「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

中国版FGO、国の規定により英文表記抹消

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

中国国内向け版のサービスが展開され、
中国では来週から「空の境界」コラボイベントが始まるという
「Fate/Grand Order」

ですが、今週になって中国の関連法規の要求に基づきゲーム内のテキスト修正のアップデートが行われ、その結果
「クラス名などの英文表記部分が中国語表記になる」
といった変更が行われたそうです。
今の所英文表記が修正されたのはTIPSや戦闘画面のクラス、編成画面のクラスなどだそうですが、今後どこまで変更が入るのかは不明とのことです。

変更後の画像は後でまた探してみますが、
とりあえずこちらは公式サイトにあった変更前の画像、
fgo公式修正前

この中の敵味方の英文表記のクラス名が中国語表記に変更されたりしているとのことです。

この突然の変更に関して不満を覚える中国のユーザーも少なくないようで、中国オタク界隈ではプチ炎上状態になってしまったとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ウチの国版のFGOの英文部分が中国語にされてしまった……
なんか中国語表記になるとカッコ悪い……

事前の通達ではどこまで変更が入るかと不安だったが、思ったよりは少ないか?

テキストは我慢できる。カードの絵に修正が入ったら終わりだ。

失ってみて初めて分かる中二病的な良さ。

こんなことするなら、中国語に変えないで英語部分を削ってしまった方が良い気がする。アイコンで分かるようになっているんだし、そっちの方が違和感少ないよ。

こんな微妙な情報抹消が来るとは。

FGOもやはり中国語化の運命からは逃れられないのか。

でもこれ、「ミリオンアーサー」よりはマシだぞ。あっちはヘンな所で中国語が出てかなり興醒めするような状態になっちゃったから。

英文表記の方が良いなあ……訳語自体が一定しないから反発は増えるし、何より野暮ったくなる。

目立つのは編成とか戦闘シーンのクラス名か。
カッコ悪さにドン引きだよ。

どっちにしろウチの国でサービス展開する以上はしょうがない。
内容を変えているわけじゃないし、そのうち慣れるだろ。
Fateファンは中国語の翻訳でやたらと炎上したがるけど、中国語表記を下に見ている所が無いと言えるか?あまり極端なことは言うべきではない。

英語を中国語にしたくらいで何でそんなに文句言うんだよ。
お前ら日頃どこの言葉を使ってんの?

クラスによっては受け入れられないわけではないが、「盾兵」だけは勘弁してくれ。

「shielder」じゃないとイヤだ!「盾兵」とかカッコ悪い!

「ruler」が「裁定者」はまだ……しかし「assassin」が「暗匿者」はさすがに……

「assassin」って「刺客」じゃダメだったのだろうか?それか音訳とか。
ヘンな注目を集めたりしそうな物騒な名前は避けるというやり方なのかもしれないが。
(3/12追記:「『アサシン クリード』の中国語タイトルは『刺客信条』でしたね」というツッコミをいただきました)

「暗匿者」はかなり微妙。
これは詫び石案件ですよ。

剣士、弓兵、槍兵、魔術師……この辺はいいか。
あとAQBのカード名にはまだ英語残ってるのか。

戦闘画面のクラスの下はまだ「servant」のままだね。

ゲーム内は修正入ったが、中国語向け公式サイトのサーヴァント紹介の所がまだ英文表記なんだが。

ログインした時のフレによく使われたクラス名とかもまだ英語表記だし、混在部分は結構残っているみたいだ。次のアプデで修正されるかもしれないけど。

中国語のクラス名でその下に「servant」表記はなんか違和感が。いっそのこと全部中国語にした方が良いんじゃないか?

遊ぶのやめるわ。どうせこのままカードも修正すんだろ?

私も英語の表記に慣れちゃってるからキツイ。
でもかなり課金しちゃったからやめるという踏ん切りも付かん。

今はまだ一部だが、今後戦闘画面の英語部分が全部中国語になることも考えられる。

不満が無いわけじゃないが、一応受け入れられる範囲かな。もっとヒドイことになるのを想像していたし。

イロイロと叩く口実になっちゃってるような所はあるかもね。
まだ脳内補完能力でどうにかなる範囲だろうに。

そもそも日本語版遊んでも、所々かな文字が入ってるしね……

カードの絵に修正が入らなければまだ許せるよ。
今後どうなるかは不安だが。いよいよダメだったら日本語版に本格的に移ることも考えている。

自分もカードの修正は無いからまだ様子見。
スカートの丈が長くなったり布が多くなったりパンツはかせたりしたらやめる!!

お前ら中国人だろうが。なに文句言ってんだ。
中国語と英語がごちゃ混ぜになったのを喜んでいることが問題だというのに気付け。

言葉以前にデザイン的にちょっと……
英文と中文ではフォントの印象も異なるから単純に入れ替えればいいってわけではない。弓とか狂とかの一文字だけとかにすればまだ見れるのに。

それ以前の問題として、簡体字だとカッコ悪くないか?国の規定による国内向けだと繁体字は積極的に使えないのは分かるが。

現在プチ炎上している状況、ユーザーの文句をどうにかする方法は簡単だ。
詫び石だ!補償だ!そうすれば文字なんかどうでもよくなる!!

まぁそうだろうな。
あと文字で思い出したが中国国内サービス版のフォントのデザインも微妙なんだよな……今回の騒動でまた意識するようになってしまった。

もう中国語部分をバッサリ無くしてしまえばいい。
アイコンさえ残せば問題無いだろ。

さすがにそれをやると新規プレイヤーが付いていけなくなるぞ。



とまぁ、こんな感じで。
「なんかカッコ悪くなる」といった受け止め方をする人も少なくないようです。

中国国内向け版のFGOは、日本のふり仮名部分をアルファベット表記にするなどの力技を駆使して頑張っていたのですが、それがダメになるというのは残念ですね。

中国オタクの面々にも難しい文字や外国語を使うことによる「なんだかカッコ良い」感はイロイロとあるようですし、最近はいわゆる中二病的なネタに関して一回りしたのか、開き直った中二病的なカッコ良さを重視する動きも出て来ているそうです。

そんな訳で、国の方からの話なので従わざるを得ないとは言え、FGOの中に目に付く形で中国語、それも簡体字表記が唐突に来ると微妙な気分になってしまう所もあるとのことです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

刀剣乱舞、中国向けベータ開始直後に日本のコラボイベントで靖国神社が入って炎上

「刀剣乱舞」と千代田のさくらまつりのコラボイベントに関して、スタンプラリーのスタンプ設置場所の一つが靖国神社になっているということで中国の方で炎上しているそうです。この件に関するネタのタレコミや質問を複数いただいておりますので今回はそれについてを。

千代田のさくらまつり×刀剣乱舞-ONLINE- 江戸城下さくらめぐり

「刀剣乱舞」は2月28日から中国国内向けサービスのオープンベータが開始された所だそうですが、このコラボイベントの情報により大混乱になっているとのことです。
中国向けサービス版公式サイト
このコラボイベントの問題に関しては中国のネットでもコチラ(中国語)などでニュースになっているようです。(他にも中国のネットのニュース記事があったのですが、アップ前に確認したら消えていました……)

この件に関する中国側のスタンスでの解釈や発言は日本のネットでも既に紹介されているようですし、とりあえず周辺の比較的冷静な所の反応を、例によって私のイイカゲンな訳で簡単に紹介させていただきます。
ちなみに中国のネットでは「靖国」がワード検閲に引っ掛かりそうなのもあってか、現地のフォーラムでは靖国という言葉を直接使うのを避けて発言する人も多いようです。


コラボ先があの神社って……これどうすればいいんだ……この間のFGOの川島芳子の件は公式じゃなかったからうやむやになったけど、刀剣乱舞とあの神社は完全に公式だ……

他の所ならともかく、あそこはマズイ。
あそこでイベントが行われたら、国内向けサービスは終わりだ。それだけじゃない、関連商品の扱いやこの間のアニメだって禁止だ。考えたくもない……

こんなことやるゲームだなんて失望した。アプリ削除するわ。

5ヶ所のうち3個以上スタンプを集めるとオフィシャルの記念グッズがもらえるイベントで、スタンプの設置場所は千代田区の桜の名所、その中にあの神社があると。

日本では五カ所の神社で桜を見るというだけのつもりなんだろう。恐らく靖国神社の桜も綺麗なんだろうけど……
でもさすがにこの日本のコラボイベントは敏感な所を突き過ぎている。

ホントに扱いの難しい場所だよ。
日本人の中には特に気にしない人もいるのかもしれないけど、ゴタゴタする場所をゲームと関係させないで欲しい。
こういうことをするからには恐らく日本のお偉いさんが関わっているんだろうけど、ニトロプラスやDMMはどこまで対応できるのか。

日本向けにtwitterで発信し続けよう。日本の公式関係からの反応も出た。日本側のやることを黙って受け入れると思わせてはならない。

ギリギリとかそういうのじゃなく、一番まずい所に直撃だ。
この問題を解決しなければ刀剣男士とはお別れになってしまう。

「ゲームは所詮ゲームだ」という言葉に関する中日の違いを感じる。片方は所詮ゲームだから規制してもいい、もう片方は所詮ゲームだから何をやってもかまわないとなる。

このコラボって千代田区の政府部門主導だからゲーム側からはどうにもならないという話も出ている。それだったらもうダメかも……

私もそう考えてしまうよ。
政府のやることだったら、ゲーム運営側にはどうしようもないような……

いくら日本政府が決めたことであっても、やり方があるだろう。こんなヒドイことをするなんて。場所の変更が無ければ遊ぶのをやめるしかなくなってしまう。

ウチの国でサービス開始した直後にこんなことやるなんて、何を考えているんだ!?

