「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

中国オタク「日本では『氷の旗』って無くなっちゃったの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

アニメや漫画に出て来る小道具、定番アイテムの中には中国オタク界隈でもよく知られている、「アレか」という感じで話題になる物もありますが、そんな中の一つに氷販売やかき氷などと一緒に掲げられている
「氷の幟」

があるそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「日本のアニメで最近氷の幟を見なくなったような?」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本では「氷の旗」って無くなっちゃったの?
最近のアニメでは見かけない。
あのデザイン、結構好みだったんだけどなあ……

氷の旗ってどんなの?ちょっと想像できないんだが。

白地に赤で日本語の「氷」って一文字が書かれている旗。
下の方に青で波が描かれていたりもする。

確か意味的にはかき氷の宣伝用の旗だね。
夏のイメージとしてよく使われる小道具。

私はなんかラムネと一緒に掲げられている旗というイメージなんだけど。

あれ、かき氷じゃなくて氷売っている所で使われるものらしいぞ。
一番目に付くのがかき氷用ってだけで。

言われてみれば最近のアニメでは見かけないな。もう消えてしまったのだろうか?

時代の変化が反映された結果使われなくなったのでは?

あれは昔の日本社会の風景を表すアイテムだからね。
そういうのが見たければ昔の作品を見るか、そういった世界観を狙った作品を見るしかないよ。

同意だ。制作会社やスタッフによってはその手の小ネタが好きなのもあるから、そっちを探すと氷の旗も見つかるんじゃないか?

アニメ作品全体の流れで考えた場合の時代の変化による、小道具表現の変化の反映の結果ってやつなのかもね。

個人的にはあの旗って「ちびまる子ちゃん」のイメージだな。ああいう世界観の作品なら劇中で使われているだろう。

時代の変化による小道具の変化って「名探偵コナン」みたいな長寿アニメだとありがちな話らしいね。「ちびまる子ちゃん」は時代を変化させない作品だから氷の旗もそのまま出ていると思う。

聞いた話では、日本のアイスクリーム販売関係の所では大体使われていたということだが。今でも使われないわけでは無いと思うが……

時代が変わったということだろう。
日本ではこういう標識や看板がどんどん亡くなっていると聞く。個人商店もコンビニになってしまっているし、氷の旗を掲げる場所も日本の都市風景から消えてしまったんだろうね。

時代の変化もあるのかもしれないが、最近の日本のアニメの舞台が、氷の旗のある場所では無くなっている、かき氷を売っている場所ではなくなっているという見方もできるのでは?
あの旗って、日常生活の象徴っぽいものでもあるし。

それか夏を舞台にする作品が目に付かなくなっているというのもありそう。
例えば「夏のあらし!」のように、夏であることに意義がある作品ってのが。

見る作品の傾向の違いでは。私はまだわりとそこら中で見かける気がするけど

そう言えば自分は最近見たのはどれも1クール、長くても2クールで終わる作品ばかりだな。1年続く、季節性のある一般向けの作品だとまだ出ているのだろうか?

出るとしたら、日常系要素、或いは現代社会を舞台にした日常描写がある作品になるんじゃないだろうか?
バトル系とか中二系はぶつかる機会が必然的に少なくなるだろう。

作品の舞台で思い付いたが、都市部や未来形の都市が舞台だと出て来ないんじゃないか?ああいう旗を出す風景って自然の残った田舎だろう。

「ラーゼフォン」では未来世界でも駄菓子屋があったんだが……

日本の都市部でもアイスクリームとか売っている所は普通に掲げているはずだぞ。便利な季節系の目印でもあるから。

学園モノだと、校舎内に氷の旗が掲げられる店なんて無いからね

学園モノでも、水着回やるならまだ出るんじゃないか?

子供が遊びに行く駄菓子屋や小さな商店の出て来る作品だと氷の旗がありそう。

「だがしかし」のかき氷回ってどうだったっけ?

最近の作品でも「メイドラゴン」では普通に出ていたぞ。

かき氷と、あとは海の家、それからお祭りとかで使われるんじゃないかな。最近の作品でも出ているし、今でも定番描写なのは間違いない。

たまに見たくなってしまうんだよな……なんか、懐かしくなるというか、

その気持ちは理解できるよ。
こういう象徴的なアイテムって心に残るし、アイテムが使われた場所やシーンのイメージも一緒に湧き出すから感慨深いものがあるんだよね。
私も最初はヘンな旗だなくらいの印象だったが、今では不思議な懐かしさを感じるようになっている。



とまぁ、こんな感じで。
それぞれのイメージやら考察やらが出ていました。

中国オタクの人達の中にはかなり長い期間日本のアニメを見ている人も少なくありませんし、アニメの中で表現される背景や小道具の変化が気になる人もいるようです。

またイロイロと記憶が積み重なっているのもあってか、日本のアニメの小道具やその表現の中に「懐かしさ」を感じる物があったりする模様です。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「二次元で青はアホの子。ピンクは腹黒というくらいに」

日本のアニメや漫画などにおける色の使い方、特にキャラを髪の色で特徴付けることに関しては中国オタク界隈でも話題になったり、
「ピンクは腹黒」
のような定番のイメージが形成されているようです。
中国オタク「ピンク髪キャラは淫乱?腹黒じゃなくて?」

先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて色によるキャラのイメージについて
「青い髪のキャラはアホの子が多い」
といったことに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


この間オタク友達から「青い髪のキャラはアホの子が多い」という説を聞いたんだが、どうなんだろう?みんなの意見を聞きたい。

言われてみると目に付き易いな。
青い髪はアホの子が多いかちょっと考えてみるか。

とりあえず「このすば」のアクアが最近の鉄板アホキャラではあるけど、その前にどういうキャラがいるかだろうね。

最近の青髪人気キャラ筆頭である「リゼロ」のレムはアホの子では無いぞ。

青はアホの子というよりも残念属性寄りのキャラが多くないか?
そっちは泉こなたから続く路線だと思う。

「東方」のチルノなんかはもう完全にバカだろう。
、アクアと代表的なアホの子キャラがもう青い。

そう言えば「三者三葉」で辻小芽が出て来た時はまさにイメージカラー通りのキャラだと感じたな。

「まどか」の美樹さやかは……その方向と言えるかな……

国産系だと戦艦少女Rの昆西(クインシー)が青髪系アホの子キャラでは有名かな?

青はアホの子だよね。「日常」でちゃんみおとゆっこの髪の色って逆じゃねえかと感じたのを思い出した。

むぅ……昔のアホの子系だと「Kanon」の名雪とか青い髪だな……

アホの子とまではいかなくても、天然ボケ系はわりと多い気がする。

古来より青はボケ担当。アホの子化はそれが進化した結果よ。

その意見、四糸乃ファンとしては納得できない!

古手梨花はアホの子でもない、頭脳派とも言い切れない特殊なキャラだが。

お前さん、綾波レイファンにケンカ売ってるのかい?

待て。綾波レイは銀髪だからセーフではないだろうか。

そんなこと言ってると日本アニメ史における最強の人気青髪キャラの水野亜美ファンに襲撃されるぞ。

自分はイカ娘がすぐに思い浮かんだんで納得してしまいました。

プリキュアシリーズだと青はアホの子ではない、頭の良いキャラが多いぞ。
昔は青髪ってこっちの方のイメージだったと思うんだけど……

上でも出ているが、セーラームーンも青は頭脳キャラだったよな。

魔法少女系だと「なのは」のレヴィが明確にアホの子としてデザインされた青髪キャラだな。

氷系の能力持ちだと青髪でもアホの子にはならない。
更にメインヒロイン属性や、人気ヒロイン属性がつく。
ゆきめやエスデスとか氷麗とか。

チルノは?

あっ……

古いのでリン・ミンメイを出そうと思ったが、あれは青なのか黒なのか。
そもそも設定上は黒髪だけどアニメでは青になったり緑になったりするケースもあるよね。あと銀髪が青になったりとかも。

全部ではないが、二次元で青はアホの子。ピンクは腹黒というくらいに。
しかし昔は青って頭脳派、クール系のイメージだったと思うが、なぜアホの子になってしまったのだろうか。

確かに。主人公系、熱血系の赤と対照的な存在としての青というのは分かるが、青がアホの子というのはどういう流れなんだろう?
たまたま青色系でデザインされた人気キャラにアホの子属性がついていたからとういことなのだろうか?

