「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

中国オタク「ウチの国の普通の感覚で笑える日本のアニメ作品って何があるかな?」

以前よりマシにはなっているのですが、中国オタク界隈はネタバレ大好きな人が多いのか、中国で人気の作品に関してはネタバレを踏んづける危険性がかなり高いように思えます。
そんな訳で、この週末はFGOの新章をある程度進めるまではソッチ方面への巡回をやめようと考えております……

さて、今回の更新の方を。
アキバ総研のコラム記事
【中国オタクのアニメ事情】中国の1月新作アニメの動向 有料会員限定なら配信リスクの高い「幼女戦記」も配信できる?(アキバ総研
などで「中国人の感覚にも刺さるコメディ」といったことを書いたのですが、この件に関してありがたいことに
「中国の感覚に刺さるコメディ系の作品とは?」
という質問をいただいております。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国オタク的に笑えるアニメ作品」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ウチの国の普通の感覚で笑える日本のアニメ作品って何があるかな?オタク向け過ぎるとか、マニア向け過ぎるとかはちょっと無しで。

普通のって、どの程度?
ディープなオタクじゃないと分からないレベルはさすがに避けるとして。

予備知識が必要無くて、ウチの国の一般的なアニメ視聴者が分かるレベルで頼む。オタクネタはあまり多過ぎない方がいいかも。
まぁあまりディープなの、例えば「魁!クロマティ高校」とかのレベルで無ければ問題ない。

ああ、「クロマティ高校」は確かにな……
普通に笑える作品ってことなら「日常」とか良いぞ。
私は何度も繰り返し見ている。

オタク向けなら「あっちこっち」とかを薦めるんだが、普通だと……「生徒会役員共」かな。

「生徒会役員ども」は俺も笑いまくった。あと生徒会ネタだと「生徒会の一存」も良い。

古い所だと、「あずまんが大王」や「フルメタルパニック!ふもっふ」とかは定番の名作。

「フルメタルパニック!ふもっふ」はいまだに鉄板。
ウチの国の上の世代はあれからオタクになったヤツも多い。

「フルメタルパニック!ふもっふ」が無かったら、ウチの国のオタクの広まり方はもうちょっと遅かったかもね。当時、最も使い易い入門作の一つだったよ……

定番としては「銀魂」とか……あとは「男子高校生の日常」とかかな。

「男子高校生の日常」は自分も大好き。
腹筋が心配になるレベルで笑える。

爆発力なら「バカとテストと召喚獣」も。これは大笑いできる。
同じ作者の「ぐらんぶる」も早くアニメ化してくれないものか。

昔のだと「ジャングルはいつもハレのちグゥ」もいいんじゃないかな。

「ジャングルはいつもハレのちグゥ」は今の感覚だとちょっと厳しい所があるような。当時は代表的な、笑える作品だったけど……

笑いのツボが合うか、電波の方向が合うかで笑える作品になるかどうか決まるが、その範囲が狭い作品ってあるからね。笑える作品のオススメって、ややマイナーな作品になると急に難しくなる。
私は「じょしらく」とかも好きなんだが

「よんでますよ、アザゼルさん。」は良いよ。私はこの作品で笑い過ぎて困った。

アザゼルさん、良いよね。
私の感じた印象だと、アザゼルさんはオタクの方が逆に楽しめないかもしれない。女性ファンも多いし、オタクより一般向けという感じかな。

えーと、ここまでで挙がってないのだと「荒川アンダーザブリッジ」とかはどうかな?なんか古いのばかりが思い付くんだが、最近だと何があるかな?

「月刊少女野崎くん」なんかはどう?

それはもう最近じゃないような……うーむ、笑える作品に関しては古い名作が強いか。

作品の新しさはともかく、「月間少女野崎くん」はスバラシイ!毎回ハラが痛くなる作品だった!

最近というなら「この素晴らしい世界に祝福を!」や「斉木楠雄のψ難」辺りじゃないかな。笑える作品は当たれば強いね。どっちも長期間、上位の人気作品として注目されている。

クセが強いが、「監獄学園」はハマると危険なレベル。

「この素晴らしい世界に祝福を!」はトリップ系、ファンタジー系ということで、見始める時は笑う要素が強い作品では無いと思っていた所に来る不意打ちがヤバイ。
実際はモノスゴイ勢いで笑わせに来る作品だ……

お笑いに関して「おそ松さん」はどうなんだろう……オススメしたいんだが。

ウチの国だと難しいんじゃないか?
コメディ部分の出来も良い作品だとは思うけど、日本のように広まらなかったわけだし。

ところで「日常」はウチの国だとどんな感じなの?
京アニ爆死みたいなネタを除いて考えても、スゴイ笑える、面白いといった感じで評価する人と意味が分からないと否定する人で両極端だけど。

ハマるとスゴイって所かな。笑いのツボがちょっと変わった所にある作品だと思う。オタクの知識は関係ないが、見る人を選ぶような所はある。

「日常」は楽しめる人の範囲がわりと狭い作品だろう。私は笑える方だったし、薦めた知り合いの中には私以上に笑いがハマった人もいたが、三話まで我慢して見たけど笑えなかったなんて人もいた。

無難な所では「男子高校生の日常」や「月刊少女野崎くん」じゃないかなあ

「みつどもえ」良いぞ!
絵柄で避けずに見てみよう!

ここまでで出ていないのだと「天体戦士サンレッド」はどうだろうか?

あれはオタクの知識を蓄えていると面白いけど、予備知識無いと微妙じゃないか?
日本の特撮ネタくらいは知っておかないといけないし、日本生活ネタも多いから初心者向けではないと思う。笑えるのには同意だが。

なんか上がっている作品を見ていくとお笑い系作品は作品人気の寿命が長いのが多いね。昔の作品だけど、時々見たくなる、私の周りでもいまだに見ている人が作品ばかりだ。



とまぁ、こんな感じで。
「笑える作品」に関しては、比較的古い作品も頻繁に出て来るのが興味深いですね。

上のコメントにもありますが、「フルメタルパニック!ふもっふ」は中国オタク界隈黎明期の人気作品で、私がまだ中国に留学中だった00年代半ば頃も中国で大人気だった作品です。

この辺りに関しては、「笑える作品」には大当たりとなる作品が少ないのと、一度人気になった「笑える作品」は中国オタク界隈における定番として、人気の寿命が長い作品となるといった事情も影響しているのではないかと。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「Fateの中華系サーヴァントってどうなの?強い?設定もFGOでの評価も知りたい」

ありがたいことに
「FGOサービス開始以降の、中国での中華系サーヴァントに関する反応は?」
という質問をいただいておりまして、それに関してちょこちょことまとめていたのですが、近々実装となるFGOの新章で中華系っぽいサーヴァントが出るようなので、賞味期限切れ前に泥縄更新を。


そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Fateの中華系サーヴァントは強いのか?」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


Fateの中華系サーヴァントってどうなの?強い?
設定もFGOでの評価も知りたい。

全体的に見ると、そこまで強くは無いかなあ。
弱いというわけでもないが。

孔明が最強。あとは微妙。

孔明はともかく呂布、三蔵、荊軻となんかパッとしないんだよね。

はやく孫悟空を出そう。
三蔵もいるし、あの世界にきちんと存在しているんだろ!?

そうだよな!あと孫悟空のクラスはアヴェンジャーでも構わんぞ!

ゲーム内では孔明は星5どころか一人だけ星6と言われるほどの強さなんだが。

今の所中華系サーヴァントで本来の実力を発揮して強いのっていないんじゃないか?
孔明もウェイバーが混じっている上に、ウェイバーとは能力の系統が違うから本来の実力ではないだろう。

孔明は疑似サーヴァントだし、ウェイバーとの混ざりものだから実際よりは弱くなってるんだっけか。

FGOの孔明はエルメロイ鏡い蛤じって別物になってるけど、能力に制限がかかっているわけじゃなかったはず。少なくとも「孔明の計略を十全に使える」ということは明言されている。
普通の聖杯戦争で呼ばれたらどうなるのかは不明だが……

Fateではマトモな中華系英霊っていないぞ。
荊軻と三蔵は女体化、呂布は裏切り大好きな叫ぶだけのサイボーグ、諸葛亮は最強クラスだが人格はウェイバーだ……

李書文はマトモだし、武術的にあの世界の最強クラスだろ。

李書文なんていう普通の中国人は知らないキャラを持ち上げられてもなー

でも設定はトンデモナイだろ。
八極拳も含めて型月世界では圧倒的な存在感。

きのこは中国贔屓だからね。
李書文の強さはやり過ぎで心配になるレベル。

孔明は型月世界でも強いというのは明確に出ているぞ。
孔明の人格は表には出ないがFGOではエルメロイ鏡い「史実以上の化け物」「人間と話している気がしなかった」という評価をしている

こっちの考えるものとズレているかもしれないが、なんだかんだで中華系サーヴァントが贔屓されているのは確かだろう。
李書文とかベオウルフと殴りあって勝てるレベルになってるし。

ところで中華枠だと他にサーヴァントとして出そうなのって誰?

