「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

中国オタク「カイジの次はヒカルの碁か……」ヒカルの碁が中国で実写化される件への反応

ありがたいことに
「中国でヒカルの碁が実写化される」
という件に関する質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

「ヒカルの碁」が中国で実写ドラマ化!「棋魂」のタイトルで2019年夏に配信(コミックナタリー)

この件については中国でもコチラコチラ(どちらも中国語)などでニュースになっているようです。
ヒカルの碁の実写化に関しては一年前にテレビドラマとして発表されていましたが、今回の告知ポスターにある出品方には以前の時のものにiqiyiが加わっていますし、ニュースにもiqiyiによる発表とあるので、仕切り直してiqiyi系で配信されるネットドラマになるんでしょうかね。

現在の中国ではネットドラマがテレビドラマより更に熱いようなことになっているそうですし、教えていただいた話によるとアニメをそのまま流すよりもかなり広い範囲での「当たり」を期待できるとかなんとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ヒカルの碁が中国のネットドラマで実写化」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今度はヒカルの碁が国内で実写化になる模様。
期待するべきか、嘆くべきか。

どういう設定にするんだろうな。
またキャラ全員中国化するのか、その場合は古装にするのか。

キャストはほぼ間違いなく若いイケメン使ってというやつだろう。

主人公組のキャラをどうするんだろうね。本因坊とかを除けば、碁がテーマだから時代設定的にウチの国の古代の棋聖を持ってきても問題無いし、中国の特色は出せるだろうけど。

iqiyiか。ホント、金があれば何でもできるんだな……

金があるからというのはあるだろうけど、最近は金儲け的な部分も多くなってきたからなあ。ちょっと前のように金の勢いだけでスゴイことをやるというのは薄れてきた気がする。

ヒカルの碁に関しては、IP買ってイケメンスターを呼んで金を稼ぐというヤツだな。

韓国系がアウトになってから日本のドラマや実写化IPを買い漁るような感じはあるが、ウチの国の業界は本当にオリジナルを作れない。

オリジナルの企画を通すのが難しいのはどこの国もどこの業界も一緒さ!なんの慰めにもならんが!!

何が標的になるかと戦々恐々としていたが「ヒカルの碁」だった。勘弁してくれ!

でも1年前に情報出ていた企画だよね、精神的な備えはあったろ。
本土化されるというね。

本土化枠だとある種の開き直りが出るし、ダメ元で期待してもいいかも?

国内だとキャストに予算持ってかれるだろうからな……どこまで映像の方に予算が残るのやら。

囲碁ならリアルに柯潔というトンデモがいるんだから、そっちを主人公にすればいいのに。

柯潔が出てから、創作の天才囲碁プレイヤーがちょっと気の毒に思えたりするよね。
「ヒカルの碁」が人気だった時代とは碁に関するイメージ、現実に存在する若くて強い棋士のイメージがかなり変わった。その辺りをどうするのだろうか。

原作を毀損し過ぎないでくれよ!本当に頼むから!!

これってあらすじや大まかな設定だけ持ってきて使うの?それとも原作通りにやるの?

恐らく大まかな設定とあらすじだけだろう。キャストも監督も中国人で中国向けのネットドラマにするわけだから、原作通り日本を舞台に日本人キャラのままやる意味はあまり無い。

演技力のあるキャストにしてくれ……ガワだけのイケメンはやめてくれ……

実写化の悲劇がまた一つ……!

日本での実写化とどっちがマシだろうか。

日本の実写化って原作より良いケースほとんど無いし、どっちが下か争っても意味ないぞ。

最近の「亜人」や「るろうに剣心」とかは悪くないと思うよ。好みは分かれるかもしれないが、個人的には「監獄学園」も良かった。
あと「孤独のグルメ」だって実写化枠だし、日本の実写化が全部ハズレというわけではない。

本土化な実写枠だと「テニスの王子様」があるわけだが、それなりに見れたぞ。自分にとっては最後まで追っかけることのできたレベル。

あの実写化テニスの王子様は名前を中国化したのが一番のツッコミ所だが、そのせいでネタ扱いされてしまうことに……

あのテニスの王子様は主人公達の名前が笑えるが、他の部分はわりと良い出来だった。

それにしても、「カイジ」の次は「ヒカルの碁」か……
日本のマンガをウチの国で映画化する流れが加速するのかね。

「ヒカルの碁」も「カイジ」もちょっと前に話題になっていたが、作品として形になってきたということか。

その辺りの時期の話題ってウチの国の映画界が映画化の権利をイロイロと買いあさっていた時期と重なっているし、今後この手の本土化で実写化な作品がもっと出てくるのかね。

過去の香港映画にはそういうのが結構あったらしいけど、当時は無許可が多かったらしい。しかし最近はIPとしての確保も含めて一応映画化の権利をとっているんだよな。
自分の国の話ながらちょっと不思議な気分になる。

今の環境だと無許可でやっても得にならんしね

ただ今の環境ではタイトルをそのまま使えるかどうかという問題があるみたいなのが……
「カイジ」は「賭博黙示録」ではなく、「動物世界」になったんだっけ。

社会的な理由に加えて商標的な理由があるようだし理解できなくもないが、少々と引っかかるのも確かだね。

「カイジ」はともかく、「ヒカルの碁」って実写向きの題材には思えないんだが……ストーリー改変による悲劇しか想像できん。

IPの知名度を利用して扇情的なストーリーにして炎上させてアニメファンの目を集めようとするのはやめてほしい。結局作品のを好きな人間にはダメージしか残らん。

言っちゃなんだが熱心な原作ファンってのはターゲットとしてあまり意識されていないんじゃないか?知名度が高くて話題性がそれなりにありストーリーが既に整っているIPの活用というくらいじゃないかと。

今の時代のネットドラマだからねえ……
ただ若いイケメンを揃えた女性向けでも、一般向けの方にするのか腐った方にするのかがちょっと気になる。原作は普通にやっても腐った需要のある話なわけで、脚本演出次第でかなりあっさり傾きそう。

しかしちょっと前の作品だからか、ここ最近の実写化ネタの中ではみんなわりと冷静だよね。
もちろん多少の不満やアニメをこんな扱いにすることに関しての憤りはあるだろうけど。

出て来た情報や煽り方からすると、期待もできないし今更文句言って変えられるというもんでもないし……

ファンはいるけど、今も現役で熱狂的なのが多数いるというわけではないから、よほどのやらかしでもない限り大きな問題にはならないと思うが……

公式の続編ではなく、中国国内向けアレンジの実写映画化だからね。
ここまでクッションが挟まると逆になんとか。

不安も不満も無いわけじゃないぞ。
日本の作品的な心を揺さぶる作品がウチの国の制作陣に作れるのかという不安や、出来の悪いヘンなコスプレの国産ドラマになったらどうしようという不安とか言い出せばきりがない。

変なコスプレそのまま使ってネタになるドラマとかもあるからな……
とりあえず、ヘンな髪型のままストーリーが進むとかじゃなきゃいいや。髪型、特に髪の色に関してだけは原作再現したらマズイ。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈ではやはり実写化に関してはあまり好意的に受け止められてはいないようです。

中国のネットドラマはここ数年の間、中国で最も熱い映像コンテンツのジャンルとなっていますが、人気と競争が一回りしてコンテンツ不足に加えてネタ切れ的な状況になっているという話も聞きます。

そういった背景から中国で知名度のある日本のアニメや漫画、或いは知名度のある作者の作品の実写化の動きについての話がイロイロと聞こえて来たりもしますし、今後もこの「ヒカルの碁」のような、中国本土での中国向けの実写化作品が出てくる可能性もありますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「西城秀樹って日本では本当に凄いスターだったんだね」初めて彼の名前を聞いたのはちびまる子ちゃんだ」

先日、西城秀樹さんの訃報が日本を駆け巡りましたがこの件に関して
「中国での反応は何かありますか?」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

正直な所、私は香港経由での情報を追っかけている層がかなりいた一昔前と違って、現在の中国オタク層の間では西城秀樹さんについてはあまりピンと来ないのではないかとも思っていたのですが、現在の中国オタク界隈でも少々意外なルートで西城秀樹さんが意識されていた模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトなどで行われていた
「西城秀樹さんの訃報」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


西城秀樹って日本では本当に凄いスターだったんだね。
彼の訃報で日本のニュースが染まったし、私の知り合いの日本人もみんな話題にしている。

そうだね。
私も日本のニュースの取り上げ方を見てそれを強く意識した。

当然だろ。新御三家の一人なんだから。

そういう知識は自分にもあったけど、扱いの凄さに関しては実感わかないかも。

ウチの国でも上の世代は結構知っているはず。
こっちのニュースでも結構大きく取り上げられていたろ?

