「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

記憶が薄れる前に書いておこうと、北京において行った「文化交流」という名のオタク活動やその方面のネタを適当に綴っております。

2021年03月

中国オタク「皆がくっつくと思ったのにくっつかなかったヒロインのいる作品について聞きたい。心に少々のダメージ、モヤモヤを抱えるようなのってあるよね?」

ありがたいことに
「中国のオタクな人達はよく党争などの推しヒロイン争いで熱くなっていますし、期待したヒロインと主人公がくっつかない展開に対して怒っているのもよく見かけます。そんな中国で多くのダメージを与えたヒロインが気になります。具体的にはどの作品の誰なのでしょうか?」
という質問をいただきましたので今回はそれについてを。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「くっつくと思ったのにくっつかなかったキャラ達」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


皆がくっつくと思ったのにくっつかなかったヒロインのいる作品について聞きたい。
トラウマとまではいかないが、心に少々のダメージ、モヤモヤを抱えるようなのってあるよね?

碇シンジと綾波レイ
後から考えてみると庵野の作品の傾向的にエヴァはくっ付くエンドになるはずが無いというのは分かるんだけど、昔はそういうのを考えずに純真に見ていたからね……

それなら一護とルキアだよ!
作品についてはあまり語らなくても、この二人に関しては定期的に語っているし語り合う相手もいる。

では私もここで江戸川コナンと灰原哀について語ってもいいのかな?

作品は終わってないけど、終わってる組み合わせだからね……作者的に幼馴染、メインヒロインの蘭が負けるのはありえないと皆理解はしている。

新海誠の昔の作品は大体そんな感じ。

「秒速5センチメートル」でその心の痛みやモヤモヤを自覚した人は多いだろう。その後にどっちに進んだかまでは知らないが。

いまだに思い出すレベルなのは真中淳平と東条綾、桂木桂馬と鮎川天理の二組かな

その辺りは有名だし理解できる。
しかしその二組は考えてみれば対照的だよね。「いちご100%」は読者人気の多数派に合わせて、「神のみぞ知るセカイ」は人気関係無くストーリーの予定に合わせた。

デジモンの太一と空については今でも不満が続いているという話は聞くが。

デジモンだと私はタケルとヒカリの方がくっつかないことにもモヤモヤしたものを感じていたかなあ

同意。太一と空もだけどそっちの方も。
正直いまだに自分の中では納得できないままだがデジモンシリーズのその後の展開を見るともっとダメージ受けている人もいるのであまり言う機会がない。

私はまさに太一と空に関して引きずっている。デジモンはカップリングに関してダメージを受けることが多い作品だし、制作側を信じ過ぎてはいけないというのも学んだ作品だ。
あとポケモンのサトシとカスミの扱いもわりと納得できなかったなあ

そういえばスレのテーマから外れるが「ちはやふる」の千早と太一は今はどうなっているのだろうか。
見ているうちにダメっぽいな……と思うようになってきたのと、やはり太一という名前はダメなのかと思ったな。

子供の頃というなら
北斗星司と南夕子

南夕子はメビウスと劇場版があるからまだ良い方だと思う

あの劇場版良いよね。子供の頃の引っかかりが一つ消えてくれた。

犬夜叉と桔梗!!
リアルタイムではこっちがくっつくべきだと思っていたよ!

桔梗の方が人気はあったけどかごめの方がメインというか、主人公枠だったろ……

そういう話の都合と感情はまた別ですよ。
桔梗と犬夜叉がくっつかなかったことについては当時かなり荒れていた。

「ハヤテのごとく!」でハヤテが桂ヒナギクとくっつかなかったのにはがっかりしたが、その後の「トニカクカワイイ」には感謝している。

そういう方向に信頼できる作者とそうじゃない作者がいるよね。
私は「ネギま!」でそういうのを学んだ。ネギとエヴァンジェリンがくっついて欲しいと思っていたのが外れたはいいんだ、でも他のヒロイン選択がね……赤松健は人気重視と言いつつ意味不明な展開をやる印象だ。

「スパイラル〜推理の絆〜」の主人公とヒロイン。作品のギミック込みだが、今でも記憶に残っているトラウマ。

最近のだと「無職転生」のルディとナナホシだろうか。

「XXXHOLiC」の四月一日と九軒ひまわり
昔はCLAMPをよく知らなくて普通に信じていたんだ。

私は小さい頃に「X」でそういうのを学んだものさ……

作品的に無理だったというケースもあるんだけど、そう簡単には割り切れないんだよね。このテーマだと俺の場合は「パトレイバー」の後藤喜一と南雲しのぶかな。
南雲しのぶに関しては作り手の側でも解釈が一定しないし仕方がないのだろうけど。

「ガンダムSEED」のアスランとカガリ。「DESTINY」の方ではもう笑えてくる。

アスランとカガリはさすがにもうちょっとなんとかならなかったのね……スパロボだけが心を癒してくれる。

SEEDは外部ネタも含めて最終的にシン・アスカとルナマリアが一番幸せな組み合わせという認識になってくるのはどうなんだと思わなくもない。

ナルトとサスケ……もとい、ナルトとサクラ
サクラに関しては作者の心無い扱いが悲しい

「ニセコイ」の小野寺小咲が思い浮かんだけど、改めて考えてみたら「ニセコイ」はどの党派にとってもグダグダでダメージが発生していたな……

作品ジャンル的に微妙にズレるかもしれないが、ハリー・ポッターとハーマイオニー・グレンジャーにガックリ来た人はとても多かったというか、ファンの大多数がそれなんじゃないの?

作者が意外性を重視したり、予想を裏切りたくて期待まで裏切るのはカップリングに限らず様々なジャンルにあるからね。
ただ日本の二次元はガッカリ展開もあるけどまだサービスは多いというか、読者の希望をそれなりに反映してくれる部分もある気がする。党争も何かしら決着がつくし。

まぁこっちのネット小説は恋愛切り捨ての方向になっているし、連載を引き延ばす際にカップリングを固定する、決着をつけるのは得にならないとなるからな。

日本の作品の恋愛関係で不満なのは主にハーレムというか、一人しか選べない偽後宮展開だろう。カップリング自体はそれなりに良い感じになる。

でも「デジモン」みたいなのがあるわけで……

上の方でもかなり言われているけど太一と空のモヤモヤが残り続けている人は多い。自分もその一人だ。
カップリングでファンの期待を外すというのは強弱はさておき、負のイメージをかなり長く抱かせてしまうことにつながるのでは。

長く続く人は続くよね。私の知り合いにブルマと悟空についてずっと言っている人がいる。確かに最初から作品を見ているとはそのイメージだった人も少なくないのかもしれないが。

思い込みというのもあるからね。例えば私は小さい頃に藤崎竜の「封神演義」で太公望と妲己がくっつくのだと思っていたことがある。
不思議だが当時の自分はそういうもんだと思っていた。

小さい頃の印象と、ある程度歳をとってから見た印象が全然違うこともあるからな。
俺は小さい頃「マクロス」の一条輝がリン・ミンメイではなく早瀬未沙とくっついたのが本当に納得できなかった。でも大人になってから見ると一条輝の選択に深く同意することに。

大人になってから見ると印象が変わる、そうなる必然性みたいなのが見えてくることもあるよね。
例えば自分にとっては「烈火の炎」がそんな感じだった。小さい頃は霧沢風子と雷覇がくっつくものだと思っていた。いや、くっ付いて欲しいと思っていたのかな?

そういうのなら桜木花道と赤木晴子だろうか。
明らかにくっ付かない方が面白いんだよね……オタクになってたくさんの作品を見てからは仕方がないのも分かった。



とまぁ、こんな感じで。
語り出すとキリがないようでイロイロな作品とキャラの組み合わせが出ていました。

こういった話の中には歳をとって感覚が変わったり、オタクになってからたくさんの作品を見て制作者の意図を考察するようになったりした後に、改めて考えると見え方が変わってくることも少なくないようです。

しかしいまだに引きずっている人が多く、
この手の話題が盛り上がっているのを見るとやはり
「理解はできるが納得できるかどうかは別」
ということなのでしょうね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「みんなは普通の人に『好きなアニメは何?』と聞かれたらどうする?急に質問が来て慌ててしまい上手く答えられなかった……」

ありがたいことに手頃なネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

近年の中国ではアニメ視聴などをはじめとする、いわゆる中国語で言う所の二次元系の趣味がかなり一般化していると言われています。
またそれに伴って二次元系の話題が一般社会でもかなり通じるようになったり、イロイロな人の目に入るようになってのゴタゴタが発生したりするなど一昔前からは想像できないような事態が発生するようになっています。良くも悪くも。

しかし個人レベルで見ていくと、普通の人との交流において自分のオタク趣味をどのように扱うか、どういう形で語るかというのはまだまだ難しい問題だそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「普通の人に好きなアニメを聞かれたらどう答えるか?」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


みんなは普通の人に「好きなアニメは何?」と聞かれたらどうする?オタクをアピールする相手でも場でも無い。急に質問が来て慌ててしまい上手く答えられなかった……
自意識過剰だったのは分かっているが、俺の気持ちを理解してくれる人もいると期待している。そんなみんなの理想回答みたいなのを教えてくれ……!

理解できなくもない。
オタクとして一つに絞れないのと、他人からどう見られるのかという問題があるな。

私もそういうのがこの間あったよ。
最初に思い浮かんだのが「ウマ娘」だったがさすがにこれは無い、次に出てきたのが「Fate」だったが相手のお仕事や経歴的にちょっと不安、なんとか出てきたのが「NARUTO」だった。
いやもちろん「NARUTO」も嫌いじゃないし私はこの作品からオタクになったわけだけど、好きな作品としてあえて挙げる機会にその場しのぎで言ってしまったので妙に悔いが残った。

無難なのは宮崎駿作品だろう。
大衆受けする上に、独自の作風と世界観がある。

10年くらい前なら「パトレイバー」、ちょっとSFいけるなら「攻殻機動隊」とか言っておけば子供向けアニメを見ているわけではないというオタクの面目を保ちつつ、萌えのキモさや下品さを回避できていたのだが、今はどうなんだろうか。

「NARUTO」の他に「銀魂」なんかは無難じゃないかな。ツッコミ系で一般層のファンもいる作品だから意外に広い範囲で見ている人もいるし、ヘンな作品というほどではない。

最近のなら「ウルトラマンZ」と言うと楽だよ

それはちょっと上手いかもしれん。
特撮を区別せずに動漫扱いするのが今のオタクじゃない。それでいてウルトラマンなら誰もが知っているし、Zは評価が高いというかウチの国の人間が普通にみんな楽しんでいる。

今なら女性相手であれば「呪術廻戦」と言っておけばいいのかね。

俺アニメとか嫌いだから……いつも見ているのはテレビドラマだよ

そっちの答えをしたらドラマについても答えないといけなくなるから自爆につながるぞ。
実際、私が大学にいた時にそれでやらかしたルームメイトがいた……隠すのはともかく、余計な見栄を張るのは別のリスクが出てくる。一時しのぎの場所で背負うのは割に合わん。

身も蓋も無い話になるが、作品名という壁の次にはキモくなく話をつなげることができるかという壁があるからな。相手と会話の投げ合いができるような作品でないと……

「君の名は。」とかを言っておけばいいだろ。
友達と一緒に見に行ったとかのエピソードも膨らませられる。

「秒速5センチメートル」と答えるよりはマシだな!今は新海誠はライトなアニメ好きが掲げられる存在になっているのかなあ

どうせこっちがオタクなのは何となく察せられているだろうからFateとか答えておけばいいのでは。これなら続けて作品に関する話が来ても相手の話を聞きながらネタを選べる。
もちろん次の話題に行くならそれでよし。

「自分は最近アニメ見てないけど、何々が流行っているらしいね」「ルームメイトが何々にめちゃくちゃハマっている」みたいな話は微妙か。

日本のオタク向けアニメではなくソ連とかの芸術寄りのアニメを挙げてみるとかどうだろう。

それはそれでめんどくさいヤツということになるな!

文芸的なのをあえて持ち出したら逆に外すことになる。
今なら「PUIPUIモルカー」辺りを、最近知ってみたいに言うのはどうだろうか

「君の名は。」、「鬼滅の刃」でいいでしょ。
質問して来るからにはこれくらいは相手も知っているだろうから。

もう「名探偵コナン」でいいんじゃないかな。

私も仕事先でこういう話ふられたことあるけど、高速で考えた挙句に出たのは宮崎駿アニメだったなあ

オタク界隈以外の人が知っている日本のアニメって「NARUTO」か「名探偵コナン」かジブリだろうからな。

ジブリ系の作品でも「耳をすませば」や「カリオストロの城」だと一般人の間だと厳しいんだろうな……

悪くは無いと思うよ。
ちょっとカッコつけたいなら有名クリエイターが手掛けた中でマイナーな方の作品だろう。

何かしら答えを出す、一つの作品に絞るのが案外難しい。

無難でスルーするのもあまり良くない場面もあるからなあ、
私もちょっと考えてみたが「千と千尋」「エヴァ」とかになってしまいそう。

こういうのってオタク的なのを期待しての質問だろうし、ガンダムくらいなら答えても良いと思うんだが。

考えれば回答は出て来るけど、私もとっさに言い出せる自信は無い……

決めておくと楽だよ。
私は「氷菓」と答えることにしている。

大雑把に妖怪が出てくるやつロボが出てくるやつとか歴史ネタのやつとかジャンルで答えるのも一つの手だ。そこで話が止まってもよし、具体的な作品名について聞いてくるもよしだ。

裏を突いて国産アニメで今人気な作品を出すとか?
ただこういうのは外す時は本当に外すからリスクもそれなりにある

それなら国産の子供向けの方がまだマシじゃないの。
国産のオタ向けアニメはネット小説関係や耽美系とかで深くなって混乱しがち。

「攻殻機動隊」みたいに一定の知名度がありつつ、更に内容が尖っててマニアの方向がハッキリしているなら悪くないような。

こういう問題って難しいよ。
有名な作品、古い名作の名前を出しても関心を持ってくれるわけじゃないし、子供向け作品だと幼稚だと思われる可能性もある。

いやそもそもウケを狙わないでも良いんだよ!?
それにこっちが幼稚だと思われる「かもしれない」と気にするほど相手は関心をもっていないことがほとんどだ。

こういうのって相手次第だし、まずは相手の意図や背景を考えた方がいいんじゃないかね。それでよく分からなければ一般でも有名なジブリ作品とかにしておけばいい。
アニメ見ている人は良くも悪くも繊細な所があるからあまりこういう所でのアピールは考えない方が良いと思う。

子供向けも作品によっては悪くないぞ。
上で出ているけど自分も「PUIPUIモルカー」は良いと思っている。普通とは違うアニメで誰でも見れるし長くない、話題にできるネタが豊富。
あと何より疲れを癒してくれる。子供向けとかいう人間はスルーできる作品だ。

まぁ否定的に言ってくる人に対しては、でも面白いんだよねとか、疲れている時に良いぞ……とか言って別の話題に移ればいい。別にその話題で会話続けなきゃいけないわけでもない。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタクの面々が他人の目を気にする際の感覚がイロイロと出ていました。

一昔前に比べると具体的なアニメ作品名を言って通じるようになってはいるものの、それがどう受け止められるかは別の問題ですし悩みどころでもあるようです。

このネタを教えてくれた方からは
「近頃の中国でのオタク趣味アピールに関しては、昔からあった『子供向け作品を見ている幼稚な人間と思われたくない』ということに加えて、『自分の好きな作品を理解してもらえない或いは否定される』ことを恐れる人も増えてきているように思えます」
といった話もありました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なぜ我が国で仮面ライダーはウルトラマンのような人気にならないんだろう。同じ特撮なのに!」「基礎的な背景が違うんだよ……」

ありがたいことに
「今の中国のオタクの間でのウルトラマンや仮面ライダーの人気はどうなのか?」
という質問をいただいておりましたが、先日ちょうどいいネタを教えていただきましたの今回はそれについてを。

ウルトラマンは中国ではテレビで全国的に昭和や平成初期のシリーズが繰り返し放映されていたことや、ネットでも新作の中国語吹き替え版が比較的早い段階で配信されるようになっていたことなどから中国社会における一般常識レベルで認知されていますし、現在も根強い人気がある模様です。

それに対して仮面ライダーは台湾や香港のチャンネルで放映されていた作品や、平成シリーズが中国の一部のテレビ局で放映されていたくらいであまり知名度は無い状態でしたが、近年になってオタク層の間で評価が急上昇しつつあるそうです。

また仮面ライダーに関しては中国で新しいアニメの横でウルトラマンの古いシリーズがあまりにも繰り返し放映されていたことにより根付いてしまった「特撮ジャンル(とウルトラマン)は子供向け」というネガティブなイメージを払拭し、中国オタク界隈で特撮ジャンルが認識されてファン層が形成される原動力にもなっているとのことです。

もっとも中国オタク界隈における特撮ジャンルの規模が拡大して本格的に動き出したのは比較的最近の話になりますし、イロイロな情報や認識、評価についても一定しないような所があるそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「なぜ中国では仮面ライダーがウルトラマンのような人気にならないのか」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なぜ我が国で仮面ライダーはウルトラマンのような人気にならないんだろう。同じ特撮なのに!