一応現在も青髪でクールな、冷静なタイプのキャラも出ているはずなんだけどね。

綾波レイやタバサから青って三無少女のカラーだった気がする。
(訳注:「三無少女」というのは中国オタク用語の一つで無心無口無表情なキャラを指す言葉だそうです。ちなみに「無心」の部分は日本語の意味からちょっと離れているようで、「無感情」から「感情を表に出さない」「感情が読めない」「感情表現が下手」といった辺りまで幅があるようです)

青い髪はアホの子や残念になるか、理知的なキャラになるかの両極端な気もするわ。

青らしく冷徹なキャラのはずだったけど残念要素が追加されてしまったキャラもいるぞ。Fateのキャスターとか。

「ラブライブ!」の園田海未も設定上は知的なキャラだったはずなのに、アニメではアホ成分が増えていったからな……嫌いじゃないが!

私がオタクになったばかりの頃は青=三無属性くらいの印象もあったんだがな……今はアホの子か……

代表的なキャラが出ると影響を受ける後続のキャラや目に付くキャラも変わるということなのかもね。

ということは、今の青髪キャラのイメージの有力な代表は駄女神アクアか……面白いキャラだけど、綾波が女神だった人間としては納得いかねえ!!



とまぁ、こんな感じで。
イメージに合うキャラを探してみたり、世代間のギャップを改めて実感したりといったやり取りが行われていました。

こういった中国オタク界隈における定番ネタやお約束からくるイメージを追っかけていくと、中国オタク界隈における人気作品や影響を与えた作品の流れが見えてくるのも面白い所ですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「ピンク髪キャラは淫乱?腹黒じゃなくて?」

中国オタク「お前らの『五色戦隊』のイメージは何?自分は『まどか☆マギカ』なんだけど」

中国オタク「三次元に姉妹がいると姉萌え妹萌えにならないという話をよく聞くけど実際はどうなんだろう?」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただきましたので今回はそれについてを。

中国では過去の一人っ子政策の影響に加えて子育てのコストが跳ね上がっていることから、兄弟姉妹という存在が遠いものとなっているそうです。
しかしそれと同時に中国では親戚の付き合いが日本に比べて濃いですし、親戚のお兄さんやお姉さん、年下の弟妹的な存在に関してはかなりありふれているので、兄弟姉妹的な存在に関しては普通にイメージできる、むしろ日本よりも簡単的な話も聞きますね。

その辺りのイメージの違いは日本のアニメや漫画ラノベの受け取り方にも影響しているようですし、オタクネタの受け入れ方や現地での変化にも影響している模様です。

中国のソッチ系のサイトでは
「三次元に姉妹がいると姉萌え妹萌えにならないという話は本当か」
といったことに関するやり取りが行われていましたので例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


三次元に姉妹がいると姉萌え妹萌えにならないという話をよく聞くけど、実際はどうなんだろう?
自分は親戚はいるけど親が同じ兄弟姉妹はいないから判断し難いんだが。

どんなものであっても、三次元と二次元を比べたらガッカリするのは当然だ。二次元なんてのは妄想を充足させるためのものなんだし、そりゃあ現実を意識したら終わりだよ。

でもその落差をどう受け止めるかというのを考えてみるのもいいんじゃないか?現実と切り離して考えられるか、或いは現実に足りない物を求めるほどのものがあるかでまた違うと思う。
例えとして妥当ではないかもしれないが、現実の学校生活や先輩後輩を知っているから学園モノを楽しめないというわけではないだろう。

みんな親戚の姉や妹がいるから、このネタに関してもある程度は語れると思うが。

確かにウチの国だと親戚のお姉さんやお兄さん、弟や妹はたくさんいる。だが親が同じ意味での兄弟姉妹ってのは珍しい。
大多数の人間にとって、この辺に関しては完全に一致した体験はどうにも難しい。親戚関係からの推測するための材料はあるが、多少の想像や経験の無い知識が混じる。

ウチの国では姉や兄や妹や弟と言った場合、親戚のことが多いからねー
日本の二次元作品の兄弟姉妹とは生活における時間や環境の共有頻度に違いはあると思う。

なるほど。私は姉キャラ萌えだが、確かに姉はいない!

現実に姉萌えとかシスコンとかがいたら普通に怖すぎるだろ……二次元で現実と関係ないから萌えられるわけで……

私は妹いるよ。
小さい時から面倒見ているけど言うこと聞かないわ悪戯するわ気まぐれだわで大変。家にいる時間なのに何かとくっ付いてくるわ、頼みごとをしてくるわで疲れる。鬱陶しいし、リアルにいる妹は萌えとかにならんよ。

自慢か!?自慢しているつもりか!?

三次元にいたら姉萌え妹萌えにならんというのは正しいだろ。
まず今の子供の無軌道さを考えてみろ。そして自分が子供の頃ってその兄弟姉妹も子供だ。間違いなく双方の関係は悪くなる。小さい頃から様々な所で衝突しているのに好感を抱くなんてのはありえない。
可能性があるとすれば、年齢差がかなり大きいケース、つまり片方が既に大人なケースくらいだろう。

そんなに難しく考える必要は無い。
ようは顔だよ、顔。

この話題って、現実には二次元ほどかわい姉や妹は珍しいってことの証明な気もするな!

私は親戚の妹もカワイイと思っているし、妹キャラ萌えでもある。
むしろ、親戚の妹などと接した経験が無ければ本当の妹萌え、シスコンになれないのではないかとすら考えている。

肉親に関して、男女間的な愛情を抱くなんてのは異常な話だからな。リアルで兄弟姉妹がいるとそういうのは無いんだろう

男のシスコンって姉にしろ妹にしろ性欲関係の欲望があるからキモイ。逆に女のブラコンの場合は依存的な欲望が混じっているからまだマシ。

そうでもないぞ
自分は親戚の妹がいるが、その子の影響で二次元では立派な妹萌えだ。そしてそのせいかエロ関係の妄想はなんかストップかかる。エロ無しの萌えは感じるのだけどね。

ケースバイケースとしか……
組み合わせのパターンもイロイロとあって、みんながイメージしているブラコンやシスコン像が食い違ってたりするし。

三次元でも萌えになり得る組み合わせのパターンとしては、、姉と弟のパターンが比較的現実的だと思う。少なくとも兄と妹よりはあり得るだろう。

確かにそうだね。三次元の妹を好きになるなんてのはさすがに無理過ぎる。でも姉ならばなんとか?俺も年上の従姉妹がいるけどそれなりに萌えを感じている。

こっちで姉萌えだとかシスコンだとか言っている人間は、血縁関係がどうのこうのではなく、自分よりもしっかりとしていて優しい、自分を守ってくれて愛してくれるパートナーが欲しいってことなんじゃないだろうか?
そういう存在の象徴として「姉」があるわけで。

その意見にはわりと同意だ。あとそういう観点でいくと、ウチの国のシスコンや姉萌えを自称している人間の何割かはマザコンの派生形な気もするがどうだろう。

私も親戚のお姉さんがいるけど、その人は萌えの対象にはなってない。
ただ二次元の姉属性は普通にいける。ファンタジー要素が濃いから逆に同じカテゴリに思えないんだわ。

小さい子の面倒を見る親戚のお姉さんなんてのは珍しくないし、小さい子が憧れるようになるのは分かる。ただそれ以外、特に男が年上のパターンだと関係が良いのは珍しいし、兄萌え妹萌え的な関係は現実を知っていると厳しくなるのでは。

なんでお前らシスコンブラコンとか、現実だとありえないってのを理解できないんだ?
例えば父親や母親に恋するなんてことはないだろ?

世の中にはエディプスコンプレックスという言葉もあってだな。

そっちの方を例にすると、フロイト的な分析をされるぞ!とっても余計なお世話の!

改めて考えてみたが私は結局二次元的な妹キャラ、「さすがはお兄様です」とかいう感じで自分を肯定してくれる妹が欲しいのであって、現実の妹が欲しいのではないのかもしれないなあ。

自分も昔親戚のお姉さんが好きで、恋だと思っていたんだが、そのお姉さんが良い相手と結婚するという話を聞いた時、特にショックも受けず普通に喜んだから、たぶん憧れであって恋ではなかったんだろうな……もし本当に恋だったらNTRに目覚めていたかもしれないが。
ただ二次元の好みは今でも普通に姉萌えです。

女性の好みに関して、親戚とかは影響しそう。
自分は年上好きで付き合っているのも年上なんだけど、小さい頃に仲が良くてちょっと憧れていた親戚のお姉さんがいた影響だと思う。

従妹の中では一番年上なんで親戚の子供の面倒見ているけど、やはり萌えを感じるってのは無いね。嫌いってわけではないが、義務感や面倒くささが先に来る。

現実に妹がいると妹萌えにはならないというのは納得できるんだけど、現実に姉がいるから姉萌えにならないというのはどうも納得できない。
このスレでもそうだけど、私の実感でも親戚のお姉さんがいるヤツは姉萌えOKなヤツが結構いるわけで。

