「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

中国オタク「見た目『だけ』で好きになった一目ぼれしたサーヴァントについて。Fateならなんでも可」

ありがたいことに
「中国のFateファンの間でビジュアル面での評価が高い、人気があるのはどの辺りのサーヴァントなんでしょうか?社長顔など武内崇キャラが人気なのは何となく分かるのですが」

「分かり易い美男美女キャラが中国で人気になり易い、癖のあるキャラデザは微妙だという話も聞きますが、Fateは比較的そういった癖のある絵柄のキャラも受け入れられているようなので、純粋なキャラデザに関する人気が気になります」

という質問をいただいておりましたが、ちょうどいいネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「外見で好きになったFateのサーヴァント」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


近頃はFateのキャラの情報が増えて、好きになるならキャラなの中身までも知っていなければ語れないみたいな空気になっているように思う。
それは確かに良いことだけど、昔から見た目、キャラデザも重要だったのも間違いない。そこで逆に見た目「だけ」で好きになった、一目ぼれしたサーヴァントについて語ってみないか?Fateなら旧シリーズからFGOまでなんでも可。

それならスカサハ師匠だな。
本当に見た目と実装時の性能でFGOを国内セルラン上位に押し上げたキャラ。

私も師匠だな。周囲の人間も彼女のデザインに関する不満は全くない。

スカサハはサービス開始時点のPVでも一番良かったからね。自分が最初に狙おうと思ったキャラ。

俺はゲームやる前にスカサハのグッズや抱き枕カバー買っちゃってたなあ……

たぶん、ウチの国のFateファンに爆死の怖さとやるせなさを初めて痛烈に教え込んだのは師匠。

一目ぼれならアストルフォ。
めちゃくちゃ好みのデザインだった。その後男だと知ってかなり迷ったのも今ではいい思い出さ。

アストルフォはピンク髪で戦士スタイルってのが鮮烈だったよね。
すぐに関連情報が出回ってそれも含めた評価になったが、ビジュアル面の後押しもかなりあったと思う。

白髪フェチ的に巴御前は最高だった。性能関係なく取りに行ったキャラだな。

巴ママ、いいよね……いやママだと知ったのは後になってからだが。
Fateにハマる前に、立ち絵だけで惚れこみました。

白髪好きにとって巴御前に関してはとてもよく分かる、いずれ実装される長尾景虎も非常に楽しみですなあ

昔からアルトリアはそんなに好みではなかったんだが、ヒロインXだけはなぜか一目ぼれレベルで心に直撃した。キャラの中身は想像していたのと結構違ったがそれもまた良し。

私にとっての一目ぼれはキングプロテアでしょうか……あのサイズ差も含めてスバラシイね……早くこっちにも実装されないかなあ

事前情報全くなしで好きになったのはアルテラだな。PVで見たのが初めてでそれで惚れた。その後元ネタがアッティラだと知って仰天した。

私はPVだとアルテラ・ザ・サン〔タ〕の方に。能登ボイス込みだけど宝具にやられた

私の場合ジャンヌ・オルタやクー・フーリン・オルタとかの黒くなるオルタはどれもビジュアルで好きになるパターンだ。覇気があって中二病的で良い!

ジャンヌは白も好き、知ったのはFGOからだけど、主要キャラの中では一番好みだった。
Fateのキャラの中でも色気と凛々しさと中二病のバランスが高い水準でまとまっているキャラじゃないかと。あとジャンヌのあのスカートが大好きです。

自分もビジュアルからならジャンヌ・ダルクだな。Fate/Zeroで見てからずっと。

私もジャンヌはZeroで見て惚れた。その後Fate本編詳しくないのに薄い本や二次創作絵を探しまくった。
今のジャンヌのキャラは、まぁ、何と言うか……でも最初に好きになった気持ちは決して、間違いなんかじゃないんだから!

マーリンだね。
FGO始める前に流れてきた画を見てスゴイ好みだと感じた。

私も画ならマーリン。あの人ならざるものであると感じさせるデザインはとても良い。

ここしばらくの記憶を遡ってみたが、お栄さんだったわ。
キャラデザの方で絶対に引くと思って頑張った。
結果?次の春節も頑張るから!!

俺も葛飾北斎はビジュアル面が強力だと思う。
白髪ほど強烈ではないけど、あれ絶対中国人ウケするよね。

アビーちゃんです!あの子の絵が流れてきたときの衝撃と言ったら!!

アビーちゃんは可愛すぎて危険。二次創作絵から入って大好きになりました。

酒呑童子の再臨絵、あと薄い本経由で……

私がビジュアルで最も惹かれたのはカルナ。
アニメ化で動きまくったのもうれしかったよ。

Apocryphaのアニメのカルナは良かったね
私も本格的にFGOに手を出すようになったのはApocryphaのカルナのキャプ画像を見てからだ。

アルジュナだろうか。性能がアレなのは知っていたし、当時の自分は本当にイラストに惚れただけで引きに行ったわ。
黒い肌に白いシュッとした服とか抵抗できませんよ。更に再臨で変わる眼差しまで加わったらもうね!

ブリュンヒルデを見た時、これが自分の理想のワルキューレ像だと感じたわ。

イシュタル。どんなキャラかよく分からなかったけど、キャラデザとアクションが気に入って初心者の頃はフレから借りまくっていたわ。

弓凛は良い。
露出度高いんだけど、それ以上にカッコ良さを感じた。

私はイシュタルを知ってから、遠坂凛というキャラを改めて調べた。当初はZeroの知識しかなかったから時臣の娘で旧作のヒロインの一人程度といった認識しかなかったんだよね。

FGOじゃないけど、赤アーチャーは初見でカッコイイと感じたね。
ディーン版アニメでの話だから、煩いファンには怒られるかもしれないが。

キャラデザだけならプロトアーサーだろうか。いまだに引けてないのが悲しい。

プロトアーサーの正統派なデザイン良いよね……でもFGOだと限定で引く機会が少ない。知り合いもプロトアーサー目当てにFGOを始めたはずだが、いつの間にか元カレになっている模様。

セイバー、Fateの最初の。
鎧装備の金髪の少女というのが衝撃的だったんだよ。

私もビジュアル面のきっかけはセイバーからだな。他のアルトリア顔だと沖田総司。ピンク系の和服というのがとても美しい。

私の場合、アルトリア系統ならセイバーオルタ。
最初のstay nightから存在するキャラだと知ったのは後になってからだが、通常のアルトリアから黒いドレスと黒い剣に変化したのが自分の心に突き刺さった。

それならば俺はセイバーリリィと言わせてもらおう。ノーマル版アルトリアを更に清楚にして若々しさが加わっているのが最高だ。

アルトリアのデザインもいい加減飽きてきたと思っていた所に出現したヒロインXはまさに一目ぼれだった。
初めてFate、そしてアルトリアを見た時の気持ちが蘇ったような感じだった。

アルトリア系は派生の鮮烈さが強いと思う。
ランサーアルトリアになっておっぱいでかくなるという衝撃と来たら!

ビジュアルのみの衝撃だったら、私はやはり諸葛孔明というかエルメロイ二世というか。
Fateの諸葛亮はスーツの鬼畜眼鏡なのか、かなり好みだと感じた。現在は過労死気味に働いてくださっています。

ここまで出ていないのだとエミヤオルタだわ。あの銃型干将莫邪とかカッコ良過ぎるよ!あれは赤い方がカッコイイと言うのも当然。

好きになったというのとはちょっと違うけど、茨城童子の最終再臨絵は自分にとって非常に衝撃的だった。アレを見てから、自分は狂気の混じった顔が好みになっていったような……

水着ニトクリスはずるい
ネタとエロスの二段構えとか、本当にずるい



とまぁ、こんな感じで。
ちょっと範囲が広すぎたので、今回は名前の挙がる頻度が比較的高かったところを中心にピックアップしております。

ちなみに今回いただいた質問にもありましたが、中国オタク界隈ではFate関係に限らず、分かり易い美男美女、シャープな線の絵柄が好まれる傾向があるとされています。
Fateのアニメでufotableが圧倒的に評価されている理由の一つが、中国好みのビジュアルだからという話も聞いたことがあります。

またサーヴァントの人気に関しては、中国オタク界隈におけるFateファン層の傾向に加えて、情報の入る順番や拡散する流れなどから基本的にビジュアル先行になるので
「キャラの見た目」
というのは日本以上に重要になっているという話です。
そしてFGOではこれに加えて先行している日本版サービスでのキャラ性能評価が加わって、ガチャの回る勢いが決まるとかなんとか。


ちなみに管理人はビジュアル面ではサーヴァントユニヴァース系のキャラに引かれることが多いですね。この間のSW2では貯めていた石とFGO年間予算の残りを吐き出してしまったので、今後のクリスマスと第五章は様子見が濃厚です。
確か昨年も同じような時期(秦シナリオ実装時)に石を全部吐き出してクリスマス〜年末は石がスッカラカンになっていたような覚えが……

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「カッコイイと思うサーヴァントについて語ってみないか?それと始皇帝は無しで」

中国オタク「隣のお姉さんが料理を作り過ぎちゃったからおすそ分けに来るシチュってどの程度現実的なの?日本でもウチの国でも構わないから事例と可能性を教えてくれないか?」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので、今回はそれについてを

作品内の日常生活の描写でよく使われる、印象に残る定番の展開というのはイロイロなものがあると思いますが、そういった定番のパターンがアニメやマンガで使われる際に、どの程度まで現実寄りなのか、日本の二次元との違いはどの程度なのか……といったことが中国オタク界隈では話題になったりもするそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「お隣さんが料理を作り過ぎちゃったからとおすそ分けに来てくれる展開」
などに関するやり取りが行われていたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


隣のお姉さんが料理を作り過ぎちゃったからおすそ分けに来るシチュエーションってどの程度現実的なの?
少なくとも俺にはそんな機会は無いのだが……!日本でもウチの国でも構わないから事例と可能性を教えてくれないか?

日本の三次元ならそこそこある話なのかね

昔はあったかもしれないが、今では珍しい

中国でもそれなりにあると思う話だが……それに日本のコンテンツ以外の、国産ドラマやアメリカドラマでも見かけるぞ?

その辺は分かっているけど、日本では更に頻度が高いのかもと気になってきてね。
あと中国での頻度や実例、皆の体験みたいなのも知りたい。

調味料の貸し借りとかはやってたな。
子供の頃に隣の趙さん所に醤油貸したまま返ってきていないから返してもらって来て、とお使いに行ったなんてこともある。

大学の寮住まいの時ならあったかな、作り過ぎではなく買い過ぎだったが。
あ、もちろん同年代のむさ苦しい男子同士の話だ。

日本と異なるのは料理の部分じゃないか?
今日の食事のために作った料理が〜みたいなのは自分には記憶が無い。大体は作り置き系のおかずとかだったような。

カレーや肉じゃがのおすそ分けには正直憧れる
いや、他人に作ってもらった美味しい手料理というだけで憧れる

日本と違うというか、二次元と異なるのは持って来るお姉さんの部分だよ!!