精神的ダメージが重なるばかりだ。
ニトロプラスやDMMはどの程度やれるのか。コラボに関係している関連部門を見ると希望が失せていく。

とりあえず冷静になろう。
偽の愛国的感情で騒ぐのと一緒になって騒いでも良くなることは無い。

政府が関係しているのが厄介。ゲーム会社だけだったらうっかりで済むかもしれないが、政府が関係しているとなると問題はもっと大きく深くなる。

大きな問題にならないことを祈るばかりだ。
ニトロプラスの社長のアカウントに突撃するとか、千代田区関連に抗議するとか問題が大きくなるだけだと思う。問題が大きくなると封殺される危険性も高まってしまうから、刀剣男士を愛している人はもう少し落ち着こう。

もし本当にこのコラボイベントが日本政府の決定によるものだとしたら、話題が大きくなるのは危険。本気で不安。

ちょっと前までウチの国でサービスが始まると喜んでいたのがなぜこんなことに。日本はゲームに政治を絡めないでよ……

結果を待つしかないのか。
あの神社の名前の四文字さえイベントの所に無ければ全ては丸く収まるのに。

ウチの国の感覚で要求しても日本側には通じないんじゃないかな。
私も実際に行ってみて意外に感じたんだけど、あの神社は確かに特殊な要素はあるが、それ以外は普通の神社だった。
もちろん私も楽しい場所だとは思わなかったが、日本人であの付近に住む人にとっては本当に普通の場所。だからそれを消せと強く要求したら余計な所にまで波及しかねない。

大事にならないで、小さな範囲で解決されて欲しい。
「刀剣」は敏感な問題を探そうと思えばイロイロと出て来るゲームだから注目を集めるのは不安。

こっちで明らかに「敏感」な扱いの用語も多いからね。
それに過去の芝村裕吏の発言とかも……

でも問題を解決するには声をあげ続けるのが重要だ。
twitterでもweiboでも発言し続けるんだ!止まったらダメだ!

マジでやめてくれ。
そんなことやったら大事になってどこも引っ込みがつかなくなる。
こっちの運営は頑張っているんだから、国内では静かにしないと。

ソシャゲ界隈では炎上させられるネタがあれば競争相手が騒ぎ立てるから、むやみやたらと騒いでも良いことにはならないぞ……。

でも声をあげなければ何も変わらないじゃないか!
このまま行ったら終わりなのはハッキリしているんだぞ!!

日本側との協議も行っているようだし、現時点では静観する方がいいよ。この件に関しては事態を拡大させるのと解決させるのは別になる。

日本のネットでも抗議している声は出ているし、まだ希望は捨てない。

ああ……刀剣男士が封殺されてしまうのは嫌だ!

ニトロプラスの社長からの反応も出ているが安心するには程遠い。
あと事情を知らない人達は騒がないで欲しい。

ニトロプラスの社長のつぶやきでは、千代田区側と交渉中らしいよ。

でも政府が相手だろ?民間の会社がどうにかできるような話なのか?

結局変更は有るのか無いのか。知りたいのはそれだけ。

あの神社のポイントが取り消されなければ終わりだ。
公式側が何を言おうと、謝罪を使用と意味は無い。ゲームは封殺され、私の刀達とも永遠の別れになってしまう……

とりあえず待つしかないよ……私は静かにゲームを遊ぶことにする。時間が惜しい。

しかし今回の件、ウチの国の運営の遊族が一番気の毒だよね。


とまぁ、こんな感じで。
このままでは作品の規制につながる可能性が高いと受け止めている人も多いようですが、現地の方でもどうすればいいのかハッキリせず、混乱している模様です。

それとこのコラボイベントが「区と関係があるイベント」ということから、政府関係、政治関係の意図があるのではと考えてしまう人も出ているとか。この辺りは日中の自治体関係の認識の違いが出ているのかもしれませんね。


それにしても「刀剣乱舞」はキャラなどに関しては同じDMMゲームの「艦これ」よりも無難にも見えますが、中身に関しては設定や歴史修正主義者といった用語など、中国ではかなり「敏感な扱い」になってしまう所も多いのではないかと思います。

「艦これ」は既に有名になり過ぎているので中国に展開するのは難しいでしょうが、知名度を除いて単純に比較した場合、あくまで私の個人的な印象ですがミリタリー要素で切り分けられる「艦これ」の方がまだ安全というか、中国で引っかかりそうな部分がハッキリしているので中国ではリスク回避し易い作品だとも感じられます。

そんな訳で中国向けのサービスが行われると聞いた時は私も不安になったのですが、こういうイベントでまず炎上するというのは予想外でした。
コラボをすること自体はともかく、まさか中国展開が進行している中でやるとは。

ちなみにここまでの件は珍しいですが、日本のコンテンツ、特にオタク向けのコンテンツを中国に展開する場合、日本のファンと現地のファンの扱いに関して難しいことになるケースも起こっています。

過去のとある作品では、日本のファンからの反発があるからということで、中国展開を自粛気味にしたり、中国のファン向けの独自特典的なものを宣伝できない……なんてこともあったそうです。
またそれとは逆に、海外のイベントではファンとの距離が近い、関係者がフレンドリーなので日本でファンをやっている人からすれば扱いの差が露骨に感じられてキツイなんて話を聞いたこともあります。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「国産で中国が社会崩壊したり占領されたりしている設定の作品を作れるのか」

ありがたいことに
「中国では崩壊した中国を舞台にした作品や、中国が占領された状況になる仮想戦記的な話の作品を作ることは出来るのか?」
という質問をいただいておりましたが、内容的にスレが残り難い話題なのもあってかちょうど良いのが見付からないまま結構経ってしまったのですが、先日ようやくそういった方向のやり取りにぶつかりました

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国で、中国が社会崩壊したり占領されたりしている設定の作品を作れるのか」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ふと思いついたんだが、SFでよくあるifの歴史展開によって荒廃したり占領されたりした社会を舞台にした作品というのを、ウチの国でやることはできるのだろうか?
特別な意図は無い。単なる疑問だ。

荒廃した中国、占領された中国を舞台にした作品がやれるかどうかということ?
うーむ……不可能ではないと思うが、リスクは高そうだな。

「コードギアス」みたいな話ってことか?

そういうのでもいいし、歴史の流れが変わったとか、ゾンビが発生して社会システムが崩壊したとか怪獣が襲来したとかでもいい。

無理無理。すぐに水道メーターのチェックしに来るよ!
(訳注::中国ではネットでヤバイことをやらかした人の所には、「水道メーターの検査」を名乗って怖い人が来るというネタがあります)

何でダメなんだろう?
言い方を変えればダメな部分を除けば作れるとも考えられるが。

ゾンビ系だと「屍兄」とかがwebアニメにまでなっているし、ゾンビ系の社会崩壊作品ならやってやれなくもないと思う。

でも都市レベルの混乱ならともかく、国レベルだと難しいんじゃないか。

亡国になりそうだったり、亡国になっちゃったりした状況というのがダメだろう。
そういうのが許されるわけがない。

設定上とか画面の中に出てこないような形で世界滅亡したんで中国も既に滅亡とかならそれほど問題ないだろうけど、滅亡に瀕した中国を舞台にだと厳しいかなあ。

下が騒いだら上が対応しないわけにはいかなくなるしね。

ウチの国にはそういう話を「受け入れられない」人が多いから……炎上するし、そうなったらアウトだ。
でもウチの国であっても、そういうのを理解できる所で一定以上の人気になって、ある程度コンテンツとして育てばいけるか?商売になるレベルなら案外押し通せる。

海外から持ってくるならともかく、ウチの国だと育つ前に潰れる可能性が高い。

考えれば考えるほどリスクが浮かんでくるよ。私自身は嫌いなタイプの話ではないんだが。

細々とやるなら勝手にやればいいとは思うが、商業レベルだと審査通らないだろ。

「コードギアス」っぽく考えるなら、中国が他の国に征服された植民地状態ってことだろ?そんな設定の作品がウチの国の審査を通れるか?

