「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

2010年03月

中国の海賊版の画集、中国オタク的にはどう思っている?

イロイロと頭の痛い話が多い海賊版問題ですが、中国では色んなものの海賊版が出回っており、オタク向け商品の海賊版というのも当然ながら存在します。
そんなオタク向け商品のなかで比較的手軽に手に入り、質もそこそこ良いとされているのが
「画集の海賊版」
です。

最近は印刷の質も向上しオタク系の画集の海賊版もかなり出回っているようです。
画集は海賊版でも40元〜80元程度(日本円にして約600〜1200円)と比較的高い価格で売ることが出来るので、作っている方も結構おいしいという話を聞いたこともあります。

中国のソッチ系の掲示板を巡回していた所そんな海賊版の画集についてのやり取りを見かけたので、今回はソレを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


実際の所、海賊版の画集とオリジナルの違いってどうなんだ?
俺からすればそんなに差が有るようには思えない。画質や紙なんかについてもそこそこであればいい。
オリジナル1冊の値段で海賊版3冊買えると思うと、やはり海賊版を買っちゃうね。

最近は印刷もかなり良くなってるからね。
最近買った「絵師100人」もかなり良かった。

海賊版とオリジナルの価格差がここまで大きいのは何故だ?
紙の問題とかそういうレベルじゃないし。

そりゃお前、画師の人に原稿料を払っているかどうかだろうが……
権利取得してないパクリ本ってのはそういうことだ。

まぁ、版権とかそういうの除けばそこそこ安くなるんだろうけどね。

俺はウチの国で出す海賊版に賛成だ。原画集とか高すぎる。何であんなに金を巻き上げられなきゃいけないんだ。

実際、海賊版とオリジナルの差ってあんまり無いからな。海賊版の方が価格が安ければそれを買うよ。

海賊版の画集って印刷のインクが悪いから、今は良くても劣化する。
俺が前に買ったやつは色が抜けてもう見れたもんじゃない……

海賊版の画集って、ものによっては修正入っているぞ。
露出度の高い画師の画集は危ない。

そういや、俺が前に買ったTonyの画集は修正入っていたな。
海賊版のクセに空気読んで修正してんじゃねえよ!!

Tonyの画集はオリジナルを買うしかないな。
一般向けの画像で満足できるお子ちゃまはウチの国の海賊版で満足してろ。

まぁ、最近の海賊版画集はクオリティが上がっているのは確かだね。
ただ俺の本当に欲しい数量限定のものとかは無い。オリジナルの価格が高くて泣きたくなる。

俺はオリジナルも海賊版も何冊か買っているんだが、比べてみると差が有るよ。
日本の品質はやはり高い。紙もそうだが、印刷も違う。海賊版は色が抜ける……
オリジナルはコレクションとして所有しておいて更に価値が上がるなんてこともあるが、海賊版はゴミになる。

オリジナルを買うってのはプライドを買うってことでしかない。何の役にもたたん。
俺は海賊版を買う。

海賊版の画集買うくらいならネットで落とした高解像度スキャン画像の方がまだいいぞ。作品のためにはオリジナルを買った方がいい、原作を応援する為に。

海賊版画集買うくらいならスキャン画像の方がいいってのには俺も同意。
海賊版画集のモトネタがそれだろうしな。

オリジナル本は日本の定価に更に郵送費がかかって実質1.5倍くらいになるし、店によっては更にふっかけてくる
海賊版なら40元(約600円)のものが、オリジナルは300元(4500円)とかさすがにやってられん。
俺みたいな貧乏人にはさすがに厳しい。

俺も金ないから海賊版の方しか買えない。
ロクなものではないのは分かるんだがな。俺のKeyの画集は乱丁しまくっているなどかなりヒドイことになってるわ……

オリジナルの方が良いし作品への愛が有るならオリジナルを買うべきだと言うのは分かるが、俺の周囲にはそもそも売っていない。
ネット通販でも必ずオリジナルが手に入るわけじゃないし、海賊版をつかまされることもある。
結局は手にとってみて内容と値段に満足できるなら買うという感じかなぁ。

衝動買いしちゃうのは分かるけど、海賊版画集って結局良いところ無いんだよ。
オリジナルのを買う場合は作者への応援にもなるし、コレクションとして価値が有る。
海賊版買っちゃったら海賊版業者に金を落とすだけで、コレクションの価値も無い。
そもそも画像を見たいだけならネットで探せば良いし。



とまぁ、こんな感じで。
身も蓋もない話ですが、ぱっと見で分かるほどの差があるわけでもなく、値段にも数倍の差があるとなれば海賊版の方を買っちゃうんでしょうね。

また当然ながら中国では一般ルートで日本の画集などが入ることは無く、比較の対象となる本物が少ない状態です。
そういったことから実際に比べてみないと分からない印刷や紙質についての差は大して意識されることはなく、数字に表れて分かり易い「価格の差」だけが意識されるようになっているのかもしれません。

あと、個人的にちょっと笑ってしまったのが海賊版の
「空気を読んだ修正」
ですね。
中国国内に流通している海賊版マンガなどではエッチ……というほどでなくても、露出度の高いシーンなんかは修正されているようですが、その流れで画集にも修正が入っているのかもしれませんね。
中国では「ポルノ」と判断された場合、海賊版関連とは違う方向からの取り締まりが入ります。海賊版ならお目こぼししてもらえるがポルノだとそうはいかない、といった所でしょうか?
そういったことから、エロ関連についての修正だけは海賊版業者もきっちり対応しているのかもしれません。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

マンガ大賞2010「テルマエ・ロマエ」の内容に戸惑う中国オタク

各書店の漫画担当者など有志で構成されるマンガ大賞実行委員会によって主催される漫画賞である
マンガ大賞(公式ページ)
2010年の大賞はローマの建築技師が風呂場限定で現代日本にタイムスリップする
「テルマエ・ロマエ」
が受賞しました。

こんなアイデアの組み合わせが有ったのかと誰もが唸ったであろうこの作品ですが、中国オタクの中には日本のオタク関連の賞をきっちりチェックしているディープなのもいるようで、
今回の受賞で「テルマエ・ロマエ」は中国オタクの面々にも少々知られるようになったようです。

しかし、中国オタクのディープな層もさすがに「テルマエ・ロマエ」は守備範囲外だったようで、今回の受賞で初めてその存在を知り、どういった内容なのかと頭を悩ませているようです。
中国のソッチ系の掲示板を巡回していたら
「テルマエ・ロマエ」とはなんぞや?
といったやり取りを見かけたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


テルマエ・ロマエという作品が大賞!?
意味はローマの浴場?聞いたこと無いぞ!?

今回のエントリー作品で私が知っているのはアオイホノオとバクマンだけかな。
でもこのテルマエ・ロマエってバクマンに勝てるマンガなのか?

どんな作品なんだ?
ローマで浴場……想像できない……

歴史的に考えて、ローマの浴場は風紀が乱れたところもあるからそこを二次元で……って作品じゃあないよなぁ。

アニメ化とかする大作ってわけでもないようだけど、こんなテーマの作品が出現するとは思わなかった。

こういった特殊な内容の作品が賞をとって有名になれるのか。日本はやはり良いね。

うーん、読んでみたい。
どんな内容なのか分からない。

なんか説明を見た感じではパロディ作品のような印象を受けるんだが。

画風は少女漫画系の人のような印象も受けるし、ローマは少年愛も有ったからBL要素が有ったりするんだろうか。

浴場でタイムスリップだと?
作者の頭の構造はどうなっているんだ!?

浴場限定で時をかけるという設定がすごいよね。
あとはストーリーがどうなっているかだ。

ジャンル的にはギャグでいいのか?それともSF?歴史ってことはないよな?