農村ならともかく、都市部だと最近は難しいかな。
昔は職場ごとに食事も住居も面倒見ていたから関係は強かったけど、今はそういうの消えたからね。いや、もっと昔だと全部食堂だから家庭料理を作らないな……

料理のシチュエーションが違うのって、ウチの国では家庭料理の習慣が薄れた或いは一時的に消えたってのも影響しているのかもな
外食、外で買うとかだと作り過ぎちゃってというシチュエーションは当然減る。

作るとしても煮込み系みたいなのは少ないよね。
大量に作る主食寄りになる。私の母親は包子や花巻、餃子とかを作ったら隣近所にあげてたわ。

三次元の日本でも珍しいぞ。
日本に留学していた時にはそういうの無かった。ただ、近所の挨拶とか贈り物のやり取りはそこそこあった。

日本で働いている知り合いは、大家のお婆ちゃんがその「作り過ぎちゃって」の料理をおすそ分けしてくれることがあるらしい。

こういうのってご近所付き合いの一種だろうけど、マンション住まいだとそういうのはどんどん無くなるだろうな。

分かる。昔はウチの国でもこういうおすそ分けの交流はやっていた。
ガキの頃は親が国営企業で住む所も職場提供の場所だったし、同じ工場で働いていた人ばかりだから近所の人は皆顔見知りだった。
今のマンションはもう10年近く住んでいるけど、近所でよく知っている人間は一人もいない。

中国の三次元でも普通にある話だし、「作り過ぎちゃって」というのは付き合いの口実みたいなもんだと思うけど。

無いとは言わないが、一線級の都市だとほぼ見かけないと思うよ。昔はあったのは確かだが。

農村だとしょっちゅうやっていたけど、都市部のビルが立ち並ぶ地域に引っ越してからはやったこともやってもらったこともないわ。
そういうことをやるような知り合いがいない。

北方ならまだある。
おすそ分けのやり取りで実質作った料理の交換みたいになる。

北方でも場所次第じゃないかな……

南方でも地域によってはあるよ。
こういうのって定番なのは家で餃子を作り過ぎちゃったからお隣さんにおすそ分けとかだと思う。私の家もやっていた。

都市部だともう少ないけど、郊外や農村で人情のある所ならまだ残っているんじゃないかな。あと料理はないけど、お土産や食べ物のやり取りくらいなら私の近所ではたまにあるよ。

料理を持っていくものはともかく、現代の都市部でも仲の良い住民同士ならなにかを贈ったり贈られたりというのはある。
その場合は「作り過ぎちゃって」という口実以外の理由になるかもしれないけどね。

都市でも古い地区ならあるかな、新しい所はそういうつながり無いからもう分からんが。
あと日本社会は地域の自治組織が、町内会などがきっちりしているという事情も存在する。それによる交流があるから近所付き合いが維持されやすく、作り過ぎちゃった料理のおすそ分け的な話が今でもそれなりに現実的なモノとして扱われるのだろう。

日本はマンション単位でも自治組織が強いし、清掃活動なんかもやるからね。
共有スペースや周辺の清掃なんかも積極的に行うのには習慣の違いを感じた。好き嫌いは別として、ああいう関係ならお隣さんとのやり取りも多くなるわ。
こっちも仲の良い相手ならやる話だけど、現代社会の都市生活における頻度の違いはあるかもしれない。

ウチの国の「単位」は日本の町内会よりずっと強大だったけど、無くなるときはあっさり無くなった感があるよね……良い悪いは別としてそれが無くなったら近所との交流の機会が減る。都市部とかは特に。

昔は近所の生活が目に見えるし想像しやすいからご近所付き合いの判断も簡単だった。今のウチの国だと胡同や四合院みたいな所に住んでいるか、農村でもないとこのスレで想像されるような交流は無いんじゃないかな。
都市部のマンション住まいだと近所の人間の生活状態がハッキリしないし、そもそも忙しいからご近所付き合いしている時間も無い。

結局はお隣さんと仲良くしたいかだろ、今の社会ではそういうのが消えた……

それもあるけど、昔はご近所付き合いから逃れられなかったんだよ。
ウチの国は「単位」で職場も住居も決まっていたから自分だけ付き合いを拒絶してやっていくのは難しかった。
今ではそういうのがほぼ無くなってご近所付き合いしたいかどうかみたいになってきているが、きっかけが無いとそのまま交流無しになるということでもある。

たぶん昔はたくさんあった、現在は若者が大都市に集中してそういう場面を見ることも体験することも珍しくなったと思われる。

現在は全部各個人、各家庭でやっていくという社会になっているし、昔のように共有、共同的な方向ではなくなっている。おすそ分けによる交流も自然に行われることは無くなった。
自分にとって「お隣からのおすそ分け」という展開は、ある種の懐かしさを感じてしまうものになっているかな。

子供の頃は毎年春節になると隣のお婆ちゃんが配って回るくれる包子と春巻がおいしくて楽しみにしていた。
もう食べられないのはとても残念だ……



とまぁ、こんな感じで。
段々と昔の中国の生活を懐かしむような空気になっていったりも。

ご近所とのおすそ分けについては中国でもそれほど珍しくない話でイメージしやすいものではあるそうですが、おすそ分けの料理やご近所との距離感に関しては、今の若い世代からするとピンとこない部分もあるそうです。
これについては、中国でも都市部での生活が中心になってくることによる人間関係の薄まりというのが影響しているとかなんとか。

またそれ以外の部分、
都市での生活への移行以外の「ご近所同士のおすそ分けの関係が薄くなっていった経緯」や「一昔前のご近所付き合いが構築されていた背景」、それから「おすそ分けされる作り過ぎちゃう料理の定番」などといったものに関しては国や文化ごとの違いがイロイロとあるのでしょうね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「正統派の魔法少女アニメを見たことが無いのに気付いてしまった。だがどんな作品を見れば良いんだろう?目に付くのは極端な作品ばかりだ……」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本と似たようなレベルまでオタクのお約束、定番ネタ的なイメージが浸透しているケースもありますが、意外にその大元となった作品が知られていない、どの作品からの影響が大きいのかハッキリしないといったこともあるそうです。

中国のソッチ系のサイトではそういった話題の一つとして
「正統派の魔法少女の作品とは」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


自分が正統派の魔法少女アニメを見たことが無いのに気付いてしまった……だがどんな作品を見れば良いんだろう?目に付くのは極端な作品ばかりだ……

魔法少女って悲惨な代償と重い責任を負うのと引き換えに魔法能力を獲得する女の子達だよね!?

言われてみれば俺も「まどか☆マギカ」からだな。
魔法少女という概念やお約束はなぜか知っていたが。

魔法少女ってオタクの基礎知識的なネタではあるが、元ネタになるような作品、正統派の魔法少女作品をきっちり見ている人間は少ないのではないだろうか?

近頃はキャラ設定だけは正統派魔法少女の皮をかぶせて別の話やるのばかりだよね。この間までやってた「まちカドまぞく」とか面白かったけど。

最近の作品を見ていると魔法少女とかリスクのあり過ぎる罰ゲーム的な活動にしか思えないわ。

プリキュア……ではダメなんだろう。

「プリキュア」はスバラシイ作品だと思うけど、物理系能力高過ぎて魔法少女じゃなくて物理少女になっているからな……魔法よりも特殊能力的で「仮面ライダー」や「ドラゴンボール」の類だ

プリキュアが魔法少女なのは間違いないが、正統派と言えるかは悩む。
現在のアニメ産業的には正統中の正統なんだけど、アレンジも多くて。

プリキュアはあえて言うなら魔法戦士じゃないかと個人的には思う。

とりあえず正統派の大まかな定義を考えてみよう。
変身するのと、不思議な魔法で自分の周りの問題を解決するのと、魔法世界関係の交流といった要素が基本かな?魔法を使えるのを隠すだけで変身しないこともあるし、全部を満たしている必要は無いだろう。

概ね同意。
積極的に世界の危機に立ち向かう、バトルするというのはちょっと違う。結果的に世界の危機に立ち向かうというのはあってもね。

なら「おジャ魔女どれみ」とかになるのかな。
あと「ふしぎ星の☆ふたご姫」なんかはどうなんだろうか。子供向けで典型的な作品に思えるんだがファンタジー世界だから、魔法少女の定義的には……うーむ。

「リリカルなのは」を挙げようと思ったが、思いとどまった。

「なのは」は現代のオタク向け戦闘魔法少女の源流の一つだろ!

「シンフォギア」もダメなんだろうな!とても正統派な構造の作品なんだけど。

今では魔法少女=女キャラの特殊能力バトルみたいなイメージだけど、これどこから来たんだろう……自分が最初に見た魔法少女作品の「花の子ルンルン」にはそういう要素無かったのに……

どれが最初かは俺も分からないが、大きな流れになったのは「セーラームーン」からじゃないか?

近年の作品だと正統派な魔法少女作品ってほぼ無い。
特に「まどか☆マギカ」以降は大きな変化が生まれて、ほぼ悲惨な児童労働を強制される女の子の話になってくる。
それ以前は特殊な要素こそあれ、まだ平和な作品もそれなりにあった。

正統派魔法少女……パ、パワーパフガールズじゃだめでしょうか?

あれはアメリカ原産じゃねえか!

一応、日本の魔法少女作品の源流はアメリカのドラマ「奥様は魔女」だとされているから、アメリカの作品だからと一概に否定はできない、しかし現在の正統派という定義には入らないな。

「出ましたっ!パワパフガールズZ」なら東映制作だしわりと正統派な流れの魔法少女作品ではあるような。

自分の中の魔法少女ジャンルの作品の記憶を遡ると、ネタではなく「少女革命ウテナ」が最初かもしれない……あれも大枠では魔法少女系だよね?

段々とFateになっていったり、オタ向けサービスが過剰になっていったが、「プリズマ☆イリヤ」はオタク向けだけあって魔法少女部分はしっかりしていると思う。

「魔女の宅急便」で問題無いなら、ウチの国のオタクは大体問題無いと思うがどう?

あれは魔女、魔法使いで魔法少女枠とはちょっと違うような……変身しないしね。
広義の範疇に含まれるのは否定しないが。

私の世代くらいまでは国内のテレビで古典的な魔法少女アニメやってたけど、考えてみれば今のネット中心の時代になると見る機会も無いのかもな。

どんなのやってたの?

すぐに思いつくのは「クリィミーマミ」「とんでぶーりん」とか?あともっと昔は「花の子ルンルン」とかもやっていた。
あと正統派ではなく発展形だけど「セーラームーン」も。

「ふしぎ星の☆ふたご姫」が私の子供の頃にテレビでやっていた。

「しゅごキャラ!」や「東京ミュウミュウ」もやっていたよ。
正統派を求めるこのスレのテーマからは外れるが、我が国の魔法少女のイメージにちょっとした影響を与えているはず。

オタク向けが意識されがちだけど、「カードキャプターさくら」は正統派魔法少女だし、ここを押さえているなら元ネタ把握していると言ってもそんなに問題無いんじゃないか?
もっと昔の古典を知っているに越したことは無いだろうけど。

ああ、そうか。「カードキャプターさくら」があったな。あれもこっちのテレビで見ていた人多いし、ウチの国にも現在のオタク向け魔法少女作品を受け入れる下地はあったってことか。

でも「カードキャプターさくら」もCLAMP作品だし、スターシステムとかも考えると鬱で残酷な展開があるよね……

いや、魔法少女作品は昔から鬱展開、残酷な展開はあったよ。
古典とされる「ミンキーモモ」からして唐突な主人公死亡エンドだし、「ヤダモン」も「りりかSOS」も死亡エンド。「セーラームーン」も後で復活するとは言え主要キャラ全員死亡。
最後に世界を救わされる代償は昔から重い。

日本の魔法少女モノって当時の日本の社会問題や身近な生活のリアルな問題が扱われるから、悪いヤツと戦う男の子向けよりも厳しい展開が多いんだよ。恐らく制作側もそれに巻き込まれて更に現実における待遇も重なって夢と希望の話を作れなくなるんじゃないかな。
「ミンキーモモ」(BADEND回放映しちゃったあとに延長決まったが)も「りりかSOS」打ち切り食らったから作劇の口実と共に悪意をぶちまけた感があるとか。

古い少女マンガとかを考えてみると、同じ時期の少年マンガに比べると厳しい展開多いんだよね。恋愛要素に隠れがちだけど。
魔法少女モノもその流れにあるのだろうか。

魔法少女が幸せになれないのも伝統的、正統派だと言えなくもないのか……本当に大変な職業なんだな。何も問題無く引退はできないということなのか……

魔法なんて万能に見える力を与えられてしまうから、ストーリーを盛り上げるために魔法で対処できない大きな事態をぶつけられて、解決するための代償はとなるわけだしね。
俺TUEEEEEが許容されているわけでもないから、話のギミック的に悲惨な目に遭う可能性は高くなるのだろう。



