヤモヤする。

理解できる
自分も正直PV見た時点では普通の低予算CGアニメ二しか思えなかった。ウチの国の国産アニメのCGの方がはるかにレベル高いと思った。

中国国産は宣伝やキャプ画像は良いんだけどね……ハッキリ言ってこの作品よりずっと上。でも作品全体で見るとこの作品の方がちゃんとアニメとして良い感じに思えたりするのが。
内容以外の部分に関してもちょっと考えてしまう作品だなあ。

実際、CG「だけ」なら今の中国国産アニメの方が上だと思うよ。
でも演出や音楽も含めてみるとこの作品のようなレベルにはなかなか……

何はともあれ安定したクオリティと良い音楽で面白い原作をアニメ化してくれるのはただただ嬉しい。この会社なら大崩れしないだろうから安心して追いかけられそうだ。



とまぁ、こんな感じで。
現時点ではまだ広範囲での人気というわけではないようですが、一部のマニア層を中心にちょっとした衝撃が広まっているようです。

今回のネタを教えてくれた方によると
「ジャンルや内容的に中国の多くの人が注目する作品とはならないでしょうし、ライトなオタクにはあまり刺さらないかもしれませんが、含蓄のある作品を求めるうるさいオタクな人にはかなり歓迎されている雰囲気ですね!」
とのことでした。

個人的にも10月の新作アニメの中で楽しみにしていた作品の一つなので、今後も追っかけてみようかと考えております。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ねえ、なんでギャルゲエロゲ原作アニメは消えてしまったの?」

台風でどうなるか分からないのですが、とりあえず予約投稿。
ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では作品や関連用語が広まった経緯などから、日本の美少女ゲーム的なものは家庭用ゲーム機の一般向けもPCアダルトゲームも全部まとめて
「galgame」
と呼ばれていまして、そういった作品を原作とするアニメに関してもgalgame原作といった形で一括りにされています。

そんなギャルゲー、エロゲー原作アニメですが、中国オタク界隈にも昔から一定の支持層が存在しますし定期的に話題になっているのを見かけます。しかし近年はギャルゲー、エロゲー原作系のアニメが少なくなっていることについてイロイロと複雑な気分にもなっているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「なぜギャルゲー、エロゲー原作のアニメを見かけなくなったのか」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ちなみに原文ではエロゲーとギャルゲーを区別せずに「galgame」と言っているものが多いですが、分かり易くするために文脈がハッキリしているものはギャルゲー、エロゲーと分けて訳しています。その辺りの混同に関しては以前の記事などもよろしければご参照ください。
桂木桂馬はgalgameを遊ばない オタ中国人の憂鬱アップデート


ねえ、なんでギャルゲエロゲ原作アニメは消えてしまったの?
昔は毎シーズンほぼ必ずあったように思うんだが……

近頃は毎シーズンあるのって異世界トリップ系の作品だよね。

ラノベ原作、或いはラノベのネット小説出身作品原作だな。
主な購買層がそっちに移動しているんじゃないかと。昔と同じタイプの商業ラノベ原作アニメはそんなに増えていないか、やや減っていると思われる。

自分が最後に見たのは何だろうと思って考えてみたら「アマガミ」だった、これ一期はもう9年前だ……

そのシリーズだと「セイレン」もあるが、第二期は期待できないのだろうな。

「セイレン」は原作ゲームの無いオリジナル枠だよ。ギャルゲー原作は最近ので言うなら「グリザイア」シリーズとか、ゴタゴタした「ISLAND」辺りだろうか。
無いわけではないけど、目立たないよね。

ギャルゲー系作品はストーリーが長いしヒロインごとのルート分岐もあるからアニメの形にするのが難しいんだよ。
脚本の良し悪しに加えて、構成の良し悪しも非常に重要になる。

「大きな」原作改変必須ってのは厳しいよね。長い作品をアニメ化の尺にするだけでも既に難しいのはウチの国のネット小説の国産アニメ化を見ても容易に理解できる。
それがギャルゲーの複数ルート複数ヒロインを破綻せず面白く、しかも新規向けにも配慮してとなると……

複数ルートを複数短編でまとめた「アマガミ」はギャルゲー原作アニメの模範的な作品だと思うが、あのやり方ができる作品ばかりではないからな……世界観が評価に関連するのとか。

ギャルゲー原作アニメは成功しないし、成功してもファン層が小さいからな。
昔はディスク売って稼ぐモデルが成立していたけど、今はディスクよりも配信が中心の時代だ。

ギャルゲー原作アニメなんてのは元々市場が少ないし、爆死しまくったからいつの間にか消えた。そもそもその手のアニメの成功例って何かあるの?

成功作品もあるぞ。
「シュタインズ・ゲート」や「Fate」は認めたがらない人が多いけど、ギャルゲー原作で間違いないと言える。

一応現在も消えたわけではない。「YU-NO」がギャルゲー原作枠だし、一般向けのリメイクはシュタゲと同じ会社だぞ?
まぁ出来についてはギャルゲー原作アニメの範疇からの脱出はできなかったようだが……

あの手の作品はクオリティの高いCG、長編ストーリーが武器になっているけどアニメだとそれを活用するのは難しいからな。
更にハーレム系だとかお色気だとかはラノベ原作系、特に近年のはそういう武器を強調した作品が出てきていてそっちの方が作る方にとっても見る方にとっても良くなっているのではないかと。

エロゲー業界が下り坂を爆走中なんだからエロゲー原作アニメが盛り上がるのなんて無理よ。

ラノベ原作アニメならばカドカワが投資して宣伝する商業モデルになるけど、エロゲーの場合はそんなことやる意味が無いからね。他所の会社のアダルト作品にそんなことをやる意味はない。

アニメを作るということ自体結構な投資リスクがあるんだよ。
今の時代にギャルゲーをアニメ化してどれだけ儲けられると思う?爆死したらどうなる?それだったらスマアホゲーを作った方がマシだろう。

