「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

2009年12月

中国オタクの冬コミ参加、直前編

また冬コミネタで引っ張って申し訳ないのですがここに来てイロイロと新たな状況が出ているのでちょっと補足というか蛇足を。

えー、以前からブログの方で告知させていただきました通り、中国のオタクサークル「次世代」が今回の冬コミに参加するのですが、そこで頒布する同人誌に今回の冬コミに参加する次世代の関係者が過去に出した既刊も少数ですが持っていくことになりそうです。
ただ、これに関しては現段階で私の方でも何が有るのかイマイチ把握してないので、どうなるかが分からなかったり……

とりあえず、夏コミで頒布した中国オタクによるヘタリアのアメリカ×中国の自国受けやおい同人誌と、パンダ氏が過去に制作した女性向けハガレン同人ゲームは有ると思いますし、他にも何か有るようです。
今回の新刊既刊全種類をを机の上に並べるのはちょっと無理そうなので、既刊についてご興味の有る方は是非声をおかけください。

そして更に、ここに来て判明した新事実。
先日中国にいる次世代のクロ氏と冬コミ関連の諸々について話し合っていた所
「サークルの新人が戦国BASARA突発本を3週間で作っちゃったから、EMSでそっちに送っといた」
という話が飛び出しました。ぬぬぬぬ。

コミケ当日の手荷物分散のためそのEMSの宛先は私ではなく、今回お手伝いしてくれる日本滞在中の中国オタクな方のところになっているそうなんですが、現時点(30日朝)で到着したかどうか確認が取れておりませぬ。
EMS発送は先週金曜日(25日)なので、普通なら到着するはずなんですが、さて……
ちなみに、そのBASARA本の表紙はこんな感じらしいです。

冬03


やっぱり最後までゴタゴタすることになってしまいましたが、
とりあえず明日31日は
西地区  り-37a
「次世代」

で参加していると思いますので、中国オタクの面々の活動や、彼等が作った同人誌などにご興味の有る方は是非いらしてください。

中国オタク達の冬コミ参加続報(今回の新刊についてはコチラを)

中国オタク、コミケへ2009夏 中国オタクサークル紹介&ラジパンスペシャル「中国オタクへの質問」募集(夏コミで出した同人誌などについて)

中国オタクがアニソンを歌えるようになったきっかけ

さて、私の方はいよいよ冬コミを残すのみといった感じになっております。
先日の記事で紹介した冬コミで中国オタクが頒布する予定の新刊も無事届きましたし、あとは当日ちゃんとできるかでしょうかね。

さて、今回は書こう書こうと思いながら後回しにしてきたネタ
「中国オタクがアニソンを歌えるようになったきっかけ」
について、ちょっと書かせていただきます。

何度かこのブログでもネタにしてきたように、中国オタクの間でもアニソンは大人気になっています。
アニソンは日本関連の趣味を持っている若者の間では既に確立されたジャンルですし、最近では日本のアニソン系アーティストの方が中国へ来てコンサートを行ったりしています。
またオタク系のイベントではアニソン大会なんかが行われますし、先日北京で行われたアニソン大会ではライブハウスに200人ほど集まって大いに盛り上がったそうです。私も中国オタクの面々が日本語そのまんまでアニソンを歌ったりするのを見ると、イロイロとすげぇなぁと思ったりしますね。

そんな彼等ですが、アニソンとの出会いはやはりテレビで放映されていたアニメということが多いようです。
だいたい90年代頃から中国のテレビでは主題歌を吹き替えず、オリジナルのまま放映する作品が出てくるようになり、そういった作品を見てアニソンに慣れ親しんだそうで。

ただ、アニメで見ているだけでアニソンを日本語でちゃんと歌えるようになるかというと、それはちょっと難しかったそうです。
確かに主題歌吹き替え無しで放映されたなかでも初期に入る「北斗の拳」なんかは、中国で大人気になり、主題歌を「知っている」人は多いのですが、中国ではリアルタイムで見ていて主題歌を歌えるという人はあんまりいないという話が有ります。考えてみれば当時私の周りにいた北斗の拳好きな人間も皆なんちゃって空耳で歌っていましたね。

最近はネットで歌詞を簡単に調べられますし、動画サイトで何度でも好きなときに聴いたり見たりすることが出来ますが、それがなかった時代は耳に頼るしかなかったそうです。中国の一般家庭にはビデオデッキがほとんど普及していないので、当時は録画して何度も見返すということもできませんでしたし、せいぜい海賊版のVCDなんかを見つけてそれを繰り返し見るくらいだったとか。また、海賊版にしても日本の感覚だと格安でも当時の中国の一般的な感覚ではそこまで安いわけではなく、当時の学生の懐事情からすると結構厳しい値段でした。
そんな訳で、アニメの主題歌がそのまま放映されてもしばらくの間はアニソンを日本語で実際にちゃんと歌うというのはかなり難しいという時期が続きました。

ですが、そんな状況が90年代の終わりごろに変わります。
「動漫時代」という
「アニソンを集めたカセットテープ」
を付録に付けてしまった雑誌が出現したのですね。
この雑誌は90年代後半〜から00年代初頭にかけて売られていましたが、当時の中国はCDやテープがメインでMDは無く、またMP3も時代的にまだ普及していませんから手軽に音楽を聴くのはテープの「随身聴(ウォークマン)」が主流でした。そういった環境でしたからこの付録のテープはアニソンの情報源として非常に重宝されたようです。
中国オタクでアニソンがうまい人のなかには昔スラムダンクや聖闘星矢の歌を何度も何度も繰り返して聴いたという方が少なくありませんが、その時に聴いていたテープの多くはこの雑誌の付録のテープだったとか。

中国のオタクな若者の間では既に珍しくもなく、また日本語で歌える人も結構いるというアニソンですが、このテープの存在が無ければアニソンの普及は現在のような高速のネット環境や動画サイトなどの出現を待たねばならなかったでしょうし、今ほど盛んになっていなかったかもしれません。
そう考えるとちょっと不思議な感じもしますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

「ツインテールがツンデレキャラなのはナゼ?」という中国オタク的疑問

ぼちぼち今年も終わりですが、中国では正月よりも春節(旧正月)の方を祝うので、中国に関わっているとこの時期はそんなに年末という感じがしませんね。
ただ、学生が多い中国オタク的にはいよいよ恐怖の期末に入る時期なので、年末ムードが漂いだしている日本とは違ってかなりピリピリしている人が多いようです。

しかしそんな時期だからこそ現実逃避したくなるのも人情ということで、中国のソッチ系の掲示板でも色んな意味でダメなやり取りが頻発するようになったりする時期でもあります。
そんな訳で、今回はそういったなかで見かけた
「ツインテールがツンデレキャラなのはナゼ?」
という疑問をマジメに考える中国オタク達のやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ツインテールのキャラがツンデレという法則はどこから来ているんだろう?

そういえば、ツインテールってツンデレ多いね。金髪だったら確定にツンデレだよな。

うむ、ツインテールはツンデレの象徴と言っても過言ではないだろう。

そういえば、誰が発端なんだろうね。私が知っている一番古いキャラはFateの遠坂凛だが。

俺の場合ツンデレ=ツインテール=三千院ナギという感じだね。

俺の中での代表的なツンデレツインテールキャラは柊かがみです。

無口で感情が無くて髪の短いキャラなら綾波レイだろうけど、ツインテールは・・・・・・誰だ?

アスカの髪形はツインテールの範疇でいいのか?あれも一応ツンデレで古いキャラじゃね?

そう言えば、俺はこの定理は知っているが具体的な実例と起源は知らない!
今初めて気付いたよ。

まぁポニーテール派の俺にしてみれば、ツインテールなんてそんないいもんじゃないと思うが

スクールランブルの沢近とかか?あれはまさに金髪ツインテールでツンデレ。

これはマジで分からないな……気が付いたらそういうものだと思っていた。

ツンデレがツインテールというイメージは有るが、ツインテールキャラが必ずしもツンデレであるわけではないんだよね。例えば初音ミクはツンデレというイメージはあまり無い。

それは確かにそうですね。私のフェイトちゃんもツンデレキャラじゃありません。

俺はどっちかというとロングヘアの方がツンデレというイメージが強いね。
代表的な釘宮ツンデレキャラを見ても、大河、ルイズ、シャナはロングでツインテールはナギだけだ。

案外俺たちの知らない三次元キャラにツンデレツインテールがいたりするのか?

