「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

2008年02月

日本の学生の制服は本当にあんな短いスカートなのでしょうか

先日の記事
日本の学生ってホントにアニメや漫画みたいな生活をしてるの?
でもネタモトにさせていただいた
中国の「百度知道」(人力検索はてな、Yahoo知恵袋みたいなもんです)

色んな質問が出ては消えしておりますが、中にはオタク関連の話題も有りまして、
タイトルの様な日本の女子学生の制服についての質問が結構見受けられましたのでそれについて紹介を。

ちょっと調べただけでも
日本の学校の制服について教えてください
日本の学校の生徒は本当にあんな服装なのですか?
何で日本人は超ミニが好きなのか
なんで日本の学生は冬でもミニスカなのか
日本の学生の超ミニについて
なんで日本の漫画の女性はみんな超ミニなんでしょうか
日本の学校は何で女子学生の服装に超ミニを規定しているのか?全く理解できない
日本の女学生は寒くてもスカートだが、彼女達は寒くないのか?
日本の女子学生は上は厚着なのに、なぜ下はスカートなのでしょうか?あれでは厚着の意味が無いように思えるのですが。

これだけ見つかりました。あの服装はやはり気になるようですな、うむ。

質問は大雑把に分けると
ホントにあんな超ミニなのか
というのと
冬でもスカートはいてるなんて寒くないのか
に分かれている感じです。

さすがに数が多い上に長いので、今回は優秀回答のみ紹介します。
まずホントにあんな超ミニなのかといった質問への回答

日本の女子学生の制服の大部分がスカートなのは間違いありません。ただし、残念ながら超ミニスカートではありません。彼女たちのスカートは基本的に膝上までで、制服を改造した場合は校則違反となってしまいます。
質問者の貴方は恐らくテレビか本の中で学生の制服を見たのだと思いますが、同じくテレビや本の中の中国人の学生の服装を思い出してみてください。どうです?どれくらいの制服が思い浮かびますか?
あまりテレビの中の話を真に受けてはいけませんよ。

あのスカートは規定されているものではありません。一般的には膝までの長さで、あの短さは女子学生が頑張って巻き上げているだけです。
学校の制服は日本の精神的な象徴でもあります。制服は学校の標識であり、学生の青春の証です。日本の女子学生の制服はセーラー服ですが、その色は学校ごとに異なります。学校によっては制服に学年ごとの違いが有り、先輩後輩関係を明らかにするという意味合いも有ります。日本は礼儀をとても重視する国であり、それはアニメや漫画の中でも多く見受けられます。

ああいった着方がよく分からない不思議なデザインの服装は、アニメや漫画の想像上のものでしょう。
実際は日常的に問題なく使えるデザインになっています。



次に、冬でもスカートはいてるなんて寒くないのかという質問の回答

日本人は小さい頃から半ズボンとスカートで鍛えられている為、冬にスカートを履いても寒さに堪えることが出来るのです。

日本は温帯で海洋性気候なので冬でもそれほど気温は下がりません。彼女達は小さいころから一年を通じてスカートを身に付けております。彼女たちの足は厚い脂肪を持っており、これらの人達は一般的にテレビには映りません。また魚を多く食べる食習慣により、寒さに強い体となり、またこれにより彼女達は太りにくいのです。
私の知り合いに寒くないかと聞いたことがあるのですが「とっくに寒さなんか感じなくなった」という答えが返ってきました。

彼女達が自分から超ミニを履いているわけでは有りません。実際は充分長めのもの、膝までの長さのものを履いています。高校の女生徒のスカートの長さも同じで、学校であんなに短いわけでは有りません。ただ、学生によっては短いスカートが可愛いからということで、学校が終わってから化粧しつつ頑張ってスカートを短くする人もいます。これが、皆さんの目にする日本の女子学生の不思議な超ミニスカートです。彼女達が早熟なのは不思議では有りません。日本では16歳から結婚できるのですから。

(注:中国で女性が結婚できるのは二十歳からです)

日本は寒さ対策の道具が多いのです。例えば日本では唐辛子クリームというのが有り、これを足に塗れば防寒となるのです。これが中国でも販売されれば、きっと歓迎され、冬にスカートを履く人が増えることでしょう。
ただ、中国は保守的ですから日本ほどになるまではかなりかかるかもしれませんね。

