最近小林多喜二の蟹工船が再び脚光を浴びており、大増刷に加えて今度はドラマCD化だとか。
その話について、中国オタクはかなり驚いている模様です。

ちょっと説明させていただきますが、中国は「社会主義国家」ですし、共産党政権です。
その流れで学校教育においても日本で言う道徳のような位置付けで「思想政治」という科目が有りまして、その中でマルクス主義や訒小平理論なんかを勉強します。

この科目は大学受験等には必要ないものの進級には必須の科目でして、中国の学生は試験前になると必死で暗記を頑張ったりします。(で、試験後に高速で忘却したり)
また、他の科目についてもこういった思想の影響を受けており、「資本家に搾取される労働者」といった様な作品や物事を習ったりします。

その中で日本の「蟹工船」はわりと有名な作品でして、中国でも学校の勉強で触れた事があるというのは少なくないそうです。

そんな訳で、学校教育で習った事の有る「ガチガチに社会主義的」な作品が声優を使ったドラマCDになるというのは、まさに予想外の出来事だったらしいです。

何時にもまして微妙なネタですみませんが、彼らの反応を例によってイイカゲンな訳でお伝えさせていただきます。


蟹工船?確か日本の左翼の名作だったよな。

アニメになるのか?それともラジオドラマ?

蟹工船って小林多喜二のアレか。マルクスとエンゲルスのお二方は感涙モノだろう。

てか、こんなのアニメにして誰が見るんだ?

日本の共産党って小さいよな。どれくらいの購買層が有るんだろう。

アニメじゃなく、ドラマCDだってよ。

そういう事か。さすがにアニメになるなんておかしいと思っていた。

おい、キャストに石田彰の名前があるぞ。まさかこれすらも腐るんじゃないだろうな。

まぁ、アニメにするとしても誰がこんなつらい世界を作れるんだ?ベルセルクの監督とかか?

やはり実体験の有る人が監督するべきでないかい。

実体験なら中国人監督でもいけるんでない?

おいおい、これは俺が中学の時に読書感想文を書いた作品じゃないか。オタク分野でまた見る事になるとは夢にも思わなかった……

もしアニメ化したら、中国へ正規ルートでものすごい早さで入ってくるに違いない。

石田彰の力を借りてプロレタリアート文学を広めるというわけか!!

おい、石田は最近BLの作品やってないぞ

しょうがないよ。彼の声は多くの女子を腐らせる。どんな作品も腐っちまう。夏目友人帖とかも、もうダメだ……

俺、石田彰のファンなんだがBLにされるのを見るたびに嫌な気分になる

残念だがどうしようもない。俺は現実を直視することにしたよ。

蟹工船は歴史の授業で勉強した。
しかし石田彰の仕事の範囲も広いな。上の年代のファンも開拓するという事か。

最近日本も経済が行き詰まっているからだろ。日本の共産党員も増えてるし、蟹工船もスゴイ売れているそうだ。

小林多喜二はムゴイ死に方をしたよな……

マルクスについて語るんなら、マルクスとメイドの話について語ろうぜ!

マルクスとエンゲルスのやおいとか、有りそうだよな。

おい、マルクスの話は危険だ。マルクスのファンはインターナショナル的に多いんだぞ!

プロレタリアート文学の理解者を広げる事について一定量の効果は有るだろ。
ただ、ほとんどは「当時の労働者は悲惨だった」程度で、誰も政治的な話までは持ち上げないんじゃないの。

日本の共産党はそんなに悪くないぞ。議会によっては10%とかの議席を取っているらしい。ウチの国の民主党よりよほど良い。

マルクスだったら幼馴染の話とか、貴族の娘だとか良いテーマがたくさん有るな。

確かメイドとの間にできた自分の子供をエンゲルスに預けていたよね。

それ、初めて聞いたがどこの話だ。ソース有ったら教えてくれ。

マルクスって引きこもりだよな。もしエンゲルスが養ってくれなかったらとっくにミイラになってたに違いない。

エンゲルスの無私の奉仕は普通じゃない。
マルクスの為に、最も嫌いなブルジョワになるなんて……
これは愛だろ。

昔某掲示板のスレッドで、有名哲学者の英霊化をやってたな。アリストテレス、プラトン、ソクラテス、ウィトゲンシュタイン、ショーペンハウアーとかイロイロ挙がってたんだが、マルクスとエンゲルスだけ無かったなぁ

なにぃ!?エンゲルスはともかくなぜマルクスが無いんだ!

とりあえず、マルクスのスキルと宝具妄想しようぜ。
……こんな事やってるから月厨はなんであんなにアレな生物が多いんだとか言われるんだろうな……

ずっと思っていたんだが、マルクスって人生の勝ち組じゃないか?資産家の親友がいる上に貴族令嬢と結婚してるし。

マルクスとエンゲルスの性別反転百合ドラマはまだですか?

マルクスは人生の勝ち組だよ。貴族令嬢との結婚に加えて、メイドの愛人までいるんだぞ!!

最初は小林多喜二の遺産についての話だったのが、なんでこんな話になってるんだよ!?おい!!

やはり書いたところが悪かったんじゃないかと……



とまぁ、こんな感じで。
ちなみに、カール・マルクスは学校教育では思想政治を中心に色んなところで紹介されますし、中国では極めて有名かつ評価の高い偉人です。
ソレをこっち方面の話に持っていくとは、中国オタクも中々にアレな方向に進化しているんでせうか。

後半話がアレな方向に暴走していくのはどうかと思いますが、なんだかんだで中国オタクの面々は現在の中国でも日々オタク生活をエンジョイしているっぽいですな。

とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。