積み重ねた知名度によるスタート地点が違うから、同じ特撮と言ってもかなり扱いも違うのよ。

うーむ……世代の違いというやつか。昔を知らないとそう感じるのも無理は無いのかな……特撮というジャンルがウチの国のオタクの間で本当に認識されてきたのはこの数年で、それまでは特撮ではなく「動漫」の一種扱いでしかもウルトラマンとコセイドンがジャンルの顔だったわけで。

ウルトラマンは昭和シリーズと平成のティガがウチの国向けに吹替え、編集されてテレビで放映されまくったのが本当に大きいんだよ。

仮面ライダーは日本の人気では普通にウルトラマンと同レベルだし、ウチの国でもライダーの平成シリーズはテレビでやっていたと聞くが。

龍騎とクウガは当時かなり人気だったはず。

やってた時代の長さもチャンネルの多さも全然違うよ!
ウルトラマンは全国放送で地方の局でも再放送しまくってた。仮面ライダーはたまにやってたくらいのレベルだし、ウルトラマンが広まり切った後の話だから割り込むには厳し過ぎた。

ウルトラマンと比べると仮面ライダーは入ってきた作品の数も本土化しての放映も圧倒的に少ない。ネット上ではオタクからの人気が高まっているし子供向けのウルトラマンより人気になりそうに見えてくるのも理解できなくはない。だが基礎的な背景が違うんだよ……
これはライダーが少ないんじゃなくてウルトラマンが多過ぎる大き過ぎる。ウルトラマンは一般社会向けのニュースになるレベルだから。

こっちではウルトラマンが子供向けでオタクに嫌われていた所に、仮面ライダーがオタク向けの特撮として認識されて人気が上がっていった所もあるが、それでも絶対的な支持層の違いが……

ウルトラマンは普通にウチの国でも社会現象レベルだったのに、もう実感がわかない人もいるのか。特撮の話題に関してすれ違い発生するのも無理はないか。

日本では特撮玩具で一番売れているのは仮面ライダーなんだがな。
国内だとライダーは関連グッズのスレがかなり伸びるしネットショップの品揃えや売れ方からしてかなりの規模になっているはず。既にちょっとした大きさのファン層が形成されているし消費力も高い。

いや、ウルトラマンはそういうレベルじゃないんだよ。昔から子供の人気やグッズ展開(今考えてみれば海賊版がたくさん……)考えたらウルトラマンの方がはるかに規模は大きい。ネットショップじゃなくその辺の店で雑に売られていたから。
仮面ライダーは香港から南方の一部くらいまでしか入ってこれなかった感じかなあ。

こっちでは基本的な知名度が違うからね。
今のあんまりテレビ見ない生活だと実感が無いだろうけど、上の世代の人にウルトラマンを知らない人はほぼいない。
でも仮面ライダーは知らない人の方が多い。ウルトラマンはもう世代を問わず完全に一般的な知名度のあるIPなんだよ、

オタクの間で人気になっても次のシーズンの新作が来たらすぐにファンがいなくなる。でも一般向け、子供向けだと深さはないかもしれないがずっと覚えていてもらえる。
相対的な話でもあるけど、主な支持層がオタクにとどまっているのがライダーの人気がウチの国で壁を越えられない理由の一つだろうね。

ウルトラマンは広まったルートがウチの国に入ってきた日本の作品では一番スゴイと思われる。
ネットが整備される前の時代の娯楽メディアの重要所をほぼ確保していた。テレビ(全国)での繰り返し放送、海賊版、更にネットでの正規配信も早い。
それに対してライダーは香港台湾系のテレビでやっていたけど正規配信はビルドからだったはず。海賊版もあったが特撮の代名詞として「ウルトラマン」の名前で売られていたことから当時の扱いも想像できてしまう……

作品の評価と視聴者数、再生数が一致するわけでもないからね。評判が悪かったタイガやルーブの時でさえ再生数は同時期のライダーの数倍。
俺達の間で盛り上がっているというのは結局「大きなお友達」が盛り上がっているということで、メインターゲットの子供の盛り上がりとは別の話になる。

ウチの地元では90年代半ば〜00年代はテレビで常に何かのウルトラマンがやってた印象。日本のかアメリカ経由かはうろ覚えだが戦隊ヒーローもあった。でもライダーはウチの地方だとやってなかったんだよね。別の地方の話を聞くとテレビで見ていた人もいるようだが。

でも正直に言って、ウルトラマンと仮面ライダーが同じスタートラインで中国に入ったらライダーの方が人気になったと思うんだよね。ウルトラマンは前世紀の昭和と平成の初期三部作というかティガ以外は国内人気は大したことない。

俺はどっちもいけるが、ライダー好きな人がそう言いたくなるのは分からなくもない。その時間差でつけられた差が極めて大きいからね。
国内だと上の世代は老人だろうが子供だろうがみんなウルトラマンを知っているけどライダーは知っている人が少ない。

今のウルトラマンの人気って結局Zの出来が良かったからってだけだろ。そりゃここしばらくの間で2作ほどライダーは外しているが、ウルトラマンの方もニュージェネレーションとか当時全く盛り上がってなかった。
エグゼイド、ビルドの頃の人気がどんなレベルだったか忘れている人間多過ぎ。

全くだ。俺の印象でもネットではジオウの前まではずっと仮面ライダーの方がウルトラマンより盛り上がっていた。でもジオウ、ゼロワンで……

仮面ライダーの稼いだ特撮人気をごっそりウルトラマンZに持っていかれて、更にそれを起爆剤にウルトラマンに帰って来る「思い出がある人達」が続出しているのが今の状況なんだけど……

人気や評価はジオウから下り坂になったけど、それでも一応ジオウとタイガだったら圧倒的にジオウの方が話題盛り上がっていたはずだぞ。

でもその頃のオタク界隈だと特撮の話題そのものが小さかったからなあ
この間のZは本当に全然盛り上がりの規模が違った。やっぱウルトラマンは強いIPなんだと実感したよ。

言ってみれば、こっちの仮面ライダーのファンってその程度で動いてしまう、切ってしまうレベルが多いんだよね。シリーズで追いかけてとりあえずチェックするとかいうファンにはなっていない……

ライダーは作品の質がどんどん落ちているのに対してウルトラマンは突然変異的に面白いZが来て更に国内の思い出補正も加わる。勝負するのは厳し過ぎる。

古参のライダーファンとして言わせてもらうが、国内で本格的にライダーの人気が盛り上がったのってエグゼイド辺りからだし一時的な人気爆発、それもオタクの間での爆発で優位に見えていただけかと。
今の状況でも「ウチの国の特撮ファンの歴史において最も仮面ライダー人気が高い状態」と言えるレベルだよ?国内ではウルトラマンの人気が高過ぎるんだよ。日本みたいな戦隊ヒーローも加えての御三家じゃなくて完全な一強状態。

近頃の人気に関しても、オタク向けと一般向けでは違うからね。
例えばウルトラマンはずっと国内向け吹替え版があるけど、仮面ライダーはその吹替え版が出たのが遅い。しかも吹替え版がきちんと出てからは微妙な作品が続いてしまった。

ウルトラマンは昭和の後にもティガの大人気があるからオタクのイメージよりもかなり一般で強い。グッズも欲しがる人が多い。
最近だとS.H.Figuarts真骨彫製法のティガとか予約できない所かテンバイヤーすら確保できないレベルで加熱している。

昭和のもだが、ティガも再放送されまくった時代があるからね。私の親戚の子はそこで入ったから思い出がかなり強い。あと若い世代の子は俺達みたいに「ウルトラマンは子供向けだから語るのは恥ずかしい」という感覚が無いから思い出ネタの一つとして語れるのがちょっと羨ましい。

ネットだと似たような趣味の人間で固まるから自分の所属するクラスタだけで「大人気」とか優劣を判断しがちだし広い範囲で見た場合とのズレも生じがちだ。
ウルトラマンに関してはウチの国のテレビで何十年放映とかいう状態、それも大きなテレビ局でだ。ほとんどの人にとってはテレビでやっている特撮=ウルトラマンという認識でそれ以外の特撮は目に入っていない。

ウルトラマンファンってネットだと普段は目立たない、沈んでいる状態だからね。でも話題が出ればすぐに浮上して来るというか話題に対応してくる。

ウルトラマンってウチの国だとずっと「子供向け」の代名詞だったからオタクの間では話題にし難い空気があるからなあ
オタクの間では子供向けを見るのはいまだに正しくないという認識も残っているし

ウルトラマンと特撮を子供向けだと思っていた世代が仮面ライダーを「発見」して特撮にハマったけど、その下からすぐにウルトラマンを子供向けだと区別して軽蔑しない世代が上がってきて、普通にウルトラマンを楽しんで話題にするようになってきているのでは。
基礎はあるからZのような作品が出現して話題にしても問題無いとなればすぐに盛り上がれる。

ウルトラマンのニュージェネレーション辺りの作品は確かに評価微妙だけど、子供の間では普通に人気だからね。大きなお友達の間での盛り上がりとは別に考えるべきかと。
子供の人気が高ければウチの国のプラットフォームも熱心に扱うから必然的に人気が維持されやすくなる。

結局は入ってきた年代と広まったルートだよ。今の環境で実質最初から広めるというのは厳しい。
ウルトラマンは前世紀から広まっているし、ウルトラマンを見て育った子供が親になっている。

同感だ。ウチの子供の通っている幼稚園の先生もウルトラマンZをおススメしているというか、子供との話題に使っているくらいだからね。子供はみんなウルトラマンが大好き。

ウルトラマンは今でも子供向けで新規のファン層を確保し続けているのが強い。現時点ではオタク向けだけに留まっている仮面ライダーとはそこが違うし、人気の差が縮まらないのも仕方がないんじゃないかな。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈における日本の特撮作品のイメージに加えて、世代間のギャップのような話も出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「中国のオタクの特撮のイメージを変えたのは仮面ライダーです。これはとても広く知られている分イメージが固まっていたウルトラマンにはできないことだったと思います」
「仮面ライダーは中国にかなり後から来たのによくやっていると思います。このまま続いてシリーズ人気が定着してくれると嬉しいです」
といった話がありました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク「なぜ今年のウルトラマンZはウチの国でこんなに話題になって盛り上がっているんだろうか?」

数年前の中国オタク界隈の特撮に関する認識についての記事になります。
中国オタク「特撮ファンがきちんと育つにはどうすればいいのだろうか」中国オタク的特撮作品ファン事情

中国オタク「日本競馬の馬の名前って中二病的なのが多いの?ウマ娘では妙にカッコイイ名前のもいて気になってきたんだが」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。
中国オタク界隈では現在
「ウマ娘」

がアニメ第二期終盤の展開に加えてゲームの方からの注目も集まってかなり盛り上がっているそうです。
またウマ娘に関連して日本の競馬事情に関する話題もちらほらと出るようになっているのだとか。

中国のソッチ系のサイトでは
「日本の競馬の馬の名前」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本競馬の馬の名前って中二病的なのが多いの?ウマ娘では妙にカッコイイ名前のもいて気になってきたんだが。

ウマ娘のゲームでつく二つ名は中二病的なのが多いけど、競走馬の名前はネタの方が多いような気もする。

競馬の馬の名前って面白いよね。
カッコよさ、中二病、ネタが混じってそこに更にオーナーの情報が入ったりもする。

これはカッコイイ……というのもあるよね。
個人的には「無声鈴鹿」(サイレンススズカ)はヤバいくらいカッコイイ。逃げのスタイルも加わっているのが本当に良い。

「皇帝」はシンボリルドルフという元の日本語名と外見も含めてカッコイイね。
あとシンボリの元ネタが馬主の名前とsymbolを合わせたネタだというのもちょっと面白い。

馬の外見も含めてになるが「黄金船」(ゴールドシップ)が好き。白毛フェチの多いこっちの萌え感覚にも直撃する美形の馬だと思う。黙っていれば。(俺はネタ顔も大好き)
あと名前に関しては「玉藻十字」(タマモクロス)とかも記憶に残るものがあるな。

競馬って良いエピソードも出て来るけど基本は賭博だから、当然金を賭ける気になる強そうな名前が好まれるだろ。

ウマ娘の元ネタになった競走馬は主に前世紀の名馬だからね。
あの時代はメディアも今のように発達していなかったから、馬の名前でも二つ名でも派手で記憶に残るのをつけて注目を集めようとしていたのだろう。

そういうのはいつの時代も変わらないと思う。使われ過ぎたのは埋もれるからやり方が少しずつ変化していくだけで。
でも日本の馬の名前って中二病なのもあれば変なのもあるよね……

日本の馬の名前のつけ方はよく分からないよね。
俺はウイニングポストとかを遊んでいる時、馬の名前でものすごく悩んだ経験があるんだが。

そこまできちんとした規則のようなものは無いだろう。だから中二病的な名前やネタ方面の名前が増えるのでは。

正直に言ってネットのHN決めるのと似たようなものがあると感じるんだが、どうなんだろう。

基本的には馬主の名前+何かの単語、父母や祖父母とかの血統から名前の一部を受け継ぐとかが多いはず。

何かしらの方針をもってつけてはいるようだけど、基本的には好き勝手につけて良いらしいよ。ただ審査はあって、過去の名馬と似た紛らわしいのとかあまりにも悪ふざけなのとかは審査に通らず登録できない。あと当然ながら同じ或いは同じような名前が既に使われていたらダメ。

中二病系も多いけど、ネタ系の名前も多いらしいよ。
ちょっと前にこっちでも話題になったのに「ログインボーナス」とかある。

「エガオヲミセテ」とか「オマワリサン」とか、ネタ系の名前をつける馬主もいるらしい

オタク方面だとルルーシュとかシャアとかセイラなんてのもいる模様、サイゲネタならプリンニシテヤルノとかも。
あとそのまんま元ネタが「銀魂」で馬主がその脚本家なジャスタウェイというのもいる。こいつはあのゴールドシップと仲が良かったというエピソードもあるからウマ娘実装が待ち望まれている。

銀魂のアレのスペルがこっちの作品界隈で呼ばれていた「just we」じゃなくて「Just a Way」だと知ったのは競馬経由だったな……

競走馬の名前は翻訳次第な所もあるから、こっちの感覚でカッコイイ名前になるには元ネタに加えて訳者のセンスと中二病度も必要だと思う。

理解できる。私は「赤兎馬」(ヴァーミリアン)とかは正直どうなのかと思う。

日本の競馬の名前に関してはウマ娘だけだと中二病系の名前が多いと感じるかもしれないが、ちょっと調べるとネタ系の名前の方が目に付く。
もっとまじめに名前つけろよ!と実況解説の人が気の毒になるようなのも結構ある。

私も中二病というよりヘンな名前の方が多い印象だな。
「ネコパンチ」や「ジーカップダイスキ」とかは笑ったが、解説の人は笑っちゃいけないから大変そうだ……

以前見かけた「ネルトスグアサ」には大笑いした。
これ中国語で馬の名前っぽくするにはどう訳せばいいんだと一瞬考えたが、すぐに直訳するしかなさそうだと思った。

基本的に同じ名前が使えないという規則があるから、普通にカッコイイとか強そうなのは使われているからいっそのことネタに走るというのもあるらしい。
話を戻すがウマ娘は二つ名もカッコいいんだよね。「無冠の帝王」というのがなんかこう、俺の心をときめかせた

専用の二つ名だとゴールドシップの「破天荒」がキャラと相まってスバラシイと思う。

ウマ娘関係の名称を見ていると中二病的な感覚ってのは簡単に獲得できるもんじゃないんだと実感する。
こう組み合わせるか……みたいなのが飛び出してくるんだよね。

昔遊んでた三国殺の三国武将キャラについていた二つ名と似たようなノリを感じる。日本のは独特な感性があるけど。

ああいったある種の誇張が入った名前はメディアで宣伝するための手法でもあったのだろう。ウチの国でも昔のスポーツ関係では似たようなのがあった。
あと中国語でスゴイのだと布袋劇の詩号とかだろうな。

アニメでメインキャラだったのもあってか、ウマ娘のキャラの名前で無声鈴鹿が特にカッコイイという人が多いように感じる。俺もこの名前はとても良いと思うね。

でも無声鈴鹿も翻訳が良かったというのがあるだろう。例えばこれが「無声」じゃなくて「沈黙」だったら何とも言えない微妙な名前になっていた。

こういうのって日本語をそのまま漢字にすればしっくり来る、カッコイイのもある。逆になんか微妙なのや、直訳過ぎるのとかもあるのが面白いね。

そういえばこっちで微妙に感じる翻訳名が日本人にとってはやたらと高評価というケースもあるな。
競馬関係だと「黄金旅程」(ステイゴールド)が日本では非常に評価が高いのは不思議。

あれはかなりそのままな訳にも思えるんだが本当に日本人からは高評価だよね。日本人があの馬の生涯を語る際にほぼ必ず出てくるレベルだ。

黄金旅程に関しては馬のたどったドラマと結びついて感情を刺激するという話を見たことがある。権利問題でウマ娘への実装が困難な状況に関する愚痴でもよく見かける。

こういうのは何を連想するかについての個人差もあるだろう。無声鈴鹿に関してもアニメや元ネタの情報が入っているなら良いが、「なんかのマナーモード」みたいに感じられるという人もいた。

字幕なんかでもそうだけど翻訳における難しくて面白い所だ。
漢字を持って来るのか、翻訳する際にどういう言葉を選ぶのか、直訳するなどそのままを重視するのか文芸的な言葉を選ぶのか、センスを問われる部分だ。



とまぁ、こんな感じで。
競走馬名に関するやり取りの他にも、現在の中国オタク界隈におけるカッコよさの感覚などもイロイロと出ていました。

それから以前の記事
中国オタク「ウマ娘のゲームがもの凄い人気だ。どういうことなの?」
に関してメールやコメントなどでの情報提供、それからウマ娘の攻略についてのご教授もありがとうございます。
教えていただいた競走馬の中国語名(?)も追記させていただきました。

それから何かと衝撃的だったらしい中国語名
春麗(ハルウララ)
ですが現在の中国オタク界隈の事情に関するコメントが面白かったのでここで紹介させていただきます。

74. 名無し 2021年03月19日 17:02
>>18,20
さすがに春麗だと中国人的にも街頭覇王なフトモモねえちゃんが真っ先に出てくるからアカンらしく「乌拉拉」(ウララ)呼びをしているのが増えている模様
検索するにもカップリングネタをやるにしても春麗表記はやりにくいのだろうw



とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「近年の新作のオリジナルアニメで最初から最後まで評価が高かった作品、盛り上がった作品ってどれくらいあるの?ずっと良い空気が続いた成功例はあるのだろうか?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈でも新作アニメを追いかける際には作品の関連情報をイロイロと調べて判断材料にするようですが、やや不安になる要素として
「オリジナルアニメである」
というものがあるそうです。
これは中国オタクの面々がオリジナルアニメを追いかけている際に迷走する展開や納得できない終わり方に遭遇した経験などから来ているそうです。

中国のソッチ系のサイトではこの辺りの話題として
「オリジナルアニメで最初から最後まで評価が高かった作品、盛り上がった作品」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


近年の新作のオリジナルアニメで最初から最後まで評価が高かった作品、盛り上がった作品ってどれくらいあるの?例えばオリジナルアニメだから最初は微妙だとかオリジナルアニメだから終わり方がダメになるとかいう評価は耳にするけれど、ずっと良い空気が続いた成功例はあるのだろうか?