通る可能性は低いよなー

そう言えば「コードギアス」が作られた時、日本では反発は無かったのか?日本人がブチ切れそうな設定だが。主人公のルルーシュだって日本人じゃないわけだし。

特に問題無かったはずだぞ。続編や外伝が作られているし、スパロボにだって参戦している。最近またプロジェクトも始動した。

日本の連中は荒廃した日本だとか占領された日本を舞台にした作品に慣れている。大事なのは面白いかどうかってことなんだろう。

日本だと日本が占領されたり、東京が焦土になるような作品って別に珍しくないよ。
それにアメリカなんかはアメリカ産だけでなく様々な国の作品でしょっちゅう国家崩壊とか文明崩壊とかそんな感じになってるぞ。

ウチの国だとなんで「批判される」「炎上する」というのが容易に想像できてしまうのだろうか。プライドが高過ぎるのか、それとも自信が無さ過ぎるのか。

現代の中国が外国に征服されるっていうのがダメなのかね。中国の歴史上では征服がどうこうってのは珍しくないんだが。

まずは作ってみればいいと思う。
審査に通るかはその時の空気次第だし、問題あったら修正すればいい。

ウチの国だとそういうのは難しいぞ。
ネット配信も規制は入るし、ある程度まとめて作って一気に配信だから、審査と制作及び配信のペースの関係から、日本のアニメのように様子を見ながら軌道修正とはいかない。最低限シーズン単位で考えないと。

可能性は0ではないけど、企画の段階で弾かれるよね。
炎上のリスクが目に見えるわけだし。

トンデモ抗日系作品だって審査通っているんだし無理な話ではないんじゃないか?
仮に審査通らないのは別の理由だろう。

だって抗日モノは主人公側がアレじゃないか。

逆に言えば、アレ以外に解放の功績をあげるのは許されないってことだわな。

そもそも現代の状況がその、亡とかそんな感じで……

我が国は亡びない。あと1万年は続くことになっているんだろう。

既にあるし、似たようなタイプの作品は量産されているじゃないか。
近年の有名所は「建国大業」とかかな!

笑った。茶を吹いてディスプレイとマウスが……!
確かにジャンルや方向的には抗日、建国系がそうなるな!ウチの国でそういう話が出来ないわけでは無いが、特定の条件をクリアしないといけないってことかも。

亡国を救うって言うのは、実質的に建国の元勲になるってことだぞ。その意味を考えてみろ。

解放するということは、太祖様の事業をそのキャラがやってしまうということだからな……うん、難しい!

それをやるのは唐国強の外の人じゃないとダメでしょ。
国がそういうタイプの作品が生まれることを許すわけがない。
(訳注:唐国強は毛沢東役で有名な役者です。TVドラマ版三国演義の諸葛亮役なども演じています)

ウチの国も愛国の皮をかぶればわりとなんでもできるけど、完全オリジナル、ifの歴史展開だと別の話になるからね。

例えば清末を舞台にしてこの手の話をやる場合だとどうなるんだろう?
危ないような、危なくないような……

なるほど。
じゃあ例えばトリップ系作品によくあるイイカゲンな明だか清だかっぽい時代を舞台に、滅びかけただか占領されただかの中国で一人の青年が立ち上がって仙侠の能力で戦うとかだと……

リスクはあるけど、現代中国を救うとかでなければやれる気がする。
抗日戦争系のトンデモ作品も、抗日ネタのテンプレという皮をかぶせて、その下で好き勝手やっているような所もあるからな。
例えば古代や近代なら……?

光武帝を主人公にした話で、ルルーシュっぽいことをやる!これでどうだ!!

現代と直結していなければ何とかなるような気はするね。トリップ系はこの辺りをうやむやにしている作品もあったはず。

やれなくもない気はするが、リスクを考えるととりあえず作って見てというのは難しいよ。クリエイターも関係者もその後のことを考えてしまうだろうし。

やはり審査を通るかどうかの不安要素が大きいってのが厳しいね。



とまぁ、こんな感じで。
なぜダメなのかということについての認識は、意外に人それぞれな所もあるようです。
この辺りは具体的なガイドラインが示されない、空気を読む必要がある中国社会の事情も影響しているとは思いますが……

あくまで私の個人的な印象ですが、中国のコンテンツでもこの手のテーマをやってやれないことは無いと思います。中国の規制に関してはその時の空気次第な所もありますし。

ただ炎上や社会的な槍玉にあがるリスクは否定できませんから商売として難しいのは間違いありませんし、規制のリスクに加えて、中国の自粛の空気の強さも難しい所のような気がしますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

日中で違う水滸伝のキャラ認識 西門慶は中国では強キャラ扱い?

今回は簡単なネタで。
前回の記事
「新宿のアサシン」に対する中国オタクの反応
などに関して、中国オタクの知り合いと水滸伝のキャラについてイロイロと話をしたのですが、その中で
「水滸伝のキャラで日中のキャラ認識の違いが大きいのは?」
ということに関してちょっと面白い話が出て来たので紹介を。

この
「水滸伝で日中のキャラ認識の違いが大きいキャラ」
に関してなのですが
「西門慶はかなりの有力候補ではないだろうか」
という話を教えてもらいました。

百八星でもなく戦場でも出て来ない西門慶をこういう話題で水滸伝キャラ扱いにして良いのかという点に関しては、人気キャラの武松のエピソードの重要人物なのと、金瓶梅の主役で知名度が高いということで勘弁してください。

さてこの西門慶、水滸伝においては虎退治の武松の兄嫁の潘金連に武松の兄の武大を殺させ、武松に復讐されるキャラですが、日本においてはいわゆる色男、優男といったイメージも強いのではないかと思います。

この辺りのストーリー上の流れについては日本も中国も変わらないのですが、西門慶のキャラに関して中国では日本と異なり、
「金も力もある色男」
となっている上にその力に関してもかなりのもので、虎退治の武松という水滸伝における素手の戦いでは最強レベル的な存在ともそこそこやり合えるレベルの、
「結構な強キャラ」
といったイメージがあるとのことです。

この西門慶の強キャラ感に関しては武松関係のエピソードを扱った中国の様々な作品で
「武松と良い勝負をする」
描写になっているということによるものが大きいそうです。

武松は水滸伝における人気キャラの一人ですし、武松の活躍するエピソードは昔から様々な分野で扱われてきましたが、武松と西門慶の戦いは虎退治の次の中盤の山場、武松の「重要なバトルシーン」となることから、その敵である西門慶もあっさり叩き潰されるような弱いキャラでは無いという扱いになるのだとか。

私はあの辺りのエピソードの演出は
時代劇の悪代官や悪徳商人をバッサリやる時の
「出会え出会えーー!」
みたいなのを勝手に想像していたのですが、
言われてみれば武松と西門慶の個人バトルになるでしょうし、そうなると武松の相手にはそれなりの格を演出しないといけなくなりますから、西門慶が強く見えることになるというのも納得してしまいました。

また推理系やハードボイルド系などと言われることもある西門慶関係のエピソードを、水滸伝の一般的なイメージに合わせて演劇にしたり映像にしたりする場合、分かり易い爽快感を演出できる場面として西門慶との一戦を強調するのは普通のやり方なのかもしれませんね。


教えていただいた話によるとこの辺りのエピソードの大体の流れ(と解釈)については、以下のようなものだそうです。

宴会をしている所に刀を持った武松(装備:潘金蓮の生首)が襲撃!

潘金連の生首にショックを受け、恐れを抱いて逃げようとするも場所は二階で飛び降りての逃走も不可能、正面から武器を持った武松と戦わざるを得ない状況に!


西門慶、戦いの最中の反撃で武松の右手首に正確な蹴りを入れ武器を吹っ飛ばす!
(解釈:武芸者同士の戦いなので、技に関して西門慶は武松と互角以上の達人と見ることが出来る)

武松の武器を落としたので機を見て逃げるか、自分が何かを武器にしても良い所だが、西門慶はそんなことはせずに正面から武松に挑む!
(解釈:自分の拳法への自信と、漢としてのプライドがあったと見ることが出来る)

でも武松の圧倒的な身体能力には勝てなかったよ……攻撃は軽くガードされるし結局捕まって持ち上げられて負け確定……
(解釈:しかし西門慶がもっと若ければ、コンディションや戦うシチュエーションが良ければ武松に勝てた可能性もあるのでは?)

ちなみに、中国のエロコンテンツでは武術的な能力が性豪的な能力やスキルに結びつく的な描写もされていたので、金瓶梅での活躍も逆説的に西門慶の武術的な能力を補強していると見ることも可能……とすることも出来なくはないのだとか。

武松に関してはいわゆる「武十回」の3つのエピソードでもキャラが一定しないというのは有名な話ですが、そのエピソードの解釈や調理の仕方で敵役となる西門慶のキャラに関する一般的なイメージが異なってくるというのも面白いものですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


追記:
中国では西門慶がかなり面白いキャラになっているようなので、この話を教えてくれた中国オタクの方に
「中華系サーヴァントとして西門慶が出るのはアリでしょうか?」
と聞いてみた所
「西門慶は当時のエロコンテンツの中でかなり活躍したとも考えられますが、文化的には『暗黒面』のキャラですし、現在の中国でも扱いを間違えると危険です」
「一般向けではアウトですね。出しても良いのはエロゲー関係くらいでしょうか」
という、Fateの扱いも含めたヒネリの効いた答えが返ってきました。

「新宿のアサシン」に対する中国オタクの反応

今回の内容は
「Fate/Grand Order 」

の新宿幻霊事件に出る新宿のアサシンに関するネタバレがありますのでご注意を。



さてストーリーの実装から1週間ほど経ちましたしありがたいことに複数の質問をいただいておりますので、今回は新宿のアサシンに関する反応を。

新宿のアサシンに関しては発表後すぐに分かり易いヒントが出たのもあってか、中国オタク界隈には
「燕青実装」
という形ですぐに情報が広まったようです。

予告ムービーだけが伝わった時点では
「黄飛鴻か?」
などの予想も一部で出ていたそうですが、日本側の情報のまとめや公式で百八星関係の言及があったので、あっさりと
「燕青だろう」
という流れになったとか。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「FGOのサーヴァント燕青」
に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ついに水滸伝のサーヴァントが出た!
しかしなぜ燕青なんだろうか。

日本では燕青の人気が高いのか?
日本人の呂布好きは私も知っているが、水滸伝の好みは分からん。誰か教えてくれ。

水滸伝なら公孫勝とかが世界観的にも能力的にもしっくり来ると思うんだけど。

小乙の兄貴を引けたぞ!ピックアップが仕事した!!

