「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

中国オタク「自分は初めてギルガメッシュに『王』を感じた!」 中国版FGO第七特異点への反応

ちょっと風邪をひいてしまったので、軽くやれる内容で……

ありがたいことに
「FGOの第七章の反応は?」
という質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

中国版の方では
「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」
は1/14から実装となったそうですが、現在も長文の反応が飛び交っていたり、第七章に加えて終章も含めた考察や感想も少なくなかったりと、上手く切り出して紹介するのが難しそうなので、キャラ関係の反応を中心に紹介させていただきます。

それにしてもうっかりこの辺りのスケジュールが急ぎ足なのを忘れていたのですが、中国版の方でも間もなく終局特異点になるようで、現在中国版の方では第一部の最終章に向けて石が配られたり、特別番組が配信されたりしている模様です。
具体的には23日のメンテ後から終局特異点が開始となるそうで、中国版の告知ページはコチラ(中国語)

今年の春節は2/16と遅めですし、「二代目はオルタちゃん」がイベント開催期間を日本版より少し長めにとるなどしていたので遅めの春節に合わせて引き延ばし気味にやっていくのかと思いきや、普通に中国の学校が寒暇(春節を含めた長期休暇)に入るタイミングに合わせて来たようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニアの感想」
などに関するやりとりを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(今回はネタバレがかなり含まれているのでご注意を)


第七章はキャスターのギルガメッシュがカッコイイな。
自分は初めてギルガメッシュに「王」を感じた!

術ギルは本当に良かった。
ティアマトとの戦いで絶望が蔓延するなか、彼の言葉がどれだけ心を打たれたか。絶望的な戦いなのに、彼のおかげでそんな気分にならずに、鬱展開のまま進めることにならずに済んだ!

自分はギルアンチなんだが、第七章のギルには惚れてしまった。キャラ造形もその見せ方も文句無しだ。

第六章は事前に言われていたほど難しくは感じなかったが、第七章は普通に難しいと感じる所があったな……それでも続きが気になって連日連夜で一気にクリアしてしまったが。

最終決戦まで一気にやってしまうよね。第七章は自分のFGOプレイ体験の中でも最も没頭したストーリーだった。
最後にギルガメッシュがアーチャーでゲスト参戦する所とか、本当にもうね……!

最終決戦の弓ギルはボイスも特殊仕様なんだよな。
全部の中国語翻訳まとめが欲しい

あれが慢心を捨てたギルガメッシュというヤツだな。
普通の聖杯戦争ではまず出てこない豪華なサービスだろう。FGOをやっていてよかった。

本気になったギルガメッシュって本当にカッコイイ。

女キャラかキャラ性能にしか石を割らない自分がクリア後に術ギルのためにガチャをやってしまった……ああ、マーリンピックアップのために取っておいた石があああああ

きのこはなんてヒドイことをするんだ!
俺は別にギルファンでもないのに、ピックアップの画面で傲慢にほほ笑む術ギルを表示なんてされたら!!
やめてくれ……この後にマーリンピックアップも山の翁ピックアップも控えているんだ……

金ぴかは元々人気高くて話題性もあるから術ギルも広い範囲で好意的に受け止められているけど、その中でまた評価が分かれているな。
ギルアンチとギル厨の狭間とでも言うべきか。

ギルがネタ方向に走り過ぎているのが我慢ならんというのもいるし、愉悦が足りないというのもいるしね。

第7章はキャラクターを見せる構成も良かったから、どのキャラもとても輝いていた。
前半はインスタンス的なクエストをこなしながら世界観を体験し、中盤で大きな戦い、そしてそこから更に話が大きくなり最後は伝説に残る戦いだ。

第7章をプレイしていてこれまでの戦いを積み重ねた結果を感じられた。人理を守るためにどの戦いも欠かすことができなかった。
そして第7章は人理を守る最後の旅に相応しい素晴らしいストーリーだった。

Fateでたまに言及されていた人類文明の始まり、神から人への移り変わりというのが体験できるシナリオってのがまた良いよね。これが最後に来るというのは納得だ。
Fate世界でギルガメッシュをサーヴァントの頂点の一つとして別格に扱う理由も分かる。

それにしても初期のギルガメッシュのキャラからこの術ギルになるまで、どの程度がきのこの計画通りなんだろうか。最初に見た時はまさかこんなキャラになるとは思えなかった。

最初に接したギルガメッシュが術ギルだった人って他のギルガメッシュをどう思うのだろうか。このキャラを嫌うのは難しいはず。

でも昔からのキャラを知っているとギルガメッシュというだけで構えちゃう所もあるだろう。本人の言動だけでなく、ファンのめんどくささも含めて。

以前はZeroから入ったから、stay nightのギルガメッシュが小物悪党過ぎて認められないという話もあったからな。「Zeroのような正しいギルガメッシュにするべき」とかツッコミ所のある意見が普通に出回っていたくらいだし。

今回も愉悦分が無い、最強さを強制的に消されて納得できないという人もいるからね……難しい所だ。

ギルガメッシュは戦闘力で見たら相対的な最強感は薄れているが、頭脳や知識も含めた最強感は作品が増えるごとに強まっている気がするんだけどね。
術ギルでついに王として、統治者としての凄さも見せて来たわけだし。

アニメのギルは嫌いだが、FGOのギルは好きという自分みたいなのもいるぞ。

Zeroの時もクセがあるし、stay nightの時のボス敵扱いのギルガメッシュが嫌われるのも分かる。
ただ弓と術で分けてしまう人が出てきているのはちょっと残念かも。弓も術も同じギルガメッシュなのに。

サーヴァントは異なる側面を表に出してキャラが作られているのだから、区別して受け止めるのも間違いではないだろう。もちろん同じ、連続したものとして受け止めるのも間違いではない。

そこはZeroのアルトリアとstay nightのアルトリアを分けて考えるようなもんでいいんじゃないか?作者も違うし、設定上も違う。
ギルガメッシュも聖杯の泥による汚染、受肉の有無、冥界の旅の有無などの違いが出てくる上に子ギルとかまでいるから全部同じと見るのは厳しいような。

自分も第7章のギルガメッシュは確かにカッコ良いと感じたけど、ファンになったかと言われたらちょっと微妙な所だね。
賢王ではあるけど、結局は自分の愉悦のために行動しているように見える。その愉悦がぐだ達にとってプラスに働いているから弓ギルの時と違って不快感はそんなに無かったが。

キャスターになってもギルガメッシュの性格は相変わらずだからね。幾分話しやすくなっているだけなのと、王としての仕事が満載なだけで随分印象が違うけど。
やっていることはやはり自分の楽しみのためだし、そこに愉悦分を感じることもあるだろう。

あまり難しく考えるな!全作品のギルガメッシュを並べて考えると、キャラが安定しなくて精神分裂状態に見えたりもするんだぞ!

こっちだとZeroのギルガメッシュのイメージが強いし、それ以外だとアニメ版のギルガメッシュのイメージだからね。
きのこ版ギルガメッシュに関してはEXTRA CCCもあるんだが、こっちはあまり知られていないからイメージへの影響は小さい。ストーリー上で味方になった「きのこ版ギルガメッシュ」に触れたのは今回が初めてという人は多いだろうし、意外に感じた人も少なくないんじゃないかな。

ところで、ギルガメッシュの呼び出したサーヴァントってわりとあっさり消えているのも出たけどあれどうなの?天草四郎と風魔小太郎なんか森に探索に行って倒されて終わり、茨木は逃げて終わりとか軽くない?
しかも天草と風魔が大河に倒されるとかなんというか、その……

大河であることを除いて考えると、あの二人の強さではジャガーマンには勝てないんじゃないかね。
時代も場所も悪過ぎる。忍者は熱帯の密林の地形補正がジャガーマン以上ではないだろうしな!

ジャガーマンはネタ扱いだけど神霊の疑似サーヴァントだから強いぞ。天草や風魔が密林で普通に遭遇したらまず勝てないはず。
あとゲームの性能的にも実は有能。

あれは第7章が一般のサーヴァントではかなり厳しいレベルの戦場というのを表していると見ることもできるんじゃないかな。
ジャガーマンはギャグ担当が目立つけど、ストーリー上で普通に活躍しているわけで。

茨城は隠しステージに出る。あと幕間でも出てくるから楽しみにしておけ。

術ギルが召喚した中ではレオニダスが格好良過ぎるね。
恐怖を勇気で押し込める戦士を尊ぶという話はスバラシイ。

炎頭の大隊長殿はまさに「頼れる男」だった。
これまでFateの中では平凡なキャラだと感じていたが、7章での彼は人間が英雄に至った存在に思えた。守護の英雄、最強の盾という名前に偽りはない!

マシュへ語った話とその身を持って盾となるシーンには感動した。

あの話で私はレオニダスのファンになりました。彼の語る「恐怖」は涙腺に来た。
マンションでお化けを怖がるくらいしか登場シーンが無い低レアだったのに、こんなにカッコイイ活躍をするなんて。

一応第二章でも出ているぞ。あっさり退場だったが。
レオニダスはゲオルギウスと並んで低レアの中でも分かり易い強キャラだが、ストーリー面でも大幅な強化が来たね。

レオニダスは強さ、実力というのがハッキリと分かる良いキャラだ。
わりと珍しい、型月的な変形をさせずに一般的なイメージそのままのキャラではあるけど、付属する型月的なエピソードが本当に良い形になっているサーヴァントだと思う。

第7章で術ギルが召喚したサーヴァントの中での当たりはマーリンとレオニダスだろうな。
それにしても第7章は夜を徹して一気に遊んでしまったが、問題はテスト期間中だったことだ。俺の頭はラフム化状態。

ラフムのエピソードはえぐかったし、ダメージ受けた人多いようだね。それだけに一気に話を進めた人も多かったんじゃないだろうか。

ラフムと言えばシドゥリは元に戻るの?
後に実装される幕間に出て来るという話も聞くが、特異点では個人の死は人理修復後もどうにもならないという話も見た覚えがあるんだが。

そうそう。シドゥリには元に戻って欲しいけど、その辺りの理屈については気になる。人理修復と死者の扱いがどうも分からん……

あの幕間って時系列違うとかじゃないか?