確かにオリジナルアニメと言えば不安定、期待通りに終わってくれないというイメージはあるな。
一応広義では原作が無ければオリジナルアニメだから、子供向けの人気作品を探せば普通に出て来るとは思うが深夜枠のオリジナルアニメだと……大体は終盤で息切れするとか投げっぱなしになるという印象はあるかなあ

最初からというと、3集定律だから3話までは我慢して見てみようみたいなのはダメなのか。

そこまで厳密には考えないが「面白くなるまで待ってみよう」と要求される作品は避けたいかな。

しかしそうなると「まどか☆マギカ」も厳しいか。うーむ……
私もオリジナルアニメって最初の方で良い意味で騒がれて、完結する頃にはダメな意味で騒がれて爆発みたいなのが多い印象ではあるが。

特撮で良ければ「ウルトラマンZ」、昔のアニメで良いならガンダムの当たり作品の「W」とか?
シリーズモノだと初動が有利だし最初から盛り上がる、評価が高いみたいになれるのでは。もちろんガンダムで言うなら「鉄血」みたいなよくあるオリジナルアニメのズッコケ方をした作品も出るだろうけど。

「ガンダムSEED」は評価高いけど、視聴環境が海賊版だった時代とも重なるからスレのテーマ的には評価が難しい。一気に見て楽しんだ人が多いだろうからね。

「コードギアス」が個人的にはそれだけど、人によっては龍頭蛇尾だというのも分かる。

「コードギアス」は間に蛇の身体が混じってる龍頭龍尾じゃないかな。どうにか上手く終わったから評価が上がったのも間違いない。
あと私は「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」も全話評価が高いのでは……と思ったがよく考えたら訓練されたファンが生き残って最初から最後まで楽しめているだけか。

そういう方向で考えると「輪るピングドラム」や「さらざんまい」などの幾原邦彦作品も外れるか。
刺さる人には本当に刺さって作品全体を高く評価するけど、そういう人以外は話が進むうちにどんどん脱落して作品を語る人間の中には残らない。

「SHIROBAKO」もそれに近いかもしれない。
今でこそ評価は高いけど、新作アニメ当時が第一話が意味不明だとそれまでのP.A.WORKS作品から期待して見に来た層からボロボロな評価だったのはよく覚えている。

あんまり難しく考えないでくれ!
最初から最後まで面白いくらいでもいい。

ならば近年の作品では「宇宙よりも遠い場所」とかなら該当するかな?

それに同意だ。新作アニメの放映当時にウチの国であまり盛り上がらなかったのは環境が原因でもあるから仕方がない。
オリジナルアニメが終盤コケるのって、最後まできちんと考えずに大体の構想だけで作り始めてしまうからじゃないかと。だから「エガオノダイカ」や「正解するカド」みたいなのが出てくる。

オリジナルアニメってきちんと終われるかがまず不安になるからなあ
今やっている「ワンダーエッグプライオリティ」も本当に残りの話数で収拾できるのかという不安な空気が漂い出している。

既に出ているが完璧ではないけどずっと盛り上がりが続いて最後も上手くまとめたということで「コードギアス」はこのスレのテーマにあっていると思うわ。

プリキュアみたいな子供向け人気シリーズならいけそうだが、今の1、2クールの新作アニメではあるのだろうか。
最初から盛り上がったのだと「ダーリン・イン・ザ・フランキス」とかだけど、あれは代表的な後の方がグダグダになったオリジナルアニメだしなあ。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」はオリジナルアニメ=序盤の盛り上がりのままではいられないという印象を強く刻み込んだ作品だろう。
オリジナルアニメも宣伝やスタッフで最初から注目を集めることが可能だから、逆にこのスレのテーマで考えるのが難しくなっているのでは。

シリーズモノでまだ完結していないが「ウマ娘」はどうだ?

あれは一応ゲーム原作だろう。開発延期しているうちにアニメが先にでてしまっただけで。

あまり話題にならなかったけど「彼方のアストラ」は最初から最後まで無駄が無くテンポ良くまとまったアニメだった。

「彼方のアストラ」はウチの国だと正規配信なくてファンサブの方でもなんか扱い難かったんだよね……どこがダメだったのやら。幾らでもそれっぽい部分は考えられるが。

「キルラキル」はどうなんだろう?

現在では全話の評価は高いけど、放映当時は理解してついていけてた人がそこまで多くなかったはず。「グレンラガン」の評価のされ方と似たような流れはあるかと。
しかしこのテーマって一部の好きな人にとっては全話評価できる作品の扱いが難しいな。「盛り上がった」「高い評価」についてはある程度の数が必要だろうし。

つまらない、好きになれない作品を最後までキッチリ見て感想を残す、評価をする人は少ないしね……このスレのテーマだと評論サイトの点数は参考にならない。

「けいおん!」はどう?覚えている人いない?

「けいおん!」は第二期でOPに批判が集中して当時かなり評判が落ちた。第一期はEDが特に評価が高くてアニソン経由での人気もあったから、作品の評価の仕方が今とは違う所もあったかな。

オリジナルアニメの終わり方の評価が低くなりがちなのは見ている側が期待し過ぎだというのもあるのではないだろうか?
近頃の評価に関しては見ている側の問題、持ち上げ過ぎた後に勝手に期待外れだと言い出すような部分もありそう。

色々考えてみたがやはり「コードギアス」が当てはまるというか、自分の見た中ではそれくらいしか思いつかない。完成度の高いオリジナルアニメはあっても、ずっと盛り上がったとか一定以上の評価が続いたというのは意外に無い。コードギアスは多少の欠点や矛盾はあってもずっと勢いを維持し続けていた。

日本ではどうか分からないけど、「まどか☆マギカ」が新作アニメだった時は三話の前はそれほど盛り上がってなかったんだよね。新房作品はクセが強いし魔法少女の劣悪な待遇ネタも知れ渡っていなかった時期だしで。

「まどか☆マギカ」は最初の一話は「リリカルなのは」のパクリかよ、みたいに言われていた。「Fate/Zero」からの流れで虚淵玄に注目は集まっていたけど評価は微妙。
一応こんな萌えキャラなのに鬱な死に方するのだろうかみたいな期待は一部で見かけた覚えはあるけどね。

盛り上がりは何とも言えないけど「月がきれい」は最初から最後まで評判は良かったな。

「鉄血のオルフェンズ」や「アルドノア・ゼロ」は第一期だけならばこのスレのテーマに合うんだが……オリジナルアニメで問題が多発するのは終わり方だから第一期だけじゃダメだよな……

「交響詩篇 エウレカセブン」とかはどう?

エウレカセブンは「コードギアス」以上に中間がグダグダだし劇場版や続編でやらかしちゃったから……

「ケムリクサ」は悪くないかと。
「けものフレンズ」のゴタゴタによる妙な注目やマニアのファン層もいたから序盤から一定の注目と評価はあったように思う。

コアな層からの人気や評価でいいなら「ゾンビランドサガ」は評判良いね。
アイドルアニメが楽しめるというこっちでは少々難しい前提があるけれど。

そこまで考え出したら難し過ぎるような。例えば「宇宙よりも遠い場所」だって初動の盛り上がりは1月新作の「ワンダーエッグプライオリティ」より明らかに下というレベルだった。
最初から評判が良くて後から人気が加速して拡大するようなのでも良いだろう。

「宇宙よりも遠い場所」は興味をもって見た人の間では評価が高かったんだけどね……第一話の出来が良過ぎて最後までこの調子で行けるのか、リソース的に大丈夫なのかと心配されるレベルだった。

このスレのテーマなら私は「ケムリクサ」を挙げたい。ちなみに第一話の時は評価は知らないけど盛り上がってはいたよ!たつき監督と「けものフレンズ2」とのゴタゴタによるゴシップ的な興味で……自分もその一人だった。

異論はあるだろうけど「SSSS.GRIDMAN」は最初から最後まで盛り上がった作品だと思う。
終わり方が納得できない人もいるのは分かるし、評価されているとは言い難いけれど。

第一話が大好評で、最終話もそれなり以上に好評な作品というのはやはり少ない。第一話が微妙で最終話が大好評な作品の方がまだ多い気がする。

日本の商業アニメは反応を見ての方針転換や、スタッフ側が思い付いたから方針転換みたいなのがあるからね。計画通りに最後までいく作品がどれだけあるのだろうかと不思議に思ってはいる。

オリジナルアニメって今の1クールで大成功を目指すのはやはり難しいのだろうか。前半で広げた話をうまく畳めないことが多いが、これは話数の問題でもあるのかな。
だが2クールあったとしても途中で減速して最後まで持たないこともある。こっちも面白い作品、ガッカリしない作品が見たいというくらいだから、具体的にどうすれば良いと言うのは難しいんだが。



とまぁ、こんな感じで。
作品の評価に加えて、昔中国で新作アニメとして扱われていた際の受け止め方などに関する発言も出ていたのも面白かったです。

中国オタク界隈でも終わり方が良くない、歓迎されていない作品に関しては否定的な方向で語られがちですがオリジナルアニメに関してはそのイメージが付いて回ることも多いのかもしれません。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「オリジナルアニメは序盤の盛り上がりと終盤の展開に対する期待外れが重なって微妙な評価になりがちだと思います」
「原作があると作品の内容も予想が付くので原作魔改造でもなければそれほど失望することはないのですが、オリジナルアニメのような予想できないことによる期待も無いです。今後もオリジナルアニメのハズレな作品を見て失望することは続きそうです……」
といった話もありました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「なぜウチの国ではアイドルアニメの人気が低いのだろうか?昔のラブライブの爆発的な人気が嘘のようだ」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国では昔「ラブライブ!」が「邪教」というネタ呼称が出るほどの爆発的な人気となっていたことや、当時日本のアイドルアニメが何かと話題になっていたのを覚えている方もいらっしゃるかと思います。
ですが近頃の中国オタク界隈を見ると「ラブライブ」シリーズも他のアイドル系の作品も、コアなファンはいるものの、人気の規模という面ではイマイチな状態が続いているそうで、昔の人気を知っている人からは不思議に思われたりもしているのだとか。

中国のソッチ系のサイトではその辺りに関して
「なぜ中国ではアイドルアニメの人気がパッとしないのか」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なぜウチの国ではアイドルアニメの人気が低いのだろうか?昔のラブライブの爆発的な人気が嘘のようだ。

話題はそこそこ出るけど再生数は伸びないんだよね。
まぁ比較対象がラブライブの時期だから広まらないように見えるだけで、その前のアイマス辺りと比べるとこれでもかなり拡大してはいるんだが。

今のアイドル系アニメって百合の中の一カテゴリという扱いだ。そして百合は熱心なファンはいるが数は多くない。百合>アイドルになって盛り上がっているように感じられないのも仕方がない。

今はアイドル系って百合目的じゃなければ退屈なアニメという評価になっているからな……

ラブライブも最初が超大爆発したけど後は規模的にはそんなでもない
ただ昔と比べて話題はかなり熱いから悲観的になることは無いと思う

自分の場合は「飽きた」というのが一番近いかもしれない。
好きな人を否定するつもりはないが、自分はもういいやと。

そもそも「偶像」(アイドル)という言葉をつけるのが一般向けとしては良くないという説もある。「虹ヶ咲」に関してはタイトルやジャンルに「偶像」があるから見ないみたいになった人も多かったのではという分析があった。
一般向け、ライト層向けでは「偶像」は厳しいんだよ。

国内でも偶像(アイドル)を追っかけているのはいるが、二次元のアイドルジャンルとも日本のアイドルジャンルとも違うからな
アニメでアイドルをやれば歓迎されるわけじゃない。

同感だ。
アイドル文化がどうのこうのという方向から分析すると何か間違いそう。

今の日本のアイドルってかなり独特な存在になっているからね。
一昔前の「アイドルマスター」ではなく「ゾンビランドサガ」を見るのが参考になるかと。

そもそも中国語の「偶像」という言葉の印象が悪過ぎる。国内のアイドル関連のニュースってネガティブなものばかりだから。コアなファン以外は歓迎しない。

そんなのどこの国も変わんらし、日本も現実のアイドルはスキャンダルが多いから声優や二次ぞ元に逃げてきたなんて話は普通にある。

正直、日本のアイドルネタに関してはAKBとかよりも秋元康の方が気になる。彼が作詞したアニソンに好きなのも多いしね。
でも普通の二次元のアイドルは限られた時間の中ではあえて見ようとは思わんな。

アイドルに関しては流行、そして流行を作る宣伝とそのための資金が必要だ。
日本の現実のアイドルと所属のプロダクションには中国市場まで打って出る資金は無いし、二次元にしてもアニメしか来ないから何もできないよ。

日本ではアニメ以外の企画、イベントが常に展開されているからね。
中国国内とは接することのできる情報、楽しめる関連要素が段違いだ。

日本の「アイドル」はいわゆる「ガチ勢」的なのがいて、それに合わせた市場とアイドルのイメージが形成されているから中国語の「偶像」で呼ぶのは何かとズレを生み出しているように思う。
それに日本のアイドルって未熟な若者が成長していくというストーリー込みで売るコンテンツだから、日本国外では熱狂し難い、ハマり難いというのもあるだろうな。

個人的な印象になるが、アイドルアニメを見るのは百合好き或いはBL好きな人間がほとんどだと思う。
だから二次元では厳しいんじゃないかね。百合は規模、BLは競争相手となる別の作品の多さというハードルが存在する。

百合の存在感が増しているから勘違いしている人も少なくないけど、百合カップリング自体が一般向けで強いわけじゃないんだよね。
百合要素で評価の高い作品がそのまま再生数や話題などの競争力を持っているとは限らない。

二次元では耽美系と比べて百合は弱いし、耽美系でも結局は男女の恋愛モノには勝てないからね。1月新作の「ホリミヤ」の地味な人気と地味に伸びて気が付いたら大きく積みあがる数字からもそういうのを感じる。

私はライトな百合が大好きだけど、オタクではないルームメイト達が見るのは異世界転移系、俺TUEEEE系だからね。
大多数の人は百合じゃなくて俺TUEEEEEを見ようとするわけだから、アイドル系アニメが広まらないのも仕方がない。

見るまでのハードルが高くてな……自分もラブライブを見る前はキモオタが好むような作品という印象しかなかったが実際に見たら二次元ファンタジーアイドルアニメという感じが面白かった。
ただそこから次のアイドル系作品にはいかなかった。

男性主人公がいない時点で一般的な視聴者からは後回しにされるしね。
近頃はさすがに女性キャラだけだからと否定されることはないし百合好きの層が大声で話題にはするけど、普通のルートで人気になるための「数」がやはり少ない。

アイドル系が閉じたジャンルになってしまったというのはあるのかもね
少女歌劇の時に感じたが、内部と外部の温度差がすごい上に布教が上手くいっていないというか、あえて「分かっている自分達だけでいい」みたいに分断するような所があった

vtuberに吸われたってのもあるんじゃないか?
ちなみにアイドル系は過去に歌い手から吸い上げていたという事情もあるはず。

環境だ文化だというの関係無く、単純に面白くないからじゃないの。
最初のラブライブとの違いが詳しい人以外にはよく分からない。キャラでも内容でも。

ファンとしては特に大人気になって欲しいとは思わないんだがな。むしろ人気になり過ぎて余計なのが入ってくることが嫌だ。ジャンル界隈で萌えられていればそれで良いのよ……

ファン界隈が急速に広まって固定化して新規参入のハードル上がった感はあるかな
新人が理解できない、理解していくためのルートが少ない
古参はラブライブとか一昔前の盛り上がりの共通体験前提で語るような所もあるし

アイドル系アニメってどれも第一話からものすごいテンプレの嵐を感じる。
フォーラムで熱く語っている人がいるから面白いのだろうと思って見始めてもそこで挫折する。

アイドル系は一回か二回見る分には良いんだがたくさん見ると疲労を感じるようになる。
細かい違いはあるとは言っても、絵柄もキャラもストーリー展開も似たようなものがあるから。

俺は熱血系のノリが合わなかったな。何をやる、何を頑張るとかばかりで。

なるほど。言われてみれば百合で熱血系、正のベクトルの話はどんどんストーリーの要求水準が上がっているのもあるか。

テンプレ的で単調というのもあるだろうね。
努力して困難を克服してまた困難に出会って努力して……最初はハマるんだけど、たくさん見ているうちに見飽きてくる。違いや特徴が無いから多くの人が見るということにはならないのでは。

アイドル系作品は確かに見ていて退屈。ストーリーにも大きなヤマはなくて日常の小さな努力エピソードの後に歌を売る。
結局は刺激が小さい。百合が良い、刺激的だと言われても百合をメインに騒げる人間は少ないのだよ。

アイドル要素を中心にしたストーリーの組み合わせって意外に拡張性無いのかね。
マクロスとかで昔から使われていたし使い勝手が良いテーマだと勝手に思っていたのだけれど。

変わったタイプの作品だと話題にはなるんじゃないかな。
「少女☆歌劇レヴュースタァライト」、「ゾンビランドサガ」、「ウマ娘」とどれもアイドル系だけど独自要素があって新鮮さのある作品として一定数のコアなファンを獲得している。

アイドルキャラはともかく現在のキャラを多くして売りたいアイドルグループを中心にすると、アイドル活動がメインになって更に活動場所が学校か芸能界になるので一目で分かる新鮮さやストーリーの特徴を出すのは厳しいかも。

なるほど。そうなると百合系の作品で特徴がある人気作品と競争するのは厳しそうだ。
様々なジャンルで使われてきた熱血成長系の展開も今はジャンル的にウマ娘とかに勝てないと厳しいだろうし、あっちは元ネタの馬の史実ストーリーが普通に強いからな。

ウチの国では流行らない、国の事情が違うというジャンルの一つだろう。こういうのはアイドルの他にロボやゲーム原作とかがある。
主な理由としては文化や社会的な背景、過去の作品の経験、アニメ以外の関連作品やイベントの影響などが考えられる。

ウマ娘で思い出したが、何度も再生されるライブ動画というのが最近のアイドルアニメには無いね。ラブライブの人気が爆発したのはライブ動画からだったのに。
そういう面でもウマ娘は最近ソシャゲの方のライブが投入されたのが有利そうだ。bilibiliの再生数の伸びを見ると、規模はラブライブの時ほどじゃないけどラブライブの人気の拡大の時を思い出す。

そのウマ娘でさえ話題の多さや評価の高さはともかく現在の作品の再生数はそこまで伸びていないからなあ……ラブライブが本当に特別だったのを改めて実感するよ。

ラブライブというか最初のμ'sが爆発的な人気になったのは、当時はアイドルアニメという概念やアニメのライブ映像がウチの国では認識されていなかった新しい概念だったからだろう。オタク層でも恐らくハルヒダンス辺りで認識が止まっていたんじゃないか?