日本は一般的に冬でも暖かい事と、交通機関が発達しているので純粋な屋外での活動時間が短くなります。よって、冬でもミニスカートを履いても問題ないのです。
もちろん、寒さに強い体質的な者も有るでしょうがこれは若さゆえというものであり、中国人だから日本人だからという事ではないでしょう。



当然ながら、
日本人は変態だから
セクハラを起こしやすいので
日本のそっちの産業が盛り上がることが出来るのです。

といった決まり文句も出てますが、大部分は真面目に答えている感じがします。
しかし、微妙にズレている回答が有るのも確か。
この辺はなかなかに難しいですな。


とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国のゴールデンタイムアニメ規制更に強化

再来週末に出張の予定が有ったのですが、延期になって一安心?という感じでございます。
ギレンの野望や世界樹の迷宮供更には今週末出るToHeart2 AnotherDaysとゲームを遊ぶ時間が欲しくてたまらない今日この頃。

……という訳で、今日はメールで頂いたタレコミを有り難く使わせていただきます。
タイトルの通りの内容の通知、
「テレビアニメ放送管理強化に強化する通知」(中国語)
が中国のテレビ放映の規制で名高い?「広電局」こと国家広播電影電視総局から出ました。

内容は予想通り、ゴールデンタイムにおける子供向けチャンネルの外国製作品の規制強化です。
今回の通知により、これまで17:00〜20:00とされていた外国製作品の放映禁止時間が17:00〜21:00と拡大されました。
また、アニメだけでなく外国製の人形劇や着ぐるみ劇(たぶん、にこにこぷんとかガチャピン&ムックみたいなのでしょう)もゴールデンタイム放映禁止とされました。

この通知は当然規制強化の意味合いもあるんでしょうけど、規制の徹底を狙っている部分も有るように見えますね。
「上に政策有れば下に対策有り」の国ですし、考えて見れば上海のアニメチャンネルなどでは、ゴールデンタイムにテニスの王子様の放映をしている所が有ったりしたような。
なんだかんだで戦いは続いている模様です。

それから、今回の通知では
国内外の海賊版アニメの放映
ライセンスの切れた外国製アニメ

の放映禁止が明文化されたのも目を引きますな。
外国製アニメの締め出しと国内作品の保護が一番の目的なのでしょうが、この辺どうなるのかちょっと興味が有ります。

とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。

広州同人イベント、中国の同人作家は女性が多数とのこと

イベント前に大雪が有ったため、ホントに開催されるのかと心配になった中国広州の同人イベント

廣州★YACA春季校園同人祭2008

知り合いの中国オタクも行って来たとの事で、ちょいとその報告を。
まず、今回のイベントに参加したサークルは100程度とのことで結構な規模だった様です。
撮ってきたという現地の写真では
広州その1広州その2






広州その3広州04






広州その5






と、こんな感じだったようです。
最後の1枚は会場となった小学校の掲示板とのことです。
例によって会場には海賊版売り場が見受けられたりというなアレな事も有ったようですが、結構いい感じで盛り上がっていたそうです。
創作物は同人誌に限らず、同人ゲーム、同人音楽CDやもろもろの同人アイテムが有ったとのこと。

また、中国の創作全般に言えることなのですが、サークル側は女性の描き手が多数を占めていたそうです。
内容についてもBLを筆頭に一般向けジャンルまで幅広く出ている様です。
中国でもオタクといえば男性の方が多いのですが、創作については女性の方が多いのですよね。ネットで発表されている二次創作も女性向けが多いですし。

この辺は、男性向け18禁が中国では販売できないというのも有るかもしれませぬ。
男性向けのほとばしる熱いパトスを出せないというかなんというか。
ただ、男性向け18禁が全く無いという訳ではなく今回のイベントでも男性向けの18禁を出している所も有ったそうです。
……これ、もし摘発されたら非常にマズイと思うのですが。


個別のサークルについても面白い話を聞いているので、そのうち中国で活動している同人サークルを紹介したいと考えております。

とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国では天下一武道会も部活の全国大会も似たような感じかもしれません

先日の記事

日本の学生ってホントにアニメや漫画みたいな生活をしてるの?

