中国のイベントでは日本のように一般常識によるストッパーがかからないので、時折日本よりもとんがったイベントが開催されることが有ります。

10月1日〜5日に中国の広州で
「ACG穂港澳アニメ・コミック・ゲームショウ」(公式サイト)
が行われたそうでなかなかに盛況だったとのことですが、このショウにおけるイベントの一つとして女装コスプレコンテストの

偽娘萌王決定戦

が行われたそうです。

アニメや漫画に出てくる女装キャラを、中国オタク用語では「偽娘」と言います。
ここしばらく日本のオタク界隈でも「女装キャラ」の勢力が拡大している感が有りますが、その影響は中国にも波及しており、「偽娘」というジャンルは結構な人気となっているようです。
しかしそれを現実のコスプレイベントで、しかも商業系の出展の有る所でやってしまうというのはスゴイというか、ある意味日本を超えたかもしれませんな。

この女装コンテストの主催である中国のポータルサイト21CN.COMの特集ページは
こちらです。
そしてこちらがコンテスト上位入賞者と決勝の様子についての記事です。
女装コスプレは置いておくとして、下の写真の方に出てる香港のコスプレチームによるものらしい仮面ライダーの一号と555のコスプレは良いですな。
動画ファイルとかイロイロと有るようですが、とりあえず閲覧は「自己責任」でお願いします。

ちなみにこの「ACG穂港澳アニメ・コミック・ゲームショウ」、日本からは下川みくにと米倉千尋もゲスト参加していたらしいです。
下川みくには「フルメタル・パニック」、米倉千尋は「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」の主題歌が中国で大人気となっているので、中国オタク的にかなり盛り上がるゲストですね。

スケジュール表によればメインイベントは、
3日が下川みくにイベント、一般のコスプレ大会、女装コスプレ大会、
4日5日が米倉千尋イベント、一般のコスプレ大会、女装コスプレ大会という流れになっていました。
この流れからすると、女装コスプレコンテストはどうやらちゃんと目玉扱いされているイベントのようです。
一応ネタ混じりでは有ると思いますが、学園祭のような仲間内の狭い範囲ではない一般のイベントで女装イベントとをやるというのは日本でも難しそうですね。

日本でも休日の秋葉原とかコミケのコスプレ広場には女装コスプレ(?)の方とかいらっしゃいますし、オタク界隈では女装コスプレもネタとしてはそれなりに周知されているかと思います。しかし、一般参加者や企業出典も有るイベントでやってしまえるというのは、女装コスプレというものが日本とはまた違った受け取られ方をしているからなのかもしれません。

なんと言うか、日本のオタク文化のとんがった所の情報だけが伝わってちょっとした伝言ゲーム的なことになっているのかもしれませんね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。

こんな可愛い子が女の子のはずがないと感じ始める中国オタクの面々