最初に爆発した後はライトな層、一般層が食いついたからの大人気だったけど、その後は百合好きな特殊層を除くと色んな競争相手がいるのが判明したし、後発のコンテンツとの競争も激化したからね。
ラブライブにしても結局は最初のμ'sだけしか見ないという人が多かった。そして一般寄りの層は一時の流行が過ぎ去ると現実の歌やダンスの動画の方に帰っていった。

アイドル系作品って次の作品に移るのが難しいというのも問題だろう
好きなアイドルキャラ、グループを追いかけたいのであって共通する世界観の続編、別キャラのグループを追いかけたいわけでは無いという人も多かったんじゃないか?

その辺りはガンダムとかとは違うな。
ポケモンのサトシを追いかけたい層に近いのだろうか。近頃はゴウに対するヘイトが高まり過ぎてヤバイけど、ウチの国は主人公の交代やずっと追いかけ続けた主人公がないがしろにされるのをとても嫌う傾向があると感じる。



とまぁ、こんな感じで。
近頃の中国オタク界隈におけるアイドル系アニメの認識や扱いについてイロイロと出ていました。

日本と中国ではオタク関係の作品の人気の度合いや寿命の傾向に関する違いが少なくありませんが、その主な理由の一つとして、様々な関連コンテンツに容易にアクセスできる日本と違って中国ではアニメだけが容易にアクセスできるコンテンツとなっているという事情があります。

特にアイドル系の作品は「基本的にはアニメしかない」という中国オタク界隈の環境が人気の維持や拡大において不利になる、日本のような盛り上がりにはならない原因になっているという話も聞きます。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「やはりラブライブは特別だったんだと思います。当時のμ'sは天時地利人和の三要素が揃っていたのでしょう」
という話がありましたし、ラブライブが中国でも大人気だから……などと中国のアイドルアニメの人気を予想する判断材料にするのは避けた方が良いのかもしれませんね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ラブライブは邪教」

中国オタク「日本の二次元に頻繁に出てくる女性化した男性キャラ?について聞きたい。偽娘では無い方の」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では時折日本のオタク系コンテンツに出てくる定番要素に関する考察で盛り上がっていますが、そんなネタの一つとして
「日本の作品によく出てくるオネエ系のキャラ」
が話題になっていたそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「日本の二次元におけるオネエ系キャラの扱い」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の二次元に頻繁に出てくる女性化した男性キャラ?について聞きたい。
特になんで頻繁に出てくるのかというのと、妙に有能な設定なことが多いのかといった辺りが気になる。

「偽娘」は萌えるし、需要があるからだろ。
ウチの国でも秀吉という存在がおおいに刺さったこともある。

いや、そっちの外見を女性にして男だと言い張るのではなく、いわゆる「人妖」とかそっちの方の。

ロリババアとか子供の外見で実はとんでも無い年齢みたいなキャラと似たようなカテゴリなんじゃないの?特異な設定でキャラを立てる。
需要についてはその時その時の流行によるとしか。何か直近で当たりのキャラが出たとか。

こういうキャラは日本語ならば口調でキャラの特徴を出せるし服装をちょっと極端にするくらいでそんなに特殊なデザインにしないでもいいから便利なんだろうね。

翻訳するのが難しい所だよな。
それっぽい人妖的なデザインと行動だったら分かりやすいんだが、訳した際に日本語の口調による印象が薄れてスルーされるようなキャラもいる。

近頃の作品だと「天地創造デザイン部」のキャラは分かりやすい方だったな。
日本語ではオネエ系やオカマ系と言われるカテゴリ。

FGOのスカンジナビア・ペペロンチーノなんかは「男大姐」認識はあったが、その手の部分がかなり消えていたような。

ペペロンチーノに関しては日本語の印象と結構違うのではないかというのは否定できないかも。
例えば「令呪を以て命ずるわ。 運命に、怒って!」とかの日本語の語感、女性的な口調を訳すのは難しかったのは分かるが。

「アカメが斬る!」にもそういうキャラいたな。
あと逆に男性化した女性キャラと言えるようなのも。

そっちも無くは無いが、女性化させた男性の方が圧倒的に多いし、目立つキャラの扱いになっているように思う。

現代のLGBTの地位の強さが背景にあるとか?

そういうのも無くは無いだろうけど、欧米ではなく日本の二次元の話だからなあ……

こういうキャラに関してはコミュ力が高くて知力が高いというタイプ、それから美を追求するナルシスト的なタイプもいるな。

日本の作品になぜかよく出てくるマッチョ系ナルシストか……確かに。
女性化した男性の性格のキャラの多さもだけど、なんでそういう性格の方向になるのか分からないといったタイプのキャラが作者の違う作品でもそれなりに高い頻度で出てくるのは昔から不思議に感じる部分だ。

キャラの多様性と印象の強さを両立させられる上に、ストーリーでも動かしやすいからじゃないかな。ギャグや倒しても問題無いヘンタイや外道、意外な強キャラまで担当できる。
これが例えばロリババアだと見せ方や感情移入の工夫がいる。しかも価値観の問題で叩かれるリスクを考慮しなければならない。

言ってみればオタクに人気があるとかじゃないの?
ウチの国の感覚だとよく分からんが

ホントになぜ好まれるのか……

仮面ライダーにも出ていたような。それも複数の作品で。
やっぱ日本人の好みなのかね。

でも主役にはならないよね。
いわゆる「偽娘」が主人公になる作品はあっても、いわゆる「男大姐」が主人公になる作品は珍しい。探せば出てくるだろうけど、少なくとも一般向けのアニメ作品で単独の主役になることはほとんど無いだろう。

確かに。私も「東京ゴッドファーザーズ」くらいしか思いつかないな。

流行というか、日本の社会を反映しているんじゃないかな。
日本のテレビで大人気で出演番組もCMもたくさんあるマツコ・デラックスがまさにこの方向のキャラだし、他にも日本語で言う「オネエ系」のキャラを売りにしている芸能人は少なくない。

以前この「男大姐」的なキャラは日本の二次元においては人外、怪物枠の一種だという評論を見たとがある。
性別を超越している、社会関係から外れたポジションにいるからキャラとしてもシンプルに動かしやすくて設定も盛れるとか。

相談する相手として、男女どちらのキャラでも対応できるから人間としての先達みたいな扱いにできるとかじゃなかったかな

恋愛関係や人間関係の上下の外側にいるから良いってのはあったはず。
一時的にヒロインと男キャラを組ませる場合とかヒロインに誰かが助言する場合とか、弱さを見せたキャラを叱咤激励するとかを「男大姐」が担当すれば角が立たない。もちろん重要な部分では男女や友情が前に出るけど、サブイベント的に手軽にやるなら「男大姐」と組ませるのが無難。

誰と組ませてもファンから反発が出ないというポジションなのが今の時代とても強い。

そうか。NTRネタ扱いとか、そこまでいかなくても余計な恋愛方面の勘繰りを視聴者に与えずに済むのか。

日本のバラエティ業界の流行の影響では。
キャラとしては定番ネタのお笑いと、年上の女性ポジションからのアドバイス、戦闘とか各種活動では有能な補助をしてくれるポジション?

こういうキャラって調整役、話を進めるとかキーになる発言を放り込む役として使われる印象だな。
日本のテレビ番組ではお笑い担当として扱われているけど、二次元ではそこに隠された有能属性や狂気が加わることが多いかと。

主人公としてはLGBTテーマにならざるを得ないから難しいが、サブキャラとしては存在感の高いキャラになる。例えば「DARKER THAN BLACK」の二期や「TIGER & BUNNY」とか。
作り手側としては使いやすくて効果もある、かなり助かる属性なんじゃないかね。

サブキャラとして出す場合はそのLGBTという背景から特殊な人生経験や深い人生経験があるという設定にできるしアドバイスをする役割になったりするわけだな。
しかしこの手のキャラって昔からあったの?創作におけるLGBT系の盛り上がりや影響は正直よく分からない。

いわゆるオカマ口調でキャラ付けされたのは昔からいたよ。ただ昔はネタキャラ路線が多かった。
もっとも近年よくある強キャラ路線も無いわけではなくて、ウチの国で知られている昔の作品だと「天空戦記シュラト」の迦楼羅王レイガとかかな。

あー……あいつもこのタイプだったのか。
全く意識してなかった……恐らく当時の吹替えの関係もありそう。

たぶんキャラの特徴的にはいわゆる関西弁キャラと似たようなものがあるかと。
しかし近年の一般社会の感覚では口癖に加えてバックボーンの強さがあるこっちの方が使いやすいとなってきているのでは。

タイプ的には「NARUTO」のカカシも実は似ている所があると思う。サブにいる実力を分かりやすくアピールしないけど経験豊富な強キャラで過去が重かったり深かったり。
ちなみにレイガもカカシも中の人は同じだ!日本語版シュラトを見ると有名声優の若い頃の演技が聴けるのも面白い所だぞ。

バトル系だと男性の能力で女性的な性格で、更に萌えとはちょっと違うポジションにおけるから便利なんだろうな。曲者キャラ枠として使いやすい上に、味方側に入れてもキャラが被らない。
更にベースが男だからボコボコになっても筋肉全開で裸になっても許容される。

キツイ当たりをするキャラに対する緩衝材的なポジションにできるのもこのタイプのキャラの強みだろうね。男同士や男女の関係だけより簡単に空気を和らげることができるという感じで。

キャラがかぶらずに現実的な範囲で「極端」にして印象を強められるというのが良いんだろう。
外見と口調、性格や嗜好によるキャラクターの区別と強調は二次元系作品でとても重要で常に苦悩されている問題だがそこを一枠埋められるのは便利。



とまぁ、こんな感じで。
定番要素の分析から日本社会ネタまでイロイロと出ていました。

ちなみにオネエ系に限らず口調や方言によるキャラ付けのあるキャラのセリフを中国語に訳すのはやはり難しく、アニメの字幕やマンガ、ラノベなどの翻訳で関係者が頭を悩ませる問題となっているのだとか。

しかし言い回しや単語の選択などを駆使すれば「やってやれないことはない」というレベルの問題でもあるらしく、このネタを教えてくれた方によると
「翻訳者のセンスと技術が問われるのでちょっと怖い部分ですね」
とのことでした。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「絵柄が古いから見ないという人が少なくないけど、どこまでの古さなら大丈夫?」

ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただいたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では古い作品を見ない、見る気が起きない理由として
「絵柄が古い」
といった理由が頻繁に出てきます。

もっともこれは好みの問題でもあるので具体的な基準はハッキリしませんし、古いと感じることについての個人差があるので判断の難しい問題でもあるそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「古い絵柄の作品でも大丈夫な作品、範囲」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


一昔前のアニメの反応を見ると「絵柄が古いから見るのやめた」というのが少なくないけど、自分にとっては別に問題なかったりすることもある。
古い絵柄の作品でこれならば大丈夫、ここまでならいける、みたいな話を語ってみないか?

自分が見ている古いアニメだと……恐らく「めぞん一刻」までなら大丈夫かな。

「頭文字D」みたいなのならいけるかな。
萌え系は極端な描き方になるからキツイ印象になるような気がする。

私も以前自分自身の許容範囲について考えてみたことがあるよ。
その時に出た結論は恐らく「幽遊白書」くらいまでだというものだった。

俺は前世紀の作品はかなり厳しいかな……

作品よりも画質だよ。私はちゃんと綺麗な画質でなければ見る気にならない。
昔の作品はテレビで見ていたから作画崩壊も気にならなかったと聞くが、現代のPCやスマホで見るとね……

作画崩壊の方が厳しいという可能性もあるのでは。
自分は昔の作品をHDで見ると作画崩壊が目立ってキツイというイメージだし、それで見る気が無くなっている。

なんとなく同意する。俺も作画崩壊というか、一定しない作画というかなのは厳しい。古い作品でも絵柄は問題無い。でも10年くらい前辺りの作画の乱れが顕著なのは見てられない。
まぁ作画の不安定さで引っかかる作品に関しては最近の作品でも普通にあるけどね。

キャラデザが崩れるのが厳しい自分としては00年辺りの作品だと逆に問題無い。

個人的な限界ラインは「天空戦記シュラト」かな。
昔ウチの国のテレビで放映していたのを見ていたことによる思い出補正もありそうだけど。

最終回は大丈夫なのか?絵柄が一気に変わるぞ?
昔の作品って今調べれば出てくる版権イラストの印象とアニメで見る印象が異なることも少なくない。シュラトはそういった中でも極端な作品の一つだよ。

「らんま1/2」ならば古くてもいける。

実は「CLANNAD」でもう既にキツイ。
今だから言ってしまうが、私はあの作品は絵柄が理由で見てられなかった。

自分も「CLANNAD」とか「涼宮ハルヒ」のような四角くてでかい目は苦手だな。キツイというか疲れるというか。

昔の絵柄がダメとは言っても、90年代から続いている「名探偵コナン」や更にその前から続いている「ドラえもん」みたいなのはみんな問題ないよね。
単純に時代と絵柄の問題というわけではないような?

ちゃんと全部見ているわけではないが「ルパン三世」は第一期から問題無いと感じている。
個人的に特にダメなのは手塚治虫系だなあ

価値が分かっていても合わない時はダメなんだよな
個人的には「あしたのジョー」や「鉄腕アトム」が合わなくて途中退場してしまったのがオタクとしての心残り。

古い絵柄の作品でも例えば旧作の「銀英伝」までは大丈夫。
たぶん音楽と声優が良ければある程度は気にならないんじゃないか。

確かに旧作の方の銀英伝は俺も抵抗なく見れるな。
しかし旧作の方はOVAでの長編シリーズだったのもあってか、様々な面で当時の日本の二次元の流行とは明らかに違うスタイルの作品だから時代の参考にするのは難しいような気もするんだけど……

「銀英伝」や「オネアミスの翼」のように突出した作品だと古い絵柄でも大丈夫な人も多いんじゃないか。
問題が出がちなのはテレビシリーズの作品だろう。

その時代に流行っていた絵柄というのが合わないとキツイんだよね。
私は平井久司のキャラデザがダメだが、知り合いに後藤圭二のキャラデザがダメだったのもいる。

そういうのだったら90年代に強かったということぶきつかさかなあ
時代による流行の違いを強く感じる

言ってみれば作品の年代ではなく絵柄なのかもね。流行や影響があるから年代という区切りも出来てしまいそうだけど。

このスレのテーマを考えていると自分の齢も考えてしまうよ。
近頃は「レイアース」とかでも結構な数の「絵柄がダメだから見るのやめた」みたいなコメントつくからね。時代の変化と言えばそれまでなんだろうけど。

それって「コードギアス」とかもだめということなのだろうか?

コードギアスは原案がCLAMPなだけでキャラデザは木村貴宏だぞ。
もっとも、アニメの場合はキャラデザだけでなく塗りにも時代が出るからね……今の感覚で見るとレイアースのアニメは目がでかい、昔の萌え系デザインに見えるし引っかかるのもなんとなく想像できる。

私はあの時代なら「スレイヤーズ」とかまではいけるかな。

「チャージマン研」までいくと逆にアリなんだが、そこまでの間の時代がダメだ!

