作品そのものよりも作品周辺の騒動の方が注目を集めちゃっている
「ヘタリア」ですが、
作品そのものについての反応はどうなのか?
という事でメインの支持層と思われる中国の腐女子の方々の反応について、
ちょっと知り合いに聞いてみました。
そんな訳で、今回はその紹介をさせていただきます。

まずこの作品は結構前から注目されていたようで、
早い人は昨年の夏休み辺りから既に注目していたそうです。

それから、
やはり女性のオタクは基本的に軍事系の知識は無いので軍事ネタからこの話に注目している方はほとんどいないそうです。
ヘタリアが注目されているのは

設定が面白い
キャラクターの立っている登場人物が多い
ゆえに想像の可能性は無限大


という事からだそうです。

そして注目が一気に拡大したのはやはり今期のアニメ化とのこと。
今期の新作アニメでは女性の中国オタクが注目する作品は
続・夏目友人帳
ヘタリア

の二つということで、かなり期待されていたそうです。

それだけに
先日の韓国からの抗議で放映中止になった件では激怒した方が多かったらしく、
腐女子系のBBSでも大荒れになったそうです。

そしてその注目は現在も続いているそうで、
どれだけ多くのグループが参加するかで人気がわかると言われる
動画に勝手に翻訳字幕をつける中国のファンサブグループ「字幕組」が、
ヘタリアには6チームも動いているとのことです。
しかもバックボイスの翻訳までやるなど、かなりノリノリだとか。

作品に対する評価に関してはこんな所でしょうか。


それから、ちょっと話は変わりますがヘタリアの中国語名は
「黒塔利亜」「廃柴意大利」
の二つが有るそうです。
「黒塔利亜」の方はそのままの音訳なのですが、
「廃柴意大利」はかなりうまい訳ですな。

「意大利」というのはイタリアの中国語表記ですが、
その前の「廃柴」というのが
ダメ人間とかヘタレという意味だったりします。

しかも、この「廃柴」の発音が「フェイチャイ」といった感じなので
「廃柴意大利」の音が「ヘタリア」に近づきます。
この訳名にはうならされました。

例の如くツッコミ&情報提供お待ちしております。