ツンデレキャラが増えていく中で知名度が上がり、認識が固定されていったのだろうか?

源流ということならエヴァのアスカだと思う。ツインテールっぽい髪型だし、性格もツンデレ。

ツンデレ金髪ツインテールの概念が爆発的に広まったのはスクールランブルの沢近からじゃないだろうか。
あれはとても萌えるキャラだった……

美少女アニメの源流であるセーラームーンの月野うさぎはまさに金髪でツインテールだから、これが源流じゃないか?
性格も天然ボケではあるけどツンデレっぽい部分が有るし。

まぁ、難しいことは考えなくても良いだろう。
大事なのはツインテールのツンデレキャラ、遠坂凛や三千院ナギは非常に萌えるキャラだということさ。

そもそも、お前らは自分が何時ツンデレという概念を知ったか覚えているのか?ツインテールとの関係についてもそういったことだろう…・・・


とまぁ、こんな感じで。
ツインテールとツンデレの関係の起源については、言われてみて初めて気付き愕然としているのが結構居るようですな。

それにしても、ツンデレっぽいキャラは「ツンデレ」という言葉が広まる遥か昔からの定番ですが、このツインテール=ツンデレというイメージは何時から固まったんでしょうかね。
ツインテール=ツンデレの起源は私もよく分かりませんが、とりあえず思いつくわりと昔のキャラは「秋桜の空に」の佐久間晴姫や「ONE」の七瀬留美といった辺りでしょうか。
でも、この時期はそこまでツンデレという概念も固まっていなかったような?
どうにもハッキリしない話ですね。うーむ。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

「このライトノベルがすごい!2010」のランクイン作品への中国オタクの反応

日本ではぼちぼち定着してきた感も有るライトノベルですが、中国でも「軽小説」と呼ばれそこそこ人気のあるジャンルになっています。

中国オタクでラノベに手を出している層は海賊版やファンサブ翻訳といったものだけでなく、台湾で翻訳出版されたものを手に入れるなど、日本からの輸入一本にならざるをえないアニメなどに比べるとラノベは正規ルートでの入手も比較的容易となっているようです。
中国ではいわゆるヤングアダルト層向けの娯楽としての文字コンテンツが不足している傾向が有るので、日本のオタク文化に抵抗が無い現在の若者はラノベについてもごく普通に楽しめるようですね。

さて、そんなラノベの名作を紹介する「このライトノベルがすごい! 2010」が先日発売されましたが、この本のランキングは中国オタクの間でも結構注目されているようです。
諸々のランキングについては今日もやられやくさんの記事をご参照ください。
『このライトノベルがすごい! 2010』 人気作品&人気キャラ総合TOP20

そんな訳で、今回は中国のソッチ系の掲示板で見かけたこのランキングへの反応についてを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


文学少女はまだ上位か。遠子先輩の人気も高いようだし、まだまだ強いね。

うーん、トップ10で呼んでいるのはそんなに無いなあ

おお、バカとテストと召喚獣が1位か!あれ好きだったんで嬉しいね。

文学少女は読んでいる作品。アニメ化の話も有るし勢いに乗って欲しい。

基本的に上位はアニメ化した作品やアニメ化の予定が有る作品ばかりだね。

うーん、知らない作品が多いなぁ。半分以上知らないよ。

なんで化物語が1位じゃないんだ?今年一番話題になった作品だろう。

バカテスは最初の1章を読んで切った作品だからちょっとなぁ

化物語は去年の6位からランクアップしてるからいいんじゃないか?シリーズは続いているけど原作はもう3年前の作品だし。

バカとテストと召喚獣が1位!そして秀吉もキャラ人気1位!
みんな秀吉という生物が大好きなんだな!

一つだけ不満なのは、秀吉が男性キャラにランクインしていることだね。

あー……読んだことあるのは半分ちょっとか。とりあえずこのランキングの上位を押さえておかなければ。

禁書のビリビリさんのこの順位は当然だな。

うう……5位から10位まで一つも知っているのが無い。俺の情報は遅れているな……

ラノベは数も多いし、情報を追っかけるのもタイヘンだよな。
ただこのランキングは今年の新作はほとんど無いから、俺が読んだことが有る作品がかなり入っているのが嬉しい。
上位は基本的に既に人気が確立されているシリーズばかりだしね。

俺はトップ10だと黄昏色の詠使いとベン・トーが未読だな。あと、バカテス1位は納得。

6位までの作品はほぼ台湾で翻訳版が出ているから読むのも楽だね。
でも化物語だけまだ翻訳されていない・・・・・・いつ翻訳されるんだろう。ちゃんとした商業出版で読みたいよ。

20位までのランキングを見ても、かなり気になる作品が多いね。評価が高いと聞いている作品も有る。
中国語版にならない作品も有るから、そこはすごい残念だ。

生徒会シリーズはアンチが多いしアニメもイマイチだから心配だったけど、ちゃんと5位になってる。
よかったよかった。

聞いたことがある作品は結構有るけど、読んだのはとらドラと禁書と化物語だけかな。

ところで、谷川流先生や賀東招二先生のお名前が無いのはナゼなんでしょうか?
私はずっと待っていますよ。


とまぁ、こんな感じで。
中国オタクのラノベに手を出す層の間では「文学少女」シリーズがかなり強いようです。あと、「バカとテストと召喚獣」もかなり期待されている模様。とりあえず「このライトノベルがすごい!」にランクインするような最近の人気作は台湾経由で結構翻訳されているようですね。

正直な所、「このライトノベルがすごい!2010」のランキングで「バカとテストと召喚獣」が「化物語」を押さえての1位となったのは意外でした。バカテスは私もかなり好きな作品ですが、2009年の勢いを見ると化物語には及ばないかなーなどと思っていたので。
それから個人的にベン・トーとマスラヲといった作品のランクインも嬉しいですね。特にマスラヲは最終巻が昨年の年末発売だったので難しい感じもしましたし。

あと私の個人的な感想では、今年はwebで創作活動を続けられていた方の作家デビューが印象的な年でした。
私が中国に留学していた当時は今ほど便利ではなく、日本語の読み物に慢性的に餓えていたのですが、そんな時webで読むことができたソードアートオンラインや迷宮街クロニクルの原案の和風WIZ純情派などの面白い創作小説にはタイヘンお世話になりました。そういったことから、その作者さんがデビューしてご活躍されているのを見るのは非常に嬉しいですね。
ただ、昔webで読んでいたはずなのにストーリーをすっかり忘れており、文庫の方でまた読んでもきっちり楽しむことができたということについては、自分の頭のポンコツ具合に感謝するべきかどうか少々悩んでしまいます。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


ラノベの挿絵に関して議論を戦わせる中国オタク達

中国オタク達の冬コミ参加続報

ようやく年末のゴタゴタに一区切り付いたので、ぼちぼちと年越しの準備を進めようかという状態な今日この頃です。それで、年越しの前には冬コミが有りまして、それに知り合いの中国オタクサークルである
「次世代」
も参加します。こちらが彼等のブログ(中国語)です。

今回の場所は
31日(木)
西地区  り-37a
「次世代」

となっています。

新刊は中国オタクが日本語で書いたテキスト+4コマ漫画による中国オタクによる、中国オタク事情紹介本
「違うアルよ!萌え日中交流」
冬01


と、この間の夏コミで出した少数民族萌え娘本(東北地方編)の続編
「中華萌え娘 〜中南?東南編〜」
冬02


となっております。
萌え日中交流の方には私も中国に入った日本の作品で人気が高かったり、影響の大きかったものについて、簡単な紹介記事を書いております。
それから今回は残念ながら夏コミのときに日本へ来たイカ氏とクロ氏は日本に来れないので、日本に現在滞在している「次世代」の知り合いがいろいろと動くことになっております。

また、売り子については日本で声優修行中のパンダ氏がコスプレして売り子を手伝ってくださるそうです。しかも、今回は午前午後のフルタイムを予定。
夏コミで午前中にいらっしゃって、むっさい男(含む私)しかいなくてガッカリされた方も今回は安心ですな。こちらがパンダ氏の声ブログです。
kkryuのもーそースペース
それと今回のパンダ氏のコスプレはペルソナ4を予定しているそうです。
パンダ氏曰く、さすがにチャイナドレスは寒いから今回は勘弁してくださいとかなんとか。

とりあえず、こんな所ですかね。
ただ・・・・・・・実は、今回の新刊が、現時点でまだ中国から届いておりません。中国の郵便局からの発送は完了しているのですが、果たしてこの年の瀬に問題なく届くのでせうか。予断を許さない状況は続いております。
あ、それから私は多分午前中からお昼くらいにかけて売り子やってると思います。

12/25追記:まだハッキリしないのですが、パンダ氏のサークルが昔作ったゲームや他の中国オタク系サークルさんが昔作った同人誌などを、今回売り子で手伝ってくださる方の作品も頒布するかもしれないとのことです。詳細が分かったらまた書かせていただきます。

軽音楽部ひざ枕クッションに驚愕する中国オタクの面々

世の中には様々なオタクグッズが存在しますが、日本のオタク文化への知識というか耐性が無い海外の人間からすれば、そういったグッズに驚くといったことも少なくないようです。
例えばこんな感じのアイテム
「軽音楽部ひざ枕」
なんかにはかなり驚くようです。
これはどうやらひざ枕型クッションのけいおん!バージョンらしいのですが、今回はこのグッズに対する中国オタクの反応を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

ヘンタイだ!日本人はやっぱりヘンタイだったんだ!