ロボに関しても絵柄が古くてキツイ作品はあるからな。
実は自分は初代ガンダムは絵柄のせいでアニメの方は見てない。

ロボは逆にスパロボとか現代向けリメイクという導線があるから慣れるのは楽な方ではないかと。俺はガンダムだけはいつの間にか見慣れてしまったから問題無い。

ガンダムの場合はORIGINから初代というルートもあるね。

そう言えば自分が大丈夫な作品で一番古いのは初代ガンダムだわ。
そしてZまでいけば普通にカッコイイと感じたりするレベルになる。

私は古めのロボだとダイターン3まではいける。ロボだとゴッドマーズやコンバトラーVとか少女マンガ系というか?劇画系というか?な方向が入ると厳しいようだ。

初代ガンダムはダメなのに、なぜかマクロスは問題ない自分が不思議。

マクロスでもTV版の方は厳しくないか?時々凄いのが混じるぞ。

ああ、そう言えば自分が見たのは劇場版の方だな

アニメはそこそこいける。ゲームの方では……古い作品だと、「ときめきメモリアル」の絵柄は大丈夫だな。ギャルゲーやエロゲーではダメなのもわりとあるんだが。

理解できる。私は「ときめきメモリアル」は時代の変化に合わせたらしい「4」や3Dの「3」の方が厳しかったな。「4」は「2」と同じ絵師らしいんだが……

絵柄自体は問題無くても表現がダメなケースもある。
例えば私は急に頭身を下げてギャグで騒いでごまかす演出が苦手。

「スラムダンク」でもよくあったあれか。確かにギャグ系の演出は時代による感覚の違いが出るね。たぶん今のツッコミ系アニメも、10年後の若者にはダメだとか言われるのだろうな

そう言えば以前「フルメタル・パニック? ふもっふ」のアニメのノリや演出もダメだという若い世代のオタクがいたのが私にとっては非常に衝撃的だった。
京アニ作品でウチの国でも過去に確かな人気になった「オタクの入門作品」だったんだが……あれが合わないという話になると更に昔の作品が合わないというのも仕方がないと思えて来るよ。

私はちゃんと動いていれば問題無いんだけど……と思ったが、昔の作品は一部に非現実的なレベルがあるけど全体的に見れば現代の作品と比べて動かないな。
それで厳しく感じる部分もありそうだ。



とまぁ、こんな感じで。
改めて考えてみると明らかに古い作品以外は結構なブレがあるようでした。

また上のやり取りにもある通り、中国オタクの面々も世代が重なることによる「古さ」の感覚や許容範囲の違いといったものも出てきている模様です。

このネタを教えてくれた方からは
「古さに限らず中国でも絵柄の好みに関して世代による違いが出てくるようになってきました。たまに昔の大人気作品の萌えやエロに関して話が通じない、分かり合えないということで微妙な空気になることが発生しているのを見かけます……」
といった話もありました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ウマ娘のゲームがもの凄い人気だ。どういうことなの?」

ありがたいことにウマ娘のゲームの反応に関する質問をいただいておりますが、私も先日DMM版のサービス開始に合わせて手を出してみたので今回はそれについてを。

最近の「ウマ娘」のゲームの勢いに関しては中国オタク界隈でも注目が集まっているようで、人気に関する考察が行われたりもしているとのことです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「ウマ娘のゲームの人気」
などに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ウマ娘のゲームがもの凄い人気だ。
日本のセルランもトップが続いているし、どういうことなの?

また日本のオタクの金は騙し取りやすい案件じゃないの?

セルラン一位の勢いからしてそういう単純なものではなさそう。

遊んでみたいけど日本語の壁が高過ぎる。
そもそもどういうジャンルのゲームなのかも分からんが……

追っかけているVtuberがみんなハマっているのはかなり予想外。
しかもハマり方が宣伝目的の案件っぽいのとは違う。

セルランはサービス開始直後のご祝儀人気じゃないの?
実際の人気に関してはもう少し経たないと分からないだろう。

ゲームのライブ動画はこっちでもかなり再生されているんだよね。
ゲームが面白いというのは聞こえてくるが、実際どうなんだろう。アニメのクオリティは高かったしゲームの評価が高いのも意外ではないが。

アニメの出来が良いからゲームの出来も良いとか、その逆とかはかなり珍しいぞ……しかも売れるのは。

私が競馬の経営ゲームを遊んだ経験がないことによる新鮮さもあるのかもしれないが、かなり面白い。育成には運も関係するんだが、軽く遊んでいる分には設計の良さも加わってストレスが無い。
ただ本気で全能力を鍛えるとなるとかなりやり込む必要がある感じだし試行回数や運の差による失敗リカバーで課金が加わって来るしハマると課金が嵩むというのも容易に想像できるな。

アニメのクオリティが高くてゲームのモデルも良くてしかも遊べる。
サイゲームスがここまでスゴイゲームを出せるとは思っていなかった。

3Dモデルの質も動きも凄いよね。ライブの動画にも驚いた。
スマホでこのレベルとは……あとそんなにスマホが熱くならないという話もちょっと驚く。

触ってみた印象では日本の家庭用ゲーム機レベルのクオリティがそのままソシャゲになってるようなレベルだ。
近頃は某サクラな革命で日本のソシャゲを正直バカにしていたけど、強い所が本気で作った日本産ソシャゲはこうなるのかと驚いている。

結局は日本限定の人気だと思うけどね。ウマ娘のアニメはマニア受けしているけど再生数は伸びていない。
アイドル系ソシャゲも日本では大人気だけど日本国外では冷え冷え、ウチの国でもパッとしない。

自分にとって馴染みのないテーマとジャンルだから、人気がどれだけ維持できそうなのかもわからん。
ゲームも漢字が少な過ぎて意味不明だし……

競馬関係の固有名称がほぼカタカナだしなあ
日本競馬の馬の名前って、日本語ネイティブだと耳に残る言葉の組み合わせらしいがこっちの感覚ではそういうのも分からない

面白い、面白いんだが日本語の要求水準が高過ぎるよ!

上でも言われているように家庭用ゲーム機をスマホゲーに持ってきてリアルタイム要素を加えた感じで面白い
ただ競馬の知識が無い自分には育成要素の有利不利がまだ分からんのが少々厳しい

とりあえず遊んでみた感じではかなり導線のしっかりした遊びやすい育成ゲームだという印象だな。
サイゲームスで例えるならプリコネよりも更に楽で、隠しパラメータ的なものの引っかかりも少ないが、やり込むとなるとかなり深くなって課金もヤバくなりそうな気配がする。

間違いなく面白いんだけど……確かプロデューサーの木村は合間の暇つぶし的に遊んで欲しいみたいなこと言ってなかったか?物凄い時間を食うぞ、これ……

イベントスキップしたら周回速くなるし、そのペースだと育成ポイントの自動回復待ちで結構時間が空く。

これってスポーツゲームの人気の出方じゃないの?
FIFAとかも既に確立されている人気があるから実名を使えてゲームのクオリティがひどくなければ大人気になるしガワを変えて毎年課金させるキャラを出すこともできる

スポーツ関係だと日本では「実況パワフルプロ野球」で例えられることが多いようだね。日本では育成要素の強いスポーツゲームとして長年の人気を誇っている作品だ。

萌えキャラが走って競争するゲームとか何が面白いのかと思っていたが……
育成ゲームとして遊びやすい上に、キャラのモデルもレースの演出も良い。そしてランダム要素や隠しパラによってプレイヤーごとにゲームの体験が違う、そしてそこに史実の馬のドラマチックな生涯をベースにしたストーリーが加わってそれを再現するとか達成できなかった栄冠を目指すとか、そりゃ人気でるよ。

俺は正直に言って薄い本を全く許そうとしない時点で人気になるわけが無いと思っていたが、今では俺の追っかけていた絵師も声優もvtuberもみんな遊んでいるんだもんなあ
でもこれが中国国内向けのサービスになる希望ってやっぱり無いよね?馬の権利的なものもありそうだし。

そこはbilibiliがアニメの第三期に出資して、更に海外系ウマ娘を入れて世界展開にするとかになれば中国版サービスの開始も……!

お前は馬主が富豪ばかりなのかを知らないのか。薄い本を警戒しているのも馬主が富豪だったり名士で影響力があったりするからだ。
そして海外系馬主はイギリスの王室とか貴族、アメリカの大富豪、中東の石油王とかだぞ?株価や何やらで数字は派手なその辺の浮き沈みの激しい富豪とは違う。

香港の競馬とのコラボで……も難しいかなあ
馬主との交渉が本当に難しかったという話も聞くし

競馬に関しては対抗する相手となる馬主がガチの富豪ばかりだからウチの国でよくある資本でどうのこうのネタが成立しない。
サイゲームスだって怖いから同人創作を徹底的に規制するという態度だし、許可が出ないから実装要望がたくさんあるけどゲームに出せない有名馬もいる。

人気になるのは明らかだった。
日本は競馬文化が根付いているし競馬ゲームの人気シリーズもある。そしてウマ娘はプロジェクトが発表されてからの5年の間にかなりのファンを獲得していたしアニメの二期で最近更にファンを増やしていた。
そして開発に5年かけたことによってキャラモデルもライブシーンもスマホゲーとしては驚愕のクオリティに達した。そして不安要素だったゲームの内容自体も蓋を開けてみればとても面白かった。
こういった誠意ある良心的なサービス開始はオタクだけでなく競馬ファンも引き寄せたし、競馬ファンの高い消費力が爆発的な収益につながった。つまり計画通りに初めて、計画以上に大好評になったといった所だろう。

でもサービス開始直前まで日本でもかなり疑いの空気が濃かったぞ?
ゲームの情報が出ないままずっと更新を続けていたまとめ攻略サイトがネタになるくらいのレベルで、開発に時間をかけたというよりも開発が長引いてグダグダになっているという認識の方が強かったと記憶している。
時間をかければ良いゲームになるならFF関係はもっと良い空気になっているはず。

私もサイゲームスがここまで開発力があるとは思っていなかった。
「ドラガリアロスト」も「ワールドフリッパー」もパッとしないし、「プリコネR」と「グラブル」でこの先数年食っていくしかないんだろうと思っていた。

ゲームが出る前の「ウマ娘」ってアニメは良いけどゲームの方は……みたいなネタ扱いだったし、同人禁止して自分から死のうとしている、スタッフも逃げ出しているみたいに見られていた覚えがある。
サイゲームス内でも木村がウマ娘のプロデューサーから撤退しているなど出るまでは人気爆発するというような好意的な扱いではなかったように思えるし、ここまでの人気はサイゲームス自身も予想していなかったのでは?

日本のソシャゲ業界もだけどサイゲームス内の力関係も変わりそう。これまではグラブル系からのJRPG好きユーザーが各作品をいったりきたりしていたが、ウマ娘は明らかに新しい顧客層を開拓している。
グラブルは7周年記念の神石案件で炎上している場合じゃないと思うわ。

ウマ娘はサイゲームスがついに獲得した独自の萌え擬人化作品、しかも高クオリティのゲームだ。
サーヴァントや艦娘のように、外付けでキャラの伝説があるから感情移入されて、デザインでも元ネタの意匠をアレンジして取り入れれば評価される。
我々は新しい人気ジャンルが本格的に形成されるのを目の当たりにしているのかもな。

キャラも個人ストーリーもモデルとなった馬のドラマをベースにしっかり作られているからね。
言ってみればひいたカードのキャラが主人公のギャルゲームが付いてくるようなものだ。もちろん日本語が出来たらだけど……

低レアでも日本の競馬史上では有名な馬で動く金と合わせて版権的にも危険だから雑な扱いはできないらしい。そこも安心できる要素なのでは。

上の方でオタクの金をだまし取るみたいなネタが出ているけど、オタクじゃなくてギャンブル好きの連中がそのまま客として入ってきているからむちゃくちゃ強いぞ。
馬に対する思い入れと金を賭けて消し飛ばした記憶が合わさるから、育成に投入する課金の感覚が違う。

競馬に賭けている連中の消費力ってオタクとか社畜とかと比べて段違いだからね。
オタクの課金に頼っているゲームとは比較にならない。
ただ賭博がテーマのゲームだから中国国内展開は無理だろうね。そこは諦めるしかない。

競馬ファンは資金力というか金の使い方もだが、年齢層が広いのも強い。
サービス開始からこれだけ高い人気を維持しているのってここ数年では非常に珍しいよ。日本のネットでの話題も多いし確かに人気は高いのだろう。



とまぁ、こんな感じで。
ゲームの出来の良さに関してはかなり高評価となっているようです。

ちなみに上のやり取りにもありますがゲームの評価について以外では
「日本語能力が必要」
という声や日本語が分からないという悲鳴の量が他のゲームと比べてかなり多い印象を受けました。

考えてみれば競馬関係は専門用語が多い上に固有名詞もある程度詳しくなければ謎のカタカナになりますから、中国オタクの面々が楽しむ上で要求される日本語能力はかなり高めなゲームになっているのかもしれませんね。

それからウマ娘のキャラ名の中国語表記についても質問をいただいたので、ざっと調べて分かったものだけになりますが以下にまとめてみました。基本的にはモデルになった競走馬名の中国語表記をそのまま持ってきているらしいのですが、中には違うものもあるとのことです。
簡体字は例によってイイカゲンに変換しているので間違っていたら申し訳ありません。


艾尼斯風神(アイネスフウジン)
愛麗速子(アグネスタキオン)
愛麗数碼(アグネスデジタル)
愛慕織姫(アドマイヤベガ)
狄杜斯(イクノディクタス)
稲荷一(イナリワン)
勝利奨券(ウイニングチケット)
伏特加(ウオッカ)
気槽(エアグルーヴ)
空中神宮(エアシャカール)
栄進閃耀(エイシンフラッシュ)
神鷹(エルコンドルパサー)
小栗帽(オグリキャップ)
真机伶(カレンチャン)
川上公主(カワカミプリンセス)
北部玄駒(キタサンブラック)
帝皇光輝(キングヘイロー)
草上飛(グラスワンダー)
黄金城市(ゴールドシチー)
黄金船(ゴールドシップ)
無声鈴鹿(サイレンススズカ)
櫻花進王(サクラバクシンオー)
里見光鑽(サトノダイヤモンド)
采珠(シーキングザパール)
新光風(シンコウウインディ)
皇帝(シンボリルドルフ)
東商変革(スイープトウショウ)
超級小海湾(スーパークリーク)
特別周(スペシャルウィーク)
醒目飛鷹(スマートファルコン)
星雲天空(セイウンスカイ)
荒漠英雄(ゼンノロブロイ)
大樹快車(タイキシャトル)
大和赤驥(ダイワスカーレット)
玉藻十字(タマモクロス)
双渦輪(ツインターボ)
好歌劇(テイエムオペラオー)
東海帝王(トウカイテイオー)
東瀛佐敦(トーセンジョーダン)
優秀素質(ナイスネイチャ)
中山慶典(ナカヤマフェスタ)
成田大進(ナリタタイシン)
成田白仁(ナリタブライアン)
西野花(ニシノフラワー)
春麗(ハルウララ)
青竹回憶(バンブーメモリー)
美妙姿勢(ファインモーション)
微光飛駒(ビコーペガサス)
菱曙(ヒシアケボノ)
菱亜馬遜(ヒシアマゾン)
琵琶晨光(ビワハヤヒデ)
富士奇石(フジキセキ)
美麗周日(マーベラスサンデー)
待兼福来(マチカネフクキタル)
重炮(マヤノトップガン)
丸善斯基(マルゼンスキー)
曼城茶座(マンハッタンカフェ)
美浦波旁(ミホノブルボン)
名将怒涛、名将戸仁(メイショウドトウ)
目白多伯、目白杜賓(メジロドーベル)
目白麦昆(メジロマックイーン)
目白魏検淵瓮献蹈薀ぅ▲鵝
雪之美人(ユキノビジン)
米浴(ライスシャワー)
3/24追記:
櫻花千代王(サクラチヨノオー)
天狼星象征(シリウスシンボリ)
大拓太陽神(ダイタクヘリオス)
唐璜、待兼詩歌曲、詩歌曲(マチカネタンホイザ)
目白阿尔丹(メジロアルダン)
目白善信(メジロパーマー)
八重野無敵(ヤエノムテキ)



とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

それからこれは中国オタクネタとは関係無いゲーム関係の個人的な質問なのですが、ウマ娘の序盤のプレイ方針ってとりあえず育成を繰り返して強い因子をもったキャラが出るのを目指す、というのでいいのですかね?
初めた時にピックアップをしていたミホノブルボンを自分でも知っている名前だと最初にもらえる石で確保したものの、育成ストーリーがクリアできそうにないと実感中でございます。
そして当面はそのクリアを目標にしようと攻略も調べ始めたのですが……石はキャラじゃなくてサポートの方に突っ込むべきだったのにそこでようやく気付きました。

3/15追記:お陰様でミホノブルボンシナリオをURA優勝でクリアできました。スタミナを自分が想定していたよりかなり上げないといけなかった模様です。たくさんの御助言、どうもありがとうございました。
現在の手持ちにはスタミナ系サポートがSRすら無い状態なので、当面は石がたまったらサポートで引けるのを祈りつつ、サポートを借りて育てて良い因子持ちのキャラが来るのも祈るという感じになりそうですね。

中国オタク「歌がヘタな声優ってどうなんだろう?やっていけるのだろうか?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク的に日本の声優や声優業界というのはやはりとても気になる存在のようで、頻繁に日本の声優の活動についての疑問や質問が飛び交ったり考察が行われたりしているそうです。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「歌のヘタな声優というのはどうなのか?やっていけるのか?」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


歌がヘタな声優ってどうなんだろう?やっていけるのだろうか?
声優は主に声をあてる仕事とはいっても、歌もかなりの割合で入ってきているように思うし歌えないとダメなように思えてきた。
実際の所はどうなんだろう?誰が下手とかいうのではなく、声優と歌の仕事について気になってきた。

声優にとって容姿が重要か?という問題と似ているのでは。
無くてもできるが、現代の環境では無いと非常に不利。

声優としての演技上手い=歌が上手いではないからね。
有名な声優、それも一線級の声優でも歌はそんなに上手くない人がいる。

二次元系作品での活躍を狙う若い声優にとっては必須スキルと言えるかもね。
映画の吹替えやナレーションでやっていくなら無くても可?理屈ではやっていけなくもないけど、間違いなく歌が出来た方が良いだろう。

声優で歌が上手いと言える人ってそんな多くない気がするが、ヘタとなるとまた難しいな……ヘタな歌は商品にならないだろうし…・…

今の時代は編集でかなり調整できるし実は下手な声優というのも少なくないのでは?
普段聴いている声優の歌がライブの現場では微妙というのはわりとある。

まぁ声優の歌がメインコンテンツになることってそんなにないし、アイドル系作品だと最初から歌唱力も基準になるだろうから「歌がヘタ」というのが強調される機会はそこまで多くないのでは。
ただ歌が上手い方がのし上がる機会は増えるはず。

俺は声優の歌うOPが微妙で見るの止めたアニメとかあったわ。
逆に言えば歌がそこまで上手く無くてもやっていけるということでは?