新御三家の他の二人に比べればみんなイメージはし易い人だったと思うよ。
アニソンの主題歌もやってる人だから、世代を超えて接する機会がある。

ガンダムの「ターンAターン」だね。
私はカラオケでよく歌う。

あとは「ちびまる子ちゃん」の「走れ正直者」とか。

あの歌の人か!
うわー……ショックを実感した……改めてご冥福をお祈りします。

「ちびまる子ちゃん」は普通にウチの国のテレビで放映されていたし、実は彼の歌を耳にしていたという人はかなり多いはず。

日本の一つの時代のシンボルだった人物だね。日本で大ニュースになるのも分かる。

香港との関係が強い人でもあった。
香港のアイドルを追っかけている時に知った人もいるんじゃないか。

そうそう。私は香港のスターを追っかけている時に知ったよ。
当時の印象では歌も踊りも上手くて、悪っぽい所とか外連味を見せるのではない、自由奔放なスターという感じだったかな。香港のスターとは空気が違った。

梅艷芳(アニタ・ムイ)が若い頃、あまりに西城秀樹をスターとして夢中になり過ぎて、婚約解消になってしまったなんて話もあったな。

張國榮(レスリー・チャン)や成龍(ジャッキー・チェン)とも仲が良かったらしい。

「西城秀樹」が良い響きの名前だったから、すぐに名前を覚えたっけな。
結構昔になるが、香港スター関係の小ネタでもよく聞く名前だった。

本当の意味での、日本歌謡界の大物だ。
惜しい方がお亡くなりになってしまった。

去年は元気だったはずなのに。
どうか安らかにお休みください……

歌謡祭でも病気とリハビリに関する言及があったそうだし、完全な快復とはいかなかったのかもしれない。

ニュースによると脳梗塞2回ということだったし、やはり厳しかったのでは……それでもショックだ。どうか安らかにお休みください。

ちょっと前のライブ映像で「Y.M.C.A.」を歌っている時に、観客がみんなおじさんおばさんで、それがみんな楽しそうにポーズ取っているのが印象的だった。

「YOUNG MAN」も有名だよね。カバー曲だけどあのYMCAの振り付けは西城秀樹の歌から始まったモノだし、カバーも西城秀樹経由で広まった。

「YOUNG MAN」は元気が出る曲で大好きでした。
ご冥福をお祈りいたします。

西城秀樹の歌をカバーした中国語の歌も結構あるんだよね。
張國榮(レスリー・チャン)もそうだし、劉徳華(アンディ・ラウ)や麗君(テレサ・テン)とかが歌っていたはず。

改めて調べてみたら、西城秀樹関係の話題が出るこっちのスターで既にお亡くなりになった方が少なくない……何とも言えない気分になるよ。

西城秀樹に関しては「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃんが夢中になっていたという印象が強いが、そんな人がお亡くなりになったというのは、なんだかショックだ。
ご冥福をお祈りいたします。

そうだね、さくらさきこが大好きだったのがヒデキだ。
私が西城秀樹の日本の存在感を意識したのはちびまる子ちゃんからだね。日本社会で本当に有名なスターらしいと。

この空気で言うのはちょっと躊躇うが、実在する人物だったのか……お亡くなりになる前にもっとしっかり調べていればと後悔している……

実在する人だよ!
ただアニメの中の人のような印象はなんとなく理解できる。私も「ちびまる子ちゃん」経由で知った人だから。

自分も初めて彼の名前を聞いたのは「ちびまる子ちゃん」だね。
今の若い世代はたいていそうじゃないか?ウチの国のテレビでかなり長い間色んなチャンネルで放映されていたから。

ヒデキはとてもいい歌を歌う、カッコイイ人だった。
どうか安らかにおやすみください。



とまぁ、こんな感じで。
日本の文化芸能系の所を中心に、ショックを受けたという声やお悔やみの声があがっていました。

アニソン枠や日本歌謡枠の伝わり方や記憶への残り方、世代ごとの違いといったものが浮き出てくるのは非常に興味深いものがありますし、それと同時に改めて西城秀樹さんの存在感というものを意識させられますね。
西城秀樹さんのご冥福をお祈りさせていただきます。

中国オタク「こんなルートで釘宮病が再発するとは思わなかった」中国版FGOぐだぐだ明治維新への反応

ありがたいことに
「中国版FGOぐだぐだ明治維新への反応」
に関する質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

中国版の方では5/18から「ぐだぐだ明治維新」が開催されているそうで、日本の復刻ライト版とほぼ同じスケジュールで開催という状況になっている模様です(イベント終了に関しては復刻ライト版の日本の方が早いようですが)
中国版FGOイベント紹介ページ(中国語)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国版FGOぐだぐだ明治維新」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(現時点での話題なのでネタバレ的なモノはそれほど無いと思いますが一応お気を付けください)



今回の明治維新はネタ系イベントだが、FGOってこういうの多いよな……もう違和感を覚えなくなって久しい。

むしろ、真面目なストーリーの方がキツイというのまである。
日本版は第二部始まってから鬱展開や愉悦展開ばかりで正直やる気が失せていたからこっちのぐだぐだ明治維新はちょうど良かったかも。

大きなキャラ崩壊とか低俗過ぎるギャグとかでもないしね。
きのこ以外のライターが書くキャラについては不安も多かったけど、なんだかんだで受け入れられる範囲になっているのはさすがだ。

今回のイベントでは釘宮理恵が凄い声優だと改めて感じている。
まさかこういう演技をして、こういうキャラを作ってくるとは……ツンデレ系萌えのイメージだけだった過去の自分を叱りたい。

今の所、釘宮理恵がイロイロな物を持っていっているイベントだ!

ちびノブやメカノッブが可愛くて可愛くて。
こんなルートで釘宮病が再発するとは思わなかった。

うむ、良い感じではある。
でもこの後に噂のアガルタが待っているんだよな……

ネタの解釈に加えてキャラ崩壊やキャラの扱いがヒドイと批判が殺到していたんだっけか。

ネタに関しては何やっても怒るのいるし、キャラ崩壊の判断基準も人それぞれだけどね。
ぐだぐだシリーズに関してだって、歴史ネタを使うのはやめるべきだという批判の声が出ていたりもするし。

そう言えばちょっと前にFGOはストーリー上で悪役扱いするように見せかけながら、日本の歴史上の人物を「良い人」にしようとするのは許せんという声も出てたな。
他の国のユーザーが不愉快になったり激怒するようなことをやってはならないとも。

近頃は歴史ネタの炎上やキャラの扱いで揉めるのを意識してしまう。
例えば最近日本版でやった虚月館の推理シナリオ、フィンとランスロットの扱いがヒドイ。特にフィン。あれがガワだけだと強調してはいたが、あんなことをやってはダメだろう。

そこまで潔癖だと今のFateは遊ぶの厳しそうだが……極論すればどのサーヴァントも世界線ごとの使い捨てになるわけだから。

不快になる人が出るようなネタをやらなきゃいいのに、なんでやるのかね。

それは今の環境ではかなり難しくなっていると思うよ。どんなネタでも不快に感じる人は出るし、しかもそれを故意に拡散できる環境だから。

自分も今回は楽しめているが、このまま歴史ネタというか歴史を舞台にしたストーリーが展開されるのはちょっと不安かも。
キャラだけ使って聖杯戦争やるならともかく、歴史を舞台にした場合はどうしても受け入れられないネタが出てくる。

まあ……人理を修復するという歴史をどうのこうのするというのは考えてみれば危ない所に突っ込みかねない話ではあったんだよな。
私も最初はそんな問題全く意識していなかった。今後もこのぐだぐだ明治維新のように気楽にやれるネタが続いて欲しい。nobubububu……

今回のボイスは本当に良いよね。あの多種多様なノッブボイス!
私はノッブUFOが特に好み。初見ではツボに入って呼吸困難になるほどだったよ!

まさか釘宮ボイスで笑いを取ってくるとはなあ……

Fateってオタクの定番みたいな扱いだけど、ネタとしてはわりと定番から外してくるような気がする。
今回の声優もそうだ。釘宮理恵の起用とか、普通はツンデレという流れのはずがかなり違う萌えにしてきた。

セイバーの川澄綾子も今でこそ女戦士的なバトルキャラが印象に残るけど、昔は受け身な女神ヒロインとか、露骨な萌えキャラとかが多かったからな。
ちなみにノッブは一応ツンデレバージョンも収録したらしいが結局今の演技の方になったらしいね。ツンデレバージョンはきのこが脳内に独占してお蔵入り!

それにしても、ちびノブがどんどん可愛くなる。

経験値のデザインって異形にしか思えなかったのが、ボイスも相まってどんどん可愛く感じるように……!

イベント開始からずっとノブボイスが脳内に響き渡っている。久々の洗脳状態!

このボイス、イベント終了後にも聴けたりしない?サーヴァントのボイスのような感じでさ。

シナリオ内でのボイスであればシナリオ回想で聴けるはず。ただできれば戦闘のアクションと一緒に聴きたいよなー

ボイスまとめ動画とかもあるぞ!危険だから気を付けろよ!!

良いことを教えてやろう、あまり萌えない方のノッブも良いボイスあるんだぞ。ぐだぐだ本能寺の時の交換所ボイスとか、イベント終了後の交換所ボイスとか。

ちびノブは一人時給20文くらいで雇えるらしいぞ。

20文って現代の金だといくら?

前に日本のスレでは500円くらいだという話が出ていたから、人民元だと30元くらいじゃないかな。

ぬう……予想していたより良い給料もらってんだな……俺の時給換算より高いかも。しかも週休二日で福利厚生完備、上司もあの信長だし……なんか微妙な気分になって来たよ!!

でも自爆しないとイカンのだぞ、ちびノブになったら。
ギャグ補正で復活できるだろうけど。

ああ……一匹連れて帰りたい……なぜ日本の関係者はグッズを作らないのだ!!

しかし幕府方強いな……

そりゃ新撰組側キャラは沖田も土方も星5レアで、織田幕府は全員配布の星4宝具5だぞ。どっちに親しみを覚えるかはハッキリしている。

沖田さん大勝利を目指そうと思ったけど、よく考えたら300個くらい石を砕いても沖田さんは我がカルデアには来なかった。
だから私はノッブに付く。来てくれないキミが悪いのだよ。

単純な話さ。自分のカルデアに誰がいるかだよ!

俺は心臓が欲しいから幕府に加勢。

今回の数字の伸び方を見ると、このゲームにいったいどれだけの裏切り者がいたのかよく分かる!日頃は沖田をあんなに持ち上げていたのに!

まぁ落ち着け。
ちなみに俺は裏切り者だからどっちでも戦っている。しかもどっちにも頁あるしなあ!

俺も裏切り者やってるけど、ポイント貯まるの遅くてヤバイ。これだと礼装の交換すら怪しい、どうすりゃいいんだよ。

イベントまだ始まってそんなに経ってないし、焦るなって。
このイベントの陣営選択はネタ程度しかないし、とりあえず素材狙いで良いぞ。あとでステージの追加がある。

なんか勝敗ポイントでバグがあるみたいな話も出ているし、あまり焦らずに進めりゃいいよ。

ところで今回もネタ多いけど、みんなどれくらい理解できている?
普通に笑えてはいるんだけど、ネタの取りこぼしがあるんじゃないかと不安になる。なんか今回は以前よりネタが増加しているようだし!