とまぁ、こんな感じで。
こういった話題ではたまにやたらと詳しい人が出てくるのも面白いですね。それと昔の中国のテレビで放映されていた魔法少女アニメについても出ていましたが、そちらの影響も確かにありそうですね。

ちなみに以前中国オタクの方と話した際に教えていただいた話によると、中国でオタク関連の定番ネタやお約束の背景、影響を遡って把握するのが難しい原因としては

「中国国内のテレビ局で放映されたテレビアニメ、海賊版時代、違法アップロードなどを通じて、色んな作品が時代の区別なく入ってきてしまったので、作品の制作された年代と視聴体験の時期や順番がごちゃごちゃになっている」

という事情もあるそうで、日本に比べて影響を与えた作品、影響を受けた作品の関係がハッキリしなくなっている模様です。

特に古い作品は関連情報も含めて中国語化されていないことも多く遡るのはなかなかに骨が折れるそうで、よほど興味のある人意外はなかなか手が出ないとも。

こういった事情の影響として分かり易い所では、中国では「スラムダンク」→「キャプテン翼」の順番で入って人気になったことからキャプテン翼のスポーツ系作品としての評価が他の国と比べて低いといった事例があります。

また他にもあまりにも「Fate」が大人気になり聖杯戦争的なストーリーの構成やFateに取り入れられた様々なオマージュネタについてもFateが原典みたいな扱いになってしまい、一時期Fateのパクリだと叩かれる作品が妙に増加した、なんてこともあるそうです。
もちろんその当時叩かれた作品には安易なパクリもあったのですが、なかには影響の前後関係を勘違いしていたり、Fate経由の影響ではないような作品も混じっていたとかなんとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「アイドルアニメファンと萌えアニメファンはかなり違うのかな?ずっと似たようなものだと思っていたんだが……」

ありがたいことに
「ラブライブ!が大人気になって以降、中国でもアイドルアニメファンの存在感が強くなってきていると聞きますが、現地ではどのように見られているのでしょうか?」
という質問をいただいておりましたが、先日この質問に関係しそうなネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「アイドルアニメファンと萌えアニメファンの違い」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近ちょっと気になってきているんだが、実はアイドルアニメファンと萌えアニメファンはかなり違うのかな?ずっと似たようなものだと思っていたんだが……

外からは似たようなモノに見えるけど、オタクとしてはかなり違うカテゴリかもね。
「オタク」と一括りにされる中の、更に萌え系が好きという括りになるから、同じという見方もできるけど。

萌えアニメカテゴリの中にアイドル系アニメがあったり、萌えアニメがアイドル路線で売ってたりするからヤヤコシイんだよな。
でも濃いファンの傾向にハッキリした違いがあるのも確かだ。

きらら系アニメファンとラノベ原作アニメファンとラブライブ!のファンを一緒に扱うのは、一般人ならともかく、オタクとしてはダメだろう。

美少女キャラが中心の作品でもジャンルごとにかなり違うし好みがあるからなあ……
個人的な経験でも、日常アニメ好きな連中にラブライブ!を薦めてもスルーされがちだというのはあったかな。

日常系アニメ、歌とダンスのアニメ、そらファンも違うわ。

俺はキャラが合えばどっちでもいけるが、ジャンルで合わないという話も分かる。
あとアイドル系は三次元寄りのコンテンツやイベントも多いからね。そこでもかなり分かれるように思う。

アイドル、萌え、百合、これのバランス次第かな
これらの要素が重なる作品もあれば、そうでない作品もある。

アイドル系は百合が売り物になっているから、それがいけるならかなり楽しめる。自分はそれが特に楽しみ。
伝統的な歌って踊るだけのアイドルは正直あまり興味が無い。

百合好きだとアイドルアニメも日常系萌えアニメもいけるような印象。両方見ている人間は百合好きが多い、と思う。

萌えアニメ好きが見ているのは日常系とかエッチなサービスも含んだ萌え。
アイドルアニメ好きが見ているのはソフトな百合やライブ、三次元。
この辺は作品の蓄積で結構目に見える形で分かれてきたんじゃないかな。

アイドルアニメ好きだけど、三次元はあんまりいらない自分みたいなのもいるぞ。
ただ声優の結婚やスキャンダルでダメージ受ける人を見ると、自分とは受け止め方や楽しみ方が違う層もいるという実感はある。

萌えアニメ好きとアイドルアニメ好きの距離は比較的近く、お互いの作品を許容できる部分も比較的多い。例えばロボアニメ好きなオタと、それに全く価値を見出せないオタほどの差は無い。
ただ近年の新作や関連イベントなどの増加で、両者の距離が開いて違いも目に付くようになってきた。

音楽目的でどっちも見ている自分みたいなのもいるかな。
だからなのか、日常系はそんなにきっちり見ていないのに対して、アイドル系はしっかりと見ることになっている。

どっちのアニメも、一番重要なのはキャラデザ。これは間違いない。

アイドル系作品のファンのほとんどは現実の人間に注目していて、萌えアニメファンは二次元のキャラに注目しているから同じジャンル、同じ作品を見ていてもかなり違うよ。

アイドル系アニメを見ているのは声優が目当てなことが多い。
逆に言えば声優で興味がわいたら普通に萌えだろうが一般だろうが見に行ったりすることもある。

キャラデザが重要じゃないとは言わないが、アイドル系作品に関してはそれ以上に重要なのは歌と声優じゃないか?

そこはちょっとヤヤコシイ。
二次元のアイドルは三次元のアイドルとは違うし、声優自身のキャラも意識はされるが声優=アイドルのキャラではない。むしろ一般的なアニメファンの方が声優にアニメのキャラを投影しているような所もある。
好きなキャラと中の人の声優は重なるし関連するモノとして語られるけど同じものでは無いんだよ。

作品の内容、根底の思想が違うんだよ。
アイドル系作品は熱血青春ストーリーで何かしらの目標、成功のために努力して頑張る、競争に打ち勝つというのがある。
それに対して日常系はゆるいストーリー、変わらない居心地の良い日常と人間関係なわけだから、ファンの好みが同じなわけはない。

アイドル系って女の子を前に出してはいるけど、青春感動ストーリーで骨子はスポコンだからね。萌えの皮をかぶっているけど、萌えが一番重要ではなくなってきている。

なんとなく分かる。
自分は仕事はじめてからは癒しを求めてアニメを見ているから、アイドル系作品の鬱展開や胃の痛くなる展開がある部分は得意じゃない。アイマスとかそれでダメだったわ。

ラブライブはともかく、アイマスは萌え要素が根本的に存在しないからね……

アイマスはシンデレラガールズのアニメがアレなだけで、ゲームやキャラ設定なんかは萌えの集合体だぞ。
私はゲームメインで昔から追っかけていたから、萌えもアイドルも三次元の声優イベントとかも区別はせずに来たが、今は結構分かれているのか。

アイドル系作品にも派閥があるからな。ラブライブ、アイマス、バンドリが現在の代表的な所だろうか。
あとウチの国ではラブライブの大爆発から本格的に二次元に入った、直接アイドル系アニメに行った層がかなりいるから、そこからの流れも今の区別につながっているんじゃないかと。

アイドル系作品を追っかけているファンにはアイドルを見てパワーをもらいたい、応援しているアイドルが成長していく、一緒に成長していることを感じて励まされたいという部分も存在する。
また応援の過程で作品を見るだけではなく多くのリソースを割く、金を使うのは言うに及ばずライブのオタ芸の練習をして貧弱な体力を燃やすというのは、他のジャンルのファンには珍しい特徴だろう。

二次元アイドルは多くの場面で三次元の人間と一緒に扱われるし、ライブなどの活動もあるから重点が三次元寄りと言える。
ただ嗜好だけでも二次元から三次元へと次元の壁を超えるのは難しいからアイドル作品のファンが少数派になるのも仕方がない。もっとも、熱いのが多いから存在感はかなりあるけどね。

最近の「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」や「ゾンビランドサガ」の立ち位置は分かるんだが、昔の作品に関してはアイドルなのか萌えなのかが分からなくなる時がある。
例えば「けいおん!」はあえて言うならどっちの要素が濃いんだろうか?

「けいおん!」は萌えアニメ枠だろう。アイドル系特有のスポコン感が無いし、原作は芳文社系だぞ?

いや、私は三次元の活動的にはアイドル系だと思うんだが。

時代的に明確な区別は無かったが、あえて言うなら萌え系とか日常系で良いと思う。ただその後の二次元アイドル作品への影響は無視できない。
音楽方面の成果が凄いしライブイベントも日本の最大級の場所でやっている(ただし劇中で最初にあった「めざせ武道館!」は未達成)
あと声優自身が楽器演奏するという今のアイドル作品の走りみたいなこともやってるからね。

萌えアニメにもオフラインの、三次元の活動はあるけどアイドル系作品とは全然違う。作品にとって三次元はそれほど重要ではない。
それに対してアイドル系は三次元の活動が重要で、作品関連のライブやイベント、ラジオ等々があるし三次元で発生したものを二次元の作品にフィードバックしたりするなど、キャラと中の人が相互に影響を与えている。

アイドル系作品のファンは使っているリソースが段違いに多いという印象だな。自分の金と時間を投入して推しのキャラを応援して可能な限りイベントにも参加しようとする。
俺みたいな萌えアニメを毎シーズン追っかける程度の人間からしたら、スゴイと思うしなんであそこまでやれるのかと不思議にも思える。

イベントやライブといったアニメ以外の展開が続くから、アニメが終わってもファンを続けることになるし、リソースを注ぎ込み続ける。
それは楽しいだろうし、作品の商業モデルとしても有効だろう。ただ同ジャンルでファンの移動が少ないから、新作アニメのアイドルジャンルは厳しいと感じるね。先行して人気になった作品が非常に強い。

同意。
毎シーズン俺の嫁が変わる萌えアニメファンとはそういう所も違う。ただ作品から離れる時期の判断が難しいだろうし、作品が終わった時のダメージも大きい……

ふと立ち止まった時に疲労がドッと来ることはあったなあ……あとイベントに関しては日本にいないのが幸せなのか不幸せなのか分からない
中国にいる以上イベント参加には限界があるけど、それはある種のリミッターでもある。そしてファン同士の差もそれほど強烈には出ない……

実際、日本に行ったら危険だぞ。金と時間があれば何でもできてしまうから歯止めが利かなくなる。
ソースは日本留学した俺の友達。

私はずっとどれも美少女キャラを看板にオタクから金をとるシステムで大差ないとか思っていったんだが、実際はそうでもないのか

基本はそういう看板の活用なんだけど、ファンを深みに誘う要素が異なる感じかな。
あと作品とイベント以外にもソシャゲの課金とかが入ってくるから明確に分けられるものでもないのがまた……

萌えアニメだけ見ている人間からしたら、アイドル系になぜそこまで金と時間を注ぎ込むのか不思議に思えたりもするが、そればっかりは深みにハマらないと分からないのだろうな。

最近はフィギュアやディスク買っても作品に関与している感が足りないみたいになってきているし、そういう環境の中でファンとしての熱を表現しやすいジャンルとも言えるかな。
オフラインのイベントや中の人を追っかけたり、ライブに行ったりしてようやくスゴイ頑張っているオタクになれる。そして結局は金と時間、いや主に金の問題となる。

アイドル系作品はファンやっているとイベント参加やライブ参加などのハードルがあるし、それを楽しむための趣味になると萌えアニメファンとは違ってくるかな。
普通のオタクやってる分には萌えアニメの方が楽。

アイドル作品のファンはたくさんのモノを支払わないといけないのが特殊。
他のジャンルだと好きなだけで十分なんだが。

アイドルアニメのファンにはアイドルが心の拠り所になっているファンは結構いるはず。
知り合いにわりと金持ちでリア充でアイドルアニメにハマっているのいるけど、そいつがアイドルからパワーもらえる、励ましてもらえるとなってリア充度が更に加速しているのを見るにつけ、資金的に問題無いならアイドル作品を追っかけるのも良いんだろうなと感じる。