歌が上手けりゃ歌手の方に重心がいくだろう。
例外もいるけど、基本的に声優はプロの歌手みたいにはできないよ。一般人よりはマシだろうけど、歌を専門にやっているわけではないから。

言ってはなんだがほとんどの声優にとって歌唱力を練習する意味はないし会社側も聴く人のいない人間にリソースを割こうとは思わない。歌の練習をするぐらいなら他の分野のトレーニング、それかバイトでもしていた方がマシ。

単純に良い歌を聴きたいならアニソンも声優が歌う曲より歌手が歌う曲の方が良いだろう。でも声優の歌の人気はそういうのとは別の要素も加わるから、歌の上手い下手がどれだけ影響するかは正直よく分からない。
それに日本はアイドルの歌もへたな方が良い、ヘタなのに頑張っているのが良いという評価もあるらしいから。

アニソンを聴くのとキャラソンを聴くのは少々違うからな
キャラソンも上手いに越したことは無いけどキャラが壊れないのとキャラの声で歌ってくれるのも非常に重要。

でも今は劇中歌、特にアイドル系は歌とダンスが入って当然みたいなこともあるから声優の歌というのはかなり重視されるようになっているのでは?

そこは制作の方針次第だからなあ……「マクロス」みたいに演じる声優と歌手が別になっている作品もあるし、本編に演じるキャラはいないけど歌だけで起用されるというのも結構ある。

今のアイドル化している若い世代はともかく、上の世代はそんなに歌の仕事はやってないよ

キャラソン自体はキャラ人気が盛り上がるような作品なら普通にあるようだし、大御所声優が前世紀の作品で歌っていることもあるよ。

歌がそこまで上手く無くても、キャラのイメージを壊さなければキャラソンとしてはアリ。
「涼宮ハルヒ」のキャラソンとかもそんな感じだった気がする。

「涼宮ハルヒ」は上手い方の声優が揃っていたと思うよ。メインの中では杉田智和がちょっと怪しいけど、キャラソンとしては普通に聴ける……というか私が一番聴く機会が多いのはその組長の歌かもしれない。

ほとんどの声優の歌ってそこそこのレベルという印象だ。大部分は記憶に残らない。
ごくたまにだが大当たりの歌に出会うこともあるが……

声優は声の演技が良ければ歌なんてヘタでも良いだろ

昔は知らないが今は一定の歌唱力が無いとデビューやオーディションの役を勝ち取れないんじゃないか?
最初から歌前提でキャスティングすることも多いだろうし。

高いレベルで持っているなら有用なのは間違いないし、歌えるに越した事は無い。ライブで稼げて主題歌や劇中歌で制作側に関与することもできる。アイドル系で長期的な仕事を獲得できる可能性も高まる。
ただ人気になった声優を見ると歌唱力よりも演技や役の廻り合わせという印象になるね。

少なくとも歌がヘタなのは「声優としての武器が減る」といったくらいにはなるかと。元々声という武器があるから、自分の特別さをアピールできるだけの歌唱力があれば十分強い。
例えば丹下桜とかは有名なのもあってか歌が微妙という評価も少なくないようだけど、実は音楽活動もかなり活発に行っていたりする。

丹下桜は調べてみたら普通に音楽活動が多くて驚く声優だな。作詞で参加していることもある。

あくまで個人的な印象に基づくものだが、歌唱力による後押しが最も良い方向に作用しているのは坂本真綾だと思う。
彼女の演じるキャラはいつの間にか作中の重要な役割やメインヒロイン扱いになることも多い。歌で作品に食い込むことに加えて、クリエイターとしての部分が作り手に刺さって重要な扱いになっていくんじゃないかと睨んでいる。特に根拠は無いが。

坂本真綾はどちらかと言えば声優もやる歌手じゃないか?
当初は歌の方の仕事が目立っていたような。

歌、音楽活動を武器にできるレベルの声優は作品作る側にそのファンがいるってのもあるのでは。
谷山紀章とかは作り手の側にもファンがいるから作品で音楽関係が混じったりするという話を聞いたことがある

中には上手い人もいるけど、ほとんどの声優は歌手としての訓練を受けていないからしょうがない。

声優も役者の一種で舞台でのミュージカル的なのもやるし一通りはできるんじゃないか?
歌手レベルの訓練はやってなくても歌の訓練をやっていないわけがない。

こういうのってアイドルアニメの多い女性声優の話かと思いきや、男性声優も歌う機会は結構あるからな……

キャラソンCDやライブ、イベントを考えると男性声優の方が歌えないと厳しいような気もするんだが。

一応、人気になって仕事が選べるレベルになれば歌の仕事を受けないということもできるから歌の上手さが関係無くなるという見方もできるよ。例えば石田彰や櫻井孝宏(一応言っておくけれど下手なのかは知らない)は歌の仕事は基本的に受けない方針だったはず。
ただ歌の仕事は収入も大きいからやれるならやりたいという声優の方が多いんじゃないかな。あと編集を通さない生の歌はNGという説のある声優もいるから歌の下手な声優は今の若手でも案外いると思う。

声優として最初に試されるは演技なのだから声優として人気になってから歌がヤバイと判明するケースは普通にあるだろうね。

演技と同じで芸歴を積み重ねているうちに上手くなっていくケースも多いと思う。女性声優のデビュー当初の歌を探して聴いてみるとなかなかに微妙なことも珍しくないからね。

ライブなどのイベントの場数は大きいだろうし、歌の仕事の積み重ねもあるだろう。
私もファンな某声優はライブの時はわりとひどかったが、その後紅白歌合戦の企画コーナーに出演したりする際にはちゃんと聴けるレベルになっていて、いつのまにか音楽の活動もこなす声優というイメージになっている。

近年は「声優の歌」の下限がかなり上がっているのかもしれない。聴いていて引っかかるレベルの歌にはほとんど出会わない。普通に聴ける編集技術が上がっていのもあるだろうけどね。
だからこのスレのテーマのような疑問も出てくるのでは……と今思いついた。

技術もだけど人間の環境も変化しているのはあると思うよ。
歌に関しては下の世代になればなるほど一般的なレベルは上がるし速いリズムや変則的なリズムに合わせるのが上手くなる。
カラオケの普及や携帯最盛期の普及などで音楽を日常的に聴く、歌う機会が昔と比べて多くなっているから最初からリズム感が鍛えられているという話もあるからね。



とまぁ、こんな感じで。
声優に興味をもつような人は中国オタク界隈でも濃い人が多いという話も聞きますが、今回のやり取りでもイロイロな方向の意見が出ているようでした。

またこのネタを教えてくれた方からは
「アニソンを聴く人と声優の歌を聴く人はそれぞれ求めるものが異なるので、討論やおススメの歌に関してもすれ違いが発生することが少なくない気がします……」
といった話もありました。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「今年聞いた中では最も困惑するニュースかもしれない」はたらく魔王さま!アニメ第二期制作決定への反応

先日、アニメの第一期から約8年の時間が経っている
「はたらく魔王さま!」

のアニメ第二期の制作が発表されました。

アニメ「はたらく魔王さま!」2期制作決定。メインキャスト続投(AV Watch)

ありがたいことにこの件に関する質問やネタのタレコミをいただいておりますので今回はそれについてを。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「はたらく魔王さま!アニメ第二期制作」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


昔は第二期が出ないと頻繁に言われていた「はたらく魔王さま!」の第二期が今になって制作されることになったらしい。いろんな意味で驚きのニュースだ……

日本人というか日本の業界は何を考えてんだ?こんなに理解できないことも無いわ。

8年も経っているからなあ……キャラデザも変わっちゃって

驚いたしおめでとうとは言ってみる。
ただどれだけの人がこれを見るのか、待っていたのかという疑問も浮かび上がってくる。

うーむ……過去の栄光はあるだろうけど、ファンがどれだけ残っているのだろうか。オタクもラノベ読者も世代交代しちゃっているのでは。

作者のセンスも時代に合わなくなっているような。
異世界転移した勇者の息子が主人公の新作も、主人公視点の活躍が微妙で爽快感が無かった。

エイプリルフールは1か月先だろう!という言葉が出てしまったよ。

確か原作は後の方の展開かなり不評だったんじゃなかったっけ?
なぜ今になって作るのか

今年聞いた中では最も困惑するニュースかもしれない。
待っていた人は、おめでとう?
でも見る人どれくらいいるんだ?

四年、いや三年前ならまだ覚えている人がいたし待っている人もいた。しかし今では……

「BORUTO」とこれ、どっちがマシになるのやら。

自分は一応チェックはするけど、どうなんだろうなあ
「BORUTO」や「半妖の夜叉姫」みたいに始まる前までの話題性みたいなのも無い。原作でアニメ第一期後の展開が分かっているのが期待感や話題性を鈍らせているように思える

こんな作品でも第二期が作られるなんて、本当に日本のアニメは意味不明だ。

「魔王さま」は第二期をなぜ作らないのかと言われる方のアニメだぞ。いつのまにか言われなくなっただけで、一時期は最も「二期が作られるのが当然」な扱いですらあった。

ラノベ原作アニメとしての実績はかなり上の方だし、原作の数字も強いからデータ的にはこの作品を超えるのは実の所かなり難しい。
問題は時機的なものを完全に失っているということ。こういうのはデータに出ないんだろうなあ……

これと「月刊少女野崎くん」は第二期まだかネタでは定番だったな

「野崎くん」はウチの国で実写化が本格的に動いたとか撮影開始だとかのニュース無かったっけ?アニメは知らん。

それに比べたらアニメ化はまだ朗報ではあるな。

いやウチの国で実写化と今更第二期アニメ、どっちが良いかと言われたらそりゃ第二期だけど……なんで今更とは言いたくなるよ!

原作も含めて人気が最高潮だった時にアニメの続きを出さないで、名声が下落しまくってから出すとかどうなんだろう。

終わり方で不満が爆発した作品だから、作品関係の空気も冷めちゃったんだよね。上手く終わって入ればまだ良かったんだけど。

とは言え、ラノベ原作でエンディングまできっちりやる方が珍しいからな。
それに第二期でやるとと思われる部分はまだ原作の評価が高かった頃の話だ。もっとも、あの終わり方を知った後では私も素直に楽しめるかは分からないが。

第一期のペースと原作の区切りから考えると第二期は面白くて安定している部分になるからそう悪くはならないかもね。
第二期やらないことに関する疑問も、その辺りのエピソードが残っているからというのもあったし

そもそも、今の時代特有の魔改造リスクも……この間も「約束のネバーランド」で惨事が発生した。

話題になるのが目立つけど魔改造は昔の方がヒドイのは間違いないだろう。
昔と比べて今は原作通りにやっても原作党の要求水準が高過ぎて細かい批判が出まくるという問題になってきているような

日本の二次元はルネサンスが大好きだなあ!
近頃は昔の名作の続編やリメイクばかりだ!
そんなもの作るならもっと新しいのを作れよ!どれも失敗してるじゃないか!

でも「月姫」のリメイクで喜んでいる俺は否定しにくいな!
それはさておき日本の業界では勝算があるのだろうか?それとも企画が迷走して表に出るのが遅れてこんなことになってしまったのだろうか?新型コロナでオタク業界もかなりスケジュールが崩れたはずだし。

昔のラノベ原作でアニメを作ることもないわけじゃないんだよな。この間見た「魔術師オーフェン」とか原作の人気が高かった時期はかなり前だ。
アニメも話題にはなってないが個人的には悪くなかったな。

それにしても近年よくある昔の作品の続編アニメやリメイクアニメとこの「魔王さま」はどっちが良いんだろうか。

ファンだったし昔は期待していたけど、熱が冷めてしまったから複雑な気分としか言えない。

かなり反応に困るニュースだよな。原作のラノベは持っているから久々に引っ張り出すかという気にはなったけど……

日本にはファンが残っていると期待できるケースなのかね?
過去の名作の続編やリメイクの狙いは明らかにウチの国の市場の感覚とは違うように見えるし、こっちの感覚でアニメの評価をするのとはズレているように感じられる時がある。

原作が自分で潰してしまった作品に投資するスポンサーがいるのも理解できない。

その評価が日本では違うとか?例えば「俺妹」とか、あのエンドがウチの国では大炎上して作品が死んだことになっているが日本では批判はあっても作品全否定で死亡みたいな扱いにはなっていなかったらしい。

「魔王さま」に関して以前聞いた噂では日本の制作委員会方式が悪い方に出た作品というのがあったな。
権利的に分裂しちゃって続編企画が動かせなくなってしまったとか。関係者がある種の意地や付き合いからくる惰性で動いているという説はどうだろう。

開発が長引いた挙句に発売強行したゲームみたいになってたりして。
開発が迷走して長期化、これ以上人件費開発費がかかるよりも未完成やバグまみれで強行発売して爆死させた方が損害的にはマシ、みたいな。

いっそのこと、エンディングの魔改造とかやってくれないもんかね。

ちょっと同意。終わり方を魔改造した方が良い気がしないでもない。
この作品に不評のイメージがついちゃっているのも終わり方による所がかなりあるから。



とまぁ、こんな感じで。
反応に困る人も多いようで、中国オタク界隈には困惑した空気も漂っていました。

近年の中国オタク界隈では新作アニメにたまに混じる過去の名作の続編やリメイク作品に対する批判、終わった(と思われている)作品を持ち出してまたアニメを作ることを嫌う空気がかなり漂っているそうです。

このネタを教えてくれた方によると、「はたらく魔王さま!」に関してもそういった方面からの批判が混じっている節があるらしく作品に対する空気は難しいことになっている模様です。
やはり、これはこれで文句が出るようですね……
中国オタク「なんで日本のアニメは未完の作品の続きを作ろうとしないのだろうか?」「新作で爆死するくらいなら昔の原作が完結したアニメを完結させた方がよくないか?」

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「近頃は東大を目指す作品やキャラを見かけなくなったような気がする、なぜなんだろう」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈では日本の作品の定番設定などについてもイロイロと話題になっていますが、たまに現在と一昔前の定番設定の違い、変化といったものに関して盛り上がったりすることもあるそうです。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「近頃の日本の作品では東大を目指すキャラを見かけない」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


近頃は日本のアニメやマンガで東大を目指す作品やキャラを見かけなくなったような気がするが、なぜなんだろう。社会の変化やネタ切れとかもありそうだけど、こういうのに詳しい人いたら教えてくれ。

東大を目指すと言えば「ラブひな」だが、確かにそういうの見ないね。
ただラブひな以外の作品だと何があったっけ?すぐに思い出せない。

「ドラゴン桜」とかがあるね。
メインテーマではなくても、学園モノで進路の話になると東大!というのが分かりやすく出ていた。

マンガ読者のメインターゲットは真面目に勉強する人間は少ない。
だから勉強がテーマの作品で人気になるのは難しいというだけだよ。

ほとんどの読者は自分が東大に合格できない、合格できる学力が無かったのを知っている。ビルドゥングスロマンのテーマにするのも向いていないからそういう作品は出てこないよ。

そもそも努力して東大に行こうという人間はマンガなんて見ないだろ……

そんなの昔も今も一緒だろ……「ラブひな」を読んでひなた荘に憧れるならともかく、東大に憧れて留学を考えるようなのは珍しかった

「ドラゴン桜」も受験の攻略本に見せかけた娯楽だからな。受験生ではなく受験の経験者向けの。

現実の勉強で疲れているのに娯楽作品でまた勉強しろと?

昔と今では勉強ネタの見せ方が変わっている。
例えば「暗殺教室」だって勉強がテーマに混じる作品ではある。

日本は下層でもそれなり以上に暮らせるというのも受験ネタが流行らない理由では。
日本は受験しないで高卒で就職するのも進路の一つとして普通に成立するし収入が極端に減るわけでもない。むしろ学費と在学期間を考慮すると生涯年収的に見ても下手な大卒より上になったりする。

現代の日本社会は受験するより異世界に転生する方が夢があるからですよ。
ウチの国だってみんな転移したがるだろ?

国産マンガに北京大受験をネタにする作品が無い時点でね!

東大ネタってそんなに多いか?
俺も「ラブひな」以外に東大ネタのラブコメって思い浮かばないぞ?

主人公がとは限らないけど昔の日本の作品は大学受験ネタが入ると、東大を目指す的なネタはかなりの頻度で入ってきてたよ。「ラブひな」や「ドラゴン桜」のように特化した作品が珍しいのも間違いないけどね。

「桜通信」は……?

あれは東大じゃなくて別の有名大学だったはず。

ついでに聞きたいんだが、東大ネタと甲子園ネタって日本の二次元ネタ的にはどっちが人気なの?