美少女文房具とかを見たりしたときに、もうこれ以上ヘンタイなアイテムは無いだろうと思っていたが日本の現実は常に俺の想像を超える。

賭けてもいい。絶対この後、開脚可能なひざ枕が出るに違いない!

日本人は抱き枕ではもう我慢できないということなのか……!

スゴイことはスゴイんだけど、これは実際に使ってて気持ちよく眠れるのか・・・・・・?

澪タイツひざ枕にはかなり心惹かれるものが有るな。

これはちょっと気持ち悪い。家に帰って下半身だけ有るとかはイヤだ。

日本ではこれが「良いもの」だと認識されているのか!?これが受け入れられない俺の感覚はオタクとしては失格なのだろうか。

いや、さすがにコレはダメだと思うよ、たぶん。でも良いと思われているから売れるわけだろうし、支持層は確かに存在しているんじゃないかね。

抱き枕を使っているのとこの膝枕を使っているのでは、どちが恥ずかしいだろうか。
もし他人に見られると考えると、どちらも非常にダメージがでかいと思うが……

久々に日本についていけないと感じた。

下半身だけなんて、モンスターとか惨殺死体にしか思えん。

どう見ても、眠るための効果という枕の最低限必要とされる性能を満たしているとは思えないんだが。

じっくり画像を見ていると、これもアリかと思えてきた。材質もおもちゃっぽいし普通に使えるんじゃないか?

いや、これが部屋に有ったら困るだろ。
抱き枕はカバーさえ取れば問題ないが、こっちのひざ枕はどうすればいいんだよ。

さすがに下半身だけ部屋に有るとかは怖いよな。
このデザインのアイテムがいきなり有ったら驚くというか恐怖を覚えるよ。

配置方法か……ぬいぐるみかフィギュアでも座らせておけば良いんじゃね?

ううむ、やはり日本人の想像力は凄過ぎる。
このひざ枕も、きっとそのうち着せ替え可能なタイプが出てくるに違いない。

確かにちょっと怖いというか不気味さを感じるデザインだが……ちょっと使ってみたいという気にもなってくるな……

ひざ枕が有るなら、おっぱい枕って誰か作らないの?

お前は小日本どもの恐ろしさを軽く考えているようだな。おっぱい枕は既にあの国に存在する!



とまぁ、こんな感じで。
海外のオタクの中には妙に「オタク慣れ」している層もおり、そういった面々からしてみればオタクグッズに対してもそうそう驚きを感じることはないという話も有ります。またあくまで私の個人的な印象ですが、日本との距離が近く情報も多い中国オタクはその「オタク慣れ」した人間がわりと多いんじゃないかとも思います。
ですが、このひざ枕型クッションはそんな中国オタクの面々をも驚愕させたようで……

しかしコレ、日本でも普通にかなりアレなグッズですよね。
プライズ商品のようですが、置き場所について物凄く困りそうなアイテムです。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

バクマン。アニメ化への中国オタクの反応

アニメ化が発表されたり、このマンガがスゴイ!2010の1位になったりと現在ノリにノっている
「バクマン。」
ですが、アニメ化発表についての質問をいただいておりますので、今回はそれをネタにさせていただきます。ありがたやありがたや。
それでは、以下に中国のソッチ掲示板で見かけた発言を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

アニメ化には期待していた!すごい嬉しい!

俺はこの作品を知らなかったんだが、作者はデスノートの人達なんだね。

バクマンは好きな人は好きだよ。アニメ化で広まって欲しいね。

このストーリーって作者の体験の二次元版なんだって?日本のマンガ制作現場が見れるのは楽しみだ。

こんな作品が有ったのか。ちょっと期待。

デスノートと同じと思われて中国国内規制されないことを祈ります。
中身を見ないで作者の名前だけで判断されそうで不安だ……

タイトルだけだと何がなんだか分からんな。内容については現代ドキュメンタリー見たいな感じになるの?

少年ジャンプを舞台にした漫画家のサクセスストーリーという理解で良いんだろうか?

うーん……今初めて知ったが内容が想像できない。熱血モノということでいいのか?

作品自体は知らなかったけど、作品の紹介を見た感じだとかなり面白そうだね。
漫画家自身の物語というのは考えたことが無かった。

漫画を描くのを漫画にして、更にアニメにするのか……日本は本当になんでも漫画の素材にしちゃうんだね。

でも「マンガを作る漫画家」なんて題材でそこまで面白いものができるのか?制作側の裏事情が分かるだけなんじゃないの?
俺はマンガやアニメを見るのは、創造された作品を見たいからだ。

バクマンは小畑健のファンだから読んでみたけど、共感できる所が無くて読むのをやめてしまったな……

漫画制作に興味を持っているし、日本の一流漫画雑誌の内部を知ることができるから俺は面白いと感じているけどなぁ。でも、システムや技術の話が多いから興味のない人には難しいかもね。

小畑健か。ヒカルの碁が好きだったからちょっと期待。

この作品の存在を全く知らなかった。内容も想像できない……日本の報道を見た感じでは大人気の作品らしいんだが……

えーと、簡単に言ったら少年達が夢を追いかける話だよ?たぶん。

なんかハーレムっぽい内容も含まれているらしい。
小畑健の描く女性がいっぱい出てくるのはスバラシイことだと思います。

いや、今回も男キャラの方が面白いキャラ多いぞ。個人的に新妻君がオススメだ。

俺の大好きな作品だし、原作追っかけてるけどアニメ化するの早すぎない?
原作はまだ主要登場人物の関係も固まってないのに。

タイトルからは何がなんだか分からなかったが、作者を見て驚いた。
期待したくなったんで続報を待つことにします。


とまぁ、こんな感じで。
中国オタクの間におけるバクマンは今のところ「知る人ぞ知る名作」的な位置に有るようで、知名度自体はそれほど高く無いようです。
ただ、作者の大場つぐみ&小畑健によるデスノートは中国で社会問題になっちゃうぐらい大人気になった作品なので、作者の名前を見てアニメ化に納得するといったのも少なくないようです。
ちなみに「バクマン。」の中国語名は香港が「爆漫」、台湾が「爆漫王」というのが多いようで、他にも「食夢者」、「漫画家」というのが有るようです。

それと、作品の内容が想像できないという声も多かったですね。
考えてみれば、中国は日本のようにマンガが溢れているわけではありませんし、漫画家という職業についても馴染みが有りません。中国ではプロの漫画家で成功するということや、そもそもマンガを描いて生活を成り立たせるというのが非現実的なことなんですよね。
そしてそういったことからなのか、漫画家という存在については理解できるが、その活動をネタにして面白いのかといった声も有りました。

日本だと漫画家の存在、更に「漫画家マンガ」は「物凄くマイナー」なものでもないと思います。一般社会で漫画家という存在クローズアップされることが有りますし、「まんが道」のような漫画家を主人公とした作品も有ります。
私が最近読んだ漫画家ネタ系の作品について、すぐに思いつくものだけでも
「まんが極道」「アオイホノオ」「青春少年マガジン」
といった辺りが出てきます。
しかし、漫画家という存在がここまでイメージし易く、有名漫画家にステータスが有るのはマンガが社会全体に普及している日本独特のものなのかもしれませんね。

そう言えば、私は漫画家マンガの「G戦場へヴンズドア」が大好きなので知り合いの中国オタクにその素晴しさを話したり、3巻完結と手頃なので布教のためにコミックセットをあげたりしたことなんかがあるのですが、どうも反応が良くないんですよね。つまらないとかではなく、理解できないという感じで。
これにはやはり漫画家という存在が中国オタクの間でも微妙に現実的ではないというのが影響しているのかもしれないなーと今回の記事を書いていて思ったりしました。
(布教しようとする私のイタさにドン引きされてるだけという可能性も大いに有りますが!)