いや、あれは第7章終わって終章の前。
それときのこが第7章に関しては「ティアマトだけでなくギルも潔く消えた事でティアマトの被害がノーカン。被害は三女神同盟まで」としているからシドゥリの件は問題無い。

ネタバレ踏んだ……だがこのネタバレはとても心安らぐネタバレだ……
FGOで最もダメージのでかいネタバレは無抵抗のラフムについてだったからな

あのラフムについてはトラウマが強化されるデマネタまで加わって、もうみんな大打撃だよな。このネタバレは嬉しいネタバレだ。おかげで心が軽くなった。

さていよいよ終章だが……みんな、次の戦いは分かっているな?

ああ、いよいよマーリンピックアップだ……!石の貯蔵は十分か?



とまぁ、こんな感じで。
これ以外にも短かいのから長いのまで、イロイロな感想が飛び交っていました。
ちなみに第7章が実装された時期は中国の学生にとっては冬休み直前の時期でしたから、人によっては学校のテストやレポートと重なってかなり大変ことになっているらしいという話も聞きます。

それから第7章では翻訳にも気合が入っていて、ラフムのセリフも中国版独自のものになっていたそうです。
ラフムのセリフに関しては日本版ではかなキーボードが元ネタの暗号になっていましたが、中国版では中国語の入力方法の一つである「五筆」こと「五笔字型输入法」によるものになっているとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「作画崩壊ってお金がたくさんあれば無くせるものなの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

近頃の中国オタク界隈ではいわゆる
「作画崩壊」
に関して日本以上に頻繁に話題になっている、アニメの批評で最も多いのが作画崩壊ネタなどという話も聞きます。
またそこから更に「作画崩壊の定義」「作画崩壊の背景」などについての話題も出てきているのだとか。

中国のソッチ系のサイトでは
「予算がたくさんあれば作画崩壊は無くなるのか?」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「作画崩壊」について語る人が随分と増えているように思う。それと同時に作画崩壊に対して「金が尽きた」みたいなネタをよく聞く。
そこでふと思いついたんだが、作画崩壊ってお金があれば無くせるものなの?十分、いや大量の予算があれば作画崩壊の存在しない作品とか作れるものなの?

そりゃ金が十分にあれば可能だろう。

手作業が入るから0にするのは難しいだろうけど、文句が出ないようにすることはできるんじゃないの?
例えば「君の名は。」とか京アニ作品は作画崩壊の批判は無いだろ。

「君の名は。」でさえも作画崩壊とかデッサン狂いの指摘は出ているぞ。

時間も無いとダメだろ。
スケジュール調整ミスって崩壊というケースも少なくないはず。

進行管理とかも重要だし、スタッフも重要だよ。
土壇場になって作画スタッフ追加するような体制だと作画も混乱する。

金は一つの理由ではある。金がなければ何もできない。
ただ個人的な印象ではスケジュールの問題からのクオリティ低下の方が目に付くような……

ディスクでの修正も、TV放映の時に時間さえあればというケースが少なくないようだしね。

最近は作画崩壊を細かいところまでチェックしてキャプ画像あげるのも目に付くが、そこまで気にしないでも……
現実でさえ切り取り次第で変な顔、顔芸状態になるんだし、動いているのを見て意識に引っかからなければ良いと思うんだが。

金があればなんとかなるなら、ウチの国のアニメはとっくの昔に発展しまくっていただろうね!!

金と技術、それから締切の余裕だろう。
金で時間は買えるが、時間の余裕を無限にはできない。

作画崩壊ネタって1コマ1コマチェックして作画崩壊を探して笑いものにしているケースもあるからなあ……
もちろんその中には崩れているのもあるんだが、中割りや演出で歪めているものもある。そして金をかけて拘りの作画をさせると、この「歪み」が極端になる可能性が……

人間の目で見た動態のスムーズさってのはまた別の話になるからね。
PCの高画像度で見るようになっているから昔TVで見ていた時と比べて崩壊が目に付くようになっているけど、視聴に影響の出るレベルでの崩壊は実際の所そこまで多くは無いだろう。

危険な水準の作画崩壊が出るのはTVアニメに多く、劇場版アニメが相対的に作画が安定しているのを考えると、資金だけでなくスケジュールも重要と見ていいだろう。

作画に関しては俺達の要求水準もいつの間にか上がっちゃっているしね。
神作画まとめとか、作画崩壊まとめとかを見ていると、いつのまにか作画のフレームレートだとかが気になったりとか、崩れた所が目に付くような見方になってしまう。今の感覚で昔の名作を見たら歪んだ見方になりそうでちょっと怖い。

CGアニメ的などこを停止しても歪みが無いみたいな作品を求めるなら、2Dでは無理だろう。

最近の作画崩壊に関する話題って意図した変形と作画崩壊の区別が曖昧だし、まず語る上での対象や崩壊とする範囲を決めないと話にならないような気もする。

コマ送りで確かめたらそりゃ崩壊(≒歪んでいる)のない作品は無いわ。ジブリでさえも。
あと3Dも細かく見るとモデルがぶつかってたり光源おかしなことになっているケースが見付かる。

CGアニメの方でも金と時間の差、そして蓄積されたデータの差が露骨に出るからね。
金さえあればという言い方はできるが、理想と現実の問題がハッキリと出る。

結局は金と時間と技術だな。それは3DCGアニメも変わらない。
3DCGアニメも「作画崩壊」的な指摘のパターンが出揃ったら2Dアニメのようになるんじゃないか?今の作画崩壊って作品について簡単に語るための手段になっているような感もあるし。

金とスケジュールの影響に関しては、短編アニメやPVを見ると良く分かる。
あれって作画崩壊少ないし動きも良いだろ?

確かにね。
私も短編作品はともかく、PVだけでは作品の出来を判断できないのを頻繁に実感しているし、PVで我が国のアニメは凄い、みたいなことをいうのは正直モヤモヤする。
良い出来のPVを見てその作品に期待することは問題無いが、1シーズン通した作品になってないのだから他の作品と比較してどうこう言うのはね。

細かいリスクはあるだろうが結局は金と時間が十分にあって、良いクリエイターを集めれば問題は無いだろう。

そこは単純な話ではない。金でできることは多いが最上のものを目指す際には金でカバーしきれない所が出る。
例えば優秀なクリエイターのスケジュールを無制限に押さえられるかとかね。クリエイター側も金銭収入と名声を秤にかけて来るだろうし、その後の活動も視野にいれての話になるだろうから。

時間ってのは良いクリエイターが仕事してくれる時間を確保するという意味でもある。
金があったとしても、人材は有限。

理論上はアニメ業界全てのリソースを投入すればできるだろうが、そういう話ではないからな。

そもそも、アニメで十分な予算を確保できた作品ってどれくらいあるのかね。
ウチの国の大作でさえ、結局は金が足りない状況になりがち。今の国産アニメだって予算不足に苦しんでいる。
アメリカの大作3Dならそういうのが存在するのか?

例えばディズニーアニメとかはどうだろう?
アメリカのアニメは予算もデザインや制作体制も日本のアニメと違うから一概には言えないが。

どんな作品にもスケジュールが存在する。特に日本の作品は作りながら放映するから作画のミスとかが出易いのだと思う。
ウチの国のように先に作品を作って審査検閲といったシステムでもあれば作画崩壊は無くせるかもしれないが、それだと今のような数の作品は出て来なくなるだろう。

あと優秀なクリエイターが全て従順に作業してくれるとは限らないからな……

うむ。日本のアニメや漫画のクリエイターは名声が高まって好きに作って良いとなるとやらかしてしまうことも少なくない!
制限があった方が面白いものとか革新的なものを作れるタイプが多いように感じる。

日本の二次元業界は予算の使い方が下手だとは聞くね。
「十分な」予算と時間は欲しいけど、金を燃やすような勢いで使っても効率良くはならないのでは。もちろん十分な予算と時間があれば作画崩壊の割合は下がって綺麗なアニメが出来上がるとは思うけど。

評価の高い過去の名作でも作画崩壊みたいなのはあるし「無くす」のは無理だろう。
ただ金があればそういうのを減らせる。
予算が尽きた作品は不幸なことになる。

ウチの国のアニメも結局は金が足りなくなるケースが多いからね……
初動でドカンと出すけど、継続的な供給は無いし「宣伝した」額がキャッシュできちんと入るわけでもないから。

結局、資金の大量投入による作画崩壊消滅については、理論上は可能だけど実現は困難という所じゃないかな
だが金があれば作品の質が上がり金が無ければ質が落ちるのは間違いないから、質の高い作品を作るなら金は必要というのも正しい。



とまぁ、こんな感じで。
作画を通じてアニメの制作に関してもイロイロと考察されているようでした。

この数年で中国オタク界隈では作品の評価について、作画に関するものが多くなり、作画崩壊についての批判が非常に目立つようになっていましたが、今回教えていただいたネタなどのように最近は作画崩壊ネタの考察や、なんでもかんでも作画崩壊で括り過ぎることへの考察も出ているとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「俺は一体何を見たんだ」 ポプテピピックに対する中国オタクの反応

以前の記事に
「ポプテピピックの反応が見付からない」
と書いたら、ありがたいことに早速ネタのタレコミをいただいてしまいましたので今回はそれについてを。

「ポプテピピック」

はそのネタの数や方向性的に中国オタク界隈でどう受け止められるのか私も予想できないのですが、とりあえずちょっとした話題にはなっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ポプテピピック」
に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


俺は一体何を見たんだ。

これが人類には早過ぎる作品というヤツか……まさか本当にその言葉を実感できるアニメが来るとは思わなかったな。

みんなクソアニメって言っている。
作品内でも言っている。

アホなアニメって所なのかな。
褒めるべきか貶すべきか、どっちでもいけるというか。

全編にわたってギャグ状態だが、ネタが分からんのも多い。

ネタが分かるのもあったが、笑えるのは更にその半分くらいだった。

電波系というものでもない……よね?
ギャグ系で電波っぽいのだと「日常」とかが思い付くが、ここまで無軌道じゃなかったような。
2ちゃんねるのノリを取り入れた作品だと聞いた覚えもあるが、日本の2ちゃんねるってこんな感じなの?