結局はギャルゲー関連市場が期待できないことに加えて、アニメ化にできる勢いのある原作が見当たらないってことんじゃないかと。

近年のエロゲーってストーリーがそこまで突出していないというか超話題作というのが出ていない。そしてエロ重視だと人気になるアニメ化なんてのは無理だ。エロ重視の18禁アニメで一般的な意味での名作ってのは出てこない。

まだ人気作品でアニメ化されていないのはあるけど、そういうのはアニメ化できない理由があるんだよ……尖った作品の多いジャンルだからね。
そして手頃なアニメ化できるような作品は見当たらないというか、使いやすいラノベ原作の方に流れるといった所じゃないかと。

「沙耶の唄」がアニメ化されると聞いてテンション上がったが、どうやらデマだと知ったなんてこともあったな……

ギャルゲームってアニメ化の素材としてはあまり使い勝手が良いものじゃないよね
それに今では12話程度でまとめないといけないから、各キャラのルートどころか共通ルート部分さえ怪しい。
そして原作を棄損したアニメを目の当たりにするファンという悲劇が起こる。

ルートごとに創るなんてFateみたいな超ドル箱作品でもなければ無理だ!
下手に話を削ったり、魔改造合体させてキャラがヘンなことになったりするとファンからカミソリが届きかねん。

アニメ作品も時代と共に進歩している。今では作画クオリティだって要求される。
一昔前のようなキャベツが上手く描けないような量産型萌えアニメを作られても、ファンは納得しないだろう。ギャルゲー原作ではないが「デート・ア・ライブ」3期のガッカリ評価のようなことになりかねん。
考えれば考えるほど、今の時代のギャルゲー原作アニメは難しいと思えてくるよ。

現在の環境ではギャルゲー系作品は強みが薄いんだよ。
ストーリー以外にも、表立って評価されないけど手堅く視聴者を獲得できたお色気要素が、今では他のジャンルの作品でも普通に武器にしてくる。
18禁原作とはいっても、一般のアニメになった時点で18禁要素を入れるのは無理だから、18禁原作の意義が行方不明になりがち。
もちろん深い内容の作品が出ることもあったが……

近頃の爽快感重視というかそれだけな作品に比べるとあっさりし過ぎかドロドロし過ぎなんだよね。
私はギャルゲー系作品をぼけーっと眺めるのが好きだったけど、今では爽快感だけな俺TUEEEEE作品に移行してしまった。

エロゲ会社はどんどん勢いが無くなってるし、スマホゲーに逃げたりしている。

会社もだけど、それ以上にクリエイターがソシャゲの方に移っているんだぞ。

こういう話題を出す連中って具体例を挙げずに「何々はもう終わった」というのばかり。
自分以外のものを貶して終わった自分自身が安心したいのかね。なんの意味があるのか。

その手の意見には同意しなくもないが、エロゲーに関しては間違いなく減ってる。
作品は出ているけど、家庭用移植やアニメ化、コミカライズは少なくなっているし、話題作もない。何より老舗の会社がつぶれている。

業界の規模が最盛期と比べて3割以下とかになっていたような。
ただその分同人が拡大しているから一概に判断はできないが。

日本のエロゲー会社がどんどん消えているからなあ……パッケージゲームの商売が成り立たなくなった。
あのminoriが制作終了、ニトロプラスはソシャゲというご時世だからね。

ゲーム市場が随分と変わってしまった。
日本のエロゲーは家庭用ゲーム機への移植による普及というルートがあったけど、今ではそれが無い。その手の客層はソシャゲに移っているんじゃないか?

今ではソシャゲの一部がかつてのエロゲー市場の役割を果たしているのかね。エロゲーの有名IPもそちらに移動している。

ソシャゲに移ったのは客だけじゃない。クリエイターもだ。
エロゲー出身の絵師やライターがソシャゲで活動するようになっている。言っては何だが、ギャルゲーの時代は過去のものになってしまったのではないだろうか。

振り返ってみると、かつてのエロゲーが才能的にバブル状態だったように思える。私はその最盛期と思われる時期からしか知らないから、最近になるまで分からなかったけどね。

エロゲー全盛期の頃の日本って、既存の商業メディアに席が無い、或いは席が空くのを待ってられないクリエイターが打って出る場所としてエロゲーが非常に強く、18禁にすれば何を作っても良いみたいな雰囲気だったらしいしね。それにエロがあれば一定の資金回収はできるから企画も通りやすかった。
今の時代だと、それこそネット小説の方が打って出るには楽だし即効性がある。そりゃアニメ原作になるような作品もそちらが中心になるわけだよ。

今の時代、自分達の会社が食っていくためにはエロゲーから移動しなければいけないんだろう。それかネット配信も含めて展開できるエロ中心の同人に移行するとかだろうか。
TYPE-MOONの武内ときのこは上手いかじ取りをしたんだと気付く今日この頃だ。

武内の方はともかく、きのこはどうなんだろう。
型月はむしろ「食っていく」意図が薄い珍しい所だと思う。作品やIPを常に維持拡大して新規を取り込んで右肩上がりにしなければならないという意図が薄い。FGOにしたって「いつまでもFGOじゃなくて別の事やりたい」というのが透けて見えるくらいだ。
そしてそのやりたいことをやる型月がエロゲーから離脱しているというのが、市場としての衰退を表しているようにも思える。

とりあえず、ギャルゲー原作アニメが無いの?という話に関しては10月新作のFGOもギャルゲー原作枠に入れていいのではないだろうか。



とまぁ、こんな感じで。
なんだかんだでギャルゲー、エロゲー原作のアニメが中国オタク界隈に与えた影響は大きいですし、今の新作アニメの状況を見ると複雑な気持ちなる人も少なくないようです。