何はともあれ、今後バクマンがアニメ化されたとき、漫画家という職業に対しての知識が少ない中国オタク層からどういった反応が出るのかは私も気になりますし、ちょっと追っかけてみようかと思います。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタクとアニメと字幕

中国に限らず、現在海外でアニメを視聴しているなかでファンサブによってつけられた字幕付きアニメを見ているという人間の割合はかなり高いと思われます。
ファンサブで字幕つけてアップロードしちゃったりソレを視聴するという行為についての問題はイロイロ有りますが、ソッチについてはとりあえず今回はおいておくということでお願いします。
今回は中国のソッチ系の掲示板で見かけた字幕付きでアニメを見ている中国オタクの面々が、「字幕付き」の視聴についてどう考えているかのやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

字幕を見てると疲れるし、作品にイマイチ入りこめない。
できれば日本語を覚えたいんだがどれくらい勉強すれば分かるようになるかね?

分かり易い作品と分かり難い作品があるし、どういった作品を見るかにもよる。

アニメが分かるレベルの日本語だと短くて1年、長くて5年くらいじゃないか?

まぁどんな作品でも字幕を見てると作品への注意が散漫になるからね。俺は字幕を注視しないで見るようにしていたら何時の間にか分かるようになっていた。

俺は逆に字幕が無いと落ち着かないんだけどね。

中国のテレビはどれも字幕付きだからな。俺も特に字幕が有って困ると考えたことはないよ。

(中国は地方ごとに発音がかなり違うので字幕無しだと言葉が分からないことも多く、かなりの番組に字幕が付いています)

字幕の内容を一瞬で把握できるように鍛えてあるから問題無し。

字幕無しだといろいろ困るよなぁ。自分のヒアリング能力だと聞き取った内容に間違いないか不安になる。

てか、お前らアニメに付いてる字幕の内容が全て正確だと思っているのか?
3,4年前の作品だと5フレーズに1つは間違いが有るなんてのも珍しくなかったぞ。

最近は文字放送が有るから昔より間違いも少なくなってきているけどまだちょくちょく誤訳は有るよね。

誤訳もそうだが、訳が分からなかったのか字幕が長くなりすぎると思ったのか、内容をかなり少なくしたり、飛ばしたりするのも有るからね。

アニメ見て日本語がうまくなるやつもいるけど、俺は自分のリスニングに自信が無い。
てか聴覚に神経を集中させなければいけないから逆に疲れるよ……

うーん……私はホント作品次第だな。字幕無しでOKな作品も有れば、字幕無しだと厳しい作品も有る。

中国国内のテレビ番組でさえ字幕が無いと分からんから、日本語の番組が字幕無しだなんてちょっと考えられんなぁ。

俺は国内のドラマをダウンロードしたら字幕無しバージョンでイマイチ分からなかったから字幕付きバージョンを探しに行くとかよくやるわ。

日本語が何時になったら分かるようになるかハッキリしないのも不安だよ。楽な方に流れちゃう。

でもストーリー重視の作品で字幕を読むのはかなりの損失だよ。日本のアニメは声優の演技も良いからね。

説明的なセリフは難しいが、会話ならそこそこ簡単に分かると思うよ。

個人的にオススメなのはCDドラマから入る方法。会話によるキャラの交流が中心だし、声に集中できるし、内容も理解し易いものが多い。

いや、CDドラマは画がないから誰が喋っているか分からないし難しいだろ。

自分の好きなキャラの声は把握できるし、声優の声は特徴有るから聞き取りやすいよ。

CDドラマは有名声優も多いしね。緑川光や子安武人とか、女性だと三石琴乃や朴璐美、釘宮理恵とかはすごい分かり易いと思う。

誰もがみんな声優が分かるわけじゃないってば!でもまぁ林原めぐみとか宮村優子は分かり易いよね。
やはり最初は基礎を作ってから聞いた方が良いと思うよ。基礎の有無でうまくなる速さにかなり違いが出る。

数百本のアニメやドラマを見ても、喋れないし聴き取れないなんてことも多いからね。
もし本当に日本語を身につける気なら最低でも50音くらいは把握しておいた方が良いんじゃないか?

アニメ見ていただけで日本語能力試験の何級に合格したとかいう話がよく有るけど、実際どれくらいの人がそれで合格できるんだ?

ありゃ大体が大げさに言ってるだけだろ。
アニメを見ていれば確かに「テスト勉強をしない」でも下の方の級なら合格できるだろうけど。

俺はアニメが日本語を勉強する原因だったし、アニメや漫画を見ていて日本語がうまくなったのは確かだよ。ヒアリングなんかはかなり助かった。
でもアニメだけだと1級とかのレベルは無理だな。文法もしっかりやらないと。

別にアニメのセリフを全部聴き取って理解しなくてもいいんじゃないか?アニメって言葉が分からなくてもわりと多くのストーリーを理解できるぞ。

日本語を覚えたいヤツが考える「聞き取れる」というのはどの辺のレベルなんだ?
日本語に気を取られて作品が楽しめないなんてのも意味が無いし、分かる所が有ればそこを聞き取るくらいでいいんじゃないかな。
一回見ただけで作中の日本語全てを完全に理解するなんてのは理想が高すぎる。


とまぁ、こんな感じで。

日頃から字幕でテレビを見ることには慣れているし問題無いというのは中国特有の反応でしょうかね?
中国のテレビ番組は字幕付きのものが多く、国内で制作されたドラマ、ニュースでのインタビューなども字幕付きのものが多かったりします。
中国語は文字にすれば全部同じなのですが、地方ごとに言葉の発音がかなり違うので、出身地が違う人間が話したら言葉が通じないということもあります。
国営放送のトップニュースに出てくるクラスのお偉いさんでも言葉がなまっていて聞き取りにくいといったことが珍しくありません。

私も中国の大学に留学していたとき、とある講義で教授のなまりがひどくてまったく聞き取れないということに焦り、中国人の学生に教授の言っている内容を教えてくれと頼んだら、実は他の中国人学生もほとんど聞き取れていなかったなんてことも有りました。
(ちなみに、その講義は何度か出て大体の授業内容と教授のなまりの癖を把握してやっと教授が何を言っているか分かるようになりました)

それから字幕でも構わないが、できれば日本語で全部聴き取れたら良いなと思っているのもわりといるようです。しかし、言語の習得には個人の熱意に加えて向き不向きというのがありますしなかなかに難しいようですね。
一概にどれくらいで分かるようになるとは言えませんが、日本語の初級レベルは例文を丸暗記すればそこそこいけるとは言われています。
ただ、アニメなんかは応用部分が多いわりと特殊な分野ですし、普通の日本語学習で身につけるものとは違った知識や感覚が必要かもしれません。知り合いの中国オタクからは、主語を省いた言い回しを理解したり、カタカナ言葉や固有名詞を瞬時に判断して理解、または「何となく分かったつもりになる」という能力が無いと厳しいなんて話を聞いたことも有ります。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

日本語能力試験1級にエヴァっぽい問題やドラクエっぽい問題が出た模様

ときメモリアル4への中国オタクの反応

自分でも何年ぶりだかちょっと分からなくなっていますが、久々に好きとか嫌いとか言い出してる今日この頃です。遅くなりましたが今回は幾つか質問をいただいている
ときめきメモリアル4(公式サイト)
についてを。

中国では過去にときメモ1が大流行りしたので作品自体の知名度は結構なものが有りますし、最新作の4もそこそこ注目されているようです。年末の大作ラッシュに埋もれずに、じわじわと盛り上がっているような感じですね。
そんな訳で今回は中国のソッチ系の掲示板で見かけたときめきメモリアル4への中国オタクの反応を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

10年ぶりの新作か。日本だと人気はイマイチらしいが、俺の心のときめきはまだ有効だ。遊ばないわけにはいかない。

香港で12月1日にフラゲした俺から言わせてもらえばこのゲームは名作だ。特技システムが良いね!

システム面はかなり良くなっているね。1より簡単になっているけど、遊べる時間は長いままだ。

ああ……昔のままだ。俺の思い出は色褪せていなかった!