予想外の数のコメントが1日でついたのでちょっと慌てております。
とりあえず、中国ではなぜクラブ活動やそれに伴うインターハイ等の全国大会が作り話だと思われるのかについての説明を。

まず、部活についてなのですが中国では基本的に小中高でのクラブ活動が有りません。
学校の活動におけるレクリエーションとしてのクラブ活動が無いので、中国の学生からすれば漫画の主人公が「学校の部活」に入って学校生活を楽しむというのは結構違和感が有ります。

日本の感覚からすれば、
「クラブ活動が無ければ学生の選手はどうするのか?」
という疑問が浮かぶかもしれません。
これについてですが、まず学生を対象としたスポーツ大会は有ります
ただし、それは日本のような形ではなく特定の優秀な選手のみが参加する大会だったりします。
日本の様な全員参加可能なものはちょっと想像し難いのですな。
日本の運動会のように学校内で行われるスポーツ大会も、代表選手のみが参加して普通の学生は応援するだけだったりします。

ですから、中国では一般の学生が学校生活においてスポーツの大会に出るといった事は無く、開催される大会は全て日本で言う「特待生」のみが参加するものと言えるかと。

そんな訳で、日本の学校の

その部活が好きな人間が参加して、
学校生活を費やして楽しみ勤しみ、
その活動の延長線上、活躍の場に全国大会が有る。


というのは架空の出来事、
漫画のストーリーの都合上設定された大会、
言って見れば天下一武道会と似たようなもの
と思われてしまう様です。

これについては、日本のアニメや漫画だとスポーツモノでさえ色んな必殺技や超人プレーが飛び交うのでその延長線上にあるものと取られてしまう面も有るのかもしれません。日向君のシュートとか、考えて見ると確かにイロイロと有りますしね。


とりあえず、こんな所で、
ツッコミ&情報提供お待ちしております。


余談になりますが、この事について知り合いの中国オタクと話していたとき
「そうか、架空の話だと思うから必殺技とかも受け入れる事ができるんだな。
テニスで恐竜が絶滅してもOKなわけだ!」
「あれはアウトだろ……」
と、冷静なツッコミが有ったりなんだり。
やはり、テニスの王子様は飛びぬけているようです。


日本の学生ってホントにアニメや漫画みたいな生活をしてるの?

日本の学生ってホントにアニメや漫画みたいな生活をしてるの?

日本のアニメや漫画の重要な舞台
「学園」と「部活」
当然中国でもここを舞台にした作品は大人気でございます。

そこで疑問になるのが舞台設定。
日本の漫画やアニメの様な「学園生活」というのは本当に存在するのか?
中国の「百度知道」(人力検索はてな、Yahoo知恵袋みたいなもんです)ではタイトルの様に

日本の学生ってホントにアニメや漫画みたいな生活をしてるの?
クラブ活動とか全国大会とかも有るの?


という質問をしている方がおりました。
という訳で、今回はその紹介を。
まず、優秀回答。

完全に同じというのは有り得ないでしょう。
日本の学生も勉強のプレッシャーは小さくないでしょうし。
もちろん、中国よりは軽いですが。
クラブ活動は有ります。ただ、多くの学生は良い国立大学に入るために午後の授業が終わった後も補修クラスに通って勉強をしています。
日本教育の典型的な特徴は「学校における大衆教育」「補修クラスで英才教育」で、良い大学に入り人の上に立つには努力しなければなりません。

もし、普通の平凡な生活を送りたいだけであれば学校の課題をこなしていればいいでしょう。バイトの時間も有りますし、クラブ活動、恋愛だって有ります。


補修クラスというのは日本の一般的な意味での「補修」ではなく、受験対策や学力向上のための授業といった感じですかね。
中国では基本的に塾が無いので、学校で時間割どおりの授業が終わったあと更に課外活動として「補修クラス」の勉強を行い、受験に備えます。
中国の勉強では補修クラスのほかにも「奥校」とかイロイロ有るのですがそっちの説明はまたの機会に。