不思議なことに親戚の妹がいる年下好きは多くても、妹萌えとはあまり結びつかない気がする。

ウチの国のオタクの嗜好に関しては姉萌えがかなり優勢、妹萌えは少ないと感じる。
あくまで個人的な印象だけどね。



とまぁ、こんな感じで。
言葉の定義も混乱しているようでしたし、理解できる人もいれば理解できない人もいるようでした。

現在の中国でも親戚付き合いのペースは現代の日本と比べてかなり濃いという話がありますが、それでも普通の兄弟姉妹の距離感とは違う所があるそうです。
それに加えて、中国では肉親系ヒロインに対する拒否感が日本よりもかなり強い印象もありますから、日本のアニメや漫画ラノベに出て来るイスコンやブラコン的なキャラに関する印象に関しても日本と異なる所が出るのだとか。

ちなみに上のやり取りにもありますが、中国オタク界隈のヒロインの人気に関しては年上系のキャラ、お姉さん系のキャラがかなり強いようです。
この辺の嗜好に関する背景もそのうち調べてみたいですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


「俺妹」は中国オタク事情的にもスゴイ作品でした オタ中国人の憂鬱アップデート

中国オタクの間で流行っている「御姐」とは
(2008年の記事なので、現在の中国オタク界隈の扱いとは少々異なる部分もあります)

中国版FGO、国の規定により実名認証開始

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

以前の記事
中国オタク「FGOのガチャ確率は信用できる」 中国のソシャゲでガチャ確率表記義務化が開始
で書いた確率表記義務化の元になった政府からの通知ですが、その内容にはネットゲームのユーザーへの
「有効な身分証による実名認証」
が要求されていました。
昨年通知が出た時の中国のニュースはコチラ(中国語)などをご参照ください。

私もFGOはガチャ確率以外の対応、実名認証の方はどうなるんだろうと不思議に思っていた所、先週辺りからFGOでもログインする際に実名と身分証番号による認証が要求されるようになったそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGOでも実名認証開始」
といったことに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


中国国内版のFGO、実名と身分証IDが必要になっちゃったな……

別のゲームでも出ていたが、国内版FGOはbilibiliのゲームアカウントでの実名認証になるのか。

国産ゲーの「王者栄耀」とかはテンセントのシステムで既にやっていたが、海外産ゲーのFGOもやっぱりそうなってしまうか。

突然身分証明書番号を要求されて無茶苦茶驚いた。

これ前から言われてたろ。ガチャ確率表記とかと同じ通知によるものだ。

これって実質的にゲームの鎖国につながるんじゃないか?

それよりサブアカとかどうすればいいんだ。
身分証番号と実名要求されるから実質的に禁止ってこと?

複アカとかみんなやってることなのに。ゲームのシステムが崩壊するだろ。

俺はやってないぞ。
めんどくさいからだが。

自分はメイン1、主にガチャのために2の計3つだ。どうすればいいんだ。できなくなるのは本当に悲しいんだが。

複アカはやってない人もいるからどうなんだろうな、
それにアカ転売の問題もあるし、グレーな部分は多い。

あとサーバへの負荷、課金、ゲームバランスとかがあるからなー
日本のゲームは外部ツールでBANされるが、だいたいはチートに加えてサーバ負荷が理由となっているらしい。

日本のネトゲでは複アカを弟や妹が遊んでいるからと言い張るらしいぞ?
不思議なことにゲームのおかげでとても多くの人が生き別れの肉親に急に出会うことができたなんて冗談もあるとか!

これって複アカより未成年関係の方がまずいんじゃないか?
身分証の有無と未成年の制限に引っかかる。
(訳注:中国では満16歳から身分証が交付されます。また18歳以下の未成年ユーザーに対しては「防沉迷系統」というシステムが発動し長時間プレイした場合の制限などがかかります。個々のゲームについては分かりませんが、規定では3時間以上プレイでゲームの「収穫」が半減、5時間以上で0になるとされています)

18歳未満の未成年ユーザーは慌てるわな。
他のゲームでも実名は実質未成年ユーザー弾きだということで大混乱だし。
(訳注:ゲームによっては未成年は遊べないというのもありますが、この実名認証で更に管理を強化してきたと見られています。ちなみにFGOが中国だと未成年は遊べないのかどうかはちょっとハッキリしません。ざっと調べても年齢制限が明記されている所が見付からないもので……)

そもそも認証できねえ!!
身分証のアルファベットも数字も問題無いはずなのに!

それ、アルファベットの入力方法の問題じゃないか?中国語のピンインじゃなくて英文入力の方じゃないと通らないケースもあるぞ。

なんか身分証の番号がちゃんとしてれば複アカ自体は可能っぽいぞ。そっちのチェックとは関係ないのか?

でも今後どうなるか分からない。
まぁでも、私は悪いことじゃないと思う。これでアカの売り買いや譲渡が明確にアウトになる。

アカウント紐付けの実名情報入力って所なのだろうか?
手間の方は一回だけでいいのか。

なんか入力要求されてる人と、何も出ていない人がいるみたいだ。
どこかで既に実名情報入力しているアカウントなら大丈夫なのかね。
iOSかandroidかの違いって話も出ているが。

これ別に本当のを入れなくてもいいんだろ?
俺が昔遊んでたゲームでは適当に入れちゃったけど。

検索すれば身分証の番号なんていくらでも出て来るからな。

実名認証ってみんなホントの内容を入力するのか?
こんなの信用できないし、マジでやるやついるのか?

普通にホントの内容を入力するぞ。
ウチの国でゲームやる以上恐れてもしょうがないだろ。
それに虚偽の入力した場合のリスクもある。例えばアカウントを盗まれた場合に取り戻すことが出来なくなる。

基本的に変更できないから未成年がその辺で拾ってきた身分証でゲームアカ作っちゃって、その後成人してから自分のIDでのアカウントにできなくて泣いたなんて話もあったな。

全部のアイアウントとIDを照会しているってことはないだろう。
ただ今後も照会しないとは限らないし、適当にウソを入力するのはリスクありそう。

大陸以外はどう対応するの?
私は香港人なんだがどうすればいいんだ?
わりと課金だってしているのに……

サポートに連絡してみては?
国内ユーザー向けでも混乱しているくらいだし、直接サポートとやり取りした方が良さそう。

無課金の俺には関係ない。
アカがダメになったらそれはやめる時だ。

そう言っているヤツに限って文句言うし、大荒れの連続スレ立てをするんだよ

国の規定だからどうにもならん。
ウチの国のオンラインゲームは何でこんなことするんだと言いたくはなるが。

まぁ管理したいんだろ。
未成年への悪影響や、違法行為の場となるみたいな批判はあったし。
あと地下経済やマネーロンダリングだどうのこうのは昔から言われていたしな。

未成年関係はそう言えば問題か……そっちの方からの管理要求ってのもありそうだ。
ただ未成年のゲーム耽溺防止システムってプレイ時間ベースだよな?FGOってそんなにプレイ時間が必要なゲームではないような気もするんだけど!

実際、年齢制限に関してはウチの国のネットってもう意味が無い状態だったからな。
今回の管理強化の件でも親のID使えばなんて話が早速出てるし。

未成年だけどちゃんと遊べるか課金できるか試してみたが問題無くできたよ。
これが自分のFGO初課金だ……

もしや、未成年にも課金させるための罠……?


とまぁ、こんな感じで。
ユーザーの方でも混乱しているようですし、実名認証の影響がどうなるかは現時点ではハッキリしていないようです。

それから今回の内容からはちょっと外れますが、中国オタクの方は日本のソーシャルゲームを遊ぶ際にサーバへの負荷などの問題をあんまり意識していない印象がありますね。
「何もやってないのにBANされたから〇〇の運営はクソ」
と言っていた方の話をよく聞くと、運営から何度か警告のあった外部ツールの使用をしており当人は
「チートじゃないから別に問題無い」
「加速しているだけでデータをいじっているわけではないからチートじゃない」
という認識だった……というのに何度かぶつかりました。

チートやRMTもそうですが、
現在の中国のゲーマーが一般的に認識している
「やっても問題無いこと」
「やっちゃいけないことだと思うけど、みんなやっているから自分もやる」
といった辺りの線引きがどうなっているのかはイロイロと気になってきますね。


とりあえず、こんな所で。
今回の件は私もハッキリしない所が多いので、いつも以上にツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「大学受験会場から最初に出てきた学生が痛Tシャツを着ていた件について」

中国は現在学年末、受験シーズン真っ盛りということで、学生が主要な層となっている中国オタクの面々も緊張した日々を送っているようです。

中国ではこの時期は大学入試である「普通高等学校招生全国統一考試」、 通称「高考」が行われるので、それに関するニュースがイロイロと飛び交い受験生の行動にも注目が集まります。

そんな中、四川省のある試験会場となった学校で
「試験終了前に解答用紙を提出してきたと思われる、最初に試験会場から出てきた受験生がアニメのキャラをプリントした痛いTシャツを着ていた」
ということで、ちょっとした話題になっているようです。
中国のニュースや学生の画像などはコチラコチラ(どちらも中国語)などをご参照ください。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


今年もやって来た高考(中国の大学受験)シーズンだが、今年はなんか面白いニュースが出たな。会場から最初に出て来た学生が、痛いTシャツ着用!