とまぁ、こんな感じで。
近頃の中国オタク界隈における住み分けやオタクとしての活動などの話題も出ていました。

今回のネタを教えてくれた方によるとアイドル系の作品に限らず、中国オタク界隈におけるオタクとしての活動は、日本ではハッキリと別れていないような部分で違いが出ることがいまだに少なくないそうです。

特に中国からでは直接参加するのが難しい日本開催のイベントや、ラジオや動画配信などの日本語力が必要となる関連コンテンツについては何かと難しかったり、特別に思えたりもするそうです。
一応この辺りについては中国で開催されるイベントや動画配信の増加などもあることから、昔に比べて差は縮まっているそうなのですが。

また上のやり取りにもあるようにアイドル系の作品に関してはライブなどが強く意識されることから、イベントへの参加や「現実のイベント」に関連するファンの空気を楽しめるかどうかといった部分が重視されているそうで、他のジャンルのファンをやることに比べてハードルが高いといったイメージもあるとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「求む、裏表のある性格のヒロインの情報」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈のコミュニティでは日々オタク同士の情報交換やら何やらが行われていますが、好きなタイプの作品やキャラに関する
「何々なタイプのキャラを教えて」
などといった質問は頻繁に出てくる話題の一つだそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
そういった話題の中の一つ
「裏表のある性格のヒロインを教えて欲しい」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


求む、裏表のある性格のヒロインの情報。
最近そっちの方面に目覚めてしまったんだ。

裏表、別の顔のあるキャラってのは定番だけど、推理モノの犯人とかではなく萌えキャラでか……

ヒロインであるに越したことはないけど、普通の女性キャラでも問題無いです。

いわゆる腹黒系のキャラを探せばいいのかね。

それとは違う……いや、組み合わせ的には同系統かな?
ただ外面があざといのではなく、優秀なタイプを求めている。

二重人格キャラってことでいいの?

いや、二重人格的な完全別キャラではない。
なんて言うか、主人公と二人っきりになったときに本性を現すシチュとか大好きなんだよね。それか、主人公と二人きりの時だけ普段とは違う性格を見せるとかも良い。

二重人格は性格がハッキリと変わるから裏表のあるキャラというのとは別だろう。
裏表の方は表のほうにある性格を裏の性格が演じているなど、メインの性格は常に存在する。

ギャップ萌えの方か。
そうなると、二重人格のキャラとは違うね。

ちょっと範囲が広くないか?何となく分かるような、分からないような……
スレ主のきっかけはどんな作品なんだ?具体的なキャラがあった方が同類を探しやすいんだが。

自分の知っている中での最大の衝撃は「アマガミ」の絢辻詞だと思う。
あの裏表のある性格がとても良いんだ……だからできればラブコメ系のキャラが希望だ。

ああ、何となく分かってきた。
仮面をかぶると称されるようなタイプか。

千石撫子の逆パターンだろうか。

物語シリーズで羽川翼はどうかと思ったが、ありゃ二重人格の方か……

ある種のツンデレキャラみたいなのを探すべきかと思っていたが、ちょっと違うな。

あれ?じゃあ遠坂凛とかは違うのか?ツンデレ的だし。

遠坂凛は典型的なツンデレだろ。
ギャップ萌えがあるほどの落差じゃない。それに隠されているのは性格じゃなくて身分や能力の方だから。

遠坂凛はこのスレのテーマに合うと思うが。
学校における日常的な顔は優等生で学校のアイドルという、例として挙がっている絢辻詞と重なる部分も多い。
FGOや外伝系作品だと素の性格や魔術師の顔ばかりが強調されるが、UBWや原作ゲームの方ではかなり類型的な表裏のあるヒロインとして描写されている。

Fateの初期のキャラは大体表裏の二面性あるよね、これは恐らく現代を舞台にした伝奇モノという方向の作品だったこともあるんじゃないかな。
あと今改めてstay nightのキャラを考えてみたが、凛や桜よりも言峰(stay night時代)が最も裏表系ヒロインな気がしてきたんだが……

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の一色いろはとかはどう?
基本的には外面を取り繕っている、上手くやっているみたいなキャラだと思うんだが。利害や社会生活の方便のために打算的な表の顔を作って過ごすキャラとかは結構使えると思う。

否定はしないが、程度次第に思える所もあるね
クールなキャラが腹黒だったり、ピンク髪のあざといのが腹黒だったりするのは、個人的にはそういうキャラという認識になってギャップ萌えとまでは感じない。

このスレで言われているようなキャラってたくさん出すのは難しいし、人気を獲得させるのも厳しいと思うね。ギャップ萌えの発動までにヘイトを稼いでしまう。
だからあまり見かけない。

ルートがあってヒロインでと言うのが分かるゲームとかじゃないと難しいのかなあ
その辺はツンデレと似たようなものかもな。

優等生系キャラで裏があるタイプを探せばわりと出てくると思う。「中二病」の丹生谷なんかは範囲内じゃないだろうか。

私はそこまで扱いの難しいキャラではないように思うが……むしろ古典的なタイプじゃないか?

短編とかならいけるだろうけど、長編でヒロイン攻略となると難しくないか?メガネを外せば美人の性格版のようにはいかない。

それか初期にネタをばらすかだろうね。二面性のあるキャラということを視聴者に知らせて、その後はギャップ萌えネタを投下しまくる。
「うまるちゃん」なんかもそれだ。

成功すれば強い、ここのスレ主みたいな犠牲者が出来ちゃうんだろう。
自分がヒロインの偽装を暴いて本当の、完全なヒロインの性格を知ることができる。自分だけが。他の人間は知らないというのも優越感や征服欲を満たすものがあって良いのだと思われる。
だからゲームやラブコメに向いているのでは。

最近の作品でなら「かぐや様」の四宮かぐやとかでも良いか。でも白銀会長の方も同カテゴリで扱えるな!

ざっとスレを追っかけてみたが、グリッドマンの新条アカネなんかは近いか。
恋愛ジャンルで見ると主人公に感情が向くわけじゃないからスレ主的に合うかは分からないけど。

まだ出ていないのだと「俺妹」の新垣あやせとかはどうだろう?
ヤンデレの方で扱われることも多いが、裏表のあるタイプという見方もできるかと。

絢辻詞的なのを求めるなら、「俺妹」だと桐乃の方じゃないか?
あの作品はどのキャラも多かれ少なかれ二つの顔を持っているけどね。

昔有名だったのでは「彼氏彼女の事情」のヒロインとかはこのタイプだろう。
遡れば結構ありそうなんだが、ジャンルとして成立しているか、特定の用語があるかは分からないな……ツンデレ、腹黒、ギャップ萌えなどで表すことはできるんだが……

「俺妹」のキャラクターの性格、設定の二面性を見ていくと、ストーリーの技術として、このスレの話題の裏表のあるキャラみたいなのは昔からいるテンプレの一種じゃないかな。私はこのジャンルは近年ではツンデレなどに押されたり、混ざったりしていると感じる。
それと既に言われているように、現代的な環境における商業作品においては、そのままでは使い勝手が悪いのかもしれないね。



とまぁ、こんな感じで。
好みの問題なので定義の違いや微妙なズレなどが気になることも多いようです。

今回のネタを教えてくれた方によると
「属性などに関する特定の二次元用語がないと、こういう話は迷走しがちです。もしかしたら日本のオタク界にはジャンルや属性を表す用語があるのかもしれませんが、こちらで広まっていないか翻訳されていない、或いは他のネタと混同された用語として広まってしまっている場合もあるのでグダグダになることも少なくありません」
とのことで、今回紹介させていただいたような感じでああでもないこうでもないと当たりを求めてのやり取りがイロイロな所で行われているとかなんとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

11/10修正:また「キミキス」と「アマガミ」の訳を間違えておりました。ご指摘ありがとうございます。間違いを繰り返してお恥ずかしい限りです。ちなみにツッコミの中にどのキャラが好きかというご質問がありましたが、管理人は森島はるか先輩が好きでした。

中国オタク「ジャッキー・チェンって日本の二次元にどれだけ影響力があったの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたので、今回はそれについてを。

中国オタク界隈では様々な日本社会や文化関連の話題が飛び交っていますが、中国でも日本でも一般的だったりするなどで改めて話題になることが無いような物事に関しては、なんとなく想像できるものの、具体的なレベルではハッキリせずに話題が迷走したり、新たな疑問が出てきたりもするのだとか。

中国のソッチ系のサイトではそういった話題の一つとして
「ジャッキー・チェンは日本でどのくらい人気や影響力があるのか」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の二次元系作品には成龍(ジャッキー・チェン)関係のネタが多いのに気付いたんだが、彼はいったいどれだけ影響力があったの?
意識して調べたらすぐに見つかるレベルなんだけど……

あのレベルの役者だから、日本にもジャッキー・チェンのファンはそれなりにいたはず。
でもそこまでは多くないんじゃないか?新作アニメではそこまで見かけた覚えが無いけど。

ジャッキー・チェンでファンが少ないというなら、日本の中国人俳優のファンで多いと言えるのはいないレベルだぞ。国際的な知名度ではブルース・リーと同レベル。

外国で有名な中国人枠なら完全に頭一つ抜けている存在。
二次元どころか、日本の一般社会レベルでの人気だから、マンガなどをはじめ日本のクリエイターへの影響も大きい。
「ドラゴンボール」とか「NARUTO」とかは彼の作品の影響をモロに受けている。

アメリカでの知名度も高いけど、アジア圏での人気が非常に高い。
日本の中国拳法ブームの原動力となった存在だから、日本の70〜80年代に重なるクリエイターは特に強く影響を受けているらしい。

中国の役者でジャッキー・チェンより有名な存在となると、それこそブルース・リーしかいないと思うぞ。ブルース・リーが死んで落ち込んだカンフー映画を復活させた。

ハリウッドレベルのスターでコメディ系カンフー映画の顔だからね。
そりゃあ日本への影響力もあるし、二次元どころか三次元の一般社会レベルへの影響力だろう。

日本への影響が特に大きいのは「酔拳」だな。この作品のネタは日本の二次元で本当によく見かける。

例えば「NARUTO」のように日本の二次元の武術ネタで酔拳が出たらそれは全部ジャッキー・チェンの影響と言っても過言ではない。

日本でのジャッキー・チェンの人気ってウチの国と勝るとも劣らないレベルらしいよ。
香港返還以前の時期もずっと大人気だったということだから、ウチの国よりジャッキー・チェンの作品が見られていた時期は長いという見方もできる。
彼の映画がウチの国の映画館で大々的にかかるようになったのって結構後、具体的には「WHO AM I?」以降だからね……

日本で有名な作品って大陸だとそんなに評価高くないように思えるし、影響力という方面も想像し難いよね。
ただ少なくとも、日本での扱いを見るとはジャッキー・チェンのファンがそれなりにいるのは間違いない。

ジャッキー・チェンは日本で最も有名な春麗のコスプレイヤーだぞ?

