「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

2015年12月

2015年前半 よりぬき日中オタ活動

今年もぼちぼち終わりとなってきましたので、今年このブログで書いた記事のまとめをやらせていただきます。
そんな訳で以下に今年上半期のオススメと言いますか、良い評価や比較的大きな反応をいただいた記事を並べてみました。


中国オタクとオタク文化

中国オタク「なんでニコ動的な弾幕コメント動画は欧米でウチの国ほど広まらないのだろうか?」

中国オタク「序盤で主要キャラをうまく『殺した』作品って何がある?」

中国オタク「俺達が日本の中国人イメージに対応するために必要なものとはなんだろう!?」

中国オタク「日本の主人公は日常守りたがり過ぎ」

中国オタク「どうして日本では永遠の命は別れが前提なのだろうか?」

中国オタク「日本のアニメや漫画で斧が主役級キャラの武器ってことはあるの?」

中国オタク「アニメや漫画の中に出てくる商品って宣伝目的じゃないの?」

中国オタク「最近は天才を理由に努力を否定するような主人公の作品ばかりじゃないか?」

中国オタク「紅楼夢って日本だとどうなの?オタク系の作品になっていたりする?」

中国オタク「日本のアニメに中国語がもうちょっと出ても良いんじゃないかと思う。ドイツ語や英語レベルは求めないが……」

中国オタク「パワー系の主人公が少ないのはどうしてだろう?」


中国オタクとアニメと漫画とゲームとラノベ

中国オタク「ウチの国で麻雀アニメって出ないもんだろうか?」

中国オタク「少女漫画はあるけど、乙女漫画ってのは無い……よね?」

中国オタク「俺物語の主人公がモテなかったのはなぜだろうか?」

中国オタク「みんなは『モンスター娘』って受け入れられる?」

中国オタク「ゼロの使い魔の続編!?何という紅楼夢的展開!」


その他諸々

中国人「お茶漬けってどんな害があるの?」

中国オタク「普通の日本人って中国語の文章をどれくらい理解できるのだろうか?中国語を勉強しない状態で」

中国人「爆速餃子って……ツッコミ所しかねぇぞ!?」

中国オタク「日本の方言ってどんな感じなの?ウチの国みたいに通じないレベルの、大きな違いがあったりするの?」

中国オタク「戦艦大和っていつから日本で有名になったの?日本海軍のアイドルになったの?」

中国オタク「また麻婆豆腐かよ!アニメの中華は麻婆豆腐ばかりだ!」


中国オタク界隈の動向

変身シーンが中国オタク界隈で大ウケしている中国産魔法少女アニメについてイロイロと

崩壊学園の日本進出、bilibiliの日本進出など

ついに来た中国動画サイトの日本アニメ規制、人気作品も次々に消滅中

中国オタク「取締りのせいで血界戦線が幻界戦線になっちゃったか……」

中国でコナンとワンピースが配信中止に追い込まれたというデマが広がり混乱

中国の動画サイトの日本アニメ配信規制、ブラックリスト38作品が確定した模様

中国の2015年1月新作アニメ公式配信状況

暫定版中国の2015年4月新作アニメ公式配信状況

ちなみに、新作アニメの各シーズンの人気の傾向やアニメ配信関連の動向についてはアキバ総研様で書かせていただいているコラムにまとめておりますので、よろしければそちらもご参照ください。


コラム記事とその補足

日本と中国、Fateファンの違いとは(ダ・ヴィンチニュース)

「日本と中国、Fateファンの違い」補足

【日本と中国の三国志のイメージの違い】呂布は美形枠? シャア・アズナブル?(ダ・ヴィンチニュース)

日本と中国の三国志イメージの違い補足 三国志が中国で扱い難くなった理由など

中国でも大人気! ニコ動的な「弾幕系動画サイト」が広まった理由(ダ・ヴィンチニュース)

中国学校事情 管理人の個人的な経験編

中国のオタクは、実は日本以上にパクリに潔癖だった!(ダ・ヴィンチニュース)

中国パクリ「潔癖」事情、補足 ヒカルの碁のパクリ作品についてなど


今年前半の事件は、やはり3月末に起こった中国の動画サイトの日本アニメへ取締りですね。この件とその後の中国の景気の減速により日本のアニメ関係のビジネスもバブルが弾けたというか、別方向に向かいだしたというかな状況になりました。

来年も中国オタク界隈は相変わらずどこに向かうか分からない状況が続くかと思いますが、ぼちぼちと追いかけていこうかと思います。


とりあえず、こんな所で。
来年も当ブログをよろしくお願いいたします。

中国オタク「日本のオタクによるクリスマスの儀式、かなり金使ってんだな」

クリスマスも終わり、年末進行もぼちぼち終わる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は毎年この時期は
年末年始で日本が止まる→春節で中国が止まる
のコンボを如何に回避するかといったことに関するしわ寄せが来て大混乱に陥るので、手頃な質問やネタをいただけると非常に助かります!

さて、そんなネタをありがたいことにいただきましたので今回はそれについてを。
日本ではクリスマスに合わせて自虐の方向でも色んなネタが飛び交いますが、そんなネタの一つに。
「ディスプレイの中の二次元の嫁とクリスマスを祝う」
というのがあるかと思います。具体的には以下のサイト様の記事などをご参照ください。
【恒例】クリスマス嫁との晩餐画像を晒せ【2015】(暇人\(^o^)/速報)

この画像、中国のネットの方にも伝わり現地の面々を驚かせたり笑わせたり困惑させたりしているようですが、ちょっと変わった反応も出ているそうです。
そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたその辺に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のオタクによるクリスマスの儀式、かなり金使ってんだな。

儀式って……あれか。
二次元の嫁に捧げるクリスマスの食事の。

オタクとしての哀しみも理解はできるが、あれはさすがに笑うだろ!

確かに、あれは儀式に見える。

俺も一人では無く過ごすクリスマスのやり方を学んで、今年は日本のように、ちょっと頑張ってみたぜ!

なんかこう、カワイソウな連中だとしか。

でもそんなカワイソウな連中でも、金はある。あいつらは金のあるオタクだ……

そうか?
確かに最近はマルチディスプレイも増えて、自分の視界いっぱいを愛する嫁で埋めることも可能らしいし、実際昨年に比べてディスプレイが増えている気がするがそこまで金があるという感じでは。この手の画像で飾られているアイテムもそこそこのレベルだろ?

いや、そこじゃなくて料理の方。
あれかなりかかるだろ。ああいうのをネタとしてポンと準備するのは金が無いと無理。

俺はあの祭礼だか儀式だかに関しては笑うと同時に、その手間と金額、心意気を考えてちょっと感動してしまうな!

日本のオタクはこうやって自分自身を騙すのか……

この祭礼画像って昔のやつじゃないの?

この手の連中は毎年これをやっている。
キャラやグッズに明らかに新しいのが混じっているだろ?キャラも飲食物も毎年更新されているんだよ。日本の独特なクリスマスの習慣の、更に一部の特に独特な習慣だ。

うーむ……金持ちオタクの集団がこんな所で。
てか腹減ってきたわ。

悲哀が漂っているんだが、同時に見ているとまぶしさ、そして飢餓感を覚えるようになってくる。

私は寂しさを覚えるわ。
あとハラヘッタ。

しかし、なんでこんな儀式みたいなことを。頭オカシイ。

いや、結果として儀式なビジュアルになっちゃっているけど、日本はクリスマスは若者が恋人と過ごすイベントにもなっているんだよ。だからこいつ等はカワイソウな奴らなんだだ!
さて、俺も彼らほど豪華にはできないが嫁のためにお供え物を準備しなければな……

なんか「聖誕節」じゃなくて「清明節」だよな。
(訳注:中国では清明節にお墓参りをします。日本のお盆の感覚に近いかもしれません)

なぜ、オタクはこんなことをして互いに傷つけあうのか。
独り身の怨念が漂い過ぎている。

納得した。
こっちでFFF団の儀式がアップされるようなもんか。

扱い的にはウチの国の情人説(バレンタインデー)で独り身を嘆くようなもんだろうな。でも日本のオタクはなぜこういう儀式に向かうのだろうか……
(訳注:中国のバレンタインデーは男性が告白したり、愛をつなぎとめるためのイベントといったことになっています。過去の記事などもご参照ください)

自分は日本のクリスマスの習慣知っていたし、悲しい画像だと思っていたが、そう言われて儀式にしか見えなくなった。

哀しいんだけど、なんか拝みたくなるな。ここまで気合を入れるオタクに!

こんな金の使い方ができるオタクとちょっと友達になりたい。

金が無ければ、こんな愉悦もできないしな……

どっちにしろこういう画像アップしている連中って、金持ってるように見えるよなあ。

ら二次元の、非現実な存在しかいなくても、一緒……といっていいのか分からんが、食べる事の出来る豪華な料理があるだけ自分よりマシだ。

キモイことやってるなーと思うが、金持ってるのを見せつけられているのは認めないわけにはいかん。

俺の宿舎の状態、食い物とかとは差が有り過ぎるなあ。
日本のオタクは気合入れ過ぎだろ。

俺の所、食い物すらねえよ……
買いに行くにしても、ああいう画像を見るとテンションが落ちる。



とまぁ、こんな感じで。
あの手の画像に関しては基本的にネタとして受け取っているのは間違いないようですが、それと同時に中国の感覚だとやたらと金を使っているように見えたり、微妙に飯テロっぽくなったりもしている模様です。

今回の反応を見ていて感じたのは、この手の画像の料理が
「そこそこの出費で揃えられる料理」
という印象にはならない人が少なくないということでしょうか。

中国のオタク界隈でもPCやらヘッドフォンなどのIT機器についてのコストはあまり変わらないようですが、今回の件に限らず食事、料理関係だと日本と中国ではコストの感覚にちょっとした違いがあるように感じられます。

数年前の話なので現在の中国、特に都市部でどうなのかは何とも言えませんが、
「中国ではお金次第でモノスゴイ豪華なことをやれるけれど、料理関係、特にパーティ系の食事については、日本のそこそこレベル、例えばデパ地下レベルのものを揃えようとすると手間も費用も日本よりかなりかかる」
といったことを聞いた事もあります。

またオタク方面に関しても、最近日本で増えているグルメ系の作品への反応が鈍かったり、人気になっているグルメ系作品、例えば「孤独のグルメ」なども刺さり方が文化紹介や食事へのツッコミ寄りになっていたり、「食戟のソーマ」も料理部分への反応が日本と比べるとかなり少なく感じるなどといった事情が目に付きます。

その辺の感覚の違いについても、中国と日本の食事、料理に関する環境や諸々のコストに関する違いが影響している所があるのかもしれない……などと考えてしまいますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国で艦これの北方棲姫の人気がやたら高い様に見える理由?