ちなみに中国本土において、中国オタク用語の「galgame」として日本のエロゲー作品がエロCG目的ではなく「内容」の方で本格的に意識されるようになったのは日本のエロゲー市場最盛期が既に過ぎた00年代後半以降になるので、有名作品の影響に関してはやはりアニメ経由が主なのだとか。

またそういった背景もあってか、中国オタク界隈において有名なエロゲーブランドも日本の最盛期からはちょっとズレている所があるそうです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

注目と共にゴタゴタも発生中?Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-に対する中国オタクの反応

中国版のサービスも展開され中国でも大人気というか、日本産ソシャゲでは現在トップの人気とされている「Fate/Grand Order」ですが、10月の新作アニメの方もイロイロと話題になっている模様です。

そんなアニメ版
「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」

に関して、ありがたいことにちょっと変わった方向でのやり取りを教えていただきました。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-に対する感想とその周辺のゴタゴタ」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


FGOのアニメ、手がかかってるな。
これが課金で作られたアニメか……

最初のアニメ化から段々とレベルアップしているのに課金パワーを実感するわ。
あと中身に関して、私はとりあえず追いかける気分になるレベルに感じられた。

でも荒れ気味だよね……Fateのアニメは外部要因も関係してよく荒れる。

普通に持ち上げられるレベルだとは思うんだけどなー
今期はソシャゲ原作アニメ、3本とも悪くないんじゃないか。ついにソシャゲアニメを持ち上げられるシーズンが到来したのかもしれない。

ソシャゲファンなら動けば満足だろうけど、原作知らなけりゃそんな良かった探しはできない。

バトルシーンはそこそこ見れたけど、早送りで話進めるだけの眠くなる内容。一般人置いてけぼり。ここまでヒドイ作品も珍しいね。

なんかグダグダな泥仕合になっている感もあるが、予備知識無いか少ない初見組、FGOファン、アニメマニアといった立場が混在していて評価も混乱しているな。
作品に対する要求が立場ごとに違い過ぎる。

マニアの他に、型月厨の非FGOファンカテゴリもあるんじゃないか。こっちは内部闘争になるからタイヘン。

そういうのは別として、とりあえずの感想としては、尻の多いアニメだと思いました。
第一話はわりと楽しめたので第二話も期待しています。

近頃のソシャゲ系アニメは信者とアンチが戦っているように見えたりもする。
FGOは「前提知識なしの新規」、アズレンは「精神日本人」が衝突の理由として目に付くけど、なかなか純真な目では見れない!

FGOは型月ファン内部のゴタゴタも出ているんじゃないか。Zero派の拠り所となったアニメについにFGOがぶつかってくるという背景も透けて見える。
UBWやApoは国内支持層の少ない弱小群体だったから勢力で封殺できたが、FGOは国内支持層が大きい上に型月厨としての知識も新しいから何かと複雑だ。

作品自体はまあまあ良い感じだと思うけどね。3D背景の使い方とか言い出したらきりが無い。キャラデザにしても、うまい具合に武内顔の範疇でアニメ化していると思う。
現在出ている批判に関しては想像していたレベルが高過ぎたってのもあるんじゃないか?

俺はイシュタ凛で満足なんだけどな−

ちょっと聞きたいんだが、FGO世界には凛ベースのイシュタルは出てもFateの凛が出たり、凛と直接関係するエピソードが出ることはないという認識で良いの?

それで問題ないよ。
Fateのキャラそのものは出てこない。女神が体を借りているサーヴァントとして出てくる。ただ、凛が目的なら別側面のエレシュキガルも登場するはずだからイシュタルだけで判断するのは早計だぞ。

自分は予備知識無いし初見で理解できるかは気にしないが、第一話は話の起伏無さ過ぎない?
初見の人間を引き寄せるような部分が無いし話題として盛り上がれる所も無いんだけど。

そこでもう原作知っているかどうかの違いが出ちゃってるからね
マシュとイシュタルとエルキドゥ(仮)の戦闘シーンがちゃんと動いて表現されるというので、既に原作ファンに対するかなりのサービスというかアピールなんだよ。
例えば最初のレイシフトにしても、知らないとエヴァのパクリとかに見えたかもしれんが、ビジュアルできちんと表現されたの初めてだから自分はかなりテンション上がった。

自分はFGOやってないから第一話見ても何が何だか分からなかった。ネタバレ情報見てもダメ。原作通りに途中のエピソードを抜き出した、ファン向けの作品なんだろうな。

第0話もあるから、初心者はそっちから見てということなのでは。
しかしこういう場合、原作通りだというのは良くも悪くも難しいな……

あれが原作通りなわけがない。俺のカルデアのマシュあんなに強くない。

第一話は原作ではバトル挟みながら淡々と進む部分だからね。バトルシーン3回を散発的にやるのはアニメで見るとしつこいが、作っている側の苦労も垣間見えた気がする。
かといってあまり変えるとストーリーが崩壊するし、アクション部分に力を入れたのは良い判断に思える。
評価されているストーリーはかなり後の方だから、しばらくはキャラや設定を楽しめる人以外は後でまとめて見るのも手かもね。

評価や批判を見ると「FGO知らないから意味不明」「FGO遊んだことないけど良い感じに楽しめた」「FGOを知らない人間には楽しめないのはどうなのかと」等々、どっち方面もあるから大変ですわ。

批判で多い「予備知識無しの新規にとっては微妙」というのも実は人それぞれだからなあ……こんなのを今の時期に第一話から見る型月関連の知識が全くない新規がどれだけいるのかとなると……

構成或いは演出、BGMのアレンジや選択が想像していたのと違うからダメみたいな批判も目に付く。ただ第一話のクオリティに関する批判はそんなに無いのも特徴だろうか。

しかし最初にがーっと説明をするのと、FGOのコレみたいにキャラとバトルを前に出して印象付けるのでどっちが良いのだろうね。
Fate/Zeroの時は第一話に大量に情報を入れていたが、あの当時と今回ではウチの国の視聴者の前提知識や視聴環境もかなり変わっているわけで。