俺が予約した限定版の大陸到着は12月10日以降らしい……orz

俺の近所のショップには入荷していなかった……
なんでPSNネットワークでダウンロード購入できねぇんだ!?

キャラのデザインがダメ。こんなキャラに恋愛感情を抱くことなんて出来ない。

そう言っていられるのも今のうちだぞ!そもそも1のキャラデザだって冷静に見たらそんなに良いデザインじゃなかったんだ!

ときメモのキャラデザってもとからこんなんだしね。最近の目が大きい萌え系の絵柄とは違う。萌え系の画が良いならCLANNADでもやってろ。男の声優は同じだぞ。

作中のミニゲームはどうなってる?電脳部のゲームは毎回かなり遊べたが。

上で熱く愛を語っている人達が中文化パッチを作ってアップしてくれることを期待しておこう。

1から15年か……藤崎詩織はもう30歳という計算になるが、4に出てきたりするのだろうか……見たいような見たくないような。

今回は先輩ばかりで後輩は無しみたいだね。まぁ年上お姉さまキャラ好きな俺としては非常に嬉しいが。

会長に一緒に帰りたくないと拒否された。昔の記憶が蘇ったぜ……こいつは、ラスボスだ!

会長は藤崎詩織とはまた違った怖さが有るな。特技強制解除とかシステム的に最強じゃないか?

一番怖いのは都子だろ。好雄+伊集院だと思っていたらあんな展開になるとは……

伊集院タイプだし一番攻略が簡単なのは都子だよね。でも、最初に攻略はしない方が良い。彼女がカワイソウで他のキャラの攻略がし難くなる。

1に戻ってくれたのは嬉しい限りだ。しかしこの歳になってまた爆破物処理活動をやるとは思わなかった。

ヤンデレがいると聞いてプレイしようかと考えてるが、1とか遊んでおく必要有る?

1を遊んでなくても問題無いよ。ただ1は中文版も有るし、4の舞台と同じ学校だしいろいろと繋がりも有るみたいだからやっておくのも良いかもね。

やはり男とのエンディングを迎えてしまう危険性も有るようだな・・・・・・ときメモは全方面をカバーするすごいソフトだ。

もう中毒状態だ。日本はなんでこんな精神的な幸福を得られるゲームを作れるんだろう・・・・・・現実世界なんかどうでもよくなってきた

昔で流行っていたなぁ……クラスメート一緒に藤崎詩織を攻略しようとして頑張ったが爆死しまくったよ。

今はネットも有るし攻略情報を探せるからね。難度も下がったから昔よりすごい楽になっているのを実感できる。



とまぁ、こんな感じで。
とりあえずざっと見た所ではそこそこの人気は出ているようですね。
あと10年前に1を遊んでいたらしい年上のプレイヤーが多いのも特徴でしょうか。
昔1にハマっていたことを思い出しての発言も頻繁に見かけました。

ちなみに、現段階での中国オタクの間におけるキャラの人気は幼馴染の大倉都子がトップで次に生徒会長の皐月優、あとはどんぐりの背比べという感じのようです。中国オタク的にも大倉都子の変貌には度肝を抜かれたようです。皐月優は藤崎詩織直系のヒロインということによる人気ですかね?

それから、ときメモ4に限った話ではないのですが中国のソッチ系の掲示板を巡回していると、作品への愛を語っているスレのとなりにソフトのデータのアップロード情報やら何やらのスレが有ったりするので、物凄いびみょーな気分になってしまいますな。
「ときメモ4発売を祝って、4と一緒に1と2のディスクイメージファイルをアップロード!」
といったようなイロイロと勘弁してほしい発言もゴロゴロと有るカオスな状況が……orz
それでもまぁ、ときメモ4はオリジナルのソフトを手に入れて証拠画像をアップして自慢するようなことをやるユーザーが比率的に多いようなので、他の作品よりはまだ良い状況なんでしょうかね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

量産型機が活躍する作品について考える中国オタクの面々

メカが活躍する作品はイロイロと有りますが、
有る程度のマニアになってくるとワンオフだったり試作型だったりする主役メカだけでなく脇役メカに目が行ったりするようになりますし、ミリタリー系の作品が好きになってくると、量産型を意識するようになったりするかと思います。しかし、作品の演出やら商品展開などの都合も有ってか量産型が大活躍する作品というのはなかなかありません。

中国のソッチ系のサイトを巡回していたらそんな量産型の活躍する作品を求める妙に熱いやり取りを見かけたので、今回はソレを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

ストーリー全般に渡って量産型の機体が活躍する作品てないかね?
設定とかは関係なく、ようはガンダムじゃなくてジムが活躍するような作品。

主人公が乗る機体で試作機とかエース専用機じゃないのって少ないよね。
とりあえずガンダムだと08MS小隊はどうだ?陸戦型ガンダムはガンダムの余りパーツで作られたものだし量産型の範疇だと思うが。

陸戦型はジムより格段に強いってわけじゃないし、改修したEZ-8も含めて量産型でいいんじゃない?

陸戦型は投入された時期を考えれば特殊な機体だろ。数も少ないし、サンダースがジムとはケタ違いだとか言ってる。

マクロスじゃないか?初代に出てくるバルキリーは全部量産型だと思う。

マクロスはプラス以前は全部量産型でいいかな?
でもロイ・フォッカーや一条輝が乗ったVF-1Sはエースカスタムだったような……

初代マクロスは主人公以外もちゃんと量産型に乗って活躍してるから問題ないよ。
あと無責任艦長タイラーはどうだ?量産型の上に型落ちの旧型の艦だぞ。他にも星界シリーズは量産型の艦ばかりだね。

マクロスプラスと7は違うが、Fも主人公の乗るVF-25は量産型じゃないか?

VF-25はテストで一部に先行配備された最新鋭機だろ。作中の軍の機体は旧型だしちょっと違わないか?

VF-25はSMSに先行配備で生産数は30機だっけ?しかも性能評価が非常に高い機体だよな。
ガンダムほどの違いは無いけど確かに特別か。

ボトムズ。ただこれも後の方では専用機がどんどん出てくるからなぁ。

どのくらいまでなら「エース用」や「一部の高性能機」でないと言えるんだ?
例えばフルメタル・パニックのM9はその世界だと新型の高性能機だが、一応量産型だし主人公のメカよりは弱い。

一般兵士と完全に同じ量産型ってなかなか無いよな。
最新型か、エース専用機か、試作機か。それか何世代か前に作られたけどコンペンションに負けて採用されなかった現在の量産型と違う機体とか、そんなのばかりだ。

まぁ、現実的に考えれば試作型が正式採用の量産型より強いというのは無いんだけどね。性能もそうだし、整備面や安定性で絶対に劣る。

普通の作品でも主人公がたまに量産型に乗る時が有るけど、主人公を大活躍させる演出のために高性能の専用機か試作機になっちゃうよね。
キラ・ヤマトもフリーダムでなければあそこまでの一騎当千の大暴れは無かったように見えるし。

高機動幻想ガンパレードマーチは本当に全部量産型。
パイロットが特殊だったりするけど、機体や装備は全部軍用の大量生産だね。

パトレイバーは警察の装備だから全部量産型だぞ!
しかもグリフォンとの最終決戦までAV-98でずっと戦ってるぞ!

パワードールっていう作品が有るんだが、これに出てくるパワーローダーという機体は全部大量生産タイプだったね。

ガンダムだったらポケットの中の戦争はどうだ?ガンダムを量産型のザクが撃破するぜ。

別に主人公が量産型に乗って活躍しないでも良いならガンダム0083だ。バニングのジムは強いぞ!

ガンダム00の2ndシーズン。
ジンクスやアヘッドはかなり強い量産型だと思う。刹那達も戦術の変更をしなければならなくなった。

マブラヴ。戦術機は基本的に全部量産型。

お前ら何故ストライクウィッチーズを思い出さないんだ。あれは装備など基本的に全部量産型で大量生産品だ。
特別な装備はパンツじゃないから恥ずかしくないあの装備だけだ!

頭文字Dのハチロクは量産型だと思うんだ……

ガサラキは最初は良かったんだけど、何かよく分からない鬼型機体が出てガッカリした記憶が有る。

ダグラムやバイファムは全部量産型らしいね。

ロボじゃないけどエリア88はどれも軍用機だから量産型の活躍する作品だぞ。

スクウェアのフロントミッションシリーズはほぼ全部が量産型で企業による大量生産。機体のパーツとか全部ショップで買える。

戦闘妖精雪風シリーズのFFR-31MRとかはエース用とはいえ、量産型と判断して良いとおもうんだがどうだろう。

ナデシコのエステバリスは全部量産型だぞ。劇場版ではアキト専用機のブラック・サレナが出たけどあれもコアになっているのは量産型の機体だ。

分かっちゃいない、お前ら何も分かっちゃいない!
アニメ史上最も活躍している量産型ロボといえばドラえもんじゃないか!