あらすじのインパクトが凄まじい、これは確かに唯一無二の作品かもしれないな……

バクマンに勝つくらいだから、いったいどんなのかと思ったが予想だにしない内容の作品っぽいな。

紹介画像を見て驚いた。
表紙がスゴイ、美術の本みたいだ。

全裸で二次元だけど、芸術作品だからOKなのか。



とまぁ、こんな感じで。
やはり
「ローマ」+「タイムスリップ」+「風呂」
という組み合わせの内容が想像できずかなり戸惑っているようですね。

中国オタクの守備範囲はどんどん広がっており、日々流れてくる二本のアニメやマンガ関連のニュースにもそれほど驚かなくなってきているように感じられますが、
「テルマエ・ロマエ」は久々に彼等の「想像を超える」作品となったようですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

初音ミクカラー新型新幹線、中国オタク的にも「はつね」になったらいいなーと思われている模様

なにやら東京国際アニメフェアへの出展とまでなった
中国のオタクサークル
「中国次世代文化と娯楽協会」
のお手伝いに私も国際展示場まで行っております。
彼等も私も不慣れなものでかなり混乱してしまったりと、色々至らないところが有るかと思いますが、よろしくお願いいたします。

さて、今日のネタの方を。
シャープなロングノーズのフォルムに緑とピンクの色がカッチョイイ今年末にデビュー予定の新幹線E5系電車ですが、現在愛称を募集しているそうです。
新しい新幹線の姿は↓のページをご覧下さい
新しい東北新幹線の列車愛称募集(JR東日本)

それでこの新型、カラー的に初音ミクっぽいということで日本のネットで愛称を「はつね」にしようという動きが出ているようです。
そのことについて詳しくはすごもりさんの記事
初音ミクカラーのE5系新幹線を「はつね」に!
や痛いニュースさんの記事
初音ミクカラーの新幹線を「はつね」に!…ネットで投票呼びかける活動始まる
などをご参照下さい。

中国オタクの間では初音ミクはかなり有名で、「イヴァン・ポルッカ」と共にネギを振るというイメージもかなり知られています。
また新幹線はトウ小平の訪日の際の話にも出てくるなど、中国では日本の発展の象徴のような存在として伝わっているのでかなり有名です。
そんな訳で「新幹線+初音ミク」な今回のネタについては結構な数の反応が有りましたので、今回はそれについてを。

それでは以下、中国のソッチ系の掲示板で見かけたやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


はつね……漢字で書くと初音。
いいじゃないか!

初音ってのは音速の新幹線に相応しい名前にも思える。

ホントに初音ミクカラーなんだね。
日本には猫耳列車とか有ったと思うけど、夢の有る列車が多いな。

初音……良い響きだ。
カラーにもマッチしてスバラシイ。

「初音」にすればオタクの乗客も増えるだろうな。

日本のオタクの勢いはどこまで行くのだろうか……
でも、鉄道オタクは初音ミクに対して良い感情を持たないんじゃないか?

いやいやいや、さすがにこのフォルムで初音ミクはないだろう。
もうちょっと丸いカワイイフォルムじゃないと。

俺は一目見ただけで、この新しい新幹線が「初音」という名前になるのは必然だと思えたんだが。

新幹線までオタク化するのか。
そういうことで騒げる日本は良いところだね。

この形はあんまり好みじゃないな。
まぁ色は初音ミクっぽいから「はつね」という名前に異論は無いが。

ううむ、もし「初音」になったらぜひ乗ってみたいが恐らく俺が乗る機会は来ないんだろうな……

電光超特急ヒカリアンを思い出した。
もし「はつね」という名前でロボになるなら、女性タイプになるのか?

まだ投票中みたいだけど「はつね」は良い名前だと思う。
ニコニコ動画の応援もナイスだ。

うまいこと考えるなぁ。
ピッタリじゃないか。いっそ痛列車にしちゃえよ。

最初に写真を見た時は何も感じなかったけど、「初音」という名前候補を知ったらもうそれしかないように思うようになった。

一般乗客の反応が心配になるけど、はつねという名前でこの色と形状なら乗ってみたい。

そもそもこのカラーを決めたのはどこの組織なんだ?
陰謀を感じるぞ。

「はつね」と命名して、車内音声や案内を全て初音ミクにするのがいいと思うんだがどうだろう。

どんなところにも日本のオタクはいるのか……ちょっと恐ろしいぜ。

日本のオタクが勝利することを祈っております。


とまぁ、こんな感じで。
全般的に見て「はつね」と言う名前はナイスだという反応が多かったですね。
ちなみに、中国では新幹線の名前を漢字で表すので、
光号(ひかり)
回声号(こだま)
希望号(のぞみ)
鉄道之星(ひかりレールスター)
疾風号(はやて)

といった名前になるそうです。
これらと並べた場合「初音」はあまり違和感が無いのかもしれません。

今回の愛称募集はネットの投票数が多ければ即決定というわけではないでしょうし、新幹線E5系電車の名前が本当に「はつね」になるかは分かりませんが、新型の新幹線の名前については私もちょっと気になりますね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

日中合作アニメ「三国演義」今度こそ放映開始……信じて良いんですよね?

このブログでも何度か書いた、日中合作アニメ「三国志演義」についての情報を教えていただきました。
ありがたやありがたや。いやもう、本当にありがたいです。
というわけで、今回はそのネタで。

それで三国志演義ですが、4月4日(日曜9:30)から
「最強武将伝・三国演義」
としてテレビ東京系列で放映となるそうです。
日本の記事はサンスポのものがありますのでご参照を。

船越ら豪華ホリプロ声優陣で三国志アニメ(SANSPO.COM)

日本語版の声優は劉備役に船越英一郎さん、
曹操役が鶴見辰吾さん、
諸葛亮役が石井正則さん、
小喬役が戸田菜穂さんと、
ホリプロ関連のキャストとなるそうです。

それと、この情報を教えてくださった方は中国オタクの反応も知りたいとのことでしたので、
以下に中国のソッチ系の掲示板で見かけた反応を、例によってワタシのイイカゲンな役で紹介させていただきます。


また三国志のアニメやるの?
日本人はホント三国志好きだね。

このキャラはウチの国の三国演義っぽいキャラデザだね。

中日合作という宣伝に不安を感じます。

へぇ、正統派か。まぁいいんじゃない。

キャストの名前は見たこと無いのばかりだ。
とりあえずパスかなぁ。

キャストの役者は日本のホリプロだね。専業声優じゃなくて俳優らしい。
それにしても本当に正統派なのか?
宣伝のキャストで小喬なんかのキャストを宣伝しているし、小喬メインでなんかストーリー作っちゃってるんじゃないの?

中日合作だから、小喬関連でなんかやってそうだよな。
あまり原作ストーリーから離れないで欲しいが。

また三国志かよ……
キャラデザは中国っぽいところが入っているのが珍しいけど、日本は三国志の作品多すぎ。
あいつらには戦国時代が有るだろうに。

ああ、これはあれだ。
前に放映していた子供向け三国演義だ。日本に輸出したのか。
それにしてもキャストが知らない名前ばかりだな……

「最強武将」なんてついてるからまた日本がやらかしたと思った。
それにしてもなんでそんなタイトルになったんだ?

もう三国志ネタはいいよ……食傷気味だ。
4月の新作も三国志関連の作品多すぎ。

俺はSDガンダム三国伝には期待している。
プラモも買ってるしね。

まぁ、今回はそんなに原作から外れないことを祈るよ。

中日合作で三国演義なんかやったら問題出るんじゃないの?
中国側は古典の改変を認めないぞ。

ウチの国でこの間放映されたやつだね。
一応EDは結構良かったよ。



とまぁ、こんな感じで。
も、もうちょっと評価してあげてもいいんじゃないかなーと……

えーと、その、いろいろと有るとは思いますが、何はともあれ日本で放映されるようになって何よりです。
私は正直もうダメだと思っていました。

最近中国では「品三国」(三国志品評)のようなコンテンツも出始めていますが、日本の吉川英治三国志や横山光輝三国志のように気軽に触れることが出来て分かり易い三国志のコンテンツが不足どころじゃない状態は続いています。
そんな訳でアニメの出来がどうこう以前に、
「中国で三国志のちゃんとしたアニメが作られる」
ということだけで私はもうテンションが上がってしまうのですよ。


それにしても、4月スタートの新番組で三国志ネタ関連の作品は
一騎当千 XTREME XECUTOR(公式サイト)

真・恋姫?無双(公式サイト)

SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors(公式サイト)

最強武将伝・三国演義(まだ工事中?というか公式ココでいいんでしょうか?)

の4作とかなり多いですな。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


日中合作アニメ「三国演義」が中国で放映開始(2008年にパイロット版が放映された時の記事です)

日中合作アニメ三国演義がようやく放映決定(2009年7月の記事)

アニメを見ていればオタクなのか?中国における「オタク」のイメージ

「中国におけるオタクとはどういった存在なのか?」
という質問をいただいております。ありがたやありがたや。

しかし「オタク」といっても非常に範囲の広いものですし一概に話すのは難しいのでどうお答えしようかと悩んでいたのですが、先日中国のソッチ系の掲示板で
「アニメを見ればオタクになれるのか?」
といったやりとりを見かけましたので、今回はそれで一つ。

それでは以下、そのやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近はオタクという表現が珍しくなくなってきたけど、どのくらいのレベルになれば「御宅」(オタク)と名乗って良いんだろう?
アニメだけを見て、マンガを読まず、ゲームもやらず、フィギュアも買わなければ抱き枕も買わず、イベントに参加しないような人間はオタクとして見ても良いのだろうか?


アニメを見ているだけじゃオタクとは言えんな。

イイカゲンに見ているだけなら違うと思うが、アニメだけしか見ていなくても、その作品に対して深い愛情を持っていればオタクとみていいんじゃないか?