狂ってる。わけが分からない。

まさに有毒、まさに魔性。

意味が分からないが、精神が汚染されるのは理解できる。

何が理解できなかったか理解できないから何度も見てしまう……

俺はなんか電波があってしまったのか、何度も見てしまう。

これ日本人じゃないと理解できない作品だろ。ネタも二次元だけじゃなく、日本のテレビ番組ネタとかが混じっている。
恐らく日本で生活している日本のオタクならばこれを見てとても楽しめるということなのでは。

この作品は日本のネットのネタをネットの視聴者がウケるような形にしたようだし、ウチの国の作品で言えば「十万個冷笑話」みたいなもんなのかね。
あれもウチの国だと理解できるのとできないのがくっきり分かれたし、外国人はほとんど理解できないようなことになったらしいが。

「十万個冷笑話」と言えば、この作品は日本のパロディのやり方や攻め方が分かって興味深い。
ウチの国でこの手のことをやろうとする場合、「そのまま」やってしまうことが多い、この作品では元ネタを明示しつつ変更してきている。

ウチの国のパロネタアニメが日本で放映できないとされている理由とかも見えて来るよな。ウルトラマンとかそのまま出したり、音楽やSEを元のまま使ったりというのはダメで、こういう出し方ならまだネタで許容されると。

ネタがどれだけあるのか、どんなものなのかも分からん。神の降臨を待つ。

字幕組の解説を待ち望む時代がまた来るとは。

「らき☆すた」や「げんしけん」、「絶望先生」とかのオタクネタ系作品は解説が大きかったなあ……
でもこの作品は最早そういうレベルではないような。

みんな!第一話?のネタ解説が来たぞ
こういうネタが分からんとこの作品は楽しめないのだろうか。

分からなかったり気付いていなかったネタかなりあるなあ。
てか「東離劍遊紀」まであったのかよ!

「Skyrim」の所は笑ったが、他はあまり笑えなかった。ネタが瞬時に理解できないのも原因だろうけど。

このクソアニメは合理的な作品、ロジックのかみ合った作品を求める人は見ない方が良い作品なのではないだろうか。

根本的な疑問なんだが、なんでメインキャラの声を男が演じたりしているの?放映前に発表されたキャストと明らかに違うぞ?

あれは一応原作の希望通りらしい。
ただ事前に出ていたキャストと全く違うのは私もよく分からん。

同じシーンを別の声優にやらせるというのは確かに興味深いけど、アート的な試みでしかないし作品の良さにはつながらないような。

この作品評価しているヤツはネタが分かる自分をアピールしたいだけじゃないだろうか。それか理解できない自分が認められず、自分自身を欺いているか。

実際意味不明すぎるし、「遊戯王ARC-V」みたいなことになるんじゃないか?
ニコ動の低評価がヒドイことになりそう。

業界をネタにしているとか、アート的とかのマニア受けする評価は出るかもしれないが、結局は特に含蓄も無く時間の浪費にしかならん作品だろ。しっかり見るものじゃない。

原作の作風は良く知られているしディスクの売り上げはあまりヒドイことにはならないかもしれないが、アニメの視聴者からは低評価になりそう。

いや、ニコ動では少なくとも覇権になりそうな気配らしい……再生回数がミリオンをあっさり突破、現在も上昇中。評価が高いわけではないが、再生回数がヤバい。

おい……この作品、日本のネットで大きな話題になっているようだが、まさか本当に今期覇権になるなんてことは無いよな?
こんなのが売れたらまともな作品が作られなくなるぞ!?

第二話でついたOPはなんか普通に良い感じなのがちょっとムカツク。
あとアイドルアニメはどういう関係なんだよ!?大地くんって何なの!?

今の所、2回目の男性版のEDが一番良いと感じた。

あれって二人ともアイドルマスターのプロデューサー役の声優なんだよね。
アイマスのプロデューサー二人が自分の担当アイドルを人質に取られている説には笑った。

二話の男性声優二人はスパロボネタになってようやく誰だか思い出したが、あのレベルのを連れてきてこんなことやらせんのかよ!?

二話の淫夢ネタだけは分かってしまった……

これと並ぶ意味不明な作品って何だろう。
一昔前のセカイ系作品でも大まかなストーリーくらいはあったし。

この作品は神作と理解不能の両極端な評価になりそう。

ハマる人はハマっているよね。見るのをやめられないとかいうのまでいるようだ。

第二話は第一話より理解できる部分が増えた気がするし第二話の方が自分は笑えたが、この評価を他人と共有しようとは思えない。
それとボブネミミッミとAC部はいまだに理解できん。

自分は第一話の方が良かったかも。

ところでさあ!?CVがどんどんわけわかんなくなっているんだが!
発表されていたキャストは小松未可子と上坂すみれじゃなかったの!?

俺は上坂すみれが目的で見たのに……

上坂すみれ出てたぞ。OPの歌で。
第2話で既に行方不明だが。

あ、ホントだ……ふざけるなあああああああ!!このクソアニメがああああああ!!



とまぁ、こんな感じで。
ハマってしまう人もたまにいるようですが、理解できないという声も大きいようです。

それから、作中の様々なネタに関する食いつきを見ていくと「声優ネタ」に関しては日本と違って話題になっていないようです。
この辺りに関しては、中国オタク界隈でファンが多い声優や、話題になったり意識されたりする声優と、「ポプテピピック」に出演する声優では層がかなり異なるというのも影響しているのではないかと思われます。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

bilibiliでテレ東系アニメ37作品が配信中止状態に。原因は広告表示関係か

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

毎シーズン日本の新作アニメを大量に配信している中国の動画サイトbilibiliですが、先日から一部の日本のアニメが配信中止状態になっている模様です。

bilibili公式の発表(中国語)やこちらのニュース記事(中国語)などによると
「技術的な原因によりライセンス契約における一部の責任要求を履行できなくなっていることから、技術的な問題を解決する期間は関係する37作品を配信中止処理にする」
ということのようです。
現在配信中止状態になっている37作品(同シリーズのシーズン違いも1作とカウントしている模様)は以下の作品のようです。

1月新作アニメ:
斉木楠雄のψ難第2期
弱虫ペダル GLORY LINE(第4期)
ふるさとめぐり 日本の昔ばなし(第2期)

過去の新作アニメ:
Re:ゼロから始める異世界生活
タブー・タトゥー
トリニティセブン
Wake Up, Girls!新章
世界の闇図鑑
aiseki MOGOL GIRL
けものフレンズ
BORUTO-ボルト-
双星の陰陽師
魔法陣グルグル
信長の忍び
信長の忍び〜伊勢・金ヶ崎篇〜
パズドラクロス
闇芝居第4期
闇芝居第5期
NARUTO -ナルト- 疾風伝
灼熱の卓球娘
王室教師ハイネ
ハンドレッド
スカーレッドライダーゼクス
プリパラ3rdシーズン
アイドルタイムプリパラ
美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!(第2期)
美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!
走れ!おう松さん
おそ松さん第2期
あおおに〜じ・あにめぇしょん〜
青鬼 THE ANIMATION(劇場アニメ)
弱虫ペダル NEW GENERATION
D.Gray-man HALLOW
シュヴァルツェスマーケン
ブラッククローバー
斉木楠雄のΨ難
斉木楠雄のΨ難(30分枠版)



が現在配信停止となっているとのことで、これらは主にテレ東系のアニメのようです。
それとざっと見た所では、独占配信の作品は入っていないような?

この配信中止に関する「技術的な原因」の具体的な所は分かりませんが、教えていただいた情報や、以前のbilibili公式の発表(中国語)
などによると、2016年に発生したbilibili配信作品の広告に関するゴタゴタとも関連する話のようです。
当時の状況に関する記事はコチラになります。
中国オタク「bilibiliにまで広告が。楽園が消えるのか!?」「テレ東の圧力か!?」

2016年当時の話では
「複数の中国の動画サイトがライセンスを取得する際に、商業広告付きの配信モデルにするという約束があったものの、bilibiliだけは偽広告作戦(?)でごまかしていた。でもそれに対して他のサイトから文句が出て、ライセンサーからも警告が出ちゃったから、しょうがなく広告付けた」
という感じだったそうなのですが、今回の件に関するニュースを見ると
「広告表示期間が終わった後は新たな広告を出さなかった」
「それに対してライセンサーから再び要求が来たので、無料ユーザーに対しては最低1分のスキップ不可能な広告を表示することになった」

という背景があるようですね。

ちなみに一昨年の件で緊急に広告が付いたのは「Re:ゼロから始める異世界生活」「NARUTO」「双星の陰陽師」「ハンドレッド」「プリパラ3rdシーズン」の5作品でしたが、これらも今回の配信中止作品の中にも含まれている模様です。

この1、2年の間に中国の動画サイトで配信される日本のアニメの配信形式も変化が進み、有料会員向けや、先行有料配信、広告表示は無料視聴のみにするなど、イロイロなやり方が出ています。
一般向け、メインの宣伝材料になるレベルではありませんが、定期的に新作が供給される日本のアニメは現地の動画サイト間の競争のカードの一つになっているような所も見受けられますし、今回の件も現地動画サイトの競争が背景にあったりするのでしょうかね。

bilibiliも広告無しというのが売りになっていましたが、「承包」などのアニメ配信の収益化の模索は常に行われていましたし、
中国における1月の新作アニメ最大の話題作とも言われている
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
はbilibiliが独占配信で有料先行配信(1週間後に無料配信)という形式となっているそうです。

それからこの件に関する現地の反応ですが、bilibiliは広告無しの快適な視聴環境が強みとなっていましたし、今回の配信中止の動きに関しては反発が強く、2016年の時と同じくテレ東叩きも加熱しているようです。
以下は例によって私のイイカゲンな訳による中国のソッチ系のサイトでのやりとりです。


急にアニメを見れなくするとか、テレ東は狂っている。。

テレ東はなにをやりたいんだ。本当のクズにでもなるつもりか?

こんなことをしてくるテレ東とbilibiliははやく手を切るべきだ!

ライセンサーの横暴は今に始まった話じゃないが、本当にやるせない気分だ。
テレ東とアニプレに何か痛い目を見せてやれる方法はないのか?

テレ東とbilibiliの関係もよく分からんが、テレ東は何を勘違いしているんだか。
自分が主流的だとか特権的だとか思ってんのか?