現在わりと余裕が無くなっております。
そんな訳で更新をサボろうかと思っていたのですが、
ありがたいことに
「中国で艦これの北方棲姫の人気がやたら高い様に見えるのですが。ロリコンが多いのでしょうか?」
という手軽な質問をいただきましたので今回はそれについてを。

ご質問にもありますが、現在中国で最も知られているというか広い範囲で見かける艦これのキャラは
「北方棲姫」
ではないかと思われます。
ネットをまわってみてもそこら中で北方棲姫の画像……というか、コラ画像を見かけますね。百度で画像検索するとこんな感じでコラ画像に関してはこんな感じで出てきます。

中国の艦これファンにロリコンが多そうな件については否定できませんが、
「北方棲姫」に関してなぜ中国の方でこんな事になっているかについては
キャラの造形に加えて
「北方棲姫という名前」
が中国の社会では妙に「刺さる」名前だったというのが理由として考えられます。

実は中国では
「北方何々」
というのが中国では企業や団体、プロジェクトなど様々な分野でわりとよくある名前でして。
例えば
「○○北方××集団」
などといった名前のフォーマットになっている所も多く、
そういった所の略称として
「北方何々」
と呼ばれているケースがよくあります。

そういった背景があることから、「北方棲姫」の「北方ナントカカントカ」というのは中国ではニュースやCMでもよくある日常的に「見慣れた」「耳慣れた」ノリの言葉であることから、極めて汎用性の高い改変ネタ素材になったという話です。

また更にそれに合わせたコラ画像と素材が出現したこともあってか、中国のネットにおいて北方棲姫は「北方」という冠をつければそのコラ画像と共にどんな言葉、団体でもネタ扱いができる、使い勝手の良い素材となっているそうです。
現在ではコラ画像もかなりの量になり、北方何々という名前系のコラに限らず、表情系のネタ画像としても活用されているという話です。

そんな訳で、現在の中国における北方棲姫の扱いに関してはキャラがどうこうというよりも、極めて汎用性の高いネタ系コラ素材という面が強いのではないかと思われます。
もちろんキャラに萌えている層もいますが、アイコン画像として使われたり、フォーラムに書き込む際の署名画像として付け加えるネタ系コラ画像などとして活用されたりしているようですし、やはり日本における北方棲姫の扱いとは違う印象を受けますね。

日本語で漢字表記されている名称が中国に伝わる場合、基本的にそのまま、簡体字に変換する程度で伝わります。
しかし同じ漢字の言葉であっても完全に同じ意味ではない、或いは意味が変わらなくても使われ方から日本とは異なる印象を伴うものもあります。
この「北方棲姫」もそういったイメージの違いから思わぬところに刺さり、爆発した例の一つなのではないかと思われます。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本のマクドナルドが、ランランルーが終わりかけているらしい」

ゴタゴタしているので、今回も軽めのネタで。

中国でも当然ながらマクドナルドはそこら中にありますが、実は
「日本のマクドナルドのドナルド」
についても意識されたりしています。

日本のマクドナルドのCMや、関連MADなどで
「藍藍路」(ランランルー)
のネタも広がっているなど、日本のマクドナルドというか、ドナルドは中国オタク界隈において結構な存在感を誇っていますし、日本のマクドナルドの象徴といったイメージが刻み込まれていたりもするようです。

そんな日本のマクドナルドですが、最近業績が悪化したり迷走したりしているということで、中国オタク界隈でも話題になっていました。
そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本のマクドナルドがヤバイことになっているらしい」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のマクドナルドが、ランランルーが終わりかけているらしい。
業績がヤバいことになっているらしく、店舗の閉鎖もかなり出ている。

なんでそんな事になったんだ?
世界的に健康重視の流れではあるけど、マクドナルドのブランドはまだ有効だと思っていたんだが。

えー……日本最大のマクドナルド店舗が閉店?

閉店が相次いで、最近ではついに日本最大の店舗まで……?
まぁファストフードには店舗面積とかそれほどいらないだろうけど、どの程度の影響があるんだろうなあ。そもそも、日本のマクドナルドはなんでこんな状態になってるんだ。

調べてみたら、かランランルーが背中向けてる写真がいっぱい出て来るな。
これが閉店の挨拶としてそこら中の店舗で出ているのか。

マズイ、魔王様が失業してしまう。あの御方の正社員採用の夢が……!

魔王様、また失業してしまうの?

どうすんだろう。魔王様はケンタッキーの方に就職か?

これはケンタッキーの陰謀だ!

カーネルおじさんの仕掛けた陰謀が日本で炸裂していたとは!

いや、日本ではKFCはやや毛色の違うファストフードで、ウチの国で展開されているものとはちょっと違った、やや高価格な店になっている。マクドナルドとは客層があまり重ならない。
日本でマクドナルドに次ぐハンバーガーチェーンならモスバーガーだな。これも上海に進出したのと、日本では店の形態や味がかなり違ったはず。

ところであのランランルーは日本だとどんなイメージだったんだろう。
ウチの国ではもうネタというか都市伝説というか、出て来るとヘンなイメージが付きまとうようになってしまっている気もするが。

マクドナルドのポテトはウマい。

俺はハンバーガーも好きなんだが……

ランランルーは、日本ではもうダメなのか?

人気が落ちたランランルーは都市伝説へ。
そして夜道でケンタッキーのバーガーやチキンサンド食ってるとヤツが……!
しかし、なんでこんなことに。美味しくないからか?

日本のニュースを見ると、普通に同業他社との競争に負けたのと、食品の安全性の疑惑を払しょくできなかったというのが原因らしい。
あと大元の原因が、ウチの国の事件にもあるらしい。

これ、上海福喜食品による影響がまだ続いていたってこと?

影響が続いているというか、そこから復活できなかったという所なのかも。
ウチの国だと信頼してもかまわない、妥協できるラインでも日本だと消費者に反発食らって、店が立ちいかなくなるレベルなのか?

日本は食い物の安全に関してはかなりでかいからな。実際、食品偽装とかやると大きな企業でさえ潰れたりする。

正直、食品安全問題で大手のブランドがガタガタになるのってウチの国だけかと思ってたんだが。

いややはり単純に高くてマズイからというのが大きいんじゃないの?

でも物価から考えると、味はともかく高くは無いんじゃないか?日本なんかだと特に。

日本人は食品の安全や健康を重視するから、その手の問題がマクドナルドの業績に負の影響を与えたのだろうか?
でも今になって店舗閉鎖が相次ぐとなると、どうも納得し難い。

食品の安全については、KFCもわりと頻繁にやらかしてないか?
なぜマクドナルドだけ?

日本のKFCとウチの国のKFCは別だぞ。
あとKFCは日本だと社会的な習慣に食い込んでいる。パーティ、特にクリスマスにおいて日本人の中にはケンタッキーを食べなければならないと考える人間がわりと多い。

ちなみに、日本KFCも業績良くないらしい。
マクドナルドほど急激ではないようだが、今年度の営業利益はかなり落ちている模様。今の日本社会ではファストフードが難しくなってきているのだろうか。

やはりウチの国とは違う。
こっちでは西洋系のファストフードは相変わらず調子はいいのに。

これはマクドナルドの問題じゃなくて、日本の問題。
経済が停滞している国だからマクドナルドが撤収しているだけだ。

いやこれ、主な原因は日本の景気以外だろう。
日本人がマクドナルドに通わなくなったってことじゃないか?

世界的にマクドナルドは苦戦気味だぞ。
ウチの国でも調子は良くない。さすがにまだ閉店だ売却だとまではいかないが。

日本って街中でも郊外でも手軽な値段で入れる、それに座って話せる、一休みできるような店がかなり多い。別にマクドナルドでなくても構わない、他にもっといい場所があるような所も少なくない。
そういうのと競争して負けたんじゃないかな。マクドナルドのアメリカ的なフォーマットだと、小回り効かないだろうし。

マクドナルドの経営の問題に、経済環境の問題が重なったってことなのかね。



とまぁ、こんな感じで。
現在の日本におけるマクドナルドのブランドの凋落というのは、中国の感覚ではやはり想像し難いようでした。

上の発言にもありますが、中国では気軽に少人数で入れて、座って休んだり話したりできるような店がまだ少ないそうで、マクドナルド(とKFC)はそういった方面の需要を押さえているそうですし、価格的にも普通のレストランと比べると安価です。

日本で言えば喫茶店やファミレス的な所との競争はあまり考慮しないでも良いという話も聞きますから、日本と比べるとまだ環境的にはマシな所があるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本人って絵が描ける、漫画的な絵を描ける人が多くない?」

今年もあと少しですが、この時期はやはりゴタゴタしてしまいますね。
そんな訳で今回は軽めのネタで一つ。

オタクの活動においてイラストは重要な存在となっているかと思います。
それは中国オタク界隈でも変わりませんし、中国のネットでは様々なオタク関係のイラストが飛び交っています。

ただ、中国のオタクと日本のオタクを比べた場合、自前でイラストを描く、イラストを描いて楽しむような人の割合は日本よりもかなり低いのでは……という話もあるそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「日本人には絵が描ける、漫画的な絵を描ける人が多いような?」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本人って絵が描ける、漫画的な絵を描ける人が多くない?
学校時代や仕事でちょくちょく日本人と接する機会があるんだが、ちょっと引っかかっているというか、疑問に思っている。

それは考え過ぎだろ。
たまたまそういう人間にぶつかっただけだろう。

私はスレ主の言いたいこと、何となく分かる。
日本のネットで飛び交う絵を見ると、即興で絵を描いてネタにする、アップする人が多い印象。

人口に対する絵の描ける人間の比率は、明らかに中国より上だとは思う。

ウチの国のネットだと二次元三次元問わずのコピペやコラ画像が飛び交うが、日本の場合はそれに加えて普通にアップする人が描いたネタ二次元画像も多い。

そんなに違いは無いだろう。最近はpixivで中国人絵師が普通にランクインしたりしているし、別に日本人との差があるとは思えないが。

プロで比べると分からんが、趣味でやってる範囲で考えると日本人の絵師の多さは特殊だと思う。なんでなんだろうね。

日本人には絵描き方面の種族補正値があるのではないだろうか!

マジメな話、環境の影響じゃないか?
ウチの国だと絵画は実利、金銭まで行かなくても進学や社会的なステータスを伴うべきと考えられているから、趣味でイラストに手を出す人も少ないし、そういうのを楽しめる雰囲気や場所が無い。

個人的なイメージだが、日本人は多少なりとも絵を描ける、手描きでラフに描ける人が多いと思っている。

本業じゃなく、副業としてイラストを描いてるんだろう。

副業というか、収入と関係ない趣味じゃないの?
日本人はイラストで何かをやるというより、娯楽で描いているというイメージが。本業とは別にやってる人が多いんじゃないだろうか。

ウチの国の環境だと、二次元関係のイラストというかオタクの活動を本格的に始めるのは大学からになるしな。最近は若い時からハマれるし自分の時よりは大分マシに見えるけど、受験で断絶するのは相変わらずだし。

日本人というか、日本の同人活動見ていると、上手いに越したことは無いけど、上手く無くても普通に楽しんでいるような印象を受ける。
ウチの国だと上手く無ければ存在する価値が無い、同人でも売れないから意味が無いとかになる。

ウチの国だと、そういう趣味でやるのはネット小説に集中しているんじゃないか?
ネット小説もサクセスというかワナビ的な志向はあるが、同人よりは明確な商売になってないし、趣味としての面も強い。

言われてみれば。
ネット小説だと外に広がり難いから具体的には分からんが、自分もその印象は支持する。

絵より小説の方が初期投資コストかからないからね。今の時代PCだけでOK、紙もペンもいらんし、発表する場もある。
絵に関してはデジタルに移行してもPC以外のハードが無いと厳しい。ソフトを海賊版で手に入れてもマウスで絵を描くとかだと二次元はさすがに無理。本気で揃えると商売や仕事になってくる。

いちおうウチの国も、デジタル環境が普及してからは描ける人かなり増えてはいるんだよ。今世紀初頭、私が若い頃は絵が描ける人は極めて少なかったと言ってみる。

デジタル環境というか、ネットが発達したおかげで参考にできる手本や、描き方のノウハウに関する情報が増えたのは間違いない。それにpixivとかの趣味の発表の場も構築されているから、ウチの国でも昔よりも絵が描ける人の割合は確実に向上しているよ。