FGOの一話、あの程度じゃ描写も演出もZeroの一話と比べられるレベルじゃないだろ。批判が出るのも当然だ。

今ではわりと忘れられているが、Zeroの第一話の時もかなり炎上していたぞ?特にマニア寄りの所では批判の合唱が聴けた。

第一話だけならZeroの方が正直微妙だったような。上でFGOが眠くなったというレスがあるけど、Zeroは30分本当に設定を流して進むから眠くなるレベルは高かった。

Zeroの時は第一話で新規が大量に離脱した後にまた戻ってきたという流れがあった。今ほど最初で切るという時代じゃなかったし、他のブランド作品もなかったしでね。
あの二人でグルグル回って説明のシーンとか、ネタにはできるが擁護するのはちょっと……

時代が変わったのは感じるね。現在は昔みたいに我慢して見る視聴者は多くないし、つまらなければ他の作品を見に行けばいいという環境だから最初の40分を設定の説明に使うというのは厳しい。
FGOの第一話は金ぴかやアホ毛くらいしか知識の無い自分がそれなりに見れたから、今の時代の初心者向けとしての部分は及第点なんじゃないかと。

同感だ。今はFGOリタイアした自分もアニメはテンション上がって楽しめた。
個人的に言わせてもらうと、問題点はいくらでも見つかるアニメだけど、楽しめる所もいくらでも見つかるアニメといった所かな。

新規が見て楽しめないという批判が目立つが、この作品は原作からして新規に関しては「ついてきたければついてこい」という姿勢だから、作品批判としてはどうなのかと思ってしまう。
元々ファン投票で決まったアニメ化のエピソードだし、一応0話というクッションも準備されている。

むしろ原作重視という面では重視し過ぎなくらいだよな。
課金パワーで作ったアニメだけに、方針や標的がかなりしっかりしているんだと思う。逆に新規取り込み方面の意図が薄いのはしょうがないのかも。

「First Order」とかまだ配信中だし、新規の人は「前期」を見てからこっちを見ると良いのでは。
何はともあれファン向けできっちり作ってくれそうなのは安心したし嬉しい。Extraみたいになるんじゃないかって心配だったよ!

しかし叩いているヤツも擁護しているヤツも共通している認識があると思う、そう、とても尻だったということだ。

確かに尻だった。今作の監督は尻が大好きのようだ。

私はゲームやってないけど尻の強調のせいで非常に萎えた。他の部分は良かったのに、こんなお色気強調路線をとるなら見るのをやめざるを得ない

原作の最終再臨からしてアレだから、そこはどうにもならんだろうなー
お色気無しのZeroが珍しいだけ……いやZeroもパッケージや版権絵はエロだったりするな。

尻画像スレが立ち並んでいるのは予想外な光景だった。現時点の10月新作で一番「肉」が多いのがFGOの可能性すらある。

いや、今期の新作も普通にエロ強調のお色気アニメは相変わらずだぞ。FGOは下半身フェチというくらいのレベルじゃないか?
他のアニメは「肉」の分かり易い露骨なシーンをカットしている。ウチの国での配信だけを見て、他の作品がFGOより健康だと判断するべきではない。

そう言えば、FGOは削除修正が入っていないようなのもかなり意外だった。
細かい所は分からんが、現時点では削除修正に関してほぼ無いまま配信出来たようだ。近年のこの手のジャンルでは珍しいね。



とまぁ、こんな感じで。
作品の感想や批評スタンスから、現在の中国におけるFateファン界隈の空気も透けて見えるようなのがまた何とも。

もちろん普通にアニメを楽しんでいる、盛り上がっている人も多いそうですが、現在の中国ではFate関係は良くも悪くもトップクラスに目立つコンテンツとなっていますし、外部でも内部でも何かとある模様です。

あとお色気やサービスシーンに関しては、日本よりも批判的な意見が多い印象も受けました。
その辺りの潔癖さについては、中国オタク界隈のお色気コンテンツに関する空気や、中国ではFateシリーズが一般向け扱いのアニメを中心に広まったという背景も影響しているのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「これは本当に慎重なのか?」「近頃はネタ系女神が流行っているのだろうか」慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜に対する中国オタクの反応

ぼちぼち10月の新作アニメが出揃ってきていますが、
ありがたいことに
「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」

に関する質問とネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも既に日本のネット小説の異世界モノは定番ネタとして認識されているそうですが、この作品についてはお約束ネタのパロディに関する受け止め方なども含めてイロイロと話題になっているのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます
(一応気を付けてはいますが、今後の展開に関するネタばれっぽいものも混じっていますのでお気を付けください)


「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」の第一話、良いじゃないか。異世界ネタは食傷していたが、ここまで崩してテンプレをネタにすると面白くなって来るな。

「このすば」の時点で既に日本の異世界転生系ネタのパロディだったが、これはそこから更に進めてきた感がある。

今期は異世界を「ネタにする」作品が面白いかもしれん。

カッコつけて俺TUEEEEEしているのが寒かったり主人公もその周囲も世界観も頭が悪かったりと微妙な気分になるが、最初からギャグ寄りならばそんなに不快じゃないからな

意外に笑える作品だった。
特に女神の崩れ方と豊崎愛生の演技が良かった。

あの顔芸は凄い。
初登場時の美しい姿が全く維持されていない!

