例のごとく中国のソッチ系の掲示板を廻っていた所、手塚治虫と石ノ森章太郎についてのスレが有りました。面白かったので、ついでに手塚治虫や石ノ森章太郎に関するスレを見て廻ることに。
という訳で、例によって私のイイカゲンな翻訳で紹介をさせていただきます。


手塚も石ノ森も、日本の漫画家では神レベルだよ

手塚治虫のホラー漫画が面白かった。

悟空の大冒険と鉄腕アトムは子供の頃よく見ていたなぁ

手塚治虫 
作品発表期間43年、全集計400巻
石ノ森章太郎 
作品発表既刊45年、全集計500巻
確か荒木飛呂彦が各部の間の期間除いて休載や原稿落とし無しで、まだ100巻いってないはず。
仕事熱心とかそういうレベルじゃねぇぞ。

うーん、数こそ多いけど質の問題から見るとどうなの?

お前・・・・・・神様を知らんのか?

同時連載とかかなりやってたらしいな。雑誌2冊どころか5冊とかまで

やはり神と人は違うのか・・・・・・

昔は早いペースで本が出たんだよ。手塚治虫のアシスタントをやった作家もかなり出しているはず。

荒木とかは画の密度が高いから差が出るのもしょうがないんじゃない?

やはり神はテレビドラマを見たり、ゲームしたり、しょっちゅう取材で消えたりしないんだろうな。

手塚にしろ石ノ森にしろペンで簡単にかいてるだけw

ペンで簡単に書いてるだけ?お前、ちゃんと本を読めよ・・・

日本の漫画は、ペン作画の発展の歴史だぞ。ところで手塚の火の鳥はなんで未完なんだ?

石ノ森章太郎の作品は内容的に手塚と遜色無いレベルだ。最近またアニメ化されてるし。

手塚は神ってわけでもないだろ。単に当時の最先端だっただけ

量は関係ないんじゃない?大事なのは質だよ。

石ノ森章太郎か・・・俺は仮面ライダーしか知らない

手塚の作品について語るなら別に全部見る必要は無い。「火の鳥」と「アドルフに告ぐ」を読めばいい。

手塚の画は今見ると古く思えるけど、今の漫画の基礎を作ったんだからやはり漫画神だろう。

石ノ森章太郎の漫画って実は読んだ事が無いんだが、仮面ライダーとか特撮の原作者という印象が有るなぁ。

日本の漫画家って早死にするイメージが有るんだけど、やはり漫画の描きすぎなのかな?
手塚治虫も石ノ森章太郎も藤子不二雄も60歳くらいで死んでいる・・・・・・早すぎるよ。



とまぁ、こんな感じで。
彼等の手塚治虫、石ノ森章太郎へのイメージがどんな感じか見えてくるのが興味深かったです。
微妙にネタ混じりっぽいですが、見た感じ中国には手塚治虫と石ノ森章太郎については名前や業績は伝わっているものの、作品そのものや作家本人のエピソードに関してはあんまり伝わっていないみたいですな。
彼らには「まんが道」とかを是非読んでもらいたいなーと思ったりします。

とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。