以下、かなり適当に翻訳と要約をした他の回答です。

日本の経済と社会は発達しているのは確かだが、漫画の中の描写は理想であって現実ではないよ

有るわけ無いだろ

俺はSchool Daysみたいなもんだと思ってるけど

一定レベルでは有ると思います。クラブとか。でも、小学校と中学校まででしょう。高校に入ったら少し自由なくらいで私達とあまり変わらないと思います。

絶対違う。

お前、アニメの見すぎ

多分、有り得ない。日本の教育は自由なんだろうけどね。

当然有りません。日本の教育は学生個人の素質を伸ばす教育でしょうけど。

普通は無いんじゃないかな。

絶対無いわけじゃないと思う。否定は出来ないよ。

クラブ活動はある。でも、漫画みたいに自由じゃあない。

有る事は有りますが、漫画ほど学生生活の大事な部分を占めてるわけではありません。クラブ、全国大会、学園祭、修学旅行等有りますが、漫画やアニメの話は現実的では有りません。

当然、無い

GTOは有るかもしれない。EVAは無い。

アニメや漫画は理想郷を描いているだけだ!

無い。全部ウソ。

もしかしたら有るかもしれない。

当然あんな話あるわけない。アニメや漫画は虚構の世界の話だぞ?

クラブは有るだろうけど、全国大会ってのは非現実的すぎるよ。

絶対無い。あんな超ミニスカの制服は、残念ながら不可能だ……

有るわけ無いだろ!さてはお前、テニスの王子様のファンだな!?



とまぁ、こんな感じでした。
薄々は感じていたんですが、やはり中国では
学校にクラブ活動が有って、学生スポーツが盛んで、全国大会を目標にする
というのは非常に現実味の無い話のようですな。

ここまで書いて中国と日本の高校生活の違い……と言うか、
学生のスポーツというものについて纏めてみたくなったので、
次回はその話についてをちょっとばかり書いてみます。


とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国では天下一武道会も部活の全国大会も似たような感じかもしれません

PSP新作ギレンの野望 アクシズの脅威」は中国でも人気のようです

「ギレンの野望」の最新作「アクシズの脅威」がPSPで発売されました。
私もこれに合わせてついにPSPを購入してしまい、ここしばらくハマリっぱなしでございます。
今回はPS版がベースなので、いい感じですな。

中国ではPSPの人気が高く、向こうのゲーム系掲示板でもギレンの野望の話題で盛り上がっているようです。
感想やら攻略の話題やらで、結構な数のスレッドが立っています。
まだ発売してからそれほど経っていないので、今の所攻略関係の方が多い感じですかね。
その辺の書き込みをちょっと紹介させていただきます。


新作、いいな!システムが少し変わって苦戦してるが量が増えたのは嬉しい

自分はもう攻略指令書のデータがもう欲しくなってるよ。今回難しくないか?

外交無くなったから資金不足だし、CPUがすぐに攻めてくるんだよなorz

今回は攻めまくった方が良さそうだな。連邦は特に。

ゴッグ攻撃力220って何?好きじゃないけど強いから使うかなぁ

アニメ無いのはUMDの容量不足だからか?

攻略指令書はまだか……

バグかなんだか分からないけどフリーズするorz

今回海賊版だと動作に問題あるみたいだな

俺はオリジナル買ってるから没問題

やっとアムロが加入した。当然Zガンダムに乗せるぜ!

ちくしょう……連邦のやつら、10ターンで6回も攻めてきやがって……

PS2の独立戦争記よりはマシだけど、知らないキャラがかなり多い。メズーン・メックスって誰だよ?

メズーン・メックスはZに出てきた空手部のキャプテンだったはず……



こんな感じで書き込みが飛び交っており、他にも大量の攻略に関する書き込みも有ったりでかなり盛り上がっているようです。

今回のPSP版は初代から逆襲のシャアまでということで、かなりのボリュームになっております。
当然出てくるMSやキャラクターも増えているので、
このキャラはどの作品のどんなキャラなんだ!?
という質問なんかも飛び交っていたりしますね。

正直な所、中国のゲーマーでは「ギレンの野望」の様な難度が高めのSLG、しかもターン制のものはあまり好まれないと思っておりました。
遊ぶとしても、データを改造しちゃって一気に力押しとかかなーと。
しかしこの盛り上がりを見る限り、じっくり楽しんでいるのもいるようですし、このジャンルが一概にダメという訳ではないようですな。

とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報お待ちしております。

「中国動漫新人類」 見所は中国アニメ漫画事情だけではありません

当ブログでも何度か取り上げさせていただいている日経BP連載のコラム
中国"動漫"新人類
が、大幅な加筆とともに本となって発売されました。

早速購入して読み始めたのですが、非常にスバラシイ内容となっております。
以下、個人的な感想交じりの紹介を。

まず現地のアニメ漫画事情について。
こちらは連載のコラム部分がメインですが、やはりちゃんとしたデータが出ているのはありがたいです。
考え方や見方等ちょっと大げさでは、という話も有りますが著者が0からアニメにハマって「なぜ?」と疑問に思ったことにどんどん突っ込んでいくのが面白い面白い。
テレビ規制の悪名高き「広電局」や中国の番組作成の問題なども紹介されています。

また、
日本のアニメ漫画が好きな人間が「哈日族」(日本かぶれ)や「親日派」ではなく
「知日派」
だというのはさすがですね。

それと、私自身何時の間にか当然だと思っていた現地の事情について、実はそうではないというのに再度気づかされたりといった所も。
日本とは違う現地のコスプレ事情とかを
「中国オタク活動の最も基本的な事だから今更説明するまでも無い」
とか何時の間にか思っていたのに気づきました……orz

そして後半の加筆部分では識者へのインタビューに始まり、
中国の若者への日本のアニメ漫画の影響、
愛国主義教育と日本のアニメ漫画の影響によるダブルスタンダード
愛国主義教育と反日への変化
と、怒涛の展開を見せます。

内外からの分析もさることながら、愛国主義教育がどの様に反日に変遷していったかなどについてはこの本ならではでしょうね。
かなり深い部分にまで踏み込んで書かれており、
「こんな事まで書いていいんですか!?」
と、読んでいて別の意味でドキドキしたりも。


ちなみに、私はちょうど90年代後半の愛国主義教育が燃え上がっていた時期に中国の現地校に通っておりまして、色んな意味でボッコンボッコンにされたりなんだりな中学時代を送りました。
最近のデモ等は話題になりますが、この時期の中国の対日感情の悪化ってなかなか意識されないというか話題にならないんですよね。
そんな訳で「当時の分析をしてくれる!」というのは私にとってかなり大きかったりします。

今の若い世代にどの様な教育が行われてきて、日本の漫画やアニメはどの様な影響を与えたのか。
それは「80後」とも言われている中国の若い世代を知る鍵の一つになるかもしれませんな。

……なんだか支離滅裂な感想になってしまいましたが、何はともあれ
「中国動漫新人類」
中国のアニメ漫画事情を知りたい方にオススメです。
更には中国の若者の事情、反日感情がどの様に形成されていったか等、面白い所だらけな本です。
中国について興味のある方は、是非ご一読を!


とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。

広州の同人イベントは無事開催されたそうで

某ギレンの野望が発売されましたが、そっちの方にはまって時間が……
今日は簡単なのでお茶を濁させていただきます。


先日の記事にも書いた、中国広州の同人イベント

廣州★YACA春季校園同人祭2008

中国ではここ数週間記録的な大雪で、広州は大雪が直撃した都市の一つということで開催が危ぶまれていましたが、無事開催されているとのことです。

このイベントは小学校の校庭にテントを張って……というか、ほぼ屋外状態で開催ということですが、それでも結構な人が集まっている模様です。

昨日まで日本に来ていた私の知り合いの中国オタクも、北京経由で広州入りするとかなんとかで、かなり張り切っておりました。

公式サイトの方でも会場の写真がアップされていますね。
パッと見で分かるのは、逆転裁判のゴドー、金色のコルダ、モノノ怪、D.Gray-manとかですかね。

とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。

涼宮ハルビンを入手……しかし

おそらく現時点では日本で最も有名な北京オリンピック関連書籍
涼宮ハルビン










涼宮ハルビンこと「超越夢想一起飛」(夢を越えて一緒に飛ぼう)
ですが、春節で日本に来た知り合いの中国オタクに一冊持ってきてもらいました。
で、「中身の解説を早くやれ」と、周りから言われているのですが……