アニメ版の女神はキャラデザ良いし、演出と中の人の補正も加わってネタも含めて良い印象になったね。
漫画版の感想だと女神に関してボッコボコだったから不安要素だったが、アニメだと期待要素になったかもしれん。

ヒロイン?の女神の声優スゴイな。
調べたら豊崎愛生だったのに驚いたが、確かにけいおん!の唯っぽい演技の部分もあった。

女神の演技はこの一話の中だけでもスゴイ幅があったなあ。これがけいおん!で一時代を築いた声優の本気か。

近頃はネタ系女神とネタ系異世界転移転生が流行っているのだろうか

アクアからの系譜なのかね。
第一話を見た印象は「予算が十分に供給されたこのすば」という所だろうか。割と楽しめたから今後にも期待。

慎重な準備……また筋トレ……最近の日本の二次元は筋トレブームなのか?

そりゃあ転生を願ったり女神にお願いするより自分のマッソーにお願いする方が現実的だからな。

しかし、これは本当に慎重なのか?異世界に誘拐されて戦わされるというならこの程度はまだ慎重に入らないのではないだろうか?

うむ、まずは十分に調査や質問尋問を行うべきだろう。
鍛錬するにしても、地球のルールが適用されるとは限らない!

そもそも自分を不可解な手段であっさり誘拐してくるような相手にあんな不遜な態度をとるのはどうなのか。そこがまず慎重ではないのでは?

その辺についてはどの程度が共通認識として存在するのかがハッキリしないのはややマイナスだね。とりあえずJRPG的世界観らしいようだが。

装備、アイテムもゲーム的だったな。
鎧3つ、消費アイテムたくさんというのは現実でもなくはないが、レベルも含めてゲーム系の思考に感じられた。

3つ確保は基本だし慎重すぎるということは無い。
常識的に考えて実用、コレクション用、布教用で3つは必要だろ……!!

ちょっと納得してしまったじゃないか。
しかし面白いけどなんて言うか細かい所のズレも感じる。例えば心配する、慎重にしなければと思うネタが日本とこっちではズレている気もする

中国と日本ではネット小説のお約束も微妙に違うからね。笑えるけど時折引っかかりを覚えるのには同意する。

慎重さのズレに関しては声優の影響もあるかもしれない。主人公の声、ゴブリンスレイヤーの人だから。

確かに主人公が喋るとゴブスレがトリップしてきたように思えるわ。
もっとも、あっちでも慎重ではあったがこっちとは慎重さのスタンスが違うのが笑える。

ゴブスレの時はTRPGで準備関係におけるルールの裏やGMの意図を想定して慎重に進めるスタイルだったからな。

この作品を見ていて、改めて日本の二次元の異世界ネタはギャグ系が良いと思った。みんなでツッコミ入れながら笑って楽しめるのが良い。
真面目な異世界俺TUEEEEE作品を見たいなら感覚が合って好みも選べるこっちのネット小説読めばいいわけだ

女神の情報が信用できないにしてもきちんとした情報収集を行わない、対策としての準備をせずにレベル上げするだけというのが「慎重」に思えない、ツッコミ多発している原因なのかね。
ゲームで言う所のとりあえず納得するまでレベル上げみたいな感じなのかな。

そこら辺はこの主人公と女神のネタバレに関る所で後の方になれば分かってくる部分だから今はスルーして笑っておくのが良い。
慎重の方向性や行動にもどかしさを感じるのも理解できるが。

ところでギャグにしか見えないけどこれ全部今後の鬱展開の伏線って本当?
商業的にそういう作品をアニメ化する意味が分からないから半信半疑なんだが。

ネタバレ避けるために詳しくは言わないが、一応主人公の行動には理由がある。
アニメ化で改変入らないなら、後の方に鬱というかわりとえげつない展開になるから、そこまでお気楽な話でもない。心の準備はしておいた方がいいかもな。

私も昨日ネタバレで後の方の鬱展開が書き込まれているのを見てしまったんだが、実際どの程度の精神的ダメージを与えてくるんだ?
俺は気楽に見れる作品だから追いかけようと思っていたんだが、ネタバレ見てから迷っている。

いや、あらすじを曲解すれば鬱に見えるかもしれんが基本的にはこの主人公と女神を中心にしたギャグ作品だよ?

原作小説を読んだ感じでは鬱っぽい展開と言っても、例えばFGOの本編とギャグイベントほどの差は無いぞ。そんなに心配しないでもいい。今は女神の顔芸を楽しんでおけば問題無い。

原作は1巻からわりとグロ描写入ったはずだが、その辺どうするのかも気になる。
ただ今までアニメ化されたネット小説系作品も原作ではそれなりに鬱だと言われていたパートはあったがそれと比べて特別にヒドイわけでもないから別に心配しないで良いんじゃないか?
第一話の時点でアニメ化の方向性は明確にしてきたから、そこを崩すことも無いだろう。

「このすば」とかでも厳密に考えるとアレな部分はあったし、「劣等生」なんかもイロイロあったからな……

実は「このすば」の世界もかなり厳しいし、カズマ以外だと最初のデュラハンで積む難度の高い世界なんだよね……

この作品の「準備」はネタだが、鍛錬して強くなって複数の世界をまたにかけるというのはウチの国のネット小説に近い部分を感じられるし、今後の展開についても気になるね。

原作はちょこちょこと挫折者が出そうなポイントがあるからどうなるやら
俺TUEEEEEとタイトルにはあるが、そこまで単純に俺TUEEEEEできるバランスの設定じゃないし、どういうバランスでアニメ化するのかは気になる。主人公や女神の掘り下げもあるだろうし。

魔王の方も慎重でセオリーが通じない展開は笑った。
確かにレベル上がる前に殺すべきだよな!