歴史ネタに関してはスゴイ人がまとめてくれているけど、オタクネタまでとなると結構難しいよね。

大阪城の豊臣方にいた武将、真田や毛利とかの解説は、どこ調べればいいか分かるが、その後に来るシナリオタイトルが「今必殺の衛宮丸」とか最初これがスパロボネタだとは気付かなかった。

正確には「ダイターン3」だな。日輪城ともかけているのだろうし、日本のオタクネタでは「今必殺の」ときたら「サンアタック」が固定で来る。
あと茶々の宝具もそっちのパロディだから分からなくはない、分からなくはないんだが……

ロボネタも多いよね。戦車のノッブのボイスが一番好みだ。

あれ、どう見てもガンタンクだよな……



とまぁ、こんな感じで。
ストーリーの各種パロディに加えて、ちびノブバリエーションがかなり好評のようでした。
またそれと同時に近頃の中国のFGO界隈における難しい空気の話題もちょこちょこと出ていたりも。

上のやり取りにもありますが、劇中に出てくる各種ネタは毎回有志によるまとめ解説スレ的なモノが立っていますし、中国語翻訳に関してもかなり頑張ってネタを拾って翻訳しているそうなのですが、全部をカバーするのはなかなかに骨が折れるという話も聞きます。

例えば80〜90年代の人気漫画の中には中国では「名前だけしか知られていない」的な作品も少なくないので、そちらのネタに関しては思わぬ穴があったりもするのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本には黒い肌メイクの女の子が本当にいるのか。二次元ネタかコラだと思っていた……」

今回は以前教えていただいたネタで後回しになっていたものを。

中国では以前から日本の様々な流行や文化的なネタが伝わって話題になったりしてきましたが、そういった日本事情に関して常に情報が蓄積されるわけではないようで、時折日本の少し前の流行的なモノが再発見され話題になったりすることもあるのだとか。

そんなちょっとした再発見の一つとして中国のソッチ系のサイトでは
「日本のガングロの女の子」
などに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本には黒い肌メイクの女の子が本当にいるのか。二次元ネタかコラだと思っていた……

あれって何かのコスプレじゃなかったの?

いや、ファッションの方でコスプレとはまた違う……はず。

こっちで言う「太妹」、日本では「ギャル」のカテゴリだったような……

「辣妹」の方のカテゴリじゃないか?いや俺もそんなに詳しくないけど。

なんか混血とか人種的な方の皮膚か、人種的な憧れファッションみたいなもんかと……

混血とかじゃなかったのか。ブラジル移民の影響で日本人にも肌が濃いのが珍しくないという話をどっかで聞いたのでてっきりそれかと。

確かウチの国の殺馬特みたいなもんだろう。
(訳注:「殺馬特」というのは日本のビジュアル系の影響もあるとされる中国の若者のスタイルの一つです。若い世代の農民工のファッションというイメージもあることから、あまりカッコ良い意味では使われないとか)

あまり理解できる嗜好ではないが、AVではこの黒塗りメイクのギャルってかなり需要あるみたいだよと小声で言ってみる。

メイクじゃなくて日焼け、健康のスタイルじゃないか?
紫外線浴という、専門の機械で日焼けするスタイルというのがある。

こういうので見かける黒すぎる日本の女性?少女?はちょっと厳しいかな……

え?俺は日焼けした肌良いと思うんだけど。

それも程度によると思うぞ。お前が受け入れられる人工的な黒い肌はどの程度だ?人種的なモノじゃなくて。

アニメやマンガとかだと色っぽくて良いんだけど、現実の人間だとな。

あれは顔がそれなりでもボディやファッションでアピールできるということから発展したんじゃないの?日焼けした肌ってセクシーだから。

あれが渋谷系ギャルというヤツだよ。

そうそう。渋谷特産の人達。毎年進化しているはず。

進化ってどこが?黒くなるの?それとも装備が強くなるの?

メイク落とした方がまだカワイイと思うんだけど、なんであんな風に黒くしてネタに走るんだろうか。

あれって日本の少女が日本の伝統的な美形評価に対抗して黒くしたものだから、外部評価と仲間内の評価が違うはず。
少女達の間で流行して、その結果一種の流行ファッションになった。

渋谷風ファッションの一種。
確か黒い肌が健康的で元気だからということでアピールが過剰に極端な方向になった結果がああいう黒過ぎる顔になったんじゃなかったか?
どちらにしろ一般人の感性で判断するものではなく、彼女たちの間でセクシーか美しいかで判断されているのは間違いないが。

いや、今の渋谷にはこんなのいないぞ……

かつて渋谷系になっていたということでは。

日本の資料によると、かつては渋谷と池袋にいたらしい。「ガングロ」や「ヤマンバ」と言われる若者のファッション……とのこと。ただ「ガングロ」の語源は複数説があってハッキリしないとか。ヤマンバは日本の妖怪の「山姥」でいいようだが。

ファッションとしては安室奈美恵からの系譜だね。

このスレで「ギャル」カテゴリという話は出ているが、最近のギャル系ネタのアニメや漫画ではああいった黒いのを見かけないように思うんだが。
いや二次元と違うのは分かっているつもりだが、見かけないのはちょっと不思議。

最近の作品にもちょこちょこ出てきていないか?こういう変な化粧のキャラ。

それって化粧に失敗しているとか、濃くなり過ぎているとかであって真っ黒にするとかではないだろう。白黒だから中にはああいうのをイメージしているのもあるかもしれないけど……

「昔流行った」ものだからだろう。
私がオタクになったばかりの頃はヘンな日本文化として紹介されていた気がする。

少なくなったとはいえ、現在に日本にもこういったギャルは存在する。
日本のテレビや雑誌で見た覚えがあるし、ネタとしてコスプレ的な扱いで出てくることはまだある。

こういう非常に黒いのは渋谷の109付近に出現していた。
一昔前の現代日本を舞台にした作品だと学生で遊んでいるキャラはこのデザインになっている。

渋谷109において80年代から90年代にかけて流行していたスタイルだよ。
古いスタイルだから、今の日本では一種のパロディとして出てくる。

大阪の方のスタイルじゃなかったっけ?

昔はアニメや漫画ではわりと定番のキャラ付けだったんだが、今では意味不明になるのか……
こういうのは長期連載の作品を見ると証拠が出てくるよ。「名探偵コナン」とかにも出ていたはず。

正直、突然このデザインのキャラに出て来られても困惑してしまうな。
社会的な立ち位置や、この格好から連想されるイメージが自分の知識には無いから。

こういう黒い女の子は日本の男よりも強い女性……といったキャラで出てくる気がする。

日本のかなり前の流行のはずだし、今のオタクに通じないのも分かる。でも今も日本に存在するとは想像もしていなかった。

しかしあんなに日焼けさせたら体に悪いと思うんだけどな。皮膚ガンになりそう。
いやそもそも、あそこまで黄色人種が日焼けできるものなのか?

日焼けと化粧の2種類が存在するんじゃなかったっけ?

あれって日焼けだろ?上のレスにもあったけど、専用の機械で紫外線を照射する、全身紫外線浴でやるはず。

紫外線の日焼けもあるけど、メインとなる顔は化粧のはず。昔見た日本紹介スレで開設されていた。でもどのくらい化粧品をつかえばああなるんだろうな……

日本ではあの肌の色にするファンデーションなどが売られているはずだ。
日本の若者文化におけるファッションとして発展、定着しているということなんじゃないかな。



とまぁ、こんな感じで。
初見の人もいれば、一昔前に紹介された知識を持っている人もいるようですし、何か別の知識が混ざっている人もいるようでした。

こういった中国から見れば外国である日本の流行事情に関しては、やはり情報が蓄積されずに途絶えることも多いそうです。
特に中国のネットは更新と削除と規制のペースが速いので、一昔前の「中国語化された情報」を遡って探すのは結構な手間になるとも。

ガングロ系の女の子についての情報も昔の中国オタク界隈には入っていたように思いますが、その後世代交代が進み、最近のアニメや漫画に出てくるギャル系のキャラクターやそれに関する情報を通じてまた微妙に意識されるというか、再発見されるというかな状態になっている所もあるとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「最近のオタクはFateからギリシャ神話を学ぶのか!?そこは聖闘士星矢だろ!!」

ありがたいことに
「中国のオタクな人はアニメや漫画で扱われたネタをきっかけにして別のジャンルに詳しくなる、深みにハマるということはありますか?」
という質問をいただいておりましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも、好きになった作品をきっかけに別の趣味にハマったり、本格的な知識を深めたりといった人は珍しくありません。
それに私自身も日本のアニメや漫画にハマった挙句に日本関係の仕事に就いているような人間をかなり知っています。

また中国で大人気になった作品の影響によって、中国オタク界隈全体の知識の深さや語られる話題の方向性が変わっていったようなケースもちょくちょくあります。

こういった影響ということに関して近頃は「Fate」関係での動きが目に付きますが、
先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「Fateがきっかけで様々な神話に詳しくなった」
といったことなどに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


俺は実はFateから神話の知識を学んだ。その後に別の資料を読み込んだりしたけど、きっかけは間違いなくFate。
こういう経緯で神話に詳しくなった人って結構いると思うんだけど、どう?

お前もか。俺もだ。
ケルトやギリシャ神話辺りはFateを知らなければ興味を持たなかったと思う。

ちょっと待ってくれ、最近のオタクはFateからギリシャ神話を学ぶのか!?そこは「聖闘士星矢」だろ!!

Fateやってるとサーヴァントの把握や妄想に神話知識は不可欠というか、キャラ追っかけてるといつの間にか蓄積されるんだよな。

ギリシャ神話は「聖闘士星矢」だろ……そして西洋文明を理解する上でのベースとして活用できるようになるまでが嗜みだ。ギリシャ神話関係の本って神話ネタでは簡単に手に入る部類だし。

私もギリシャ神話の知識は「聖闘士星矢」と小さいころに読んだギリシャ神話の本から始まってる。

アニメでも神話のアニメ化的なのがあったはず。
比較的最近だと韓国の「オリンポス・ガーディアン」とか、あとディズニーも神話ネタのあったはず。

なんだかんだで型月厨の連中は他の国の神話に詳しいよな。
あいつら下手すりゃ自分の国の神話より詳しいだろ。

神話ネタや神話由来の名詞は色んな作品で使われるからFateに限った話では無い。

ギリシャ神話好きからすればFateは好きになれない。
ギリシャ神話系は元ネタとはかけ離れた名前だけのキャラにされている。ヘラクレスやアキレウスとかの扱いのヒドさときたら……!