アニメやマンガに対して愛が有ると同時に狂ってしまうのがオタクさ。

ただ、深みにはまりだすとアニメだけじゃ収まらないからね。
客観的に見て、アニメ見るだけで満足できるならまだオタクじゃないんじゃないか?
イベントに参加しないまでも、ネットの交流くらいはするだろう。

オタクってのは二次元への愛の深さってことで良いんじゃないかい?

俺もいまだに「オタク」というのがどういうものかよく分からないなぁ。

自分が趣味を楽しむことと、オタクかどうかということは関係ないし、そこまで気にしないでも良いと思うんだが。

オタクっていうのは資料データの処理と理解、映像制作者の意図を読み取る能力を持ち、作品内に留まらない研究ができ、満たされることの無い向上心と表現力を持った存在だ。
アニメを見るだけではオタクではない。

オタクの定義はアニメやマンガに対して熱狂的なものを持ち作品を深く考察していること、それから営利活動の伴うプロではなく自身の趣味としてアニメやマンガに接しているということじゃないかな。

結局は他人からどう観測されるかなんじゃないのか?
自分がオタクかどうかを気にしてもしょうがないよ。

「御宅」「宅」における、引きこもりとOTAKUの区別は分かるんだが、OTAKUがどこまでのレベルかというと説明し難いな。
アニメ見ればそれでオタクというわけじゃないのは理解しているが。

(訳注:中国では最近オタクと言う意味の「御宅」、「宅」にインドア趣味に没頭、引きこもり、といった意味も出てきています)

引きこもりの方の「御宅」なら、PCの前でずっとアニメ見てれば簡単に成れるぜ!

最近は「御宅」「宅」に引きこもりの意味が入ってきて混乱して、本来の意味からずれてきているよね。
そっちだと、休みの日に外に出ないでPCの前にいるだけで簡単に「宅」になれる。
ただアニメやマンガの知識を持ったOTAKUとなると難しいな。

問題はオタク趣味をやっている場合、PCの前に座る時間が増えて自動的に外に出なくなる方の「宅」になっていくことだよね。
有る意味OTAKUは「宅」のなかで神にクラスチェンジした存在と言ってもいいのかもしれん。

単独の作品だけじゃなく、過去作品も含めた知識がないとオタクではないだろう。
増え続ける膨大な知識と共に作品に接するのがオタクだ。

アニメやマンガが大事な趣味になって、生活の一部になったりして、何時の間にかオタクになるんだよ。
アニメだけしか見ていなくても、それが大事だと思えるならもうオタクだ。

本当のオタクはやはり作品に接するだけでなく、交流をしたり意見を発表するものだから、アニメを見ているだけではオタクじゃないよ。
サークルか同人活動などのルートを通じて自己表現を行うといった向上心が必要だね。

OTAKUに自己表現は必須ではないんじゃないか?
交流の中で自己表現をすることはあるかもしれないが、それが資格の条件というわけじゃないだろう。
日本で最も伝統が有るという鉄道オタクはほとんどが単独活動らしいぞ。

みんなオタクというものに対して「神」のように考えていないか?
俺にとってはオタクなんて引きこもりの一種だ。

オタクの定義は俺もよく分からん。
なんかウチの国の感覚と、日本の感覚が違うように思う。
日本では自分がオタクだと宣言したいとは思われていないんだろ?

アニメを見ているだけでオタクっていうのは違うと思う。
ただ俺自身がオタクかと言われるとそれもまた分からんな。
何時も思うのは自分がオタクとしてまだまだだってことだ。

まぁ、アニメを見ているだけということなら「アニメ愛好者」ってところだね。
そもそも、ウチの国に本当のオタクがどれだけいるのか……

「オタクになる」ことを目標とした時点でもうオタクじゃなくなるんだよ。



とまぁ、こんな感じで。

中国ではオタク文化が現在の若者世代共通の「カルチャー」としてわりと重要なものにもなっています。
そんな背景も影響してか、オタク文化に慣れ親しんでいる若者の間では「オタク」というのはその文化に精通した存在ということで一種のステータスのような感じにも思われているところがあるようですね。

それから、中国語で「オタク」という言葉は日本から輸入されたらしい
「御宅」
という言葉が使われているのですが、最近ではそれの「宅」という漢字から意味が転化して引きこもりや、そこまで行かなくてもインドア趣味に没頭する、休みの日に外出しないといった若者を指すようにもなっています。
今回見かけたやり取りではオタクのレベルについてのものと一緒に、オタク=引きこもりといった認識についてのものも見受けられるようになっていました。

こういった所から来る「オタク」というものに対する認識の変化は
「御宅」という漢字で表現されていることと、
オタク趣味=PCを介してのものが極めて多い、
といった中国独自の背景から来るものでしょうかね。

中国オタク達の考える
「理想のオタク像」
については、今後も日本とはまた違った感じで変化していきそうな気配がします。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


男の中国オタクと女の中国オタクのちょっとした違いというか傾向について

社会に出た中国オタク、オタク趣味はどうする?

中国オタクの多くは学生なのですが、ぼちぼち学校を卒業して社会に出る人間も多くなってきています。
やはり学校の外に出たら学生のときと同じように過ごすわけにはいきませんし、社会に出るようになるとオタク趣味やそれに伴う行動についても変わるようです。
そんな訳で、今回は中国のソッチ系の掲示板を巡回していて見かけた
「仕事を始めてからオタ趣味はどうなったか」
について語っているやりとりを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


大学内や仲間内でのオタク関係の行動はそんなに問題なかったと思うが、仕事を始めて周りが一般人の状況になったらみんなどうしてるんだ?
俺はオタ趣味の分かるのが周囲にいないから、オタク趣味を出せずに苦労している。

大学内では良かったんだが、外に出るとオタ関係についてはちょっと気にするようになるね。
まぁ自分の好きなアニメについて語るとかはどこでもできるし、PSPで遊ぶとか今でも普通にやっているんだが。

周りがオタク趣味なんて出せる空気じゃないし、自分の趣味については絶対に話せない。
大学時代が懐かしいよ……

趣味を隠しているわけじゃないけど、外では特に見せないかな。
声高に萌えトークをやるとかは無い……と言いたいが、分かる仲間といる場合はよくやってしまう。

出勤途中で同僚に見られると恥ずかしいから地下鉄でニンテンドーDSを遊ぶのはやめた。

さすがに外でニンテンドーDSで遊ぶことはできなくなったね。
PSPでテキストを読んだりアニメを見たりするのはまだやってるけど。

オタ趣味については特に隠したりも見せびらかしたりもしてない。
アニメなんかは普通に見てるけど、仕事の同僚とかとは特にオタ趣味の話題で話すとかは無いなぁ。

私は携帯の着メロを初音ミクがネギ振ってるアレにしている。

着メロをアニソンにしてるのは俺もやってるわ。
周りは年上ばかりだし、特に何もいわれないから大丈夫。

俺は仕事始めたらオタ趣味を外に出さなくなったな。
それ以前は携帯もPCも身の回りのもの全部二次元の系統で染まっていた。
オタク趣味への熱意を今後も維持できるかは分からん。

私は仕事始めたら周りの目を気にしてオタ関係の行動は減るかと思っていたが、職場には私より更に上のレベルのオタクがいたので一向に減りません。
アニメとかは全く気にしないで見ています。

周囲にオタ趣味がOKの人がいるのはうらやましいな。
ウチの職場はそういうのが無いから私も出せない。ただ、この間上司のPC画面が目に入ったとき東方の壁紙だったから実は隠れオタなんじゃないかと疑っている。

職場にネトゲのWorld of Warcraftにどっぷりハマっているのがいるから、俺のオタ趣味なんか軽いものという感じになっている。

外から見えないところでは結構いろいろやってしまう。
ただ、私は以前は移動中にBLドラマCDを聴いていたりしたんだが、一度イヤホンのジャックが抜けて周囲にエロボイスが響き渡ってからはさすがに自重している。

仕事始めてから逆にオタ趣味はオープンになっている。
仮面ライダーグッズをガンガン買って、飾ってる。自分で稼いだ金で買ってるし、仕事をする原動力だから親や周りの声なんか気にならなくなった。

もうすぐ30になる身としては外でニンテンドーDSで時間を潰すとかは恥ずかしくてできない。

PSPで小説を読むとかはいいが、ニンテンドーDSはきついなぁ。
仕事始めると時間無いし仲間もいないしでオタ関連の行動は減ったよ。

俺は仕事始めてからは周囲にオタ趣味を隠すようになったから、移動中にPSPを持ち出さなくなったね。

うーん、今の俺が外で見れるアニメはポケモンとかONE PIECEが限界かな。
それ以上だとさすがに恥ずかしい。

やはり周りにオタク趣味を持つ人がいるかが問題だね。
私は職場でもガンオタやアニオタがいるか、休み時間なんかはアニメ見ているし、夏場はアニメのTシャツで出社とかしてる。