実装時期は分からんが哪吒は既に出ているしサーヴァントとしての実装はあるだろう。あとは秦良玉や始皇帝が出るという情報も当初はあったが、こっちは不明。

呂布は星5で実装されれば強かったろうけど、FGO内では星3相応の強さでしかないかな。ストーリー上の扱いもイマイチ。

呂布はEXTRAやEXTELLAではそれなりに活躍する。あれが日本人の妄想する呂布像なんだろう。

始皇帝が出るとしたらどうなるかな?
グランドクラスいけそうだとも考えていたが、最近の流れだと微妙な気もしてきた。

荊軻によれば始皇帝は遠坂時臣に似ている所があるらしいし、強いキャラになるとは思えない!

始皇帝は出ない方が良いと思う。
みんな、始皇帝の強さはギルガメッシュクラスを期待しているだろ?俺ももちろんそうだ。
仮に出てギルガメッシュ以下の強さだとガッカリするのは間違いないし、それなら自分で妄想している方がマシ。

ギルガメッシュは戦闘力的な面での最強感はどんどん薄れているけど、キャラクターとしての最強感は昔より強まっているからな。アレを超えるとか、同格的な存在だと評価されるのは厳しそうだ。

それに中華系キャラはイラストの方で炎上したりするしなー
良い評価なのは李書文くらいだろう。三蔵とか、あのイラストでなければ女体化に関する反発も含めてもう少しマシだったのでは。

サーヴァントの活躍や強さの設定に関してはストーリー上の制限がかかることも多いからなんとも。きのこは中華系サーヴァントを贔屓しているのは間違いないと思う。しかし強いけど強さを発揮できないという形になる。

ティアマトが出たんだし、いっそ盤古を出しても……

アーチャーとして羿の実装をだね。

封神演義から神性持ちのサーヴァントがたくさん出せると思うんだが。

出るとしてもサーヴァントという格におさめるための弱体化になるぞ?
それか魔力消費が大き過ぎて能力を発揮できないとか。

通常の聖杯戦争枠ならその制限がかかるが、FGOや月だとそんなに関係無くなるだろう。もっとも、神でもセファールには勝てなかったというのが明言されたから、実際に出てもそこまで圧倒的ではなさそう。

FGOとEXTELLAによって、また俺達の妄想が崩れ去った……きのこめえええええ!

今のFateってカルナやアルジュナといったインド神話枠が出たから、神霊クラスの存在でもそれなりに想定できるようになってきてるんだよね。
でもインド神話枠とか一昔前だったら「妄想で俺TUEEEEEし過ぎ」的なキャラだったりする。結論としては、あまり細かく真面目に考え過ぎない方がいい!という所ではないだろうか。

Fateはゲーム上も設定上もインフレが凄いからなあ……中国系神話伝説の英霊も弱くはないだろうけど伝説や妄想そのままの最強とはいかないと思う。

そもそも元ネタの神話伝説でどんなスゴイことをしていても、TYPE-MOON系の世界ではそのままでは無いということになっているからね。
あの世界における神は神秘の濃厚な時代における自然現象の象徴、化身としての存在という扱いだから、元ネタで世界作ろうが滅ぼそうが、サーヴァントにするのもサーヴァントと戦うのも問題無い。

恐らく盤古が出たとしても作ったのは中国の天地であって、型月世界の天地では無いということになるわな。

最近のFateに関してはインフレしているというよりも、「絶対的な物は無かった」ということになっているような気もする。
遊星もそうだが、南米の神が宇宙系だったとかも衝撃的だったし、そこから調べるとアルテミットワンとか出て来たので自分は考えるのをやめてあるがままを楽しむことにした。

なんか、中華系サーヴァントって出ない方が良い気がしてきた……

私は中国古代系の英霊には出て欲しい。だが女体化は勘弁して欲しい。

Fateにおいては強いとか弱いとかそれほど意味が無いということに早く気付け!
強いという設定があれば勝てるわけじゃない。重要なのは中二病的なパワーだ。勝ち負けはそのパワーとストーリー展開で決まる!

確かに。ネロでも遊星の尖兵に挑めるし、トップサーヴァントに勝てるわけだからな。勝ち負けは出るとしても、強弱に関しては考えてもしょうがないかもね。

しかし日本人が考えるなら、結局は三国演義や水滸伝になるんじゃないか?

それの最強クラスが今の呂布と孔明だぞ。
例えば趙雲が呂布、孔明より圧倒的に強いというのはありえないだろう。あれより上のクラスの強さとなると、始皇帝の他には太公望くらいじゃないか?

関羽がいるだろ。関羽は神クラスだから強さでも神秘でもストーリー上の扱いでも、最高レアで問題無いレベルだ。

日本は呂布好きが多いし関羽より呂布の方が評価高いから、呂布以上になれるか分からない。関羽が星3で呂布と同格扱いだと、ウチの国で炎上しそうだが。

そう考えると李元霸とかは厳しいか?

隋唐演義系はキャラの格、強さが固まっているし扱いが難しそう。日本向きの厨パワーが足りない……

きのこは中国贔屓という話は聞くが、FGOの扱いを見ていると、中国では無くインドが贔屓されているように思う。

中国関係の扱いが良いのは間違いない。
それがウチの国の人間が望むキャラを、望む方向で活躍させるわけじゃないってだけだ。

だろうな。
ウチの国で有名なキャラに関しては「評価が低い」「もっと強いはずなのに」と感じるし、マイナーなキャラに関しては「なんでそんなのを高く評価するのか」と感じられるが、それはあくまでウチの国で一般的な知識と感覚によるものであって、日本で一般的な知識と感覚によるものとは当然異なる。

面白くて、カッコ良く活躍できれば何でもいいよ。スゴイ設定と、物語上の凄さやカッコ良さ、説得力や感情移入は別物なのだから。
私も昔は強い中国のサーヴァント、マイナーな強サーヴァントを発掘しようと頑張ったことはあるけど最近はやらなくなった。妄想は今でもするけどね!



とまぁ、こんな感じで。
中華系サーヴァントに関する扱いは悪くないと思われているものの、中国オタク界隈で求められているものとは微妙に違う所もあるようです。

それにしても、FGOの新宿のアサシンは誰なのでしょうかね。
「天に百八」
「幻想であるはずの男は、拳法と共に創生された」
とあるので、ひねり無しで考えると水滸伝の素手武術系キャラ、刺青もあるので浪子燕青っぽいですが。彼が燕青ならば「相撲」の扱いにも期待してしまいますね。

ただ私は最初に読んだバージョンの水滸伝による影響か、
燕青の戦闘力に関しては
「楊雄と石秀に追いはぎをしようとして返り討ちにされる」
というエピソードの印象が強かったり、燕青の比較対象となることの多い李逵も強敵に勝つキャラという感じではなかったりで、武松や魯智深などに比べてイマイチというイメージも……カッコイイキャラなのは間違いないとは思うのですが!


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「最近は瓶底メガネがオタクの証になっていると考えればいいのだろうか?」

ちょっと前の記事で艦これのイベントでカットインが上手くいった覚えが無いとか書いたのですが、今回のイベントはE3ボス最終形態になってから最初のアタックで北上様がカットインを決めて終了するという展開になりました……こういうのってホントにあるもんなんですね。

さて、それはともかく今回の更新を。
中国オタク界隈では日本のアニメや漫画に出て来るお約束や記号的な表現についてちょくちょく話題になっていますが、キャラクターの容姿や装備のパターン的なモノは特に注目されたり、ネタになったりしているようです。

中国のソッチ系のサイトでは分厚い、ぐるぐる模様の入ったいわゆる
「瓶底メガネ」

に関してちょっとした話題になっていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近は瓶底メガネがオタクの証になっていると考えればいいのだろうか?
昔と比べるとメガネの表現や、記号としての意味が変化しいているように思えるんだが、あの分厚い瓶底メガネについてはどうなっているのかという疑問が出て来た。

確かに近年はメガネキャラの描写が変わってきているな。
メガネ=強キャラ的なイメージすらある。
あの瓶底メガネに関しても昔のままでは無くなってきているわけか。

スレ主が言っているのは丸尾がかけているようなメガネだよな?

そう、まさにそれだ。
直近では「小林さんちのメイドラゴン」で滝谷がそのメガネをかけてヒドイレベルのオタクに変身している。

メガネってアニメや漫画だとある種の偽り、変装的な意味を持たせる小道具だけど最近は真の姿に変身するアイテムになっているかも。

ウルトラセブンの変身アイテムはメガネだぞ?
変身アイテム的な意味はそれこそスーパーマンからあったろ。あ、でもスーパーマンは偽る方か……?

沙織・バジーナのメガネもオタク状態とお嬢様状態をチェンジするアイテムだったな。
ただ沙織の場合は偽装の意味もまだあったはずだが。

今の二次元では、現実のようなメガネのイメージを備えているのはあの瓶底メガネだけじゃないかな。

あのメガネだけはいまだに現実に近い、メガネの負のイメージを保っているよね。そしてそれがオタクのキャラという記号も伴っている。

変身だなんだと難しく考えず、ダメなオタクの記号とでも考えればいいんじゃないの。

うん、それは分かるんだよ。
気になるのはいつ頃から、どういう流れでダメなオタクを表すアイテムになったかということなんだわ。

あれはオタクよりも、ダメな方向のキャラを表しているんじゃないか?
黒縁メガネも、いつのまにか強キャラ演出の道具になってしまった感があるから、貴重なダメな方のアイテムとしてのメガネとしてなのでは?