どっちも昔と比べて存在感は減少している。
あえていうなら甲子園の方がまだファンタジー的な価値はあるね。

高校生に「勉強しろ」なんてテーマの作品を出しても喜ばれないだろう。受験勉強をしながら受験ネタのマンガを読まれるとかつらいなんてもんじゃない。
元々が面白くなる題材じゃないんだよ。「ラブひな」が成立したのだって作者の絵柄と当時はまだ珍しかったオタク向けの萌えテンプレとの組み合わせが良かったというのが大きい。

「東大」が目標になる作品の有無と受験ネタの作品の有無は分けて考えるべきだろう
「五等分の花嫁」とかだって受験ネタではあるのだから

日本では少子化に加えて受験や就職の環境が変化して東大に分かりやすい受験と目標という価値が無くなったんじゃないか?
日本で東大ネタが出てきたのっていわゆる日本の受験戦争と重なる時期のはずだから。ウチの国だって昔みたいに良い大学いけばそれで安心というわけではなくなった。

ウチの国はまず良い大学に行かないと話にならないから受験戦争的なものはまだ現役だけどな。そこから更なる関門があるだけ。
しかしそんな体験をしているから国内の受験ネタの作品なんてあえて見たくなくなるという……

「友崎くん」に関する価値観の討論でも出たけど、日本の学校生活の価値観が昔の日本とは違うものになってきているというのがあるのだろう。

今の時代はどこの国でも良い学校に入ったからって勝ち組決定ではないという認識が強まっている。
日本の二次元でも東大という一番上の学校を目指すよりも、「ブルーピリオド」のように特殊なキャラが東京藝大という専門的に優れた学校を目指すといった内容の方が現代の読者向けのストーリーになるのでは。

現在の日本社会では優秀であることよりも、普通でコミュニケーション能力のあるリア充の方が良いとされているから東大を目指すのはカッコ良くないんじゃないかね。優秀な人間は孤独感が描写としてついてまわるようだし。
あと私の見た範囲では受験の目標は中の上くらいの学校(主人公やヒロインにとっては難しい)を狙って頑張ることが多い印象だね。

勉強とラブコメを組み合わせるのに無理があるんだよ。
そういう作品が成立するならウチの国だって研究生課程と恋愛の青春ドラマがたくさんあっていいはずだ。

良い大学に入ればそれでエンディングにできる世界じゃなくなったからじゃないか。
卒業後はどうするのかということになる。
まぁウチの国よりはマシだろうけど、それでも日本の大学生なりの難しさは聞こえてくる。

日本人の質が下がって努力しなくなったからさ!
そんな社会で大学受験の作品なんか誰が見るんだい?

日本は受験についてはむしろ熱心になってるはずだぞ。
公立学校への進学では安定しない、時間の無駄どころか悪い影響があるからと大学以前の受験も活発化している。言ってみれば諦める努力する人間で二極化しているんじゃないかと。

日本も良い学校に行くに越した事は無いだろうけど、進学しなくてもそれなりに食っていくルートあるからね。
こっちみたいに進学できなければ社会的にドロップアウト、その後のランクがハッキリ決まるというのとは違うし二次元の題材的にも受験一択ではないのだろう。それに東大受験とか過去の作品が使いまくったネタなわけだし。

日本の高校生にとっては東大がそんなに良いと思われていない、昔と比べて人気が落ちているんじゃないか?
あとは大学行かなくてもそんなに悪いことにはならないという認識が広まっているとか?

そういう方向で考えると、東大にいっても「人の上の人」にはなれなくなっているという話もありそうだ。ブランド力の低下ということなら。

結局は面白い内容にできないからだと思うなあ
東大ってウチの国で言うなら清華大や北京大に行くようなものだろ。そうなると毎日が勉強とテストで面白いストーリーになるわけがない。

東大は今も普通に進学先としては人気だけど、大学の扱いが変わってきているらしいね。
日本は本科の4年で卒業すれば就職でも有利にというのも昔の話で、段々とウチの国のように院まで出てないと意味が無いということになってきているとか。

この間仕事で話した日本人によると日本はまだ大部分の学生は本科のみで卒業、就職だって。昔とは違うと言っても院に行くのは日本だとまだ効率が悪いとか。
ただ就職の傾向や専門性をアピールしないといけなくなっているから学校のブランドだけで評価される部分が減っているというのはあるらしい。

「ラブひな」みたいに東大に進学すればハッピーエンドというには説得力が無くなっているんだろうなあ……

そこはウチの国もあるね。清華北大に入れば終わりじゃなくなって、そこから院にいったり特殊技能を身に着けたりしないとダメみたいな認識になっている。
でも卒業する大学のランクで初任給やその後の所得が大きく変わるという認識もあるから、感情移入と説得力を持たせるための話を作るのは難しいと思う。

「ラブひな」みたいなのは成立しないだろうし、「ドラゴン桜」みたいなのもその後は?みたいになるよね。今の社会だと心の薄目を開けて見てもファンタジーが成立しない。

今の時代の二次元は学園モノでも俺TUEEEEEとか無双とかになってるからな。現実社会と連動して実在する学校を目標にというのは厳しいだろう

そもそも高三、浪人生というキャラや設定が少ないのでは?
ここま出ていない作品では遥か昔の「めぞん一刻」くらいしか思いつかないぞ。夏休み冬休みイベントとかやれないから少ないのも当然だろうけど。

大学受験がテーマ、最重要イベントの扱いの作品はまだあるんだがな。「Just Because」とか。

日本の受験の傾向が変わったし、題材が飽きられてきているのもあるだろう。
近頃の日本社会で熱いのは中学受験だね。日本の入試制度の変化や学校環境の変化から中学受験で良い学校に入ろうというのと、前世紀に中学受験が盛り上がっていた時の子供がちょうど今親の世代になってきている。
もっとも当然ながらオタク向けの作品では扱いにくい題材だから受験ネタ作品ではまず出てこないだろうな。

受験勉強に関する情報が増えて学習方法が変化したので単純に勉強しているだけだと説得力が無いというのもあるんだろう。二次元においても自分を痛めつけて努力してますでは説得力が無いのは勉強に限った話ではない。
あと進路に関して「東大」だけだと今の若い世代はダメだと思う。大学に入って何をやるか、最終的に何を実現するかだから。

受験はほとんどの人間が経験するものだし、更に言えば勉強するためには金がかかる、進学するにも金がかかるのがハッキリしてきたから自分自身の努力「だけ」でなんとかするというのは説得力が無くなった。机に向かっているシーンの描写だけではもう二次元でも成立しないんだよ。

「かぐや様」や「ぼく勉」のように進学が大きな目的となるラブコメ自体はあるんだが、そこで東大というだけでは済まないんだと思う

考えてみれば開き直ってブランドを主な目的にして受験手法に特化させた「ドラゴン桜」が出ていた時点で、二次元の受験ネタの扱いは変化していたのかも。

スレを読んで考えてみたけど現実の良い学校を使うよりも、凄い難しい目標、リターンの大きい目標ということなら頂点にある架空の学校を設定した方が面白くなりそうだとは思ってしまう。現実は夢も誇張も無いから……



とまぁ、こんな感じで。
日本の受験ネタを通じて現在の中国オタク界隈の受験関係のイメージが出ていたりもしました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「中国人にとって受験の記憶は苦し過ぎるので日本の東大ならファンタジーとして読めますが、中国国内の実在の大学をテーマにした作品が作られても、苦しくて見ていられなくなるかもしれません……」
という話もありました。

中国は中国で良い学校にいけばそれで就職も安泰とはいかない、かと言って受験を必死で頑張って良い大学に行く以外のルートも無い……という状況は続いている模様です。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

3/8修正:誤字脱字を修正しました。ご指摘ありがとうございます。

中国オタク「この作品のエロパロや薄い本は嫌だ、避けるという作品って無い?」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈ではオタク関係の話題という扱いなのもあってか、いわゆるエロ関係のオタクネタがかなりオープンに飛び交っている所も感じられます。ただ中には好みに合わなかったり、それが原因となってのゴタゴタもあるそうで……

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「この作品のエロパロや薄い本は嫌だ、避ける」
といったことなどに関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


皆はこの作品のエロパロや薄い本は嫌だ、避けるという作品って無いかな?
あくまで興味があるので他の人の感覚を聞いてみたいというだけだ。エロの好みは人それぞれだから否定も肯定もするつもりはない。冷静に語ってみたいんだ。
ちなみに自分は「空の境界」だけはなんかダメだ。そういうのにぶつかりそうな気配があったら引き返す。

これは確かに気になる話題だね。自分の場合は「けいおん!」かな。
自分の中の作品の思い出を汚されるような気分になってね。薄い本が少なくないジャンルなのも知ってはいるんだけど、自分には合わない。

百合系作品はエロに関しても解釈違いが発生しやすいから信用できる作家以外は避けるようにしている。

私は百合なら見れるけど男が入る同人はダメなタイプだわ。

言いたいことは理解できるよ。
俺の場合は「まどか☆マギカ」かな。エロパロもだけど妙なキャラを入れた同人は引っかかる。

俺も「まどか☆マギカ」は百合の薄い本なら見れるけど他はどうもダメだな。

こういうのって作品を汚される的な考えと、あの作品のエロはなんかエロに思えないとかいうのがあるよね。
例えば「ジョジョの奇妙な冒険」は自分の中では「無し」だ。

私も「空の境界」
ただここで言われるまで探したことも無かったが、あの作品の薄い本なんてあるの?

テーマについて考えてみたが思い付いたのはジブリ作品だった。
でも薄い本やエロパロを描く人がいるのかという更なる疑問が……

「空の境界」もジブリ作品もあるぞ。エロの方向の組み合わせになると分からないが、あるていど知られている作品であるなら探せば出てくる。
そもそも同人以外にも昔ジブリのスタッフがこっそり参加したエロアニメなんてのもあるんだ……

「少女終末旅行」
でもさすがにこれのエロは無さそうだけど。

あるよ。探せば出てくる……

そういうのは盛り上がらない、クオリティの高いエロが少ないだけであって無いわけじゃないんだよね。だから普通にオタクやってる分には意識せずにいられるから楽。
問題は18禁が盛り上がっている作品だったときだ!

分かる。俺は「SHIROBAKO」のエロパロは見たくないんだが、目に入ってしまう時がある。もっと人気のジャンルだと更に大変なんだろうな。

私は「CLANNAD」が嫌だなあ
そもそもよく知っている、好きな作品の薄い本は見たくないというのもあるが

「ドラえもん」というか藤子不二雄作品かな。子供の頃の思い出と直結しているからだと思う。
そういうジャンルや需要があるのは理解できるが。

「はたらく細胞」、Blackも含めて。
元ネタが人体で、自分の体の中にも存在すると思うとダメだ……!

「バキ」の薄い本やエロパロはちょっと……探せばありそうな気はするが、怖いもの見たさでやるにはちょっと怖すぎる。

「バキ」に同意。
「バキ」は本編のエロシーン?もちょっと勘弁してほしいくらいかな!

そういう方向だと以前噂に聞いた「ウルトラマン」

ウルトラマンもだが、ウルトラマン女体化、ウルトラ戦士系ヒロイン、巨大化ヒロインというのはわりと存在感のあるジャンル。

NTRだけは勘弁してほしいジャンルみたいなのでもいい?
自分にとって甘いラブコメ系は大体これ。

そういうのなら、私はバッドエンドや悲劇にする同人がダメだな。

エロの好みも関わるが「マイリトルポニー」が……欧米の連中が大好きなのは知っているけど、俺はケモナーじゃないんだよ……普通に巡回していても混じって来る……

小さい頃に見た「デジモン」とかは思い出が怪我されるような気がしてダメだわ。
そういうのが大好きだと公言するヤツはいるし、その手のネタを大喜びで語るヤツもいるけど自分には合わないし目の前でやられたらキレる。

俺は「アズールレーン」の薄い本がダメ。
自分が課金もして揃えて育てて日々一緒に戦っているキャラが同人的なエロになるのは……いや作品が作品だしエロを否定するつもりはないんだが……なんだろう、上手く言えない。

好き過ぎる、思い入れがあり過ぎるとダメになる。私にとっては「ONE PIECE」がそんな感じ。

「ARIA」のような癒し系の作品の薄い本は見たくないなあ

「ああっ女神さまっ」の薄い本にちょっと興味をもったんだが合わないのばかりだったのがトラウマになって見たくなくなった。
まぁ今となっては薄い本より作者の情報の方がつらいんだけどね。

近頃の作品だと「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の薄い本は見たくないかな……

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は作画難度的に回避が容易そうなのが羨ましい。

好きだから逆にエロが見たくない、エロ的にやられるのを見たくないキャラっているよね。
俺にとっては最近だと「鬼滅の刃」の胡蝶しのぶとか。

よく知っているキャラだとこのキャラはこんな感じで発情せんだろうとか、ストーリー展開の雑さを感じてしまってダメなことはあるな。

我ながらヘンな話だが、Fateの殺生院キアラがエロで負ける話は解釈違いで気分が悪くなる。脳内を考察するにエロパロ自体はアリだと判断しているようなのだが。

NTR全てがダメなわけじゃないが、純愛系作品の同人NTRは本当にダメだ。
それが良いんだろうとかNTR好きの才能があるとか言われるのは辟易している。

NTRネタが嫌な作品ってあるよね。自分にとっては「俺ガイル」がそれ。
あと単純にクオリティが低いのや設定間違っているのもダメかなあ

自分と同じ人がいた。二次創作の「俺ガイル」NTRは見ないようにしているけど、八幡が主人公補正消えたらNTR作品で寝取られる方のキャラっぽいスペックや行動パターンだなというのは否定しにくい。
だからこそ目に入らないように意識して距離を置いてる。

何と言えばいいのか分からんが、とても参考になるスレだった。
自分が想像していなかった作品の薄い本があるらしいこともだし、自分が想像していなかった所や作品が問題になっていたこともだ。
もう少し自分の発言やエロ方面のネタをふる相手や場所を考えることにするよ。

こういうのはネタで済まないこともあるから、気を付けた方が良いよな。

でもこういうのは段々と慣れてしまうものでもある。
薄い本ではないけど、三国武将の女体化とかいつのまにか抵抗が無くなってあえて意識すらしなくなったろ?

それは確かに。
でも無理に薦める物でもないから気を付けよう。



とまぁ、こんな感じで。
イロイロな方向でのダメなものというか好みてきなものが出ていました。

ちなみにこのネタを教えてくれた方によると
「個人的な印象になりますが、中国では日本よりも周りの目や相手を気にしないでエロパロの話題、エロネタの話題を持ち出す傾向があると思います。例えばNTR、牛頭人(NTRのスラングで中国語のピンイン表記NiuTouRenからきているのだとか)ネタなどを。しかしオタクネタの住み分けが無いので嫌いな人も巻き込んでしまうことが少なくありません。最近の空気を考えると摩擦からの炎上につながらないか少し不安ですね」
といった話もありました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

中国オタク「ウチの国の日本の深夜枠に対する間違った認識や規制のイメージについて」

ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

中国オタク界隈ではこれまでも定期的にアニメの規制やレーティングの導入などについて話題になってきましたが、先日の「無職転生」の大炎上からの配信中止を目の当たりにしたことにより、改めて日本と中国の規制やレーティングの違いなどに関する話題が盛り上がっているそうです。

中国のソッチ系のサイトではそんな話題の一つとして
「日本の深夜枠やレーティングに関する誤解、規制のイメージ」
といったことなどに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


アニメが規制されるたびに「なぜレーティングを導入しない」「日本では深夜枠でレーティングがかかるような作品なのになんで一般向けで流す」みたいな声が上がるけど、この辺りに関する認識には、例えば日本のテレビでは「深夜枠=レーティングがかかっている作品」といったような間違いが混じっていたりもする。
その辺りについてちょっと知識の交流をしてみないか?

ふーむ、例えば「無職転生は明らかにR-15の作品だろう」みたいな?

「なぜ日本のR-15作品をこっちでは全年齢向けとして宣伝するのか」
といったようなのもあるな。私も討論の際に日本の深夜枠や規制に関する前提認識の食い違いを感じることがある。

そうそう。実際の所、深夜枠ではあるけどR-15という分類にはなっていない。
更に言えば日本の基準ではお色気シーンに関しても問題ないレベル。ただし、ウチの国でそのまま流していいかは別の話。

そこがヤヤコシイんだよな。
bilibiliとかのアニメを配信しているプラットフォームの責任があるのは間違いないんだが、そこに日本に深夜枠がどうのこうのと誤解の混じった批判になるから……

分かる。
そしてこういうのをやり出すと日本ではとか欧米ではみたいな論調も加わって冷静さが行方不明になりがちだから余計に難しくなる。

だが実際の所、俺達が見ている人気アニメの多くは深夜枠アニメではない。
日本ではゴールデンタイムに放映されている作品も少なくない。

昔はともかく今はハッキリとした子供向け以外はほぼ深夜枠だぞ?ジャンプ原作のだってそうだ。「呪術廻戦」も「ハイキュー!!」も「憂国のモリアーティ」も「約束のネバーランド」も「Dr.STONE」も、そして「鬼滅の刃」も。
一応ノスタルジー狙いの昔の人気作品のリメイク、「ダイの大冒険」あとジャンプ系じゃないが「半妖の夜叉姫」なら深夜枠じゃないけれど、こっちを見てる人は少ないだろ。

いわゆる日本のテレビの深夜枠ってのは時間帯でしかなくて、作品の表現の過激さには直接的な関係はない。その時間帯の主な視聴者の傾向による所はあるがそれでも制度上の規制基準やレーティングというのはない。
そして新作アニメの多くはオタク向けで制作費もターゲットも小さいから昼間、ゴールデンではなく深夜枠に放映されることになっている。

調べてみると分かるが、ウチの国で有名な人気作品も最初の放映は深夜枠だったりするんだよな。
「はたらく細胞」や「シュタインズゲート」なんかも。

日本のテレビにおけるグレーゾーン的なものが無いわけではないから難しいのよ。
いわゆる「聖なる光」で隠すといったような形で日本でも地上波はかなり厳しい修正がかかっているし、深夜枠以外にチャンネルによる住み分けというのもある。
ただそれらをR-15だとか一般向けじゃないとかでレッテルを貼るのはどうなのかと迷う。

そう言っても、多くの深夜枠のアニメがレーティング作品なのは確かだろう。

そこは具体的な数字や割合を出さないと反論にならんぞ。

日本のテレビの基準や価値観と我が国の社会の基準が価値観が異なるし、そこで伝言ゲームも加わって全部規制しろ、レーティングを導入しろになってるようにも感じる。
ウチの国向けに修正した内容があれば良いのかもしれないが、コスト的にも期限的にも現実的じゃないからな……

AT-Xでの規制解除やディスク販売の際にかかるレーティングみたいなのもあるな。あとTV放送では成人向けで明確にレーティングのかかる有線放送チャンネルもある。
もっともいわゆる「地上波放送」は修正が多いし、基準は厳しめ。ただレーティングの対象ではない。そしてこういう作品がディスク販売の際にレーティングがかかることは普通にある。

日本も規制は厳しくなって子供向けアニメの水着回も難しくなっているんだよね。
深夜枠はPTAに怒られないように移動した先という面もあるから「日本では何の問題も無く放映されているのに」という全肯定もまた違うと思う。
この材料がこっちの討論で冷静に扱われることも無いけど!

