前回(その1)に引き続いて2回目。
今回は日本側の見方についてを。

日本側から海外でのファンサブの大流通を見ると、それ自体が権利や倫理的にどうなのか、といった問題があると思います。
ですが、それ以上に違和感を感じるというか不快に思われるのは
「作品への態度」
なのではないかと。

ファンサブや海賊版を見ることについて
好きな作品をどうしてそんなに軽く扱えるのか
という声を聞いたことがあります。
ファンサブや海賊版だけでその作品を視聴して、それで「ファンだ」と名乗る事は、日本の感覚だと作品への尊重が薄いと言うか皆無に感じられるのではないかと思います。
私自身も中国でそういう発言や態度に遭ってムッとした経験が少なくないです。

オタクは一つのカテゴリや作品に対する執着が強いからオタクなわけですし、当然ながら作品を軽く扱うのは嫌悪されるでしょう。

ただ、これについては日本側が「オタク」という言葉に引っ張られているといった面も少々あるのではないかと思います。
「海外のオタク」が日本のオタクとは違うのを頭で理解していても、実際の物事を判断する時にすり合わせがうまくいっていないのではないかと。

日本ではオタクといえばある種の「信者」ともいえるイメージが浮かぶと思います。ですが、コレを海外のオタクにも当てはめるというのは難しいです。
オタクを名乗るにはある程度のモノが必要とはいえ、日本基準を適用するのはさすがに無理が有る様に思います。

その1で書きましたが作品に接する感覚が根本的に違います。
またオタクとしての「深さ」についても海外では深める過程の難度がおのずと跳ね上がります。

インターネットが使えるようになって久しい昨今ですが、国や言語の違いによる壁、理解に要する手間というのは未だに大きいです。
作品全体をしゃぶりつくして楽しめるのって、やはり日本でないと難しいです。
言葉や作品を理解するための知識や土壌が違います。
日本ではそういったデータへのアクセスも楽です。私は日本に帰ってきて、大量の資料や情報がその辺の書店で簡単に手に入るのに狂喜したりしましたし。

海外の事情を「オタク」という言葉で語るとき、この海外における限界が見えづらくなっている様に思えます。海外では難しいものはホント難しいです。
まぁ、それを克服してこそのオタクという話もあると思いますが「ごく普通」のアニメ好きなレベルだとやはり厳しいかと。

もちろん、モラルの面で見て海賊版やファンサブがイカンというのは当然です。
ただ、現実的には海外の「ごく普通のオタク」については「日本のオタクとは考え方の違う所もある」という認識を基にして見ていくしかないのではないかと思います。

とりあえず今回はこんな所で。
スイマセン、ちょっと長くなりすぎました。
次回は海外の「一般的なレベル」じゃないオタクについての問題を。

例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。
でも、できればお手柔らかに・・・・・・


海外だろうと、もう「好き」というだけではオタクといえない……寒い時代だと思わんか? その1

海外だろうと、もう「好き」というだけではオタクといえない……寒い時代だと思わんか? その3