昔のアニメや漫画だとあのメガネは知識だけ、勉強だけ過ぎるキャラのアイテムといった感じだったよね。

ギャップの演出という意味もあるのだろう。

私が面白いと思っているのは、カッコイイキャラがあのタイプのメガネを装備して実は……というパターンの方が目に付くように思えることかな。ギャップの演出としては理解できる。

メガネを外したキャラが美少女だとか美形だとかよりは現実的。

私も家にいる時、特にPCの前ではふちの太いどの強いメガネかけてるからなー

家の外では自分を隠し、家に帰ったらグータラする。
普通だな!非常に正しい描写だ!

メガネに関しては自分を守るためという意味があるが、滝沢のようなキャラがオタクになるためにあのメガネをつける必要ってあるのか?
ディープなオタクは自分を守る必要ないのに、なぜメガネをかけさせるのか。

日本の社会ではオタクは差別される存在だから、日常生活では隠さないといけないんだよ。これに関してはアニメや漫画の描写よりもかなりヒドイことになっている。

外見を整えるのは当然だろ。
大学の中はともかく、社会人になって仕事をする場合はきちんとした格好をしないといけなくなる。オタクをやっている人間の中にはそういうことができる人がいるということだろう。
あのメガネに関しては、オタクの表現でもあるが、同時に家の中で好きな格好をしているという表現でもあるのだろう。

家に帰ったら本性を現し瓶底メガネをかけると……

あれはオタクモードの方が本体で、会社にいる時の方が隠行モードと見るべきだろう。あの瓶底メガネは、隠すためでは無くオタクのアイコンとしてのパーツと考えればいい。

メガネがオタクとしての本体だったりして。

現実ではメガネの有無に関わらず、オタクっぽいのはバレるけどね!

でもアニメでオタクっぽい格好を単純に表現するのって結構難しい気もする。
特にオタク向けの作品の場合、どの方面のオタクなのか視聴者が判断できるから中途半端なオタク描写では説得力が出ない。

自分も家の中と外で自分をどの程度出すかが異なるし、メガネによるオンオフも実感としては分かる。ただ言われてみるとあの瓶底メガネでオタクになっているのは興味深い。

例えばオタクってわけでは無いが「彼氏彼女の事情」の雪野とかは自宅だとジャージにメガネだったが瓶底では無かったよね。当時とはメガネの扱いが違うのは確かだろう。

瓶底メガネキャラで雪野と近い時代だと、「セーラームーン」の海野や「らんま1/2」のムース辺りか。確か東風先生は普通のメガネだったよな?
この辺ではまだ普通のカッコ悪いメガネの強調というパターンで、オタクという記号は無い。

でもその時代だと、まだオタクキャラ自体が少なかったんじゃないか?

瓶底メガネにダメな、インドア派なオタクのイメージが結びつくのは理解できるけど、今のような使われ方になる過程は気になるね。

外面を取り繕っていないホントの自分が瓶底メガネってのは、考えてみれば面白い。
そうなるのは納得できるけど、あのメガネに関する過去の作品からの流れを見ていくと結構大きな変遷がある。

キャラの本性がオタクまではいいが、そのキャラの本当のオタク的な容姿が瓶底メガネというのは、「いつの間にか反対になっていた」印象も受けるね。



とまぁ、こんな感じで。
メガネの持つ記号的な意味も含めてイロイロと出ていました。

中国の社会的な感覚に加えて入った作品やコミュニティの傾向もあってか、中国オタク界隈ではメガネ萌えの人が日本よりも少ないという話もありますし、アニメや漫画における記号としてのメガネに関しても、日本とは少々受け取り方が違うような所も見受けられます。

現在の中国オタク的な感覚でも、日本のアニメや漫画における瓶底メガネ表現の扱いについては問題無く理解できるようですが、お約束的なものに関して少々考えてしまう人もいる模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「また字幕組が日本で捕まった……」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

先日、またアニメの違法アップロードによる字幕組の逮捕者が出たそうです。
「字幕組」の中国人男逮捕 「アンジュ・ヴィエルジュ」違法公開(産経WEST)

このニュースは早速中国のネットにも広まっているようですが、昨年の9月と10月に続く3回目となることや、中国では学校によってはまだ冬休み中といった状況なのもあってか、中国オタク界隈では今の所それほど強烈な反応は出ていない模様です。
中国の大手古参字幕組の人間が日本で捕まり、中国にも衝撃が走っている模様
字幕組から更なる逮捕者で中国オタク界隈も混乱中

ちなみに「アンジュ・ヴィエルジュ」に関しては、昨年の7月新作アニメとしてbilibiliやPPTVで正規配信が行われていたようです。
中国の2016年7月新作アニメ公式配信状況

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

それからこの手の事件に関する反応は既に何度か取り上げていますし、以前のものとは少々変えてみようということで、以下に紹介させていただくのは比較的冷めた反応の多い所を探して、定番の反応である「烈士が」「勇者が」的な反応は省いたものになっております。予めご了承ください。


また字幕組が日本で捕まった……ニュースにもなっている……今回も「字幕組」ときっちり出ている。

またかよ。
最近続き過ぎだ。もう3回目じゃないか?

字幕組の活動に関して何らかの問題が起こる、事件になる可能性を考えたことはあるけど、日本でこういうニュースが続くなんて考えもしなかったよ。

驚いたのと、またかと思ったのが半々くらいだ。
日本の警察はこの方面に力を入れるようになったのだろうか?

ニュース見たがダウンロードしてアップして、それで捕まるの!?
いやロジックとしては分からなくもないが、もっと捕まえるべき対象があるんじゃないか!?

日本の取締りがどんどん厳しくなっているのは間違いないな。

海外だと厳格に取り締まってくるからね。こういう活動を警戒無しにやれる所の方が珍しい。アニメは比較的取締りの緩いジャンルだったけど、ゲーム関係や映画ドラマ関係は以前からかなり厳しかった。ついにアニメも……ということなのかも。

日本人は字幕「組」をなんとか「組」と似たような暴力団と思っている……とかいうネタで笑える状況じゃなくなってきてるかなー

最近、字幕組の関係者がたくさんつかまっているようだ。
さすがにここまでくると字幕組の活動、特にアップロード行為に対してはかなりの打撃になりそう。

ニュースに「後に何者かによって字幕が付けられた」とあるけど、これって明らかに字幕組の別のメンバーだろ。

日本の取締りにどんどん力が入るようになってきている。
字幕組のリスクも上がる。好きでやってる、好きな作品を広めたいと考えている人にとっては本当にやり難い時代になってきたな。

需要と供給、そして競争的に、今は個人で字幕やれる時代じゃなくなっているから単純には見れないぞ。
ただ、日本在住のメンバーのリスクが目に見えて上がってきているのはなんか気の毒。

こういうのを見ると中国で良かったと思うわ!

日本でやるのは本当に危険になったよね。
データのやり取りとかを中国にいる感覚でやるのはもうダメなのでは。

昔は交流の中心だった字幕組が今では取り締まられている。中国に日本のアニメを広めたのは字幕組なのに。

今の時代にまだやり続けるからこういうことになるんだよ。
評価されたい称賛されたい、利益を得たいと続けるからこうなる。本当に作品を広めたいなら、今は字幕組で発表するよりもライセンスを獲得する所にいくのがベターなやり方だ。もっと簡単なやり方としては、配信の情報とリンクをまとめた作品スレを立てればいい。

だが正直な所を言わせてもらうと、今後この手のアップロードがどんどん減っていく、アニメを見るのに金をとられるようになるというのは憂鬱だな。

ウチの国だと正規配信でも金払わずに見れるじゃないか。
広告モデルで無料の視聴者を確保して、そこから別の集金モデルにつなげるのが、ウチの国のアニメに関するやり方だ。

今はまだそうだけど、今後もそうだとは限らない。

最近はウチの国の動画サイトも人気作品で無料は最初の方だけとかいうやり方が増えているんだぞ。今後は「有料会員にならなければ見れない」ということになる可能性は否定できない。

しかしこの事件に関しては、違法なことをやってしまった以上どうしようもないだろう。中国国内でもリスクは0ではないのだから。

日本ではダウンロードも違法だが、優先的に取り締まられているのはアップロードだからね。これは無防備にアップして、それが取締りに引っかかってというパターンじゃないかな……

動画ファイルも画像も危ないけど、動画ファイルは特にヤバイ。トラフィックがでかくなるから隠しようがないしあっさり発見される。

ここ最近は動画データのやり取りのリスクがハッキリしている。
本気で称賛されたいヤツや稼ぎたいヤツで、スキルやセンスのある連中はアニメよりも画像にシフトしている印象。ネタ画像や同人とかの方が、作業量少ない上にPVや宣伝効果も上で、反応も良いとか。

この事件に関しては何とも言えないが、ウチの国だと配信されるのが絶望的な作品で見たい、語りたい作品が定期的に出て来るのが……
今期も「クズの本懐」とか大人気なのに配信無しで、今期の字幕組のパフォーマンスの主戦場になってるし。

でも今回のはちょっと違うように見える。
逮捕の理由になった「アンジュ・ヴィエルジュ」ってどんな作品なんだ?聞いたこと無いぞ?