影響があるかもしれないのは「斉木楠雄のψ難」くらいだ。

「リゼロ」とかはもう見ないし、「けものフレンズ」も興味ないから俺には特に影響も無い。テレ東とか切っちゃえばいいんだよ。

ちゃんとしたオタクはテレ東のゴミアニメに好みの作品なんて無いからどうでもいいわ。

もう見ない作品ばかりだしこのまま全部配信中止で問題無い。

他所の会社の業務に干渉してくるとかテレ東は本当に何様のつもりだ。
日本は朝鮮半島でも余計なことしまくっているんだから日本の会社なんかと交渉する必要は無い!

なぜ金を出して買ったのに犯罪者扱いされなければならない!
テレ東は気が狂っている!!
bilibiliには強い態度で臨んで欲しい。我々はもちろんそれを支持する!

完全に違法だよ、テレ東の要求は。
前も酷かったが今度のは更に図々しい。広告の長さまで管理しようとするなんて。次はなんだ?こっちの有料会員の費用でも管理する気か!?

まぁ有料会員だと広告飛ばせるし、俺は元々会員だからどっちでもいいや。
他のサイトでも見れる作品だしね。

今の時代にこんなことをしたがるとか、日本の会社は本当に時代遅れだな。bilibiliに限らず我が国の先進的な企業戦略が理解できていないのか。もうbilibiliはトラフィックやPVで稼いでいるわけじゃないのに。

ただテレ東の作品ってアクセス数的には上位に来るのが多いからね。そっちの貢献が大きいのは確か。しかも他のサイトでも配信している作品ばかりだから、どうなるやら。

実際の所bilibiliの利益はゲームからだからな。アニメなんてゲームの宣伝。
bilibiliを支持するために久々にアズールレーンに課金したわ。

そうなると今度はFGOの関係が出て来るけどな!
実際の所、これって他のライセンス取得している所との関係による影響もあるだろうからね。それにライセンサーもそのまま広告費用をもらえるわけではないはずだし。

作品を見るとiqiyiやyoukutudouでも配信されている作品だし、広告無しでやっているbilibiliにプレッシャーかけているって所もあるんだろう。
テレ東が恥知らずなことしているのは変わらんが。

日本人が我々のやり方を決めるとか、マジで受け入れられない。
こういうのは政府にも働きかけて戦うべきだ。あいつらには何も与えてはならない。
日本のアニメを一度全部配信中止にして分からせてやればいいんだ。



といった反応が飛び交っている模様です。
上の発言にもありますが、テレ東がbilibiliの運営に過度の干渉をしてきたと受け止められているらしく、それが結構な反発を生んでいるようで。

ちなみに直接関係する話ではありませんが、テレビ東京は中国語では「東京電視台」となっているので、略称が「東電」となっている模様です。
そんな訳で中国におけるテレ東への罵声は
「東電死ね」
「クソ東電」
のような感じになって某電力会社への罵倒にも見えてしまったりするので、日本語の頭で見るとなんだか不思議な気分になってきたりも。

このbilibiliの配信中止に関しては契約内容がどうなっているのか、どういうルートを通じてのものか、間に何があるのかなどハッキリ分からないので何とも言えませんし、私もまずは様子見というか続報待ちということで追っかけてみようかと思います。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「関西で将棋をやるとロリにもてるの?」 りゅうおうのおしごと!に対する中国オタクの反応

新作アニメに関してありがたいことにネタのタレコミや質問をいただいております。
ただ幾つか質問をいただいている「ポプテピピック」に関しては今の所まとまった反応は出ていないようで、もし何か面白い反応が見付かったらやるということでどうかご容赦を……

それはともかく、とりあえず今回の更新を。

1月の新作アニメの
「りゅうおうのおしごと!」

は将棋という日本独自の題材ではあるものの、原作のラノベが中国のラノベ読みの間でも評価が高いそうで、アニメの第一話もなかなかの注目が集まっているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「りゅうおうのおしごと!」
に関するやり取りを、例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


「りゅうおうのおしごと!」、悪くないね。
第一話を見終わったが、日本の将棋知らない自分でも楽しめそう。

まったく、小学生は最高だぜ!
将棋を学ぶとこんな万能の小学生女子が弟子になってくれるというのか!?

ヒロインを見た感じでは、また幼馴染が敗ける作品なのだろうか……

最後のいわゆる勝ち負けはともかく、幼馴染枠の姉弟子は重要キャラになってるよ。
将棋を舞台にしている関係から女性棋士の限界という残酷な現実にぶつかるなどストーリー上ではいじめられているが。

削られた部分も少なくないが原作党としてはそれなりに満足のいくスタートだったように思う。

第一話はキャラ紹介という感じだったが、今後はどうなるのかね。
ロリキャラのおかげで勝つみたいな話だったらイヤなんだけど。

弟子だしストーリー上はもちろん重要な扱いになるが、たぶんお前の想像している流れではないから安心していいぞ!
しかしアニメの最初の展開を見て思い出したが、この作品ってラノベの定番みたいなラッキースケベ展開で始まる話だったな。読み始めた時はとても引き付けられる作品になるとは思いもしなかった。

あいがとても萌えるキャラなので、将棋分からんけど次も見る。
ただ幼馴染の姉弟子も気になる。

ストーリー上の扱いは姉弟子の方があいよりも良いというか、感情移入できる所はあるかも。
あと原作は3巻からストーリーが加速するし、アニメでどこまでやってくれるかが気になる。

他の「後から面白くなる」と言われる作品と比べるとまだ序盤からいける方の作品じゃないかな。
同じ作者の「のうりん」と比べても進化していると思う。

こんなキャラと設定だが、実は正統派の作品なんだよな。
原作者の白鳥士郎はネタや俗な皮を正統派な内容にかぶせて作品を作るタイプだが、この作品ではその辺りのバランスが良くなっている。
「のうりん」もよく読んでみると農業についてかなり深くやっているんだが、ギャグ部分やサービス部分がアレだったから、なかなかそこまで伝わらなかったような……

原作のあとがきを読むと、作者がかなり真摯なタイプだというのが分かるよね。

でもロリで将棋を引っ張るのは上手いやり方だろう。
しかもこの歳で実は「将棋を始めるには遅い」という現実の事情があるから、ロリキャラでも何の問題も無いとは!

なんだかとても「感染する」作品……将棋に関しても性癖に関しても……

ちょっと気になったのはロリキャラが目立ちすぎているのと、音楽があまりあってないかもしれないというくらいで、結構良いスタートなのでは。

第一話を見た限りではロリキャラがカワイイ以外の感想は無かったんだが、なんか原作党達が活発だし、一応追っかけてみるか。

しかし、男が16歳の場合はロリコンになるのだろうか?
年齢差で見るとそれ程でもないように思えてしまうのだが。

小学生はダメだろ……

アニメの一話もそうだが、原作も1巻はキャラと設定紹介でロリが目立つ感じだからね……今後をどういう配分にするのやら。
とりあえず次の中二病戦は後と比べるとそこまで熱くは無いし。

原作党としては5巻までアニメ化しない場合は残念なことになりそうだし心配だ。
原作の4、5巻は本当に熱い展開なんだが。

とりあえず原作1巻の見所はあいの研修会試験だろう。
私はそこでこの作品の世界観に惹かれるようになったから、そこをアニメでも面白く描写して欲しい。

ストーリーは燃えも感動もあるから問題ではない。
心配なのは第一期でどこまでやるかだよね……

ふーむ、そんな感じなのか。
なら竜王になっている主人公は渡辺明をモデルにすれば良かったのにな。そうすれば現実のタイトル陥落ともリンクみたいなことができて話題になったと思う。

いやそこは「名人」のモデルが永世七冠を獲得して日本の将棋界では今一番の話題になっているから、この作品は十分に良いタイミングと題材でアニメ化できた方だと思うぞ。
だからこのまま対名人戦までやってくれるんじゃないかと期待している。

なるほど。そっちか。
将棋作品では羽生や谷川をモデルにしたキャラはよく出てくるそうだが、やはりいるのか。

この作品って、やはりキャラの元ネタやモデルが存在するの?

原作のクライマックスとも言える対戦相手の「名人」のモデルが永世七冠を獲得した羽生善治と言われている。
ちなみにこの男の日本での愛称は「鬼畜眼鏡」だ。「3月のライオン」の宗谷冬司のモデルの一人でもある。
他にも「りゅうおうのおしごと!」のキャラやネタに関しては結構モデルがいたはず。

鬼畜眼鏡……やはり戦い方が鬼畜なのか?それとも……?

勝てると思っていた対戦者がいつの間にか自分の方が負けそうになっているのに気付いたり、挑戦者の得意戦法を使ってきたりして、負けた方は精神崩壊しそうになるという伝説はある。
どちらにしろ、羽生善治は将棋界では二次元どころの騒ぎでは無い存在。経歴だけを見てもなんかおかしい。

原作はロリキャラとの日常と将棋でハッキリ分かれている感もある。ロリキャラとの日常は第一話でみんなが見た通りだが、将棋部分はまだだからね。

ロリキャラの日常部分だけでも、一月新作の中では安定したレベルの作品だとは感じられた。

あと不安なのは字幕だなあ……正規配信の字幕は注釈ないし、誤字も目に付いた。
ストーリーもキャラデザも良いし、クオリティも一話は悪くないだけにそこは不満だ。。

頭脳スポーツ系では予想外の出来だね。
今後に期待だ。

将棋のルールはいまだにちゃんと把握していないが、悪くない作品のようだ。
「3月のライオン」とはまた違う感じで面白い。

それにしても、関西で将棋をやるとロリにもてるの?

となりの関東ではおっさんばかりなのにね……

「3月のライオン」とは主人公の立場がかなり違うし、それに伴って世界観や人間関係も違うからなあ。
こっちは竜王というタイトルホルダーだから、将棋界のトップクラス。しかも作中では最年少記録持ちという最強系。

「3月のライオン」はC級で五段だったか。
物語開始時点でスランプな状態なのは同じかもしれないが、この九頭竜八一という覚えやすい名前の主人公は16歳で竜王獲得、八段だから開始時点での実績が段違い。

この作品の主人公も順位戦ではC級だけど、タイトル持ってるからね。
熱血ではあるけど努力と才能の残酷さが強く描写されていて、そこにまた感情移入してしまう。

桐山零が原作でぐるぐるしている所をコイツは一気に飛び越えているのか。
中学生でプロになった天才というキャラでも、結構違う扱いになるもんなんだな。

「3月のライオン」はモデル的にも一昔前の将棋の世界という感じなんじゃないかな。
逆に「りゅうおうのおしごと!」はニコ動と将棋の関係とか、かなり現代に寄せてきている。あとロリキャラが目立つが実は人間関係よりも将棋がストーリーの中で重い。

この作品って実は現実的だと聞くけど、二次元的な誇張ネタってどの辺なの?