日本人も描けない人の方が圧倒的に多いんだろうけど、描けないと言いながらあっさり描く人もいたりするのがな……

日本人の出来ないって上と比較しての話だったりするからな。上手く描けない、下手とか言っておきながらなケースもあったな……

ウチの日本語の先生、絵で萌えを量産して人気を獲得している……

俺の学校の外国人教師も日本語の授業でイラストをちょいちょいと使って盛り上げてるな。こういうのを見ると、種族補正値というのを考えてしまうぜ。

日本人の絵画能力で驚くのは、日本語教師をやるようなおじさんやおばさんな年齢の人でも二次元系の絵を描ける人がいることだな。
最新の絵柄では無くても、アニメっぽい絵柄でちょいちょいと描ける人に会ったことがある。

ウチの国も若い世代は絵が描ける人が珍しいってわけではないけど、上の世代に関しては日本と明確な違いがあるよね。ウチの国ももう少し時間が経ったらそういう人が出て来るのかね。



とまぁ、こんな感じで。
アニメや漫画、オタクなどとは全く関係なさそうな日本人がそれっぽい絵を描ける、というのにぶつかって驚いた経験のある人も結構いるようです。

実際、私の印象でも中国では趣味で絵を、しかも漫画っぽい絵を描ける人は少ないですし、その手の趣味に関する交流の場も少ないのですよね。

私が中国の現地校に通っていた時のクラスメートなどにはアニメキャラのイラストを暇つぶしに描いている人もいたのですが、その手のイラストの描き方や描いた作品に関する交流の場も無くて、受験で忙しくなったら自動的に中止といったことになっていました。

ただ、上の発言にもありますが一応中国でも趣味で絵を描く、描ける人は増えているのではないかと思われます。
イラスト関係も、同人誌の絵のクオリティもここ10年程で格段の進歩を遂げています。もっとも、描く人と描かない人の壁が日本と比べて随分と厚いのは相変わらずですが……


追記:
コメ欄で「中国の美術の授業は?」という話題が出ているので、私の現地校での体験についてを。
中国の学校にも美術や音楽の授業は週1か隔週で1〜2時限くらいはありました。
もっとも、どちらも受験には関係ない課目だったので受ける方の態度もそれなり程度でしたし、自習になったり他の授業で潰れたりということも少なくなかったような。

内容に関しては日本と比べたらかなり薄い教科書を教えて、
あとは写生などの実技→課題回収で適当に終わり
といった感じでしたね。
日本の美術の授業と比べると密度は薄いですし指導や評価も放り投げ気味でしたが、教える内容や課題自体に関しては体育の授業ほど差はなかったように思います。

ちなみに生徒の態度が一番イイカゲンだったのは音楽で、睡眠時間にあてる生徒が続出していました。
選曲がとても中国的というか社会主義的(?)だったり、抗日系の音楽が入っていたりと違いが興味深かったり居心地が悪かったりということもあり、自分の中では音楽の授業の方が美術に比べて妙に印象に残っていますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「項羽って日本で評価高いの?人気高いの?強いと思われてるの?」

中国のネットやオタク界隈を巡回していると、中国の歴史ネタや歴事情の人物が日本でどのように扱われているかといった話題が飛び交っているのを見かけることがありますが、今回はその辺についてを。

以前、Fate関係のあれこれを探している時に
「項羽の日本での評価は?」
といったことに関するやり取りを見かけましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


項羽って日本で評価高いの?人気高いの?強いと思われてるの?

日本人が中国人を強くするか?
ちょっと信じられないんだが。

史実見れば、個人の武力でも軍を率いても最強クラスっぽいのは確かだし、弱いと判断する方が珍しくないか?
まぁ最終的に劉邦には勝てなかったわけだが。

史書や演義で誇張されまくるケースは珍しくないけど、項羽に関してはそういうの無いし、歴史的に並ぶものが無い強さだろう。中国史を見て強さが評価されないわけがない。
ただ人気や評価に関しては何とも。三国志の武将ほどじゃないけど、漫画やゲームには出ているし人気と知名度はそれなりにあると思うが……

項羽の戦ってどれもスゴイことになってる。
項羽ってどの時代に放り込んでも強そうなのは確かだよな。

なんで日本人が中国の歴史上の人物をスゴイと評価するんだ?

三国志好きなあの国だから、項羽とか評価してもおかしくないんじゃないか?隋唐辺りになると怪しいが、項羽辺りはまだ三国志から意識されるだろうし。

強いけど性格の方はヒドイ。

項羽は強いし残虐さもある、それに死ぬときも自刎。これが日本人の好みに合っているんだろ。

項羽が挙兵した江東が日本人にとって馴染み深いからじゃないか?
日本人は三国志の呉に感情移入しているし。

普通に文化や史書の影響で項羽の知名度も評価も高いでしょ。
日本では伝統的に中国古代の英雄に関して評価が高い。様々な時代で有能な人間の例えとして中国の英雄の名前が挙げられたりしている。

そう言えば日本の戦国時代最強とも言われる本田忠勝が張飛に例えられたりしていたな。
日本だと項羽は張飛と比べた場合、どんな扱いなんだろうか?

そう言えば、項羽は中国の歴史では珍しく負けたのに人気が高い武将だよね。
この辺り、日本の好みに合う所もあるのかな?あの国は敗者の美学が好きだし。

劉秀や李靖はどうなんだろう?
円満な人生は日本だとダメ?

項羽は評価高いのに、日本では李元覇が全然知られていないのは不思議。あれも武力的にかなりスゴイのに。

私は李元覇の方が項羽よりも強いと思うんだが。

いや李元覇は創作だし、三国志と関係ないから日本では……
あと項羽は史書にちゃんと書かれているから。

李元覇は隋唐演義のイメージが強いというか、元になった李玄霸は若くして死んでる。

日本だと中国歴史枠では最強クラスの評価。
呂布とどっちが強いのかは知らんが、武将評価は項羽の方が高かったはず。

日本だと呂布だろ。出ている作品の数が違う。Fateに出てるのも呂布だし。

不思議なことに日本だと呂布の評価がスゴイ高いんだよね。三国志どころか中国関係で最強と言えば呂布、みたいなことになっている。
実際の歴史では演義補正かかってないからそんなに強くないのに。

呂布とか、項羽と比較できるレベルじゃないだろ。
あんなごろつきを項羽と比べるとかありえん。

こっちだと歴史上武力の高いのは?という話になったら項羽が一位でそんなに異論は無いよな。

そら日本でも評価高いよ。
あと日本では項羽と劉邦関係の創作が結構多い。さすがに三国志とじゃ比較にならないが、題材としては上位に入るんじゃないかな?

司馬遼太郎の「項羽と劉邦」とかスゴイ売れたらしいね。
確か当時のセールスランキングのトップになったりしていたとか。

演義とかじゃない、史実で無双枠だからな。個人戦闘でも、軍団戦闘でも強い。歴史を知ってたら強いと評価しない人間はいないだろう。

神話じゃなければ、これ以上スゴイ人物はいないと思う。

いや、伝承的に個人戦闘力やら体格や力関係の故事が結構トンデモない方向になっているのもいるからそこはなんとも……

項羽が残念なのは、武力は高いけど知力までは高くないことだな。

知力が無いわけじゃない。無いのは政治だろう。
ところで岳飛と項羽だったら日本だとどっちの評価が高いのだろうか?

項羽は人を用いるのがダメだっただけ。范増がいるうちはまだマシだったが離間の計にかかって范増を遠ざけてからはどうしようもない。

Fateのサーヴァントだと、神霊関係除けば中華系最強クラスになる可能性があると、どこかで見た気がするがどうだったかな?公式関係者だったかファンの発言だったか。

項羽の武器は槍だろうし、ランサー枠、幸運Eにしっくりくるな!

いやまて、日本の事だから出て来るとしたら女体化の可能性が……別に虞美人と百合な関係になっても問題無い世界観だし。

そう言えば荊軻が何の根拠も無く御姐キャラになってたな……



とまぁ、こんな感じで。
日本で項羽がどういった評価になっているかということについては、あんまり想像できないようでした。

現代の中国では世代ごとに接するメディアや作品がかなり異なることもあってか、項羽に関しては中国でも世代ごとにイメージが異なるようです。
そこから更に日本の評価を……となるとイロイロと難しいのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「Fate/Grand Orderの課金ってヤバイの?今度ウチの国でもサービス始まるそうだし、不安になってきたんだが」

うっかり忘れていたネタを思い出したので、今回はそれについてを。

日本でイロイロと話題になったりもしている
「Fate/Grand Order」
ですが、来年から中国国内でbilibiliの代理でサービス展開が行われるとのことです。

この件に関する中国のニュース記事はこちら(中国語)やこちら(中国語)、中国語字幕付きのbilibiliのPVはコチラなどをご参照ください。
ニュースによれば中国語のタイトルは
「命運冠位指定」
だそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「最近のFate/Grand Orderに関するやり取り」
を例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


Fate/Grand Orderの課金ってヤバイの?今度ウチの国でもサービス始まるそうだし、不安になってきたんだが。

Fate/GOが中国国内で、「国服」が展開か……冗談かと思ったが、ニュースとして報道されているし最近の版権獲得の流れ的には有り得る話だし、本当の話なんだよな……

課金に関してはヤバくないソシャゲの方が珍しい気もするが、Fateは課金関係のゴタゴタはわりと聞こえて来るな。返金騒動とか。

まぁウチの国のパブリッシャーが代理やってくれんなら悪くない話か。
正直国内展開とか無理だろうと思ってたし。

Fate/GOはこの間までやってたイベントが、バランスや鯖落ちや不具合やバグ利用のBANが重なって前半かなり荒れた。
ちなみにその後GF(♪)が、開始直後で長時間メンテに入り臨時メンテ時間の記録を更新して伝説を作っているのでFateの方の話題は流れた模様。日本のソーシャルゲーム界もヒドイようだな!

日本語分からないから日本のサービスには手を出せなかったんだよな。こっちで展開してくれるなら普通に嬉しい。

同意。自分のような日本語分からん人間でもついに遊べるのかと思うと胸が熱くなる。

Fate/GOは日本でのサービスが既にヒドイと聞くし、それ以上にヒドイことにならないか心配だ!

課金が心配?
ウチの国のネトゲで課金せずに強くなれるゲームがあるとでも?

日本の既に遊んでいるけど、無茶苦茶課金が厳しいゲームだぞ。
TYPE-MOONはこれで今金を稼ぎまくってる。

叩かれまくっているけど、難度も課金の必要性も「相対的には」マトモなレベルだよ。ユーザーが満足するかはさておき。

よく鯖落ちするし、ユーザーフレンドリーってわけでもないけど、そこまでヒドイものでは無いかも……?ただこの難度、バランスだと国内ユーザーはついていけない気もする。

バランス的に課金必須ではない。対戦要素もないしね。
詫び石結構くばるからメンテの時は休みだと割り切ればなんとか。そんなに深いゲームでも無いしぼちぼち遊ぶ分には悪くないよ。
ただ課金効率が悪い。課金ガチャにゴミが多いし好きなサーヴァントが高レアに配置されてそれを狙うとなるとヤバイことになり易い。てか俺はなった。

最近日本のネットではFate/GOの課金で大変になった的な話が出てるっぽいな。

でも同時に、大量BANをしても課金熱が落ちないというニュースもあるようだが……

大量BANはイベントの不具合も重なって確かに荒れまくったし運営批判もかなり出ていたよ。だがその後新サーヴァントのスカサハが期間限定ガチャで投入されてな……課金の加熱はたぶんその影響だと思う。

スカサハって狗の師匠だよな。
どのくらいスゴイの?