16年の7月の新作。カードゲーム原作系のアニメだけど当時ほぼ話題になってなかったはず。

私は連続の逮捕よりも、かなりマイナーな作品での取り締まりというのが衝撃的だよ。

こんなサービスも過激さも無い作品に手を出して捕まるという件に関して、何と言えばいいのやら。

確かに。わざわざリスクを負って字幕つけるほどの作品なのかと言えば……



とまぁ、こんな感じで。
ざっと見た印象ではありますが、逮捕のニュースが続いているのもあってかこの件に関してはそこまで衝撃的に受け止められているわけではないようです。

しかし日本における取締りが厳しくなっていることは意識されているようですし、それに加えて近頃の中国のネットにおける日本のアニメの正規配信のモデルの変化もあってか、イロイロと考えてしまう人も出ているようです。

実際、1月の新作アニメに関してはYoukuTudouだけでなくiqiyiも独占配信となった作品を有料会員向けのサービスに活用していますし、中国のネットでも徐々に全ての配信作品を制限なく見ることができる状況ではなくなってきているようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&除法提供お待ちしております。

中国オタク「日本の学校で使う文房具高過ぎないか!?」「ランドセル以外もあんなに高いのかよ」

ありがたいことにネタのタレコミをいただいているので、今回はそれについてを。
中国における1月の新作アニメの人気作品の一つとなっている
「小林さんちのメイドラゴン」

ですが、作中に出て来る日本の生活の描写やキャラクターの行動もイロイロと話題になっているようです。

第4話ではカンナが学校に行くために、文房具やランドセルなど一揃いを買いに行くというエピソードがありましたが、その中で出て来た
「日本の文房具やランドセルの値段が非常に高い」
ということでちょっとした話題になっているそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたその辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の学校で使う文房具高過ぎないか!?
日本ではマジであんな額が飛んで行くのか!?

「小林さんちのメイドラゴン」のアレか。私もそこは気になったよ。
作中の扱い的に誇張でもない感じだったし、多少の幅はあっても現在の日本社会の学校ではあんなもんなんだろうな。

どこの国でも勉強のためには金を使うとは思っていたが、日本の学校での勉強の費用のかかり方がああいうことになっていたとは。

そりゃ日本が少子化するわけだよ。
ウチの国も教育費の高等で少子化が加速した所はあるが、日本は更に金かかりそう。

絵の具セット、2580円か。
こんなものまで高いなー

あと日本では習字セットというのもある。
これ高いんだぞ……日本に暮らしている親戚が驚いていた。

遊び重視の選択とはいえ、子供一人分のセットで1万円って。

本当に高いよな。
勉強用の文房具で1万円……

そう言えば無印良品の文房具ってどれも数十元はする高いものだけど、日本の文房具ってもしかしてどれもあんな値段なのか?
長く使えるし良いものではあるのは確かだが……

なるほど。無印良品のアイテムで全部揃えたと思えば理解できなくもない。そりゃ高くなるよ。そして日本の学校ではそれで揃えるのが一般のレベルと。これはカルチャーショックだ。

ウチの国は学費や付け届けで金が飛んで行くが、日本は学校で使うアイテムで金が飛ぶのか。

癒着の構造まで分かるとは!

服や靴は学校で直接買うんじゃなくて、店に委託してるのね。

学校が指定する唯一の商店って分かり易い大きな利益構造だし、ウチの国だと訴えが飛んで社会的な槍玉にあげられてしまうのは確実なのに。

なんで日本ではあんなあからさまなやり方ができるんだろうな。
一般庶民の受け取り方が違うのだろうか?それとも商店側が何かしらの負担やサービスの提供をしているのか?

ウチの国は学校経由の注文が多発して小銭を徴収されるが……日本ではでかい出費が用具関係で出ていくとは……

ウチの国だとカバンは個人で好きなのを購入だけど、今なら300元(約5千円)くらいかな。
今の値段は分からないが、私が中学の頃は制服が100元(約1600円)いかなかったし、文房具はどれも数元だったからなあ。物価が違うとは言っても、日本の文房具の値段は想像の範囲外だ。

制服やジャージの単価は日本の方が圧倒的に高いけど、ウチの国は頻繁に、小学校なんかは下手すれば毎年モデルチェンジやる所もあるからね。それに破れたら新しいの買わないといけないし。

それにしても日本の学校用のカバンが高いというのは聞いていたが、38000円というのは本気で驚いた。

日本のランドセルについては知っていたけど、ランドセル以外もあんなに高いのかよ。

そして驚いてもあっさり払う小林さんの支払い能力も驚きだな……

あれってブランドものじゃない、普通のがあの値段なの?

日本の子供が背負っている学校のカバンは革で作ったオーダーメイドだから高いんだよ。
もっとも、今ではスーパーで売っている大量生産品を買うのがほとんど。アニメの中のはオーダーメイドのカバンとスーパーで売っているカバンを混同して誇張している。

日本の一般的なランドセルって明らかにオーダーメイドではないぞ。
あんなのはせいぜい100元(約1600円)だろ。そもそも200元も出せばもっとカッコ良くて使い易いのが買えるだろうに。

こっちの通販であのランドセルの値段を調べたら輸入品が2700元(約4万3千円)くらいだった。輸送コストや仲介の上乗せを考えると、アニメの中の値段は特に誇張もない、一般的な価格と見ていいのでは。

日本は先進国で、ウチの国は発展途上国だ。
庶民の消費レベルも違うのは当然。
給料や購買力の違いというだけだ。

レストランとか生活関係は既に中国の方が高いくらいなんだけど。
日本の商店で売られている日常的な生活用品は中国より安い印象もある。もっとも、ウチの国の場合は質と価格を一緒に下げれば日本より安く済ませられると思うが。

どの国にも相対的に高いものと安いものがあるのは当然だ。
日本の学校用品の値段に驚く必要は無い。

日本のカバンが高いのは消費レベルがどうこうじゃない。
単純に質の差だ。あのカバンは小学校の六年間ずっと使うことが想定されている。更に地震の時に身を守るための特製カバンだ。

質の良いカバンってのは分かった。でもカバンでどうやって地震から逃れるんだ……?落下物を防ぐのもあまり現実的ではないような。使えないことは無いだろうけど。

私が以前聞いたのは、地震に加えて水に落ちた時の浮き輪としても使えるという話だったが。たださすがに38000円は高過ぎるな。私なら高くても1000元(約1万6千円)くらいまで。

それにしても今後は学生が主人公の作品を見る目が変わりそうだ……親がどれだけ負担しているか、金かけてるかで……

親が主人公的な立ち位置の話でも、子供とのふれあいや子供の成長、或いは子供が生活に加わったことによる親的なキャラの生活リズムの崩れは話題になるけど、「学校に通う際の出費」まで出て来るアニメってなかったからね。

実際の生活に関する費用のネタが出るのって、結構珍しいからな。広い範囲で人気を獲得し易い題材ではないだろうしテンポも悪くなるし舞台によっては野暮になるしで、アニメになるような作品では住居とか出費とかの具体的な数字を出して扱うことはないのでは。

アニメになっていない作品で学習系の作品や職業系の作品とかを探せば費用の説明が載っているのはあるかもしれないが、アニメでは滅多に無さそう。
それだけにこの作品が「子供を学校に入れる際にかかる費用」をストーリーの中で面白く描写しながらきちんと見せてくれるというのは予想外の収穫だったように感じる。

文房具の値段にも驚いたが、それを負担する小林さんの甲斐性にも驚いたよ。高いと感じても普通に払う、カンナにお祝いのプレゼントもしてあげる。
これには他の様々な作品の「強い」描写よりも凄い衝撃を受けた。小林さんには勝てねえ……

小林ってプログラマーなのにそんな稼げるのか?
ベテランで仕事はできるようだけど……

日本の分析を見たがあれくらいをポンと出せるほど稼ぐのは不可能じゃないようだし、そこそこの給料でも独り暮らしだったから金は貯めていたという見方もできるようで、どっちにしろ日本の感覚では別に非現実的なモノではないらしい。

まさか社会人主人公の日常生活に衝撃を受けることになるとは思いもしなかった。
独立してある程度の経済力があってそれを活用できて更に気配りも出来る……自分は今最強のハーレム系作品主人公の出現を目の当たりにしているのかもしれない。

自分は最初カンナが傍にいたら嬉しいと思ったが、今では小林さんに傍にいて欲しい。自分が留学したばかりの頃、小林さんみたいな人がいてくれたならば……なんて妄想してしまう。