私は神話についてはオタクになる前にきちんと理解していた。
世の中は神話をアニメや漫画ゲームで学ぶような人間ばかりじゃない。

そりゃ元から詳しい人はいるだろうし、今の時代普通にアニメ見たり映画見たり小説読んだりしていれば神話の知識皆無ってことはないだろう。
でも本格的に知識を蓄えるきっかけがFateな人は結構いるんじゃないか?自分もFateに出会ってから神話に本格的な興味を持った。

この際だから自白するが、実は俺は「聖闘士星矢」はネットのネタ経由の知識だけで、ギリシャ神話ネタというのは知っていてもそんなに詳しくなかった。
Fateのアキレウスのネタで初めて興味を持って作品をまともに調べた。

Fateを楽しむ上では「聖闘士星矢」は把握しておくべきだろうね。
きのこだけでなく関係者はほぼ聖闘士星矢世代らしいし、ネタも真面目なのからパロディまでかなり多い。過去にはエイプリルフールに聖闘士星矢ネタで動画を作ったりもしている。

アニメや漫画とか、サブカル経由で興味を持ったりなんとなく知識を獲得していたってことは多いと思うぞ。
俺自身インド神話に興味を持ったのって「3×3 EYES」からだったしな。

子供向けの読み物に世界の伝説や英雄についてのが結構あったし、アーサー王やベオウルフなんかはそれで知っていたが、円卓の騎士は「円卓の騎士」という組織名でしか知らなかったな。
ギリシャ神話はやはり聖闘士星矢、それからヘラクレスのアニメ経由だったような。

Fate以前は神話を知らなかったなんて人間ばかりだと思うなよ。これだから月厨は。

現代のオタクになるルート的に、神話に本格的な興味を持つきっかけがFateって人は少なくないと思うよ。
神話系の名詞は色んな所で使われるから名前だけ知っていることは多いだろうけど、それにどんな故事や背景があるかまではなかなか興味を持たない。

世界各国の神話をFate初めて知ったという人はそんなに多くないだろうけど、Fateで世界各国の神話ネタをカバーできるようになった人は多いのでは。
ギリシャとケルトとインドの神話全部詳しかったなんて人は神話専門で追っかけるとか比較するとかでもやってなければ滅多にいないはず。

子供向けの本に神話シリーズみたいなのがあってそれをよく読んでいたから神話の故事はそれなりに知っていた。おかげでFateで魔改造されているのを見るとニヤリとしてしまう。

ギリシャ神話は星座関係から知ることも多いんじゃないかな。私はそうだった。

Fateの神話ネタ全部ではないけど、私は昔から世界各地の神話が好きでイロイロと見たり読んだりしていた。Fateに手を出すきっかけは「世界の神話ネタでスパロボみたいなことをやる」というので興味を持ったことだったね。

自分も知識としては神話がテーマの本というか読み物で把握していたりはするんだけど、思い入れを持ってネタとして語れたかというと、Fate以降かもしれんな。
もっとも、知識だけの時より明らかに歪んで汚染されているけど!

大体みんな、神話伝説の固有名詞やあやふやなイメージとかはFate以前もそれなりに接触ルートはあると思う。
それからギリシャ神話は「聖闘士星矢」があるけど、ケルト神話や北欧神話なんかはFate以前はそんなに語られる神話じゃなかったよね。

北欧神話はそれなりに。
例えば自分は「ヴァルキリープロファイル」とかの印象が強い。

「World of Warcraft」やってると北欧神話関係は詳しくなれるぞ。

「ペルソナ」やってると神話知識はなんとなく蓄積される。

ケルト神話は「マビノギ」でそれなりに把握できていたかな。さすがにFateの魔改造までは対応できていなかったが。

ケルト神話は「ケルトの聖戦」というゲームがあってだな……

自分の場合、ネタということなら「遊戯王」がかなり大きい。カードの元ネタをイロイロと追っかけた。

シヴァやパールヴァティーはともかく、カルナはFateやらなければ絶対知らなかったと思う。

詳しく知らなかったがアルジュナは辛うじて耳にしたことはあった。でもカルナはさすがに知らなかった。

自分の場合、Fateから知ったというのが大きいのはギリシャ神話よりもシュメール神話だよ。他の神話は多かれ少なかれ意識したことがあったけど、シュメールはほぼ名前だけ。

私もシュメール神話に関しては似たようなものかも。
Fate以前はせいぜい歴史用語としての認識だった。

シュメール神話の内容やその影響、文化圏についてはFareを知らなければ意識したり調べたりもしなかったと思う。

でもシュメールとかギルガメッシュはまだ名前は聞いたことあったろう。歴史の教科書にも載っているしね。
完全に知られていなかったのは間違いなく大英雄アーラシュ。

アーラシュについては完全に同意。アーラシュとシュメール神話についてはFateのイメージの影響が非常に強くなっているのは間違いない。
それ以前は歴史枠だったと思う。少なくとも神話ネタとしてガッツリ語られることは無かったかと。

Fateで神話を知るのは別に構わんが、Fateはトンデモ魔改造が行われているのは意識しろよ。もし神話を知りたいなら原典を読め。

それは確かにい。Fateは直接「勉強」に使えるもんじゃないわな。ただ神話に対する興味を強めるのも間違いない。
原典に当たってみてあまりの魔改造ぶりに困惑して、更に複数の原典や解釈があって曲解の範囲に悩んだりするのが定番の流れだよ!

Fateの本当に恐ろしい所は各国の神話を曲解する楽しみを知ってしまうことだろう。
Fateを通じて「名前だけは聞いたことがある」ような様々な神話の人物を考察したり、神話の関連性やネタの流れ的なモノを意識するようになってしまう。
もう昔のような考えで神話ネタに接することはできない……



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈の世代の移り変わりも感じられるようなやり取りも見受けられました。

それにしても、中国オタク界隈ではFate以降に神話伝説ネタの扱いがかなり変わったのは確かではないかと。
昔は元ネタ紹介程度だったものが、最近ではFate関係の話題に出てくる考察やツッコミが以前と比べてどんどん濃くなっているというか、神話との比較や解釈も含めてというのが増えてきているように感じられますね。

ただそういったコダワリのある考察が出てくると共に、Fate内における独自解釈の展開をそのまま受け止められないという人も増えてきているそうです。

特に中国関係は自分の中のイメージが固まっている人が多いので、Fateにおける独自解釈のアレンジについては引っ掛かりが激しくなり、自分の考えるFateに出た中華系キャラの人物像、現在の中国で広まっているイメージとの違いや、Fateの独自解釈の広げ方について様々なことを言いたくなってしまうのだとか。

中国のFate事情を追っかけていると、良くも悪くも作品の人気や影響力が高まった結果というのを目にすることになりますし、その辺りについてイロイロと考えてしまいますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なぜみんなアメコミの実写化は歓迎するのに日本のマンガやアニメの実写化は嫌うんだ?」

ありがたいことに
「中国では日本のアニメや漫画の実写化作品がかなり否定的に扱われているようですが、アメコミ原作の映画はどういった扱いになっているのでしょうか」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

作品ごとの当たり外れはありますが、中国ではアメコミ原作の実写化作品の評価が高く、映画の興収なども非常に良いのは確かです。
それから原作知識ベースで作品を語る人も結構いるそうですが、原作との違いが問題視される、実写化が批判されるということはあまり無いような印象があります。

それに対して、いただいた質問にもありますが日本のアニメや漫画、ラノベの実写化作品については基本的にネガティブな意見が多く、実写化作品のニュースに関するやり取りもまず否定から始まるような所があるのも確かです。

先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「なぜアメコミの実写化は歓迎されるのに日本のアニメや漫画の実写化は嫌われるのか」
といったことに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なぜみんなアメコミの実写化は歓迎するのに日本のマンガやアニメの実写化は嫌うんだろう?
日本の二次元系の実写化の話題が出るとまず肯定的な評価は出ないのに、アメコミの実写化は普通に受け入れられている。

だってアメコミ原作はこれまでの実績が違うし、実際に作品を見てもちゃんと良い出来だし。

アメリカと日本、実写化の差は非常にはっきりしたものになっているよね。

日本の実写化って技術も金も良い脚本も無いから歓迎できないよ。
原作があれば良い。

ミステリとかファンタジー入らない現代モノとかで、オタク向けじゃなければ「見れる」のは探せば出て来るけど、アニメを超えるかと言われると難しいからな。

「花より男子」みたいな作品もあったわけだし、少女漫画原作ならいけるんじゃないか?
最近も少女漫画原作の実写映画は結構作られていたはず。

日本の実写版って金がかかってないのがすぐに分かる。
金が無いなら作るなと言いたくなる。

いや、そこは商売だから金が無いから儲けるために作るんじゃないかな……原作があると何かと楽だから。まぁその結果作品のファンが喜ぶかは知らんけど。

絵柄の問題じゃないだろうか?アメコミは写実的な絵柄だから実写の人間や3DCGとの相性も良い。
日本のアニメや漫画の極端な色分けの髪と大きな目と極端な身体のバランスを現実の人間にやらせると違和感が強くなる。

でも「All You Need Is Kill」みたいに二次元絵のついた日本のラノベ原作で普通に面白いのが出来たりしているぞ。
日本の実写版は作り方に何か問題があるんじゃないか?