「デート・ア・ライブ」の五河琴里の痛Tシャツかよ……

「休みになったら日本旅行に行きたい」「他の人も上手くいって欲しい」と答えた……か。スゴイな。

毎年受験シーズンにはヘンなニュースが出て来るが、今年はこっちの方から来たか。

あんなの着てニュースになるとか、見ているこっちが恥ずかしくなるわ。

写真を見た感じわりとくたびれているし、いつも着用していたんだというのが分かる。

この時期はみんなこんな格好だからな……プリントされた柄を除けば、とても普通の格好だ。だがそれだけになぜそれを選んだというツッコミが!

よくこんな格好で試験会場に入れたな。ただでさえくたびれ気味なのに。

高考は私服でないと入れないんじゃなかったっけ?学校の制服はダメで、私服の状態に関してはそこまで厳格ではなかったはず。靴はサンダル不可みたいなのあったような気もするが?

そこは地方によるぞ。ウチの省では制服で試験会場に行ってもよかった。

オタクで秀才属性で日本旅行できるくらい金あるとか、ウラヤマシイ。

痛いTシャツを着ているだけでオタクになれるのか?
こいつが本当にオタクなのかはハッキリせんぞ。

学生なんだからおっさんやおばさんがその辺に流れてきた安い服着ているみたいなのはあり得んだろ。
オタクじゃなければこんなTシャツを、受験の試験会場に着ていくわけがない。

私も何年か前にアニメ柄の服で試験に行ったけど、ここまで直球の痛いヤツじゃなかったわ。

俺が高校の時、クラスにこういうの着ていたヤツいたけど、周りにバカにされていつの間にか着なくなってたな。コイツはそういうのを押しのけて来たわけか……

そこは本人のキャラとクラスの空気次第だろ。
俺の学校にも萌え痛Tシャツ着ているのがいたけど、本人が積極的にネタにしていたし、むしろ一目置かれていた。あと3年前になるが俺のいた試験会場にも痛Tシャツ着用者はいたぞ。

自己アピールできるし、着る物そんなに気にしないで良いしな……人間関係とかも受験でリセットかかるし、ある程度の範囲なら好きにやっても問題ないのかも。

そうか、こいつが学覇……死宅学霸……いや、痛衣学覇か!

痛衣学覇!
わりとダメなカテゴリの学覇だな!

早速コラ素材になってる。今年の高考の有力ネタ候補確定だ。

これは恥を捨てて、自分の戦力を増やす作戦だ!
他の受験生は一人で試験に挑むのに、こいつは自分の嫁と一緒に挑んでいる!!

俺、受験が終わったら嫁と一緒に日本旅行して嫁グッズを買うんだ……というフラグか。

自分の時も痛Tシャツ、コスプレまではいかないが、ネタ系の服着ているヤツはいたな。
ガンダム系なんかはそんなに痛くないし。

なんかどんどんアレになっていく。
そのうち女装して受験会場入りするヤツまで出て来たりして。

少なくとも、去年オタク系の装備で試験会場入りした私より攻めているのは間違いない!
柄はどんどん痛くなってきているかもしれん。

俺は精神的にズタボロでこんなネタをやる余裕ないよ……勉強できるヤツの頭の中は理解不能だ。

でも別に早く試験会場を出たからって良い点数だとは限らないよな。俺の学校の学覇は普通にみんなと一緒に試験会場を出ていたよ。

痛い服着るのは構わないというか、自分も実は着て試験会場入りしたんだが、終了前に提出して出ていくのは無理だわ。

コイツが言っているように今年の英語は簡単だったけど、それにしたって時間をかけて損は無い。コイツは本当の学覇じゃないだろう。

分かんないから投げて出て来ただけじゃないの?
それかフェイカーだよ、フェイカー。

回答もトレースオンってか?
ただこの学生はどうやら普通に頭いい方の学生みたいだぞ。weibo見てこの学生を知っている、頭が良いヤツだという発言が出ている。
もちろん信じる信じないは勝手だが。

勉強もできるオタクとか正直嫉妬する。

まぁ清華大や北京大にもオタサークルある……というか、帝都(北京)はウチの国のトップの大学のサークルがオタ分野も牽引したからなー
ガチで点数とオタを両立しているヤツはいる。

こんなの着ていけるってだけで余裕があるということだし、強いよな。
自分は受験の前日なんてよく眠れなくて、服なんて意識することはできなかったよ。



とまぁ、こんな感じで。
現地では結構なネタニュースとして扱われているようです。

それにしても最近の中国ではオタクにハマってしまう年齢がどんどん下がっているのが感じられます。
私が中国で現役の学生をやっていた頃(90年代後半〜00年代前半)は、中国の学生は高校時代にも日本のアニメや漫画、ゲームにかなり接してはいたものの、いわゆる「オタク」的な活動や交流をするようになるのは大学に入ってからが本番だったのですが、今では環境が整った(?)のもあってか、中学高校からオタクになってしまう人もかなりいる模様です。
自分が歳を取ったのを改めて実感してしまいますね……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なんで魔法少女は死んじゃうの?鬱展開になるの?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

中国オタク界隈でもイロイロなオタク関係のお約束、定番のイメージといったものがありますが、中には中国で当初形成されていたイメージから別のイメージに変化して固定されつつあるものも存在します。

そんなお約束の一つが
「魔法少女」
なのですが、以前の魔法少女に関する記事
中国オタク「魔法少女っていつから危険な職業になったんだ?」
とはまた少々異なる話題も出ているようでした。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「魔法少女の扱い」
などに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで魔法少女は死んじゃうの?鬱展開になるの?

近頃は少女キャラがヒドイ目に遭う作品ばかりだ。
夢とかいったいどこにいった。

最近は魔法少女が出た時点で精神的な準備をしなければならない。

魔法を学ぶということは命を失う覚悟をすることだ!

なんでこんなことになったんだろうなー
まぁ萌えや百合になっていることもおかしかったんだが。
魔法少女系作品の初期ってどんな感じだったんだ?

萌えや百合ってのは別におかしくないぞ。
魔法少女の初期の代表作である「キューティーハニー」がサービスシーン多用の萌えアニメだったから。

いやそっちは変身ヒーローモノの流れで、男性向けも意識した作品だ。
現代の目で見ると同じカテゴリに入れられないわけじゃないが、当初の魔法少女とは別カテゴリ。大元は普通に女の子向けの作品じゃないか?

魔法少女作品の始まりは「魔法使いサリー」らしい。
魔法を使って日々の物事を解決したり人助けをしたりする日常系作品。あとウチの国に入った最初の魔法少女系アニメは恐らく「花の子ルンルン」だ。

魔法少女が死と隣り合わせになるというのは、対象年齢が高めになった時点で避けられない問題だったのだろうか?

夢をかなえるだけではいられないということだったのかね。
世界の平和や社会問題とも向き合わなければならないと。

最近は魔法少女の魔法って物理属性だし……しかも自分の命が危険にさらされるような状況に飛びこまなければならない。

魔法攻撃(関節技)!
そう言えば「まどか」より先に「大魔法峠」ではマスコットキャラが純真ではないパターンになっているけど、マスコット関係の邪悪さってどの辺りの作品から始まったんだろう?

変身ヒーローと魔法少女の区別も曖昧になってきているよね。
あと少年が魔法少女に変身するのも珍しくない。

元々魔法少女は危険だぞ。
「セーラームーン」からして普通に死人が出ている。
プリキュアではバトル描写が変わったけど、むしろ被害はマイルドだ。

魔法少女自体は昔からリスクを背負った特殊スキルではあったんだけどね。
変身能力、魔法能力を一般社会の人間に知られるなどで秘密を守れなかった場合、人間ではない何かに変えられてしまうといったペナルティが提示されている。
童話的なネタではあるが、これは極端な見方をすれば死と隣り合わせだったとも言える。

過去の作品もわりとヒドイ作品はヒドイんだよね。例えば「セーラームーン」はストーリーの過程では普通に一般生活ベースだけど、最終展開の時には主人公以外全滅(一応生き返るけど)なんて話になっていたりもする。

でも戦うのって魔法少女の基本的な使命なのか?
最近は魔法少女が処理する問題のレベル上がり過ぎだよ。
確かに万能で強力な能力だけど、なんで少女が世界を危機に陥れる武力集団と戦わないといけないんだ?

