さて、wiiを意識せざるをえない中国製ゲーム機「威力棒vii」ですが遂に市場に出てきた模様です。
コメントでyoutubeにvii関連の動画があがっているという情報をいただきました。
ありがとうございます。
では、ありがたくソレをネタに使わせていただきます。

まず、外観について



動画内のコメントでは
見た感じ、wiiに似てるけど持ってみるとスゴイ軽い
上部に有るスイッチはパワーとリセット
開けてみると、何の機能なのかよく分からない接続端子が2つ
とりあえず、ディスクを入れる所はどこにも無いのでwiiのゲームは遊べない
背部には固定のラインと挿入口が1つ
固定ラインは音声と映像出力
でも、音声出力ラインは1本しかないぞ!?
モノラルだ……映像出力は中国のPAL方式
挿入口は電源用
他にどんなwiiっぽい所が有るかと言えば……たぶんこの台座かな?
斜めに置くようになってるから、こうすれば……たぶんwiiとか言って騙せるかもしれない
……騙せるんかね?

といった感じの事を言っています。
次に、内部構造。viiを分解します。衝撃の内部についてはコチラ



綿でもこれよりは重いぞ
とかなんとかいいながら、開いてみると
マジかよ!?
コレだけ!?

という驚きの声が上がり、内部のスンゲェ小さい基盤が出てきますw
とりあえず、何に使うかは分からないが基盤のポートはちゃんと接続端子と繋がっている。
あんまりにも軽いからか、重くするために底の方に鉄板が貼ってある。
電源の接続端子は4つ残しているが、実際に出ているのは2つだけ。余った2つは使われていない。
信号出力ラインは3本あるんだが……最後は2本になる。これちょっと分からないな、読者の人で分かる人いたら教えて。

と、一応の説明があって。
これだけしかない・・・
中に家でも建てて遊ぶか?

とぼやいております。
なんともスバラシイ造り……

それから、こちらがテレビショッピングのCM



コッチの方もかなりイイ感じですな。
何やら子供の運動になる!というのがアピールポイントみたいですね。
45分で警告が出るから子供の遊びすぎについても問題なしとかなんとか。
運動器具兼パーティーゲームというスタンスでやっていくのでしょうか?
ちなみに、このCMの1:12あたりではPS2?を引き合いに出して
「時間の節約になる」
とやっております。

ゲーム自体については、正直なところこっちの予想を上回っても下回ってもいないのがちょっと残念でした。
気になった所は、パーティゲームのはずなのに多人数同時プレイが出来そうなソフトが無い事くらいですかね。
一応、卓球ゲームは2人同時プレイ可能っぽいのですがそれ以外は基本的に1人プレイのゲームの様で。


とりあえず、viiがこの世に存在する事は証明されました。
更なる発展が有るのか無いのか、今後も生暖かく見つめていこうと思います。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国製偽wiiこと威力棒vii、さすがに中国でも呆れられてるようで

wiiを意識せざるをえない中国製ゲーム機「威力棒vii」続報