俺の場合仕事場のPCの壁紙が初音ミクになっているのが最大の行動かな

俺は初音ミクはちょっと無理だ。窓辺ななみの壁紙を使って「日本のオフィシャルだ」とごまかしている。

窓辺ななみの方が明らかに難度高いように思うぞ。
とりあえず、公共の場でエロの入った動画を見たりしなければ大丈夫なんじゃないか?
抱き枕を持って歩くとかはさすがに無いと思うが。

デスクトップ画像を萌え系に変えるのはできない。プレゼンするときにうっかりその画像が出てしまう危険性を考えると怖い。
ただその他の趣味はもう戻らない。昔は外でアニメ雑誌を見るのも恥ずかしかったけど、今では外で普通にラノベを読んだり萌えトークをするようになってしまった……



とまぁ、こんな感じで。

やはり学生のときに比べて趣味に割ける時間は減りますし、周囲の目も厳しくなるので縮小傾向になるようです。
また、社会に出た中国オタクがオタ趣味を隠すかオープンにするかは環境次第のようですが、学生のときに比べて周りに「分かる人」が減りますし、周囲にオタ趣味を共有出来るのがいないということで苦労するのでしょう。
この辺はどこの国も一緒ですかね。

それから
「ニンテンドーDSを遊ぶのは恥ずかしいが、PSPはOK」
といった感覚は日本と違いますね。

これは中国の若者間では、
ニンテンドーDS=ゲーム機、玩具
PSP=ゲームも遊べて動画、音楽も再生できる端末
といった認識があることが影響しているのかと思われます。

そういえば、私の中国の知り合いにも日本では老若男女がDSで遊んでいるのに驚いている方がいましたが、その辺りのことについてはDSと学習ソフトが普及している日本ならではなのかもしれませんね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国でPSPがニンテンドーDSに勝った理由

VIPが作ったけいおん!の新キャラに釣られる中国オタク

ちょっと前に2ちゃんねるのニュース速報(VIP)板で「けいおん!」の新キャラを捏造しようというスレがあったそうです。
その活動(?)について、詳しくは今日もやられやくさんがご紹介されているのでご参照ください。

VIPの皆様が『けいおん!』 三浦茜ちゃん制作に本気になってるようです

架空のけいおん新キャラ作ってけいおん厨釣ろうぜww

かなりレベルの高いキャラが作られましたが、残念ながら「けいおん厨を釣る」という当初の目的はあまりうまくいかなかった模様です。
しかし、その画像が回りまわって中国のソッチ系の掲示板にまで転載されたようで、それに釣られた中国オタクも結構出てしまったようです。

それでは以下に、中国のソッチ系の掲示板で見かけたやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

第2期はけいおん!のメンバー増えるらしいね。原作の新キャラで、オフィシャルの絵も出てるぞ。

唯の妹にちょっと似てるな。

これ、ホントにオフィシャル?
なんか楽器がちょっと違うような気がするんだが……

ピンク色の髪はダメだ……あまり良いイメージがない。
紬の髪の色も現実的じゃないけど、さすがにピンクはなぁ。

バンドなのに6人もメンバー出して大丈夫なのか?
また京アニが金を騙し取ろうとしてやがる。

どんなタイプのキャラだ?
原作版の感じだとツンデレというか、女王様と言うかそんな感じの印象だが。

パッと見ではキョン子かと思った。
ポニーテールの髪型のせいかな?

らき☆すたもキャラが増えていったし、けいおん!も同じような流れになるのかなぁ。

新キャラの声の矢口真里って誰だ?新人?

日本語を読めるやつは分かると思うが、明らかに設定がおかしいぞ。
父親が傭兵とかヘンな所ばかりだ。ネタじゃないのか?

やはり新キャラ入るのか。
今のキャラも卒業しちゃうだろうししょうがないのかな。
大学編とかやってくれると嬉しいんだけど。

新キャラ加入は良いね。うまくいけば第三期まで作れそうだ。
キャラの数が多くなったら新キャラは梓と新しいバンドを組むのかな?

新キャラの楽器は管楽器?弦楽器じゃなくて良いのか?
歌えないじゃないか。

これは4月がいよいよ待ち遠しくなってくる。

待て!これはニセモノだ!
2ちゃんねるの連中が作ったネタキャラだ!!

これオフィシャルじゃなくてファンの妄想なのか!?
すげぇ……愛を感じる。

いても違和感があまり無いのが怖い。

俺は怪しいと感じていた。
良くみれば憂の色変えコピーだし、そんなレベル高いもんじゃないよ。
でかい管楽器を持って軽音楽なんてのは無いんだしさ。

すごいレベルの高いネタ画像だよね。
弱点は楽器と髪の色くらいだが、そこはわざとやってるのかな?

俺も最初は本当の情報だと思ってしまったが誕生日を見て疑った。
ただ、苦手な科目が音楽ってのは面白くて良いと思う。
学校の勉強での音楽が嫌いなツンデレキャラとかだったら萌える。

ラッパ系の楽器が好きな私としては、ネタだと知ってガッカリしました……

やはりイレブンどもの力は恐ろしい。
あいつらはいったいどこまでできるんだろう……

オフィシャル画像の捏造はともかく、マンガのほうはどうなってんの?
あれもネタ?

マンガも捏造だね。似たようなカットが原作にあったと思う。
最近のネタ画像はレベルが高くて困るわ。

けいおん!はネタ画像が多すぎる。
作者の画像も全部ネタ画像らしいし、何を信じればいいんだ!?



とまぁ、こんな感じで。
疑っているのもいれば、見事に釣られたのもいますし、日本のサイトを巡回していて既にネタだと知っているのもいるようでした。
ただ、アンカーでレスの番号を指定してスレの流れと勢いでネタを構築してしまうというやり方についてはさすがに把握していないっぽいですな。

それにしても、最近のネタ画像は恐ろしいレベルになっていますね。
私も以前見かけた某第二次スパ□ボZのネタ画像には危うく引っかかる所でした。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク、東京国際アニメフェアへ出展

当ブログでもネタモトとなり、ここ数年コミケのために来日を続けている中国のオタクサークル「次世代」こと
「次世代文化と娯楽協会」
が、今月末(3/25〜3/28)に行われる
東京国際アニメフェア2010(公式サイト)
へ出展することとなりました。

ブース番号:D-25
中国次世代文化と娯楽協会


今回の出展は、昨年北京で次世代が主催した声優イベントの際にもイベントプロデュースなど多方面でお世話になった
ウォーターオリオン様(公式ページ)
のご好意でお話をいただき出展させていただいているそうです。

今回の出展ではサークルの活動の宣伝や、中国におけるアニメやマンガの事情の説明といったことを予定しているそうです。
また彼等の活動に関するチラシの配布、それから今までの活動で作成した同人誌の販売も行うそうです。

場所も国際展示場ですし、やることもコミケの時とあんまり変わらないような気もしますが、コミケとはまた違ったお客様にお会いできることや、異なる空気でのイベントとのことでかなり気合を入れている模様で
「中国におけるアニメやマンガの広がりやそのファン、オタク文化などにご興味などございましたら是非いらっしゃってください。お待ちしております!」
とのことです。

ちなみに、今回次世代からは中国から一人来日するのに加え、このブログでも何度か紹介させていただいている中国から来て声優修行中のkkryuさんことパンダ氏が参加する予定です。それから私もうまいこと調整ができたので、お手伝いにいく予定です。

しかしまぁ、春節(旧正月、実質的に中国の正月です)も終わって中国が忙しくなるこの時期によく日本まで……と、トンデモナイパワーを感じますね。

それから、出展企業一覧で中国の政府機関である「中華人民共和国文化部」の次に並んでるんですがこれはちょっと位置的にイロイロとびびるという話も……
アイウエオ順なのでこうなったのは分かるんですが、中国の政府機関の「部」は日本で言えば「省」クラスに相当するので次世代の面々が慌てるのもしょうがないですね。うーむ。

とりあえず、こんな所で。


北京で開催の成田剣さん&山口勝平さんのイベントは大盛況でした

中国の若者がハマっているオタ趣味を親は知っているのか?どう思っているのか?