いいなー……私の所にはなかなか来てくれない。呼符まで全部使っちゃったし限定じゃないだけマシと考えて次の機会にするかな……

燕青が星4かー
呂布が星3なのを考えるとなんだかなー

三国演義のサーヴァント:なんで呂布なんだよ!
西遊記のサーヴァント:なんで三蔵なんだよ!
水滸伝のサーヴァント:なんで燕青なんだよ!
……よし、次は紅楼夢だ!?

日本でも燕青の人気はわりと高いみたいだよ。
新宿の新サーヴァントの情報が出てからのpixivでは、新サーヴァント関連の投下は燕青が一番多いように見える。

新宿のサーヴァントの中では顔面偏差値で最高だからね。

顔面偏差値と言っても、他は狼とジジイと黒エミヤだろ!

マーリンも良かったが、燕青もイイ。
FGOは旦那にしたいキャラが増えて困る。

人気の出そうなデザインだよね。新宿の新サーヴァントの中で人気になのも分かる。オジサマもデザインは悪くないけど、オジサマ好きの趣味がないと食いつかないだろうしね。

こっちのweiboでも絵師が動き出したし、カッコ良くて描き易いのは確かなんじゃないか。

なんかBLゲーに出て来そうなキャラ。良くも悪くも。

「盗墓筆記」の張起霊っぽいなんて話もでているな。

なるほど。言われてみれば。
他には黎星刻っぽいなんて話もあったな。そしてCV予想が緑川光。

あとは最終段階のイラストの構図からGガンダムとか。

でも実際にゲームの中の顔芸やCVを見た感じでは、一方通行っぽいんだけど!

燕青は鈴科百合子だった……?

顔に関しては主流のタイプのイケメンキャラだね。ちょっと意外だったが、同人活動に使い易そうだし集金力も高そう。

考えてみれば水滸伝で明確なイケメン枠にできるのってこの燕小乙くらいか。他はおっさん、むさ苦しいのばかりだし!

そんな……ありえない。きのこが普通のカッコイイデザインの中華サーヴァントを出すなんて……俺は宋江や魯智深の「娘化」も覚悟していたのに!
逆に不安になってきたぞ!!

魯智深を女体化……確かに日本ならやりかねないからな……Fateも既に宮本武蔵や源頼光を女体化しているわけだし……

中華系サーヴァントの試金石的な意味もあるんじゃないか?
カッコ良くて人気になりそうで、同人的なネタでも「様々な方向に」絡めやすい、言ってしまえば無難なキャラだ。
もしこの燕青のデザインで人気が出るなら、まだ出ていない中華系サーヴァントをそちらの方向で出すというのも考えられる。

実際、かなり良いキャラになっているよね。顔も衣装もオサレ寄りのカッコ良さ。漂うゲイっぽさはあるが、それもまた話題にできる設定のキャラなわけだし。

それにしても「黙っていれば色男」か……またこの「黙っていれば」のパターンかよ!

1.5部の亜種特異点気禄性プレイヤー向けの需要を満たそうということなのかな。燕青以外の新キャラも全部男だし、ゲイっぽいし。

まぁ燕青は元ネタからして疑惑が……盧俊義や李師師との関係とか!

燕青は李師師のような傾国の美女ですら落とせない男だから。

だって彼が愛したのは玉麒麟だから……

新キャラは男だけだが、ストーリーの方では二人のオルタが味方側で出ているし、特にジャンヌダルク・オルタが目立っていて男性向け、ギャルゲー的な所も多いぞ。
まぁ、章のメインヒロインがあの紳士になっていたりはするが!

燕青はストーリー内だとあんまり目立たないかも。
顔芸が印象に残るくらい?

本編は幻霊と混ざって能力により記憶が混濁した状態だから、狂化入っているようなもんだし、単独で出る時はまたちょっと変わると思う。ということで幕間に期待!

真名開放後の絆セリフとか、ニヤニヤが止まりませんわ!
それに実は玉麒麟のことを引きずりまくっているのもイイ!

それにしてもなぜ燕青なんだろう?
三国演義も西遊記も、主役キャラはまだ出ていないが、三蔵も呂布も重要なキャラではあるわけで。

呂布は最強キャラ扱いだから理解できなくはないよ。しかし燕青が他の好漢を押しのけて出たのは本気で分からない。一番顔が良いからか?

燕青が出たなら、他の水滸伝キャラの出場も期待できる!

三国演義からでさえまだ二人しか出ていないんだぞ。

水滸伝だったら林冲の方がFateに相応しい。
あんなに幸運Eがしっくりくるキャラはいないというのに!

燕青が星4になってしまうと、林冲が星4で出ても納得できなくなったな。

林冲もそうだが、水滸伝は幸運Eのランサー候補多いよね。どいつもこいつも不運やヒドイ目に遭うネタがあるし武器もランサー系に当てはまるのが多いし。

水滸伝はランサー、ライダー、バーサーカー、あとアヴェンジャー枠っぽいのがたくさんいるからな。軍師はキャスターでいいし。

でも水滸伝できちんとエピソードがあって長期的に活躍するキャラって108人中の一部だろ?出て加入してすぐ埋没というのも多い。

それにしたって燕青よりも有名でイメージのしっかりしたのはいるだろ。林冲の他にも武松や魯智深、史進、公孫勝、花栄、呼延灼、楊志、李逵とか、キャラのネタもスキルの名前もイロイロと思い付く。

分かったよ、星3で呉用出していいから!うっかりキャラのネタにしてもいいから!「氷室の天地」みたいに!
だから公孫勝を!

キャスター呉用とバーサーカー武松は見たい。

公孫勝は出さない方がいいだろ。原作で一人だけ特別ルールで出れば勝ちみたいな扱いだから。

燕青が出れたのって、カッコイイキャラなのと、本編で死んでないし、水滸後伝で李俊と海外に出たりしているからか?

燕青が出られたのは燕青拳があるからだろう。
李書文が八極拳で出られたのと同じような理由だ。

私も燕青拳が理由だと思う。
Fateでも創作系のキャラって出す際にはそれなりの理屈、史実とのつながり的なものが必要だからね。
佐々木小次郎も、伝説の佐々木小次郎とは別人だという設定だったろ?燕青は燕青拳というのが理屈として活用できる上に、1.5部の新宿が特殊な舞台だから出せた

でもホームズも岩窟王も創作じゃないか。

そこは原作の広がり方、語られ方次第じゃないかな。
例えばホームズはシャーロキアンによって実在する人物として語られたりしているわけだからね。岩窟王についてもファリア神父のモデルは実在したという説を取っている。
もちろん水滸伝の百八人についても元ネタ的な物はあるしサーヴァントになるための理屈を組み立てられないわけじゃないだろうが、他のキャラを押しのけて出られるかと言うと……

ストーリーを見ると、他の水滸伝キャラが出るのは難しそう。
特徴と言えるのは、この燕青は佐々木小次郎などと違って「本物の」燕青という点だ。伝説関係や、創作だが型月世界では元ともなった事実もあるといった形では無く、明確に創作上の存在と書かれているのは珍しい気がする。

あまり創作、演義系のキャラは出して欲しくないね。
史実的な重みが薄れるし、他の物語を軽く扱っているような印象にもなりかねない。

燕青に関しては運営がどんな事をやりたいか、どんなイメージかというのがあって、それに合う水滸伝のキャラが燕青だったということでは。

私はそれよりもきのこの中国武術好きによる結果だと思う。

燕青拳はバーチャファイターにも出ているからな。
八極拳ほどではないが、日本のオタク向け作品に出る際のネタとしてはかなりメジャーな中国武術だろう。

四大名著は残すところ紅楼夢だけか。女性サーヴァントでもいけるか?