とまぁ、こんな感じで。
文房具やランドセルの値段もそうですが、それをあっさり出せる小林さんの懐具合や態度も衝撃だったようです。
これに関しては自分達の学校生活や、社会人としての収入支出などと容易に比較できる内容だったのもあってか、下手な衝撃的展開よりも衝撃的だったなどという話もあるとかなんとか。

ちなみに中国オタク界隈では
小林さんはそのスタンスや社会人の主人公であることなどから
「一味違うハーレム系作品の主人公」
といった評価も出ているようです。
「小林さんちのメイドラゴン」についてはヒロインに関する反応以上に、作中の生活描写や小林さんに関する反応が面白いことになっているような気もしますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「八尺様ってとても萌えるよね」

管理人の艦これイベント状況についての質問をいただいておりますが、E3のギミック解除でIマスS勝利ができずにドツボにハマり、結局潜水艦ではなく水上艦でS勝利してあとは週末に……といった状況です。
自分の場合、どのイベントでもカットイン頼みは上手くいかなかった記憶ばかりなのがなんともかんとも。


さてありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

中国ではホラージャンルに関してはあまり人気になり過ぎると「恐怖霊異」枠や「封建迷信」枠とされて規制の対象となってしまいますが、根強い需要があるのも確かだそうです。

そんなホラー関係の話題に関して、日本の都市伝説が中国オタク界隈に伝わって広まっていることもあるようです。
ですが、その広まるルートや広まるきっかけとなったコンテンツによっては日本におけるイメージと微妙に異なるイメージで広まったりもするようです。

中国のソッチ系のサイトでは日本の都市伝説の
「八尺様」
に関するやり取りが行われていたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


八尺様ってとても萌えるよね。
みんなにも八尺様の良さを分かって欲しい。

萌え……?
あれ妖怪の一種じゃなかったっけ?

確か東方シリーズに出ていたよな。

私も八尺様を知ったのは東方の雲居一輪からだね。

姉帯豊音のことだろ?
それはともかく、私がデカイ女性の萌えに気付いたのは最近だがその原因の一つは八尺様だな。

私も八尺様には萌えを感じる。
こんなことを言うと呪われそうだが……

八尺様の伝説ってなんか山海経に似た方向性のがあったように思うが、なんだったかな……

これ、結局はどういう背景の妖怪なの?
イラストはちょくちょく見かけるんだが、大元のネタがハッキリしない。

元は日本の都市伝説だね。

日本の都市伝説だけど、比較的新しいものだと思うよ。
日本のネット、2ちゃんねる経由で拡散した話だとか。
スレンダーマンと類似する所もある。

日本の民間伝説のパターンも混ざっているから、日本人にとっては「慣れ親しんだ」形の都市伝説として広まったようだ。
ただスレンダーマンほどハッキリとした「始まり」は残っていないようだし、スレンダーマンに比べて核となる伝説はしっかりしているように思う。

八尺様とスレンダーマンのカップルは結構見かける気がする。

スレンダーマンとは別の話のはずだが、どこで混ざったんだろうな。
pixivなんかを見ると日本では一緒の萌えネタ枠になっている感もあるが。

都市伝説もイロイロとあるからなあ。
日本はなんでも萌えにするから、発展の方向も違うのかな。漫画とかにも出ているし。

なあ……八尺様を怖いと思っているのって俺だけなのか?
私はあの話を読んでから、しばらく怖くて眠れなくなったくらいなんだけど……

私も怖いと思ったよ。萌えイラストも多いが、元ネタはかなりゾクッと来る話だよね。

中国語翻訳版も何パターンかあるようで、個人個人の認識が異なるっぽいのも都市伝説っぽく不気味でいい。

私もイラストから先に入らなかったらヤバかったかもしれん

「零 濡鴉ノ巫女」の八尺様は怖かった。

別に戦うとかそういう妖怪じゃないし、そこまで怖くないのが良いね。

日本の怪物は物理的に対応できないのがイヤだ。

でも怖がらせるだけみたいな所もあるじゃないか。
八尺様は直接的な危害を加えて来ないし、恐怖に耐えられれば問題無いだろ。

いや八尺様って呪い系の存在だからヤバイ方のだぞ……

日本の妖怪によくある、精神抵抗に失敗したらダメとか、一度ハマったらダメな概念系の妖怪。戦闘力でどうにかなるタイプでは無いから怖いという見方もできる。

厳密に考えたらうさんくさいし、国外に出たらどうなんだとか考えられるけどやっぱり怖いよね。日本の怪談によくある、「助からない」的な感覚を伴う不気味さがとても強烈。

八尺様は萌える存在だよ。
ガタイのでかい女装した男に出会って恐怖したことのある身としては、女性の外見というだけでそれはもう……

私は八尺様のおかげで身長差カップル萌えに目覚めた。
一般人と妖怪の組み合わせの中ではかなり好きな方。

百度で画像検索すると、萌えと恐怖とどっちでもいけそうなのと、良い具合に混在しているな。

八尺様は人妻属性持ちなのもスバラシイね。

それどこから来たんだよ……薄い本か?
スレンダーマンとのカっプリングの件か?

オネショタ的にも八尺様はいける。
みんなもいけるだろ?

それは身長差から来る誤解じゃないか……?

八尺様のイラストや薄い本って結構良いのあるからね。

エロアニメにもよく出る存在。

そう言えば昨年11月には八尺様ネタのエロアニメが二作出たらしいが……なんなんだろう

他にこっちでも有名なこの手の方向の萌化もある日本の都市伝説って何?

花子さん?
いや、花子さんは怖いイメージの方が強いかな……

口裂け女かメリーさん辺りじゃないだろうか?
通常のホラーコンテンツ的な作品と萌えになるアレンジをした作品が並行して存在するのはやはり日本の都市伝説という感じがするわ。



とまぁ、こんな感じで。
怖さを感じないわけでは無いようですが、日本よりも萌え寄りのイメージになっている模様です。

中国オタク界隈ではこの手の日本の都市伝説関係の情報に接する窓口としては、テキストのコピペよりもイラストやアニメ経由になることが多いそうです。
そして萌え寄りの創作が多い怪異や都市伝説の場合、そちらのイメージが強くなって萌えキャラのイメージが付いて回ってしまうケースもあるのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国人「なんで日本のおっさんは白髪を染めないんだ?白いままにしていられるんだ?」

今回はオタクネタとは関係ありませんが、以前知り合いとの間で話題になった中国ネタを。

テレビに出て来る中国のお偉いさんなどは白髪のある人はほとんどいませんが、年齢を考えると白髪を染めている率はかなり高いのではないかと思われます。

また中国では一般の人も日本に比べると白髪を染めている人が多いようで、中国との交流のある日本人の方の中には白髪を染めないことに疑問をぶつけられたり、年齢と合わせて驚かれたりしたなんて話も聞きます。

中国のソッチ系のサイトでは
「日本人が白髪を染めないのはなぜか」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで日本のおっさんは白髪を染めないんだ?白いままにしていられるんだ?

あれは日本人が白い色が好きだからと聞いたが。

むしろ白く染めるのすらいるし。

さすがに白く染めるのは若者だけだろ……
ウチの国だって若者で白く染めたり、メッシュにしたりするのはいるし、若い時に出来る染め方の一つだ。

白髪も別に悪いわけじゃない。
長い人生を生きてきた深みのようなものも感じられるし、カッコイイと思うよ。

でもウチの国だと頻繁に染めるのも確かだよね。
気にしないで良いと言いつつ、他人が白髪だと「うわ、こいつ歳とってる!」と思うし、それがあるから自分も染める

日本人は白髪の評価が高いんだろ。
アニメや漫画やゲームで白髪のボスキャラが出ている。

私もそう思っている。
強キャラに白い髪が多かったりするし、日本人は白髪に対してわりと良いイメージがあるんだろう。

白髪の方がフサフサ感が出せるからじゃないか?

日本人は自然派だからだよ。

日本人って中年くらいでも白髪をそのままにしているイメージ。しかもそのままテレビや雑誌などの媒体に出る。
なぜ染めないのか。まさかあれがカッコイイと思われているのか?