とまぁ、こんな感じで。
量産型の活躍というので私が真っ先に思いついたのはバーニィとザク改でしたが、よくもまぁこれだけの作品を知っているもんですね。

それにしても、どの辺までを「量産型」とするかはかなり微妙な話ですな。
ガンダムのような分かり易いものならともかく、先行配備された新鋭機とか、特殊部隊用の高性能機とか、果てはエースカスタムとかはどうするのかなど。
ガンダムのジム系列でさえ、最近はイロイロと高性能なのが出てきて単純な量産型とは言い切れなくなってきていますしね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

アニメや漫画に出てくる戦艦に反応する中国オタクの面々

ラブプラスの寧々さんと結婚式を挙げた人への中国の反応

今年のゲームの中ではかなり話題になったと思われるDSのラブプラスですが、
寧々さんと結婚報告した人から手紙が届きました。おめで......え? 寧々さんと?
(ギズモード・ジャンパン)

と、こんな記事も有りました。それで、どうやらこの記事が中国のオタ系のサイトだけでなく一般のニュースサイトにまで紹介されているようで、結構な反応が有るようです。
そんな訳で、今回は中国のネットを循環して見かけたラブプラスの寧々さんとの結婚への反応を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

まず、一般のニュースサイトでの反応から

やはり小日本どもは変態だ。あの国でしかこういうことは起きない。

そもそもゲームのキャラと結婚したって肉体的な接触ができんだろうに。
結婚生活の価値の半分くらいが消失しないか?

一生ゲームのキャラと過ごすとか、頭おかしいよ。

ネトゲでバーチャル恋愛をする人間は中国にもいるが、日本のオタクはここまで進んだのか。

この人は身体に障害を持っている人なのかもしれないね。
不能だからゲームのキャラと結婚したというなら同情する。頑張って欲しいな。

やはり日本人はキモチワルイ民族だ。しょっちゅうこういう変態行為をする。

ゲームのキャラと恋愛感情のやり取りなんて出来るわけ無いだろうに。ネタだよ、ネタ。

これは……アリかもしれん。少なくとも私は支持する。

私には全く理解できないが、これがもし本当なら真実の愛がリアルを超越したという証明の一つなのかもしれない。

さすがにこれはゲーム会社が仕組んだ広告活動なんじゃないか?

コイツさすがに頭おかしいだろう……社会的な立場もそうだし、夜の生活とかどうすんだ。

広告戦略としては悪くないんじゃないの?
日本国内だけじゃなく、中国のニュースサイトでも報道されるほどの影響だ。

自分の幻想の中で生きていけるならそれも幸せの一つだと思う。

この男性が本気で二次元の女性と添い遂げる決心を持っているなら応援しよう。ニュースで変人扱いされることなんか気にしないで頑張って欲しい。



で、次にオタ系のサイトでの反応


そろそろちょびっつの時代になってきたのか?

以前嫁型PC作った人が日本にいるって報道されなかったっけ。

まぁいいんじゃない?でもヤラセ臭いなぁ……

エクストリームラブプラスという競技が出来ているらしいし、日本でラブプラスはかなり流行してるみたいだね。

今までのゲームだとエンディングになったらそこで終わりで、もし結婚するとしても脳内妄想で補完する必要が有った。だがラブプラスはずっと付き合っていけるし、それならば結婚生活も飽きないということか。

ラブプラスはやばいらしいね。日本では離婚問題に発展するケースも有るそうだ。

なんとなく彼の気持ちは理解できる。俺も結局日本からオリジナルの新品ソフトを購入した。ラブプラスは海賊版や中古で遊ぶのは罪悪感が有るゲームだよ……

日本の他の変態紳士達は怒らないの?重婚とか、NTRとかにならないのか心配だ。

自分の結婚した相手が他のプレイヤーと遊んでいるとかいうのにこの人は耐えられるのかね?

ラブプラスは学習機能付きだからゲームをやっていると女の子の性格や髪型が変わる。
基本設定と名前が同じだけで、実は別キャラだと脳内で変換できるんじゃないか?

なるほど。初音ミクに色んなイメージが投影されているようなもんか。

一つだけ問題が有るとすれば、相手はまだ高校生ということか……



とまぁ、こんな感じで。
ざっと見たところでは、中国の方々もさすがにこの件についてはどの辺まで本気なのか判断に迷っているみたいですね。
二次元と結婚と言うのはさすがにネタかヤラセだろうと思いつつも、「あの日本という国」なら有り得る話だと感じてしまうようで。
日本のソッチ方面のイメージは着々と中国へ浸透している模様でございます。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

現在中国でP2Pファイル共有の情報交換サイトが潰されまくっている模様

今回はタレコミをいただいたネタを紹介させていただきます。
ありがたやありがたや。

いただいた情報によれば、中国国内で先週辺りからP2Pファイル共有ソフトの情報交換サイトに取締りが入って潰されまくっているそうで、その取締りも、いわゆる大手の所を片っ端から狙うかなり「本気」なものらしいです。
この取締りにより海外映画やドラマ、エロ関係、そしてオタク関連のアニメも影響を受けているそうです。
中国オタク的には勝手に字幕つけて放流するファンサブ系のアップロードの情報を流す場所が消失したという感じらしいので、中国現地の人間からすれば結構な大事になっているみたいですね。

中国のオタク系サイトで大きな所は多かれ少なかれ日本で言うところの違法アップロードとファイル共有に関わっているところが有るので(2ちゃんのdownload板+アップローダーが有るといったようなもんでしょうかね)、この取締りの余波をかぶってオタ系掲示板も混乱しているようで、取締りが入ったり、取締りが入らないように問題箇所の修正やら閉鎖に追われているようです。
中国ではここ何ヶ月かはソッチ方面の取締りが厳しくなっているようでして、bittorrent系のP2P共有情報交換のサイトだけでなく、ファイルをアップしているサイト等も取り締まりの対象となっており、取締りが入ってサーバー設備ごと没収されたといった話も出ていたとか。

それから、教えていただいた情報の中で興味深かったのは今回の取締りが著作権絡みではなく「情報ネットワーク視聴番組配信許可証」を取得していないということを理由にしてのものらしいということでしょうか。著作権についての理由からではなく、政府に許可を取っていない違法な番組配信を行っているとしての取締りということなんですかね。

中国でも色んな意味でネットが広がりすぎちゃっているので、一々対応していくのが現実的ではないとは言え、細かい所を気にせずにざーーーっと大攫いして一網打尽にするというのは中国ならではのやり方ですね。
それにしても違法ファイルや海賊版の取締り自体は良いのですが、こういった管理方面での締め付けも厳しくなりそうな点などは、中国での商業展開などにも影響しそうですし、ファン同士の交流へも影響しそうですから、少々頭の痛い話ではありますね。

日本でも来年からP2Pファイル共有ソフト問題関連の改正も有る改正著作権法が施行されますし、先日のshare使用者への摘発といった事件も有りました。
海外におけるオタク文化は良くも悪くもP2Pファイル共有ソフトによるファンサブ活動というか違法アップロードという存在を抜きにして今の興隆は有りませんでしたが、そのP2Pファイル共有ソフトという存在についてはぼちぼち転換期が訪れているのでしょうかね。
今回の件がどう影響するのか気になるので、今後もぼちぼちと追いかけてみようかと思います。

とりあえず、こんな所で。
今回の記事の内容については真偽不明なところも多いので、何時にも増してツッコミ&情報提供お待ちしております。

コードギアス新章への中国オタクの反応

怒涛の如く大風呂敷を広げてそれを見事にたたんだ展開がナイスだったコードギアスですが、その続編の制作が発表されたようです。
コードギアス(公式サイト)
続編の情報についてはネットで既にイロイロと飛び交っているようですが、今のところ具体的にどうなるのかはまだ不明といった所なんでしょうかね。

中国オタク的にもコードギアスはかなり印象に残るアニメだったようで、この情報に対して結構な反応が出ています。そんな訳で、今回は中国のソッチ系の掲示板で見かけた反応を例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

新作だ!嬉しいぜ!