どの国も一緒、ウチの国でもある話だが規制はどんどん厳しくなる。
昔の作品だったら抗議をスルーできたのが、今では大きな問題になって炎上につながったりする。「銀魂」のように明らかに昔というか、先にやらかしていたからなんとかなっている作品みたいなのもある。だから「あの作品は大丈夫だったのに」みたいな話ではなく、今の基準でどうなのか、どう扱うべきなのかを考えるしかない。本当に残念な話だがね。

日本でもその辺りについてはハッキリと注意してはいるね。
最近で言うなら「はたらく細胞BLACK」の第3話と第4話が深夜枠内でも更に後ろの方の時間帯になったりしている。
ただこれもレーティングとは別の自主規制、安全の確保といったものだからよくある深夜枠とレーティングを混同した批判とは別の話だが。

実際の所、今の子供向けじゃないオタク内で人気の作品で非深夜枠はガンダムとか一部の少年ジャンプ原作系とかくらいじゃないか?
あと日本のアニメ自体が最近は深夜枠中心になっているといった事情もある。

上でも出ているけど「鬼滅の刃」は深夜枠出身で日本の国民的アニメにまでなっているから、深夜枠で括るのはもう正しくない。

日本のアニメもネット配信の割合が高まっているからそんなに重視されていないという話も聞いた覚えがある。
例えとしてはいまだにディスクの販売枚数で作品の覇権を語っているようなものなのかもね。

あー、なんとなく分かる。現在の実情を考慮せずにずっとディスク枚数にこだわっている人はいるからな。

「真・中華一番!」でさえ深夜枠だというのが現在の状況だからね。

深夜枠だから一般向けに流すな、という批判は問題を歪曲させがちだ。
でも日本の判断基準で問題無いとされる作品をそのままこっちで流すのもなあ……

bilibili側でレーティング導入すればいいだけじゃないの?R-15で。
bilibiliが全年齢向けプラットフォームみたいな顔しているのがおかしい。

それで今の問題が無くなるならいいけど、どの程度効果があるんだろうな。
フェミ関係は内容に関してだから分かりやすいレーティング規制は困難だぞ?恋愛要素アリだからR-15とかやるのもウチの国だと一つの選択ではあるだろうけど。

この作品は「三観が正しくない可能性があります、ご注意ください」とでもやるか?現在の環境は数年前とは大きく変わっている。いつでもどこでも三観警察が出撃だ。
(訳注:「三観」は世界観、人生観、価値観を指すことが多いそうです)

「この番組は一部成人向けの内容が含まれております。視聴の際にはどうかご注意を」
とやっても人気になるだけで批判は発生するからね。

bilibiliでR-15の基準を導入するとしてだ。bilibiliの視聴者に15歳以下の子供があんまりいないというのがデータにはあるんだが。あそこのユーザーは18〜35歳が8割だ。
子供への悪影響を持ち出して文句言うのはどうなのか、我が国の成年の頭の具合は外国よりもそんなに劣るのかと言いたくもなるわ。

商売的には厳しくなるだろうが、安全重視ならいっそのことR-18やガチガチに会員で区切ってしまうのも手だろうね。
有料会員導入の理由の一つがそれだから。ただ覇権アニメ扱いになるとどうなのかという根本的な問題は残る。

でも正直に言わせてもらうと「無職転生」とか子供に見せるべきでは無いと思うし配信中止は合理的なものだと思っている。業界的にどうなのかは知らんけど。

近頃はその「合理的」という理由に「自分が嫌いだから」という主観的な意見がかなり混じるから炎上するわけで。そして分かりやすく過激な断定での殴り合い、通報合戦になっていく……

「無職転生」がウチの国の一般家庭に流すのには向いていない作品だというのは間違いない。そこを認めたくないから目を逸らして口実を探して弁護するのは見苦しい。どこの国に住んでいるのか忘れるな。無職転生配信中止を受け入れられないのはお前ら個人の問題だ。

配信中止、子供に相応しくないという根拠となる基準を明文化できていないのがウチの国の現状の根本的な問題だろうな。「こういう作品はダメ」という基準を提示できるなら番組を買う時にも交渉しやすいし、修正版の作成みたいなオプション要求の選択肢だって出せる
「これぐらいなら大丈夫」の感覚が業界内やオタク界隈でさえ統一されていない、最低限の明文化されたルールも無いから後になって大炎上して慌てふためくし大ダメージにもなる。

「無職転生」の大炎上はウチの国のオタクのダブルスタンダードな考えを浮き彫りにした点だけはよかったのかもしれん。ここを直視しないことには事件が繰り返されることになる。

リスクを考え出したらキリがないけど、結局は規制の方針とどこまで徹底するかだよ。
その辺りをうやむやにしてきた問題がいよいよ顕在化してきた感はある。アニメだけでなくネットドラマなんかもだけど。

アニメ、二次元文化は急速に大きくなってしまったし、商業的にも文化的にも昔の隅っこでオタクをやっていた時代とは違う。あまりにも簡単に広まる今の時代に合わせた態度が必要になってきているのでは。まぁそれがレーティングで簡単に括れるものではないのが厄介なんだけどね!

ウチの国は二次元界隈内で住み分けができていないのも困る。
日本は男性向け女性向け、大人向け子供向け、同じ作品のファンでも男女でまた住み分けている。
ウチの国はそういうのが無いから少年マンガ原作系でも男女のファンがやたらとぶつかるし、そこに近頃はフェミニズムまで入ってくる。

日本の二次元は過去に何度も社会的な規制とそれに関する業界やクリエイターの対応が発動しているし、マンガやアニメを見て育った世代がかなり上の方までいる独特な社会だから「日本で大丈夫」、「日本ではこのレーティング」みたいな話を持ち込むのは正しくないと思うわ。
とりあえず「無職転生」の件については運が悪かったが、あのアニメを大丈夫だと判断したのは運営のミスでもあるだろう。人気になり過ぎて注目を集めるということも含めてね。

それは確かに。
ウチの国のネット小説ではハーレム系作品が様々な規制によって消えていった。「無職転生」のような表現や内容の作品はもう国内では書けなくなっている。通報されてアウトになる。
後出しな言い方になるけど、明らかにリスクはあった、そしてbilibiliは失敗したということなのだろう。



とまぁ、こんな感じで。
近頃の中国オタク界隈の規制に関するイメージや態度がイロイロと出ていました。

中国のやり取りを見ると規制自体については肯定的な人も多い印象ですね。
ただこの辺りに関して、このネタを教えてくれた方からは

「規制や配信中止をするべきだという人は、自分はダウンロードで見れるから関係ないという考えの人も多いので単純な話ではないですね。あとそういった人達はダウンロードの提供元の方が弱ってきている、ダウンロード自体が使いにくくなっていく、ダウンロードだけだと語れる人がどんどん減っていくというのを知らないのか忘れているのかという意味でも少し心配になります」

「他には正規配信で人気になった場合に増える初心者が入ってくるのを嫌うという感情もあるかもしれません……」

といった話も飛んできました。
どちらにしろ、現在の中国の環境でオタク向けの作品を展開するのは何かと難しくなってきているようですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

3/6修正:誤字脱字を修正しました。ご指摘ありがとうございます。

中国オタク「鬼滅のアニメ第二期の発表記念に劇場版前の自分の発言を思い出してみよう。ここだけ2020年の10月初めくらいな!」

「鬼滅の刃」のアニメ第二期遊郭編の発表が行われましたが、ありがたいことに「鬼滅の刃」関係でネタのタレコミをいただきましたので今回はそれについてを。

劇場版でトンデモナイ数字を叩き出した「鬼滅の刃」ですが、当ブログの過去の記事でも紹介させていただいた通りそのニュースが中国オタク界隈にも大きな衝撃を与えました。

中国オタク「なぜ日本であんなに鬼滅の刃が売れているんだ!?あの劇場版の興収はいったい?私は普通に良い程度の作品にしか思えない!」

中国オタク「日本で鬼滅の刃の興収が300億を超え「千と千尋」超えも間近になった模様」「何と言えばいいのか分からん事態になってる……」

中国のソッチ系のサイトでは
「劇場版鬼滅の刃に関する事前の予想を思い出してみる」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


鬼滅のアニメ第二期が正式に発表された。
そこで記念に「劇場版鬼滅の刃」が封切りされる前の、自分の評価や予想の発言を思い出して当時の気分で書き込んでみようぜ!
ここだけ2020年の10月初めくらいな!まずは俺から。
原作はかなり売れているけどそんなに長くないし、「進撃の巨人」より明らかに上ってわけでもないから目立った成功にはならないんじゃないかな。失敗もしないだろうけど。

この20年で一番成功する日本のアニメ映画になるよ!
……ネタでこう書いたら釣り扱いされた。うん、まぁ実際に釣りというか煽りの気分も混じってはいたが。

この10年くらいなら分からなくもない。でも20年となると「千と千尋」があるから無理だろー

そうそう。宮崎駿を除外すれば分からないが、そこはほぼ無理。

そこまで大きな数字にはならないよ。
ディスクの売り上げだって2万枚ちょっとだぞ?「まどか☆マギカ」の劇場版を超えるかも怪しいと思うね。
……俺の知識は偏見に満ちていたようだ。

興収で比較を始めると日本の映画史上には「千と千尋」という興収面でも偉大な作品にぶつかるわけだし鬼滅についてはファンもアンチもそんなに興収にこだわらなくてもいいだろうに。興収だけで作品の価値が決まるわけじゃない。
こんな感じで上から目線だったような覚えがある。

当時の私の見方は「1クール、2クールの作品のなかならば突出した存在ではあるけど、劇場版となるとなんとも言えない。大コケは無いだろうし大人気になる可能性は低くないと思うが」といった所だったね。

「鬼滅の刃」が失敗するとは言わないが、この10年くらいでもテレビアニメの神作は断続的に出現していて、それの劇場版はそこそこの成功だったりするからなあ

「鬼滅の刃」の日本のTVアニメではここ10年で最も熱いという評価だぞ。

10年に一人の才能みたいなのは毎年聞こえてくる話だし10年で最高の作品というのも煽り文句ではありがちだから映画が始まってみるまで興収は分からないというのが正直な所だ

「進撃の巨人」以降でならば最も凄い人気の作品ではあると思う。でも鬼滅の各巻の売り上げ自体はまだ進撃の巨人以下だ。そこから考えると、劇場版はアニメとしてはそれなりに成功というレベルになるんじゃないかと。

「エヴァ」や「名探偵コナン」と比べて上に行けるかが分からなくて評価に迷う
中国からは日本の映画関係の空気、一般の空気が分からないから

日本にいると感じられるものを総合的に見たらこの数年では屈指の人気作品なのは間違いないんだよ。主題歌の紅蓮華がテレビどころかコンビニとかでも頻繁に流れてくるからいつの間にか歌えるようになるレベルだし劇場版の数字の伸びはどこまでいくのかという気にはなる。「君の名は。」と勝負できるんじゃないか?

こっちのオタクの間では「響け!ユーフォニアム」とかの方がよほど盛り上がっているからな。

日本では国民的レベルにはなってるのかね。自分はこっちの動画サイトの再生数と原作の売り上げしか凄そうな理由が思いつかないのだが。

円盤売り上げが「プリコネ」に及ばないし、どうなんだろうね。凄いという根拠と凄くないという根拠が両方見つかる。

現在の日本のアニメの円盤売り上げはコアなファンがどれだけいるかの指標だから、「鬼滅の刃」にはコアなファンがそれほどいないという意味でもある。一応2万枚というのは近年の環境ではかなり手堅い数字ではあるよ。

ディスクがあまり売れていなくても、この劇場版で原作マンガは更に売れるから集英社としても何も問題ない。結局、日本のアニメはマンガの広告だしそういったビジネスモデルだから。

「DX日輪刀の売り上げが年間一位になると予測されている!」
確かこの当時はマンガの売り上げやアニメ総集編の視聴率の他にこのDX玩具というネタを武器にアンチとやりあっていたっけな。
そしてその後、アンチの予想をぶちのめすだけでなく俺の予想もぶちのめされる興収の勢いに、自分も実は理解していなかったのかと少し怖くなったな。

鬼滅のアニメの持ち上げるポイントは視聴率で、批判的に言われる所はディスクの販売枚数だったよな。

比較対象としては「けいおん!」くらいじゃないかと思っていた。あれも時代を象徴する作品だったから。
興収に関しては日本の映画市場や映画館の環境も変わっているから何とも言えないと思っていた。

えーと……確か……
記録という意味では宮崎駿の他に、直近の怪物として「君の名は。」がいる。この壁があるからイメージ的には気の毒な戦いになるだろう。
とか言ってたよ!!

ここだけの話として言うけど大嫌いな「僕のヒーローアカデミア」をぶっ潰してくれそうなんで応援していたら俺の推しの「進撃の巨人」の地位が危なくなったな

深夜枠のアニメで一番興収が高いのは「ラブライブ!」の28億円。作品の勢いからして恐らくこの数字は超えるだろうね。

人気が凄いと言われてはいるけどその理由が伝わってこないんだよね。
仮に国内で上映されても見に行く気にはならないし。

人気の凄さがよく分からない。こっちでも再生数は億単位ですごいが、これが日本の映画の興収の参考になるのかと言うと……
ディスクの売り上げ、マンガの売り上げ、いったい何を基準にすればいいんだ……!と当時はほぼ予想するのを諦めていたな。

「お前達は日本でどれだけ鬼滅が人気なのか全く知らない。来週になったらウチの国のフォーラムのいる人間は鬼滅が塗り替える記録のニュースに驚くだろう」
と書いたらスルーされたり冷笑されたりしたのは忘れないからな。
でもさすがに俺も日本の映画界の歴史を塗り替えるとは思ってなかったなあ

悪い作品ではない、現時点で大人気な作品ではある。
ただ10年単位で見ると突出したものではないから、劇場版もそれなりの数字で成功或いは大成功くらいになるんじゃないかな。

アニメは賛否が激しいけど原作マンガの売り上げを見ても今世紀の作品の中で10位以内の人気にはなっていると思う。映画は「名探偵コナン」クラスの数字は叩き出せるんじゃないかと。

そもそも新型コロナが流行している最悪の環境で記録が出るとか期待するのは無理な話なのでは……?

ファンは持ち上げたがるのも分かるけど、あまり熱くなり過ぎない方が良いんじゃないかと心配になる。
日本のアニメは劇場版では宮崎駿という怪物が存在するし、IPでもポケモンみたいなのが存在するのだから。

「人気は高いんだろうけど、どういう理由での人気なのか分からない」
正直いまだになぜ鬼滅の刃が人気になったのかは分からないままだ。



とまぁ、こんな感じで。
現在の中国オタク界隈における作品人気に関する判断基準や注目するデータ、そしてその受け止め方などもイロイロと出ているようでした。

ちなみにこのネタを教えてくれた方からは
「劇場版の公開前ではファンは直前の日本のテレビ放映での視聴率の高さや原作の販売数の記録で優位なものを持ち出してスゴイと宣伝し、否定する側はディスク枚数や過去のアニメ映画の興収を持ち出してそんなにスゴくないとやりあっていました」

「ファンの中にはこれまでにない記録的な大人気になるだろうという希望込みの予測をする人もいました。たださすがに300億の男が出現することまで本気で予測していた人はいなかったのではないかと……」

といった話がありました。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

3/3修正:タイトルなど派手に誤字脱字をやっておりました……ご指摘ありがとうございます。
百元籠羊
十数年の中国生活をとりあえず終えて帰国。のんべんだらりと生息中。
中国でのエネルギー源は刀削麺と煎餅果子(中華クレープ)でした。最近は日本でも刀削麺の美味しいお店が増えてきて嬉しいです。

中国に広まっちゃった日本のオタク文化や、中国のオタクな若者達に関する質問、更には当ブログへのネタ提供にツッコミなど大歓迎でございます。

コメントに書くのは何だというのでしたら、baiyuanlongyang「at」gmail.com (「at」を@にかえてください)の方にメールを送ってくださいませ。
このブログのまとめ+αな本 「オタ中国人の憂鬱 怒れる中国人を脱力させる日本の萌え力」 が出ています。
表紙は日本鬼子&小日本、帯の推薦は岡田斗司夫様と、本の外側については管理人が怖気づくようなレベルになっています。中身も表紙サギにならないようできる限り頑張ってみましたので、よろしくお願いします。 ちなみに「中國宅宅的憂鬱:日本萌力,平息中國人的怒氣」というタイトルで中国語繁体字版も出ております。 こちらの記事で書籍内容についての簡単な紹介をさせていただきました。
「日・韓・中 トンデモ本の世界」で、中国オタク事情に関するコラムを2本書かせていただきました。



ブログではまとめたり詳しく書いたりするのが難しい内容を書く機会をいただけたのはとても有難かったですし、トンデモ本シリーズなので読者層も濃いということで「ある程度濃い方向で書いてもOK」と、昔出したブログのまとめ本よりもツッコんだ内容を書けたのも楽しかったです。
LINK


当ブログへのリンクはフリーでございます。

このブログの親玉やネタ元

北京留学日中交流

日本からだと存在そのものを疑われる事も有った北京の漫画喫茶B3は現地の制度変更や地価高騰の影響で伝説の彼方の存在となってしまいましたが、中の老板は相変わらず活発に動いてらっしゃいます。このブログもここのコンテンツの一つということになっている・・・のかしらん?

中国オタク的に気になる(らしい)アイテム

amazon機能試し中
記事検索
最新コメント
Archives
  • ライブドアブログ