テレビで見たりする人は若く見えるから、案外歳がいっているという可能性も考えられるが……

ウチの国は70だろうが80だろうが髪を染めるぞ。

日本人は中国人より随分と白髪が多いと思っていたが、あれって染めてないだけっぽいよな。
歳を取って周囲を見るようになり、なんとなく分かった。

白髪に関しては遺伝もあるけど、疲労や圧力とかでも増えるからね。
最近は国内の若者で白髪を気にする子も多い……

ただ、それなら日本人はなぜ染めないのかという話がまた出て来るが……

日本だと老人になると今度は青とか紫に染める人も出て来るらしい。黒にはこだわらないのだとか。

こっちでも皆が皆、自分の髪が白くなったら大ダメージってわけではないけど、少しは気にするよね。
中には自分が老いてしまったと感じたり、「自分は歳を取ってもうダメだ」的な考えになる人もいるし、そこで髪を染めて自信を取り戻そうとするもいる。

いや、髪に関しては日本人もかなりこだわっているはずだよ。
例えば日本人は髪の色より髪の有無を気にするという話もある。

カツラ産業は日本の独特な、とても強い産業だと聞く。

髪の有無についてはウチの国だってかなり気にしているけどね……院にいた頃は教授のカツラをいかに意識しないかというスキルを鍛える日々だった。

ウチの国だと白髪は強烈な老いのイメージがあるし、それだけに染めて無理しちゃうわけだが、日本はそれがハゲだということなのだろうか。

ウチの国もハゲも白髪も気にはするが、リカバリーが楽なのは白髪だし、そっちを頻繁にやるとかなのかね。表だって語る話ではないからよく分からん。

白髪は日本人のスタイルの一種だろう。
あと日本では老いがウチの国ほどマイナスになっていない、普段の生活でもそれなりに受け入れられている。

そうだろうか?私は日本の電車で老人に席を譲ったら、自分は老人じゃないとかそんな感じで怒られたんだが。
ウチの国の老人は普通に感謝して座ってくれるのに……

そこは人それぞれってことじゃないの?
自分が老いを受け入れるのと、他人に老人扱いはまた別ってことでは。

それについては以前聞いたことがある。
日本で老人が席を譲られることに反発するのは、譲ってもらわなければならないほど衰えていると見做されたのに対して怒るらしい。

日本は必ずしも老い=弱さではないってことなんだろうか。
老人と見られるのはともかく、弱った、能力が落ちたというのには反発する老人が多い。

つまり白髪は老いの象徴ではあるけど、弱さではないってことなのか?

白髪はつらい目に遭ったら増えるが、日本ではそこから白髪になるほど苦労している頑張っているという見方にもなるらしい。政治家なんかは身を粉にして働いているというアピールにもつながるのだとか。

社会的な違いというヤツか。興味深いね。
容姿は政治家の演出として重要だが、国ごとに政治家のアピールのやり方が異なるってことか。

衰えで思い出したが、最近日本では老人による自動車事故が社会問題となっているらしいけど、それも老人と衰えの感覚のズレ、言わば日本人の気質によるものなのかな。

日本の老人はなかなか動くのをやめないからね。
リタイアして、老人としての暮らしというのにはシフトしない。

そこは老人の割合が高い、数が多いからじゃないか?
ウチの国は「まだ」老人の割合が低いから、老人っぽい暮らしにシフトすることができるというか、要求されるわけで。

歳とってリタイアしたらそこで終わりっぽく扱われるのがウチの国の感覚だし、だからこそ白髪をそのままにするのを嫌うのかもな……

ウチの国は白髪が老い、衰退のイメージに直結するからね。
だから染めたがる。テレビを見たら黒い髪ばかりだ。

でもあまり意識し過ぎるのもどうなんだろう。
私の祖父なんかは白髪が無いようにしようと頻繁に髪を染めていて、さすがに心配になってくる。皮膚に良いものじゃないんだし、せめてもう少し染める間隔を長くとって欲しいんだが……


とまぁ、こんな感じで。
いったん意識しだすとかなり気になってしまう話題のようです。

こういった髪の話に関してはスタイルや感覚の個人差も大きいので一概には言えませんが、上のやり取りにもあるように中国の人は白髪に対して抱く「老い」のイメージが日本の感覚と比べて強い、ネガティブなものになっているというのはあるかもしれません。

ただ髪の薄さについて、白髪よりも気にしていないかどうかは何とも言えませんね。
私は中国留学中に明らかにカツラっぽい人にはちょくちょく出会いましたし、現地校のクラスメートの間でも「あの先生はカツラだ」的な話題は日本と同じような感じで飛び交っていた覚えがありますから「日本と比べて気にしない」というわけでもなかったように思えます。
それに考えてみれば最近の日本は、一昔前に比べて髪の薄さを随分とオープンにし易くなっているような……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「アイドル系作品はどこを楽しめばいいんだ……教えてくれ……」

ありがたいことに
「最近多いアイドル系のアニメ、ジャンルは中国ではどうなのか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

中国でも「ラブライブ!」が凄まじいレベルで人気になりましたし、中国の動画サイトで正規に配信されるアイドルをテーマにした新作アニメも少なくないことから、アイドル系のアニメやそのジャンルはかなりきっちりと認識されているようです。

もっとも「ラブライブ!」以降に大人気になった作品というのは出ていないようですし、中国オタク的にはやや難度の高いジャンルになっている感もあるそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「アイドル系のアニメを楽しむにはどうすればいいのか」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


アイドル系作品にハマれない。どこを楽しめばいいんだ……教えてくれ……

最近はアイドルがテーマの作品が多いよね。
昔はアイドルキャラだけだったのが、今ではアイドル業界やシステムがメインになってきている。

そうなんだよ。
だからどうにか頑張って楽しもうとしているんだが、どの作品も3話辺りで脱落してしまうんだ。

合わないなら別に無理して見る必要ないと思う。
スレ主はなぜそんな無理をするんだ?

なんて言うか、これだけアイドルジャンルの作品が作られていると、楽しめない自分は間違っている、損をしているような気分になってしまって……

ストーリーじゃなくてキャラを中心に見るつもりでいけ!

すまん、そこが最大の障害なんだ。
キャラのデザイン自体は好みでも、アニメの中のキャラの行動が好きになれないで挫折し易い。

アイドル系の作品を楽しむコツがあるなら私も知りたい。
私はストーリーというか、作中の障害や心配事がなんか受け付けない。
現実的なんだが、キャラが現実的でなかったり、納得できない行動をしたりで。
いや、アイドルの女の子と自分の考えが合うわけがないのは分かっているんだが。

なんとなく理解できるかも。
私もライブに至るまでに頻発する障害がヒヤヒヤするというか、見てらんない。

アイドル系の作品は、可愛いキャラはいるけど、カッコイイ、納得できるキャラは貴重。

迷走するというか、考え無しに見えるようなキャラが少なくないかもしれん。そこが気になると厳しい。

中にはアタリもあるし、普通に見れる作品もある。
「アイドルマスター」なんかがオススメ。

この間やっていたのを見たけど、自分には微妙だったんだが……

ああ、そっちの「シンデレラガールズ」ではないよ。
オススメなのは本編の765プロの話の方だ。王道ストーリーでアイドルの仕事を描いている。

私もアイドル系作品の楽しみ方は気になる。
あれだけ量産されているんだから、楽しめる所があるのでは……と思ってしまう。

オタクとして、そして年齢によるものもあるんじゃないか?
若いとき、学生の時、社会人のときでは好みが変わっていくし。日本ではオタクの年齢が中年から老人クラスまでいるからアイドル系も需要があるのでは。

最近のアイドル系アニメ以外にも、「ラブライブ!」や「アイマス」もそれぞれ独立した作品になっているから、好きなのを試して合わなかったら放り投げるとかでいいと思うぞ。

いっそネタ重視でツッコミながら見るとか……
「Wake Up, Girls!」とかはその手のネタが豊富。

あれは……さすがに……

「Wake Up, Girls!」は日本ではまだ活動続いているらしいね。アイドル系はやはり他のジャンルに比べて生き残り易いのか?

アイドル系は一般向けじゃない。コアな層から稼げるから量産されているだけだ。
アイマスの時代からアイドル系の作品は一度ファンが付くと長く、高い客単価で稼げるんだよ。「ラブライブ!」とかディスク売れない時代なのに圧倒的な売れ方だし。

一般向けアイドル?
なら「アイカツ!」にハマろう!
ウチの国でもアーケードゲームが遊べるぞ!!

アニメがダメならゲームはどうだ?
私はアイマスに関しては音ゲーのソシャゲから入ってハマった。

音ゲーはハードル高くないか?
環境やスキルの差も出る。
それにアイマスのスマホゲーは日本のアカウント作る必要があったような?

うーむ…・…音ゲーもダメだと、とっかかりがかなり難しいかな。

音ゲーがダメだったけどキャラは好みだったので、デレステではなくモバマスの方で課金するようになってしまった自分のような人間もいるぞ!

普通に歌やライブシーン経由とかはどう?
最近のアイドルアニメってほぼライブシーンがあるから、そこだけ見ていくのもアリだと思う。

自分もそこから「ラブライブ!」にハマったっけな。

私はライブシーンがなんか合わないから、逆にソシャゲの存在に助けられている。
アイドルのキャラとストーリー自体は好きなもので。

そもそも「ラブライブ!」は既に先達のラブライバー達が整備開拓していたジャンルだからな。中国語向けも含めて。
アニメ2期のPVで一気に人気になったが、着火して爆発する下地があったわけで、後発のアイドル系作品とは前提が異なる。

ある程度流行ってしまえばウチの国でも簡単に楽しめるようになるけど、そこまで行ったのって「ラブライブ!」だけだからな。
「ラブライブ!サンシャイン!!」も他のアイドル系作品に比べたらかなり良い方だが、本家との差は大きい。

そんなに頑張らないでもいい。
そもそもアイドル系の作品をアニメだけで楽しむのはちょっと違う。
オタク向けの場合、キャラと声優とライブも把握しておかないといけないジャンルだから……

「アイカツ!」とかの子供向けアイドルアニメとオタク向けアイドルアニメは分けて考えるべき。どちらもファンになると金が飛んで行くのは変わらないけどね!