たぶん顔面偏差値が高い所や、中二病要素とかかな。あとかわいいロリ小学生が内弟子とか。
キャラの経歴、それからキャラの奇行に関しても元ネタがあったり、現実をちょっと誇張すれば有り得なくはない程度らしい。

ちなみに一話に出てきた中二病のキャラだが、マントを私服として着用している佐藤天彦という棋士が実在する。こっちも名人位を獲得しているから間違いなく強い。
ちなみに日本での愛称は「貴族」だ……

渡辺明の「魔王」や「魔太郎」とか、調べてみると日本の棋士って二次元というか中二病というかな愛称がかなり出てくる。
あと現実の日本の将棋界でも竜王タイトルの予選で16歳が連勝の新記録を出しているし、天才少年というのもそれなりに現実での説得力はあるんだろう。
言ってみれば日本の将棋は子供が大人に勝っても不思議ではない世界だから。



とまぁ、こんな感じで。
作品の内容に加えて、日本の将棋のネタも含めてイロイロな発言が出ていました。

将棋という中国では馴染みの無い題材ではありますが、先行して「3月のライオン」などの将棋系作品があったことや、原作党とも言われる中国オタク界隈における熱心な原作ファンがいることもあってか、語れる人も少なくないようです。

個人的にもここ最近ではかなりハマったラノベ作品なので、アニメの方も追いかけるのが楽しみな作品ですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「萌えという概念を知ってから見るのも良い作品だよね。」 カードキャプターさくら クリアカード編への中国オタクの反応

1月の新作アニメに関してありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただいているので今回はそれについてを。

先日放映の始まった
「カードキャプターさくら クリアカード編」

ですが、旧シリーズが中国本土や香港のテレビでも放映されていたこともあってか、中国の方でも新シリーズにかなり盛り上がっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「カードキャプターさくら クリアカード編」
に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


カードキャプターさくらの新作アニメに萌えた。俺は萌え死んだ。

初代萌王の登場だな!
(訳注:中国では現在も現地開催も含めてアニメ最萌トーナメントが話題になっており、日本のアニメ最萌トーナメントの初代優勝である木之本桜は初代萌王の異名でも知られているのだとか)

さくらも小狼も本当にカワイイし、髪のアクセサリが変わった知世もカワイイ。これは恐ろしい作品だよ!

小さい頃の思い出の作品。
スタッフも昔の人がかなり入っている。第一話も良い感じ。これは追っかけなければ。

まさに良いアニメと言える作品だ。
ストーリーも作画も安定してまとまっている。

桜と小狼のカップルに萌えた当時の心を思い出した。
いや当時は萌えなんて言葉知らなかったが。あと今の自分なら「知世ちゃんは俺の嫁」という言葉も言えるな!

萌えという概念を知ってから見るのも良い作品だよね。
第一話はEDまで夢中になって見てしまった。

私はこの作品で最初の日本語を覚えた。「さくら」という言葉を。

前に見たのは小学校の頃だったかなー

私も小学生の頃に見たっきりで、ストーリーもキャラもかなり忘れてしまっていたが、第一話を見て記憶が蘇ったよ。
最近の新作アニメとは明らかに違う。こういう平穏で純粋なアニメって最近見ていなかったように思う。

自分はもうおっさんになってしまったが、若い頃にこっそりとこのアニメを見ていた。
女の子向けのアニメを見ているというのを親に見られるのが恥ずかしくて。

歳とったもんだよな……当時は妹的な感覚でさくらを見ていたが、今回の作品では娘を見るような感覚になっている。

そこは、しょうがない。
とりあえず今の時代にまたさくらの新作アニメが見れることを喜ぼうぜ!

ふぅ……EDも良い。
あと早見沙織が歌っているのか。新キャラのキャストになるのかな?

歌だけということも有り得る。坂本真綾もTV本編には出ていないから。
それにしても坂本真綾のOPも良い。その歌を背景に旧作の雰囲気を残しながら、現代のレベルの作画になっているOPアニメもとても良い。

OPはプラチナの時のオマージュにもなっていたよね。

新作版は旧作を意識させられる演出が色んな所にあって嬉しいよ。
こういうのがファンを大事にしてくれる、親切なアニメって言うのかな。

良い作品だ。
魔法関係のエフェクトとか昔の方が好みだったみたいなのはあるがこれは個人的な好みの範囲かね。

私も魔法関係は旧作の方が好みかな。現代的な演出にレベルアップしているのは分かるんだが。
全体的に見れば第一話からとても満足できる出来だったけどね。

自分が残念だったのはもうローラースケートを使わなくなってしまったことかな!

なんだか見ていて嬉しくなる作品。
今期は様々な理由の当たり作品があって良い感じだわ。

ちょっと聞きたいんだけど、なんでみんなこの作品に対してそんなにテンション高くなっているんだ?
言っちゃなんだが子供向けだし幼稚な作品に思えるんだけど。

そりゃ子供向けの作品だからな。
思い出補正が混じっているというのも否定はしない。

この作品は魔法少女系作品の歴史においても重要な作品よ。

そうなのか?確か変身魔法少女の有名作品だっけ?

いやさくらの場合は変身するけど「着替え」だし、魔法で変身するわけでもないからカテゴリ的にはちょっと違うかな。
ただ現代の二次元世界における魔法少女作品の潮流を作った作品なのは間違いない。この作品以前と以後では魔法少女の存在感が違う。

同人でも有名だったりするけど、作品自体はずっと子供向けの作品。
ただウチの国の子供向けと違って甘い恋愛要素もあるのが良いんだよ……!

キャラクター同士の関係とかの設定はオタク向け的に尖っている所もあるけど、ストーリー自体は今の作品と比べればかなり普通だよね。

そりゃもう旧作が作られたのは20年くらい前だからな。

ウチの国のテレビでも放映されていたし昔ハマっていた人は多いぞ。
そらもう騒ぐって!

「カードキャプターさくら」ってウチの国のテレビで放映された日本のアニメ作品の中では色んな意味で「大作」になると思う。作品の出来や長さ、放映された範囲やその影響力などで。

当時はオタク的な部分を全く意識しなかったなあ……日本ではオタク界に衝撃を与えた作品だったらしいが。

90年代生まれく来の世代にとっては思い出の作品になるだろう。
00年代半ばから日本のアニメがウチの国で放映されることは無くなってしまったしね。

妙に話題になっているから自分も追っかけてみようと思うんだが、この作品って前作の知識が無いと厳しかったりする?

百度百科とのwiki系で調べれば大丈夫だと思うぞ。
もちろん前作を見ておいて損は無いが。

なるほど。とりあえずこのまま追っかけることにするわ。
今から前作を見ても先輩の人達の子供の頃の思い出的なモノは分からんだろうしね。

普通の魔法少女よ、普通の。
あとはちょっと甘いストーリーとかかな?裏設定はかなり攻めているが、メインの部分は普通の話。

思い入れ的なモノはともかく、ヒマな時にでも前作を見ておくのはオススメだよ!
私は元旦の休みはこの作品の復習にあてた!

しかし今回の作品の関連商品はどうなるやら。
ディスクもグッズも今の時代に合わせて繰り出してくるだろうし。

うむ。子供の時とは違って情報も手に入れる手段も増え、今では買えてしまう範囲が広まった。恐ろしいことになりそうだ



とまぁ、こんな感じで。
中国のテレビで放映された際に見ていた経験もある、中国オタクのやや上の世代を中心に、盛り上がっている模様です。

ちなみに中国オタクの方々から聞いた話によると、中国では「カードキャプターさくら」を中国のテレビで見てハマった人も多く、いわゆる「心のアニメ」的な捉え方をする人も多いそうです。

またオタク分野に与えた影響が強い作品という知識は中国オタク会話に置いても広まっているそうですが、中国で人気になった時期はまだオタクがどうのこうのという空気が無かったのもあってか、オタク的な感覚や文脈からこの作品を考える人は意外に少ないとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


上のやり取りで出ている、2006年の「ゴールデンタイムの外国製アニメ放映禁止」についての記事です。
その日、中国のお偉いさんは気付いた。日本のアニメに包囲されている恐怖を

中国オタク「これが日式拉面の食い方なのか!」 ラーメン大好き小泉さんに対する中国オタクの反応

ぼちぼち1月の新作アニメも始まってきましたが、ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

1月新作アニメの中では早い時期の開始となった
「ラーメン大好き小泉さん」

ですが、中国オタク界隈では早速話題になっているそうです。

中華料理には様々な麺料理がありますし、それに加えて今の中国では日本のラーメンは「日式拉面」というジャンルとして認識されていますし、ラーメンが題材というのはイロイロと見所があるのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ラーメン大好き小泉さん」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ラーメンを食べて幸せになるアニメ、そういうのもあるのだな!

見ていてハラが減るアニメだよ……

美食系では味が想像できないような食べ物がちょくちょく出る。
作品の演出上ありふれ過ぎた作品だと困るのは分かるが、全く想像できないのも微妙だ。日本のーメンだと味が想像できるかできないかの曖昧で良いバランスになっているように思う。

これが日式拉面の食い方なのか!

私は次から昼に見ることにする。
夜に見るにはとてもつらいアニメだ。

ちゃんとした店のラーメンだけかと思いきや、EDでカップ麺とかも推してくるしね……

日本のラーメンの情報がイロイロ出ていて面白いな。

これ確か実写版が先にあったよね?
原作漫画があるのは知っていたが、アニメ版も作ったの?