当初予定していた追っかける作品の中には入っていなかったが、お前らのネタバレ情報と豊崎愛生の演技で追っかけるの決定。

しかし今の所の印象では慎重ということなら「オーバーロード」の方が慎重に思えるな。敵に対しても部下や知り合いに対しても。
ギャグ寄りだから真面目に考えるネタでは無いだろうけど、

「オーバーロード」も骨王の慎重モードは大体シリアスに見せかけたギャグパートなんだが、同じくギャグにしているはずのこの作品とは印象が結構違うのは面白いかも。

今の所はかなり良い。キャラの言動も、作画も気持ちよく見れるし笑える。

「動くと女神が面白い」作品だよな。
ストーリー的にも仕掛けがあるようだし、俺も追っかけてみるか。



とまぁ、こんな感じで。
第一話の評価に加えて、早速ネタバレと伝言ゲームが始まっているようですが、伝言ゲームの内容と一話の印象が違うことによる微妙な混乱も起こっているらしく、結局は
「とりあえず続きを見てみるか」
ということになっているような所もあるとかなんとか。

近頃のアニメ化される日本のネット小説出身の作品は、コミカライズ版が先行して中国に広まっていることも多いので、先の展開を知っている、ネタバレ情報が広まっているケースも珍しくありません。

その結果、アニメの配信開始時点で
「その後の展開や評価を聞いて作品の視聴を決める」
ような人も出ているそうです。
これが肯定的な方向に作用するなら良いのですが、作品によっては否定的な前評判が形成されてしまい、配信前から作品叩きの流れが生まれてしまうケースもあるとのことです。

それからこの作品に関する質問と一緒に
「カクヨム系の作品で中国で話題になっている作品は何かありますか?」
という質問をいただいております。
あくまで私の見ている範囲の印象ですが
「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」「継母の連れ子が元カノだった」

などのラブコメ系が比較的目立っていたように思います。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国人「ちゅ〜るに猫の食いつきが良すぎて怖い。何か入ってるんじゃないか!?」

中国関係ではイロイロとアレなことも込みで空白期間なので、前回に引き続きオタクと関係無いネタの消化を……

いなばの「CIAO ちゅ〜る」は中国の方でも

「伊納宝 ciao妙好啾噜零食」
という名前で販売されているそうで、中国の方でもちゅ〜るにハマる猫がかなり出て、飼い主の方々を喜ばせたり不安にさせたりしているのだとか。

教えていただいた話によると、値段は1パック7元〜10元程度で日本のちゅ〜るよりやや安いものの、積み重なるとそれなりに痛い出費になるそうです。そもそもペット関係で食費や医療費でお金がかかるのは中国も変わらないそうで。

そんな訳で以下に中国のネットで行われていた
「猫のCIAO ちゅ〜るへの食いつきが良すぎて不安」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ちゅ〜るに猫の食いつきが良すぎて怖い。何か入ってるんじゃないか!?

アレ不安になるよね。ウチの子もそうだし、知り合いの猫も大好き過ぎる。何か食欲増進系のもの入ってないかと心配になる。

自分の所のは食事のテンションそんなに高くないのに、まさか動画のような勢いで食べるとは。

ちゅ〜るを食べるようになってから、普通のカリカリあまり食べたがらなくなっちゃったんですけど!?

あんまりにもスゴイ勢いで食べるから不安になるのは分かる。
ただ毎日薬飲ませないといけないから、ご褒美としてのちゅ〜るを食べさせないのはちょっと難しい。

こういう日本のおやつで中国産のやつは食べさせないで済むなら食べさせない方が良い。
大量の誘食剤的な添加物が投入されていて食いつきだけは良いが、実は全く栄養が無い。

猫用のおやつは誘食剤が含まれているのが普通だから、あまり頻繁に食べさせない方が良い。たまに食べさせるくらいが良いんだよ。

そうなのか……やっぱ食べさせるのやめとくかなあ
人間用の食事でさえ現実に被害が出ているから、ペットフードに危険なものが含まれているんじゃないかと不安になるのよね。

ちゅ〜るでダメなら市販のフードや補助食品の結構な範囲がダメになると思うぞ。
多かれ少なかれその手の添加物、誘食剤は含まれているのだから。

誘食剤の範囲次第かなあ。味を調えるための調味料的なものは色んなフード、おやつに含まれているし、全く摂取しないのも難しいのよね。猫だって美味しいと感じるモノ食べたがるし。
ウチの子にも食べさせ過ぎないようにはしているが、他のフードが絶対安全というわけでもないから悩む。それによほど猫の体に悪いものでなければ、食べないよりは食べた方がマシという根本的な問題が……

一応、栄養は普通にある。この件については日本でも疑問が出て調査が行われている。
まぁパッケージとゼリー状の形態が猫にとって極めて強力な食欲を発生させるということで、それ自体が一種の誘食的なものではあるようだが。

でも正直に言わせてもらうと、あの狂い方を見たらなんかやべえもの入ってるという説を否定し難くなるよ!

それは確かに。

友達の所の猫にお土産で持っていったら、噛んでしがみ付いて話さなかった。ちゅ〜るで猫を「釣り上げ」ることができた。
これを嫌う猫っているんだろうか?

普通にいるよ。ようは猫の好み次第だから。
あとちゅ〜るは水分摂取という用途もあるのが助かる。季節の変わり目とか体調の変化で猫が水を飲みたがらなくて脱水症状になりそうな時とかに有効だったりするのよ。