以前の記事、
中国の親とアニメや漫画を見る学生
で、中国の親がアニメやマンガについてどんな態度を取っているかについてちょっとばかり紹介させていただきましたが、その後
「中国の親は子供がオタク趣味にハマっていることを知っているのか?」
「子供は親にオタク趣味を隠しているのか?」

といった質問をいただきましたので、今回はそれをネタにさせていただきます。
ありがたやありがたや。

中国の若い世代にとって日本のオタク文化やコンテンツは
「自分達の共通のカルチャー」
といった捉え方をされている所があり、日本に比べると趣味として普通で、オープンな趣味になっていたりします。
別の言い方をすれば、日本よりもネガティブなイメージが薄いとでも言いましょうか。

しかし親御さん達からしてみればそうはいかないようで……
うまい具合に、中国のソッチ系の掲示板で自分達のオタ趣味と実家や親との関係の悩みについてのやり取りを見かけたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。

オタク趣味についてはイロイロあるけど、家族への対応とかみんなはどうやってる?
俺は家の人間には知らせられないまま今に至っている。

俺も親には知らせていない。
買ったグッズを保管する場所とかは限界だし、手に入れたポスターも実家の部屋には貼れないから悲しいものがある。

私はポスターとか普通に貼っちゃってるね。
一枚はBLものなんだけど過激なヤツじゃないし親は特に何も言ってこない。

部屋をポスターやオタクグッズで飾り立てるというのは結構憧れる。
俺の現在の環境では無理だから、抱き枕なんかはこっそり抱きしめてるぜ……

たぶん、親は私の趣味について知らない。
段々とグッズやポスターが増えているし、もしかしたら気付いているのかもしれないが何も言わないしなぁ。

ウチの親は私がアニメ好きだと知って、大学のアニメ学科への進学を薦めてきます。

大陸はまだいいんじゃないか?香港はオタクに対する視線がかなり厳しいから家の人間に対してはちょっと言い出せない。
秋葉原の通り魔事件の報道なんかはヒドイ調子だったよ……

特に気にしたことは無いな。
まぁ、俺は本当にオタクといえるようなレベルじゃないし、部屋を飾り立てるほどのグッズも持っていないからかもしれないが。

周囲の環境にもよるかな?
私は親戚のお姉さんの影響でオタク趣味にハマったから、そのまま特に問題なく来ている。

俺も小さい頃からアニメやマンガに染まっていたけど、親は特に心配してないよ。
オタクな人間やオタクでない人間関係無く普通に付き合ってるし、外にでも出ているし、引きこもったりせずにちゃんと人間関係を作って交流するのを見せておけば問題ないと思う。

引きこもりとオタクを混同している親もいるからな。
ちゃんと社交的にやって誤解されないようにしていれば大丈夫だろ。

(訳注:最近中国ではオタクを意味する「御宅」、「宅」に、外出しないで家にいる、家に引きこもるといった意味も出ています)

アニメやマンガが好きというのは親に知られているし、大学入ってからは特に言われ無い。
ただ萌え系の中にはちょっと見せ難いのも有るし、そういうのはさすがに隠してる。

親に対して、自分がオタクだと改めて言った事はないな。
実家にはオタ系アイテムも置いて無いし、たぶん知らないんじゃないかな?

ウチの親はオタクがどうこうという意味で口は出してこない。
ただ「無駄使いするな」とはよく言われます……

親は私のオタ趣味を知っているけど、ウチは勉強に影響しなければ基本的にOK。

まぁ、アニメやマンガを子供のものとしか考えてないからな。
家の人間に理解してもらうのは難しいし、問題が起きないようにやっていくしかないかな。

理解してもらえないから、何も言う気は無い。
自分は親に心配させない程度のことはちゃんとやっているから、あとは衝突しないようにうまくやるよ。

ああ……自分の部屋を好きなポスターで埋め尽くしてみたい!

ウチは本業に影響しなければ問題ないという感じなんだけど、私が勢いで買っちゃったグッズや雑誌の中には部屋に飾って親や友達に見られると困るようなのも有るんで、ヤバそうなのは厳重に隠しています。

「アニメやマンガが好き」くらいに思っておいてもらえると楽だよ。
私はかなり深いところまで行っちゃったけど、親の理解は昔のままだ。

ウチの親は私がアニメやマンガにハマっていることも知ってるし、私のオタク趣味を特に問題に思っていない。
ただ、私がフィギュアに突っ込んだ金額を知られるのはさすがに怖いなぁ。


とまぁ、こんな感じで。
やはり親に対してとなると、ちょっと引いてしまうことも多いみたいですね。

中国の若者は自分達が見ているアニメや漫画が「子供向けのもの」とひと括りにされることにかなりの反発を感じるそうですが、それと同時にアニメやマンガが大人や親からは子供向けのものとしか理解してもらえないという諦めを感じているといった面も見受けられます。
この辺の感覚については、なかなかに複雑なものがあるようですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国の親とアニメや漫画を見る学生

角川が中国広州に合弁会社設立の動き、中国オタクの反応は

角川グループが広州で合弁会社を設立するそうです。
提携ではなく、直接の出資による新会社設立ということは本腰を入れているみたいですね。

こんなダメブログをやっている私としては、このニュースはかなりテンションが上がるものなので、今回はコレに関してちょっとばかり書かせていただきます。

この件について、日本語の記事は
《日系進出》中国でコミック制作、角川が広州で合弁[媒体](NNA.ASIA)
角川、台湾・香港に続いて、中国広東省に新会社設立(Yahoo!ニュース)
などをご参照下さい。
中国での報道は21CN.COMの記事(中国語)などをご参照下さい。

また、この件はやはり中国オタクにとってちょっとしたニュースになっているようです。
以下に、中国のソッチ系の掲示板における反応を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


おお……ついにこっちへ角川が来てくれたか。

こっちで勝手に翻訳出版しちゃっている会社はどーなるんだろうな。涙目か。

広州に設立というのは香港が近いからかな。
早く北の方にも来てくれないかね。

やっと「中国大陸版」の本が出ることになるんだな……

いいね、スバラシイ。あとは価格が問題だな。

俺が以前買った勝手に翻訳出版しているところのライトノベルは12.8元(約170円)だったな。
20元(約270円)超えると少々厳しいかなぁ。
公式のものだと絶対高くなるだろうし。

値段と作品の種類、それから特典次第だな。
あえて高いオリジナルを買うからには何かしら価値が欲しい。
それがなければダウンロードか海賊版で十分。

本も良いが、関連商品やDVDなんかを同時に出してくれないかな。
マルチメディア展開している商品が欲しい。

勝手に翻訳出版しているところのって人気商品しか出さないし、台湾版を買っていたがこれでようやく大陸版を買えるようになるのかな。

まぁ勝手に出版する業者は痛い目見ると良いよ。
俺はダウンロードするけどな!

業務展開の順番はどうなるんだろう?
俺としてはライトノベルが一番嬉しいんだが。

まずはコミックからじゃないか?
ただ俺もライトノベルに期待している。

翻訳はどうするんだろうか。
台湾のものをそのまま流用するのか?

大陸と台湾じゃ細かい言葉が違うから新しく翻訳して欲しいんだがどうなるんだろうね。
ただ質が落ちるのは勘弁して欲しい。銀英伝なんかはかなりびみょーなことになったし。

角川が来るということは、中国語版アニメDVDの発売も有り得るということか?
もちろんボイスはオリジナルで頼むぞ!

テレビでも放映できていないのに、映像コンテンツを売れるとは思えない。
それにDVDは高いから買う人間少ないだろうしあまり望みは無いだろ。

審査はどうなるんだ?
日本系のコンテンツを文化部や新聞出版総署がそう簡単に許可するとは思えないんだが……
なんか審査通過を待ちきれないで台湾版を買ってしまいそうな予感が。

文化部の顔色も心配だが、こっちの欲しいものを出してくれるかも心配だね。
昔の作品ばかりを出されても意味が無いし、中国に合わせた「健康」「和諧」な作品だけというのもな……

修正は有るのか!?
例えばホロの裸は中国国内の規準から言えばアウトだぞ。
あと画集なんかでも修正出そうだなぁ。

内容が修正される可能性も有るよね。それだったら俺は台湾版買う。
とりあえずフルメタル・パニックは南北問題が有るしこっちに来ない方がいいんじゃないかな……

何はともあれ成果が出て欲しいね。
アニメや漫画、ホビー関連でウチの国と合資して成果が出る所はなかなか無いしかなり難しいだろうけど、角川の大陸進出は私個人としてはとても嬉しい。



とまぁ、こんな感じで。
角川の中国進出は嬉しいものの、自分達の欲しい物が望む形で手に入るかどうかということについて期待半分不安半分のようです。

確かに外国資本の入った会社の翻訳出版物が、中国における出版の審査を通過して正式に中国市場へ入るまでに時間的、金銭的な面などでどれくらいかかるかといったことなどは心配になりますね。

また中国オタクは基本的に新しいもの、日本で流行しているものが好きなので、涼宮ハルヒシリーズのように今現在もそれなりに人気や動きのある作品はともかく、「既に完結した一昔前の名作」となるとガクンと注目が落ちます。
日本で話題になっている新しい、人気のある作品を中国に持ってこれるか、そしてそれが会社側、消費者側それぞれにとってコストに見合うものなのかなどの不安になる要素もイロイロとあります。

しかしそれでも、ついに中国に角川資本の会社が出来て、正規のルートを通じて作品が流通するようになるだろうというのは嬉しいですし、私が中国で生活していた頃の状況を思うと感慨深いものがあります。
ぜひ成功して欲しいですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

キャラの名前の漢字、中国オタクはどう読んでる? 日本語?中国語?発音は?