アニメ版まで作るのは一つの戦略だ。オタク向けの作品だからね。
日本ではラーメンに関するオタクが一大ジャンルになっている。それを二次元の萌え豚系と合わせたのがこれ。

ラーメンと二次元の萌豚で豚がダブってしまったな……

日本のラーメン事情が分かるのは面白いが、ラーメンって高いんだな。
一杯が800円もするとは。

日本のラーメンは高級化傾向にあるし、有名な店は1000円くらいになるね。
よほど好きでないと普段から店で食うのはちょっと厳しい感じかも。

俺はやはりいつもの康師傅でいこう。ラーメンで食いたくなるのはやはりコレ
(訳注:康師傅は台湾系の食品会社で、中国本土ではインスタントラーメンのブランドとしても非常に高い人気となっています)

私は蘭州拉面しか食べたことないので……

博多豚骨ラーメンとか美味しいぞ。

馬油とマー油と麻油という表記が意味不明だ……日本人は漢字をきちんと使えないのだろうか?

あれ胡麻かと思ったらニンニクの油なんだな。混乱しそう。

鶏油はそのまんまかい!しかも読み方中国語かよ!
とアニメと同じ感想になってしまった。

ラーメン系の用語はラーメンジャンル内の独特なものになっているからね。
後でやるのかもしれないが、OPで出ていた清湯や白湯も中華料理のものとは異なるからツッコミたくなる人出るだろうね。

そしてラーメンのために時を止める……!

ザ・ワールドとは山盛りのラーメンを瞬時に食べ終わる能力だったのか!!

おまえは今まで食ったラーメンの杯数をおぼえているのか?

時を止められるのにお金は払うのね、と思った自分は汚れていると感じました……更に最初に自動販売機で券を買っていたのを思い出して視聴体験の穴も感じてまた微妙な気分になりました……

日本の作品は物を食う時に静かに食えないのか。
最近見た作品は派手な反応を競ってばかりだ。

まったくだ。物を食う時は独りで静かで豊かでないと。

日本の作品って物を食うとエロイ気分になるのがパターンだが、いったい何が入っているのだろう。

まぁラーメンをあの勢いで食ったなら顔が赤くなって興奮だか過呼吸に近くなる理由にならなくもない。服が脱げるわけでもないし!
それから独りの世界ではあるのかもしれん。ラーメン食ってる世界観は。

服は脱げないのか……そうか……うん分かった……

私はラーメンを勢いよく啜って食べているのを見ていて不安になってしまった。
熱くないのかとか汁が飛ばないのかとか。自分のことではないというのに。

あの食い方って汁が飛んでヤバそうだよね。
白いシャツを着ていてもあの食い方ができるのはちょっとした特殊能力としても良いと思う。

自分は箸で手繰りながら食べてる。
汁が飛ぶのも怖いし、熱くて一気に食うのは無理だ。

私は一度服とテーブルに甚大な被害を出してからはあの食べ方は封印している。

普通はあんな食べ方しないだろ……あれは誇張表現の一種だ。
実際はみんな汁を飛ばさないかビクビクしながら食っているよ。

ラーメンは分からないが、日本では蕎麦は音を出すのが正しいはず。
日本語の先生に聞いたが、蕎麦の音は食事のマナーに関する文化的な衝突ネタとしては有名らしい。

自分は日本に住んでいるけど、日本人は本当にあんな感じで吸い上げるぞ。
ああやって食べるのが美味しいということの証明のはず。

ふーむ、中国でやったら怒られそうな気もする食べ方だが日本ではそんな受け取り方になるのか。

そこは食べる場所や人次第じゃないか。ウチの国でもちょっと音立てたくらいで怒られたりはしないだろ。汁を隣に飛ばしたら怒られるのは当然だが。
あと私も日本でラーメンを食べる時は「音を出さないといけない」という話を聞いた覚えがある。そうでなければ店に失礼になるとか。

そこまで厳しいものではないぞ。
以前日本のラーメン屋に行った時に見た感じでは、啜っている人もいればレンゲ経由で食っている人もいた。

アニメのあの食い方は周りに汁を飛ばして大変なことになりそうで出来ないな……
家で食べる時は時々全力でやったりするが。

あのアニメ派ラーメンを食べるためにポニテリボンにするとか気合入り過ぎだし時を止めるとか力使い過ぎですがな

でもなんだか不思議な爽快感はある。

誇張の演出としては、麺を箸で手繰り続けるとかより小泉さんの啜る方が好みかも。

二次元的な誇張はあるけど、あの食べ方は良いぞ。
満足感というものが何なのかよく分かる!

人の目を気にしないでラーメンを好きなように食べるというのは現代に生きる人間にとって意外に難しく、だがそれだけに癒しとなるのかもしれない。美食によって興奮するのも悪いことではない。
つまりあれだ……体重なんてどうでもいい!私は夜でも食う!!

二次元っていいよね……こんな油っぽくてヘビーなものを毎日食べても容姿や体形が変わらないんだから……

そう言えば声優は物を食うシーンでは実際に食べていると聞いたことがあるが、この作品ではアフレコ現場でラーメン啜っているのだろうか?
主役の声優のエピソード的にありそうに思えてしまうのだが。

グルメ系で主役の声優も同じだから「だがしかし」と似たような感じになるのかな?食い物関係のアピールも含めて。
「だがしかし」では収録の時に実際に食べていたらしいが。

アニメの中のラーメン程度の細さなら啜って食うのもそれほど難しくない。ああいうのは太い麺の方が難しいんだ。
俺はもっと太い麺でも啜って汁のダメージ無しに食うことができる。俺の啜る技術を見せてやろうか!

うむ。ではまず二次元の萌えキャラになることから始めてくれ。



とまぁ、こんな感じで。
日本のラーメン事情に加えてラーメンの食べ方などにも話が及んでいました。

当然ながら麺を食べるというのは中国でも日常的なものですし、イロイロと実感できる部分や、自分の経験と比べてアレコレと語れる所もあることから、「ラーメン大好き小泉さん」に関してはラーメンだけでなく、ラーメンを食べるスタイルに関しても注目が集まっている模様です。

ちなみに作品とは関係ありませんが、管理人はラーメンを啜って汁を飛ばさずに食べきる自信がありません。
レンゲとの二刀流なら中国の刀削麺で鍛えた経験でラーメンだろうがうどんだろうが問題なく対応できるのですが……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「FGOの第二部で秦をやるらしい」「秦って……またFGOが燃えるのか……」

ありがたいことにFGOの第二部の展開に関する質問を複数いただいておりますので、今回はそれについてを。
ちなみに管理人の福袋の結果は三騎士の方に突っ込んでモードレッドでした。持っていない所が来てくれたのでそこそこという感じでしょうか。

さて本題に。
年末年始でイロイロな新展開のあったFGOですが、第二部の各エピソードに関する情報も出てきました。


その中の
ロストベルトNo.3 紅の月下美人
BC.0210 人智統合真国■■■

が始皇帝の没年であることや動画に出てきた内容から
「秦が舞台になるのではないか」
という見方が出ています。

この件に関しては中国オタク界隈でも話題になっているようなので、
以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGO第二部で秦が舞台になるのでは?」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


FGOの第二部で秦をやるらしいぞ

ネタかと思ったら本当だな……

まだ確定じゃないだろ。

いやでも、紀元前210年って始皇帝の没年だし我が国の秦以外無いだろ。

ふむ。その年なら始皇帝死んでるし炎上の種は無いな。

そんなことあるか!
明らかに始皇帝が死なないとかで歴史が変わるネタだろ!!

ホントに大秦帝国でやるのか。
あと第二部OPに出ているのは中国のサーヴァントでいいのか?

紀元前210年だし、中国っぽい建築が出てるから舞台に関してはほぼ確定じゃないかな。サーヴァントも中国系が有力。

秦って……またFGOが燃えるのか……

なぜこの時代を舞台にした。
東出の肉塊の化物となった始皇帝出すなんて。

本当に秦でやるならいよいよFGOは終わりだ。東出によりFGO終了。
昔は中国のサーヴァントを妄想したこともあるが、東出が肉塊始皇帝を出してきてからはどうせ中国のサーヴァントは化物にされると考えるのをやめてやったよ!

あれだけ炎上したんだし、さすがに今回は同じことはやらんだろ。

人間形態ってことは、噂の遠坂時臣に似ている始皇帝が出るのか!?

しかしこの時代ってことは楚漢戦争でやるのか?
てことは項羽や虞姫が出るのか?

楚漢戦争が動くのはもう少し後だろうし秦がメインじゃないか?
ただ項羽や劉邦などが出揃ってはいる。
あと月下美人が誰を指すのか。虞姫だとちょっと時代が合わない。そうなるとまた誰か女体化かされてしまうのか……

自分の国の歴史上の人物を女体化されてもあまりうれしくないんだよ!
詳しく知っているしイメージも固まっているからエロ妄想が捗らない。
女体化は勘弁してほしい。

女体化リソースは別の所で使ってほしいね……

俺は項羽劉邦始皇帝と女体化でもいける!まぁ少数派だろうけど。

FGOの制作チームはバカなのか。脳みそ無いのか。
秦の時代を舞台にするとかFateはまた国際的な謝罪をしたいのか?
燃えそうなネタばかりだろうに。

既に荊軻がいるから大秦帝国のストーリーが来るのこと自体は予想できた。武則天と唐の世界観の部分が先に出るとは思わなかったが。
影響力的に唐関係が出る可能性はあると思っていたけどね。

まぁいいよ。ただ東出に書かせるな。

そうそう。東出が書かなければ何も問題無い。

FGOはライター公開されないから、たぶん不満が出たら全部東出扱いになるんじゃないか?
ちなみに日本だと不満が出たら全部桜井のせいにされている模様。

FGOってきのこがメインで書いているんじゃないの?少なくとも主筆的なポジションだと認識していたが。

きのこは監修で基本的な設定構築や出すキャラ以外は各ライターに投げているはず。
きのこが全部書いていたら実装ペースかなり遅くなるし本人過労死確定だ。

第二部できのこ担当は恐らく円卓の章じゃないかな。

私はむしろ東出に書かせるべきだと思う。
そして大爆死することを望む。そうなれば歴史に残る炎上が起こって日本の連中もさすがに理解できるだろう。

同意だ。型月にきちんと思い知らせた方が良い。愚かなことをやる気が起きないようにね。

中国の指導者や英雄を出さなきゃいい。舞台を秦にするくらいならいけるんじゃないの。

東出の担当とされている第一部の1章3章5章は別に悪くないし、感情的な部分を除けば何とかなるんじゃないか。
一度大炎上したんだからさすがに何かしら収集する展開にはするだろう。

書くのはたぶん東出だろうけど、桜井の可能性も考えられなくはない。過去にエロゲーで近代中国を舞台にした武侠やクトゥルフネタの作品に関わっているから。
ちなみにそっちでもクトゥルフだから触手肉塊になりそうだな!