とまぁ、こんな感じで。
まっとうな美形キャラということで、わりと好意的に受け止められているようです。

ただ設定面では問題無いとされてはいるものの、
燕青が水滸伝の看板クラスのキャラではないのもあってか、
「なぜ燕青」
といった疑問も出ているようでした。

この件に関して知り合いの文化方面に詳しい中国オタクの方に聞いてみた所、
「弱くはないし、Fateに出しても別に不自然さを感じるキャラではないですね」
といった感じの淡泊な反応が返って来たりもしましたし、ある意味では無難過ぎる所があったのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本ではオタクの間でも山寺宏一の評価が圧倒的に高いらしい」「一位の山寺宏一だけ分からないランキングだ……最近のアニメだと何をやってた人?」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただいていたものの、後回しになっていたネタについてを……

以前日本のテレビで放映された
「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP」の中の「声優200人が本当にスゴイと思った声優」に関する反応を紹介させていただきましたが、
中国オタク「日本の声優総選挙の基準がいまいち分からない」
その後ドワンゴの方で行われた
「ネットユーザーが本気で選んだ声優総選挙」
に関する情報も中国オタク界隈に伝わり、ちょっとした話題になったそうです。

ドワンゴが「ネットユーザーが本気で選んだ声優総選挙」発表 2位石田彰、3位沢城みゆき、1位はやっぱりあの人!(ねとらぼ)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたその辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ニコニコの方で日本のネットユーザーによる声優総選挙が行われた。
これは前の日本のテレビによる声優総選挙とは別物で、実際かなり違った結果となっている。しかし一位は同じく山寺宏一だった。

日本ではオタクの間でも山寺宏一の評価が圧倒的に高いらしい。

全体の5.1%、2位の石田彰が3.3%だから間違いなく圧倒的な一位だな……

あの声優総選挙のランキングって、日本ではテレビ局や声優業界の影響が透けて見えるからツッコミ所も多かったらしいが、トップが山寺宏一なので何となく納得している日本のオタクも多かった。それは、こういうことだったのか。

投票したのがネットユーザーだし、やはり現在活躍している声優が多いね。
逆に元老級は少ない。

一位の山寺宏一だけ分からないランキングだ……最近のアニメだと何をやってた人?

最近だと「ソードアート・オンライン」の茅場とかかな。

でも石田彰、神谷浩史、杉田智和といった辺りが入っているのはとても安心するというか、理解し易いランキングだよ。

やっぱり石田彰の評価は高かったんだね!

釘宮理恵はランクインせずか。
こっちでやったら確実に入るのに。

非常に面白いデータだ。
もちろんアンケートの取り方による偏りは否定できないが、それでも2017年時点での日本のアニメファンの声優に対する好みが出ているのだからね。

でもこんなに一位の人気が実感できないランキングは初めてだぞ……
これ絶対大きな問題有るだろ。

そりゃあお前が中国でオタクをやっているからだよ。

日本で生まれ育ったオタクなら納得のいく結果なんだろうね。私も山寺宏一って脇役を演じている声優という印象だけど……
確かハリウッド映画の吹き替えやゴールデンタイムで放映される一般向けの超定番人気作品で有名な声優だから、コロコロ作品や人気が入れ替わる深夜枠の作品で活躍する声優とは違う扱いなんだろう。

しかしネットユーザーの間でも山寺宏一は石田彰、沢城みゆきの上か。
日本ではどれだけ意識させられる存在なのか。

有名なのに前のテレビの総選挙の結果にはいなかった声優がかなり入っているな。

ネットユーザーによる人気重視のランキングのはずなのに、「リゼロ」のレムの声優でさえトップ10入りしてないのか!?

当たり前だろ。水瀬いのりは最近になって人気が出て来た声優だ。
さすがに直近の人気作品だけだとこういうランキングで上位にはこれない。23位にいるというのだって、直近の人気補正の大きさの証明だろう。

オタク向け作品で人気の高い声優はランクインしていない。
川澄綾子や能登麻美子でさえ上位に入っていないんだからな。

そもそも、「リゼロ」は日本だとそこまで大人気ってわけじゃないぞ。シーズンを代表する人気作クラスで、いわゆる年間の覇権クラスではない。

知らない声優もちらほらといるけど、前の総選挙みたいに全く想像できない声優は少ないな。

古谷徹と池田秀一はやはり入っていないのか……

このランキングになると野沢雅子が入らないのは興味深い。

野沢雅子の評価の理由が日本の国民的アニメとして君臨する「ドラゴンボール」だから、普通のアニメファンからするとあえて選ばれることはないんじゃないかな?

圧倒的に有名な役が一つ固まっている声優や、声の幅が狭い声優だと厳しかったりするのかな?

ようし!若本のオジサマはランクインしているな。

早見沙織が上位で入っていて嬉しい、そして安心した……

早見沙織の人気が随分高いな。会一太郎みたいなアンケート集計特有のネタ枠じゃなくて、普通に上位の人気なのか?

花澤香菜より早見沙織の方が上という結果が意外過ぎる。

なんで花澤香菜がこんな下なんだ?
これに関してはテレビ局の総選挙より納得できない所だ……

花澤香菜に関しては一般人やライトな層からの人気が高いんだろう。
これ確か投票時間が短かったはずだし、ディープなオタクしか投票していないんじゃないか?

悠木碧が10位なのは高いと見るべきか、低いと見るべきか。

間違いなく高いと見るべきだろう。
東山奈央ですら23位だし、それでもかなり良かった方に見える。

声優御三家の堀江結衣が入ってない?
アニメ声優としては御三家の中でトップだと思っていたんだが。

そこも興味深いね。まぁ個人的には田村ゆかりが入っていて安心したけど。

水樹奈々が低過ぎるような……

声優としての評価だしね。
歌手込みで考えても林原めぐみとかが上にいるし。そう言えば高山みなみも入ってないな。

それにしてもお前ら、ホントに山寺宏一のこと知らないんだな。
「カウボーイビバップ」を見れば彼の凄さはすぐに分かるってのに。

そりゃそうだよ。
嫁さんが声優界の美女ということくらいしか知らん。
「カウボーイビバップ」も「らんま1/2」も「エヴァ」も古過ぎる。

ウチの国のネットはガキばっかになってしまったのか?
声優界の神というレベルなのに。スパイクくらい知ってないと。

山寺宏一のアニメの代表的な役って00年代以前だからね。こっちで広い範囲で知られるには、少なくともBLCDがこっちで流行り出した時代に活躍していないと無理だって。
日本の映画の吹き替えや日本のテレビでの活躍は全くと言っていいほど広まらない。彼をスパイクで評価しようとするヤツはいても、ドナルドダックの吹き替えや声帯模写で語るヤツいないだろ。

それにしても、もしこっちでこういう投票やったらどういう結果になるだろうな。

でも男性声優に関しては順位は変わっても、ランクインする声優はそこまで変わらない気がする。山寺宏一を除いて。

山寺宏一は女性票でも3位か。これって絶対スパイクや加持による評価だけじゃないよな。



とまぁ、こんな感じで。
イロイロと言いたい所はあるものの、テレビの声優総選挙に比べると中国オタク的に納得できる結果ではあるようです。

ただやはり、山寺宏一さんがトップというのにピンと来ない人は少なくないようですね。
山寺宏一さんに限らず、日本の声優の人気や評価に関しては基本的にアニメで演じた役、それも中国に入って人気になった作品のイメージで語られますから、オタク関係の情報差が随分と縮小した現在でも日中間の違いが大きい分野なのではないかと。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「日本の声優総選挙の基準がいまいち分からない」

石田彰に見るこの十数年の中国の声優人気の盛り上がり方

中国オタク「我が国のスマホゲーム、崩壊3rdと陰陽師が日本上陸したわけだが」「利用規約で反感を買うとは……」

ありがたいことにネタのタレコミ&質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

中国産のスマホゲーム、「崩壊3rd」と「陰陽師」の日本でのサービスが開始されましたが、日本での反応が気になる人もいるようで、中国のネットではイロイロな方向にアンテナが張られている模様です。

戦乙女たちの3Dアクション「崩壊3rd」が配信開始。“聖痕冬のお姫様”をもらえるリリース記念イベントは3月2日まで開催(4Gamer.net)

全世界2億DL突破のスマホアプリ「陰陽師」が本日正式サービスを開始。平安時代を舞台に,安倍晴明と魑魅魍魎の戦いを描くターン制RPG (4Gamer.net)

また日本で展開されている「陰陽師」では利用規約にドン引きする人が出てしまったそうですが、これに関する情報も話題になっている模様です。
『陰陽師』アクセスリクエストに対するユーザーの不安視により規約を改定、個人情報は取得しないとも発表(インサイド)

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


我が国のスマホゲーム、崩壊3rdと陰陽師が日本上陸したわけだがどんな感じ?どっちも日本でいける内容だと思うんだが。

セルラン的にはそんなに悪くないと思う。崩壊3rdは20位代に入ってるし、陰陽師もそこそこ健闘している。ただ反応に関しては陰陽師がヤバイ。開始直後に利用規約で炎上した。

陰陽師って題材やキャラデザ的にはまさに日本向けだと思うし、日本の声優まで起用しているんだが、思ったより伸びてないな。
今の日本人は日本的過ぎる題材だと逆にダメだったりするのか?