「シティーハンター」の実写版、原作者の北条司も最初は拒否していたらしいし、実際に出てきた作品もアレだったから頭抱えたらしいな。特に春麗のコスプレは衝撃だったらしい。

実写版シティーハンターは銃が役立たずにさっさと放り投げていつものアクションになるからな。ファンは怒らないのか、それとも知られていないのかと不思議だった。

原作ファンにとっては勘弁してほしい実写化だというのは明らかだったが、ジャッキー・チェンの映画になる時点でカンフー映画になるだろうというので日本の視聴者も覚悟していたらしい。
シティーハンター実写版の扱いは、ジャッキー・チェンの日本での人気を表すエピソードだろう。日本ではハリウッドの「ドラゴンボール」は激怒されるが、シティーハンターが原作無視でジャッキー・チェン映画になったら笑って許容されるらしい。それぐらい人気が高い。

日本でも若い世代からの人気は大したことないけど、ある程度歳のいったファンからの人気は非常に高い。あと作品を見て育った現役のクリエイターの間でも。

だから結構な頻度でジャッキー・チェンネタが入るんだろうな。
「シンフォギア」とか、直接英雄故事(日本語版ではない)を歌って修行ネタまでやっていた……ジャッキー・チェン大好き過ぎるだろ……

そう言えば「ガンダムビルドダイバーズ」の修行も酔拳だったなあ……他にすぐ思い付くのは「ハヤテのごとく」辺りだろうか。

二次元での人気に関しては、日本では吹き替えの声が兜甲児の石丸博也だったというのもある。ヒーローのイメージがとても強い。

ペルソナ4の里中千枝もジャッキー・チェンのファンという設定だった。

いや、ペルソナの里中千枝は明らかにブルース・リーの方だろ。「成龍伝説」というDVDネタはあるが、日本では成龍という呼び名ではなく「ジャッキー・チェン」と呼ばれている。恐らく「猛龍過江」の日本公開時の日本語タイトル「ドラゴンへの道」からのネタ。
それにペルソナのデザインや掛け声からも明らかだ。

ジャッキー・チェンが90年代の日本で活動している時の映像を見たことがあるけど、物凄いファンが多かった。女性ファンもたくさん。

映画だけでなく、その映画に影響を受けた日本の有名クリエイターによって更に人気が拡大していった。
例えば鳥山明は日本で最も有名なジャッキー・チェンファンの一人だよ。

鳥山明は作品の中にジャッキー・チェンネタをハッキリと使ってアピールしているからね。
例えばこっちの翻訳ではスルーされがちだけど、亀仙人の天下一武道会に参加した時の偽名のジャッキー・チュンとか。

あれ、昔の海賊版だとそのまま「成龍」になっていた覚えがある
当時はイイカゲンな翻訳だと思っていたが、後から鳥山明がガチのファンだと知って驚いたよ。

ワンパンマンのスイリューも元ネタの一つがジャッキーチェンじゃないの?

あれはブルース・リーの方だろ。
村田雄介がジャッキー・チェン好きだという話は自分もどっかで見たことあるが。

スレ主は影響力について知りたいんだろうけど、作品経由ということならジャッキー・チェンは現代の中国人の中でもトップレベルだよ。最大と言ってもそれほど文句は出ないんじゃないかな?

影響力ならブルース・リーの方が上じゃないか?
格闘ゲームやアクションゲームではほぼブルース・リーがモデルのキャラが出てくる。

ブルース・リーも凄いんだけど早死にしちゃったからね。

誇張ではなく、日本に中国武術のイメージを広めて定着させたのはジャッキー・チェン。
ブルース・リーからの流れが彼によって広まってブームを確固たるものにした。だから日本のクリエイターが中国武術ネタを出すとき、多かれ少なかれイメージされる。

日本ではジャッキー・チェンの初期〜中期のコメディ系カンフー映画作品が大人気になった影響から、ウチの国で認識されているキャラよりも、かなり親しみやすいキャラとして認識されているらしい。
ブルース・リーは活動期間の短さに加えてやや硬派過ぎることから、キャラとしてはともかく人気の広がりやネタにするという方面ではジャッキー・チェンほどではないという話だ。

ジャッキー・チェンのネタを日本の二次元の有名作品が普通に扱うからね。「銀魂」にもあった。
二次元への影響ではなく、日本社会への影響で語るレベル。

日本では中国武術家のイメージはジャッキー・チェンだぞ。
国民的RPG「ドラゴンクエスト」のソシャゲ版のCMで、最強の武闘家職キャラということでそのまま出ても普通に納得されるレベル。



とまぁ、こんな感じで。
一昔前の日本における大人気というのは少々把握し難いようでした。

また上のやり取りにもありますが、中国本土でジャッキー・チェン関連のコンテンツや本人の露出が増えたのは90年代の後半になってからですしその後の諸々もあることから、ジャッキー・チェンのイメージに関しては日本で形成されているものと、現在の中国で形成されているものの間にちょっとした違いがあるのは確かなようです。

ちなみに私が北京にいた時に一番印象に残っているジャッキー・チェン関連の映像はVCD再生機やファミコンのコピー機などで当時物凄い勢いだった「小覇王」の広告でしょうか。
ジャッキー・チェンがCMをやっていた「小霸王学习机」の動画を探してみたらbilibiliにあったので、よろしければご参照を。
小覇王広告(中国語)

広告に出ているのはキーボード一体型ですが、確かファミコン型のコントローラーが付いていてファミコンのソフトも遊べたはずです。小覇王は他にも通称「紅白机」と呼ばれているファミコンのコピー機があって、そちらの方が主流として普及していたようです。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんで竹中半兵衛が諸葛亮なの?経歴見たら明らかに郭嘉じゃないか」

ありがたいことに手頃なネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

日本の戦国時代は主にゲームなどのコンテンツを通じて中国オタク界隈に広まり、現在もそれなり以上に詳しい人がいるジャンルとなっています。そして時たま日本の戦国時代関係の情報を調べていってぶつかった疑問やネタが話題になったりしている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「竹中半兵衛はなぜ孔明に例えられるのか」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


竹中半兵衛という日本の戦国時代の武将に諸葛亮に例えられるほどの評価の武将がいるということで調べてみたんだが、経歴見たら明らかに郭嘉じゃないか。
なんでこいつが諸葛亮なんだ?

紫色の仮面の武将だろ。
某ゲームでよく使っていたキャラだ。史実では何やったか知らない。ボイス的に裏切りやってそう!

そもそも竹中半兵衛が持ち上げられている理由が分からない。
自分の中では能力は高めの武将くらいのイメージしか……

知っているぞ。ロリキャラだろ?「織田信奈」にいた!
それはともかく、豊臣秀吉のエピソードの前半に出てくる有能な軍師だから評価が高めなんだろう。そして早死にしたから妄想もしやすい。
だから私もどっちかと言えば郭嘉だというのには同意。

織田信長に勝つなど、評価を高めにできる経歴があるから戦国関係ではよく話題になっているんじゃないかと。

確か「今孔明」の呼称がある武将だったよな。

三国志で例えるなら一番知名度高くてスゴイのを持って来るだろうし、それならまずは諸葛亮だろう。昔の話だから特に。
ウチの国でも今奉孝と言われてすぐに把握できるヤツ少ないんじゃないか?

それは確かに。
日本で有名なスゴイ軍師としては諸葛亮が有名だから、とりあえず孔明の名前で例えて宣伝しておけということなんだろう。
こういうのはマニア的な評価のある武将ではダメだ。

そもそも郭嘉の評価が上がったのがウチの国でも最近の話だしね…・・・
曹操の評価が上がって、ボスの曹操の周りの軍師の評価が上がってその中でイケメン枠と妄想できる枠で郭嘉の評価が急上昇みたいな流れで。

最近の三国志ネタの中で一番持ち上げられている武将だからな、郭嘉は。
前線で戦う猛将ではなく、後ろでコントロールする軍師が評価されたり妄想されたりするのが今の流行。特に郭嘉は夭折したからもし生きていればといった妄想が捗る。

郭嘉って三国志どころか近年のウチの国のネットで最も持ち上げられている歴史人物の一人レベルじゃないかと……国産コンテンツの三国志キャラとしてもどんどん良い扱いになっていった。

今の感覚だと、下手すればこんな格下な武将を郭嘉に例えるとかありえないとか叩かれるレベルかも?
近頃は日本の戦国時代は小規模で村同士の喧嘩レベルと見下すのが多いからな。

郭嘉は妄想解釈混じり過ぎているから、その辺は諸葛亮に例えるよりも反発は低いような気もするな。最近の若いのからは何かと叩かれがちな諸葛亮だが、それはブランドとしての地位があるということでもある。
あと私は豊臣秀吉の軍師なら黒田如水の方が好み。

そう言えば竹中半兵衛ってゲームとかだと美形扱いな印象だけど、実際どうなの?
実際はともかく、創作で美形扱いだから余計に郭嘉だろうというイメージになるんだが。

美形、女性的な容貌という記述があるから郭嘉よりはまだ美形の根拠はある。更に剣豪でもあるから個人戦闘力も高い。逸話や人物描写が二次元の設定ネタかというレベルだから創作で多用されるんだろう。
ただ実際の功績は不明な部分が多い

若くして死んだ美形軍師だとやっぱ郭嘉に思えるがなあ

当時の逸話からは忠義や道徳もあったということだし、史実準拠で部隊を率いて戦えて知略も個人の武勇もあってだから、諸葛亮にしたがるのは理解できる。郭嘉でも周瑜でもしっくりこない。

夭折の理由として豊臣秀吉配下として多分野の業務を担当して過労死になるレベルの仕事量とかだったら、諸葛亮みたいだと言えなくもない。

豊臣秀吉の部下で過労死になるレベルの仕事量なのは秀吉の弟の豊臣秀長だろうね。
実際、彼が過労死(?)してから豊臣政権が崩壊していった。

竹中半兵衛は信長に勝ったってほどじゃないぞ。
信長が斉藤攻略に手間取っているときに、斎藤家の主君を諫めるために知略で斎藤家の本拠地稲葉山城を奪取したりしている。

一説には十数名で城を占領して追い出したって話だな。
どこまで本当なのかは不明だが、電撃的に城を奪ったのは間違いないとか。

半兵衛の評価に関しては豊臣秀吉の最初の軍師だったのが大きい
実際どうだったのかは分からんが、創作では初期の豊臣秀吉の軍略は彼が担当したような扱いが多い

劉備に対する諸葛亮みたいに設定したがるのか……
サルと劉備ではキャラも置かれた状況も全然違わないか?

日本の戦国武将を三国志武将に例えるなら、竹中半兵衛はやはり郭嘉に思える。あと秀吉のもう一人の軍師黒田官兵衛は賈詡

片方が短命で、片方が食わせ物とキャラ立ってるな
二人ってのも人数的に創作では扱いやすそう。

竹中半兵衛は天下人になった豊臣秀吉が三顧の礼で迎えた軍師、織田家には仕えないが秀吉になら仕えるとなったのも評価高いんだろう。
ただ実際の所は織田家に仕官して、その後に秀吉の与力に派遣されたという説が有力らしい。

三顧の礼は後世の創作で、元ネタはそのまま三顧の礼だと言われている。そういうのも合わせて半兵衛=諸葛亮のイメージが形成されていったんじゃないかな。

日本人はホントに三国志、特に諸葛亮大好きだよな……

ウチの国でも大好きじゃないか。
最近の再評価というか新解釈のネタで蜀の評価は落ちているが、それ以前はずっと蜀が人気で中でも諸葛亮は大人気。

じゃあ荀とかどうなんだろう?
曹操が荀に対して「わが子房」といったエピソードくらいは知られていると思うんだが。

そっちだと今子房とかいそうだけど、どうなんだろうな。日本の戦国武将にそういうのいるのかね

日本の戦国武将を三国志武将に例えるのって、その武将が日本でどういう評価なのかがハッキリしなくてやや困惑する。
こちらの現在の認識と微妙にズレている節もあるし。

同意だ。
私は本多忠勝を張飛に例えるのは、張飛が最強だと日本で認識されているのか、それとも張飛クラスなら良いだろうという遠慮の混じった例えなのか判断に迷っている。

そう言えば戦国武将で趙雲に例えられる武将っていないの?
ウチの国では蜀の人気が落ちる中でもいまだに根強い人気の美形枠なんだが、日本

定番なのは織田信長を曹操に例えるアレだろうか。

あれは正直イヤだなあ……
私は別によく言われるような村の喧嘩レベルの日本戦国時代とか馬鹿にするつもりはないし、織田信長は優秀な人物だとは思うが曹操のイメージを使われるのはイラっと来る。

私も曹操と信長を同格扱いされるのは正直気に入らない。
天下統一すらできなかったくせにと思うし、この竹中半兵衛にしても諸葛亮レベルのこと何もできていないじゃないかと思ってしまうわ

俺は歴史的な意義とかを持ってくればわりと無理矢理ではあるが信長を曹操と並べることは納得できなくもない。
でも諸葛亮と竹中半兵衛はどうかと思う。日本の戦国時代にもっとスゴイ武将いるだろう

こういう例えって詳しい人間からすると違いばかりが思い付くからね
でも分かり易く宣伝するには、最も有名であろう存在を持って来るのが有効だからどこもそうなってしまうのだろう。

織田信長って経済戦略が強いのと、宗教勢力との対立がメインで、曹操と重なる部分があんまり無いんだよな。

ところで織田信長が今曹操や今孟徳とか言われたことってあるの?