ファンタジー的な内容の無い漫画原作のドラマやドラマの劇場版は良いのもあったし題材の問題かと思ったが、アメコミは極端なファンタジーやヒーローの作品も多いしなあ……資金や映画産業の問題も大きいのでは。

日本の映画って二次元的なキャラデザをカッコ悪く実写化しているし、それに加えて大画面で映えるような映画を作るのは上手くない気がする。
あと見終わって「原作のあのシーンがカットされている」といった所ばかりが気になるのはどうなんだ。劇中での設定説明や心理描写のやり方も微妙だし、原作を映画の長さに落とし込んで見せるのが下手なのか、それとも必要と考えていないのか。

日本の実写って日本のアイドルファン向けとか、マニア向けだろ?
日本以外の国にそんな作品持って来られても……

日本のアニメや漫画の実写の場合、日本人の役者に関する知識や思い入れが無いと厳しいってのは感じるね。
アニメと違って、日本の実写好きというコアな人じゃないときちんと楽しめないし、アニメや漫画とかの二次元知識ベースで見ると違いばかりを感じてしまう。

こっちではアニメであれば一般でも楽しめる二次元枠になるんだけど、実写だとマニア枠になるのは言われてみれば面白いかもしれん。
実写版って日本では一般向けの扱いになっているんだよね?

日本の実写化は題材が実写と相性良くないのを持ってきて、二次元との落差が激しい役者とコスチュームにしてしまうのがダメだろう。

アメリカのアメコミ原作映画を見ていると原作に対して「実写の漫画化」にすら思えるが、日本の映画は「アニメの実写化」「漫画の実写化」にしか見えない。

日本の実写化はコスプレにしか見えないのがな……
「進撃の巨人」とかもう何なんだ。昔日本のコミケで見たスタッフの方が良かったぞ。

日本の現実系以外の実写化はデザイン関係の実写へのアレンジが上手くいっていない所もあるかな。
アメコミ系はヒーローのダサイ昔のコスチュームを、アレンジして見せ方も工夫してなんだかカッコイイ印象を与えてくる。

あのコスプレっぷりの原因は予算不足なのかセンスなのか、それとも両方なのか。
なんかこう、自分達が昔やってたコスプレ劇みたいでなあ。もちろんコスプレ劇はやってて楽しかったけど、公式でそういうのをやられてもね。

コスプレも問題だが監督や脚本の問題もあるのでは。
最近見た日本の漫画原作映画って、役者が表情と動作を誇張して原作のようにしようというのばかりで白けたし、セリフも原作そのまま使おうとして逆に実写の空気から浮いていた。
ああいうのならアニメで良いし別に実写化する意味はなかったよ。

日本のアニメやマンガってキャラが若いから演じている年上の役者による違和感もスゴイ。
アメコミだとカッコイイおっさんやおねえちゃんがたくさん出せるから、顔も演技も身体付きも問題無くなる。

実は設定だけならアメコミのキャラも結構若いんだよ。おっさんに見えるけど、設定上の年齢もおっさんってのは案外少ないぞ。少年少女ってわけではないが。
あと最近はオリジンエピソード活用とかでどんどん「若い」方向になっているし、結局は役者の起用と見せ方の方の問題じゃないか?

アメコミ原作映画を見ていると、日本の実写版ももっと大胆にストーリーを変えればいいのにと思ってしまう。
あれって権利上の問題で変えられなかったりするの?

そこは作品ごとに違うだろうけど、良い悪いは別として結構大きな改変をしている作品もあるからやってやれないことは無いと思う。
ただマーケティング的に原作人気や原作ファンをターゲットにする場合はあまり変えられないんじゃないか?

アメコミは原作の扱いが軽い、会社の権利による世界観の下にキャラを資産として活用しつくそうというのがあるから何やっても出来が良ければ許される。
日本の作品はそれぞれ独立した世界観だからそうはいかん。

日本の二次元で比較的アメコミに近い形でやれそうなのってFateくらいじゃないか。キャラの出演もアレンジも作家がそれなりに自由にやっていいし、並行世界的な扱いにもできる。
もっとも、二次元作品では実写に向いていない部類の作品だろうけどね……

日本の場合、話題になる作品はアニメ化されたあとに実写化というケースが多いのも不利だ。
アメコミはアニメ版あっても基本的に原作漫画の実写化という扱いになるからそこまでハードル上がらない。

なるほど。
そう言えば青年向け漫画のドラマ化、映画化はそんなに問題にならないね。あと上でも出ている少女漫画の実写版とかも。

技術や予算もそうだけど、原作からのハードルの高さ、ファンの要求も関係していると思う。
アメコミは写実的だしカラーだし一枚絵だったらクオリティ高いんだけど、動きとかは微妙だ。

同意。
アメコミの場合、戦闘シーンを最新のCGで豪華に描写することで確実に原作より上になる。
アメコミはストーリーは良いけどマンガとして見たらショボイというのも少なくない。今やってるアヴェンジャーズの原作のインフィニティ・ガントレットも、ストーリーや設定は壮大なんだが戦闘シーンはちょっと……

実写化でアメリカはヘンな画がカッコ良くなる。日本はカッコいい画がヘンになる。

日本のアニメや漫画の実写って、アニメや漫画でいいじゃないかというのが多い。
あえて実写にしても原作超えられないし、そもそも原作に似せる方向で作られているから余計にアニメや漫画で十分、余計なことして作品を毀損するなという印象になる。

日本の作品の場合、現実ベースの青年マンガを実写化するならともかくファンタジーや萌えの入った少年マンガを実写化するのは厳しいんじゃないのか。
アメコミって現実描写に近付けるように発展してきたけど、日本のアニメや漫画は現実では無く理想を突き詰め萌えを突き詰めるように発展してきたのだから。

金と技術の問題もあるけど、実写化に合わせたアレンジ、実写のドラマにする際のリアリティ描写が不足している。
アメコミ原作の場合、キャラがずっとヒーローコスチュームでマスクかぶっているわけではないから普通の格好のシーンも増えてメリハリが付くし違和感も減る。
それに対して日本の場合はヘンな髪の色のコスプレでずっと画面に映っているから……

日本の実写化ってマンガやアニメに近付けることに拘り過ぎている。常時コスプレ状態もそれが原因の一つだろう。
しかもその原作に近付けるかというのが、ファンにとって嬉しい結果になっていない!

私は面白くてカッコ良ければ勝手に巨大ロボット出しても良いと思うんだけどな!
実写になった時点でアニメや漫画と同じにはならんのだから、昔のスパイダーマンのように冒険すればいいのに。

コスプレと言えば、最近だと「るろうに剣心」は比較的コスプレ感もなくて良かったと思うが。

あれは時代劇っていう日本の武士映画のフォーマットにできたのも大きいらしいね。そういうのであれば日本の実写化も上手くいくのかも。

日本のマンガは表現と密度が独自進化しているし、アニメも二次元描写と演出に声優で一つの表現になっているからね
それを実写にするとダウングレードしたように見えてしまうのがキツイ。上でも言われているが、金も技術も無いから劣化したように見えてしまうのでは。



とまぁ、こんな感じで。
クオリティ面で厳しい、日本の原作付きの実写版はあえて実写で見なくても良いといいた見方も強いようです。

また中国ではアニメであればアニメ枠としての扱いになるので独自枠でやっていけるものの、実写では他の中国国外作品と同じ枠に入っての競争になるので現在の日本のコンテンツのクオリティや存在感では厳しいといった話も聞こえてきます。

また娯楽枠においては原作付きということでアメコミ原作作品、例えば今日本でも公開されているアヴェンジャーズなどと比較される扱いになるので日本の漫画原作系の作品はどうしても厳しい見方になってしまうのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ソシャゲのイラストが不評で抗議が入って変更ってどの程度有り得るのだろうか?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいたので今回はそれについてを。

近頃はソーシャルゲームが中国オタク界隈でも何かと重要な扱いになっていますし、新規追加コンテンツに関しても話題になっているのをよく見かけます。

ただ、中には新規追加コンテンツが不評で炎上したり、その結果運営やクリエイターへの抗議にまで発展するケースがちょくちょく発生するようにもなってきています。

中国のソッチ系のサイトではその辺りのゴタゴタに関して
「ソーシャルゲームに対する抗議による変更、それもイラストの変更はどれくらいあるのか?」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ソシャゲのイラストが不評で抗議が入って変更ってどの程度有り得るのだろうか?

イラスト変更か……イラストに文句言うのは多いし自分もやったことあるけど、そう言えば変更まではなかなか無いな。

最近だとFEヒーローズのイシュタルが燃えて抗議にまでなってるよね……ああいうのって変更が行われること、それも抗議しているファンが納得するような変更が行われることってあるのかね?

近頃のソシャゲはイラストが重要になってるからその手の抗議というか運営やクリエイターへの突撃を伴う炎上が多くなっていると感じる。

最近のソシャゲは良くも悪くもキャラ重視だし、名作IPを活用したりするから思い出と違うという反発も出るんじゃないかな。
イシュタルは原作ゲームで仲間にならないキャラだったから、ゲームストーリーでの登場肉うぇて、FGOで自分の好きなサーヴァントを手に入れて遊ぶ、スパロボで説得して仲間にして一緒に戦う的なことをやりたい人が多かったのでは。

抗議してイラストの変更とか期待するのがおかしい。
FGOであんだけ批判されている荊軻やナイチンゲールが変更されていないんだぞ?