「日本人キャラの名前の漢字を皆どう読んでいるんだ?」
といったスレを見かけたので、今回はそれで一つ。

漢字と言う共通の文字があるため、中国では日本のオタク関連のコンテンツや文化を知ることが他の言語圏に比べて楽だという話があります。
漢字のおかげで、中国オタクで日本語が分からない人でも漢字を見れば日本のコンテンツがなんとなく理解できたりするそうです。

しかし全く問題が無いわけではなく、
「日本人の名前の読み方」については「漢字による問題」というものがあるようです。
日本人の名前には多くの漢字が使われていますし、中国オタクからすれば比較的簡単に理解できますが、いざそれを発音するとなるとちょっとした混乱が起こってしまうとか。

それでは以下に、中国のソッチ系の掲示板におけるやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


皆はアニメや漫画のキャラの名前、どう読んでる?
日本人のキャラの名前は結構混乱するよね。

三郷「雫」とかは中国語の読み方がないからなぁ。

雫は一応読み方は有るぞ。
ただ、一般生活では既に使われないしそもそも普通の辞典には収録されてないから当初は分かるやつがいなかったよね。

日本では一般的なのかもしれないが、中国では古語になっていたりする漢字は困る。
最近だと秋山「澪」、宮永「咲」とかどう読めばいいのか分からなくて困った。

PCで見る分には問題ないんだがな……
それと、ひらがなやカタかな混じりの名前もちょっと困るよね。漢字表記に公式のものが無いから色んな表記が混在する。
とりあえず、姓が普通に読めるなら姓だけを発音すればどうにかなるけど……

「ナギ」という名前が来るとめんどくさい。
凪だったり薙だったりするが、どっちも中国では一般的に使われない字だ!
読み方もあるにはあるが、一般的な辞典に載ってないんだよなぁ。

キャラじゃないけど、「ハヤテのごとく!」の作者の畑健二郎は「火田」と読んでたわ。
最近「畑」を中国語で「tian」と読むことを知ったんだが、もういまさら変えられない……

読み方が複数有る漢字も困るよ。読み方が違うから、ネットでならともかく普通に話してる時は混乱する。

そういや、朝倉涼子の「朝」は「chao」と読む人と「zhao」と読む人がいるよね。

(訳注:中国語における「朝」の字は複数の読み方とそれに伴う意味があります)

自分の読み方が主流だと思いたいが、他の読み方を否定する材料もないんだよな。

好きなように読めば良いんじゃないか?
アニメや漫画を愛するなら、相手が間違っていたりしてもスルーしてやれ。

発音が分からないとPCで入力するときにも困るね。
キャラクターの名前の字がみつからないときは、毎回ネットからコピペしている。

日本語で発音しちゃえばいいんじゃないの?

日本語で発音するのが正しいというのは分かるが、ここは中国だ。
話す相手に通じないかもしれないじゃないか。

日本語は五十音を覚えてしまえばそれほど難しくないよ。
ローマ字で日本語入力もできるようになるし。

日本語は発音し難いのもあるからなぁ……
俺はら行が苦手だ。カッコ悪い発音になってしまうからあまり使いたくない。

私はとりあえず姓の部分は中国語発音、名前は漢字だったらそのまま中国語発音、かな文字や特殊な漢字が混じっていたら日本語で読んでる。
例えば「秋山MIO」みたいな感じで。

雫の中国語発音である「na」という音はなんかダメだ。「shizuku」の方が良い。

自分で発音できるかはともかく、日本語発音の方がカッコイイというのはあるよね。
咲は「笑」と同じ発音になるからあまり良く思えない。発音も難しくないし「saki」と読んでる。

「神薙」なんか、「神剃」になっちゃうからね。
さすがにこれはダメだと思うよ……



とまぁ、こんな感じで。
なまじ「正解が無い」というかある意味「どれも正解」な状況なのでなかなかに混乱しているようです。

中国語の発音でそのまま読む場合、中国には無い和製漢字や、古代に使われていたものの現代では使われていない漢字が混じったりするので読み方が分からないといった事態が起こります。

また、中国語でも複数の読み方の有る漢字が有るのでそれも混乱を加速させますし、それに加えてひらがなやカタかなが混じった場合、漢字表記をどうするかといった問題まで加わるのでかなりめんどくさいことになります。
キャラのイメージは名前とその発音も含めて固まるものでしょうし、名前に関してヘンなことになってしまうのは結構キツイことかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国語表記における月宮あゆの悲劇

中国オタク的にフィギュアにはどれくらいお金をつぎ込むのか

中国オタクは、お金を使う人はホント使いますし、使わない人は全部海賊版やら違法ダウンロードで済ましちゃったりもするのですが、フィギュアなどの関連商品に手を出すような層となるとやはり結構な額を使うようです。

オタク関連商品について、中国ではコピー可能なデジタル系の商品、主にDVDやゲームなんかのソフトは海賊版との違いをあまり見出せないということで人気が無く、デジタルコピーができない関連グッズやフィギュアなんかに人気が集まるという話もあります。

そんな中で比較的お金がつぎ込まれやすい分野の一つだと思われるフィギュアですが、中国のソッチ系の掲示板を巡回していて

「みんなはフィギュアにどれくらい使った?」

といったスレを見かけましたので、そこで見かけたやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(日本円の金額については大まかな数字になっていますので、ちゃんとした金額を知りたい方はお手数ですがご自分で計算をお願いします)


なんかフィギュアに使った金額を計算したら、3000元(約4万円)超えちゃっているのに気付いてちょっとヤバイ気持ちになった。
みんなフィギュアにどれくらい使ってるの?

私は1000元(約1万4千円)いかないかな。
持ってるのは3つだけだし。

俺はフィギュアなんて買ったことないから、そんなに金使うヤツの感覚が理解できない。
そこまで良いものなのか?

あー、俺はその、累計で1万元(約14万円)は軽く超えてるかなぁ……

俺はそんな金無いからフィギュアには手をだせんよ。
PCパーツやゲームにつぎ込んで終わり。

3000元(約4万円)くらいで、現在も増加中だ。

えーと今計算したら8000元(約11万円)くらいか。
ただ、現在予約してるフィギュアが無事到着したら1万超えるなぁ……

俺はフィギュアだと1000元(約1万4千円)くらいかな?
普通のグッズとかだと1000元はかなり使った方だと思うが、フィギュアだと額が少なく思えるよな。

フィギュアだけなら3000元(約4万円)、ただガンプラにはその3倍くらいつぎ込んじゃってる。

俺もフィギュアはそんなに買ってないね。500元(約7千円)くらいじゃないかな。
ただプラモには1万元くらい使ってる。

320元(約4千円)のフィギュアを1個買ったきりです。

1万元(約14万円)超えた辺りから怖くて計算するのやめた。

みんな金あるな。
学生の俺はそこまで使えないよ。

俺も学生だけど、フィギュアに1万元(約14万円)つぎこんじゃってます……

ここしばらく毎月数百元フィギュアに使ってるから、もう8000元(約11万円)くらいになるなぁ。

PVCのフィギュアとか3つも買ったら簡単に1000元(約1万4千円)超えるし結構きついよね。
俺はとりあえず1個買って終わり。

よくそこまで金出せるな。
俺はフィギュアはディスプレイに飾ってあるのを見たり写真をみたりするだけで十分だよ。

3000元(約4万円)くらいかな?さすがにフィギュアを実家に持って帰るわけにもいかないし、買う量にストッパーがかかった。
10万元(約140万円)超えとかはさすがにいないよな?

俺はもうすぐ3万元(約40万円)って段階になってしまった。
10万元(約140万円)とかも有りそうだけど、俺は知らない。

俺は5000元(約7万円)くらい。ツワモノの兄貴達に比べればそんなに多くないよね?