そらもうイロイロと。
元から期待されていたのと、英霊の座には無いとか特殊な設定持ってるのと、予想通り強いのとアニメが豪華なのと、おっぱいで大人気になった。

親に内緒で借金して、ネット民に金立て替えてもらったのにtwitterのアカウント消して逃亡するヤツが出るくらいスゴイ。

それだ。私はそれに関しても聞きたかったんだよ。
なんかマンガみたいな話だと、逆に感心してしまったよ。

そういうのが起こるゲームってことか。ウチの国だとどうなるんだろうなー

あれはネタじゃなかったっけ?実は過去にも艦これで似たようなことやってる人間だったとかいう話を見かけたが。

しかし本当に来年には中国国内向けサービス開始予定なのか。
ヒドイことにならなきゃいいが。

日本のアカウントでセイバーや紅茶やヘラクレスを引けたけどどうするかな……そこまでやりこんでないしこっちでもアカウント作って始めようかな……

私はまだ日本の方を続けるよ。
これまでの経験上、日本の方が色んなサービス良いし、課金に関しても相対的にマシなケースがほとんど。
ウチの国での展開になると、アップデート遅れたり内容削られたり、課金が厳しくなったりすることがほとんど。現地向けの特殊アップデートが加えられることもあるけど、Fateにそんなの望んでいない。

日本のライセンサーとの折衝があるのか知らんけど、国内展開のソシャゲーって色んな対応が遅れがちだからねえ。初動で人気になっても、結局ユーザーは日本の方で遊ぶようになるし、こっちのランキングでも1年持たずに墜落していくのばかりだ。ラブライブやモンストでさえソシャゲでは人気維持できなかったしな。

国内向けのサービス展開に不安を感じている人に一言。
ウチの国のソシャゲでヒドくないのってあったか?

課金ヤバイとか言ってるヤツも多いが、実際に遊んでみるとそんなに課金要素意識しないぞ。一部の高レアのサーヴァント狙いになった人が凄い勢いで課金しているだけじゃないかね。
でもこのシステムだと、中国では課金する人間そんなに出ないと思うんじゃが……

bilibiliが代理でやるゲームとか不安しか無い。
日本のユーザーは庄司を叩いているが、こっちはそれを上回るのが普通に有り得るんだよなあ。

一応白猫プロジェクトとか、bilibiliの扱っているゲームでもそれなりに遊べるのは有るが、ゴミも多いし不安だ。
オタク向けであまりにアレだと金払うユーザーが日本のサービスに移っちゃうことも珍しくないが、そうなると国内向けのサービスは負のスパイラルに陥る。

bilibili関係はサーバ関係がまだ微妙なんだよね。快適さではイマイチという印象。テンセントは叩かれまくっているけどサーバの方はわりとマシだしその辺は資本の差出るよな。
ところで、Fate/GOはアニメの配信のように日本と同じタイミングでのイベント展開とかはありそう?

さすがにそれは無理だろ。これまでのソシャゲーでもそういうのは無かったし。まずは翻訳だけで十分よ。

PVとかwiki見たけど、Fate/Goってようはサーヴァントでやるポケモンみたいなもん?てか6騎ってマスターの魔力は……

そこは気にしてもしょうがないというか、なんかこじつけてくる部分なんだろ。ヘラクレスを含むバーサーカー6騎とか普通の聖杯戦争だったら間違いなく魔力枯渇するしな!

設定とか、ストーリー、サーヴァントの背景とか結構新要素あるよ。その辺しっかり翻訳してくれると面白いんだが。
ゲーム部分についてはもう諦めた。

ストーリー部分の翻訳はもちろん大事だが、ボイス部分をどう扱うのかが気になる。今の日本のシステムだと、ボイスだけで文字表示されない所がある。それもマイルーム会話や宝具発動のような重要な所で。
スパロボみたいにメッセージウインドがあるわけでもないし、字幕つけるようにするのか?それに翻訳の難しいセリフも多い。どこまでやれるのだろうか?

ウチの国も月厨は多いし、うまくやればウチの国でもかなり課金が出ると思う。既に日本の方に課金しまくってるヤツとかいるしな。

でもウチの国の月厨がこっちの運営を受け入れるかは分からんぞ。日本でさえ大荒れ状態なわけだし。

出るなら出るで歓迎する。
日本のサービスは言葉の壁もあるからどうにも難しい。課金するかどうかは分からんけどな。

今のところは続報待ちで。
そもそもFate/GOが中国にこんなに早く展開されるとか予想外もいい所だ。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク的にも中国におけるFate/GOのサービス展開はかなり意外だったようです。

また、ソーシャルゲームということでサービスの質や課金も含めたゲームバランスについて心配する人も少なくないようです。
これに関しては日本のFate/GO関係の情報も随時入ってくるので、混乱する所はかなり混乱したりもしている模様です。

それからFate/GOが中国展開された場合、恐らく
「Fateのパロディ方面のノリが初めて中国に広い範囲で伝わる」
ということになるかと思われます。

以前コラム記事
日本と中国、Fateファンの違いとは(ダ・ヴィンチニュース)
の方にも書いたのですが、
中国ではFateと言えばZeroの方のイメージですし、Zero以前からの古参のファンの間でも伝奇バトルや愉悦的な側面についての認識が強く、翻訳された奈須きのこの文章に触れたのは主に「空の境界」といった人が多いそうです。

TYPE-MOON系作品のパロディ的なノリについての認識、それを楽しむ空気は広まっていないようで、その手のノリに関してはむしろ真面目なファンから反発が出るとことすらあります。
そんな訳でFate/GOのイベント関係のノリに触れたとき、中国の一般的なオタク、Fateファンの間でどのような反応が出るか、食いつくネタはどれか……など、イロイロと気になりますね。


ちなみにゲームの方に関しては、私はいまだにガチャで☆5サーヴァント当たったことの無い微課金勢なので間違った印象かもしれませんが、課金に関しては当たりサーヴァントの確率よりも、現時点のバランスでは課金して高レアサーヴァントを当てれば当てるほど素材収集マラソンが大変になってプレイ時間や物欲センサー関係で泥沼になるのがなかなかに恐ろしいなーと個人的に思ったりも。

最近はイベントで再臨関係の素材が配られるので当初よりはかなりマシになりましたが、レベル上げならともかく、足らない素材のために低ドロップ率で延々とマラソンするのはやはりメンドクサイというか……

戦闘の方はイベントくらいまでなら相性の良いクラスを育てていればわりとどうにかなるのですけどね。この間のぐだぐだ本能寺も育てていたハサン先生と牛若丸、それからイベント加入のノッブでどうにかなりましたし。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本で米の飯はどれくらい偏愛されているのだろう?」

思い出したころにやる中国オタク関係の食べ物ネタ、今回は
「白いご飯」
に関してを。

中国でも主食として米のご飯を食べますが、その地位は日本ほど絶対的なものではなく、麺や餃子などをはじめとする様々な主食の一つといった扱いになります。
そんな中国の感覚からすると、日本の作品に出て来る白いご飯の持ち上げっぷりがちょっと不思議に思えたりもするそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本での米の飯の扱い」
「米の飯についての感情」

といった辺りに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本で米の飯はどれくらい偏愛されているのだろう?
アニメや漫画ではもの凄い重要なモノというか、人を引き付けるものとして描写されている気がするんだが。

日本では米の飯の地位は高いし、人を引き付けるというか誘惑する力も強いようだな。あとおにぎりなんかの形でもよく出るよね。小さいのから顔よりでかいヤツまで。

花陽のアレか……うん、あれで私も日本のコメに対する偏愛を意識しだしたわ。

「ごはんはおかず」とかあったよね。「けいおん!」で。

でも主食っておかずあってのものだよな。
米の飯がウマいのは確かだが、おかずがないと……

俺は朝におかゆ、昼に炊いたご飯、夕方に炒飯と全部米の飯な食生活だった時期もあるぞ!

いや、日本だと炒飯と白いご飯は結構違う枠になるみたいだよ。

日本人は三食全てが炊いた白いご飯ということも多いらしいね。
最近は他の主食も増えたらしいが、それでもご飯の頻度は明らかにウチの国より高いとか。

ちゃんと調理した米の飯は美味しい。
ウチの学校の食堂でしばらく食べた後に、実家に帰って米の飯を食うとその美味しさを痛感する。

あくまで私個人の考えだが、ウチの国で一番ウマい米の飯が食えるのは某ファストフードの丼だと思う。米と調理方法のどちらか、或いは両方が違うのか。
あと家>学食なのはみんな同意してくれるんじゃないだろうか。学食の米の飯は下には下があるということを教えてくれる……

あー……同意するわ。
ちなみに吉野家は日本の方が美味しいぞ。日本旅行で入った吉野家の米の飯のウマさは衝撃的だった……

家と学食の差については同意。
ウチの学校の食堂の米の飯とか絶対に食いたくない。
実家の米の飯ならいいんだが。

米の調理方法でそこまで違いって出る?水が多いか少ないかくらいじゃないの?
まあ俺は米の飯なんて、おかず食べ終わってまだ腹いっぱいじゃないときのシメとしてくらいでしか食わんが。

調理方法による差はあるぞ。ウチの学校の学食とか、米っぽい何か、でんぷんなんだかロウソクなんだか分からないようなものが出て来る。
それにゴミも多い。ビニール繊維とか明らかに食えないのが混じっていたりするし、ヒドイもんだよ。家で調理した米とは完全に別物になる。

学食について話していても始まらんから、話を戻そうぜ!
日本だと米って主食として別格の扱いになっているのは間違いない。以前日本人に聞いたんだが、麺や餃子、ジャガイモとかではダメらしい。食えない事は無いそうだが、米以外が続くと精神的にキツイという話だった。

日本人の米に対する感情は独特の強さがあるよな。日本の関わる貿易協定でも米の関税でもめているニュースをよく見る。

俺は飯でも麺でも構わないが、一つの種類をずっと食べるのはキツイな……

日本人はご飯が無いとおかずを食べられないらしい。

それ普通は逆だろう……
おかずが無いと主食、米が食べられないとかのはずなのに……

何にしろ、日本の米の飯は美味しいと思うよ。
ウチの国の米の飯とは違う。

ウチの国だと良い米は普通の店では買えないからね。ウチの国でも良い米の、新米とかはかなり美味しい。

うーむ……米への思い入れというのは分からんな。
私はマントウや花捲が無い時くらいしか食わないし。

南方人としては、普通に米大好きだと言わせてもらおう。米はよく食べる主食だ。

だよね。南方人としては米の飯は欠かすことのできない食い物だ。

北方人でも俺のように米の飯が好きな人間はいるぞ。卵かけごはんだっていける。

日本の米の美味しさに関しては電気釜も重要。
日本国内仕様のはかなり美味しい米が炊ける。

私は米の違いについてはよく分からない。
北方と南方で違いがあるのが分かるくらいだな。

種類なのか調理方法なのかは分からんが、食べ慣れた南方の米の飯ならかなり食べられるが、北方の米の飯だと半分か三分の一くらいしか食べられない。

私は主食を麺、米、餃子、ワンタン、米線、ジャガイモなどで適当にローテーションしながら過ごしているんだが、日本人はそうではないみたいだね。

しかし日本人って麺を主食として食い続けるのはダメなのか?
私はご飯も好きだが、麺も好きなんだが。

そう言えば日本人は米の飯とラーメン、どっちが好きなんだろうか?
私はラーメンの方が良い。

その答えを教えてやろう。
日本人は「ラーメンとご飯を一緒に食べる」という選択をする!