私も最近遊んでいる中だとFGOのイラストが……明らかに絵師が手抜きをしているのもあるし運営がちゃんと管理しろよと言いたくなる。一応礼装とかでのフォローはあるけどさあ……

艦これもFGOも抗議で変更したことは無いぞ。日本のゲームに対する抗議はあまり意味が無い。

イラストへの抗議を受け入れるか、変更するかに関しては運営の方針次第じゃないか?
例えばFEヒーローズはイラスト変更しない運営だと思う。

FGOは運営のスタンスがよく分からんが、艦これは運営のセンスで押し通す感じだね。
それに日本のメインユーザー層の好みが独特だから、日頃目に付き易い所で炎上してもスルーできるんじゃないかと。

艦これはしばふ艦をはじめ、日本と日本以外の評価の落差が激しいんだよな。新規実装艦のイラストが出て批判や炎上っぽいことになっても不発になったり、鹿島とか思わぬ所で人気が爆発したりする。最近ではなぜかガンビア・ベイが大人気だ。

ウチの国のゲームだと炎上したら対応せざるを得ない所もあるが、日本だとどうなんだろうか。
確かアズールレーンのワスプだったかな?クオリティ低いと批判されて、実装時には変更が入ってたはず。そんなことよりゲームの内容でもっといじるべき所があるだろうと思ったがな。

そっちは先行公開だし実装後の変更ってどうなんだろう。アズールレーンは話題になる所は右往左往して反映させるけど、その結果別の方向からの反発が発生したりするからね……日焼けスキンの件は絶対に許さない。

オイゲンは炎上させた方がごね得になった感があるからな。日焼けが嫌いなのもいれば好きなのもいるのに。しかも最終的にオリジナルより白くするとかあの運営は何考えてんだ。

そういうのがあるから何でも騒ぐというのはどうかと思うよ。
なんでも騒ぎにするから結局は人が離れてしまう。そして残るのは過激に騒ぎたい連中だけになってしまって。

この手のゲームのイラストって余裕があったら修正はする、程度じゃないの?
あと実装してからは金が動いてからは難しいはず。変えても「前の方が良かった」という意見が出るリスクもある。

戦艦少女Rなんかは新しいの出るたびに何かしら問題出て炎上するからもう慣れた。

人気が落ち目のゲームってイラストでつなぎとめて稼ぐしかないから、対応するスタンスでなんか分かってしまいそう。
逆に人気が維持されている場合はその手の対応をしないと思う。独自のブランドを維持してアピールしていけばいいのだから。

本気で抗議したいなら課金しなきゃいいんだよ。
課金するユーザーがいるというのは需要があるということだし、本気で課金されないなら運営も手を打つよ。
更に言えば課金ユーザーがいる以上、そのイラストを肯定している層が存在することになるから下手に変更すると別方向からの反発を生むことになりかねん。

文句言いながら課金するヤツが出るのはホントに不思議。

崩壊3rdも修正入ってたし、細かい修正は探せば出てくる。
ただそれが抗議して炎上に対応して……というのになるとよく分からんね。

装備間違えたとか指が多かったとか両方左手になってたみたいなのは修正入るだろ。ただクオリティが低い、ヘタクソ的な抗議はどうなんだろう。

抗議関係無く、イラストレーター側が修正版を投げて来て通すこともあったはず。

FEヒーローズみたいなのは扱いが難しそうだ。
元ネタが何十年も前のレトロゲームだから今更原作キャラを把握するためにゲーム遊ぶのもいないし、当時の関連商品や公式設定で脳内補完し続けるしかない。
そこに公式が今の体制や絵師でキャラを出したらファンのイメージとの食い違いだって出るだろうけど、現在の制作スタッフでは抗議している層の要求を満足させるのも難しいのではないだろうか。

昔のイラストそのまま持ってくると今度は他の新規イラストとの差が浮き彫りになるし、手抜きと言われるだろうからね。
私は「聖戦の系譜」のゲームの方のイラスト好きだけど、今の時代の絵じゃないというのは認めざるを得ない。

イシュタルはファンのイメージが原作から乖離しているような印象があるし、今回の反発にはそこも影響しているように思う。
イシュタルって原作だとユリウスに従う受け身キャラだし、今回のイラストへの対抗として出ているファンの二次創作絵のような凛としているとかツンデレだとかのキャラでは無いと思うんだがな。

イシュタルの炎上や抗議に関しては、問題がクオリティなのか好みなのかがよく分からなくなってくる。

でも不評なキャラをずっとそのままにするのはどうなんだよ。
ナイチンゲールとか絵を替えないならせめてガチャの恒常から外せ。

それは言っちゃなんだが「好みの問題」なんじゃないか?
それにFGOは作家色込みでやっている節があるし、こっちでも批判の多い剣ランスロットやナイチンゲールとかの変更も無いのだろう。

FGOのパールヴァティーとかはさすがに好みじゃなくてクオリティだろ。

日本だとFateはむしろ武内絵やこやまひろかず絵の方が批判多くなったりするぞ。
宮本武蔵の最終再臨とかメイドオルタとか批判出まくっているけど、結局そのままだ。

FGOは礼装あるし二次創作も多いから、そっちで燃料補給できるのが強い。他のソシャゲとは別に考えるべきではないかと。

FGOのキャライラスト変更できるならFGOの中国サーヴァントのイラスト全部変更して欲しいわ。

燕青は変更必要ないだろう。
あと孔明はウェイバーだから除外。

こういうのって問題個所を修正するとかはあっても、運営にとって得にならなければデザインの根本的な変更、リテイクはないんじゃないか?
それに加えて日本のゲームの場合、運営にとって得になるかどうかという判断が長期的なものになっているんだと思う。

FGOのナイチンゲールはキャラの人気自体は結構あるし、イラスト変更したら反発出るだろう。サーヴァントの基本装備とかも絵師がデザインしているはずだからそれを変えたら得になるどころかダメージが来るんじゃないかね。

そこまでやるなら、まだバランス調整という名のナーフの方が問題にならないかもな。

イラストに関してはそのうち慣れるし、心の薄目で見ればなんとかなる。
変更のゴタゴタを考えると、あえてやる意義は少なそうだ。

この表現が問題あるから修正しろとか削除しろというのは分かり易いけど、炎上するのはイラストがクオリティが低い(好みに合わない)ということも多いしね。
クオリティ上げろという要求については運営もきちんと対応するのは厳しいんじゃないか?

それやって迷走しているゲームもあるぞ。こっちで広告出てる大手のゲームにも、キャラの立ち絵がどれだけバージョンアップしたんだというのがある。
しかもそこまでやってもキャラのイメージが確立できていない!

逆に言えばブランドというか作品のカラーが固まっている場合は変更少なくなるんじゃないかね。艦これとかFGOは文句出ても変更入らんのはそういった背景もあるのでは。

それなりに大手の作品でもイラストが変わることはあるよ。ただ私の知っているのは上手い下手よりも権利上の関係からだと思われるケースばかりだね。

明確に修正は無いけど、何らかの手を打ったと思われるケースはあるよ。艦これでもね。
例えば過去に艦これで龍驤改が絵師に何か問題が発生したのかと思うレベルの狂いが生じたが、その後すぐに実装された改二ではちゃんと元に戻った。

龍驤改は後からわざわざ新規画を実装したのになんかヘンなことになってたからな……今でもそのままだが、運用はみんな改二でやってるから気にしないことになってるな。

オタク向けソシャゲのイラストは個人に発注というケースが多いし、クオリティにムラが出たりやらかしたりというリスクはあるんだろう。

クオリティもそうだけど、絵柄の癖もあるからな……荊軻やナイチンゲールなんかはそっちの方が大きいと思う。
反発もFateの絵柄から浮いているというのがあるんじゃないだろうか。

絵柄に関してはグランブルーファンタジーのように、スタジオでやれば安定するだろう。他のゲームが真似できる制作体制かどうかは分からんが。



とまぁ、こんな感じで。
抗議についてはともかく、その結果どうなると考えているのか、何を求めているかは人それぞれな所があるのかもしれません。

近頃は私の方でも日本と中国ではソシャゲのユーザーの環境や意識にちょっとした違いがあるという話や、それに伴う運営との距離感や、不満を感じた時のアクション、求められる対応というのが違うといった話がよく聞こえてくるようになってきています。

またこの辺りの事情が近年の日本のゲームが中国で配信される時、或いは逆に中国のゲームが日本で配信される時にすれ違いが起こって炎上が拡大したりユーザーが離れたりする原因の一つになっていたりするといった話も。

中国オタク界隈でもソシャゲ経由での人気や話題の広がりというのが大きくなってきましたし、コンテンツの管理運営というのがイロイロな面で以前よりも重要になってきているように感じられますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「νガンダムが一位はちょっとだけ意外」「オルガが実質一位は意味不明すぎる、どこまでネタなんだ?」全ガンダム大投票に対する中国オタクの反応

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

NHKで行われていた全ガンダム大投票ですが、先日結果が出ました。
結果発表!|全ガンダム大投票 40th(NHK)

この投票は投票がNHK主催であるということや、その長めの開催期間などから中国オタク界隈でも注目されていましたし、その結果もイロイロと話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「全ガンダム大投票の結果発表」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ガンダム大投票の結果が出たぞ!
やはりMSやキャラの方は所々に意外なのが来ていたりするし、予想していたのより低い順位になったのもいるな。

キャラ1位はシャアか……分かるような分からないような。

最初はアムロやシャアは複数の作品に出ていて有利過ぎと思ったが、ガンダムの作品展開を考えるとそれほどでもないようにも思えてきた。

よし、ストライクフリーダムが3位か。カッコイイMSはやはり人気になるんだね!

俺はサザビーが8位になっていてホッとしたよ。
パイロットの某ロリコンも含めてネタ扱いされてたし、クローズアップされるのもネタっぽいシーンが多かったから。

シャアザクよりサザビーの方が上なのは面白いね。しかもシャアザクは11位でベスト10圏外とは。
ガンダムシリーズにおける扱い的にもっと上にいるもんだと思っていたよ。

νガンダムが一位はちょっとだけ意外だ。低いとは思わなかったが一位になるほどとは。
あとユニコーン系もこんなに低いとは……シナンジュなんかはもっと上にいると思っていたんだけど。

人気に関してはやはり宇宙世紀系が強いというのがハッキリ出たね。
ただちょっと驚いたのはUC系があんまり伸びていないことだね。オルガを除いて見ても、結果を見ていくと作品キャラMSとどれも鉄血より下な印象だ。

MSはさすがにUCの方が鉄血より上じゃないか?全体的にUCの順位が振るわないのには同意だが。

他の作品の傾向にもあうけど、投票で考えた場合はTVアニメとOVAの差は大きいということなのかな。

OVAの中で「ポケットの中の戦争」が健闘しているのはとても嬉しい!
私にとって一番好きだと言えるガンダム作品だからね!

フリーダムとキラが上位確実だと思っていたのは当たったが、ラクスとアスランがこんなに低いなんて。正直5位以内を争うと思ってたのに!