ハッキリ言って、本の中身は物凄く普通でございます。
語って面白い内容は特に無いですな。
副題に「中学生オリンピック読本」と有るように、オリンピックについての参考書というか副読本といったもので、

オリンピックキーワード
なぜなにオリンピック
オリンピックの源
現代オリンピックの勃興と発展
オリンピックと中国
オリンピックと北京

といった内容になっております。
中国によくある表紙だけアニメや漫画を適当に貼り付けて売っている参考書の類だったようです。
少し前に話題になったコレ
参考書ですよ






と同じですかね。
中身は、ごく普通の参考書である場合がほとんどでして、当然学習漫画といったものではなく、またラノベみたいに挿絵があるわけでもありません。
言ってみれば、表紙やパッケージで釣るエロ本とかAVみたいなもんですな。

という訳で、残念ながら涼宮ハルビンの本には
「表紙の女の子は出ていない」
という事が判明してしまいました。


とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。


涼宮ハルビンへの中国オタクの反応

同じ漢字でも感じが違う日本語と中国語

中国は現在春節(旧正月)ということで、オタク関連の物事も一休みという所です。
ということで(?)昔使おうとしてそのままにしていたネタを引っ張り出しませう。

日本と中国で、同じ漢字の表記でもニュアンスに違いが出る言葉というのが有ります。
有名な所では「手紙」(中国語だとちり紙)、「湯」(中国語だとスープ)なんかが有ります。
中国人からすれば「銭湯」の「男湯」「女湯」、というのがそれぞれ○スープに見えるのでかなりヘンな印象になるとかなんとか。

さてここからが本題。
学園モノやスポーツモノ等で学校や部活が舞台の作品では所属する場所なり団体の名称や役員が漢字表記になります。
基本的に「委員」なんかの様に語感にそれほど違いはないのですが、中にはちょっとばかり異なるものも有ります。

先日の記事では「団」について触れましたが、他の名称
「部」「隊」「組」「班」
について中国語ではどんな語感なのかについて紹介を。

まず「部」について。
中国にはそもそも学校のクラブ活動というのがほとんど無いので、一般的に「部長」というのが部活のリーダーという意味で使われる事はなかなか無いです。
中国の「部」はかなり大きな部署または組織を指しておりまして、日本の「外務省」や「厚生省」に当たる組織が中国ではそれぞれ「外交部」「衛生部」となっていたりります。
ですから「部長」と言えばかなりのお偉いさんという感じになります。

「隊」はまんま日本のチームと思っていただけばいいかと。チームのキャプテンは「隊長」ですし、ナショナルチームは「国家隊」です。

「組」「班」
この2つは日本語とほぼ逆の語感でしょうか。
中国語では「班」がクラスで「組」がグループになります。
学校でも、
「五年二組」は「五年二班」
となります。
中国語で「班長」と言えばクラス代表になりますな。
この「組」と「班」の使い分けは結構混乱しているようで、その混乱ぶりは中国語版の漫画やアニメの字幕でも見て取れます。

それから中国語の「組長」には当然ながら日本語の暴力団の組長という意味はありませぬ。という訳で、クレヨンしんちゃんの組長先生ネタなんかも翻訳が難しいネタの一つとなっております。

この辺の違いについては私も翻訳してるときにうっかり間違えたりすることが有りますが、同じ漢字のちょっとした違いを探してみるのも面白いものですな。


とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。


SOS団「団長」の中国語の語感

SOS団「団長」の中国語の語感

涼宮哈爾濱(ハルビン)の記事のコメントの方でも話題になっていたのですが、
中国のオタクの間では

団長=ハルヒ

というのがかなり広まっております。
今回は中国語での「団長」がどんな感じのイメージなのかをちょっと紹介させていただきます。

日本では「団長」と言えば「応援団長」というような大時代的というか、男臭いイメージが浮かぶかと思います。
あとはサーカス団やら軍団なんかの団長ですかね。

中国も基本的に同じ様な感じでは有りますが、日本に比べて更に仰々しいイメージがあります。
中国語で「団」という言葉で浮かぶのはまず軍の単位としての「団」、
そして共産党の下部組織の「共産主義青年団」、通称「共青団」だったりします。
中国だといい所の学校の生徒や優秀な学生は大体共青団に入っていますな。

