前回の記事「ゴールデンタイムに日本のアニメを「中国で制作した」として放映? 」についての情報を頂いたので補足を。

まず、日本のアニメを中国製と偽って許可を申請するのは以前にも有った事だそうです。
人民网の記事
「広電局:拒絶国外動画借売上市」
にも書いてあるのですが、中国の映像メディアを管理している国家広播電影電視総局は国外のアニメ作品を加工或いは修正したものを「中国製アニメ」として許可証を得るのを禁止するという通知を出しています。

この通知ですが、日本のアニメを中国製と偽って許可証を取得するという今回と同じ様な事が起こってしまい、それが原因で出された模様です。
その件については国家広播電影電視総局の方でも通知が出ていますね。
コレ
元ネタになった作品が何かはちょっと分からないのですが、許可証を取り消された加工済日本産アニメは「玲dang(王偏に当)冒険記」という作品とのことです。

現在中国はアニメや漫画の振興政策を打ち出しており、動漫制作基地といった制作拠点を中国各地に作っています。
これらの制作拠点は資金を出してもらっている以上、当然ながら一定の結果と言うか作品を発表しないといけません。
しかし全部が全部うまく行くとは限らないわけで、中にはインチキをする所も出ているみたいですな。
こういった背景が今回の件の原因の一つだったりするのかもしれませぬ。

例によってお役所仕事ですから迅速な処理と言うのは期待できませんが、許可取り消しの前例も有りますし、この「ふしぎ星の☆ふたご姫」を加工したらしい「神奇星球luan生公主」も前後関係が確定したら許可取り消しになるのではないかと。

とりあえず、今回はこんな所で。情報やツッコミは引き続き大歓迎でございます。


ゴールデンタイムに日本のアニメを「中国で制作した」として放映?

ゴールデンタイムに日本のアニメを「中国で制作した」として放映? 続きの続き