アイドル系はハマると本当に抜け出せなくなる、かかる金も跳ね上がると言われているね。グッズだけでなくライブにも行くことになるから。

私もアイドル系が好きで色んな作品追っかけてはいるけど、脱落してしまう作品は結構あるから気にするな。
個人的には「シンデレラガールズ」とかキツかったし、1月新作のは全部脱落している!!

アイドル系アニメに関しては、「アイドルマスター」の本家の方のアニメが合わないレベルなら無理しない方が良いんじゃないか?
あの作品は最も安定したアイドルをテーマにしたアニメだ。

自分の嫁が決まれば自然とハマってしまう。逆に言えばその前であれば引き返せる。
あえてこちらに来る必要は無い……

自分や周囲のアイドル系作品にハマった人間について考えてみたが、なんだかんだでアニメ単体では無いね。動画サイトで弾幕とか以外に、ソシャゲとかライブとかも合わせてになる気がする。
アイドル系の作品ってファンが積極的に動く必要のあるジャンルだし、新しい方の作品に関してはウチの国で楽しみながら追っかけるにはハードルが高いジャンルだと思うよ。



とまぁ、こんな感じで。
ハマっている人は出ているものの、そこに至るまでが難しいという見方もあるようです。

中国における「ラブライブ!」の人気はさておき、考えてみればアイドル系のジャンルは中国オタク界隈では「アイマス」の頃からライトな層お断りな所がありましたね。

アイドル系の作品に関してはアニメ以外にCDやグッズ、ラジオ、ライブといったメディアも重要になるので中国オタク界隈では個人の能力(語学力、行動力、資金力など)や環境による格差が大きいジャンルの一つでしたし、中国でオタクをやって日本のアイドル系のアニメにハマる……というのはなかなかに厳しい道なのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


日本の「けものフレンズ」の人気に困惑する中国オタク 

ありがたいことに
「『けものフレンズ』の中国での反応は?」
という質問を複数いただいているので今回はそれについてを。

「けものフレンズ」


は中国でも複数の動画サイトで正規に配信されていますが、
日本で人気(?)が出る前はほぼ空気状態でした。

この数日、日本での盛り上がりに関する情報が中国のネットでも流れるようになってきましたが、その唐突な情報に困惑する中国オタクの人も少なくないようです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「けものフレンズの人気」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「けものフレンズ」が今期の真の覇権作になりそうなんだが……
突然人気が爆発して日本のランキングの上位に躍り出ている……

一体何が起こったんだ?
アニメのクオリティも内容も優れているわけでは無い、むしろゴミ寄りの方だったじゃないか。

そもそもどういう背景の作品なんだ?
情報が少なくて分からん

日本の業界はどうなっているんだ……私は一月新作アニメでは真っ先に除外したのに……

こっちで覇権だ覇権だ言っている連中が誰も見ていなかったようなのが笑える。
ウチの国の視聴者はステマと再生数とディスク売り上げしか気にしないのがまた明らかになった。bilibiliとかで爆死と嘲笑していた連中は今どんな気持ちなのかな?

でもみんな第一話の3Dモデルのヒドさで見るのやめちゃったよね……挿入される動物解説も「子供向けの教育番組」という印象を強めたし。

日本でも最初は埋もれていて、後から急に人気が爆発したようだぞ。
実際、単純な擬人化の話じゃない。
どんどん不穏な世界の話になっていって面白くなるよ。

良いことを教えてやろう。
このアニメはソーシャルゲーム原作だが、ゲームは既にサービス終了している。なんでアニメ化したのかすら意味不明だ!

韓国のゲームが原作だよな。
私もこっちのニュースで「韓国ゲーム原作のアニメが日本で突然爆発」というのを見ただけで、ゲーム自体は知らないが。ゲームが人気にならなかったけど、アニメ化を中止すると更に損害が大きくなるから続行したということなのだろうか?

企画は日本じゃなかったっけ?
ネクソン開発のゲームが先行展開という話だったと思うが、情報が少なくて分からんなあ……

どこの作品なのかハッキリしないという点からも、この作品の人気の意味不明さが感じられる。

この人気ってamazonランキングのニュースからして、OPやEDが大人気になったからか?中身はアレでも歌で勝った?でも日本の人気を見るとそれだけではないような。

確かにEDは悪くないと思ったが。

マジでどういう状況なんだよ……

一話から追っかけているけど中毒性のある作品だよ。セリフに散りばめられた情報が意味深で気になってしょうがない。

俺はついていけないので切ってしまったんだが。

私も切ったけど、改めてまとめて見たらなんか味のある作品なのに気付いた。

唐突に入る動物園職員の動物紹介が音質悪くて聴き取れないんですが……

その解説、後の話ではアメリカからの解説で英語になったりするから無理して直接理解しようとしないでも良いと思うぞ。

大人気になる理由が本当に分からない。
誰か説明してくれ!!

単に騒ぐネタとして弾けただけじゃないか?
ネットでは意味不明な人気爆発なんてよくある話だろ。

こんなことが起こるなんて全く想像できなかった。
第一話は見たけど、絵柄もクオリティも下のレベルだったから切っちゃったのに……

私は一話の半分で脱落しました。

自分は流行りに乗ろうとする人間なので、人気になったので見なければ!と見てみたが、第一話の半分も行かずに挫折した。やはり面白くない。なんで人気なんだ。

私も萌えアニメはそれなりに見ているし耐久力もあると思っていたが、コレはあんまり萌えじゃないし、そもそも3Dだし、声優は棒だしで追いかける気になれなかった……

追っかけている私からのアドバイス。
第一話は飛ばせ!第二話からしっかり見ろ!
この作品、実は崩壊している世界を、たった一人の人類が行く話だ!

最初の「ボス」との会話で、この世界のヤバさが漂い始めるからな。あそこから見た方がいいかも。

話が進んでいくと単純な萌え化ではないのが明らかになってくるんだよね。
「フレンズ化」という言葉とか、かなり不穏。

今の所は、人類が滅亡した後に、実は生き残っていた人類と動物による、テーマパークの廃墟を舞台にしたロードムービーというような印象だが……

EDの背景として使われている廃墟も、なんか意味があるようだしね。
謎の多い不穏な作品。

あと今の所だと4話もやばい。
作品の背景に関する怪しい描写がかなり出る。

よく考えると怖くなるアニメ。微妙な3D萌えアニメの皮をかぶっているが……

「がっこうぐらし!」みたいな感じなのか?
それから「マッドマックス」?それとも「猿の惑星」?

その辺りに似た空気は感じるかなあ。
ただここまで人気が爆発する理由としてはちょっと足りないような。

日本で急に燃え上がった人気の理由は恐らくストーリーだけじゃない。日本の評価を見る限り萌えに関しても、日本人だけが好む良さがあるわけではないだろう。

人気爆発の原因に関しては誰に聞いても分からないと思うぞ。
この作品を作っているスタッフでさえもこの人気に困惑している。

電波系作品が刺さったとかそんな感じなのかなあ

昔あった「gdgd妖精s」の人気みたいなもんなのかね。
あれも日本のネットで妙に人気になったけど、こっちではほとんど理解できなかった。

「gdgd妖精s」ってまだ版権取っての正規配信が珍しい、版権獲得合戦も始動していなかったような頃なのにこっちで正規配信されていたんだよね……それでも理解できなかった。

「けものフレンズ」もこっちの日本アニメ配信サイト全部で配信されているぞ。
人気の理由は理解できないが!

うーむ……2話まで見るべきだったのか。
改めて見てみたが、冒頭でいきなり怪しくなるとは。
ボスが会話するのは主人公だけで、喋れる動物キャラとは会話も交流も無いというのが分かり、一気に引き込まれた。

内容的には「うたわれるもの」や「新世界より」みたいな背景があるようにも感じられるな。

ところで、ツチノコってどんな動物なんだ?



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈では完全にノーマークだった所に来た「日本で大人気」の情報に混乱している人も少なくないようでした。

また今回ざっと反応を見た限りですが、
現時点では現在日本のネットで飛び交っている
「たーのしー! 」
「すっごーい!」
「きみは○○のフレンズなんだね!」
といった用語や、IQの下がる空気についてはまだ認識されていないようでした。
そもそもこの空気や語感を中国語に訳してどうやって伝えればいいのか分かりませんが……

とりあえず、
「文明崩壊後の世界の話らしい」
という所から食いつく人が出ているようですし、中国オタク界隈にどのような形でこの作品が広まるのか、日本の人気の情報が広まるのかなども気になりますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「『君の名は。』の最終的な興収は約5.8億(約94億円)か……」「やはり日本映画はアニメが一般向けだね」

ありがたいことに
「中国で上映されている『君の名は。』はその後どうなりましたか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

昨年の終盤に中国で上映され、
中国オタク界隈だけでなく中国の映画業界にも衝撃を与えた
「君の名は。」

ですが、さすがに1月になってからは上映スクリーン数も減り、数字の伸びはかなり鈍くなったものの、中国のニュース記事のコチラコチラ(どちらも中国語)などによれば最終的な興行収入は約5.8億元と、中国で上映された日本映画の中で歴代トップの興行収入にはなったようです。

中国のネットでもこの辺りに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


「君の名は。」の最終的な興収は約5.8億(約94億円)か……これは成功したと見ていいよね?