ウチのはちゅ〜る食べない。
以前試しに買ったけど、あいつはひと嗅ぎして去っていった……

ウチの家の子はおやつがちゅ〜るオンリーになった。
他のは食いつき悪いし、ちゅ〜るをねだることを覚えてしまった。

レビューで絶賛されていたり狂う動画がアップされたりしていて正直羨ましいと思っていたり。ウチのは一口も食べようとしない。テンション上がるのを見たかったんだけどな。

テンション上がる子は凄いことになるからね。知り合いの所ではちゅ〜るを取り出すのを見ると興奮して膝どころか腰まで伸びあがってた。

ちゅ〜るに興味無いのは別に悪くない。金がかからなくて良い猫だと思うぞ。

いやほんとね、ちゅ〜る好き過ぎると困る。ちゅ〜るで破産しそう……

補助食品だからそのまま食費上乗せだからねえ
そりゃあ好きなものを食べさせてやりたいけど、出費は出費で厳しい

ちゅ〜るは長期的に食べさせたらダメだ。
ウチのヤツはちゅ〜るのせいで偏食になった

どうせ飼い猫はちゅ〜るやらなくても偏食になるから諦めよう!
むしろちゅ〜るなら食べるから安心する。

でもあの食いつきを見るとあまり頻繁に食べさせるのはまずいと思ってしまうね。偏食も加速しそうだし、何か影響が出そうだしで。

普通のフードに影響が出ないレベルなら食べさせても良いと思う。
ただ結局はおやつだから、やり過ぎは良くないかと。

一日二本までなら大丈夫だよね……?一日四本までを目安とか書いてあるし。

メインのフードも食べているなら問題無いと思うよ。結局は好みや体調次第だから、ちゅ〜るにどれだけハマるかは何とも言えない。
ただ好きな子はかなり多いのも確かだ。ゼリー系のパウチよりも、更に食いつきが良いのは正直不思議。

ちゅ〜るタイプの餌は水分の多さから香り、食材の鮮度保持が違う。
問題はそれによる匂いが強いことかね。これを食わせると手が臭くなるし、猫の口も臭くなる。

ドイツのmiamorに同じようなのあるから、そっちを試してみるのも手かな。
ウチはちゅ〜るで安定しているから試していないけど、聞いた話ではちゅ〜るほど匂いは強くないとか。

このタイプのウェットフードを食い始めたら、ウチのは普通のカリカリを食いたがらなくなってしまった。
これをカリカリの上にかけるとたくさん食べてくれるんだが。

分かる。何が入っているかはさておき、最大の問題はこれを食べたくて他の餌を食べなくなってしまうことだろうね。
そういう意味から言えば、あげ過ぎない方が良いというのは間違いない。

実際の所、あいつらはこっちを脅そうとハンガーストライキをやってくるからな……ちゅ〜るを毎日食べるのは懐的に結構痛いので困る……

そう言えば日本ではチューブタイプの「CIAO ちゅ〜ぶ」が売られている模様。あれはあげ過ぎてしまいそうで恐ろしい……

主食のフードと一緒に食べさせちゃだめだよ。
うちの子は友達がお土産にくれたちゅ〜るを最初は見向きもしなかったから、他の主食フードに混ぜて食べさせたらいつの間にかちゅ〜る無しでは食べる量が少なくなってしまった。
だから私はもうちゅ〜るを食べさせるのはやめた。
爪切りのご褒美とかの時にしか食べさせない。

結局食わせてるんじゃないか!

まぁご褒美に食べさせてあげるとかが無難だよね……



とまぁ、こんな感じで。
中国でも飼い猫の食事に関する不安は尽きないようです。

ちなみに上のやり取りにも出ていますが、中国では日本よりも猫のフードにおかしな添加物が入っていないか心配する人が多いような所もあるそうです。

この件について今回のネタを教えてくれた方曰く
「中国では人間相手、赤ちゃん相手などの実例があり過ぎますし、中国産ペットフードで世界的な被害が発生したこともありますから、自分の飼い猫の食べるモノの添加物に関してはそりゃあ心配しますよ!」
とのことでした。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんで日本人はどこでもカレーを作って食うんだろう?キャンプや学校どころかポストアポカリプスでもカレー食ってるような」

中国の方は国慶節でイロイロと大人しくなっていますし、新作アニメもまだ本格に動いていないので、ありがたいことに以前いただいたネタの活用を。

中国でも日本式のカレーは出回っていますし、中国オタクの面々も日本のカレーは普通に受け入れているようです。
ただ日本の作品を見ていると、キャンプや調理実習をはじめイロイロな場所でカレーを作って食べるシーンが出てくるのが不思議に思えたりもするそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「なぜ日本人はどこでもカレーを作って食うのか」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで日本人はどこでもカレーを作って食うんだろう
キャンプや学校の授業どころかポストアポカリプスでもカレー食ってるイメージ。

確かにそういう作品あったような……日本だと外で調理して食う飯はとりあえずカレー?

あれってカレーが作画的に楽なだけじゃないの?

いや、あれは二次元限定の話じゃない。
日本人は大体どこでもカレーだし、レトルトでも調理でもカレーは超定番。

日本の料理だとハッキリわかって設定的にも無難だからだよ
どこでも寿司を食うのが無理ってのは分かるだろ

カレーは材料が無難な上に1品で完結するからね。これ以外だとコストの問題が出る。

カレーがダメな場合の他の選択肢……インスタントラーメンとか?厳しい環境だと軍用レーション?
それはさすがにどうかと思う。

カレーは簡単で美味しくできるし雑に作っても失敗しない。
私もちょくちょく作る。

いやカレーよりもっと簡単で美味しいものあるだろ!
炒飯とか炒め物系じゃだめなのか。トマト卵炒めとか簡単なのになぜあえてカレーなのか?

トマト卵炒めなんかと比べてもカレーの方が楽で栄養的にも良いんじゃないか?
(訳注:トマト卵炒めは中国の感覚だと「とても簡単なお手軽料理」扱いになっている模様です)

日本のカレーみたいな扱いでアニメにトマト卵炒めを出す……?アニメに……?正直無いわー

そういうのやると、自称美食に詳しい連中がわいてきてめんどくさいことになるだろうなあ
正しくない、中国の飲食文化を侮辱している!とかなんとかで

結局のところ作るのが楽なんだろう、カレーは。

炒飯を作るのは簡単というが、カレーより簡単なのか?
カレーはカレー粉があるから味付けでのやらかしが無いし、調理も材料切って煮込めばいいだけだぞ?