キラは上位確実だったろうけど、アスランは立ち位置的に厳しかったと思う。10位というのは上出来じゃないかな。

ラクスが上位は無理だろ……他の作品の男性人気キャラを超えないといけないし、女性だとまずハマーンに勝たないと5位以内どころか10位にも入れん。

ラクスはSEED単体ならともかく、ガンダムキャラだと専用MS持ってないからこういうランキングだと厳しいでしょ。

MSに関してはトップ5はかなり納得できる結果だ。
これに関して私は日本のガンダムオタクの感性と近いと確認できたよ。

だがキャラに関しては意外だよな……なんでオルガが入ってんだ。悪ふざけの結果か?日本で実は人気が高いというのも聞いたこと無いぞ。

νとΖ、シャアとアムロは分かる。想定内ではある。
でもなぜキラよりオルガなんだ……!

でもMSの順位でRX-78がギリギリで10位はちょっと意外。
日本人があれだけ持ち上げているから、もっと上に来るもんだと。

作品のシンボルと自分の好きなMSは別という可能性が……
それに投票のメディアとかの影響もあるしね。日本人向けで雑誌媒体で投票とかだったらまた違ったかもしれない。

その順位についてはRX-78よりF91の方が上というのが自分にとっては一番の驚きだよ。
実は日本ではF91って人気高かったのか?非アニメ化だから投票対象外だったクロスボーン関係の票が入ったのか?

MSだとデスティニーがフルアーマー・ユニコーンガンダムより高いのにはツッコミたくなる。なんでアレにフルアーマー・ユニコーンガンダムが負けるんだ。プラモの出来の差か?

でも普通のユニコーンが12位だからねえ……

デスティニーはSEED系列だとフリーダム系の次の人気だし、なんだかんだでそれなりの人気はあったということなんだろう。アニメ本編はともかく関連商品関連作品での扱いは悪くないしね。

そもそも、ユニコーン関係が予想外だよ!
まさかベスト10にも入らないなんて!!

そうか?
私はクシャトリヤが25位で嬉しいけど。この位置は大健闘だろう。

しかしオルガが実質一位は意味不明すぎる、どこまでネタなんだ?

作品別で見た場合、単独でキャラ人気1位になってるのはな……正直一番わけわからん結果だ。

オルガの順位だけでこのランキングが信用できないというのが分かってしまうよ。

オルガと鉄血関係だけ除いて参考にすればいいのさ。
直近の作品に関しては良くも悪くも荒れる。

ネットだからネタ票が集まったという面は間違いなくあるだろうからね。
止まるんじゃねぇぞ…は近年最も影響力のあるネタだし、ガンダム興味ない日本人も愛用しているみたいだから。ウチの国だってオルガのイメージはもうあのポーズ及び関連ネタになってるだろう?

これって岡田磨理への反発の結果じゃないか?

反発する気持ちも理解できなくはないが、無意味だろう。イイカゲンに書いた脚本でもガンダムキャラで人気1位を取れると証明してしまったのだから!
今後はもっとたくさんの岡田磨理が現れるぞ!

ガンダムじゃなきゃ別に構わんよ。
岡田磨理はガンダムのように長編で更に世界観説明しないといけないような作品とは合わないだろうけど、関わった作品全部外れというわけではないしな。

「鉄血」は主人公達が殺されるのもリアル路線だしなんであんなにネタにされるんだよ。敵が頭悪くなったわけでもないし、主人公補正が消えて死んだだけだろう。
どの作品も主人公補正と敵の頭が悪くなる能力で生き残らないといけないと言うのか?

オルガについては真似したい展開の意図は分かるんだが、それをガンダムシリーズでやって、しかもあの場面でやったら唐突に見えるしネタになるのはしょうがない……あと敵の頭は悪くならなかったが、オルガとかマクギリスとか味方の頭は悪くなったからなあ……

シーンだけ見れば別に悪くないけど、それまでの積み重ねやガンダム世界でのルールを破って白けさせたのはダメだろう。主人公補正無くして逆補正かけてもいいけど、面白くなってないし。
あと「鉄血」は岡田磨理だけの責任ではない。スタッフインタビューとか見てもグダグダ過ぎる。

シャアが迷いを捨てて本気を出しあらゆる手段をとったらアムロなんか瞬殺というネタを本気でアニメでやってしまったらどうなるか、なぜハゲがそれをやらなかったのかが分かる作品だったよな……
キャラはともかくMS関係の人気が最近のアニメなのにパッとしないのはそういった失敗が如実に出たということだろう。

ダインスレイヴ大集合で解決してMSの意味を無くしてしまうとか、陰謀を的確に行う敵と頭悪くて呆れる主人公側という展開や、妄想する気すら失せるようなレベルでのアニメの描写と設定の乖離とかもやってるからな……

今回のランキングやネットのネタ扱いを見ても、鉄血はもうちょっと落ち着かないと評価は難しそうだな。SEEDも近頃やっと落ち着いてきたような感もあるわけで。

ランキングの方に話を戻そうぜ。
今の所ツッコミが出ていないが、なんでグラハムがここまで上位なんだ!いや俺も嫌いじゃないけど!

うーむ、よく見たらヒイロ・ユイが10位圏内に入れなかったのか。
時の流れというヤツを感じる。

でも羽が落ちる方のウイングガンダムゼロは4位だぞ。
MS人気は時の流れの影響あんまりないのかもね。

確かに。考えてみたら自分も昔好きだったMSは今でも好きだ。

ウイングガンダムゼロが4位と32位にいるんだがどういうことだ?キャラならともかく、MSでなぜこれだけ作品別にしたんだ?

そこは設定ではなく見た目の方で別機体扱いになってるんだろう。WはTV版とEW版がどれも別になってる。

時の流れの影響なら00系じゃないか?
ソレスタルビーイングの機体がどれもパッとしない。なぜかグラハムは上がっているが。

機体も歌も随分後ろの方になっているよね……

00も宇宙世紀系を除いてみたらそこそこじゃないか?
ダブルオーライザーとエクシア、クアンタとイメージ通りの位置だ。

それにしてもグフの人気が高いとは聞いていたが、グフとグフ・カスタムが別でどっちも20位以内、主役ガンダムよりも上だったりするんかい。

ドムとリック・ドムは合わせてなのにな。

ヅダが36位でしかないのはデマゴーグに敗れたのだ

俺はヅダが他のMS達を押しのけてその順位にいるのがまず驚きだよ。いったい何が理由でそんなに人気が高くなったんだ?

なぜフリットがランキング外なんだ……こんなランキングは殲滅する!



とまぁ、こんな感じで。
予想通りの所もあれば、予想外の所もあったようです。

近頃はガンダムの人気に関する感覚における日中の違いは縮小傾向にあるという話も聞きますし、一昔前のようなガンダムSEED一強という状況ではなくなっているそうで、このランキングについても大まかな所は納得できるような空気になっているそうです。

ただオルガ関係のような分かり易いレベルはともかく、日本のガンダム界隈における細かい評価やネタも交えての楽しみ方、それに伴う人気などに関してはやはりピンと来ない所があるとのことです。
またそういった背景があるので、今回のような日本の大がかりなランキングは自分の推しMSやキャラの応援に加えて日本のガンダム人気事情に対する興味も出てくるのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「魔法少女サイトが配信中止、今回も不可抗力的なアレだ」「あの日本が怖くなるアニメがダメになったか……」

1月の新作アニメは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」などの中国オタク界隈での大人気作が突然の配信中止になりそれと共に大混乱が発生しましたが、4月の新作アニメに関してもまた配信中止作品が出てしまったそうです。
中国で「ダーリン・イン・ザ・フランキス」が配信中止 中国オタク界隈は恐慌状態に

中国で「ダーリン・イン・ザ・フランキス」が配信再開、一部カットしての配信になった模様

ありがたいことにこの件に関するネタのタレコミや質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

今回「不可抗力的なことにより配信中止」になった作品はyoukuで配信されている
「魔法少女サイト」

だそうです。
ざっと探してみたものの配信中止関連の公式ソースが見つからなかったのですが、
youkuの今期の新作ページからは確かに「魔法少女サイト」が消えていますね。

そんな訳で以下に
「魔法少女サイトの配信中止?」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「魔法少女サイト」が配信中止だ。
今回も「不可抗力的な」アレだ。

そうか、あの日本が怖くなるアニメがダメになったか……

まーた通報されたのか!?

全編にわたって暗黒っぽくて過激な作品だし、修正が間に合わなかったのだろうか。

あれは通報されるのも当然だし、配信中止にされるのも納得できる。極端なこじつけでもない。

なんかお前みたいなレス多いな。規制は当然だ!とか良い気味だ!とか。
大通報時代になりかけているのを心配する人はいないのか?

だってキモイし。

正直俺も普通に良い気味だと思ってる。
ああいうキモイ作品は通報されて規制されるのが当たり前だ。

近頃は精神的文化部やネット紅衛兵多過ぎだろ。

この作品の思想に問題あるのは確かだ。これを見る人間のことを考えて見ろ。

今回の件がどういう背景なのかは分からんけど、配信中止までの流れの憶測やら何やらは前と似たような感じだ。しかしこの間の「ダーリン・イン・ザ・フランキス」とは随分違うな。

背景に関してはこの前規制を食らったという食らわせた所の連中が動いている的な話は出ているけどね。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の時ほどじゃないけど陰謀論にユーザーの足の引っ張り合い説が出て、それがなーんとなく説得力を持ってしまうのがなんとも。

だが「ダーリン・イン・ザ・フランキス」の時と比べて原因が明らかだ……方向性は違うけど例えば「ハイスクール・フリート」や「ひそねとまそたん」のように。

今期の「ひそねとまそたん」は題材が分かり易くアウトだからな。
実際、どこも取ってないしようだし。

あれは通報したくなるのも分かるけどな……

あまりにも負のエネルギーが強過ぎるアニメだったからね。何を思って作ったか知らんけど、なんであんなのが配信できたんだ?
俺も初めてあの作品を見た時、本気で通報ボタンを探した。ついに発禁になったと聞いて、この数日はとても爽快な気分だ。

全くだ。配信中止のニュースは気持ちのいいニュースだ!

初めて作品の配信中止を喜んだよ。それはおう手を叩いて快哉を叫ぶレベルでね!