マジか!?
ご飯と餃子だけでなく、ご飯とラーメンなんて炭水化物重ねをやるのか……

日本人はラーメンを食べる際にもご飯が欲しいという人がいるな。ただ、以前聞いた話では餃子に比べるとご飯を一緒に食べるケースはやや少ないということだったような。

普通にやるよ。「ラーメンライス」ってのが一般的なセットメニューになってる。
日本人はセットメニューにする際に、なんでもご飯をつける。



とまぁ、こんな感じで。
中国の食習慣、特に米をそこまで食べない地方の人からすると、不思議に思えるような所もあるようです。

ちなみに今はどうだか分かりませんが、私が中国にいた当時はご飯の美味しさに関しては日本とかなり差がありました。おかゆや炒飯ならそこそこ食べられたのですが、炊いたご飯に関しては本当にもう……

あと中国の学食はわりと地獄というか、ヒドイ所は本当にシャレになりませんね。
一応私の経験でも清華大学など学食が普通に美味しい所もあったのですが、贅沢とかそういうのではなく、本当に不味くて食べられない学食というのが特に珍しく無かったのがなんとも厳しかったです。
この辺についてはなかなか改善されないようで、中国の学生が学食を嫌って学校外に出て食事をしたがるのも無理もない話です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「我が国のアニメ『霊剣山』、1月からの日本での放映時間確定。いよいよだ……」

ぼちぼち1月の新作アニメに関する情報も増えてきましたが、
中国オタク事情的には中国のテンセントとスタジオディーンによる制作の新作アニメ
「霊剣山 星屑たちの宴」
が気になりますね。

霊剣山 星屑たちの宴 オフィシャルWEBサイト

そんな訳で、今回は中国のソッチ系のサイトで行われていた
「霊剣山 星屑たちの宴」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


我が国のアニメ「霊剣山」、1月からの日本での放映時間確定。いよいよだ……

中国の作品がこうやって飛び出していくのはスバラシイ。

ほうほう11日開始?
恐らく冬休みに入ってるからちょうどいいな。
1月新作で追っかける作品が一つ増えたわ。

あと一ヶ月か。待ち遠しい。
ところで国内の放映時間はどうなってるんだ?それと中国語版と日本語版のどっちになるんだ?

たぶん同時配信だろ。それかこっちの方が少し早いとかになるんじゃね?
あと国内向けは中国語版でウチの国の声優使うんじゃなかったっけ?
日本語版も同時配信というのも考えられるな。

日本関係のスタッフは一部だけだった「雛蜂」と違って、こっちは日本の制作会社で全部制作か。テンセントはやっぱ金あるんだなー

国内では配信サイトはどこになるんだろう?

テンセントの作品と企画だから、国内ではテンセント独占じゃないか。
ただIPで稼ぐ場合、アニメだけ複数の動画サイトに流す可能性も考えられる。bilibiliとかでも配信されたら面白いんだが。

日本の深夜枠、他の日本のアニメと並んでいるというのはなんか感慨深いな。
ニコニコ動画の生放送とかはあるのかな?

俺は放映時間よりも日本語のタイトルの方が何かクラクラする……
まあスタジオディーンなら過去の作品を見る限り、ある程度の質は保証されるだろう。

日本語タイトルは「星屑たちの宴」か。
たぶんアニメ化の情報が全く無かった時代にウチの国のファンに言ったら、信じてもらえないか、ネタ扱いされたと思う。

「霊剣山」は中国純正の仙人関係のストーリーだが、こういう作品が日本の会社を活用して作られたってのは非常に大きな進歩だね。

霊剣山は漫画版も画は良かったから、キャラデザあっちでも良かった気はする。
ただ内容は小説からイロイロと削られていたし、ウチの国でアニメ化したら更にアレコレとヤバそうな所を削られてしまったと思う。そういう面でも日本でアニメ化されるのは良い話なんじゃないかな。

基本設定はウチの国の純正かもしれないがネタはかなりヤバイの多いんだが、その辺どうするんだろう?権利問題的なのが発生しそうなネタもやってるし……

その辺りどうやるんだろうね。「銀魂」みたいな感じでやるんだろうか?

おそ松さんの第一話を見た感じだとなんとかなるんじゃないの?
制作はDEENで日本側のスタッフだし、問題にならないラインに調整されるんじゃないか?

Fateっぽいアレやコレ、てか騎士王とかその辺りになると危険な気もするが序盤ならたぶん大丈夫だろ。直接丸パクリってわけじゃなかったはずだし。

阿娅か……あれ、まんま元ネタがセイバーだからな。
クラス騎士王、武器が石中剣、そして英霊でゴニョゴニョな設定……てか、英霊って単語の使い方も明らかにfate?
阿娅のアニメ版キャラデザとか見て見たかったなー

騎士王関係は漫画版でもかなり「回避」するためのアレコレが入っていたからアニメなら更に変えて来るかも。もっとも1クールだとそこまで行かないんじゃないか?門派に入った所で一区切りとかになりそうな予感。

キャラデザと言えばアニメのキャラデザ、結構変わってるんだな。
王舞とか白髪じゃなかったけ?

いやそれより、作品のイラスト真ん中のキャラ……俺一瞬、この黒ストはヒロイン?誰だ!?と喜んじまったよ。
これ主人公の王陸かよ!
(訳注:公式サイトのこちらなどで使われている版権素材についての話だと思われます)

ああ、うん。自分もなぜか脚線美に目が行った。別の意味で気になる作品になってきたぜ……

髪が黄色になってる。何故だ。

このヒロインっぽい女の子は誰?と思ったら王陸か。
これが俺達の王陸師父……?

なんか自分も男の娘キャラに見えてきた。
いや漫画版にもその方向のキャラっぽくするネタはあるんだが!

私は構図が気になったなあ。よくある構図だけど、配置とキャラの役割を考えると……

俺の王陸がこんなに萌えキャラなわけがない!!

キャラデザは大丈夫だろ。俺としては、日本でこの作品のストーリーが受け入れられるかということの方がも気になるんだが。

日本人でウチの国の漫画読んでいる人間は普通にいる。
他にも「巴啦啦小魔仙」が注目されて話題になってるし、心配する必要ないだろ。

ぽっと出の弟子が兄弟子や師父を踏み台にして俺TUEEEEするような作品、大丈夫か?

後半は結構グダグダになるが、前半は評価高いし問題無いだろ。
こっちで叩かれるのは主に後半部分だしな。

日本のラノベ系アニメを見ても別に俺TUEEEEが嫌われているわけじゃないし、そこは気にしないでもいいんじゃないか?
ただ私は「ウチの国のネット小説の俺TUEEEEのやり方」が日本でどう受け止められるかは気になる。



とまぁ、こんな感じで。
なんだかんだで期待されているようで、徐々に公開されている情報についてもイロイロと話題になっていました。

内容諸々に関しては続報を待つとして、この「霊剣山」に関して個人的に気になっているのが作品の1話の時間についてですね。
中国の動画サイトでは国産アニメは1話約15分程度が一般的だと聞きますが、

・霊剣山は中国式に1話15分でそのまま放映していくのか、それとも日本で多い1話30分の方になっているのか?
・仮に1話15分の中国のフォーマットでの制作だった場合、放映スケジュールはどうなるのか?15分枠なのか、それとも30分枠取って2話放映などになったりするのか?

といった辺りはどうなるのかと。
公式サイトを見ても、始まる時間しか出ていないようなので、この辺に関しても続報待ちでしょうか。
現在テンセントで配信され、中国語吹き替え版も含めて大人気になっている「DIABOLIK LOVERS」などは15分枠だったはずですし、15分枠なのかなーという気もしますが。

現在日本のテレビでも放映することを前提とした、中国国産系のアニメの制作の話がイロイロと出て来ていますが、1話の時間と日本の放映枠との調整、放映の仕方に関してはどこもハッキリしないというか調整中のような話も聞きます。

そんな訳で「霊剣山」については作品の内容に加えて、放映時間などの中国国産系アニメの日本展開のフォーマットがどうなるのか、今後への影響は……といった辺りに関してもイロイロと気になる所ですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「スタジオディーンが中国国産作品をアニメ化!しかも日本のテレビで放映!らしい」

変身シーンが中国オタク界隈で大ウケしている中国産魔法少女アニメについてイロイロと

中国オタク「日本では中日妖怪大戦だと孫悟空無双と予想されている模様」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

日本のネットで話題になったネタや、スレのまとめなどが中国のネットに輸入されて話題になるといったことは少なくありませんが、恐らくこちらの

日本妖怪と中国妖怪が全面戦争したらwwwwwwwwwwww(哲学ニュースnwk)

ではないかと思われるスレが中国のソッチ系のサイトに翻訳転載されて話題になっているようです。
そんな訳で以下にその辺に関するやりとりを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本では中日妖怪大戦だと孫悟空無双と予想されている模様。

妖怪ってどの範囲だ?
一般的な怪物?神仙や神獣の類はどうなるんだ?

まず、どのレベルの妖怪が戦うのかという問題が。
神仙系とか、神話系はどうなのかとか、盤古みたいな天地創造系は入れていいのかとか……

四凶とか出たら瞬殺だよ。

四凶は妖怪じゃなくて神レベルじゃないの?
あと山海教に出て来るのも妖怪と言えるかどうか微妙なのが多い。ヘンな生き物みたいなのもあるし。

中国側、四神クラス出したらあっさり勝ちそう。

なんか日本の予想だと孫悟空も強いし、他を考えても中国優勢。
九尾の狐を日本枠に引き入れられないだろうか……みたいな話になっている?

日本では九尾の狐の評価高いね。
大きな話になるとだいたい九尾だよな。

元スレ見に行ったけど、燭陰って妖怪枠なんだろうか?

中国の妖怪って天井知らずな設定になっていて同じレベルで比較とか、話題にするのが難しい気がする。色んな所の伝説が集まったものだからしょうがない話ではあるが、統一したイメージのようなものが無いから実際に語るとなると混乱してしまう人もいるんじゃないか?

やはり「建国」の前は強国だったんだな。
建国以降はこの手の神話や妖怪は……

今だと話題そのものが存在の危機だからな!
恐怖霊異はダメ、非科学的なのはダメ!かどうのこうので!

ああ、そうか。
建国以降はウチの国では妖怪の存在が許されないとかいうネタがあったな。
現代ベースで考えると逆にウチの国が戦力壊滅で勝負にならん可能性もあるのか。

だ、大丈夫、西遊記だけは四大名著枠で生き残ってるから!毒や幻想はどんどん抜けてるけど!

実際、孫悟空一人で何とかできそうな気はする。
日本の妖怪にはこっちの封神榜クラスの強さのヤツはほぼいない印象だ。

日本は何でも妖怪になるけど戦闘力は弱い。ウチの国の妖怪はチート能力付与的な戦闘力の設定になっているから、こういう比較だと勝負にならんだろう。
ただ日本の妖怪って人間レベルで考えた場合かなり怖いのが結構いるのは興味深い。

日本と中国では妖怪体系とでもいうべきものが明らかに異なる。比較しても意味ないだろ。

水木しげるの妖怪って、民間伝承系の妖怪がメインだったはずだし、そうなると神話系の多いウチの国の妖怪とかとは正面からだと勝負にならんと思うんだが……

日本の二次元系自称普通の高校生キャラとかを投入されたりしなければ、圧勝だろう。

日本の神話系の怪物はどれもそんなに強くない印象。私の知っている強いのは八岐大蛇くらいだ。

実際、日本の八百万の神で高い戦闘力を持った神ってどれくらいいるんだろうか。

日本ではなんでも神になるらしいが、俺の印象だとどれもそれほど強力ではなかった気がする。

日本神話系が弱いんじゃなくて、中国の神話の妖怪の設定がチート過ぎるというべきでは。

ウチの国は設定のスケール広げる方向だからな。
逆に日本の八百万の神って妙に小さい方向に行ったり、明らかに弱過ぎっぽいのがいたりと、そっちはそっちで面白い。

日本の神って戦うための神ってのがそんなにいないようだし、妖怪というか化物の方向性も違う。単純に比較できない。

日本の妖怪って中国から伝わったのも多いんじゃね?
そっちから考えても勝負にならんような。

実はウチの国の妖怪もインド原産のがわりといたりするんだが……

実は神仙系もインド原産のが結構あるしなあ。
化物枠に入るのかどうかを考えても、中国国産だけで勝負という定義になると意外に難しそう。てかインド系強過ぎ。

しかしこういうのを見ると、国ごとの妄想の方向性みたいなものが見えて面白いね。
日本の妖怪は種類が多い、ウチの国は神的なレベルに設定され易いとか、そんな風に感じる。

日本の妖怪は生活に密着した小さな怪物とでもいうべきものが多い気がする。

ところで日本人が孫悟空と一緒に語っている、豚と河童って猪八戒と沙悟浄?沙悟浄がなぜ河童?

