イベント前に大雪が有ったため、ホントに開催されるのかと心配になった中国広州の同人イベント

廣州★YACA春季校園同人祭2008

知り合いの中国オタクも行って来たとの事で、ちょいとその報告を。
まず、今回のイベントに参加したサークルは100程度とのことで結構な規模だった様です。
撮ってきたという現地の写真では
広州その1広州その2






広州その3広州04






広州その5






と、こんな感じだったようです。
最後の1枚は会場となった小学校の掲示板とのことです。
例によって会場には海賊版売り場が見受けられたりというなアレな事も有ったようですが、結構いい感じで盛り上がっていたそうです。
創作物は同人誌に限らず、同人ゲーム、同人音楽CDやもろもろの同人アイテムが有ったとのこと。

また、中国の創作全般に言えることなのですが、サークル側は女性の描き手が多数を占めていたそうです。
内容についてもBLを筆頭に一般向けジャンルまで幅広く出ている様です。
中国でもオタクといえば男性の方が多いのですが、創作については女性の方が多いのですよね。ネットで発表されている二次創作も女性向けが多いですし。

この辺は、男性向け18禁が中国では販売できないというのも有るかもしれませぬ。
男性向けのほとばしる熱いパトスを出せないというかなんというか。
ただ、男性向け18禁が全く無いという訳ではなく今回のイベントでも男性向けの18禁を出している所も有ったそうです。
……これ、もし摘発されたら非常にマズイと思うのですが。


個別のサークルについても面白い話を聞いているので、そのうち中国で活動している同人サークルを紹介したいと考えております。

とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。