配信中止が気軽に行われるようになってしまうのではないかという心配もあるが、youkuは最近ちょっと攻めすぎている感もあった……
「恋は雨上がりのように」みたいな独自路線行くなら構わないが、悪趣味な方に突き進み過ぎるのはこういうリスクがある。

作品はともかく、新作のために会員になって課金した人は気の毒だよ。

今の環境では第4話まで持った方が不思議に思える作品だけど、考えてみれば昔はこういうのはほとんど放置状態だったんだよね。
「デスノート」みたいに大問題になったことが無くはないが、もっと悪趣味な作品が普通に問題無く見られていた。

「デスノート」は社会的な事件が起こったのと、迷信枠に入っちゃったのが原因だから今回の件とはまたちょっと違うかもしれん。
あと近頃は普通のテーマの皮をかぶった悪趣味というかグロ系のアニメに関してはエルサゲートの問題もあるからね。色んな意味で昔とは環境が違う。

しかしこんな所で、本当にヤバイエピソードに行く前に消えてしまうとは。

いや、これまでのエピソードだって普通の感覚で判断すればアウトだろ……

日本のテレビドラマにはエグイいじめのシーンがよく出て来るけど、さすがにこのアニメの中のいじめはヒド過ぎるよ。
日本はいったいどれだけ恐ろしい所なのかと不安になる。

あとはもう正規配信では見れなくなって、字幕組のクラウドストレージか。

今は字幕組の方は遅いからなあ。
「魔法少女サイト」も一日以上後になる感じだったし、最近は見る人もyoukuの方にほぼ流れていたはずだ。

俺もこの作品好きじゃないが、それなら見に行かなきゃいいのに。なんでいちいち通報するんだよ。

レーティング制度を導入しようとしないからこんなことになるんだ。
すぐにできないとか言ってずっと放置して結局こうなる。

レーティング基準出したら気軽な取締りとアピールが出来ないから無理だぞ
どこぞの利益や政治に直結する問題だから

私はこの作品良いと思うんだがな。最近はちょっとダークな面が強く出ると許せないとか受け入れられないとかいうのが出るのはどういうことだ。

なんかキーボードで戦う連中から妙に目の敵にされている印象。精神的な攻撃を受けた自分が許せないのだろうか。

嫌いな作品だから明確なルールを出さずに規制しても良いってのは……前例ができるとウチの国はテンプレ的に規制しだすのを忘れてないか?

気に入らない作品なら見なければいい。通報するのは理解できん。
自分が二次元の正義の使者で自分の好き嫌いが正義だとでも思っているのか。

とは言え、レーティング存在しないしプラットフォームも場当たり的な管理、怒られたらやめればいい、自分はたぶん怒られないから構わないという態度の環境ではね。
各動画サイトは最近有料路線に入ってはいるけど、商売志向の結果というのが主でレーティングの管理をやっているわけでもないしな。

アニメがオタク向けも含めて一般大衆向けになって、簡単にいつでも何度でも見れるようになっているからな。
以前のように小規模な層が個別に楽しんでいるという時代ではない。厳格な管理を受けるのも、「魔法少女サイト」のような作品が表で配信される資格を得られないのも自然な流れと言える。

作品の好き嫌いは別として、正直流れに関してはあまり好ましいものではないな。
この流れだと次は何だろうな。今期新作だと「ゴールデンカムイ」辺りか?

環境が変化しているのに、見る方も流す方も昔の感覚のままな人間が多過ぎる。こういった「敏感な内容」についてどうして気付かないのか。

マニアだったり業界にいると案外気づかないもんだよ。
例えば近年の魔法や超能力をもった少年少女の作品はどんどんダークで救いようが無くなって描写も過激になっている。「まどか☆マギカ」以降を考えてみると分かり易い。魔法少女枠でも「魔法少女育成計画」があったし、他にも「Re:CREATORS」や「十二大戦」なんかが配信されていたわけで、そこからまた踏み外すのも問題無いと感じてしまうのかもしれん。



とまぁ、こんな感じで。
今回の件に関する空気は人気作品が配信中止になった1月の時とはまた違うようで、反発や今後に関して不安を覚える人もいるようですが、「規制は当然」と受け止める人もかなり目に付きました。

この件を教えていた方によると、この辺に関しては自分の好きな作品で無ければ、嫌いなタイプの作品であれば規制されても構わないし、そういった作品がのさばるのは気に食わないといったような所もあるそうです。

ただそれとは別に、中国の動画サイトの配信に関しては規制の範囲、ガイドラインが明確になっておらずあるのはアウトかセーフの二つだけで、取締りに関しても上の気分次第な所もあり、やっている方はどんどん「過激」な方に行ってしまうといった事情もあるそうです。

しかも取り締まられるのは「運が悪い所」「怒られたら自分の所もこっそり引っ込めればいい」的な認識も根強いので、配信している側が安易に過激な方向、アウトな方向へ流れていくことに対する不満や不信もあるのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「丸いものとかが上下に分割されてその中で踊るアレ、元ネタは何なの?色んな所で見かけるんだが」

GWも終わってしまいましたが、ぼちぼちと平常運航に戻していきたい所です。
ありがたいことに手軽なネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本のアニメや漫画に出てくるパロディ的な表現やネタに関して
「これの元ネタは何だ」「どの作品が大元なんだ」
といった話題が出て盛り上がることがあります。

その手のネタの一つとして、中国のソッチ系のサイトで
「サザエさんのOPの最後の方で出てくるタマの踊り」
が元ネタになっているパロディが話題になっていたそうです。

そんな訳で以下にその辺りのやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


丸いものとかが上下に分割されてその中で踊るアレ、元ネタは何なの?色んな所で見かけるんだが。

色んな所で見かけるよね。
古いアニメのOPとかでも見かけたような。

あれって確か「鬼灯の冷徹」にあったね。

Fate関係でも見たな。確かカーニバル・ファンタズムだったような……あとgifやイラストでもイロイロと。最近見たのではアタランテと林檎のもあった

どこで見たかはすぐに出てこないが、東方シリーズでもこのネタ出ていたね。

アニメだとか同人だとかで出るね。
商業作品だとどれが古いんだろうか。

私がすぐに思いついたのは「紅殻のパンドラ」だけど、恐らくもっと古いのありそうだ。

「銀魂」でも見たネタだ。
自分の場合、恐らく「銀魂」からあのネタを知ったと思われる。

「銀魂」でも神楽と定春がやっていたような。
結構前からある定番ネタではあると思うが。

えーと、どこだったか誰だったか思い出せないが格ゲーの勝利ポーズにあったような……

「このすば」にもこのネタあったと思う。

あの上下分割アイテムの間で踊るのは、gifのネタ画像も多いね。
私は「仮面ライダー鎧武」で見たような。オレンジから出ていたはず。

「サザエさん」だぞ。

Caramelldansenのパロじゃないか?

私も最初はCaramelldansenとか、ニコ動で流行ったネタかと思ったが踊りが違う。
このスレのネタは両手で持ち上げて腰を動かすスタイルだな。

ニコ動のパロ動画とか二次創作動画ではたまに見るネタというかデザインな気がする。

踊りはME!ME!ME!の方かと思ったんだけど。

探せばかなり遡れるはず。
私は「灼眼のシャナ」でも見た覚えがある。

私もあれの元ネタは「灼眼のシャナ」のメロンパンとちびキャラだと思う。

「イカ娘」にもあったね。OPだかEDだかに。

アニメのOPの走る動作とか手を伸ばす動作ほどでは無いけど、それなりに定番の表現なんじゃないか?キャラを出して紹介するのに便利とかで多用されるようになったとかの。

「鬼灯の冷徹」のネタだと思い込んでいたが、こんなにたくさんあって古い可能性もあるネタだったのかよ!?

探してみれば結構あるよ。
ここまでで出ていないのだと、「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』として拉致られた件」とかも。

いやこれ絶対古いネタだろ。「学園ハンサム」なんかにも出てきたし、かなり有名で古いネタじゃないかと。

元ネタはなんかのCMだって聞いた覚えがあるんだが。

ファンタか何かの広告だっけ?

日本の有名なメーカーの広告に出てくる、定番のアクションかなんかじゃないか。マスコットキャラや広告起用の有名人がやるような……

元ネタは日本で展開された飲料メーカーのジュースのCMだよ。アニメに広まったのはその後だろう。

うーむ……うろ覚えなのでハッキリとは言えないが、ダンスは似ているようにも思うけど、なんか違うような気もするんだよな……

私の知る中であのダンスネタだと最も自信を持って断言できるるのは「かみちゅ!」のチームしやわせのイノ、シカ、チョウだね。
上で出ている「シャナ」とどっちが古いのかは分からんが。

今調べたら「シャナ」の第一期が05年の10月、「かみちゅ!」が05年の6月だから「かみちゅ!」の方が古い。
このスレで出ているネタで同じネタだと確定できる中では「かみちゅ!」が最古か?

上でも出ているが、「サザエさん」が元ネタだって!
日本の国民的アニメだから、日本人ならオタクじゃなくても絶対に元ネタが分かるネタなんだよ。
OPを見ろ!最後の方で猫が踊るから。

あ、ホントだ。メロン?から出てきてあの踊りをするな。

俺がみたのはミカンだな。

俺が検索して当たったのは黄色い……なんだろう、レモン……いや梨か?サザエさんのメインキャラの方はトマトだと分かるんだが。

「サザエさん」ってOPのバージョンがかなり多いようだな……それはともかく、元ネタは確かにこれで良さそうだな。明らかに前世紀のかなり昔のも出て来るし。

そういう所からのパロディだったのか。同じアニメとは言え、オタクネタからは意外に遠い所に思えるね。



とまぁ、こんな感じで。
いざ探してみるとそこら中から出てくるので、困惑した空気も漂っていました。

また元ネタがどれかということに関しては実感がわかない上に確認についても昔のものになると手間がかかるというのもあってか、なかなかに混乱してしまうようでした。

この手の日本では定番になり過ぎているネタで、元ネタが中国オタク界隈ではあまり知られていない或いは「有名な作品」として名前だけは伝わっているようなケースは意外に難しい所もあるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