なぜそうなったのか分からないが、日本の西遊記では沙悟浄は河童として認識されているらしい。西遊記のメインキャラに関しても、「猿、豚、河童」と様々な媒体や作品で言及されている。

河童って中国から伝わった説もあるらしいが、ほぼ日本妖怪枠だよね?なぜ西遊記にそんなものが……

水に関する妖怪で禿頭ってのが日本の河童と重なり過ぎているから、河童のイメージで固定されちゃったとかじゃないかな?とりあえず沙悟浄のイメージは日本だと完全に別モノ。

そもそも、孫悟空って妖怪枠でいいの?
日本だと西遊記のメインキャラとかみんな妖怪という認識だったりするの?



とまぁ、こんな感じで。
わりと好き勝手な評論が飛び交っているようでした。

ただ、「妖怪」の定義が中国の方ではハッキリしていないこともあってか、どのような存在をイメージするかは人それぞれな所も見受けられました。

現在の中国でも「妖怪」という言葉は普通に通じるようですが、そのイメージについては日本の作品経由のものになっているような所もあり、「妖怪」に中国の伝説や伝承、神仙や怪異、精霊といった存在のどの辺りを当てはめるのか……といったことに関してはイロイロと混乱しているようですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国人「日本の沙悟浄が謎すぎる。何あの怪物?」

中国オタク「日本のアニメで金持ちキャラが主人公で金を使って活躍する作品って、案外無いんじゃないか?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本のアニメや漫画のお約束的、定番の要素に関する話題や考察が飛び交っていますが、そんな中で
「金持ち系主人公って日本のアニメや漫画ではいないような?」
といったことに関するやり取りが行われていました。

そんな訳で以下にその辺に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のアニメで金持ちキャラが主人公で金を使って活躍する作品、案外無いんじゃないか?
探せばありそうな気もするんだが自分には思いつかん。

上流階級が舞台になる作品の主人公というのとは違うんだよな。

登場キャラが基本的に皆金持ちな上流階級系の話というのは別で頼む。金持ちが主人公で、自分の資金力や権力も武器の一つとして活躍する、そんな感じの作品を知りたい。

大富豪が主人公で……と言うパターンか。
アメコミで言えば「アイアンマン」や「バットマン」とかか。

ラノベにはそういうの無かったっけ?
ネット小説でも大会社の社長だとか、御曹司や令嬢だかな主人公キャラは結構いるような気がするが。

ヒロインが金持ちとか、海馬瀬人みたいなライバル枠だと結構いるんだが……

私の中だと富豪キャラって障害になるキャラか、便利な(話を創る上でも)アイテム的なキャラかという印象だ。それに富豪キャラって、批判されるか嘲笑されるかな扱いが付きまとうからね。

金があると問題のスケールをかなり大きくしなければマネーパワーですぐに解決されてしまうという問題がある。
アニメに出て来るようなキャラの遭遇する事件のレベルだとそう言う面でも厳しい。

金持ちキャラで感情移入できる主人公を作るのは難しいからだろ。
これが金持ちではなく血統の良いキャラだと全然違うんだが……

血統の良いキャラとかだと、国を追われたとか、落ちぶれた状態とのギャップ、真の主君は……とか、本来手にするべき地位や財産が……的な話に無理なく入れるからね。

御曹司キャラを主人公にするとか叩かれる原因をわざわざ作るようなもんだよ。

金持ちキャラでも「荒川アンダー ザ ブリッジ」みたいな方向なら、主人公的ポジションがやれるぞ!
御曹司キャラでもギャップやネタを混ぜれば面白くしたり、感情移入させたりはできるはず。

「城下町のダンデライオン」は金持ち能力活用じゃないけど、金持ち枠……かな?

「ニセコイ」は主人公の実家が裏社会の組織だけど、少なくとも金持ち、ある種の権力者サイドじゃないか?

主人公枠で金持ちってことなら、ジョジョはそっちの方に入るんじゃないか?
金持ちパワーまできっちり活用ってことはあまり無いが。

少女マンガ、女性向けの作品って男性キャラはだいたい「王子様」的な存在じゃない?ルックスでも地位でも財力でも。

そうそう。女性向けの作品だと出て来る主役級の男性キャラは金持ちが多い。

それは男女逆転しているだけで、実質的には少年漫画や男性向けラノベのヒロイン枠じゃないか。「桜蘭高校ホスト部」とか、逆ハーレムの対象が金持ちってケースは珍しくない。

シンデレラ的なストーリーは男性向け女性向け問わずある。ここで探すべきなのはそのシンデレラストーリーの、王子様的ポジションが主人公なパターンでしょ。

主人公が突然金持ちになるというケースもあるが、これは上流階級系の作品と見るべきかな?

でもそっちは探せばなんかありそうだな。メイドがヒロイン枠の作品だと、なんか出てきそうな気がするが……
「花右京メイド隊」はちょっと違うか?「エマ」は男女どっちの視点で見るかで変わりそう。

うむメイドに関しては金が無ければ養えないし雇えない。
あと「黒執事」のように、執事系のキャラが出るような作品でもなんかありそう。

ウチの国では知られていないけど、日本の少女漫画の名作に「パタリロ!」という作品がある。これは大金持ちな国王が主人公のコメディ。少女マンガ系の作品は富豪、貴族が主人公な作品は探せば結構ありそうな気がする。でも少年向けだと確かに少ないかもね。

「乙女はお姉さまに恋してる」の宮小路瑞穂は上流階級系だけど、主人公がその中でも断トツのハイスペックだから、ある種の富豪系と見ても良いような気がする。

ウチの国でもそうだが、日本の視聴者は設定をきちんと作り上げないと金持ち主人公に感情移入しないんだろ。貧乏過ぎるのと同じで、金持ち過ぎるのも逆に感情移入できなくなるんだと思う。

ポケモンのコジロウのように御曹司が家を出て実は苦労しているとかだとやり方によっては良いキャラになると思うんだけど。

作り手も視聴者も、あんまり金持ちの経験が無いから説得力のある描写ができないんじゃないの?
典型的な金持ちキャラとして動かすならともかく、主人公にした場合は日常生活や思考形態まで含めて描写して、視聴者に感情移入させないといけないし。

アニメで金と権力を活用する主人公なら「ダイターン3」が。
他にもロボ系だと「ガンダムW」のカトル、「超重神グラヴィオン」のサンドマンといった主役格が金持ちで財力をロボに使っているケースが結構ある。

破嵐万丈の財閥設定ってスパロボオリジナルじゃないの?

破嵐財閥はスパロボオリジナルの設定だけど、アニメの方でも執事のいる生活しているし間違いなく金持ちだよ。

ドラマになるような作品、青年向けならあるけど、少年向けだと無いかも……
アニメのターゲットってなんだかんだで青少年層なわけだし。

でもさ、比較的大きな家で車もあって、親は両方とも忙しくてあまり家にいない……こんなありふれた設定の主人公は珍しくないが、俺はこの時点で結構な金持ちと言える気がするんだが……

それってあくまで一般レベルの裕福さだろ?
ネタレベルというか、一般と隔絶したレベルの富豪とかではないし。

やっぱ持ってる金が多過ぎると感情移入し難くなるのかな。

そりゃ大人になってみるとお金と暇のある人間が英雄になるというのも分かるが、若いときはそこまで割り切れないさ。

日本社会の習慣、イメージなどの影響もあるんじゃないの?
あの国、上流階級的なものは存在するようだけど富豪個人の活動なんてのはあんまり表に出ていないでしょ。アメリカとかは富豪がキャラとして社会や娯楽分野に出ている。
青少年向けの作品だとこういった違いが顕著に出るんじゃないだろうか?

西洋と違って、東洋では金持ちは悪役ではあっても、ヒーローや社会への義務を持った存在ではない。ノブレス・オブリージュを持ったキャラと見做されないから、日本でアニメになるような作品では出てこないんじゃないだろうか?
血統の良いキャラというのは珍しくないんだけどね。

言っちゃなんだけど、漫画家やラノベ作家、アニメの制作スタッフで金持ち、金持ちの生活が描けるような人間がいないんじゃないの?

日本にもバブル景気の時期があったし、そういう頃の経験をもとにすれば有りそうなもんだが。

例えば手塚治虫とか宮崎駿なんかは上流階級出身だったはず。
宮崎アニメへのツッコミに、「貧乏人や下層階級の描写ができていない」なんてのもある。



とまぁ、こんな感じで。
「金持ち」の定義が曖昧ですし、これといった結論は出ていないようでしたが、話がそれてのイロイロな考察も行われていました。

それと今回話題になっている作品を見ていくと、現在の中国オタク界隈で広まり易い作品のジャンルや媒体といったものが見えてくるのも興味深い所ですね。

ちなみに「金持ち系主人公」で私が真っ先に思いついたのは「おぼっちゃまくん」と「勇者特急マイトガイン」だったのですが、これは中国オタク界隈ではあんまり知られていない作品のようです。
「おぼっちゃまくん」は時期が古いのと対象年齢がやや低めといったことから、現在の中国オタク界隈で知られていないのも無理はないですし、勇者シリーズはスパロボに出ている「勇者王ガオガイガー」以外はなかなか知る機会が無いようで……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「慌てるな、まだ解散だと正式な発表があったわけではない!」 μ’s解散?に関する中国オタクの反応や動画流出関係の反応について

μ’sのファイナルライブが発表されたり、その番組の動画が事前に流出したりとイロイロと大騒動になっているようですね。

紅白出場の「μ’s」が来年春のドーム公演をもって解散 発表番組が事前にネット流出(東スポWeb)

この件に関して、ありがたいことにネタのタレコミや質問をたくさんいただいておりますので、今回はその件についてを。

この件の発端となったのは番組動画が放映前に流出したことからだそうですが、教えていただいた情報によれば流出騒動の流れが萌娘百科のページ(中国語)などでもまとめられているそうです。

流出に関する大まかな流れとしては
4日夜に台湾の動画サイトlivehouseで6日に放映予定だった動画が生放送される
→5日に日付が変わった頃には日本も含めてネットに拡散

といったものだそうです。

ちなみにこの件、日本のニュースでは中国の動画サイトから流出したと報道されていますが、当初アップしたのは韓国系のユーザーだという話も出ており、
「中国人のせい」
と一概に批判されるのは納得いかない方もいるそうで、中国オタク界隈ではイロイロと嘆きの声も出ているとかなんとか。

また、5日になってからbilibiliの方にこの流出動画が中国語字幕付きでアップされたものの、日本のニュースでは「中国の動画サイトから」と報道されていることからか日本でこの件に関する中国人叩きが行われているのもあってか、中国のネットでは批判が巻き起こり、午後にはアップした人間の謝罪とともに削除されるなんて事件も起こったそうで……

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ラブライブのファイナルが来てしまうって、ホント?
今流れている情報ってどれくらい信用できるの?