今の所はタイトルとOPくらいしか考える材料は無いが人智統合真国の人智と統合って何をするのだろうか。焚書坑儒ネタから何かやるのか?
それとここが最も異聞深度が浅いのも気になる。史実からの乖離が小さいということなのか。

ありがちな所では始皇帝が不老不死の霊薬を手に入れたか、聖杯に不老不死を願ったかな世界線か?
型月の世界は不老不死の霊薬は存在することになっているからな。

どっちにしろ、ゴミを出して来たら金払わなきゃいいんだよ。
どんなバカだって自分の先祖をやられ役だとかマヌケな存在に描かれることは喜ばないだろう。どんなにキモオタでもな!

ウチの国の強い星5レアが来てほしいわ。
孔明は結局ウェイバーだから。

始皇帝の強さはギルやカルナくらいにはしろよ。
イラストもちゃんとした絵師使え。

設定は間違いなく最強クラスにしてくるだろうけど、ゲームの性能強いとは限らないぞ。
イラストは……社長が描けばお前らは満足するのか?

武内顔……セイバー顔の始皇帝……判断に迷うな。

中国関係では始皇帝と荊軻、あと狄青説や蘭陵王説のある仮面のサーヴァントが出るだろうからあとは他の国のサーヴァントが出てくるんじゃないか。全部中国系だけでやることはないだろうから。

能力的には皇帝特権系のスキル、それから無辜の怪物とか?クラスはセイバーだろうか?ライダーだろうか?

実は私は肉塊始皇帝とか気にならなくなってきている。
既に日本版ではクトゥルー系が二人出ているし。
あと始皇帝の怪物化って国産ゲームでも珍しいもんじゃないし。

今考えてみると、東出の始皇帝に関しては第二部にかけてのクトゥルーネタが既に準備されていたことによる影響もあったのかね。
ただ外国の人気作品で始皇帝を怪物にするのはやはりどうにもならんのかも。特に型月はFGOで人増えて何やっても炎上する状態になってきているから。

ああ……もうダメだあ……クトゥルー始皇帝があ……いあいあ……

クトゥルーの流れを考えると我らが大秦の滅亡待ったなしだな。

しかし考えてみると、「大秦」になるとローマの意味になったりもするんだよね。単純に秦と考えていいのだろうか?

ローマネタをぶち込んでくる可能性は否定できない。
始皇帝没年って欧州では第二次ポエニ戦争の最中で、ローマがハンニバルにボコボコにやられている時期。ローマが盛り返していく流れではあるんだが、まだ不利。

ハンニバルが強かった時期か。ローマが亡びる強い理由が存在するからそっちの話でやる可能性も考えられるわけか。

カンナエの戦いが紀元前216年だし、ザマの戦いが紀元前202年だから210年だと中途半端なんだけどね。OPムービーでも中国っぽい建物出てるから始皇帝の没年に合わせてきている秦の方が有力と見て問題ないとは思う。
ただFateではローマ関係でハンニバルが「まだ出ていない」からそっちの方も気になるし、同時期に死亡しているアルキメデスもいるからな。

結局、東出が書こうが書くまいが問題では無い。問題なのは我が国の太古の英雄や皇帝がヒドイ扱いにされることだ。
TYPE-MOONはその辺りの超えてはならないラインを超えて来るから嫌なんだよ。

ストーリー上の整合性、合理的な描写があれば問題無いが型月はそういうのを省いたりあえて考慮しないこともある。

だが合理的とか言ってもコピペと翻訳の伝聞で燃えるしなあ……

どっちにしろ、秦や始皇帝関係のストーリーでウチの国の人間を満足させるのは難しいと思う。そういう面ではダメ元的に考えられるか?

そうだな……待て、しかして希望せよ!と言いたいがこればっかりはね。



とまぁ、こんな感じで。
一時期に比べて落ち着いてはいますが、中国オタク界隈における以前の始皇帝に関する炎上の件の影響は根強く、どうしてもネガティブな見方が出てしまう模様です。それと同時に考察も行われてはいるのですが。

ただFGOに限らず最近の外国系コンテンツに出てくる中華要素に関して、中国では基本的にネガティブな見方になるというか、問題点を粗探しされるような傾向が強くなってきているので、この辺りを気にし過ぎてもしょうがない気もしますね。

またFGOにおける中華系サーヴァントの扱いを見ると、
中国市場にも展開するコンテンツでちょくちょく出てくるような
「中国市場を意識した中国向けのサービス」
というのではなくごく普通に扱われているようにも感じられますから、TYPE-MOONの世界観で中華世界をどのように調理してくるのか、個人的には今からとても楽しみです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

Fateと中国の相性の悪さ 中華系サーヴァントを今のFateに出すと炎上する理由

なぜFateの中華系サーヴァントはこれまで問題にならなかったか 

中国人「日本人はどうやって冬に暖を取っているんだ。セントラルヒーティング無いんだろ?」

ぼちぼち通常更新に復帰していきたい所ですが、今回はとりあえずあまりオタク事情とは関係ないネタで。

中国では寒い所の住宅は
「暖気」
と呼ばれるセントラルヒーティングが標準装備になっていまして、冬の間はそれによって暖かく過ごすことができます。
(ただこの暖気、暖かくて良いのですが供給期間が決まっているのでその前後はなかなかに厳しかったりもするのですが)

中国から日本に旅行に来たり、日本に長期滞在する人も少なくない今日この頃ですが、冬の暖房事情に関して、日本と中国の違いに戸惑ったり不思議に思ったりすることも少なくないのだとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本の住宅の暖房事情」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本人はどうやって冬に暖を取っているんだ。「暖気」(セントラルヒーティング)無いんだろ?

日本ってそこまで寒くないんじゃないの?

いや中国と同じように寒い所もあれば物凄く寒い所もある。
あと雪に関しては人間が住む都市として見れば世界上位級がいくつもある。一晩で数メートルとか、朝降りはじめて昼にもう数十センチとかそういうのが珍しくない。

ウチの国でも南方にはセントラルヒーティング無いから、エアコンとかでなんとかなるんだろう。

上海辺りの気候が東京の気候と似ているとは言われているが、たぶん東京や千葉、埼玉辺りの方が寒いな。
日本はエアコン効いている場所は多いが、それが無いとかなり厳しいのも確かかな。

日本の家にセントラルヒーティングが無いのは分かったが、韓国みたいに床暖房とかも無いの?

無いよ。
基本的にはエアコン。

俺は東京の近くに住んでいるがセントラルヒーティング無くても大丈夫だな。12月になっても暖房器具出そうとは思わないし。

関東地区でも冬は普通に寒いぞ……・家の中で吐く息が白くなる
暖房に関してはエアコンあるけどちょっと厳しいね。

住んでる場所や家屋の向きにもよるな。場所によってはかなり冷えるし、家の中で普通に息が白くなるレベル。
特に朝起きて自分の息が白いのはさすがにキツイ。関東で暖房無しかパワー不足の家ってのはこの状態になる。

関東や関西なら上に冬用のジャケットを着れば問題無かったよ。そんなに厚着しないでも問題なかった。

暖房か……日本で生活するならハンコとスーツが必要、それから「暖気」が無いのを把握しておけという話もあったな。

いや、今の時代にエアコンは分かるんだがエアコン以前はどうしていたんだ?
現代のエアコン普及までの間が分からん。

日本は公共の場所やホテルとかは暖房強いし暑いくらいだ。
むしろ簡単に調整できる、脱いだり着たりするのが楽な服装にした方が良いと感じたな。

以前日本に行ったときは乾燥の方がきつかった覚えがある。日本では中国のようにお湯を飲む習慣が無いからね。もちろん日本ではそこら中で飲み物は売っているんだけどコーヒーやお茶だとカフェインがね……

日本、東京や大阪がそれほど寒くないというのは間違っていないが、それは旅行で来たり短期滞在をした人の感覚だろう。
長期で日本の家屋に住む場合はわりと寒い。セントラルヒーティングも普通は無いし、エアコンではちょっときつい。部屋の中で着込む必要が出てくる……

日本は部屋の中暖かいんじゃないの?
女の子が冬でもスカートはいているというのは有名な話だと思うが。

さすがに冬の寒い時期や寒い場所ではスカートじゃないよ。年末の頃になると街中の若い女性もスカートとタイツになったりズボンはいたりしている。
学校行くときにスカートなのは間違いないが……

公共設備や公共機関は暖かいんだけど、「何も無い普通の家」は寒いんだよ……
ウチの国の北方とかと違っておしゃれのためとか気合で何とかなるレベルではあるんだけど、それをずっと続けるのはつらいという感じかな。
特に仕事で来ている30過ぎの自分のような年齢になるとね。

日本で普通に暮らすなら灯油のヒーター買うのがいいぞ。
灯油はガソリンスタンドで売ってる。これがあると本当に冬暖かい。

中国でもそうだけど、電気で暖を取ろうとすると効率が悪いからね。
灯油ストーブは振動ですぐに止まるようになっているし、実際に地震が起きても自動で止まったから普通に使うなら危なくない。
本体も安いし一冬越すくらいなら灯油ストーブは悪くない選択だと思うね。

灯油のヒーターってウチの国だと普及していないタイプだからちょっと不安。
電気やガスより効率良いとは思うんだけど。

そこは使う方の感覚やコスト次第だし、無理に使わなくてもいいと思う。
日本の冬は関東関西とかであればエアコンでもなんとかなるレベルなのは間違いないから、エアコンだけでもいける。

住んでみて分かったが日本の家屋は床から上がってくる寒さが厳しい。足がすぐに冷える。
日本の家屋に住むなら絨毯やマットとかの敷物を引くのを強く勧める。これは低コストで寒さをやわらげられる。

まぁ東京は気温が零下になることは珍しいし、工夫でなんとかなる感じではある。
ウチの国の北方の人間であれば余裕だろ。

俺ハルビン出身だけど東京の冬が本気で厳しいよ!
多分北方の人間の方が日本の冬は厳しく感じると思うよ。北方はセントラルヒーティングが強いし家の中は暖かいが、日本の家は暖房弱いしなんか薄いし寒さに対する効果が無い!!