私も5000元(約7万円)くらいかな。しかし、今後更に増えていきそうだ。

俺はフィギュアに2000元(約3万円)ほど使っていて、ヤバイと思ったりしたんだが他の人の話を聞くとまだまだみたいだな……

フィギュアを良いなと思って、ここしばらくで1000元(約1万4千円)くらい使ってしまったが今後まだ増えそうな感じがする。
とても危険だ。



とまぁ、こんな感じで。

現在中国では都市部の一般的な大学生の一ヶ月に使うお金が諸々コミで1000元(約1万4千円)程度らしいのですが、そこから考えるとフィギュアはかなり高いものになります。
しかしその人気からオタク系のアイテムを扱っている店でフィギュアは定番アイテムとなっているようで、「どれそれのフィギュア」が必ずあるというわけではないのですが、選択の幅もそれなりにあるそうで。
また、値段については人気や出回りによって変動しますが、きちんとしたオリジナル商品はやはり日本より高くなる傾向があるとかなんとか。

フィギュアに手を出すような層のなかには中国の一般的な感覚から飛び出している額を使っているのもいるようで、
ちょっと多めに買うようになると簡単に数千元使うようになり、ツワモノになると1万元を超えているような感じでした。
やはり集めだすとキリがないんでしょうね。

あ、それから今回紹介させていただく内容の中で出てくる数字については、
「そういった数字もある」
というくらいに考えおいていただければ幸いです。
中国の場合「0」と「モノスゴイたくさん」が混在する国なので……

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

ウルトラジャンプで連載中の中国人漫画家夏達先生について

お陰さまでこのブログにも色んな質問やネタの提供などをいただいておりますが、ウルトラジャンプで連載中の中国人漫画家夏達(シャアタア)先生について今までに無いスピードと量の質問が来ているので今日は一つそれについてを。
(中国では女性に対しては「女士」、男性に対しては「先生」とするのが一般的なので少々違和感もあるかと思いますが、ここは日本における漫画家ということで「先生」とさせていただきます。)

夏達先生が話題になったのは、にゅーあきばどっとこむさんや痛いニュースさんの記事などがきっかけらしいので、そちらの記事もご参照下さい。
日本の雑誌でも連載中の中国人漫画家・夏達がかわいい(にゅーあきばどっとこむ)
ウルジャンで連載中の中国人漫画家がめちゃくちゃ可愛いと話題に(痛いニュース)
日本語の作品についてはこちらで試し読みが可能です
s-manga.net「試し読み 誰も知らない〜子不語〜 1巻」

経歴や作品については私もwikipediaの夏達先生の項目以上のことは知らないのですが、とりあえず簡単なところでは

高校時代からマンガの創作をはじめ、中国のマンガ雑誌「北京カートゥーン」に短編「成長」を発表してデビュー。
第一回中日青少年交流漫画節新人賞
第三回中国連環漫画短篇ストーリー漫画優秀賞
第五届金龍賞最優秀少女漫画賞
を受賞。
デビュー後中国の様々なマンガ雑誌に作品を発表し、単行本は現在までで中国で4冊、日本で1冊。
日本では現在集英社の月刊誌「ウルトラジャンプ」に「誰も知らない 〜子不語〜」を連載中。

といったところでしょうか。
私が初めて読んだ夏達先生の作品はチェロを習う14歳の女の子の夏の日の一幕を描いた「初夏」という作品だったのですが、レベルの高さに驚いた記憶があります。
それから個人的には別作品にあった幻想的な作風の絵も良かったなーといった印象もありますね。「遊園驚夢」などの中華系ファンタジーな世界観の作品は見事で、さすがは中国の作家だと思いました。


中国ではアニメやマンガなどのコンテンツ産業を国策として推進しているのですが、アニメについてはかなりの資本が投入されていてそれなりの成果を生み出しているのに対し、マンガは海賊版の氾濫や売り上げの減少によるマンガ掲載媒体の減少などでマンガを取り巻く環境はお世辞にも良いとはいえません。
夏達先生がデビューした「北京カートゥーン」も2006年に一度発行停止(昨年復刊したそうです)となるなど、中国のマンガを取り巻く環境は厳しいままです。

中国ではイラストの方ならまだ多少はやっていけるそうなのですが、漫画家としてやっていくのは実力があっても非常に難しいそうです。
中国オタク関連で同人活動をやってらっしゃるクリエイターさんの中にはプロのイラストレーターやデザイナーの方もいるそうなのですが、プロの漫画家という方はほとんどいないそうです。(いてもイラストレーターとの兼業だそうで)
また、イラストに比べてマンガは手間がかかるので続けていくのも難しいとか。
そういった環境の中で、夏達先生は日本のウルトラジャンプで連載というところにまでなっているのですから、これはもうスゴイとしか言いようがないですね。

夏達先生について、私が知っているのはこんな所でしょうか。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

(注:文中の雑誌名「北京カートゥーン」は、カートゥーンにあたる部分の言葉「ka通」の「ka」部分の字が日本語に無く文字化けしてしまうので「カートゥーン」とさせていただきました。「ka通」は「カートゥーン」の音訳です。)

メガネ萌えについて議論する中国オタクの皆様

ここしばらく寒くなったり暑くなったり雨が降ったりやんだりで、身体の調子がイマイチな日々が続いております。
春先は体調がガタガタになるので、個人的にかなり苦手な季節ですね。

さて、そんないつにも増してポンコツな頭で中国のソッチ系の掲示板をまわっていた所、
「メガネ萌えとは如何なるものか?」
ということについてやり取りしてる良い感じに頭の悪いスレを見かけましたので、今回はそれで一つ。
では以下、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


萌え属性においてメガネ萌えというのは非常に伝統の有る萌えという話だが、いったいどこに萌えればいいんだ?
俺には全く理解できない。分かるやついたらちょっと教えろ。

分からないものをあえて理解しないでも良いと思うぞ。
萌える感覚を説明しても、その感覚を本当に理解することはできないだろう。

メガネで萌えるキャラを挙げればなんとなく分かるんじゃないか?
最近だと化物語の羽川翼なんかは良質のメガネキャラだね。

メガネキャラは聡明な印象が出るからその影響も有るんじゃないか?

近眼でメガネかけてる俺からすれば、メガネなんて良いものだとは思わないんだけどなぁ。

メガネを実際にかけている人間はメガネに萌えないもんなんじゃないの。

萌えは結局個人の好みだからしょうがないが、メガネ萌えはそこまで重視されるものでもないんじゃないか?
メガネをかけてると運動なんかのときにもめんどくさいしあまり良いことはないよ。

自分がメガネをかけているのとメガネ萌えは全く別の問題だぞ。
メガネ萌えは自分がかけるんじゃなく、他人がかけるメガネに萌えるもんだ。

メガネの形だけで印象はかなり変わる。
メガネに萌えないとか自分のメガネを否定しているヤツは現実に多く有るような安物のカッコ悪いメガネをイメージしているんじゃない?

フレームの大きなメガネって目元を強調して柔和の印象を与えるようになる効果が有るそうだ。
それとメガネは目を強調するから、現実社会でも目の小さい人はメガネをかけるとキレイになることが多いらしい。

メガネ属性だけを強調するキャラってメガネ以外特徴の無いキャラが多くないか?
それほど魅力的な属性には思えないんだが。

メガネ萌えの良さは他の属性とも共存できることだ。
年上属性にメガネが加わった時や、天然ボケにメガネが加わった時の破壊力はすさまじい。

うむ、S属性+メガネ萌えの俺としてはメガネ萌えの「共存」能力について同意する。

メガネ属性は、メガネの着脱で変化も出るからキャラの魅力を増大させることができるんだぜ。

まぁ、無理して理解する必要もないし分からないならそのままでいいんじゃないか?
俺はそこまでメガネ萌えじゃないけど、メガネによってキャラの視線に変化が生まれるのとかは結構良いと思うな。

萌えの一部分としては分かるんだが……
メガネ萌えは古いだけでそんな極端に良いものじゃないと思うんだけどね。

メガネをかけたキャラがメガネをいじる動作が好きだなぁ。
メガネのズレを直すとか。

俺はメガネキャラがちょっとメガネを外すという動作に萌える。

メガネを付けている時と外している時の変化が良いよね。
私はメガネをかけたマジメな女の子がメガネを外して美人になると言う変化に萌えます。

上で発言してるヤツラは何を言ってるんだ。
メガネを外しちゃったら意味が無いじゃないか!
例えばらき☆すたの高良みゆきのメガネを外してしまったら良さが消えてしまうじゃないか!!