流出した内容で間違いないよ。
日本でもそれと全く同じのが放映された。

いつかは来るものだが、こんなに早く解散するなんて……

慌てるな、まだ解散だと正式な発表があったわけではない!

うむ。解散という言葉は一言も出ていない。

でも「ファイナル」ってあるしなあ……

起きたら世界が変わっていた。
自分はまだ夢の中だと信じたいくらいだ。

大成功して幻想を作り出した、そのタイミングでか……
今後はランティス祭りなどに出演してくれたりするといいんだが。

解散は無いだろ。
ライブやシングル曲が当面なくなるくらいさ。
なあ、そうなんだろ?

受け入れられない。ファイナルなんて見たくない。
ああああああああああああああ

いや、ほら、あの国、ファイナルなファンタジーをずっと続けているし……

落ち着け、日本ではファイナルは終わりという意味ではない。
あの国では「ラスト」になったら本当に終わりだが、「ファイナル」ならまだ大丈夫だ!!

新しいジャンル、新たなアイドルの形を創りだしてそのまま解散とか、スゴイ。
信者とかじゃないから気軽に言ってしまえるが、ここで解散となったら本当に伝説を創ることになるかも。

私は活動休止まではいくと思うんだが、どうだろう?
ファイナルとあるくらいだし少なくとも活動に一区切りつけるということだと思う。

実質的な活動休止にはなるかもしれないが、解散というわけではないだろう。する理由が無い。μ's名義での9人そろっての出演がほとんど無くなるとかじゃないかな、

南條愛乃の負傷といった問題もあるし、活動をスローペースにするか、一度休止するとかは納得できる。解散についてもこの延長で考えたら有り得るとか思ってしまうわ。

μ'sは既に5年くらい活動しているからね。ライブで飛んだり跳ねたりして、それと同時に声優としての仕事もやるとなるとキツイ年齢になってきたんじゃないだろうか。
別に声優をやめるわけではないし、今後も応援していけるから自分はそこまで絶望はしていない。

日本のニュース見たが、契約期間が終わるってのは声優をラブライブ関係優先で拘束できる契約が終わるってことなんじゃないかね。
μ’sが消えるってことはないんじゃないの?ここで消滅させる理由が見付からない。

今後ラブライブがサンシャインの方を中心に展開されていくという理由からのμ’sの解散はアリだと思う。アニメの話を進めるにしても、学校卒業させないといけないからね。
でもμ’s自体の存続については気にしないでもいいんじゃないかな。キャラは何度も再登場というか再利用できる。解散→限定復活みたいなことだってやれる。

自分は邪教に入信していなかったけど、別ジャンルで似たようなことに遭遇して大ダメージを食らった経験もあるから、忠誠心の高いファンの連中の事を考えると心が痛む。

俺の高校生活はラブライブと一緒にあったんだ……まさか、まさか……

いくらなんでも早過ぎるよー
確かに今が頂点かもしれないが、下り坂になるにしたってまだ先じゃないか!

邪教に入信した途端に解散……!
なぜだ!!

私はこの夏に大ハマりして、これからってつもりだったのに!
もうアイドルアニメなんか見ねえよ!

段々と稼げなくなるよりも、デカいニュースをぶち上げて稼ごう、次の企画につなげようってことだろ。
商業なんだからしょうがない面もあるだろうが、この解散商法はさすがにヒドイと思う。

俺はこの日が来るのを覚悟していた。
確かに残念だが、一番輝いている時に幕を下ろすことについては満足も覚えている。
他の人気作品のように、人気が下り坂になってから「ラブライブはもう終わった!」などと叩かれ、嘲笑されるよりは余程いい。

なるほど。改めて考えると同じアイドル系作品のアイマスよりは無難な移行なのかなー
アイマスは2に移行するとき人気キャラを強引に外すなどの世代交代+男性キャラ投入の路線拡大を目論んで大失敗して大変なことになったからな……
今考えてみると、アイマス2のキャラ変更もμ'sの解散も声優の契約期間やコストの問題という面もあるのかな。

私はラブライバーと言えるほどじゃなかったけど、曲もストーリーも嫌いじゃなかったから残念に思う。
それにしてもラブライブは現実と違ってスキャンダルが無い分、幻想を心おきなく追いかけられるという強みがあったが、まさか現実との連結部分で解散するというネタが飛ぶとは。

ここで終わりか……誰もμ'sを知らなかった頃を知っているから、今の人気は奇跡のように思える。奇跡のままμ'sのストーリーは終わるのかな。

しかし大混乱だな。
ショックを受けているヤツ、釣りをしたいヤツ、炎上させたいヤツまで加わって何が何だか。

結局、ラブライブは終わるってことでいいの?

実際どうなんだろうなあ。
こっちではμ's単独のライブが無くなる、今後はサンシャインのライブに切り替わる的な見方も出ているが。

μ'sは一線を退いて、Aqoursがメインで活躍していくってだけだぞ。
μ'sic Forever!

もったいないという言葉に尽きる。
グッズやアルバムは今後も出して欲しいんだが。
ええい、こうなったら早くサンシャインの情報を寄越せえええええええ!

好きではあったが、信仰と言うレベルではないと思っていた。
でも解散という言葉を全く受け入れられない自分がいた。
まさか最後になって自分の信仰に気付かされるなんて。



とまぁ、こんな感じで。
いまだに混乱は続いている模様です。

中国でのラブライブ人気は今もなお絶好調といった状態でしたから、この情報に関しては完全に寝耳に水だったようですね。
現地の動向に関しては今後も引き続き追っかけて行こうかと思います。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本だとデジモンはポケモンの相手にならないってホント?」

ありがたいことに
「ポケモンとデジモンの中国のオタクの間での評価は?」
といったことに関するネタのタレコミと質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

ポケモンもデジモンも中国で非常に知名度の高い作品となっていますが、
中国独自の事情、特に「デジモンアドベンチャー」に対する思い入れの強さというのもあったりします。
中国のソッチ系のサイトでは
「ポケモンとデジモンの評価」
に関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本だとデジモンはポケモンの相手にならないってホント?

私はデジモンの方がストーリーの含蓄があって好きなんだけどなあ。
仲間と出会って強敵に立ち向かい、最後は別れるという流れがきちんとあるし。

ポケモンも嫌いじゃないけど、デジモンの方が好き。ポケモンは子供向け過ぎて……

ジャンルが違うし比較するのがおかしい気がするが。

力を入れている部分が違うからね。ポケモンのアニメとかつまんないというか、見る価値ないね。

日本だとカワイイ系のキャラがウケるからしょうがない。
デジモンはポケモンと比べてカッコイイ、グロテスク系だ。

ポケモンのアニメはどんどん低年齢向けになるのがダメだわ。
サトシの知力もどんどん下がる。
ゲームは悪くないんだけどね。

ポケモンの方が強いって、そりゃ当然じゃないか。

その意見に同意。デジモンとかどこが良いのよ?
俺は主題歌以外良さが分からん。

さすがに主題歌だけじゃないとは思うが、子供の頃に見てハマったことによる補正効果は否定できん。
ポケモンは基本的にコメディ寄りの作品だってのも長期的な人気の面では大きいんじゃないか?デジモンは正義と悪の戦いが前面に出ているから、良くも悪くもその辺りに余裕が無い。
それにポケモンはテレビと劇場版で話の方向性を変えられる。

正直言って、私はデジモンの方が好き。
小さい頃に見たデジモンのキャラクターは本当に輝いて見えた覚えがある、
さすがに今の感覚で見ると幼稚な部分もあるけど、私にとっては大事な思い出だ。

デジモンとポケモンに差がついているように見える原因は単純。ゲームの知名度の差によるものだ。だから一般の人間の印象に大きな違いが生まれる。
アニメでは全く異なるのにな。

ポケモンは3DSだから話にならない。
デジモンはvitaの方で出てるから、画面のクオリティで相手にもならんよ。

言っちゃなんだがゲームに関しては明らかにポケモンの勝ちじゃないか?
俺、デジモンのゲームはどれもクリアまで行ったことが無い。

キャラについては、ポケモンはデジモンの相手にもならない。

まぁポケモンは長く続き過ぎてキャラの造形が一貫していないように見えてしまうからね。サトシの知識は全く蓄積されないし!

でも続編でキャラがグダグダになったり、キャラの言動が混乱したりするのはデジモンも変わらんような。

デジモンの第一部は名作だけど、それ以降は?
デジモンはアドベンチャーのイメージで語られることが多いけど、その後に関してはこっちでもわりと賛否両論だと思う。

tri.とかキャラデザの変更に盛大なツッコみが入ったのに、ついに上映開始になって日本で結構好調だというのにあんまり話題になってないのが……

ちなみに、ポケモンには「ポケットモンスターSPECIAL」という漫画版が有ってだな……ポケモンを幼稚だと言う人にはそれを見てもらいたい。

デジモンは昔の作品のまま、思い出のままでいられるのが強さの理由の一つ。
最近出た新作はゲームもアニメも普通な出来だけど、この手の話題の時にそっちが引き合いに出されることはない。

うーむ、実際の所ポケモンってウチの国における人気はどうなの?
私が小さい頃、ポケモンとデジモンの人気に明確な差はなかった覚えがある。

オタクの間では完全にデジモンの方が上だろう。ただ子供も含めると、分からん。
もっとも今は国産作品が我が国の子供向け市場を完全に占拠しているから、ポケモンもそこまで強くないと思う。

アニメ配信だとポケモンはわりと強かったような。
近年のアニメでデジモンは新作がtri以外の動きが無いし、現在の状況についてはなんとも。

ウチの国ではデジモンの方が再放送された回数は多いんじゃないかな?
それに当時の再放送スケジュール的に、ポケモンは飛び飛びで見た人が多くてストーリーがあまり印象に残っていないという事情もあるんじゃないだろうか。

日本だとポケモンに対抗できるのは妖怪ウォッチだな。
こっちは間違いなくポケモンに勝っていた時期がある。ゲームでも、商業展開でも、アニメでも。
そしてデジモンはその……今の日本だと過去の佳作くらいの評価、かな……?

妖怪ウォッチとか、こっちではもう完全に「なんで人気なのか分からん」レベルだよな……

てか上の方のレス、キャラについて語るなら、人間キャラじゃなくてポケモンとデジモンのキャラを比較するべきじゃないか?

ポケモンは覚えやすいしいろんな方向でネタにし易いけど、デジモンは覚え難いし基本的に戦う方向での扱いになってしまう。デジモンは個体それぞれにキャラが設定されていたり、ロイヤルナイツな設定があるけどこれが行き過ぎてファンの間に壁を作ってしまったような気もする。

私はそう言う設定があるから、デジモンの方が好きなんだけど。ポケモンはそういうのが無いし、イロイロと幼稚でハマれない。

関連作品やシリーズを通してみると、ポケモンの方が明らかに安定している。
デジモンは良い部分もあるけど、グダグダな所がポケモンより更に多い。

ウチの国だと任天堂系のゲームは「おもちゃ」扱いで評価が低いからなあ
日本でも、世界的に見てもゲームの広がり方が違う。評価に差が出るのも当然。

こっちだとデジモンとポケモンの比較がまずアニメでということになるからね。
そうなるとデジモンアドベンチャーの方が好みに合うし、評価され易いのは確か。
俺はどっちも好きなんだけどなー



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈では「デジモンアドベンチャー」の評価が非常に高いこともあってか、ポケモンと比較してどうのこうのというのは、わりと荒れやすい話題になってしまうようです。

この辺りについては、DS以降の任天堂系のゲーム機が中国本土ではあまり流行らなかったこともあってか、ポケットモンスターのゲームに関する思い入れが日本と比べて薄いという事情や、「デジモンアドベンチャー」が昔の中国のテレビで何度も放映され、中国オタクの面々にとっては「子供の頃の思い出」「心のアニメ」的な扱いになっていたり、主題歌の「Butter-Fly」が中国オタクの全世代で共通の定番のアニソンになっているといった事情なども影響しているのではないかと思われます。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「シュタインズ・ゲートの再放送でまさかの新展開だ。再放送でこんなことって、あるの!?」

もうすぐ続編も発売される
「シュタインズ・ゲート」

ですが、先日再放送ということで放映された第23話に思わぬ新作展開が加えられていました。

この件、早速中国の方にも伝わりココ(中国語)などでも早速ニュースとして報道されているようです。
「シュタインズ・ゲート」は中国オタク界隈でも評価が高く、作品の内容や各種設定に関する考察もイロイロと行われていることから、この突然の新展開に関してもちょっとした話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。
(ネタバレ的な話も混じっておりますので、一応お気を付けください)


シュタインズ・ゲートの再放送でまさかの新展開だ。再放送でこんなことって、あるの!?