魔法少女が本格的に戦うようになったのは「セーラームーン」辺りからでいいようだ。
「キューティーハニー」はジャンル的にはちょっと違う扱いだったらしい。

「キューティーハニー」はゲームの「魔女っ子大作戦」にも出ているはずだが、魔法少女じゃないの?

あれは版権かき集めただけっぽいからね……「魔女っ娘大作戦」の他の魔法少女と比較すると「キューティーハニー」の異質さが分かるぞ。

現在は魔法少女のお約束をベースにして意表を突く作品が増えているが、ある程度までいったらまた逆の作品が増えていくんじゃないか?

だとしても昔のようにはならないと思うけど。

影響と言うのを考えるならエロゲーはどうなんだ?
虚淵玄や奈須きのこもそうだが、オタクの定番ネタにはエロゲー系の流れがかなり出ていると聞くが。

私の中ではなぜか魔法少女と言えば触手なんですが。
あー……それに関してはそのものずばり「魔法少女アイ」というのがあるし、他にも魔法少女系のエロゲは少なくないはず。そしてそこでは大体触手が活躍する。

「魔法少女アイ」は内容的に魔法少女系では無いと思える所もあるんだけどね。
ヒロインが超常的な力で戦う現実を舞台にした非日常的なストーリーって感じだから、エログロ入った中二病系、伝奇系の作品という感じだ。

そっちの路線は進化して退魔忍になってるかな……今の魔法少女系の扱いってあんまりエロゲーの影響は無いような。

ただエロゲーヒロイン枠で魔法少女がちょくちょくいたのは確かだ。
結局これは遡るとセーラームーンに行きつくのか?

そもそも魔法少女の「お約束」の受け取り方が人それぞれだ。
お前らの魔法少女のイメージってなんだ?どんな作品が「元々の魔法少女」だと思ってる?

うーむやはり「カードキャプターさくら」かな

さすがに現役で「花の子ルンルン」を見ていた世代はもうかなり良い歳だし、ウチの国のオタクの間では「魔法の天使クリィミーマミ」や「魔法の妖精ペルシャ」とかからじゃないか?
その後は「セーラームーン」や「スレイヤーズ」とか?

私は「ふしぎ星の☆ふたご姫」だね。

なんか出て来る作品の名前を見ると、なんで萌えから鬱になったのか、そもそもなぜ萌えになったのかで混乱してくるな……

元々子供向けだったのが、大きなお友達の萌えの対象になって、その後に虚淵玄がやっちまったのではないかと。
百合は大きなお友達の萌えの対象になっていく中で発展したんんじゃないか?

百合は世界観的にそうなり易かっただけで、萌えとは別ルートな気もする。憧れの男性、彼氏キャラはいても、一緒に活動するのは女性になるからね。
例えば「カードキャプターさくら」や「セーラームーン」で既にそういうのが出ているし。

鬱になるのはだいたい「まどか☆マギカ」のせいだな。
あの作品から全てが歪んだ。

確かに影響力の大きな作品だけど、「まどか」が全ての原因ではないはず。それ以前から歪みはあったぞ。

最近の流れを確定付けたのは虚淵玄と「まどか☆マギカ」で異論は無いと思うが、そこに至る過程がどうなっているのかハッキリしない。
いきなり鬱になるわけではないはずだ。

その前の時代の「リリカルなのは」も鬱っぽかったりえぐい設定だったりな所はあるからね。

上のレスで思い出したが「レイアース」はどうだ?
あれはトリップ系だけど魔法少女的なジャンルの作品でもある。
現実に押しつぶされる鬱展開やバッドエンド路線的な方向では今の魔法少女に近いような。

90年代作品によくある全滅エンド世界崩壊エンドみたいな流れの影響もあるのかなあ

「プリズマ☆イリヤ」とかも、萌えで百合かと思いきやハーレムになって更に型月バトルになっちゃって、崩壊した並行世界を含めての戦いになったからな……

やれることが増えた、力の万能性が向上したことによる影響も考えられる。
大いなる力には大いなる責任が伴うというヤツだな!

あー……ヒーロー路線入ると鬱展開が加えられちゃうよな……

どっちが先からは分からないが魔法少女もインフレから逃れられなかったんじゃないか。敵と能力のインフレ、世界観も単純なモノから複雑なモノへと。

そしてそれに対するリスクも上がるということか。
こういうのって同じジャンルの作品が作られ続けている以上、避けられないものだったりするのかな。



とまぁ、こんな感じで。
過去に遡ったりわき道にそれたりしながらの議論が行われていました。

魔法少女に限らず中国オタク界隈でも様々な定番要素と、それをオタク的に解釈したネタ方面のイメージといったものが蓄積されているようです。
これに関しては日本とは微妙に異なる独自のイメージも混じっていたりするようなので、面白い題材にぶつかったらまた紹介させていただきたいですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「中国国産アニメに足りないのはストーリー構成力なのかもしれん」「ネット小説をアニメにするのは難しい」

ありがたいことに
「最近の中国の国産アニメは見る際に原作知識が無いと厳しい作品が多いように思えますが、中国の視聴者の間では問題無いのでしょうか?中国で一般的な武侠系の知識やネット小説ネタの知識だけでは対応しきれないようにも思えるのですが」
という質問をいただいております。

最近の中国ではオタク層向けの国産アニメの制作が活発になっていますし、中国オタク界隈でも毎シーズン中国国産系新作アニメに関する話題が盛り上がっています。
ただ質問にもある通り、
「原作知識なしでは厳しい作品」
も少なくないようで、実際に始まってみると付いていけなかった人もそれなりに出てしまっているのだとか。

そんな中国国産アニメの状況に関して中国のソッチ系のサイトでは
「国産アニメのストーリー構成」
などに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


国産アニメって始まってみるとどの作品も必ず批判が出まくる印象だし、実際気になる所をあげていくとキリが無いけど、その中で一番の問題はストーリー構成じゃないだろうか?

どういうこと?キャラデザだとかパクリだとか演出がダメだとか原作ストーリーの魔改造だとか批判出まくりなのは同意だが、ストーリー構成のダメさがそこまで突出しているわけではないような。

ウチの国の国産アニメに関してはコンテを描ける人材がいないのが大きな問題だと思うんだけど。使い回しが多過ぎるのもそれが原因の一つとなっているわけで。

確かに作画面も重要だ。
しかし作画やキャラデザは好みやちょっとした崩壊ネタくらいで済むこともあるが、ストーリー構成に関しては失敗すると作品全体にダメージが来る。
ようは、ストーリーをそのままやり過ぎてアニメにあっていない!構成がネット小説そのままでアニメになってしまう。これが大きな問題だと思う。

編集能力と言ってもいいか……作画方面が目に付き易いけど、そこも無視できない問題だな。
あと個人的に言わせてもらうと、ストーリーの魔改造ってウチの国で作った国産アニメだとそこまでヒドくはない。日本にぶん投げると大変なことになるようだが。

ああ、そういうことか。
確かにそれは理解できる指摘だ。

国産アニメってストーリー追っかけるだけでいっぱいいっぱいな作品が多い気はするね。
ネット小説の場合は地の文で大量の説明ができるけど、アニメではそれができない。結果的に視聴者への説明不足に陥ってしまう。

アニメ化されるネット小説作品って余裕で数百万字とかだし、どれも文字数稼ぎで膨らませている。そしてそれを1話十数分或いは二十数分のアニメのフォーマットにして、数十話で区切りが付く形にしなければならないわけだからな。

数百万字を数十話のアニメにする時点で凄い作業だとは思うが、アニメにする以上それで面白い作品にしなければならないからな……

説明不足とか別に構わんだろ。
オタク向けの作品なんだから。全ての人間がターゲットになっているわけでは無い。ウチの国はアニメ化されるレベルの作品は原作の読者数も多いんだからそれをターゲットにすれば問題無い。

それにしたって限度はある。
しかもそんな作品を「見なきゃ中国人じゃない」とか宣伝するファンがたくさんいるわけだし。

仙侠系でも説明不足に陥っているのがあるし、ネットゲーム系や学園系になると更に分かんなくなるわな。

今期の「マスターオブスキル」は用語とかの説明バッサリ省いているからなー
なんで凄いのか、どんな凄いことをやっているのかが分からん。作中で周囲のキャラが主人公持ち上げているのにそれでも凄さが分からんというのはかなりマズイのでは。実際、私の周りでも脱落者が多い。

これは「霊剣山」の頃から今に至るまで続いている問題かもね。
ネット小説をアニメにする以上、原作では大量の文章で説明されていた部分がバッサリ削られてしまうし、他の表現でのカバーも無いから、原作ファン以外はどんどんついていけなくなる。