金あるなら暖房設備のきっちりした所、セントラルヒーティングや床暖房完備な所を借りればいいと思うが、留学生とか住む所にあまり金をかけたくない場合はコタツと石油ストーブが良いと思う。エアコンは暖かくならんというか、パワー上げ過ぎると温風による乾燥がヒドイことになる。

東京くらいならエアコンが一番楽で安いんじゃないかね。あまり寒いってわけじゃないし。
あと個人的には遠赤外線ヒーターが便利だった。暖まるの速いし机で何かやってる時にちょうどいい。

電気のヒーターも小さ目の所なら良いんだけどね……あと乾燥するのは同じだからやはりコタツが便利じゃないかな。
自分は以前安い時にコタツを買って重宝しているが、その時買うのを見送った知り合いがその後物凄い後悔して今年は冬前にコタツを吟味して買ってた。

そもそも、なんで日本の家屋はセントラルヒーティングやらないんだ?
あれは良いものなのに。

日本は資源に乏しい国だからセントラルヒーティングやるのは難しいんだろ。

我が国の北方の「暖気」、セントラルヒーティングのシステムを備えた家を日本人はとても羨ましがっているからね。本当に羨望しているレベル。

日本は民主国家だからセントラルヒーティングが導入できないのさ!
権利も平等に与えないといけないから、暖房もきちんとした温度を平等に与えないといけない。各家庭の室温が高過ぎても低過ぎてもいけない・家庭の我が国のように一定の基準本土以上であれば問題ないみたいな扱いが出来ない!

民主的にどうこうはさておき、ウチの国みたいにインフラや土地の国有化ががっつりできていないと難しいってのはあるだろうね。日本は土地が個人所有だし建物の暖房まで政府が決めた規格で供給というのは難しいんだろう。

あと日本は家の構造がセントラルヒーティングに向いていない。地震が多い国だから木造住宅が主流で煉瓦造りは少ないから、セントラルヒーティングを導入するのは難しい。

日本の寒い地方ではセントラルヒーティング導入している家も少なくないぞ。東京辺りでも、珍しいけど無いわけではない。
日本でセントラルヒーティングがあまり使われないのは、大部分の場所でそこまでコストかけてやるほどではないって話だろう。ウチの国の南方と一緒で暖気無しでは生存できない環境というわけではないから、比較的簡便な暖房設備で済ませてしまうのだろう。

実際、ウチの国でも上海くらいの気候だとセントラルヒーティングいらないしね。

寒さに対するスタンスも違うからなあ……日本人は寒さって我慢すればいいと思っている。
まぁ日本であれば2か月も我慢すれば寒くなくなるのは確かだが。

とりあえず日本は公共の場所は暑いくらいに暖房かかっているから、旅行や出張で来るなら寒さ対策はあまりいらないと思う。
ただ日本の冬は広州の湿った寒さと違って、乾いた寒さだから乾燥対策は考えておいた方が良いかも。

そうそう。
日本ではホテルや公共の場所は暖かかった。ただ友達の住んでいる部屋は結構寒かった覚えがある。

一応、普通に住んでいてもエアコンのパワー上げて付けっぱなしにしておけば暖かくはなるよ。
ただ乾燥とかの問題も出て来るし、電気代や電量の問題もあるからコタツとの併用が良いんじゃないかなー

結局の所、日本では暖房器具を自前でそろえないといけないからな
中国の暖気は建物に付属するもので、自分でそろえるという感じはあまり無い。

てかお前ら、大体は暖房の費用払ったことないだろ。
電気代はともかく、実家や学校の宿舎では暖房とかまで意識しないし。自分は日本に来て電気代と暖房器具揃えるコストと、自分が我慢することを比較するようになったよ……

今は払ってるぞ。暖気費の手続きめんどくさかった。
学生の時は設備がちゃんと動くかばかりが気になったが、今では金払ってるのにという気分になっている!

ウチの国も暖気費はかかるけど、燃料確保や設備関係まで含めた暖房の負担に関するコストを自前でとなるとかなりめんどくさいだろうね。
それに環境汚染なんかもそのコストと言えるわけだし。

中国の北方とか無いと死ぬレベルだからなあ……生活に必須のものだし日本とはコストに関する処理や感覚が違うのだろうね。
あと一斉にやるから、時期が外れると寒さがこたえるんだよね。北京は今年11/15〜3/15が暖気供給だったと思うが、11月は寒かった……



とまぁ、こんな感じで。
日本に短期で滞在した人と長期で滞在した人では感じ方が違うのは興味深いですね。

そう言えば私も留学時代に春節で一時帰国していた時などは、実家が寒くてきつかった覚えがあります。
当時住んでいた北京の留学生寮では暖気(セントラルヒーティング)の効きが非常にいい部屋を確保していたので、冬でも部屋にいる時は半袖短パンで問題無い室温だったことから日本の家の中とのギャップがなかなに厳しかったです。外にいる場合は全く問題無かったのですが。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

2017年後半 よりぬき日中オタ活動

あけましておめでとうございます。
まずは昨年後半のまとめを。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


中国オタクとオタク文化

中国オタク「逆に現代に異世界や過去の歴史的な世界からトリップしてくる作品ってどうなの?アニメや漫画ってどんなのがある?」

中国オタク「Fateの娘化三蔵ってどう思う?」「孫悟空を性転換されるよりはマシじゃないか?」Fate版三蔵登場から1年後の反応の変化

Fateと中国の相性の悪さ 中華系サーヴァントを今のFateに出すと炎上する理由

なぜFateの中華系サーヴァントはこれまで問題にならなかったか 

中国オタク「アニメの恋愛要素って胃の痛くなるドロドロ展開が無ければダメなのだろうか?人気にならないのだろうか?」

中国オタク「いかん、またウチの国の邪神が日本にバレたぞ」「今度は『君の名は。』かよ……」

中国オタク「水墨アニメ?あれは社会主義的な環境でないと作れん。つまり現在の我が国では……」

中国でヤン・ウェンリーは中華系、中国人キャラと思われていなかったと判明 管理人不覚の極み

リン・ミンメイの中国語表記の揺れと影響あとランカ・リーは中国だと銀河級にダサイ名前だった模様

中国オタク「日本のアニメの中国人キャラのイメージをあげていけ」「旗袍とお団子頭」「料理ができる」「なんか赤い」

中国オタク「日本の不良って反抗するキャラなのになぜ制服着用だけは従うの?そこが不思議に思えて仕方がない」


中国オタクとアニメと漫画とゲームとラノベ

中国のFGO不夜城のアサシンの実装と真明確定への反応 不満はあれど炎上という程でもない?

中国オタク「メイドインアビスが凄い良いんだが」「日本のオタクはこういう作品を評価しない」「ウチの国で人気になる可能性の方が低いんじゃないか?」

中国オタク「メイドインアビスは一体何なんだ!?最初はあんなに良い空気だったのに、後になると……」「前から警告していたじゃないか!」

中国オタク「『月がきれい』がとても良かったんだけど、あんな感じの恋愛モノって他にないかな?」

中国オタク「銀英伝の新作アニメ、絶望するべきか期待するべきかが分からん」

中国本土で公開の始まった「聲の形」、中国の反応は賛否両論で加熱中

中国オタク「アズールレーンが日本で人気でセルランも上位に食い込んでいるけど、なんで?」

中国版FGO、第六特異点神聖円卓領域キャメロットへの反応

中国オタク「日本で娘の学費のために青眼の白龍を売った父親が出たらしい」「私も売れるもんなら売りたい」「その辺の海賊版だと価値は無いぞ」

FGOナタの性別に関する新事実判明で一部中国オタク歓喜


その他諸々

中国オタク「『やさしい』という褒め言葉の適用範囲が広過ぎないか?なんでもかんでもやさしいと形容される」

中国オタク「雪を食べるってどう思う?雪を食べるシーンに自分は引いてしまった」

中国オタク「日本のアニメの中華料理への理解が進んでいる、だが辛さに関する理解は微妙な所だ」

中国オタク「日本の美食作品もようやく麻辣に触れるようになったか」「四川料理を麻辣だけで語るとか、それではまだ入門レベルだ」

中国オタク「日本人って麻婆豆腐以外中華料理を知らないの?」「日本人はなぜ麻婆豆腐に執着するのか?」

中国オタク「『仙』と『神』はどちらが上か」「帝とか皇とか王とかで最も強そうな印象を受ける字はどれか」

中国オタク「なぜ『八艘飛び』が必殺攻撃になってるんだ?調べたら逃げる技だったぞ!」

中国オタク「日本の餅って中国の餅と何が違うの?」


中国オタク界隈の動向、アニメ公式配信状況など

中国の2017年7月新作アニメ公式配信状況

中国の2017年10月新作アニメ公式配信状況

中国オタク「賭ケグルイ配信延期……問題になりそうな所が多過ぎて逆に原因が分からんぞ」

中国国内版FGO、ついに画像修正が入りお通夜状態に

中国オタク「我が国の2Dアニメはいつまで生き残れるのか。長編2Dは諦めて短編に期待するくらいしかできないのか」

中国オタク「さすがにウチの国のイベントで日本軍のコスプレはダメだろ」


ブログで書いた以外にも、中国で配信されている日本の新作アニメや中国で公開されたアニメ系映画の動向や各シーズンの人気の傾向などについてはアキバ総研様で書かせていただいているコラムにまとめておりますので、よろしければそちらもご参照ください。

昨年の後半で最も記憶に残っているのはやはり
中国でヤン・ウェンリーは中華系、中国人キャラと思われていなかったと判明 管理人不覚の極み
ですね。
ファンとしても中国オタク事情的にも二十年は追っかけていたはずの作品の基本的な所で、知らなかったというか把握していなかった事実が出てきたのには驚いたと同時にこのブログをやっていてよかったと改めて感じたりもしました。


とりあえず、こんな所で。
今年もぼちぼちと続けていけるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