統治者だし日本の歴史、歴史系創作では重要なポジションだからそういう例えは無いんじゃないかな。呼称するならあのインパクトのある「第六天魔王」の方が便利だろうし。

信長=曹操は結構な部分がコーエーの販売戦略のせいじゃないかと思う。
昔はどうだかわからないが、少なくとも現在のイメージへの影響は強いだろう。キャラの顔をあえて似たような感じに描いている。



とまぁ、こんな感じで。
日本の戦国時代ネタは詳しい人が出てくることが珍しくないですし史実ネタも交えた考察が行われたりしていました。

上のやり取りにもありますが、オタク的な知識や感覚だとこういった例えに関してはイロイロと言いたくなってしまうのでしょうね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「三国志で美形キャラと言えば趙雲と郭嘉だ」「女性が三国志武将好きって言うのはかなり珍しいよね?」


11/7修正:本多を本田と誤変換していたのでこっそり修正

中国オタク「日本のラノベ、ネット小説原作アニメが時代遅れな理由を考えてみよう」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので今回はそれについてを。

日本のライトノベルは中国で「軽小説」と呼ばれていまして、中国オタク界隈でイロイロな意味で定番の話題となっています。

ただ近年は旧来のライトノベル作品と小説家になろうなどのネット小説出身の作品(およびそネット小説としての活動)が、どちらもひっくるめて「軽小説」として扱われるようになってきているので、議論の際にも何やら混乱が発生していたりもするそうです。
この辺りについては日本でもラノベ作品といわゆるなろう系作品などの違いがどんどん無くなってきているので、余計にヤヤコシイことになっている感もありますね。

また「軽小説」に関しては、中国が誇る自国産コンテンツという認識も強い中国のネット小説と比較してああだこうだ語られたりすることも多い模様です。
そしてそういったやり取りでは、現在の中国オタク界隈における日本のラノベに対するイメージや、それに関する批判などを通じて現在の中国の好みや評価(されるべきと認識される)ポイントがなんとなく浮かび上がってきたりもするそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「なぜ日本のラノベアニメのネタは時代遅れなものばかりになっているのか」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のラノベ原作アニメは時代遅れのネタばかりだと批判されるが、日本のラノベ、ネット小説原作アニメが時代遅れな理由を考えてみよう。
それできちんと商業的に成立している理由も含めて。

日本のネット小説は商業モデルが旧来の出版ベースだからだろ。
中国国内のネット小説プラットフォームによる文字数課金、月額チケット課金モデルではないからフィードバックも競争も遅く、ネタの鮮度もウチの国の感覚からすれば古くなるんじゃないか。

昔は日本のラノベが持ち上げられていたが、今じゃバカにされるネタだからな。
ウチの国のネット小説を比較に出してはあんなのウチの国のネット小説市場じゃ生き残れないといわれる作品ばかりよ。

ネタが古いというか、テンプレの入れ替わりが遅い。中国だと1年もすれば人気のテンプレは入れ替わるのに日本のラノベはずっと同じことやっている。
そりゃウチの国のネット小説のネタは入れ替わりが速すぎる、既存のネタがどんどん時代遅れになるのはどうかと思うが日本は逆に変わらなすぎ。

一回当たったネタの二番煎じなんてのはどこの国でもどのジャンルでもあるが、その展開の仕方にはやはり国やジャンルごとの違いはあると思う。
ウチの国はその二番煎じが新たな二番煎じに乗り換えるスピードが特に速いのも、日本のラノベが時代遅れに感じられる理由なのでは?

日本の作家の思想は守旧的傾向が強く創造力が無い。同じテンプレを何年も何年も使いまわす。
我が国のネット小説は人気作品が出たらすぐにマネするのが大量に出るけど、すぐに新しいものが出てまたそれがすぐにテンプレ化して、その繰り返しで百花斉放的に発展しているんだけどな。

私が思い付いたのは、日本は最新のネタじゃなければ競争に勝てないわけじゃないという認識及びその実例が影響しているという見方だがどうだろう?

日本のネット小説が遅れているのは、ネット小説を課金プラットフォームによるビジネスモデルにできずにいまだに実本に頼った商売しているからだよ。それが新陳代謝を遅らせている。

こっちのネット小説プラットフォームでも実本宣伝しまくっているから、そこはどうなんだろうか。
直接稼げるから良くも悪くも市場が発展したのは間違いないとは思うが……

日本のラノベは市場が小さいから、動きもウチの国ほど活発じゃない。
中国ではあまり理想的な人気を取れなくても毎月そこそこ稼げるし、新ネタで勝負にも出られるが、日本ではマイナーな作品を書いたらそのまま死亡確定だから新しいネタに挑戦することもできない。

そこそこ稼げたのは昔の話で、今は本格的にやらんと稼げないぞ。一人で作品だけ書いていれば良かった時代はもう遥か彼方だ。新しいテンプレが出て入れ替わりまくるのも、そうして話題をつないで宣伝しないと沈没するからという面もある。

市場規模は小さいが、中短編や恋愛系でも生き残れる、商業枠にいけるのが日本のラノベ、ネット小説の強みじゃないかね。実写化枠なんかもあるし、文芸寄りのラノベレーベルもある。
こっちでは月額読み放題チケットで稼げないとダメだから文字数のある長編で、他と比較して目新しいテンプレで……とやれるの以外は沈む。内容もバトルや覇権争いやレベル上げが無ければ文字数も稼げず派手に爆死ではなく、消えていく。

日本の業界が作品をピックアップする、人気作品を活用するのが遅いんだよ。「ソードアート・オンライン」なんか2002年に連載始まったのに商業化されたのは2009年だぜ?

SAOは作者が電撃文庫で「アクセルワールド」で大賞取った後に商業化したから、例としては特殊な方だ。
例として挙げるなら「魔法科高校の劣等生」の方が妥当。こっちは2008年にネット版が連載開始で商業化は2011年だ。そしてアニメ化は2014年。
ただツッコミは受けるがテンプレ枠として批判される作品では無いかな……今調べたら「オーバーロード」が2010年連載開始の2012年商業化だった。こっちならネタ的には古い扱いされることもある作品だろうか。

日本のラノベは近年のラノベ原作アニメの駄作の量産でイメージが地に落ちたね。こんなのでもアニメ化できるのかと、誰も評価しなくなった。

こっちでは基本的にアニメになったのしか目にしないわけだからアニメで評価決まるからなあ……規制が入ってから日本のラノベの商業ルートは細々としたものになったから尚更だ。
あとはこっちのラノベ読者の世代が歳をとって主流ではなくなったというのも理由になるかな。ネット小説は常に最新のが供給されているから勝負にならん。

そもそも現在批判している層が現在の日本のラノベもネット小説をきちんと読んでいるかという疑問が……
中国より少ないとはいえ膨大な量になる日本語テキストを手間かけて読んで批判しろとは言わんが、現状とのズレの有無くらいは認識しておいた方が良いよ。今は配信やIPビジネスが活発なのにディスクの売り上げ枚数で日本のアニメの人気や市場規模を語っちゃうようなもんだ。
そしてアニメ化作品だけで語るなら、アニメ化までにかかる時間でテンプレが一昔前のになる。まぁそれでもずっと似たような異世界転生から離れていないのは否定しないがな。

日本のラノベって内容に関して評価できるものがあるわけじゃないからな。
例えば日本のラノベは読者の要求や作者の制作スタイルから、大長編や複雑なストーリーが書けないのが本当にダメ。だからテンプレについても新しいのを導入して幅を増やしてってことも活発ではない。

日本のラノベ作家は政治ネタを書けないからね。そういう方面の掘り下げが出来ないから作品の幅が狭まってよくあるネタばかりになる。
まぁこれは昔からそういう傾向があるが、ラノベは特にヒドイ。

好みは別として、政治ネタがダメなのは日本の作品の特徴だしラノベだけの問題じゃないと思うよ。日本では政治ネタの人気が無いんだよ。
ウチの国で言われる政治ネタへの要求は国や世界レベルでのストーリー展開が良いといった要求とも重なるけど、日本でそれをやっても人気がそんな出ない所か作品の人気を下げることになりかねない。
日本の作品は局面が小さい、身の回りの話が多いだろ?あれウチの国だと馬鹿にされがちだけど日本だと需要がある。

そもそも政治ネタは日本の娯楽ジャンルでは評価され難い要素だ。それに敏感なネタや解釈が入るとツッコミが出て炎上する、こっちみたいな規制は入らないが人気は落ちる。
複雑な世界観や政治システムはテンプレで省略して進めるスタイルだから、そこもウチの国とは違うね。そしてそういう省略のためのテンプレは新しいものである必要はない。

なるほど。
ウチの国で世界観や政治なんかの設定で評価される、或いはそこに引っかかる人がいるのとは対照的だな。

長文で語りたがる層はそういう深さや設定に拘るけど、ウチの国の人気も実際は爽快感重視だからなあ……
現在のネット小説支持の根底にある爽快感と量による読み応えは中国も日本も変わらないだろうけど、構成するテンプレ要素で外部の評価や理論武装が変わっているようにも感じられる。

ウチの国は多ければ多いほど良いが、日本は余計なものが入ると嫌われたりするんだよ。二次元全体を見ても、ジャンルを最初に明示して、そこで住み分けや作品探しを行う習慣が根強い。
事前に表示されているジャンル以外の内容になる、余計な部分が続くと読者が怒る或いは離れる。メインの部分以外で作品の広さや深さ、それに関する読みごたえをサービスするよりもテンプレで省略する。

こっちで「肉」のあるシーンやヒロインとのシーンを文字数稼ぎ兼サービスでやっても読者からは歓迎されず本編進めろや、ヒロイン邪魔だからいらないとか言われるようなものか。

それに近いかもね。日本のネット小説は一人で書くから、矛盾が出そうだとか、得意ではない分野、本編や作品の特徴となる部分とそんなに関係ない所はよくあるテンプレでスルーする。
そして人気が出る爽快感狙いのパートへと急ぐ。月額読み放題チケットの文字数評価みたいなのもないから、早い段階で人気を確保しないと厳しい。これはアニメの3話までに話を動かすのと似たようなものかも。
いきなり死んで神様にスキルもらって世界観ガバガバなファンタジー世界に転移するなんてのはその典型的なやり方だ

日本のネット小説プラットフォームには課金要素が無いから基本的には単独の作家による執筆で、チームを組んで得意パートごとの分業執筆みたいなのは成立しないんだよ。
中国は金を稼げるから書く人を増やして量と新しいテンプレを売りにする形になっているけど、日本は個人でテンプレ内での新たな解釈や追加要素を売りにする。
多方面で積み上げて数量をアピールする中国のネット小説と、省エネと取捨選択でやっていく日本では戦術も目指すアピールも違う。
ネット小説は金を稼ぐものという中国と、ネット小説は個人の趣味と成功体験(金はできれば稼ぎたいレベル)が目標の日本と言えるかもしれないな。

作者側もだけど、読者側も違うな。
日本でも更新や文章量が多いのは強みだけど、多くても無駄な文章や読者の読みたい所じゃないとダメ。恐らくウチの国のネット小説のテンプレの繰り返しでたくさん読めるアピールは合わない。
こっちは月額読み放題チケットの作品選択で、どれだけの文字数を読める作品かという基準があるから多ければ有利になる。それに対して日本のネット小説は基本的に全部タダで消費するのは読者の時間ということになるから、ある意味ではかなりシビアで正解の見つけ難い読者層だと思うよ。

古臭さや駄作感については近頃の投げっぱなしなラノベ原作アニメのイメージが強いけど、考えてみればアニメ化の時点では、いやその前のマンガ化の時点で既に最新ではないからね。
ウチの国の国産アニメを見ると、まだ日本のラノベ原作アニメは時代との乖離が少ないと感じたりする。アニメ化された作品の主人公タイプがどれも何世代も前の人気のタイプで、見ていて厳しいものがあったわ。ああいった時間のロスと流行からの脱落が日本のアニメにもあるんだろう……

日本のネット小説業界は人気作品をなぜすぐにアニメ化しないのかという疑問がある。
「盾の勇者」は最近ようやく、「無職転生」もやっとアニメ化の動きが出て来年アニメ化だろ?