ファン向けの作品なんだから合わなければ見なければいいのに。

ファン向けだからで済む問題ではないし、ファンからも文句出ているんだよなあ

ファン向けならファン向けでもっとしっかり作れと言う話になるし、ストーリーをなぞるのではなく面白い所を抽出してアニメにしろということになるね。

自分の場合、原作ファンだから見た国産アニメに関しては「なんか足りない」という印象のが多いね。

原作になったネット小説は面白いのにアニメになるとどれもダメになる。
中国のアニメに足りないのってアニメに合わせたストーリー構成力なのかもしれん。模倣するにも作画と違ってハッキリとしたものが無い。

ストーリー構成に関しては日本のアニメでも人材不足のようだしね。
ウチの国も映画業界とかなら人いるのかもしれないが、アニメまでは……

監督の問題もあるんじゃないかな。
実写はその辺りをまだなんとかやってやっているが、アニメだとどれも情報不足でやってしまっている。

原作メディアの特徴自体がなあ……ウチの国のネット小説って引き延ばして文字数稼がないと金にならない。しかしアニメという媒体でそれは無理だ。
(訳注:中国のネット小説は文字数ベースの課金システムが基本で、書き手もそこでの稼ぎに集中することから人気になる作品のほとんどがかなりの長編作品です)

言われてみれば構成の問題や文章で説明できない問題は大きいな。
もしかしたらアニメ化最大の敵はウチの国のネット小説の商業構造から来る更新ペースにより増大した文章量なのかもしれんな。

設定が多い、設定に関して地の文を読み込まなければならない作品でもアニメ化をやってやれないことは無いはずなんだが……例えば「境界線上のホライゾン」のアニメは普通に面白かった。

ただ説明しまくっても今度は好みが分かれるからな……今期の新作「Re:CREATORS」なんかは説明しまくってしかもそれでまだ足りていない感じだし、好みがハッキリ分かれて毎回炎上気味だし。

「Re:CREATORS」みたいな炎上気味なのが欲しいわけではないが、もう少し国産アニメでも作品関連の議論が盛り上がって欲しいとは思うね。
「Re:CREATORS」はオリジナル系で議論や予測で盛り上がれるってのはあるけど、国産アニメはなかなかその手の議論が盛り上がらん。

構成に関しては、ウチの国はネット小説から直接アニメになるケースが多いというのも問題なんじゃないか?
日本は巻数の区切りがある漫画やラノベが原作になるからやり易い所は間違いなくあるはずだ。ウチの国のネット小説原作アニメの構成が悪いのはメディアの流れ的に仕方がない。

ネット小説って更新ペースと文章量を稼ぐために推敲そっちのけで毎日投下しまくるのが主流だし、勢いはともかく構成とかはどれも二の次だ。更にパートごとの分業体制だから矛盾も当然出て来る。それをアニメで再構成するとなると……

日本のラノベって1巻ごとにテンプレに沿った起承転結や萌え要素を放り込んでいるけど、あれってアニメ化に便利なように調整されているはずだ。
ウチの国のネット小説は文字数パワーがメインでそういった調整は入っていないし、アニメにする際に問題にぶち当たる。国産アニメの制作に関してはその辺りの経験の蓄積も重要だろう。

最近は日本でもネット小説原作アニメが珍しくは無いぞ。

それだって一度書籍化してからアニメ化だろう。商業化の際に再構成や編集が入る。
ウチの国のネット小説も書籍で売ったりはするけど、ほとんどが手を入れずに文章流し込んで終わりだぞ。

日本のラノベ原作アニメも構成や説明がそこまで優れているってわけではない。
お前らがよく持ち上げている「ソードアート・オンライン」だって原作を見ないと分からない所がある。以前分からない所があって質問したのに「分からなければ原作見ろ」とか返って来たぞ。

日本のラノベ原作アニメも「原作ではこうだった」「原作を見れば理解できる」的な部分は確かにあるが、アニメで何やってるか分かんなくなるってことは無いだろ。
それと比べると国産アニメは前提知識と理解の要求水準がかなり高い。

国産アニメの場合、「興味があるなら原作も読んでみて」ではなく、「原作を読まずにアニメを理解できると思うな」といった感じのもあるからな……

日本のアニメって原作付きでもオリジナルでも、最初の方で世界観や目的を「ストーリーの中で」説明するからね。例えば「ソードアート・オンライン」でも第一話の導入でゲームのルールや背景をストーリーの中で伝えていたし。
日本のアニメに関しては説明セリフが多過ぎるというツッコミはあるが、最近の国産アニメの視聴者の脱落っぷりを見ると、ある程度は必要なものだというのが理解できる……

情報量や理解するペースの違いは間違いなくあるよな。
その部分に関する混乱が国産ネット小説原作の国産アニメにあるのは確かか。

ネット小説原作の国産アニメを見ると、ネット小説とアニメは違う。アニメは時間が限られているというのを強く実感する。
ストーリーは面白い、後の方から面白くなるという原作党のアドバイスはアニメに関してはあてにならん。

原作の違いもあるだろうけど、日本はアニメ向けのストーリー構成変更を大胆にやってくる印象だね。例えば「幼女戦記」は原作通りにやるなら二話の内容が最初に来るはずだった。

その作品の目玉になるようなエピソードやバトルシーンを最初に持ってきて、その後に説明を投下しながら話を進めるとかはやっても良いはずなのに、そういう試みが出ていないんだよな。どれも原作の流れ通りに進める。
ネット小説なんてどれも最初は盛り上がらないんだから、そこはバッサリ改変しても良いのに!



とまぁ、こんな感じで。
ちょっと前までは中国国産アニメに関しては
「頑張っているから良いじゃないか」的な、
問題点に関しては様子見といった空気もあったのですが、段々と問題点を指摘したうえで国産アニメに関して求めるモノについての議論も出て来ているようです。

中国オタク層をターゲットにした中国国産アニメもかなり増えていますし、今後中国の国産アニメがどのような形になっていくのか、既存の国産アニメからのフィードバックはどのような形で出るのかといった辺りも気になりますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「木の役というのが定番ネタ的な扱われ方をしているが、なぜあんな役が存在するんだ?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈ではアニメや漫画に出て来る日本の学校生活ベースの定番ネタに関する考察がちょくちょく行われていますが、
「学芸会などで木の役をやらされる」
というのが不思議に思われたりもしているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたその辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のアニメや漫画では「木の役」というのが学園モノや学校生活の定番ネタ的な扱われ方をしているが、どうも理解できない。
なぜあんな役が存在するんだ?

その疑問は私も感じる。何かのギャグ、笑う所だというのは理解できるがよく考えてみると混乱するよね。

別に木の役があっても不思議ではないと思うが……

いや、あの木って動かないんだぞ?背景と一緒なのに顔だけ出しているんだぞ?

え?あの木って動かないの?

動かない。そして喋らない。
普通に小道具や大道具、背景の書き割りなんかを使えばいい所にわざわざ人を配置しているから謎なんだよ。

喋りもしないのか。
私もあれって木の精霊的なキャラだと思ってたし、設定上変わった衣装になってしまった登場人物の一人かと……

あの木って重要なネタやキャラではなく普通の木なのか。
確かに何故そんなことをするのか不思議だな。

話の流れ的にも、木の役をやらされたことは良い体験ではないという扱いになるし、誰が得するんだろう。

あんな役でもやらないよりはマシってことなんじゃないか?
学校のクラス単位でやると考えれば、木にすらなれない、舞台に上がれない生徒がいるのは容易に想像できる。

でもあんな扱いなら、さすがに出ない方がマシだと思うんだけど……日本の感覚では違うのだろうか?

あんな役ならやらない方がマシだよな。
演技としてならともかく、木は立っているだけ。客観的に見て意味の無いバカなことをやらされているのは明らかだ。

えーと……目立たない人向けの役とか?

それだったら背景の道具使えばいいだけだろう。板でも紙でもいいんだから。

背景を動かす際に中に人が入っている方が便利だからというのも考えてしまったが、それは無いな。人が中にいる方が明らかに手間がかかる。頻繁に動く背景ならそういうのもあるかもしれないが、木だしな。

木の役ってのは日本の学園系の作品、学校の思い出関係のネタでそれなりにぶつかるネタだと思う。
だいたいは「立っているだけでセリフ無し」な扱いだったはず。

そうそう。日本二次元ではかなり定番のネタみたい。
「けいおん!」や「ラブライブ!」とかでも出ていたはず。

背景にするにしてもおかしい。
もしあんなことをやられたら、気になってしょうがないと思う。
顔が出ている時点でそっちに目が行くことになるし、いつ、どんな伏線やネタが発動するのかと注目してしまう。

あれって関係無い所に無理矢理キャラを出すための方便、強引さを笑うものだと思っていたんだが違うのか?
現実には無いと思うんだけど。

誇張やネタをまぜたりしているだろうけど、現実の日本の学校ベースのネタじゃないか?日本の学校によくある、一見意味不明なイベントや習慣じゃないかと。

あれは「役の数」を増やすためじゃないか?
日本の学校のイベントは部活ではなくクラス単位で行われる場合は全員強制参加のものが多いし、参加するためには役の数を多くしなければならないはず。

そう言えば日本の学校の運動会はウチの国のように選手だけがやるのではなく全員参加だっけ。演劇もそうなのかね?

