日本の歌にはサビの部分等に英語が混じっているものが少なくないかと思います。
その英語の歌詞について、
日本人同士で聴いている分にはそれほど意識する事はないと思います。

しかし外国の、
特に英語圏の人間や英語を習得した人間からするとちょっとアレだという話も有ります。
「Engrish」
という皮肉もよく聞きますね。

アニソンもその例に漏れず、英語が混じっているものが多いですし、
中国オタクの間でも日本の歌手の英語発音はネタにされています。
しかし、中にはちょっと違う見方も有るようで。

先日中国オタクと飲んだときに
アニソンの中の「英語の発音」ってどうよ?
という話になりました。

相手の中国オタクはオタク趣味のせいで日本語がペラペラ状態な上に、
英語もビジネスレベルで流暢に使いこなすという人間でして、
英語の発音についても日本人からすると羨ましくなるレベル。

もちろんカラオケだってアニソンやJ-POPをそのまま歌います。
はっぱ隊の「YATTA!」を軽やかに歌いこなす彼の最近のお気に入りは
ゴルゴ13のOP「Take The Wave」だそうです。

で、そんな彼の「アニソンの中の英語」についての考えですが

あれは元々そういうもの(発音)だと思っていた。
てか、日本語の一種じゃないの?
カラオケで歌う時は当然オリジナルにあわせて歌うのが良いと思う。
俺はTWO-MIXの頃からそう思っていた。


とのことです。
また、別の中国オタクの方も

慣れれば問題ない。
そもそも自分が歌う時は「歌手の英語」に近づけないとヘンな感じになる


と言っていました。

日本では基本的に歌詞の中の英語はネイティブ発音に近づけるべきであり、
そうするのがカッコイイという事になっているかと思います。
それに対し、
国外で「日本語っぽい発音で歌われた英語の歌詞に近づけるのが良い」という考えが出てくるというのは面白いもんですな。

とりあえず、こんな所で。
ツッコミ&情報提供お待ちしております。


なんで日本のアニメってドイツ語が多いの?