「無職転生」みたいなのはアニメ化に向いていないということで企画が通らないんだよ。内容的に一般向けじゃないとされていて、最近ようやく風向きが変わった。
アニメになる作品は日本の社会的に「健康」「無難」というのも重要。スポンサーを探さないといけないから、日本では規制は受けないけど、尖っていて社会的な批判を受ける作品は商業化、特にアニメ化のハードルが高い。

日本は基本的には業界が時代遅れの実本中心主義で作家も作品もアップデートが周回遅れになっているんだろう。
しかしもう2020年代になろうとしているのに実本で収益をあげようとしているとか、日本の業界はどうなっているんだか。あの国の連中はスマホで何やってんの?

市場の方向が違うし、日本のラノベ、ネット小説は実本だけでなく二次元ジャンルとして見るべきだろう。薄い本も結局は商業出版でアニメ化まで行かないと盛り上がらないし、市場やファンのつながりがウチの国とは明らかに違う。
あと日本は出版のハードルがウチの国より低いのもネット小説の作品の傾向に影響しているんじゃないかと。
ウチの国はネット小説サイトのプラットフォーム上での生存競争だけですべてが決まる。市場規模は確かに大きいしその分野だけで見れば日本よりは上だろうけど、内容ではなく作品の商業展開の多様性という面では全然違う。例えばウチの国では中短編は死に絶えてしまった。

ネット小説って読者との距離が近いし人気の反映ペースが速いから、国ごと、文化ごとの嗜好が非常に強く出るし、その方面に特化した内容になる。
ウチの国の武侠ネタは外国で人気にならなかったが、そこからの流れで国内向けに先鋭化した仙侠、玄幻などのネット小説の定番ネタは更に外国の一般大衆にはウケない。日本でも一部のマニア以外には刺さっていない。これは日本のネット小説系ラノベがウチの国に入った場合でもある程度は当てはまるだろう。
駄作アニメ化されるような作品も、日本社会ではそれなりに人気だし需要はあるんだよ。俺達が日本のラノベ、ネット小説は便所紙の落書きだ、なんで人気なのか分からんとか言っているように、日本人はこっちのネット小説作品原作のアニメをなんで人気なのか分からんとか言っている。

中国の人気ネット小説が日本に入れば日本のラノベなんざ秒殺だとかいう話はあるが、あれ面白さのポイントが中国と日本で違うという前提を忘れているよね……
こっちの人気作品が日本で人気になる可能性は否定しないが、こっちで大人気だから日本でも確実に大人気になれるという意見は否定したい。

「マスターオブスキル全職高手」が日本では爆死して、国産アニメも死亡したのを見ると、ウチの国のネット小説は、ウチの国のネット小説市場に特化し過ぎたコンテンツという気もしてくるわ。
ネタは次々に新しいのを持ちこむけど、流行り廃りに使い捨てが激しく、古いのには価値が無いとなる。そしてタダみたいな金で読める大量の文字数で勝負となるから他のメディアに移行する際に編集能力が必要となるが、それに巡り合うのは難しい。

テンプレ認識、爽快感のポイント、不快感の引っかかりが違うからなあ……
それからウチの国は分業体制によってネット小説を書くというのが他所の国では珍しい独特な特徴だし、作品の量産や入れ替わりのペース、こだわりよりもランキングと課金という割り切りは日本のネット小説には無理だろうし、そういうのを求めてもしょうがない。

中国のネット小説の最大の問題は文字数の水増しがヒド過ぎることだ。これによって読む側への影響も出る。
国内のネット小説は何かと数字の大きさで飯を食おうとする。字数が多ければ多いほど稼げるし、競争に勝てる。そして文字数による競争、毎日毎週の更新、月額読み放題チケット獲得のための更新時の宣伝投下合戦は質の維持も難しくする。
逆に日本のラノベは一定の文字数(ページ数)制限もかかるからか、体験重視になる。ネット小説版と商業出版では構成も内容もかなり手が入って無駄な文字は削られる。
中心となる戦術も戦場も違うから中国から日本、或いは日本から中国に作品を持っていってもそのままでは人気にならんよ。

ウチの国のネット小説は文字数が多いことが段々と足かせになってきているからね。ネット小説を読まない理由に「文章の水増しが多過ぎる」というのはよく聞く。
実際内容もテンプレの繰り返しだったりするから、章のタイトルだけで十分なことも多い。こういうことやってるから、新規の客が入って来ないんじゃないかと。

わりと同意だ。ウチの国の若い世代も文章を読まなくなっていて、動画に盛り上がりの中心が移っているといった傾向も……ネット小説のIP展開も、本体がネット小説稼ぎに特化して進化し過ぎているから他のメディアで使い難い。

ウチの国のネット小説はネタは新しいかもしれないが、メディアとしてはもうそれほど新しくはない。日本のネット小説原作アニメの方がメディアとしては新しいような気もする。
そもそも、ウチの国のネット小説もランキング上位の人気作品が新しいネタをやっている先端を走っている作品ってわけじゃないからな。
今では古くなったネタの作品がランキング上位にもかなりあるし、時代に合わせた作品じゃなくて過去の人気と思い出補正で稼いでいるような所もある。

商業モデルの影響に関してはさておき、ネタに関しては流行のサイクルのズレのようにも見えるよ。こっちで最新のネタに思われたのが、日本では昔やったネタだと受け取られたりする。

こっちは新しいネタの取り込みには貪欲だけど、こっちのネタの流れの元ネタが欧米や日本の過去の作品というケースは珍しくないからね。直接でなくても、パクリのパクリの……と繰り返される。まぁそれがネット小説と言うジャンルだけど。

分かり易い所だと、トリップ系は人気になっていく初期の段階ではわりと大きな部分に「ゼロの使い魔」の影響あるからなあ……その前だと「龍狼伝」とかも。
例えばちょっと前まで流行った「種田流」、あれ日本では「内政系」ということで昔からあるジャンルで、ゼロの使い魔の二次創作なんかでも人気だったジャンルなんだよな……

ネット小説の無限流(複数の世界をクリアしながら渡り歩くジャンル)とかも他所の作品の世界観をパクったのを使いまくるパターンだからなー
あれを見ると、日本のラノベ原作系はどっかで見たネタばかりだとか言えない。

日本のネット小説、ラノベ(あえて分ける)は読者の共通認識、共有されているネタを前提に世界観を構築する商売でもあるからね。こっちも付和雷同な所はあるが、日本のラノベではより明確にそれが行われている。
そして「売れる作品」に関してはネタの新奇さよりも、安心感と爽快感が求められる傾向もある。定番ジャンルの模倣というかパクリが大量に出るのはこっちも日本も変わらないけど、その定番ジャンル内を掘り下げていく、そのままネタにする作品が化けるのも日本のネット小説の特徴じゃないかな。今期の新作アニメで人気のネット小説原作アニメはどれもその文脈の作品だ。
最近のネットの評論では「どこかで見たネタ」というだけでレッテル貼っちゃうけど、日本のネット小説作品は共通認識が形成されたテンプレネタの上にストーリーを展開する感じだから、批判が的外れになっていることもある。

文字数を稼ぐよりも、省略して本編に入りたがる傾向があるからね。
こっちだと長々と世界説明や攻略法を説明して「稼ぐ」けど、日本のネット小説は転生でスキル付与からの俺TUEEEEEを急ぐ。そこで読み応えとコスパに関する要求の違いみたいなものを最近考えてしまう。
日本のネット小説も量と更新ペースがあるのが人気の前提のはずだけど、文字課金ベースじゃないし商業へのステップアップ前の無給で書いている時期が長いのもあるから、勝負の仕方がなんかこっちと違う。

昔と今では、我が国のオタクの好みと日本のオタクの好みはかなり違いが出ているんだと思う。新作アニメやマンガなどの入る作品が増えたから、純粋なクオリティによる二次元的な人気作品の違いは縮小したが、細かい部分の嗜好の差、受け入れられない展開といったものは逆に目立つようになっている。
そしてラノベ、ネット小説のような好みが細分化して語りたい人間が多いジャンルではいよいよ矛盾が大きくなってきているんじゃないかね。



とまぁ、こんな感じで。
長文のレスが飛び交っていましたが、近頃の中国オタク界隈における日本のラノベやネット小説に対する認識や、それを通じて中国のネット小説事情などが語られていました。

ちなみに中国オタク界隈では何かと批判されがちな「よくあるネタ」「どこかで見たようなネタ」の作品ですがが人気にならないわけでもないようです。10月の新作アニメでも特に好調なのは「慎重勇者」「平均値」といった作品です。
また例えばここしばらくの間では「異世界はスマートフォンとともに。」などの流れにあるお手軽異世界ネタの作品が、ボロボロな評判のわりには順調に再生数を稼いでいたりします。

中国オタク界隈での評価と実際の人気や需要の違いについてついては私もイロイロと実感することも多いので、こういった方面も注意していきたいですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「二次元キャラの色気のあるほくろについて語ろう」

ありがたいことに手頃なネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも様々な作品、関連する二次創作などに触れているうちに、イロイロな好みや性癖に目覚めてしまう人もいるそうで、時折好みやフェチ的なネタなどに関して盛り上がることもあるそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「二次元キャラの色気のあるほくろ」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


二次元キャラの色気のあるほくろについて語ろう
みんなはどこにあるほくろに色気を感じる?俺は口元!

現実は安定しないけど、二次元だとほくろはキャラの要望を際立たせるアイテムになるよね。
あ、自分も口元。特に斜め下辺りが好み。

口元のほくろって大人キャラ、それも色気のあるキャラの演出に使われているよね。
私は「Summer Pockets」の岬鏡子をほくろのおかげでずっと覚えているような気がする。

「響け!ユーフォニアム」の中世古香織とかだろうか?
二次元では容姿に優れているキャラが皆ほくろをもっているわけではないが、ほくろを持っているキャラには容姿に優れている(という設定がある)キャラが多いのでは。

「ラブライブ!」とか、たくさんキャラが出てくる作品には必ずほくろで特徴を出すキャラが出てくる法則があると思うのだが、どうだろう。


近年のほくろを使った秀逸なデザインは「NieR:Automata」の2Bだよ。
もちろんキャラ全体でも非常に良いデザインだけど、目元を隠して口元にほくろで色気を強調するのはスバラシイ!

女性の魅力が強調されるのはやはり泪痣(泣きぼくろ)と口元のほくろだろうね。

男性キャラにもほくろ持ちは結構いるよ。
ただ、色気の強調の傾向か目元のほくろが多い印象だ。口元もいることはいるが。あとさすがに胸元のほくろのある男性キャラについては意識したことが無いから分からない!