なんとなく分かったが、無茶するな……

しかしそう考えるとある意味ではヒドイ話だな。
運動できない人が運動会で足を引っ張って恥をかいて罵倒されるのと、演劇出来ない人間が木になってさらし者にされるのではどっちがマシなのやら。

結果的にヒドイことになるケースはあるのかもしれないが、やらせる側はそこまでヒドイ意図のもとやっているわけではないだろう。
ウチの国でも幼稚園の出し物で、子供が多過ぎるから花とか自然現象とかの役を量産してごまかしたりする。それと似たようなことをやった結果がアレなんじゃないかと。

親からの要求に応じた結果だったりもするのか?ただああいうので日本の親は納得してくれるのか?

子供の方にも精神的なダメージが残りそうだよね。
アニメでもちょっとしたトラウマ的なネタにされているし。

どこまで二次元的なネタが混じっているか分からんが、役の絶対数が不足していることへの対策というのはとてもよく理解できる。
コスプレ劇やっていると、参加希望なコスプレイヤーの数と劇の役の数にどう折り合いをつけるかが問題になってくるからね。
(訳注:中国のコスプレはコスプレして行うコスプレ創作劇を中心に発展してきた面もあります)

ああ、コスプレ劇で例えるのは分かり易いかも。
シーンごとに別のコスプレイヤーが同じキャラを演じるなんてのもあるからな。
日本の木の役は「やる方」ではなく「やらせる方」の事情が強く出ているのかもしれないが、舞台をやる際には役の数と参加者の調整は共通する問題だろう。



とまぁ、こんな感じで。
「学校生活」というカテゴリ自体は共通なのもあってか、学校行事系のネタに関する考察は迷走しがちなようです。

ちなみに本題とはあまり関係ありませんが、中国オタク界隈におけるコスプレの扱いは、日本よりも随分と重要なものとなっており、商業同人問わず中国のオタク系のイベントではステージで行われるコスプレイヤーのパフォーマンスが欠かせないなどといった話もあります。

そんな中国オタク的なコスプレ活動の定番の一つがコスプレして創作劇をやる「舞台劇としてのコスプレ」ですが、上のやり取りにもあるように複数のコスプレイヤーが交代しながら一人のキャラを演じるということもあるのだとか。

そう言えば私が中国で初めて見た中国オタクによるコスプレ劇では数人の草薙京が出て来ましたし、その後も色んな体格のナルトやカカシによるコスプレ劇を見たりもしましたね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国では「コスプレ」に政府から補助金が出ます

中国オタク「Re:CREATORSの主人公嫌われ過ぎだろ」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。
「Re:CREATORS」の8話の展開に関するネタバレもありますので、一応お気を付けください。


中国における4月の新作アニメの人気作品の一つとなっている
「Re:CREATORS」
ですが、先日放映された第8話の展開から主人公の水篠颯太に対する不満が爆発し、炎上気味なキャラ叩きにもなっているそうです。



そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「嫌われまくるRe:CREATORSの主人公」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「Re:CREATORS」の主人公嫌われ過ぎだろ。
どこを見ても主人公叩きの話題ばかりだ。

叩くのは当然。
気分の悪くなる主人公だ!

「Re:CREATORS」の主人公は人間のクズだな。

カッコイイ行動ではないが、あそこまで叩くほどのものだろうか?
私はうじうじ悩む系の主人公の中ではまだマシなように思えるんだが。

動画の弾幕コメントの叩きっぷりとか、近年では見なかったレベルで叩かれているよね。

日本のアニメの主人公と言えばその場の危機と釣り合わないように見える悩みを引きずる、うじうじと悩んで迷走するというイメージがあるが、考えてみると最近はそういうの珍しいかもしれん

最近は俺TUEEEEEか、一人だけ上から目線の監視者兼管理者みたいなのが多いような。

こういう主人公に慣れていない人が増えて来たのかなー

うじうじ系主人公の代表格、碇シンジと比べたらどうだろう?
彼もうじうじした所や行動の迷走とか嫌われる理由になっていたが。

碇シンジはキャラクターがしっかりしているし、作中の状況が状況だから納得はできる。コイツはそういうのが無いからそりゃ叩かれるよ。

碇シンジは普通に活躍したこともあるが、こっちはまだ解説だけで活躍っぽいのが無いからなあ……そこに来て足を引っ張る行為だと、マイナスしかない。
現時点では評価されるポイントが無いんだよ。

最初は理知的なキャラかと思われたのに、話が進めば進むほどダメになってくるからな。退化していくのはアカン。

碇シンジはちゃんと成長する主人公だからRe:CREATORSの颯太とは全く異なる。

そうそう。コイツ、成長しないんだよ。
コイツの存在が不快だから俺は見るのやめたよ。

好意的に見れる部分が無いのは理解できる。ただ私は主人公が成長するまえの未熟さ、愚かさを描写している可能性もあると思うんだけど……

視聴者側が自分の気分が良くなる展開以外を許容しなくなってきている所はあるのかもね。
最近のアニメって主人公がスゴイ能力を持っていて、くっ付くことが決まっている可愛いヒロインもいるっていうパターンが多いから、そういう流れで見ると最近のアニメの主人公は弱さや愚かさを発揮できなくなっている所はある。

颯太は現実ベースの世界のキャラなのにリアルさを感じさせる描写もないし、ダメな思考とダメな行動をとるからそりゃ叩かれるよ。比較にもならん。
碇シンジに関しては、リアルさがあるから受け入れられるけどコイツはダメだね。

私は初めてエヴァを見た時に感じた碇シンジへのイラつきよりはマシに感じているから様子見。
彼と碇シンジを比較するなら、初見の時、作品考察の情報が無い時と比較しなければフェアじゃない。

そもそもシンジさんは「破」で大活躍したことや漫画版によるイメージの大幅な向上があるから。
シンジさんについて語る時、どのメディアの作品のどの時点のイメージで語るかで全く違うから比較する上であまり参考にならん。
それに碇シンジの成長って成長したように見えてもその後の展開で元に戻るか当初より悪化していることもあるし。

碇シンジは成長をさせてもらえない、成長を周りに評価されない所がある主人公だから、関連情報を知って考察するようになると嫌いにはなれなくなるしね。迷走するシーンがかなり多いから情報なしで見たらキツイのも分かるが。

颯太は本人が言わないせいで状況を悪化させる可能性が高いからここまで嫌われる。やれたのにやらないというのは嫌われるよ。

でもあいつオタクが特徴なだけの普通の学生だぞ。それも二次元によくある特殊能力系オタクではなく、現実のオタク。
上で出ている碇シンジみたいな特殊な背景持ちではないし、彼の抱く恐れや迷いってのもわりと現実的なもんだろう。
もちろん内面描写が少ないからいまだにどんなキャラなのかハッキリしない不安定さは否定するつもりはないが。

でも颯太は人間関係も環境もシンジに比べて恵まれすぎています!
髪の色も性格の属性も似たようなヒロインが二人いるのにこうまで違うとは!

「Re:CREATORS」は周りの大人や政府機関が理知的でそれなりにロジカルに動いてるから、そこはかなり恵まれているよな。まぁまだ8話だから今後の展開待ちということで?

ストーリー展開の不満というか、説明ばかりで話が進まないということに対する不満が爆発するきっかけになったような気もする。

確かに。
別作品別ジャンルのキャラによる超常バトル、現実世界でのスパロボ的クロスオーバーみたいな展開への期待していたのに、主人公が自分の黒歴史を隠したくて葛藤するだけだとさすがに……

状況説明とキャラ解説が続いてばかり。バトルシーンはちょっとぶつかって終了して後は創作側のキャラの現代社会への反応の紹介になるから主人公が活躍できる場面がほとんど回ってこないのは不利と言えるかもしれん。

イロイロと理由はあるだろうけど、最大の問題は主人公に男らしさや強さが皆無ってことじゃないかな。自分を信頼してくれる仲間に対して自分可愛さに重要な情報すら知らせない、真鍳に絡まれて何も反撃できない。結局はもっと気概を見せろってことだろう。

主人公に感情移入して見ていた人ほど近頃の展開にはイラつくのではないだろうか。
この作品の主人公は現実世界のオタクをベースにしたキャラだし、それが迷って恐れて愚かな行動をとり、結果として最悪の展開になりそうなのが我慢できないのでは?