これで成功じゃないとしたら何が成功なんだ。
成功したうえで、社会に対する影響や最新の市場傾向を考察するべきレベルだろ。

8億だ10億だとか吹いているヤツがいたし、それに到達しなかったから叩くヤツもいるが、普通に考えて5.77億元って海外のアニメ映画、しかも比較的小規模の展開では明らかにおかしい数字だぞ。

去年のウチの国の大作アニメ「大海海棠」が5.65億だから最終的には大魚超えはしたわけだしな。

日本のアニメ映画だと、去年は「ドラえもん」「NARUTO」「ONE PIECE」とウチの国で上映されたが、どれも「君の名は。」には及ばない結果だったからね。

以前ウチの国の興収記録で歴代トップの記録を作った「STAND BY ME ドラえもん」が5.3億だったかな。あの年は映画の興収が全体的に大きい年だったし、それを普通に超えたのはスゴイことだと思うよ。

騒ぎ過ぎた感もあるが、5億なら上々だよ。新海誠監督のアニメ映画がここまで良い成績になるなんて、去年は思いもしなかったからね。

アニメ映画に関しては2015年に国産の「大聖帰来」が興収9.6億元の大爆発をして、これからは中国のアニメ映画の時代だ!と思いきや、2016年は思ったほど伸びないというか維持から下り坂気味っぽくなってやっぱアニメは難しいな……と思っていたら、最後の方で予想外のアニメ映画が大爆発だからな。

「君の名は。」のせいでウチの国の映画市場の分析が難しくなったのは間違いない!

新海誠は好きだったけど、まさかこんな数字になるとはなあ……日本の映画で、「NARUTO」や「ONE PIECE」や「名探偵コナン」より上になるとは。

ウチの国の環境を考えるとこんなに良い数字が出るとは思えなかった。
数か月のタイムラグがあった上に動画データもあっさり流出していたから、上映前にウチの国のオタクの連中はみんなネットで見ちゃってたはずだし、わざわざ見に行くヤツがどれほどいるのかと思っていたんだが。

映画館に行ってみたら、リア充の巣窟だった。地形によるダメージが甚大だったぜ……

観客がリア充と言えば、観客層に関する各データの分析を見ると興味深い所がかなりあるね。例えば観客比率は女性の方が高いとか。

そこは自分も気になった。これまでウチの国の新海誠ファンって男が目立っていたからね。

私もそうだけど、結構女の子見に行ってるよ。
グループで見に行くのにちょうど良い映画だったし。

なんでこんなに良い数字が出たんだろうな。悪いとは思わないが、せいぜい中の上レベルだと思うんだが……

なにかの賞を取れた作品というわけでもないのに。騒がれ過ぎだろ。
ここ最近のテレビアニメ系以外の日本のアニメ映画では、「バケモノの子」とかの方がよほど良い。

確かに飛び抜けた良さや深さがある作品では無いが、さすがに「バケモノの子」よりは上じゃないか……?あっちはロジックじゃなくてキャラが破綻していたような所もあるし、妙に説明的だしで。
「君の名は。」って見た後に何も残らない、良い気分だけが残るというのが今の時代に向いていたんじゃないかな。

話題にし易い、見ていて気持ちが良いという方向に特化した作品だからな。賞を取れないのも分かる。ただ別に作品自体に問題があるわけでもないし、良い意味で「消費される」作品ということなのでは。

ここまで数字が出たということは、カップル向けでもあったし、一般向けでもあったということだろう。

あと何回も見るイベント組とか。

ウチの国では定番である「みんな見ているから見に行く」というのにも合致している作品だったように思う。楽しむ上で必要な知識や感性も要らないしね。

つい何度も見に行ってしまう映画だったかな。上映期間がもう少し長ければなあ……春節中にも見に行きたかった。

やはり日本映画はアニメが一般向けだね。
オタク向けとか、アニメ視聴者向けで考えるのも間違ってはいないが、作品によってはターゲットの範囲が変化する。

日本のアニメ映画はファミリー層向けのIPとか、若者向けの内容とかもあるからね。大きく当たる可能性がある。これが実写の方だと、日本映画の当たる可能性が考えられない。
商業的な面で考えれば日本映画の輸入はアニメの方に枠を使う方が良いのかもしれんな。

「君の名は。」とは違うが、「ドラえもん」「NARUTO」「ONE PIECE」はギリギリではあっても1億元超えたからな。
もっとも「名探偵コナン」や「ちびまる子ちゃん」は3千万、「クレヨンしんちゃん」や「ドラゴンボール」はそれ以下と当たらないのは当たらないようだが。

その辺は気が付いたら終わってたとか、スクリーン数が少ないとかいうのもあるか。
ウチの国ではIPの人気に加えて配給方法や広報活動も影響していそう。「名探偵コナン」の劇場版大爆死に関してはいろんな見方があるし。

どちらにしろ、もっとたくさんアニメ映画が入って欲しい。日本のアニメ業界では劇場版作品が増えているのだから。

ところで都市によっては全く人気になってない所もあったようだけど、これは上映スクリーンに偏りがあったということなのだろうか?

上映期間もなあ……国内の作品が押してこなければもっと多くの場所と時間で上映できたろうし、数字も伸びたと思うんだが。
ウチの国で上映開始された当時、私はちょうど忙しい時期で見に行けなかったので、少し経ってから見に行こうとしたんだが、その時には地元の映画館ではもう午前に1回とか2回しか上映されないといった状態になっていたよ。

中国国内の上映決定も急だったし、当たった前例が無かったから大都市以外は活発じゃないのはしょうがないし、かかっている時間が少ないのもしょうがない。
私だってもっと大々的に上映すれば、もっと長期間上映されればと思わなくもないが、昨年の状況を考えればスクリーン数的にも十分以上に頑張っていたと思う。

当たったからいいものの、実際国内展開はかなりの賭けだったよな……

オタクしか見ないだろうと思われていたが、日頃は三次元ばかり見ている層も見に行っていたからな。

さて、あとは国内の動画サイトでの配信がどうなるかだ。

TudouYoukuが獲得したと発表されたけど、配信開始時期については延期しまくりなのが……当初は1月末とか言われていたのに。

当初は1/31から有料配信ということだったよね。今は土豆のサイト上の予約が5月になってるから5月まで延期?といった話も出ているな。日本のディスク販売とかに合わせてのことなのだろうか?



とまぁ、こんな感じで。
もうちょっと伸びて欲しかったという気持ちもあるようですが、アニメ映画として大成功だったと受け止められているようです。

上のやり取りにもありますが、昨年は様々な日本のアニメ映画作品が中国で上映され、「君の名は。」ほどではないもののそれなりの成績を上げているようですし、映画ジャンルの今後の展開も気になる所ですね。

ただ、日本映画というジャンルになると難しい所もあるようで、特に実写関係は苦戦しがちだそうです。この辺に関して中国の方から聞いた話の中では
「日本の実写映画は、よほどの日本オタクじゃないと見ませんよ!」
「アニメ漫画原作の実写化作品は、コアな層だけが見るジャンルだと思います」

という言葉がイロイロと衝撃的でしたね。

言われてみれば、現在の中国では日本の作品に関しては
「一般向けのアニメ」「オタク向けの実写
となっているような感はあります。

中国で日本のアニメは海外文化枠なのもあってか、アニメ視聴に関する抵抗感は日本と比べてかなり小さなものとなっているというか、普通に接する娯楽コンテンツのジャンルの一つ的な扱いにすらなっていますし、日本のアニメには「ドラえもん」や「NARUTO」をはじめとする中国で知名度の極めて高いIPがあります。

それに加えて作品供給が継続している「日本のアニメ」ジャンルのイメージがあるわけですから、現在の中国における日本のコンテンツでは、最も「一般向け」になるのも自然な流れなのかもしれません。

それに対し実写の作品はテレビでも映画でも歌でも、近年は継続した日本ジャンルの供給がありませんから、一般向けという意味では過去の、今の時代の人からは遠いものとなってしまっているのだとか。
しかも実写のコンテンツの場合は競合するのがアメリカや韓国などど、海外展開に力を入れている国のコンテンツになりますから、日本のコンテンツはどうしても厳しい所があるそうで……

中国の方に言わせると、
「中国への展開が活発な様々な国のコンテンツがある中、日本の実写作品は中国向けの営業、展開の動きが非常に少ないので厳しい」
「中国の視聴者にとって、現在の日本の実写系作品は他の外国系作品に比べて、積極的に自分から開拓していかなければならない、オタク向けなものになっています」

といった話になるみたいですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京の漫画喫茶B3

日本からだと存在そのものを疑われる事も有る北京の漫画喫茶B3のHPです。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