俺は逆に普段メガネをかけないキャラが変装や読書のためにメガネをかけるというのに萌える……

自分がメガネ属性を持っているかどうかは分からんが、メガネを頭の上に乗っけているのにメガネを探すという行動はかなり萌えると思うんだ。



とまぁ、こんな感じで。
中国ではメガネキャラの人気はそれほど高くないですし、男性のオタクの間でメガネっ娘の有無が意識されるようなこともほとんどありません。
ただ中にはメガネについて一言あるのもいたようで、妙に熱い発言が飛び出したりもしていました。

日本のオタク分野ではメガネっ娘だとかメガネ萌えだとかメガネ属性だとか「メガネ」は古くから意識されているジャンルだと思います。
しかし、中国オタクはここ十年程でオタク分野の情報が大量に流れ込んだので、「メガネ」については「ツンデレ」などの比較的新しく流行しているジャンルに埋もれてしまい、それほど意識されることが無いまま今に至っているのではないかなーなどと、個人的に愚考いたします。

また、中国は北部では黄砂が飛び交いまくるのでコンタクトレンズをつけるのは無謀という時期がありますし、勉強のしすぎで小さい頃から視力が低下している人も多く、学生の多い中国オタクの間でもメガネをかけた人がかなりありふれています。
そういったことから、日本ほどメガネについて意識されず、また日本よりも「うっとおしい」イメージがついてしまっているのかもしれませんね。

我ながらいつにも増して頭の悪い内容になってしまったような気もしますが、とりあえずこんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

涼宮ハルヒの驚愕が先行掲載されるという情報に中国オタクも驚愕

4月末発売の「ザ・スニーカー」6月号に「涼宮ハルヒの驚愕」の一部が先行掲載されるようです。
発売延期になってから随分と経ちますが、その間何度も「ついに出る」といった情報が流れては否定され続けてきましたが、今回はどうやら本当っぽいですね。

この情報について、詳しくは今日もやられやくさんの記事などをご参照下さい。
ライトノベル『涼宮ハルヒの驚愕』次号スニーカーに一部掲載確定キタ━(゚∀゚)━!!

この情報は中国オタクの間にも流れ、向こうの方では結構な話題になっている模様です。
そんな訳で、今回はその反応で一つ。
それでは以下に、中国のソッチ系の掲示板で見かけた反応を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


本当に載っているんだな……この情報を聞いて泣きそうになった。

あーーーーーー……やっと出るのか。

嬉しいことは嬉しいが、もう前の巻の内容忘れちゃったよ……

いったいどれくらい遅れたんだろう。俺の心がまた動き出すことができるのか心配だ。

頼むから、ちゃんとしっかりとした所まで進んでくれ……また分裂したまんまで終わることなんてナシにしてくれよ……

高校のときに呼んでハマった私は、今はもう大学生になっております。

で、これが本になるのは何時なんだ?
まずは連載という形になのかね。

出るのは良いんだが、中国語版になるのは何時になるやら……

もう前のストーリー覚えてない。
復習しなければならんな。

中国語版が何時になるのかは重要な問題だよね。
本になってからだから、早くても4月から数ヶ月遅れるだろうし。
ファンサブ翻訳を先に見ることになりそうだなぁ。

待っていてもどこかでストーリーを知ってしまうだろうし、正式版を待つのは難しいだろうな。

最後の本が出てから3年か……長かったなぁ……

驚愕した!驚愕がちゃんと出ることに驚愕した!
もう、嬉しくてしょうがないぜ。

今度こそ本当だよな?信じて良いんだよな!?
もう偽情報に踊らされるのはイヤだ!

俺はまだ信じないぞ。喜ぶのは実物が確認できてからだ……

出るのか!
新刊が出たら俺の墓で1冊燃やしてあの世に送ってくれという遺言をキャンセルしなければならんな。

ホント、生きているうちに読めるとは思わなかったよ。

エンドレスエイトで一度絶望したけど、劇場版消失といい、今回の情報といい、涼宮ハルヒ関連の朗報が続いて嬉しいよ。

谷川流と冨樫はどっちがダメなんだろうか。

谷川流は儲け過ぎて仕事をする気がなくなったんだと思っていたが、ようやく動いてくれたか。

発売延期にならないでくれるといいんだが。いや、驚愕の場合は発表延期か?

出ると言う情報を知って嬉しくなると同時にとても不安になっている。
涼宮ハルヒは大好きな作品だからまた絶望するのが怖い。
エンドレスエイトのときのような目に遭うのはイヤだ!



とまぁ、こんな感じで。
どうやら確報らしいということで、かなり喜んでいるようです。

涼宮ハルヒシリーズは中国オタク的に続きが出るのを待ち続けている作品の筆頭だと言われています。
中国オタクの間では、ハルヒの新刊が出るとう情報が出るたびに喜んで、その情報がガセだったと判明してガックリするという一連の流れが繰り返されておりました。
涼宮ハルヒ関連ではここしばらく活発な動きが続いていますから、この調子で新刊の刊行までいけるといいですな。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


劇場版涼宮ハルヒの消失への中国オタクの反応

はなまる幼稚園で何かに目覚めてしまった中国オタクの反応

劇場版アニメの大作が続いた為、
中国オタクの面々の話題がそっちに持っていかれている感も有りましたが、
1月スタートの番組には中国オタクの面々にウケている作品が結構あるようです。

「バカとテストと召喚獣」が予想通りの高評価となっているほか、
「デュラララ!」が濃い層に、「おまもりひまり」が萌えアニメファン層に比較的ウケが良いようですし、その他の作品も大きな話題になっているわけではないものの、わりと良好な評価となっているようです。

そんな中、今期の伏兵になったというか放映前の評価より人気が出ているのが
「はなまる幼稚園」(公式サイト)
だとか。
これは中国オタクにとって、かなりダメ人間量産率の高い作品となっている模様です。

それでは以下、中国のソッチ系の掲示板で見かけた発言を例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


俺はこの作品でロリの良さというものが理解できたような気がする。

今期のアニメではほとんど意識していなかったんだが、実際に見てみたらスバラシイクオリティだった。

これ、ガイナックスだったのか……パロディがかなり分かって面白いね。
あと柊のコスプレが毎回とても良い。

いや、あんまりにもロリっぽすぎたんで期待してなかったんだが……見たらハマってしまった。

非常に萌える作品だ。今期の作品では一番楽しみになっている。

うむ、これは良い作品だ。
しかしキャラが皆幼稚園児なわけで……彼女たちに萌えてしまう自分はヘンタイなんだろうか。

萌えだけじゃなく、ストーリーもしっかりしているね。

そうか、こういうパンチラも有ったのか。
エロさだけを求めていた自分が失っていたものを感じた。

萌え要素の入った癒し系の作品ってところかな。良い作品だと思う。

悪くないとは思うが、俺にとってはちょっとストーリーが単純と言うか淡白すぎるなぁ。

どのキャラも可愛くて萌えるね。
毎回違う柊のコスプレについつい注目してしまう。
ところで、杏は髪型的に将来的に囲碁のうまい幽霊に出会ったりするんじゃないかね。

このキャラはさすがに幼すぎるだろ。萌えている自分が邪悪な存在になったような気がする。

幼稚園……萌えるにしても限度が有るだろうに……

大丈夫だ、安心しろ!
萌えとエロを混同するやつが多いが、萌えとエロは両立可能ではあるが別の概念だ。
萌えのみ、エロのみという存在だってある。

不安に思っているヤツラは「こどものじかん」とかを意識しているのかもしれないが、はなまる幼稚園は健康的な作品だぞ。
「先生が好き」という言葉は一緒だが、その感情の中身と描写はかなり違う。

自分でもうまく言えないんだが、「苺ましまろ」に萌えるのとこの作品に萌えるのは違うように思う。

なんつーか、普通に「カワイイ」作品だよね。
萌えだとかロリだとかの用語を持ち出して難しいことを考えたりしないでもいいと思う。

女の子版のクレヨンしんちゃんみたいな感じかな。
結構広い層に見せることができる作品なんじゃないかな。

あまり大声で好きだとは言えないタイプの作品だな。
子供向けの幼稚な作品が好きだと思われたり、ロリコンだと思われたりする危険性が有る。
しかしそれでも非常にスバラシイ作品だと思う。

園児も良いが、山本先生もとても良い。
それにしても主人公のつっちーはかなりダメな人間だと思うが、どうだろう?
彼のような人間があんなにステキな職場環境で幸せに働いているというのが羨ましすぎるぜ!

前からロリ萌えとかのレスを書き込んではいたが、実際のところ自分にとっては流行っているからというのが理由でそれほどロリ好きというわけではなかった。しかし、この作品を見て俺は本当のロリ萌えになってしまったようだ……



とまぁ、こんな感じで。
ロリコンに目覚めてしまったことに戸惑ったり、これに萌えるのはマズイのではないかと思いつつも、ハマっていたり、逆に開き直ったりしているのがポコポコと出ているようです。

中国オタクの間でも「ロリ」や「ロリコン」という言葉はそれぞれ「羅莉」「羅莉控」という表記で輸入されていますし、オタク的なやり取りの中で普通に使われています。
ただ、性癖としてのロリコンは日本ほど意識されないところがあったりします。(ロリコンがいないわけではないでしょうし、ロリコンまではいかない「年下がストライクゾーン」と言うのは結構あるのですが)
そんな訳で、はなまる幼稚園を見て何かに「目覚めてしまった」ことについての戸惑いは日本のオタクよりも大きいんじゃないかなーとも感じました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