えーと・・・・・・ルルーシュが死んだかどうかの公式な判断が出るのか?

なんか情報に寄れば江戸時代の話らしい。コードギアスゼロとかになるんだろうか。

マジか?信じて良いんだな!?またニセ情報とかじゃないよな!?

続編は嬉しいと思ったけど、あのエンディングを壊すのはちょっとなぁ。

続編で作品が壊れることは多いし、ギアスもまたヒドイことになるんじゃないの?

C.C.がどういった扱いになるかが一番重要な問題だ!

また続編作って金稼ぎかよ……金のために作品を壊すことが多すぎる。

ギアスはそんなに金稼ぎに走ってないと思うよ。もうちょっと商品展開でメカを出してくれたら嬉しかったな。

続編作るってことはまだまだ利用価値があるとバンダイが判断したってことだろ。金儲けに走らないでもっと作品を大事にしてほしいよ。

なにぃ、続編だと!?R2の後編で作品が崩壊したように思ったが最後はうまく纏めたよね。……あそこから続きをやるのか?

なんか別の時代の前伝らしい。共通するのはギアス能力とC.C.だけじゃないの?

江戸時代ってことはナイトメアフレームも開発されてないだろうし、ロボは出てこないんだろうか?まずは情報が欲しいね。

ルルーシュの誕生日に続編発表か。良い演出だ!

ああ・・・・・・ずっと望んでいた願いがかなった!

続編か・・・・・・俺はルルーシュとC.C.がイチャイチャする話を見たいんだが・・・・・・

私の頭の中では最終回の馬車の御者がルルーシュで、その後はC.C.と幸せに暮らすということになっているから、続編はちょっと怖い。

扇政権を打倒するという展開は無いのか?

作品に動きが出たのは嬉しいけど、前伝はちょっと・・・・・・ルルーシュとC.C.のラブラブな話をやってくれよ

続編は良い。前伝というのもまぁ良い。考えられる最悪の展開は日本で流行している劇場版化というやつだ!

さすがにガンダムやマクロスじゃないからそうそう劇場版は無いと思うが……可能性が無いわけじゃないのがなぁ。OVAは無いだろうし。

総集編やリメイクじゃなく、新作だ!来年の続報が待ち遠しい!

新シリーズってことは主役は一新になるのかな。マクロスやガンダムもそうだったし。

さすがにシン・アスカみたいなことにはならないだろうし、全部新キャラになるんじゃないか?C.C.もなんか少し違うみたいだし。

なんだかんだで私がコードギアスで一番好きなキャラはルルーシュだから、彼の活躍も見たいなぁ。

正史っていうことは並行世界だったりマクロスみたいに同一世界の別解釈だったりするわけじゃないのかな。続編は嬉しいけど、C.C.以外のキャラ、ルルーシュやスザクとかは出無そうなのが残念。


とまぁ、こんな感じで。
今回の続編発表についてはなんだかんだで嬉しかったようで、続報が待ち遠しいのがかなりいるようです。
あと、某エンドレスエイトな憂鬱以降、中国オタクの中にはみょーにネガティブな考えをするのが出てきているようで、ギアス新作についてもまずは様子見だったり、否定してみたりというのもいますね。

それにしても、個人的にコードギアスの魅力においてルルーシュのうっかりとヘンタ……もとい、ナイスなポーズの数々は欠かせない要素だと思うのですが、新作ではその辺どうなるんでしょうね?
主役をはじめメインのキャラクターを一新するのは良いのですが、うっかり要素とあのポージングだけは引き継いで欲しいなーと思ったりしております。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

コードギアスR2最終回への中国オタクの反応

日本語能力試験1級にエヴァっぽい問題やドラクエっぽい問題が出た模様

今回はタレコミをいただいたネタを紹介させていただきます。
ありがたやありがたや。

中国でも先週末に日本語能力試験1級の試験が行われましたが、その聴解(ヒアリング)にかなりアレな問題が出たそうです。
問題の形式は短い内容のやりとりを聴いて、その後出る問題に4択から正解を選ぶというものです。
で、その問題なのですが以下のようなものだったそうです。

ラジオでドラマを聴いています。
番組の中では誰がどうすることにしましたか?


男A:隊長!第二次防衛線が突破されました!巨大怪獣はまっすぐ中央管理システムに向かっています!このままではあと30分ももちません!
男B:今出せるモビルファイターは?
男A:ゼロ号機だけです。
男B:やむをえん。4号機を出すぞ!
男A:4号機はまだテストが完了していません!それに、操縦できるパイロットが現在誰も……
男B:ゼロ号機ではやつの侵入を防ぎきれん。ここは……私が行く。
男A:隊長自ら!?でも……その怪我では、4号機の加速に耐えられません!
女A:私が行きます!
男B:アスカ!?
女A:私なら、4号機を操れます!お願いです、行かせてください!
男B:だが、お前はまだ訓練中の身だ。今は子供の出る幕じゃないぞ!
女A:そんなこと言ってる場合じゃない!
男B:おい!アスカ!待て!!
アナウンス:4号機、発射準備完了しました。
男B:アスカ……頼んだぞ。

番組の中では、誰がどうすることにしましたか?
1.隊長がゼロ号機でいきます
2.隊長が4号機でいきます
3.女の人がゼロ号機でいきます
4.女の人が4号機でいきます


モビルファイターだとか、ゼロ号機だとか、アスカだとか、もうツッコミどころだらけですな。
ちなみにこの問題、あまりのエヴァっぽさにずっこけた人が続出したとかなんとか。

他にもゲームをする兄妹についての問題でのやり取りが

妹:お兄ちゃん、ドラゴンファンタジーってやったことあるよね?ちょっと教えてよ。
兄:なんだよ?
妹:炎の指輪と、雷のブローチは手に入れたんだけど、氷の首飾りがどこに有るか分からなくて。
兄:氷の首飾りだったら、アナラハンの北の山脈だよ。山頂の神殿に行って、雪の神にもらうんだ。
妹:山頂まではどうやってのぼったらいいの?
兄:西の沼の底に飛行船が隠してあるだろ。それに乗って行くんだよ。飛行船のカギは入手してあるのか?
妹:ううん、まだ。
兄:じゃあ、まずはそこからだな。アナラハンの街の宿屋に負傷した兵士が泊まっているから、万能薬を使って治してあげるんだ。そうしたらお礼に飛行船のカギをくれるよ。
妹:分かった、やってみるね。

(こちらの問題は話を聞いて、問題文中に有る絵をゲームを進める順番で選んでいくようです)

こんな感じの内容だったらしいです。
中国のネットで見かけたこの試験についてのやりとりでは

この問題の作者はやはりオタクなんだろうか?

いいね、ちょっと試験が楽しくなった。

エヴァっぽいなぁ……最後に出てきたせいでなんかヘンな気分になった。

試験会場でアスカという名前が出た瞬間、笑いそうになって大変だったよ。

ドラクエっぽいのまで出ていたな。

最初がこのエヴァ問題だったらやばかったぜ……

こんな問題出せるなんてすごい試験だ……俺も今回受験すればよかった。

エヴァじゃないな。モビルファイターってことはGガンダムだ

日本語の試験に合格する為にはアニメやゲームの知識が必要ということか……

最後のエヴァ問題は楽勝だったね。俺はこういうことも有るかと思ってアニメを見ていたのさ!