うお……新展開!?
アニメの方でも別の世界線行っちゃうの!?

恐らく、今度の新作である「シュタインズ・ゲートゼロ」に続く内容だ。
23話の最後に出たのが、現在公開されているPVと同じ。助手がAIとして登場する、岡部とは出会っていないはずの世界線。

今朝この情報を見て本当に驚いた。
再放送とかそっちの方には全然アンテナ張ってなかったよ!
こういう新展開をやる再放送ってほとんど無いんじゃないか!?

再放送のついでに劇場版やグッズ販売などの情報をアップデートといったものはあったと思うが、コレのような完全な不意打ちってのは前例が無いんじゃないかな……

意味が分からん。
23話の内容に変更があったの?
それとも新作アニメ制作の発表でもあったの?

自分のことをシュタゲのファンだと誇っていたはずが、先ほど知り合いからこの話を振られてネタだと笑って否定するという失態……あああああああ

しゃあない。
私もニコ動で見ていたからたまたま知ったくらいだし。
日本では録画してなかったという悲鳴もあがってるようだ。

なんじゃこりゃ!?
いつの話だ!?

2日夜に行われた再放送の、後半部分。
そこで別のルートに入る新作部分が放映されたのよ。
事前情報が全く無かったようで、日本でも不意打ちを受けた人間が多い。

つまり、再放送版のアニメは別の世界線になったってことだ。

なんか混乱してくる……何度も情報を読み返してしまったよ。

キャプ画像を見た感じでは、変更部分のその後、秋葉原の街並みが現在のものになっているっぽいなあ。
実質新展開になるのは本当のようだ。

いや、面白い。こんなことをやってくるとは!
しかしこうなると、ラジオとか劇場版とかはどうなるの?

まぁ公式でその辺の明確なアナウンスは無いし、現時点ではなんとでも解釈可能としか。

とりあえず現在の情報で解釈できるのは、再放送版は23話からシュタインズ・ゲート0の世界線に入って、これまでのルートから分岐したらしいといったくらいか?
助手を救いに行くかどうかで、救いに行かなかったルートってことか。

ビンタの有無で世界線が変わると……

そんなルートあったっけ?
自分はゲームやってからかなり経っているし、もうかなり忘れている……

完全新作だよ。

こっちはβ世界線ってヤツか。

いや、驚いたのは確かだがどうすんの?蛇足にならん?
そもそも、このルートだと鬱展開不可避な気が……

0の方はどうなるんだ?助手を救うのか?それとも別の展開になるのか?

小説版や既存の媒体で発表されている作品の世界線とは違うのは確かみたい。マルチエンドという可能性もあるし、ハッキリ言ってゲームが発売されてみないと分からん!

しかし再放送のアニメ、まだあと1話残っているんだよな。
どうすんだろう、これ……

世界線の変化で、アニメ二期に入るとか?

今のところそれは無いはず。
今度発売する「シュタインズ・ゲートゼロ」の販促もかねてのものだろう。アニメの二期はゲームが当たったらの話じゃないか?

今度発売されるゲームは1クールやるだけの原作の分量は間違いなくあるだろうから、できればテレビでやって欲しいね。OVAとかはイヤだ。

でも、これって許されるものなの?
普通の再放送を期待していた人に対してはどうすんの?

あー……言われてみれば。
ガンダムのように再放送で人気になった作品とかだと問題になる手法だな。「シュタインズゲート」だからこそ許されるやり方なのかねえ

再放送の際の変更、新要素ってどれくらいあるものなの?

金かけずに使える手軽なコンテンツというのが再放送の主な理由、次になんらかの販促というパターンだから、追加要素が入ることはほとんど無いはず。
変わったところでは「涼宮ハルヒの憂鬱」もあるが、あれは再放送というより既存のリソースの再利用+新作という形だからちょっと違うかな。

むしろ、倫理基準の変化による修正削除、更には放映時間の関係からの削除といったものが入るケースが多いらしいよ。再放送は基本的に放映当時より減ることはあっても増えることは無いとか。

やはり、これは珍しいケースだろう。
自分だけじゃなく、日本のファンでさえ驚いているのを見て正直ちょっと安心した。
なんだかんだでシュタゲの新展開、それもアニメが絡むってのは嬉しい!



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈でも完全な不意打ちになった模様です。

中国のテレビでもアニメの再放送というのは頻繁に行われていますし、それを見て育った中国オタクの人も多いかと思われますが、日本のテレビでの再放送というものに関してはほぼ意識されていないようでした。

アニメの再放送というのは、ネットで視聴するのが基本になっている今の時代の中国オタクの面々にとって、意外な盲点となるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「日本では何々組とか組長とかはヤバイ言葉でもあるらしい」

今回はちょっと軽めのネタで一つ。

日本語と中国語では、同じ漢字で意味もそこまで変わらないものの、使われ方に関しては確かな差が存在する漢字というのも存在します。

先日、中国のソッチ系のサイトで
「日本語だと『組』という漢字にはヤバイ意味もあるらしい」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近知ったんだが、日本語の「組」はこっちとちょっと使われ方が違うそうだ。
日本では何々組とか組長とかはヤバイ言葉でもあるらしい。

そうだよ。
日本の暴力団、いわゆる「黒社会」は基本的に何々「組」と名乗っている。

あれ?じゃあ杉田組の組長って日本語だとネガティブな意味になったりするの?
杉田智和のことを組長とかって呼ぶと、あっちの世界の兄貴みたいな語感に?

人によってはそうなのは確かよ。あの言葉がネガティブな意味を持つのは確かだから、嫌がるファンの人もいるのかもね。

そんな違いがあるのか。面白い。
しかし完全に間違っているわけではないだけに、実際に正しく使おうとすると難しそう。思わぬ地雷を踏み抜きそうな予感が……

自分はなんかこう、ギャップ萌えのようなものを感じたわ。

その違いはグループの規模や順番的な部分でも違いがある。
例えば日本の学校とかでは、こっちの「組」と「班」がちょうど入れ替わっているようなもんらしいよ。

そうそう。
ウチの国だと何年何班なのが、日本だと何年何組になる。
そしてクラス内の「小組」が日本だと「班」になっている。

俺、学校で何度か組長やってたんだけど。

ウチの国にはいったいどれだけの組長が養成されているのだろうか?1クラスに数名、それが年に2回……!
(訳注:中国の学校は二学期制です)

何てことだ、日本においてはウチの国は小学校からヤバイことになっているというイメージが広まっている……かも!

その手のグループ分けの言葉、組長の他にも班長や隊長、大隊長なんかの日本語におけるイメージをちょっと知りたい。漢字が同じでも、受け取る印象が変わるようだし。

関連部門とかの「部門」どうなんだろう?
見た感じ使われ方は一緒だが、「組」のような別の意味も持っていたりするんじゃないかと気になる。

SOS団やFFF団といった組織の扱いや語感を考えると、「団」はあんまり変わらないはず。
でも「団長」になると日本では応援団長といった意味になるので、ウチの国のイメージよりも軽くなるはず。
(訳注:中国では「団長」というと、軍や共産主義青年団といった組織の「団長」のイメージが強くなるそうです)

部門は変わらないけど、翻訳の時に気を付けないといけないのが「部」だね。政府関係の組織だとこっちの「部」は日本語だと「省」という表記に翻訳することが多い。
それと「部長」という言葉は、日本だと一般的な会社の部門クラスの長という意味になる。これはそれなりの重役ではあるけど、政府関係になるウチの国の部長よりはかなり軽い。

ウチの国の部長は政府部門の首長だから、日本のより随分と重い意味になるよね。日本語に訳す場合基本的には「大臣」でよかったっけ?
あと考えてみれば「省」や「県」なんかも微妙に違うな。

今になって分かる、「クレヨンしんちゃん」の組長先生のネタの裏の意味!!

ああ、そう言えば「クレヨンしんちゃん」はまさにそうだな。
「老大」(兄貴)呼ばわりはまだいいけど、組長と呼んでもこっちだと意味が変わって元のネタが伝わらないんだよな……

あれ、そのまま「組長」で広まっちゃっているよな。
なるほど、ネタ部分の訳の難しさを改めて感じた。

一応「組長」に関して「日本語では『黒道』の兄貴の意味」と注釈入ったりしているけど、「クレヨンしんちゃん」みたいなコメディ作品だとその手の注釈は鬱陶しくなるからなー

ウチの学校、学習小組とかいっぱいあるんだけど……

うむ。私の所は物理組、数学組、体育組といった名前がそこら中で目に入る。これ、日本人が見たらどう思うのかね。

オタク関係でも、字幕組とか漢化組とか攻略組とかあるよな。

ネタだかホントのことだか知らないが、「字幕組」という言葉を日本人が見て「中国のアニメ漫画分野はここまでマフィアが関係しているのか?」と驚かれたなんて話を聞いた覚えが……
(訳注:「字幕組」は中国におけるアニメにファンサブ翻訳の字幕を付けてネットに勝手にアップしてしまうファンサブグループの通称です)

ウチの国のお偉いさん+武器なコラ画像に、所属するかしたかの「組」の情報を付けて日本人に見せると、妙に説得力が出る可能性も考えられるな!

中国にはどんだけ「黒社会」が多いと思われているのだろう。

なんかこんがらがって逆に面白いと思ってしまう。
中二病的な名前つけてる字幕組とかあるし、中国語を知らない日本人がその手の名前を見たときにどういった印象を受けるのか、とても気になる。

「山口山組」とか、日本だとどういう印象になるのだろうか!?
(訳注:「山口山」は、中国の「World of Warcraft」のスラング名称の一つです。「WOW」の「W」が「山」に見えることから来ているのだとか)

グラサンかけたマフィアの兄ちゃんが「今回のブツは?」とかでファンサブ活動やってるように思われているのかと考えてしまった。日本だとファンサブは違法行為としてのイメージが随分と強いと聞くしな。



とまぁ、こんな感じで。
同じ漢字で意味もそれほど離れてはいないけど……という言葉というのは面白いですよね。

ただ、こういう言葉は翻訳する際にイロイロとめんどくさいのも確かでして。
惰性で翻訳していてこの手の「似たような意味であっても翻訳が必要な漢字」やそういった漢字を使った役職などをスルーしてしまった場合、外から見れば笑えるけれど当事者にとっては非常に恥ずかしい間違いとなってしまったりも……

当ブログでもそういう恥ずかしい間違いをわりと頻繁にやらかしておりますが、そういった所に関してこっそり教えていただけると非常にありがたいです!


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