日本は課金力が凄い所だから、セルランでこの順位にいるのはかなり良い状況だろう。ただ宣伝に力を入れまくっていたはずの陰陽師がセルランで崩壊3rdより結構下なのは気になる。

陰陽師は無料の方でトップに立ったり、レビューも好評のが多いということだったが……

陰陽師ってかなり宣伝していたんじゃなかったっけ?
無料の方のランキングでも一位になっていたしレビューも高得点だったけど、ぼちぼち悪い方のレビューや反応も出始めたような。

無料ランキングが信用できないのはどこの国も変わらんぞ。
セルランの方はまだ信用できるが、こっちはユーザーの質や数までは分からないのが難しい所だ。

日本では陰陽師の利用規約、特に個人情報収集と他所への提供がかなり問題になっているらしい。これを理由に手を出すのをやめてしまう人も出ている。

ゲームにおける利用や分析の名目で、他の会社やサービスへ情報を流されるのでは、転売されるのでは?というのが警戒されているみたいだな。

陰陽師の規約や権限関係に関してはほとんどの日本人が反感を持つものだったらしい。日本の反応を見ると、遊んでみようとしたのにあの権限に驚いてやめてしまった人がかなりいる……

サービス開始直後のやらかしは珍しくないが、バグやサーバの問題じゃなくて利用規約かよ!

利用規約で反感を買うとは……

やっぱり日本は注意する部分がウチの国と違うんだなあ。個人情報の扱いに関してとても敏感だ。

日本人は個人情報やプライバシーを大事にするという話を聞いたが、こんな所でその証明が見れるとは。

日本よ見たか!これが中国の個人情報の扱いだ!

考えてみればあの辺の個人情報の扱いって、間違いなく中国の特色あるナントカカントカだよな……

こんなゲームばかりだから、ウチの国ではみんなroot化しないと安心して遊べないんだよ!

日本人にはタダで遊べるゲームでも、その代わりに個人情報を盗まれるのでは割に合わないと考える人が多い。個人情報流出に関しては度々社会問題になっているし、日本人が最も嫌うことの一つなんじゃないかね。

文化や社会的な感覚の違いによる問題が起こるのはしょうがない。
初動に悪影響が出たのは残念だが陰陽師は題材的にもジャンル的にも日本向きだし、課金ゲーな作品だからこの規約問題の処理さえできれば上がってくるはず。

課金大好きな日本だし、普通にウチの国と同じようにトップ3入りとかになるだろうね。

陰陽師はボイスも日本の有名声優使って、更にはその声優を起用しての日本向け宣伝とかまでやってるからね。崩壊3rdもその手の活動はやっているし、どの程度効果があるのか、あといくら使ったのかとか気になる。

ボイスと言えば、崩壊3rdは中国語のボイスの方はどうなってるの?
日本語版でも切り替え可能?
もしそうなら日本人プレイヤーがどう受け取るか気になる。

ボイスは普通に中日で切り替え可能みたいだよ。
まぁわざわざ削る必要も無い所だろうからね。

陰陽師も崩壊3rdも、日本版のアプデやゲームバランスはどうなっているんだ!特に課金周りのバランスは気になるぞ!

どっちのゲームの運営も好きじゃないが、海外に出て外人から金を稼いでくるのは良いことだ。私は支持する。

日本人共から金を巻き上げるってのは最高だね!

そして俺はFGOに金を吸い取られていく……さぁ今度はブリュンヒルデの限定だ……

とりあえず陰陽師と崩壊3rdのどっちにも共通するのが「電池の消耗が早い」という声かな。内容に関しては遊んだ人の間での評判は悪くないかな?

確かに電池の消耗キツイからなあ。
私も遊び過ぎでバッテリーがへばったよ。

ざっと見た印象だが日本では今の所、崩壊3rdの方が評判は良いようだ。崩壊学園2からの移行もあるのだろうか?

崩壊3rdはゲーム自体の出来が良いからね。3D系であれより上のはほとんど無い。

崩壊3rdみたいなゲームってウチの国でも少ないし、日本だと更に珍しいだろうから健闘しそう。

ところで日本の運営ってどうなっているんだ?
日本のスマホゲーでウチの国に展開した場合、運営でずっこけるケースが少なくない。逆のパターンが心配。

確かに。こっちだと運営に関しては陰陽師も崩壊3rdもそんなに差は無い感じだが、日本だとどうなるのかは気になる。ソーシャルゲームはゲームの内容+運営の能力が評価になるわけだし。

初動の人気は宣伝やゲームの面白さだけど、それを維持して続けられるかは運営次第だからな。

微課金な自分としては崩壊3rdの方が楽しめたし、どこの国でもウケる可能性があると感じた。

崩壊3rdは出来は良いんだけど、遊んでて疲れるのがちょっと。オート機能も微妙だからそこは時代に合わないかもしれんぞ。

最初は良いんだけど、段々と愚痴が増えていくゲーム……

どっちも2か月後にどういった形になっているかだなー
オープンベータの時の反応は良かったのに……という所もあるしね。

それよりもっと重要なこと、期待したいことがある。
薄い本が出るかどうかだ。
私は日本の同人サークルが手を出したくなるレベルの人気になって欲しいと祈っている。

それに関しては完全に同意!



とまぁ、こんな感じで。
ランキングをどのように見るかといったことや、利用規約の問題など気になる話題がイロイロとあるようです。

ここしばらくの間、中国のコンテンツが日本に入る際には大小様々な引っ掛かりが必ずと言っていいほど発生しているような印象もありますが、利用規約で日本のユーザーをドン引きさせるというのは予想外でしたね。この手の問題の多くは翻訳や広報関係でしたし。

また崩壊3rdに関しては崩壊学園2が既に日本で展開されているのもあってか、日本向けの運営に関して一歩先を行っている安定感があるようです。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ウチの国の普通の感覚で笑える日本のアニメ作品って何があるかな?」

以前よりマシにはなっているのですが、中国オタク界隈はネタバレ大好きな人が多いのか、中国で人気の作品に関してはネタバレを踏んづける危険性がかなり高いように思えます。
そんな訳で、この週末はFGOの新章をある程度進めるまではソッチ方面への巡回をやめようと考えております……

さて、今回の更新の方を。
アキバ総研のコラム記事
【中国オタクのアニメ事情】中国の1月新作アニメの動向 有料会員限定なら配信リスクの高い「幼女戦記」も配信できる?(アキバ総研
などで「中国人の感覚にも刺さるコメディ」といったことを書いたのですが、この件に関してありがたいことに
「中国の感覚に刺さるコメディ系の作品とは?」
という質問をいただいております。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「中国オタク的に笑えるアニメ作品」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ウチの国の普通の感覚で笑える日本のアニメ作品って何があるかな?オタク向け過ぎるとか、マニア向け過ぎるとかはちょっと無しで。

普通のって、どの程度?
ディープなオタクじゃないと分からないレベルはさすがに避けるとして。

予備知識が必要無くて、ウチの国の一般的なアニメ視聴者が分かるレベルで頼む。オタクネタはあまり多過ぎない方がいいかも。
まぁあまりディープなの、例えば「魁!クロマティ高校」とかのレベルで無ければ問題ない。

ああ、「クロマティ高校」は確かにな……
普通に笑える作品ってことなら「日常」とか良いぞ。
私は何度も繰り返し見ている。

オタク向けなら「あっちこっち」とかを薦めるんだが、普通だと……「生徒会役員共」かな。

「生徒会役員ども」は俺も笑いまくった。あと生徒会ネタだと「生徒会の一存」も良い。

古い所だと、「あずまんが大王」や「フルメタルパニック!ふもっふ」とかは定番の名作。

「フルメタルパニック!ふもっふ」はいまだに鉄板。
ウチの国の上の世代はあれからオタクになったヤツも多い。

「フルメタルパニック!ふもっふ」が無かったら、ウチの国のオタクの広まり方はもうちょっと遅かったかもね。当時、最も使い易い入門作の一つだったよ……

定番としては「銀魂」とか……あとは「男子高校生の日常」とかかな。

「男子高校生の日常」は自分も大好き。
腹筋が心配になるレベルで笑える。

爆発力なら「バカとテストと召喚獣」も。これは大笑いできる。
同じ作者の「ぐらんぶる」も早くアニメ化してくれないものか。

昔のだと「ジャングルはいつもハレのちグゥ」もいいんじゃないかな。

「ジャングルはいつもハレのちグゥ」は今の感覚だとちょっと厳しい所があるような。当時は代表的な、笑える作品だったけど……

笑いのツボが合うか、電波の方向が合うかで笑える作品になるかどうか決まるが、その範囲が狭い作品ってあるからね。笑える作品のオススメって、ややマイナーな作品になると急に難しくなる。
私は「じょしらく」とかも好きなんだが

「よんでますよ、アザゼルさん。」は良いよ。私はこの作品で笑い過ぎて困った。

アザゼルさん、良いよね。
私の感じた印象だと、アザゼルさんはオタクの方が逆に楽しめないかもしれない。女性ファンも多いし、オタクより一般向けという感じかな。

えーと、ここまでで挙がってないのだと「荒川アンダーザブリッジ」とかはどうかな?なんか古いのばかりが思い付くんだが、最近だと何があるかな?

「月刊少女野崎くん」なんかはどう?

それはもう最近じゃないような……うーむ、笑える作品に関しては古い名作が強いか。

作品の新しさはともかく、「月間少女野崎くん」はスバラシイ!毎回ハラが痛くなる作品だった!

