今期の新作アニメ「WHITE ALBUM」、
アニメに備え、先日久々に原作のゲームを引っ張り出してみたらwindows95対応だったりして、時代を感じてしまいました。
原作のゲームが出てからもう10年経ったのですな。

さてこのアニメ版WHITE ALBUM、中国ではわりと注目されています。
これは原作ゲームを作ったLeafの知名度も有るのですが、
大きな理由は
主人公の藤井冬弥の悪名
だったりします。

実は中国のオタクの間には
四大人間のクズ
と呼ばれている有名嫌われキャラがいまして、
藤井冬弥もその中に入っているのですな。

その四大人間のクズですが
鳴海孝之(君が望む永遠)
伊藤誠(School Days)
土見凛(SHUFFLE!)
藤井冬弥(WHITE ALBUM)

の四名。
日本で「ヘタレ主人公」と言われているカテゴリに近いですね。
土見凛が入っているのは、アニメ版の影響らしいです。

中国オタクの大多数はアニメから作品に入るので、
アニメ作品の有無が知名度に大きく関わります。
しかし藤井冬弥だけはアニメへの露出が無いのに、
なぜかこの人間のクズにずっとランクインしていました。
この辺については、どうやら
日本におけるヘタレ主人公の元祖
ということで有名になっていたというのが大きかった模様ですね。

そんな訳で、
「長年人間のクズに君臨していた謎の男藤井冬弥の実態が今回のアニメでついに明らかになる」
ということで、結構注目されているっぽいです。
では、以下に中国オタクの反応の紹介を。

作品の名前はよく聞くけど、結局どれくらいの人間がストーリー知っているんだ?

原作は98年に出た作品だっけ?それを意識して古い作風になっているのかな。
とりあえず人間のクズを見せてもらおう。

公衆電話にウォークマン、昔は単純でよかったなぁ。とりあえず視聴決定

水野と平野の戦いか・・・・・・

俺、原作発売の時まだ中二だったよ

四大人間のクズの藤井冬弥はどんな感じなんだろうね。
誠が一位だとは思うが、その先輩はどうなんだろう。
原作遊んだのがいたら教えてくれ

ハッキリしているのは、原作では流血とかない事かな。
なんというかダウナーな話だ。あと、NTRの神作。

男主人公の恋人が寝取られるのか?
なんか人間のクズというのと違う気がするんだが。

NTRって・・・・・・最近オタクに傷を負わせるような作品が増えているような気がするんだがorz

平手打ちがスゴイと聞いたんだけど。

NTRだったら、見るの止めようかなぁ。アニメだと由綺ルートになるんだろ?

噂に聞く芸能界の枕営業というやつか?

デタラメ言うなよ。実際のNTRなんてほとんど無いぞ?
NTRっぽく見えるのは、全部主人公が他の女を選んだ結果だし。

作品の時代設定が86年?俺まだこの世界に存在していないよ。

君が望む永遠みたいに、クズな男のせいでヒロインがヒドイ目に遭う作品になっちまうのかね

悲劇になるとしか思えない雰囲気の作品なんだが。

眼鏡で速水の社長がボス?こりゃあNTRっぽいぞ!
社長が由綺を寝取るのにちょっと期待。

第一印象だと、伊藤誠みたいな感じではないな。まぁ誠も第一話ではそんなにひどくなかったけど。

ギャルゲー原作のアニメって鬱な展開ばかりじゃないか?
原作のゲームは簡単に幸せになれるのに、なんでヒドイ話ばかり作るんだよ



とまぁ、こんな感じで。
全体的に見ると、今後の鬱展開に期待半分恐怖半分という反応が多い様です。

それから、やはり古いゲームという事で原作の内容がちゃんと伝わっておらず
断片的な情報や間違った情報が飛び交っていたりします。
葉鍵信者だった過去の有る私としては、思わず訂正の書き込みをしたくなる事も多々有りました、はい。

中国でずっと生活していた私は慢性的に日本語の読み物に餓えていまして、
色んなネット小説を読み漁りました。
その時、葉鍵系のSSもかなり読ませていただきましたので、
Leafのビジュアルノベル三部作とWHITE ALBUMはかなり印象に残っています。

そんな訳で私にとってWHITE ALBUMは昔を思い出してしまうアニメですね。
ちなみに、私は原作ゲームでは篠塚弥生が好きでした・・・・・・


例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。