「団長」というとコッチの方面が連想されるようで、
以前知り合いの中国オタクから日本語よりも更に仰々しい名称に思えるという話を聞いたことが有ります。
そんな訳でSOS団の「団長」というのは中国人にとってかなりインパクトの有る名称の様です。

それと、「団長」が広まった理由と言われている事がもう一つ。
中国では大学のサークルは「社団」と言われております。
アニメ・漫画サークルだと「動漫社団」となるわけですな。
最近中国の大学では日本のアニメや漫画のファンの増加とともに「動漫社団」も増えているそうです。
そんな「社団」の人間にとって、団長というのは親しみやすい名前だったという話も。

ちなみに、
中国の最大手検索サイト「百度(バイドゥ)」のコンテンツであるオンライン百科事典「百度百科」の団長の項目では
1.軍隊における団の最高指揮官
2.代表団、劇団などの責任者
3.「涼宮ハルヒの憂鬱」アニメ及び小説シリーズの主人公涼宮ハルヒ
となっております。
4.日本の漫画「HUNTER×HUNTER」における幻影旅団の団長(2月7日に確認したら、追記されてました)

あ、それともう一つ蛇足な補足を。
「共青団」には団長いません。
共産党の伝統通りトップの名称は「第一書記」でございます。


とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。

涼宮ハルビンへの中国オタクの反応

各所で話題になっているオリンピック関連書籍(?)のこちら
涼宮ハルビン









こんなの涼宮ハルヒじゃない、涼宮哈爾濱(ハルビン)だ!
と、めでたく通称も決まり、

       r'つ)∠───    ヽ
      〆⌒  ̄ ̄ ̄ \__r 、  \
     ,.イ      ,イ    \ヽ,\rv-,   
    ヾイ    /{ { ヽ、ト、  \Y <ノノ\        
    {  .ト{\ヽ',  メ __\  } ⌒ヽ }へ
     ゝ  |"ひ)  \  イびゞ \ ヽ- 、ノ   // >=
     ノ  ト、"´,.     ー ノ ///\/ /    \
    /.  {   ゝ     /  レ//  } Y´      \
    {   ヽ  ヽ⌒>  /    レ´TTア⌒>、_    \  
    V{   \ └ ´  / ,.イ/  /ll |   /≦__    }
      V{   >ー┬|/  ! ,.イノ || |  /   ̄ ̄ ̄  /
       リヽイ|   /:| l _|' '´  || |  |     _/
        /{{ |   |===|    || |   __/


というAAも出来て突っ走ってる模様です。
同時期に発生した中国製冷凍餃子の農薬混入事件と合わせてネタが炸裂しておりますな。
ちなみに、livedoorのニュースはコチラ
比較検証までやっとります。

で、このネタもぼちぼちと中国に逆輸入されておりまして各掲示板でも反応が。
それを適当に紹介させていただきます。


団長が……団長が……

なんでこんなに下手なんだよ!

俺は眩暈がしてきたよ……

我が国はマジでスゴイぜ!

どこのアホ出版社だ

日本側の許可を……得ているわけないよなぁ

冒険でしょでしょ。ホントが嘘に変わっていく……一緒に来たくねぇ

この画描いたヤツはホント、才能有るよ……

俺は何も見ていない何も見ていない

きっと日本では「中国四千年の神秘」とか言われてるに違いない

オリンピック、もうダメかも

海賊版作るにしても、もうちょっと何とかならんかったのか!?

俺の今の気持ちを語れる言葉は無い!