最近というなら「この素晴らしい世界に祝福を!」や「斉木楠雄のψ難」辺りじゃないかな。笑える作品は当たれば強いね。どっちも長期間、上位の人気作品として注目されている。

クセが強いが、「監獄学園」はハマると危険なレベル。

「この素晴らしい世界に祝福を!」はトリップ系、ファンタジー系ということで、見始める時は笑う要素が強い作品では無いと思っていた所に来る不意打ちがヤバイ。
実際はモノスゴイ勢いで笑わせに来る作品だ……

お笑いに関して「おそ松さん」はどうなんだろう……オススメしたいんだが。

ウチの国だと難しいんじゃないか?
コメディ部分の出来も良い作品だとは思うけど、日本のように広まらなかったわけだし。

ところで「日常」はウチの国だとどんな感じなの?
京アニ爆死みたいなネタを除いて考えても、スゴイ笑える、面白いといった感じで評価する人と意味が分からないと否定する人で両極端だけど。

ハマるとスゴイって所かな。笑いのツボがちょっと変わった所にある作品だと思う。オタクの知識は関係ないが、見る人を選ぶような所はある。

「日常」は楽しめる人の範囲がわりと狭い作品だろう。私は笑える方だったし、薦めた知り合いの中には私以上に笑いがハマった人もいたが、三話まで我慢して見たけど笑えなかったなんて人もいた。

無難な所では「男子高校生の日常」や「月刊少女野崎くん」じゃないかなあ

「みつどもえ」良いぞ!
絵柄で避けずに見てみよう!

ここまでで出ていないのだと「天体戦士サンレッド」はどうだろうか?

あれはオタクの知識を蓄えていると面白いけど、予備知識無いと微妙じゃないか?
日本の特撮ネタくらいは知っておかないといけないし、日本生活ネタも多いから初心者向けではないと思う。笑えるのには同意だが。

なんか上がっている作品を見ていくとお笑い系作品は作品人気の寿命が長いのが多いね。昔の作品だけど、時々見たくなる、私の周りでもいまだに見ている人が作品ばかりだ。



とまぁ、こんな感じで。
「笑える作品」に関しては、比較的古い作品も頻繁に出て来るのが興味深いですね。

上のコメントにもありますが、「フルメタルパニック!ふもっふ」は中国オタク界隈黎明期の人気作品で、私がまだ中国に留学中だった00年代半ば頃も中国で大人気だった作品です。

この辺りに関しては、「笑える作品」には大当たりとなる作品が少ないのと、一度人気になった「笑える作品」は中国オタク界隈における定番として、人気の寿命が長い作品となるといった事情も影響しているのではないかと。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「Fateの中華系サーヴァントってどうなの?強い?設定もFGOでの評価も知りたい」

ありがたいことに
「FGOサービス開始以降の、中国での中華系サーヴァントに関する反応は?」
という質問をいただいておりまして、それに関してちょこちょことまとめていたのですが、近々実装となるFGOの新章で中華系っぽいサーヴァントが出るようなので、賞味期限切れ前に泥縄更新を。


そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「Fateの中華系サーヴァントは強いのか?」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


Fateの中華系サーヴァントってどうなの?強い?
設定もFGOでの評価も知りたい。

全体的に見ると、そこまで強くは無いかなあ。
弱いというわけでもないが。

孔明が最強。あとは微妙。

孔明はともかく呂布、三蔵、荊軻となんかパッとしないんだよね。

はやく孫悟空を出そう。
三蔵もいるし、あの世界にきちんと存在しているんだろ!?

そうだよな!あと孫悟空のクラスはアヴェンジャーでも構わんぞ!

ゲーム内では孔明は星5どころか一人だけ星6と言われるほどの強さなんだが。

今の所中華系サーヴァントで本来の実力を発揮して強いのっていないんじゃないか?
孔明もウェイバーが混じっている上に、ウェイバーとは能力の系統が違うから本来の実力ではないだろう。

孔明は疑似サーヴァントだし、ウェイバーとの混ざりものだから実際よりは弱くなってるんだっけか。

FGOの孔明はエルメロイ鏡い蛤じって別物になってるけど、能力に制限がかかっているわけじゃなかったはず。少なくとも「孔明の計略を十全に使える」ということは明言されている。
普通の聖杯戦争で呼ばれたらどうなるのかは不明だが……

Fateではマトモな中華系英霊っていないぞ。
荊軻と三蔵は女体化、呂布は裏切り大好きな叫ぶだけのサイボーグ、諸葛亮は最強クラスだが人格はウェイバーだ……

李書文はマトモだし、武術的にあの世界の最強クラスだろ。

李書文なんていう普通の中国人は知らないキャラを持ち上げられてもなー

でも設定はトンデモナイだろ。
八極拳も含めて型月世界では圧倒的な存在感。

きのこは中国贔屓だからね。
李書文の強さはやり過ぎで心配になるレベル。

孔明は型月世界でも強いというのは明確に出ているぞ。
孔明の人格は表には出ないがFGOではエルメロイ鏡い「史実以上の化け物」「人間と話している気がしなかった」という評価をしている

こっちの考えるものとズレているかもしれないが、なんだかんだで中華系サーヴァントが贔屓されているのは確かだろう。
李書文とかベオウルフと殴りあって勝てるレベルになってるし。

ところで中華枠だと他にサーヴァントとして出そうなのって誰?

実装時期は分からんが哪吒は既に出ているしサーヴァントとしての実装はあるだろう。あとは秦良玉や始皇帝が出るという情報も当初はあったが、こっちは不明。

呂布は星5で実装されれば強かったろうけど、FGO内では星3相応の強さでしかないかな。ストーリー上の扱いもイマイチ。

呂布はEXTRAやEXTELLAではそれなりに活躍する。あれが日本人の妄想する呂布像なんだろう。

始皇帝が出るとしたらどうなるかな?
グランドクラスいけそうだとも考えていたが、最近の流れだと微妙な気もしてきた。

荊軻によれば始皇帝は遠坂時臣に似ている所があるらしいし、強いキャラになるとは思えない!

始皇帝は出ない方が良いと思う。
みんな、始皇帝の強さはギルガメッシュクラスを期待しているだろ?俺ももちろんそうだ。
仮に出てギルガメッシュ以下の強さだとガッカリするのは間違いないし、それなら自分で妄想している方がマシ。

ギルガメッシュは戦闘力的な面での最強感はどんどん薄れているけど、キャラクターとしての最強感は昔より強まっているからな。アレを超えるとか、同格的な存在だと評価されるのは厳しそうだ。

それに中華系キャラはイラストの方で炎上したりするしなー
良い評価なのは李書文くらいだろう。三蔵とか、あのイラストでなければ女体化に関する反発も含めてもう少しマシだったのでは。

サーヴァントの活躍や強さの設定に関してはストーリー上の制限がかかることも多いからなんとも。きのこは中華系サーヴァントを贔屓しているのは間違いないと思う。しかし強いけど強さを発揮できないという形になる。

ティアマトが出たんだし、いっそ盤古を出しても……

アーチャーとして羿の実装をだね。

封神演義から神性持ちのサーヴァントがたくさん出せると思うんだが。

出るとしてもサーヴァントという格におさめるための弱体化になるぞ?
それか魔力消費が大き過ぎて能力を発揮できないとか。

通常の聖杯戦争枠ならその制限がかかるが、FGOや月だとそんなに関係無くなるだろう。もっとも、神でもセファールには勝てなかったというのが明言されたから、実際に出てもそこまで圧倒的ではなさそう。

FGOとEXTELLAによって、また俺達の妄想が崩れ去った……きのこめえええええ!

今のFateってカルナやアルジュナといったインド神話枠が出たから、神霊クラスの存在でもそれなりに想定できるようになってきてるんだよね。
でもインド神話枠とか一昔前だったら「妄想で俺TUEEEEEし過ぎ」的なキャラだったりする。結論としては、あまり細かく真面目に考え過ぎない方がいい!という所ではないだろうか。

Fateはゲーム上も設定上もインフレが凄いからなあ……中国系神話伝説の英霊も弱くはないだろうけど伝説や妄想そのままの最強とはいかないと思う。

そもそも元ネタの神話伝説でどんなスゴイことをしていても、TYPE-MOON系の世界ではそのままでは無いということになっているからね。
あの世界における神は神秘の濃厚な時代における自然現象の象徴、化身としての存在という扱いだから、元ネタで世界作ろうが滅ぼそうが、サーヴァントにするのもサーヴァントと戦うのも問題無い。

恐らく盤古が出たとしても作ったのは中国の天地であって、型月世界の天地では無いということになるわな。

最近のFateに関してはインフレしているというよりも、「絶対的な物は無かった」ということになっているような気もする。
遊星もそうだが、南米の神が宇宙系だったとかも衝撃的だったし、そこから調べるとアルテミットワンとか出て来たので自分は考えるのをやめてあるがままを楽しむことにした。

なんか、中華系サーヴァントって出ない方が良い気がしてきた……

私は中国古代系の英霊には出て欲しい。だが女体化は勘弁して欲しい。

Fateにおいては強いとか弱いとかそれほど意味が無いということに早く気付け!
強いという設定があれば勝てるわけじゃない。重要なのは中二病的なパワーだ。勝ち負けはそのパワーとストーリー展開で決まる!

確かに。ネロでも遊星の尖兵に挑めるし、トップサーヴァントに勝てるわけだからな。勝ち負けは出るとしても、強弱に関しては考えてもしょうがないかもね。

しかし日本人が考えるなら、結局は三国演義や水滸伝になるんじゃないか?

