今日はちょっとオタには関係ない話なのですが、
中国における酒井法子の人気の凄さについて一つ。

実は中国での酒井法子人気については別件で記事を書いていたのですが、
結局使われないことになってしまいまして、ちょうど以前質問もいただいていたのでブログに載っけて活用しようかと・・・・・・
という訳で、以下がその記事になります。


 酒井法子と麻薬に関する一連の事件は大きな注目が集まりましたが、実は中国国内においても非常に大きなニュースとして扱われていました。
 中国のニュースサイトではトップで紹介しているところも有りましたし、中国の国営放送CCTVでも夜7時のニュースで流れましたし、週刊誌のトップニュースになって表紙をかざったりもしました。

 更に中国のインターネットの掲示板では酒井法子が行方不明だという情報が流れると、どこそこで発見された、どこそこで自殺した酒井法子と思われる遺体が発見されたなどのデマが飛び交い

「酒井法子がかわいそうだ!」
「酒井法子、日本に居場所が無いなら中国に来てくれ!」
「酒井法子が中国に来たなら我々は大歓迎するのに!」


 といった感じで酒井法子を心配する声が溢れていました。
 そして、その後の麻薬関連の事件が明るみに出るとネットでは

「信じたくない!酒井法子が麻薬をやっていたなんて・・・・・・」
「何でこんなことになってしまったんだ!?俺はもう何が何だか分からない」
「酒井法子はきっと辛かったんだろう。日本じゃなくて中国で活動していれば良かったのに」
「まだ分からない。警察が言っているだけで、裁判はまだだ!情報が出揃うまで判断するべきではない」


 といった戸惑いや信じたくないといった発言が飛び交うようになりました。
 今回の酒井法子の事件では、事件の起こった日本では無いというのに真実もデマも含めた様々な情報が飛び交い、中国でもかなり騒然としていたようです。

 酒井法子は有名なアイドルの一人でしたから、今回の事件では大きな注目が集まりました。しかし、中国における酒井法子の知名度と人気は日本における酒井法子の人気、知名度とは比べ物にならないほど大きなものでした。どれくらいすごいかと言いますと、一昔前の90年代ごろには日本人と言えば真っ先に酒井法子の名前が出るという感じで、日本人の代名詞となっていたくらいです。

 数十年前に戦争をやったという過去が有りますから、中国における日本や日本人のイメージはお世辞にも良いとは言えません。しかしそんな中でも、中国における日本や日本人のイメージを塗り替えることになった存在が有ります。高倉健、山口百恵、酒井法子、アニメと漫画といった存在がそれぞれの時代で中国における日本のイメージを塗り替えています。

 高倉健と山口百恵は70〜80年代に映画やドラマで大人気となり、今でも中国の幅広い層に根強い人気を誇っていまして、特に高倉健は中国人にとって「男らしい男」の代表的存在となっています。また、アニメや漫画は現在の中国の若者たちにとって無くてはならない娯楽であり、彼等の共通文化と言っても過言ではないほど浸透していて、若者が日本語や日本文化を学ぶ大きな理由になっています。
 そして酒井法子は90年代が青春時代だった今の中国の中核世代にとって「心のアイドル」とも言える存在です。

 90年代は中国が高度成長期に入ってからその発展も目に見えるようになり、一般庶民も実感できるようになってきた頃です。そしてテレビも普及し、テレビが娯楽の中心となってきた時代でも有ります。そんな中、パナソニック(中国語表記では当時も今も「松下」のままですが)のテレビ「2188」のCMに出てきたのが酒井法子です。中国語バージョンの夢冒険をバックに、酒井法子がまばたきしながら中国語で

「2・1・8・8」

 と話すこのCMのインパクトは凄まじいものが有り、このCMを覚えているという中国人は今でも非常に多いです。このCMがきっかけとなって中国における酒井法子の人気が大爆発し、CMで流れていた夢冒険の中国語版も含めて中国全土で大ブームとなりました。

 酒井法子は当時最新の日本企業の製品、そして日本の洗練された文化のイメージと共に現れ、中国のテレビ視聴者に鮮烈な印象を与えることになりました。そして中国に有った可憐で謙虚な日本の女性「大和撫子」への憧れも加わり、酒井法子は「日本の洗練された文化」と「憧れの日本人女性」のシンボルとなっていきます。

 そして更に、当時中国で起こっていた日本のトレンディドラマブームが追い風となります。中国でも「東京ラブストーリー」をはじめとする日本のトレンディドラマが人気となりましたが、酒井法子が出る「ひとつ屋根の下」、「星の金貨」、酒井法子が歌う「星の金貨」の主題歌「碧いうさぎ」も大人気になり、酒井法子の人気は不動のものとなりました。
 こういったことから90年代に青春時代を過ごし、今の中国の中核層にあたる三十台から四十台の人間にとって、酒井法子は忘れられない存在となっているようです。

 そんな中国の人間にとって、今回の事件はまさに青天の霹靂。しかも、中国では社会的に非常に重いものとみなされる薬物犯罪です。中国における薬物犯罪の扱いは、日本に比べて非常に重いものとなっています。麻薬の密輸や販売といった犯罪においても、量が多く悪質な場合は死刑とされるケースも有ります。

 中国で普通の日常生活を送っている場合、よほど興味の有る人間を除いて最近の日本の芸能界についての情報なんて知りません。若い頃に酒井法子のファンだった人達にとって、のりピーはずっと最初に見たときのままでしょうし、人によっては思い出として美化されていたことでしょう。

 そして飛び込んできた今回の事件。中国で酒井法子のファンだった人間にとっては信じがたい話ですし、大混乱が巻き起こるのも当然のことです。中国にいる多くの人間が若き日に憧れていたアイドルの起こした事件、嘆かずにはいられないのでしょうね。


とりあえず、こんな所で。
オタに関係ない話題でスミマセン。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。