俺達にとっては簡単でも日本人には難しいんだよ。
日本人は炒飯とかの作り方を学ぶ機会が無いし、教えてくれる人もいないからね。

真面目に言わせてもらうと、おいしい炒飯作るのっておいしいカレー作るより難しいぞ。特に野外だったり、素人が混じっていたりする万全にコントロールできる環境ではない場合は。

カレーの強みとして味の失敗が少ない上に煮るから火加減も楽、更に大人数に対応可能ってのがある。
炒飯を人数分作ってというのは、慣れも必要だし火力も必要だからそこまで簡単ではない。あと外で飯を炊いてからわざわざまた炒飯作るのか……?

作品に関してはカレー以外の料理をあえて選択する場合、日本だとやや特殊な理由付けが必要になる。特に若い学生の場合はね。
大人キャラだとバーベキューで酒飲んででもいいんだろうけど、学生のキャンプだと手頃に調理ネタを描写しやすい料理の選択肢はそれほど多くない。

カレーは手頃な費用で作れるからな。肉を焼いて肉だけ腹いっぱい食うとか気軽にやれんよ。学生キャラでそれをやったら、コストの方が気になってしまうかも。

でも日本式のカレーは飽きるからそんなに頻繁に食うもんじゃないのに、あれだけ二次元で頻出するのは納得し難いものがある。
東南アジア系のカレーの方が飽きなくて良いと思うが、日本の作品じゃ出せないか……

ずっと同じのだったらそりゃ飽きるだろうけど日本式のカレーって具をかなりいじれるし、米だけでなく麺やパンでも食えるぞ。

毎日食ったらどんなものでも飽きるが、カレーは材料や辛さ、一緒に食うものや主食の種類で手軽にアレンジできるから、むしろ飽きが来ない部類の料理だと思う。俺は二週間くらいなら連続でいけた。
そういうアレンジが簡単だから、屋外の手料理として有力な選択肢になるのかもな。

日本はカレーにその家の味といった扱いのモノがあるらしい。隠し味とか伝統のレシピとかで。

日本のカレーはインドのとはまた違う独特なのだからね……インド→イギリス→日本の流れで改造されていったんだっけ。

そうそう。魔改造された挙句に日本のカレーは辛くない所か甘くなっている。

日本のカレーの甘いのは基本的に子供向け(甘口というカテゴリがある)で、普通に辛いのも多いし激辛もあるよ。
あとあまり辛くないのはイギリスのカレー料理だとか。留学した人の話によると、日常的な食事の影響なのかイギリス人は辛さに弱いみたい。

カレーはうまいと思うが、自分で作るのは洗い物がめんどくさいから避けている。

油汚れよりは楽だと思うが……

鍋1個占有する上にそれをまた洗うのはめんどくさいんだよ!
炒め物だとパッと全部洗って終わりだ。

野外で料理するならかなり手軽でアレンジもできて失敗も少ないとなるんだけどね。
カレー以外の選択肢を選ぶ場合、材料も調理用具もイロイロとめんどくさくなりがち。

外で簡単に食うならインスタントラーメンとかで良いんじゃないかと思うんだけど。

インスタントで済ませるシチュエーションじゃねえよ。
料理を外で作って食べるというのが重要なシチュエーションなことがほとんど。学校でもキャンプでも。
もっともレトルトやレーションについては別の話ということで……

カレーって料理としては大失敗しにくいというのが大きい。どう作っても食える味になるし煮るから材料でやらかさなければ安全。
日本は学校教育での料理関連の学習内容がかなり濃いし調理実習も結構な時間行われるんだが、それは全員がある程度調理に関るということでもある。
中華料理で炒める時、料理が下手或いはできないヤツにやらせるとどうなると思う……?

下限の保障があるのは強いよな……
ああ、以前インスタントラーメンくらいしか作ったことのない人間が炒め物作って大変なことになった記憶が……

創作だと、学生や料理がそんなにうまくないキャラが作るわけだからな
カレー以外をやらせるのはリスクがあるし余計な描写も必要になるはず。

カレーって「手頃な材料を切って煮ればいいだけ」というのが強い。料理作れない人間でも余計な事しなければ食えるものができる。
中華料理だと炒め系は不慣れだと難しいし、煮るにしてもスープやスパイス無いとダメだし。

ウチの国も料理作れる人間は多いけど、あくまで自己習得だからな
学校の授業でもやらないわけじゃないけど、受験に関係ない科目で美術とかよりも更に下だから、技術習得的には無いも同然。
実際、料理できないやつは全くできない。そういう人間に参加させるとなると、カレー以外に何があるんだという気はしてくるよ。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタクの面々の中にはカレーがレパートリーになっている人もそれなりにいるようですし、実体験からカレーの手堅さを把握している人もいるようでした。

ちなみに上の方に出ているトマト卵炒めですが、中国ではかなり扱いが軽いようです。
以前中国の学校にお子さんが通っていた日本人駐在員の方から聞いた話によると

・小学校の宿題で自分の作った料理をレポートにして提出しろというのが出たとき、
「トマト卵炒め作って終わりなんてのは無しだぞ」
という担任からの言葉があったので、ちゃんと勉強する料理扱いではないのかもしれない


とのことでした。

それから学校での調理実習ですが、私が昔現地校に通っていた時は本当にちょっとやっただけで、他の主要科目が忙しくなってくるとあっさりと消えていきました。

内容にしても、材料を持ってきて先生とクラスの中の出来る人間がちょっと作って見せて終わりといったもので、私の時は教科書も無かったような……(数十年前なので記憶があやふやです)
この中国の学校の調理実習(?)の出来る人だけがやって終わりというのを見て中国の体育や運動会と似たようなものを感じた覚えもあります。
今の中国の学校ではどうなっているんでしょうかね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国の料理事情に関しては以下の記事などもよろしければご参照ください
中国オタク「現実で料理の出来る男に萌えを感じるか?」「ウチの国だと料理を披露する機会を作るのがまず難しいんだが」
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