それの最強クラスが今の呂布と孔明だぞ。
例えば趙雲が呂布、孔明より圧倒的に強いというのはありえないだろう。あれより上のクラスの強さとなると、始皇帝の他には太公望くらいじゃないか?

関羽がいるだろ。関羽は神クラスだから強さでも神秘でもストーリー上の扱いでも、最高レアで問題無いレベルだ。

日本は呂布好きが多いし関羽より呂布の方が評価高いから、呂布以上になれるか分からない。関羽が星3で呂布と同格扱いだと、ウチの国で炎上しそうだが。

そう考えると李元霸とかは厳しいか?

隋唐演義系はキャラの格、強さが固まっているし扱いが難しそう。日本向きの厨パワーが足りない……

きのこは中国贔屓という話は聞くが、FGOの扱いを見ていると、中国では無くインドが贔屓されているように思う。

中国関係の扱いが良いのは間違いない。
それがウチの国の人間が望むキャラを、望む方向で活躍させるわけじゃないってだけだ。

だろうな。
ウチの国で有名なキャラに関しては「評価が低い」「もっと強いはずなのに」と感じるし、マイナーなキャラに関しては「なんでそんなのを高く評価するのか」と感じられるが、それはあくまでウチの国で一般的な知識と感覚によるものであって、日本で一般的な知識と感覚によるものとは当然異なる。

面白くて、カッコ良く活躍できれば何でもいいよ。スゴイ設定と、物語上の凄さやカッコ良さ、説得力や感情移入は別物なのだから。
私も昔は強い中国のサーヴァント、マイナーな強サーヴァントを発掘しようと頑張ったことはあるけど最近はやらなくなった。妄想は今でもするけどね!



とまぁ、こんな感じで。
中華系サーヴァントに関する扱いは悪くないと思われているものの、中国オタク界隈で求められているものとは微妙に違う所もあるようです。

それにしても、FGOの新宿のアサシンは誰なのでしょうかね。
「天に百八」
「幻想であるはずの男は、拳法と共に創生された」
とあるので、ひねり無しで考えると水滸伝の素手武術系キャラ、刺青もあるので浪子燕青っぽいですが。彼が燕青ならば「相撲」の扱いにも期待してしまいますね。

ただ私は最初に読んだバージョンの水滸伝による影響か、
燕青の戦闘力に関しては
「楊雄と石秀に追いはぎをしようとして返り討ちにされる」
というエピソードの印象が強かったり、燕青の比較対象となることの多い李逵も強敵に勝つキャラという感じではなかったりで、武松や魯智深などに比べてイマイチというイメージも……カッコイイキャラなのは間違いないとは思うのですが!


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「最近は瓶底メガネがオタクの証になっていると考えればいいのだろうか?」

ちょっと前の記事で艦これのイベントでカットインが上手くいった覚えが無いとか書いたのですが、今回のイベントはE3ボス最終形態になってから最初のアタックで北上様がカットインを決めて終了するという展開になりました……こういうのってホントにあるもんなんですね。

さて、それはともかく今回の更新を。
中国オタク界隈では日本のアニメや漫画に出て来るお約束や記号的な表現についてちょくちょく話題になっていますが、キャラクターの容姿や装備のパターン的なモノは特に注目されたり、ネタになったりしているようです。

中国のソッチ系のサイトでは分厚い、ぐるぐる模様の入ったいわゆる
「瓶底メガネ」

に関してちょっとした話題になっていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近は瓶底メガネがオタクの証になっていると考えればいいのだろうか?
昔と比べるとメガネの表現や、記号としての意味が変化しいているように思えるんだが、あの分厚い瓶底メガネについてはどうなっているのかという疑問が出て来た。

確かに近年はメガネキャラの描写が変わってきているな。
メガネ=強キャラ的なイメージすらある。
あの瓶底メガネに関しても昔のままでは無くなってきているわけか。

スレ主が言っているのは丸尾がかけているようなメガネだよな?

そう、まさにそれだ。
直近では「小林さんちのメイドラゴン」で滝谷がそのメガネをかけてヒドイレベルのオタクに変身している。

メガネってアニメや漫画だとある種の偽り、変装的な意味を持たせる小道具だけど最近は真の姿に変身するアイテムになっているかも。

ウルトラセブンの変身アイテムはメガネだぞ?
変身アイテム的な意味はそれこそスーパーマンからあったろ。あ、でもスーパーマンは偽る方か……?

沙織・バジーナのメガネもオタク状態とお嬢様状態をチェンジするアイテムだったな。
ただ沙織の場合は偽装の意味もまだあったはずだが。

今の二次元では、現実のようなメガネのイメージを備えているのはあの瓶底メガネだけじゃないかな。

あのメガネだけはいまだに現実に近い、メガネの負のイメージを保っているよね。そしてそれがオタクのキャラという記号も伴っている。

変身だなんだと難しく考えず、ダメなオタクの記号とでも考えればいいんじゃないの。

うん、それは分かるんだよ。
気になるのはいつ頃から、どういう流れでダメなオタクを表すアイテムになったかということなんだわ。

あれはオタクよりも、ダメな方向のキャラを表しているんじゃないか?
黒縁メガネも、いつのまにか強キャラ演出の道具になってしまった感があるから、貴重なダメな方のアイテムとしてのメガネとしてなのでは?

昔のアニメや漫画だとあのメガネは知識だけ、勉強だけ過ぎるキャラのアイテムといった感じだったよね。

ギャップの演出という意味もあるのだろう。

私が面白いと思っているのは、カッコイイキャラがあのタイプのメガネを装備して実は……というパターンの方が目に付くように思えることかな。ギャップの演出としては理解できる。

メガネを外したキャラが美少女だとか美形だとかよりは現実的。

私も家にいる時、特にPCの前ではふちの太いどの強いメガネかけてるからなー

家の外では自分を隠し、家に帰ったらグータラする。
普通だな!非常に正しい描写だ!

メガネに関しては自分を守るためという意味があるが、滝沢のようなキャラがオタクになるためにあのメガネをつける必要ってあるのか?
ディープなオタクは自分を守る必要ないのに、なぜメガネをかけさせるのか。

日本の社会ではオタクは差別される存在だから、日常生活では隠さないといけないんだよ。これに関してはアニメや漫画の描写よりもかなりヒドイことになっている。

外見を整えるのは当然だろ。
大学の中はともかく、社会人になって仕事をする場合はきちんとした格好をしないといけなくなる。オタクをやっている人間の中にはそういうことができる人がいるということだろう。
あのメガネに関しては、オタクの表現でもあるが、同時に家の中で好きな格好をしているという表現でもあるのだろう。

家に帰ったら本性を現し瓶底メガネをかけると……

あれはオタクモードの方が本体で、会社にいる時の方が隠行モードと見るべきだろう。あの瓶底メガネは、隠すためでは無くオタクのアイコンとしてのパーツと考えればいい。

メガネがオタクとしての本体だったりして。

現実ではメガネの有無に関わらず、オタクっぽいのはバレるけどね!

でもアニメでオタクっぽい格好を単純に表現するのって結構難しい気もする。
特にオタク向けの作品の場合、どの方面のオタクなのか視聴者が判断できるから中途半端なオタク描写では説得力が出ない。

自分も家の中と外で自分をどの程度出すかが異なるし、メガネによるオンオフも実感としては分かる。ただ言われてみるとあの瓶底メガネでオタクになっているのは興味深い。

例えばオタクってわけでは無いが「彼氏彼女の事情」の雪野とかは自宅だとジャージにメガネだったが瓶底では無かったよね。当時とはメガネの扱いが違うのは確かだろう。

瓶底メガネキャラで雪野と近い時代だと、「セーラームーン」の海野や「らんま1/2」のムース辺りか。確か東風先生は普通のメガネだったよな?
この辺ではまだ普通のカッコ悪いメガネの強調というパターンで、オタクという記号は無い。

でもその時代だと、まだオタクキャラ自体が少なかったんじゃないか?

瓶底メガネにダメな、インドア派なオタクのイメージが結びつくのは理解できるけど、今のような使われ方になる過程は気になるね。

外面を取り繕っていないホントの自分が瓶底メガネってのは、考えてみれば面白い。
そうなるのは納得できるけど、あのメガネに関する過去の作品からの流れを見ていくと結構大きな変遷がある。

キャラの本性がオタクまではいいが、そのキャラの本当のオタク的な容姿が瓶底メガネというのは、「いつの間にか反対になっていた」印象も受けるね。



とまぁ、こんな感じで。
メガネの持つ記号的な意味も含めてイロイロと出ていました。

中国の社会的な感覚に加えて入った作品やコミュニティの傾向もあってか、中国オタク界隈ではメガネ萌えの人が日本よりも少ないという話もありますし、アニメや漫画における記号としてのメガネに関しても、日本とは少々受け取り方が違うような所も見受けられます。

現在の中国オタク的な感覚でも、日本のアニメや漫画における瓶底メガネ表現の扱いについては問題無く理解できるようですが、お約束的なものに関して少々考えてしまう人もいる模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京の漫画喫茶B3

日本からだと存在そのものを疑われる事も有る北京の漫画喫茶B3のHPです。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