とかなんとかで、各所で悲鳴の嵐が巻き起こっています。
この出来はさすがにアレだった様で……

多分、この表紙の本はオリンピックの副読本の様なもので中身と表紙はあんまり関係ないと思うのですが、どうなんでしょうね。
例によって、
表紙が一番面白い
という事なんじゃないかと。
春節に合わせて知り合いの中国オタクが日本に来るので、とりあえずお土産に一冊確保してもらいましたがどうなるやら。


それから余談になりますが冷凍餃子の農薬混入事件についてちょっと。
これ、日本では大ニュースなのですが中国では現状だとかなり反応が鈍い、というか話題になっていませぬ。
中央政府の態度が定まってないので報道し難いというのもあると思いますが、
何より問題なのが現在中国の一部が未曾有の大雪、そしてそれが年末(春節)の大移動に直撃という事態なことです。
ニュースはもうそれ一色ですな。

この大雪、どれだけタイヘンなことかと言えば、10年前の大洪水と同レベルかそれ以上と言われている位です。
ちなみに、98年の大洪水は当時対応を間違えたら国が崩壊するとか言われていたレベルにございます。
ニュースによれば、現在数十万規模の解放軍が人海戦術で対応していたりするらしいのですが、主力が雪をほとんど想定していない南京軍区と広州軍区ということで厳しい状況が続いてるようです。雪で物資の輸送なんかも乱れが生じていますし。

それから、この農薬混入
中国だとそんなに珍しいことではない
というのも日中の温度差の原因ではないかと。
中国では春節になると毎年偽酒事件(メタノールによる中毒)で死人が出ますし、農薬や殺鼠剤等が食物に混入する事故も結構な頻度でニュースになります。

そんな訳で、偽の食品や食品の異物混入による事故がニュースになるのは珍しく無いと言いますか。
「中国で作っている以上何時かどこかで事故が出るだろうと思っていた」
とは、とある知り合いの言葉にございます。


とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。


涼宮ハルビンを入手……しかし

なんで日本のアニメってドイツ語が多いの?

今日も今日とて中国のアニメ系掲示板からネタを。
春節間近と言うことで、中国は現在年末モード。
掲示板の進みも速い様でございます。

それで、タイトルどおりのスレが立っておりましたのでその紹介を。


なんで日本のアニメってドイツ語が多いんだ?
最近のガンダム00もそうだし、銀河英雄伝説なんかはドイツ語だらけ。
ドイツと関係ないようなアニメまでドイツ語が入るのはいったいどういう事なんだ?


というのに始まりまして、その後色んな意見が出ます。
ドイツ語の分かる人間も出てきて面白い意見もポコポコと出現。


あれだよ。日本とドイツは昔同盟国だったからだよ。

田中芳樹はドイツ語だと女の子の人気が出ないとか言ってたらしいけど

日本とドイツの関係は明治からだ。大久保利通とビスマルクは会見したこと有るし。

歌に英語を入れるのと一緒なんじゃないの?日本人の間ではもう英語は流行っていないんだよ。

英語はもうありふれてるんだろうな

ただ……アニメで使ってるドイツ語で正確なのって見たこと無いんだが?

なのはのドイツ語は良かったぞ。あれ、ドイツ人使ってるらしいが

なのはのドイツ語は柿原徹也だぞ。五ヶ国語を話せるらしい。外国人使ったのは別のキャラじゃね?

MONSTERのドイツ語もいいぞ。個人的には一番良かったと思う。

アスカのドイツ語がどうなってるのか知りたくてドイツ語学科のヤツを召喚したのはいい思い出。

一発で分かるのは少ないけど、何回か聞いてるとクセが分かってある程度分かる様にはなるよ。

でも、凛の呪文だけは何十回聞いても分からんかった……

ドイツと日本ってどっちも基本的に単一民族国家だから理解しやすいんじゃないの?
同盟もしたし、近代化で日本はドイツを参考にしたし。


といった感じでした。
ちなみに、個人的に正解っぽいなーと感じたのは

ドイツ語ってカッコイイし、ロマンがあるからだろ?

というレスだったり。
ドイツ語系の発音って、日本人からするとなーんとなくカッコよくて重厚さが感じられる響きだという話を聞いた覚えがあります。
感覚的なモノが理由とでも言いましょうか。

あと、笑ってしまったのは

同じフレーズにドイツ語と英語を混ぜるのはやめてくれ!
混乱する!


というレス。
さもありなん。
ドイツ語ではないのですが、漫画版スクライドの
「ビバ・ノウレッジ」
を思い出してしまいました。


とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京の漫画喫茶B3

日本からだと存在そのものを疑われる事も有る北京の漫画喫茶B3のHPです。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