今度から試験勉強として日本のアニメを見てゲームをしよう。


といったようなものが有りました。
聴解は他の問題でも、格闘技っぽい試合の選手の名前が前田と佐山(やはり日明と聡なんでしょうか)だったりとかなりアレなものが出ているようです。
しかし内容はともかく、ヘンな固有名詞なども混ざるこういった問題文はかなり難しいですね。その辺りはさすが現行制度で一番上の1級ということでしょうか。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

ときめきメモリアルと中国オタク

ついに発売となった
ときめきメモリアル4(公式サイト)
が面白くて年末のゴタゴタのなか個人的に少々困ったことになっております。

2以降はどんどん複雑化していった感が有りますが、今回の4は1の正統進化形態とでも言いますか、非常に洗練されたシステムになって遊び易くなっていますね。それでいてボリュームは落ちていないのがスバラシイ。
そんな訳で、今回は昔ときメモにハマっていた頃の痛い自分を思い出しながら、ときめきメモリアルが中国オタクに与えた影響について、後付というか蛇足な分析のようなものを少々書いてみます。

ブログで何度か話題にしたことがありますが、ときめきメモリアルは中国オタクのちょっと上の方の世代の人間にとっては定番中の定番というか、心の名作という位置に有る作品です。
ときメモは90年代後半になぜか中国語の正式版が中国国内で発売されており、中国におけるPC普及の波に乗ったこともあり爆発的に流行りました。

ときメモが中国で流行った理由については、
ゲームが不足していた時期に現れた抜群に面白い「中国語対応の」ゲームだったことや、中国オタク的に不足しがちな恋愛要素の有るコンテンツだったなどという点についてなどをこれまでにも書きましたが、それ以外にもときめきメモリアルの
「日本の学校生活シミュレーター」
なところも流行の理由として大きかったと思われます。
ときメモ流行当時の中国ではときメモユーザーに女子がかなり多かった(場合によっては男子より多かったとか)ようなのですが、それについてはこの要素も結構影響したのではないかと。

プレイしたことの有る方はご存知かと思いますが、ときメモはヒロインの攻略という典型的なギャルゲー要素以外にも、学園生活育成シミュレーションゲームという側面を有するゲームです。この学園生活育成SLG部分は中国オタクからしてみれば
「日本の学校生活を体系的に知ることができる」
という効果をもたらしたそうです。
言ってしまえば、日本の学校生活の「お約束」の入門書的なものになったとかなんとか。

このブログでネタにしたりネタ元になってもらったりしている中国の大学のオタクサークル「次世代」でも、一時期サークルに入った新入生に対して先輩からオタクの入門として
「まず、ときメモをやるように」
とのお達しが下っていたという話が有るそうです。

日本のアニメや漫画は学園モノの要素を持った作品が多く、学校関連のイベントやお約束をネタにした話が頻繁に出てきます。しかし、中国の人間からすると馴染みの無いものも少なくありませんし、そういったイベントが学校生活のなかでどのような位置付けなのかも漠然と想像するしかありません。

そういった中国オタク達にとって、ゲームを通じて日本のアニメや漫画に出てくる学校行事や年中イベントがどういった関係で、どういった意味を持つのか、また学校生活のリズムや、更には部活などについても有る程度知ることができるということで、ときメモは日本のコンテンツの参考書としての効果もかなり大きかったようです。そして、アニメや漫画に出て来る日本の学校生活を楽しめるSLGとしても人気が出たといった所でしょうか。


グダグダと思いつくままに書いてみましたが、とりあえずこんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国の学校生活と恋愛と学園モノ

ちょっと前の中国の高校生の生活

中国オタク達の冬コミ参加

今日はちょっと冬コミの告知を。
私もたまに手伝ったりしている中国オタクの面々によるサークル
「次世代」
が、今年の冬コミにも参加するそうです。
場所は

31日(木)
西地区  り-37a
「次世代」

こちらがサークルのブログ(中国語)

彼等はここしばらく続けて夏コミに参加してはいましたが、冬コミに参加するのは初めてになりますね。
とは言え、冬コミ開催期間は中国の学期末に直撃するので大学生が中心となっている彼等が日本に来るのは難しいとのことで、今回は中国で本を作って日本へ送り、日本に滞在しているサークルOBや知り合いが冬コミに参加して頒布することになりそうだとのことです。

今回の新刊はテキスト(日本語)+4コマ漫画による中国オタクによる、中国オタク事情紹介本だそうです。
内容について、とりあえず予定しているのは

中国オタク的4コマ漫画
中国オタクの多様化
中国オタクの日常生活
中国の同人活動
中国でのコスプレ&コスプレイベント
オタクで変わっちゃった日本語を学ぶ動機
日本に来た中国オタクの行動

といった感じだそうです。
ちなみに、この本には私も当ブログの出張版という感じで「中国オタクに影響を与えた作品」についてちょっとばかり書かせてもらう予定です。
本がちゃんとできるのか現段階ではまだ不明ですが、
もしよければ冬コミのときにちょっとのぞいてみてあげてください。

とりあえず、こんな所で。

中国オタク達の冬コミ参加続報

劇場版涼宮ハルヒの消失への中国オタクの微妙に疲れた反応

涼宮ハルヒの憂鬱劇場版
「涼宮ハルヒの消失」(公式サイト)
についての反応はどうなのかという質問を以前から複数いただいておりまして、
遅くなりましたが今回はソレをネタにさせていただきます。
ありがたありがたや。

それで、現在の中国オタクのハルヒに対する反応ですが
この間のエンドレスエイトをリアルタイムで味わってしまったためなのか、テンションがイマイチ上がらないようですね。
しかし思いいれの有る作品でもあるので気にしないわけにもいかないというか。
では以下に、中国のソッチ系の掲示板をまわって見かけた反応を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

公式HPの告知も出て、やっと映画が動き出したみたいだね。

今年の夏に第二期が始まったころの情熱はもう無くなったが、捨て去ってしまうには惜しい……

とりあえず、日本で見た人の情報待ちかな。

ああ……何てこった!エンドレスエイトでハルヒを忘れることができたと思ったのに、長門と消失じゃあ期待しないわけにはいかない……!

現在第二期のDVDリップファイルをまったり待っているところだから、まだ先でいいよ。

2月6日に日本で公開ってことはDVDが出て、字幕ついて放流されるのは来年の下半期くらいか。まぁ気長に待つよ。

正直もうどうでもいい。小説の続きが出るならともかく、消失はストーリー知ってるしね。

エンドレスエイトで怒りを感じたけど、1ヶ月もしたら冷めちゃったね。

2月6日か……気になるし、冬休み中だから行けなくはないがわざわざ日本まで行くのもなぁ……うーん
(中国は旧正月にあわせて1月下旬〜2月上旬辺りが冬休み)

涼宮ハルヒを待っているうちに、俺の情熱も涼しくなっちゃったよ。

また情報をちょっとだけ出して騙すんだろ?京アニからは見る人間を馬鹿にしているような態度が感じられる。

京アニはオタクを騙して金儲けすることしか考えていないし、消失もどうせヒドイことになるよ。

劇場版とオタク騙して金儲けがどうこうとかは関係ないだろうに。とりあえず中国では見れないし、ゆっくりDVDの発売を待つことにするよ。

長門がメインだから見たいんだが……なんか不安だ。

作者は待っている人間の気持ちを考えたことは有るんだろうか?もうずっと仕事して無いんだろ?

消失で原作は有る程度まとまった内容になるし、劇場版で第一部が完成ってことでいいんじゃないか?

映画だし、高いレベルの作品になるとは思うんだけど、もう昔みたいに楽しみにできない自分がいる。
もうちょっと開き直ってバカになれれば作品を楽しめるのにorz

俺はもうバカと呼ばれても良い。劇場版に期待することにした!エンドレスエイトみたいなことにならなくて、一定のクオリティが有ればそれで良い!

何で劇場版なんだ……DVD出るまで数ヶ月かかるだろうし、もう何がなんだか分からなくなってきた。

でもまぁ、来年も涼宮ハルヒの新作が見れるってことだしな。原作派や騒ぎたい連中は大変だろうけど俺は嬉しいよ。

正直、エンドレスエイトでもうハルヒはどうでもよくなった。

エンドレスエイトで絶望した俺は、この新しい情報に対してどんな顔をすれば良いのか分からない……笑えばいいのかな?

盲目的な信仰の無意味さを教えてくれた作品だよな。
谷川流も京アニもすごい作品を作ってくれたけど、それはあくまで制作側のやりたいことであって必ずしもこっちが求めているものじゃないのを学べた。

エンドレスエイトで俺は失望するということを知ったが、何度見ても長門には萌えてしまう……今更見るのをやめられるか!


とまぁ、こんな感じで。
文句言ってる人間もなんだかんだで気にしてはいるようですし、不満は多々有るものの、今更作品から離れることもできないという感じでしょうか。
なんだかんだで涼宮ハルヒは今の中国オタクで元気の有る世代の人間にとってはリアルタイムで盛り上がりを感じられた作品ですし、なかなか無視することはできないんでしょうね。

それにしても、ハルヒの新刊はもう2年半出ていないことになりますかね。
ロードス島戦記の6巻と7巻の間が2年でしたから、それより長い時間出ていませんな。
個人的には涼宮ハルヒはもう「SF枠」の方に入れてしまっているので、5〜10年くらいまでなら大丈夫かなーとか考えております。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

「涼宮ハルヒの憂鬱」ずっと続くエンドレスエイトについての中国オタクの反応
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京の漫画喫茶B3

日本からだと存在そのものを疑われる事も有る北京の漫画喫茶B3のHPです。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