何となくイヤな気分になる、不安を感じる所はあるね。
これまでの展開でも主人公の心理や背景の描写がきっちり出ていないからどういった方向で爆発するのか……あまりヒドイことにならなければいいと願ってしまうよ。

この作品はクリエイターに対しても優しくないが、話の構造からして恐らく視聴者、アニメや漫画を消費する側に対しても優しくない展開が混じる可能性は高そう……

この作品に関しては群像劇として見ているか、主人公を中心としたストーリーで見ているかで受け止め方が異なるように思う。

現時点で擁護することは難しいし叩かれるのもしょうがないが、ストーリー構成上の割を食っている所も否定できない。今後どうなるかを待ってみるのもいいんじゃないかな。

全22話のうちの8話だからね。ようやく1/3だ。
でもまさかこの作品から嫌われる主人公ランキングへの有力な挑戦者が出て来るとは思わんかった。



とまぁ、こんな感じで。
イロイロと脱線しながらの考察が行われていました。

中国オタク界隈では現在も「Re:CREATORS」の水篠颯太に関する不平不満が飛び交っているようですが、彼の行動やそれに対する中国オタク界隈の反応を見ていくと、現在の中国のアニメファンの間で嫌がられる主人公やその行動がどういったものなのかが見えてくるようにも感じられます。

「Re:CREATORS」に関して当ブログ的には作中で扱われる創作物のジャンルやお約束、メタネタに関する反応も興味深いものがありましたが、ここに来てまた別の気になる反応が出て来ましたね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本人の米に対する偏愛について」

思い出した頃にやる食べ物ネタで今回は一つ……

中国では
「日本人は主食をやたらと重視する」
というネタが広まっているそうで、中国的には主食&主食の餃子定食などは日本人の不思議な食習慣の代表的な例になっているようですし、日本のグルメ番組でご飯ものが続くことに対してツッコミが入ったりもするとかなんとか。
中国オタク「我が国ではありえない日本の習慣、餃子定食について語ろうぜ」

中国のソッチ系のサイトではそんな日本の米食事情(?)に関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本人の米に対する偏愛についてちょっと語ろう。
あの国の連中、米大好き過ぎるわよな……

主食を大事にするというのは分かるが、日本人は主食好きに米好きが重なってヤバイ。なんにでも米を合わせる。

日本のレストランではジャンルを問わずセットで米が選択可能になっているからな。
もちろん麺類にも!ラーメンだって餃子だって米が付くのが基本スタイルだ!

食事のセットで必ず米が選択肢に入るからな。
どんな地方の料理でも。

何が日本人にあそこまでやらせるのだろうか?
日本の米の特徴って何かある?

えーと、確か日本の米はほぼ全てが水稲だってのが特徴だったような。ただ他の国でも水稲栽培はやってるしなあ……

栽培方式よりも気候の違いが大きいんじゃないか。
日本の米はウチの国で言えば東北地方で栽培される米が近いと思う。

日本はジャポニカ米が主流。
冷たくなってもそれなりに食えるのが日本の米だな。

インディカ米とジャポニカ米の違いはあるのかね。
以前聞いた話では日本の米は炒飯とかには向いていないということだったが。

日本の米ってジャポニカ米とインディカ米の違いに加えて、日本独自の品種改良が入っているとか。

しかしやはり餃子にまで米というのは驚きだね。

食事の流れで米を食べるタイミングも不思議だよ。
最後に主食で米を食うのは分からなくもないが、主食を食べて、そこに更に米を食ったりする。

確かに。私はラーメン食ったあとに米をスープの中に投入する食い方を見た時は衝撃的だったな。

日本人は食事の最後の選択肢が「甘いもの」と「米」だからな……

一応、ラーメンというのも有力な選択肢だぞ。
そこはインスタントラーメンを発展させた国だけはあると思う。

あれ?じゃあ日本人って食事→ラーメンと来て、そこに更に米の飯を投入することになるのか!?マジで米好き過ぎだろ……

そうそう。面を食った後に更に米を投入するのが日本人。

それってお茶漬けとかと一緒なのかな?
いやでも、主食既に食ってるわけだし……うーむ……

米そのままで食うのがほとんどなのも面白いね。
ビーフンやライスペーパー、米線なんかの米を加工した主食が無い。

「もち」や「おかき」や日本式の「煎餅」って米の加工品じゃなかったか?

そうなんだけど、「もち」以外は主食になってないからちょっと違う気がするなあ。

だいたいは寿司みたいな米そのまま+何かになるよね。

寿司は見た目はキレイなんだけど、食べるのは……酸っぱいご飯も生魚もちょっと……

俺は寿司は全部手で作るのがどうにも抵抗が……

そういう時はわさびを意識してみるのはどう?
私は寿司やお茶漬けのわさびが好き。

日本人は味付いてない米をスープもおかずも無しでいけるってのが分からん。食習慣による味覚の形成が違うのかね。

日本の食事は主食ばかりというのがよくネタになるが、やはり米の系統が圧倒的に多いんだよね。本当に好まれているのだろうけど。

日本の実写のドラマでもそうだが、アニメや漫画、ラノベなんかの二次元でも米が好きというのが基本的な設定というか、説明不要の要素になっているからな

あれだけ主食を食べても問題無いのはちょっとウラヤマシイ。
主食は太るんだよ……

白米って糖分だからカロリーも高いし、肉どころか場合によってはスイーツよりも高くなるらしい。

最近は日本でも白米食う量減っているらしいけどね。
もっとも、それが大きなニュースになるのは興味深いが。

日本ではコメの消費量が減っているということでニュースになるし、米の扱いを疎かにすると社会問題になる。
米の輸入に関する関税撤廃が政治の極めて重要な議題になるし、扱いを間違うと抗議が起こったり選挙に負けたりするレベル。

日本人は米に関しては健康よりも習慣を重視する傾向が強くなるね。
現在もお茶漬けのような身体に悪い食べ方がとても好まれているくらいだ。

あの不健康な食べ方は本当にどうなのかと思ってしまうよ。
栄養のために食っているんじゃないのかもしれないが、かまないで飲み込むから胃腸を悪くして消化能力を衰えさせるし身体を悪くする食べ方だ。

よく聞くのが、米が日本人にとっては精神的なシンボルということだ。
ダイエットの流れが強まっている現代社会でも、米の扱いだけは別になるとか。

現代では世界的に食事が西洋化しているし日本はウチの国より更に西洋化しているんだけど、日本では米系はやはり残っているんだよね。
日本でも白米のカロリーの高さや栄養の偏りが問題になってきているが、対応策として玄米や五穀米などを提供する店が増えた……結局米から離れないのかよ!

日本人は米関係を特別視するのは本当。
これは米に関する道具もそうだ。
私は炊飯器で煮込みを作ることもあるんだが、それを日本人に話したら本当に驚いてモノスゴイ目で見られたよ。

日本人は白米を食い過ぎて脚気になるのが国家レベルの問題だった時期もあるからな。
白米食い過ぎで戦争できなくなるとか、ネタじゃなくて本当の話。

タイムスリップする場合、脚気治療の知識を持っているだけで無双できるという認識はいろんな意味でスゴイと思ったわ。
俺も江戸時代の日本にトリップした時のためにビタミンB1の確保のやり方を覚えておくつもりだ!

玄米状態だったら脚気にはならないけど、白米にしてしまうとダメなんだよね。

玄米だとタンパク質やビタミンも接種できるから、日本人は玄米だけでとりあえず生きていける時代が続いていた。その結果、現在も米に対する偏愛が続いているんだと聞いた覚えがある。

それって恐らくヨーロッパでジャガイモだけ食って生きてられたのと似たようなもんだろうね。ジャガイモも大量に食えばビタミンの摂取とかを満たすことができるから。
ただそこから更に米に対する偏愛や現在の食生活になるのはやはり不思議だよなー



とまぁ、こんな感じで。
最近は定番ネタ的な話題も増えてきているみたいですね。

最近の中国では美食ブームというか、美食系のテレビ番組やグルメをテーマにしたコンテンツというのも増えていますし食べ物関係の話題が一昔前に比べて随分と活発に飛び交っているように感じられます。

社会主義システムになってからの中国では美食関係の優先度はかなり下になりましたし、私も中国オタクの面々との付き合いでは食事関係の優先度の低さを意識させられることが少なくありません。
(これに関しては日本が重視し過ぎている感もありますが)

しかし最近は中国オタク系のコミュニティでも食事関係の話題が増えていますし、そんな所からも中国の食生活に関する感覚もイロイロと変わってきているというのを実感しますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国人「お茶漬けってどんな害があるの?」
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京の漫画喫茶B3

日本からだと存在そのものを疑われる事も有る北京の漫画喫茶B3のHPです。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