目元の方で思い付いたのは艦これのGotland。艦娘も探せばほくろキャラ少なくないかも。デザインのアクセントとして良いんだろうね

艦これだと夕雲、Richelieuなんかも色気を強調するほくろだと思う……

ほくろ自体がエロいわけじゃないんだが、エロいキャラに加えられたほくろはエロさを強めると思うんだ。

基本的にはお姉さまキャラに似合う特徴だと思いますね!

胸元にあるほくろ、いいよね……

同意。
あとNTR的に写真や動画の女性のほくろで本人確認してしまうシチュエーション、大好き。

色気のあるほくろのキャラの代表的な二次元キャラって誰なんだろう?
日本人はほくろにかなりのフェチを持っているようだから、そういった事情は気になるな!

ウチの国で有名なキャラだと松本乱菊がほくろ持ちのデザインだけど、当時の人気的にほくろを意識していた人間はそんなにいなかったように思う。

日本だったら峰不二子じゃないかな?
口元のほくろが強調されるデザインが結構あったように思う。ただ省略されている絵もよく見かけるからあまり自信はない。

日本はどうだか知らんが、ウチの国でならテレビで放映された「キャッツ・アイ」の来生泪の影響力が大きいのでは。
小さい頃に来生泪が憧れのお姉さんキャラだった人も多いだろう。

私も色っぽいほくろのイメージはまず来生泪が思い浮かぶかも。

私も思い付くのは来生泪だ。あれはまさに美人痣。

ウチの国にも「美人痣」という言葉はあるけど、日本の二次元ほど強調されていないよね。

美人痣は面相学で位置ごとに意味が違うのもちょっとめんどくさい。評価高いのは大体口元くらいな覚え方に。

眉間の美人痣になると色気とかじゃなくなるし、別のキャラ付けになりそう。
あと鼻の上の美人痣というかほくろは二次元だとあんまり見ないのは、日本だとあまり好まれないのかな?こっちでもそれほど良いわけではないが。

日本の二次元だとFGOの陳宮が眉間だね。
あと同時期実装のサロメのほくろはエロい!

目元のほくろだとFateのディルムットだなー
特殊能力込みだがあれも色気の範疇ではあるのかな?

たまにこういうフェチに関して思いっきり語りたくなることがある。
正直に言わせてもらえば三次元のほくろに良さを感じたことは無いけど、二次元のほくろは本当に色気があると思う。

顔のほくろはキャラのパーツとして欠かせないものだと思っている。作者の意図としても、私の個人的な好みとしても。
でも人によっては全く意識しないんだよなあ……同人イラストでも描き忘れていることが少なくない……

キャラの特徴として強調されていないと意識されないのかもな。例えば「涼宮ハルヒ」の朝比奈みくるの胸のほくろのように描写されていれば忘れられることは少ないのでは。

顔でも胸でもほくろがあると印象的なデザインになるよね。
二次元特有の綺麗な肌に、これまた二次元特有のキレイなワンポイントを付けて強調、視線誘導できるのが良いんじゃないかな。

色気のあるほくろとなると、やっぱり直接的な、おっぱいのほくろは避けて通れないと思う。FGOのサロメの下側のはとても印象に残る。
もちろん胸元のも大好きです……

近頃のキャラの中では「月曜日のたわわ」の子が大好き。

「たまこまーけっと」のたまこの首のほくろはとても印象的で、まさに色気のあるほくろだった。
私にとってはそれだけでもう忘れられないというか、キャラデザを思い出す起点になっている。

ちょっと変わったのだと「無彩限のファントム・ワールド」の川神舞の両方の目元、そして内股のほくろが非常に印象に残っている。あれは良いね、とっても。
それだけでスバラシイ作品に出会えたと思える。

最近見たのだと「天気の子」の夏美が目元にほくろのあるキャラだったね。
印象的ではあるが、色気の強調とはちょっと違うかな。

色気ならやはり口元や胸じゃないかな。
目元のほくろも頻繁に使われるデザインだけど、こっちは色気の強調ではなくデザインを整えるため、特徴付けるためのほくろということも多いように感じる。

色気の他にデザインの区別としても大きいと思う。
どの作品とは言わないが、慣れるまで顔の区別が付きにくい作品の場合はほくろがあるキャラは把握しやすいよね!



とまぁ、こんな感じで。
イロイロな好みや印象といったものが出ていました。

ちなみに教えていただいた話によると、中国オタク界隈では二次元キャラのほくろに関してはそこまで定番ではない、好きな人はたまにいるものの強く意識されるものではないそうで、キャラを表現する上での役割まで意識されるようなこともあまりないとのことです。
ただデザイン的な印象が強く残るものになっているケースはそれなりにあるようですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本のお葬式の遺影って雰囲気に合わない明るい写真が使われることが多いイメージなんだけど、何故?」

ありがたいことに興味深いネタを教えていただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本の作品やニュースを通じて日本の生活に関する情報を得ることが多いそうですが、中国の生活と共通するようで微妙に異なると感じられる部分に関して話題になったりするそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「お葬式の遺影の選択」
などに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のお葬式の遺影写真って雰囲気に合わない明るい写真が使われることが多いイメージなんだけど、何故?
自分の感覚では少々と疑問に思ってしまう。現実社会で直接は聞きにくいからここで聞いてみる。

厳粛な雰囲気に合わない笑顔の写真多いよね……
二次元だけかと思ったら、現実の日本のニュースでも笑顔とかピースサインの写真が出てくるし、そういうものなんだろうか。

身分証の写真とかがあるだろうに、なんで使わないんだろうと思ったことはある。

突然の死で手頃な写真が見つからなかったということもあり得るだろう。
日本はウチの国みたいに身分証が発行される国ではない。確か車の免許かパスポートを取得しないと顔写真付きの身分証は持てなかったはず。

でも正直に言わせてもらうと、身分証の写真を遺影にするのは嫌だよな……

同意。
顔面偏差値低いけど、それでも自分の葬儀で身分証は勘弁してほしいと思うわ。

外国の葬儀、死に関する認識って、ウチの国の上の世代のように厭うものではないように思う。新たな旅の始まりというか。死ぬ本人は怖がったとしても、死んだ人間に関する周囲の認識、建前的なものに関してはちょっとした違いがあるような?

日本の葬儀の写真の適当な選択は、悪いものではないと思う。
社会習慣的に、そういうのが許容できる空気なんだろうね。

個人的には遺影には人生で一番良かった時のモノを使って欲しいと思う。だが中国ではそういうのはやらないし、葬儀の準備の中で探す余裕もないだろうから無難で伝統的な選択になるのではないだろうか。

こういう葬儀の写真がクローズアップされるのって、創作でも現実でも若者の葬儀ということがほとんどだろうし、そうなると葬儀用の厳粛或いは正式な写真ってのが無くてもしょうがないんじゃないか?

自然な笑顔の写真とかの方が故人に思いを馳せるのに良いと思う。いかめしい硬い顔よりは。そもそも故人だってそっちを望むんじゃないかな。

葬儀は親族や友人も含めてのものだから難しい所だよ。ウチの国では写真の本人よりも、家族や社会が納得するためのものという側面が強いから。

私は笑顔の方が家族としてはつらいだろうと思うし、硬い顔の方が良いと考える。
生きていた頃の楽しかった思い出を葬儀の場でも見せつけられるのは残酷じゃないか?

俺も自分の遺影は笑ったものにして欲しい、そっちの方が親しみが持てると思っていたが、確かに残された人の踏ん切りみたいなのを考えるとバッサリ硬めの方にするのもアリかな?

まぁ創作の場合、葬儀は悲劇を強調するためのイベントだから、ギャップを引き立たせるために笑顔の写真にするというのは理解できる。
逆に言えば、現実でもきちんとした写真があるならそっちを使うんじゃないか?

中国では遺影をずっと家の中に飾るんだし、いかめしい顔をしているのじゃないと……
家の人なら問題無くても、外の人が見たら怖がる。

日本もそうだぞ。
むしろ「仏壇」という高価な設備を伴うからこっちより豪華で場所を取っている。

現実的な問題が無ければ遺影は好きに選んでいいと思う、現実的な問題が無ければ。

創作ではまさに現実的な問題が無いからね。必要とされるのは悲劇の強調の演出だから……と思ったが、実際のニュース画像でも着飾った女性の写真だったりするわけか。この辺の感覚は直接聞くの難しいよなあ

日本社会が変化しているんだと思う。
昔の日本映画を見ると、白黒の厳粛な写真が使われていることが多い。

確かに。
ただ自分の場合、思い出せるのが地位のある人間やヤクザの親分の葬儀シーンばかりなんで、現実社会とどれだけ重なっているのかが、イマイチ自信が無い。

そう言えばなんで遺影はずっと白黒写真なんだろうな。外国のようにカラーじゃダメなんだろうか?日本でも確か今ではカラーが使われているんだよな?

そういや自分の参加した葬儀は全部白黒写真だったな……

日本は儒教的な価値観から西洋的な価値観に変化しているから、葬儀の写真もその影響があるんじゃないかな。
葬儀に関して社会的な意義よりも、個人或いは家族集団に対する意義が強くなっているんじゃないかと。

笑顔が厳粛な場でも問題無いとされるか、周囲が認めているとかだろうか。私も個人的には笑顔が厳粛な場に相応しくないわけじゃないとは思うけど……

自分は微笑ならともかく、弾けるような笑顔だとさすがにどうなんだと思ってしまうかな
大喜びでこの世におさらばだみたいなバカにしている感を覚えてしまうかもしれん

写真はわりと適当だけど、実は日本の葬儀って儀式的な手順はかなりカッチリとしているんだよね。
私は仕事関係の日本人の葬儀に出たことがあるけど、数珠といった小物や焼香の動作までしっかり決まっていて準備の段階でかなり慌てた。葬儀場でも手順を間違えないようにというので頭がいっぱいで、故人のご冥福を祈るという気持ちが出たのは帰ってからだったわ……
あと写真はうろ覚えだけどにこやかな顔だったかな?

ふーむ、写真はきっちりしているけど葬儀の手順的にはわりと適当なウチの国と、写真は適当だけど葬儀の手順はきっちりとしている日本という感じなのかな?
地方や家ごとの違いもあるだろうけど、文化の違いもありそうだなあ。

私も一般的なのしか知らないけど、日本の葬儀ってそこまで悲しい空気じゃないんだよね。みんな悲しんではいても、あまり悲しい顔をせずに見送ろうという雰囲気があった。あれなら家族に対する精神的なダメージもそこまで大きくならないと感じたな。

国内の葬儀って嘆き悲しむ、泣き声が天まで届かんとばかりに泣くからな。あれもまた人間の感情としては自然なものを突き詰めていった結果かもしれないが

ウチの国だと誰も悲しまない方が気の毒だという感覚なのかもしれない。
誰も悲しまない方がこの世に未練が残るといった所かと。

葬礼ってのはイロイロな意味で生きている人のためにたるものだけど、中国と日本ではその辺りに求められるものに微妙な違いがありそうだ。

個人的な感覚だけで言うなら、私も自分の遺影は厳粛な写真よりも気楽な顔した写真にして欲しいけど、そう簡単なものじゃないとも思えるからなあ

上の世代の意見を尊重しないわけにはいかないよね。
葬儀の写真でネタに走って参列者を笑わせたいとか思ってしまうが、難しいだろうな!そもそも葬儀の時には自分は死んでいるし!!

逝去した人はもういないんだし、葬儀は厳粛に行われれば問題無いと思うけどしっかりとしたものをやりたいというのも家族としては当然だからなー

こういう違いって、日本人の葬礼に関する認識によるものだと思う。
日本は死者に対しては安寧を願うのが第一だから、楽しそうな写真を選ぶのだろう。

中国と日本の死に対する認識の違いは間違いなくあるな。



とまぁ、こんな感じで。
何となく理解できる所もあれば、大雑把に想像するしかない所もあるようでした。

創作でもニュースでも、いわゆる冠婚葬祭的なイベントは比較的頻繁に目にすることになりますが、その空気や、参列者の認識といったものになるとなかなか想像し難いものがありますよね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