今回はタレコミをいただいたネタを紹介させていただきます。
ありがたやありがたや。

中国でも先週末に日本語能力試験1級の試験が行われましたが、その聴解(ヒアリング)にかなりアレな問題が出たそうです。
問題の形式は短い内容のやりとりを聴いて、その後出る問題に4択から正解を選ぶというものです。
で、その問題なのですが以下のようなものだったそうです。

ラジオでドラマを聴いています。
番組の中では誰がどうすることにしましたか?


男A:隊長!第二次防衛線が突破されました!巨大怪獣はまっすぐ中央管理システムに向かっています!このままではあと30分ももちません!
男B:今出せるモビルファイターは?
男A:ゼロ号機だけです。
男B:やむをえん。4号機を出すぞ!
男A:4号機はまだテストが完了していません!それに、操縦できるパイロットが現在誰も……
男B:ゼロ号機ではやつの侵入を防ぎきれん。ここは……私が行く。
男A:隊長自ら!?でも……その怪我では、4号機の加速に耐えられません!
女A:私が行きます!
男B:アスカ!?
女A:私なら、4号機を操れます!お願いです、行かせてください!
男B:だが、お前はまだ訓練中の身だ。今は子供の出る幕じゃないぞ!
女A:そんなこと言ってる場合じゃない!
男B:おい!アスカ!待て!!
アナウンス:4号機、発射準備完了しました。
男B:アスカ……頼んだぞ。

番組の中では、誰がどうすることにしましたか?
1.隊長がゼロ号機でいきます
2.隊長が4号機でいきます
3.女の人がゼロ号機でいきます
4.女の人が4号機でいきます


モビルファイターだとか、ゼロ号機だとか、アスカだとか、もうツッコミどころだらけですな。
ちなみにこの問題、あまりのエヴァっぽさにずっこけた人が続出したとかなんとか。

他にもゲームをする兄妹についての問題でのやり取りが

妹:お兄ちゃん、ドラゴンファンタジーってやったことあるよね?ちょっと教えてよ。
兄:なんだよ?
妹:炎の指輪と、雷のブローチは手に入れたんだけど、氷の首飾りがどこに有るか分からなくて。
兄:氷の首飾りだったら、アナラハンの北の山脈だよ。山頂の神殿に行って、雪の神にもらうんだ。
妹:山頂まではどうやってのぼったらいいの?
兄:西の沼の底に飛行船が隠してあるだろ。それに乗って行くんだよ。飛行船のカギは入手してあるのか?
妹:ううん、まだ。
兄:じゃあ、まずはそこからだな。アナラハンの街の宿屋に負傷した兵士が泊まっているから、万能薬を使って治してあげるんだ。そうしたらお礼に飛行船のカギをくれるよ。
妹:分かった、やってみるね。

(こちらの問題は話を聞いて、問題文中に有る絵をゲームを進める順番で選んでいくようです)

こんな感じの内容だったらしいです。
中国のネットで見かけたこの試験についてのやりとりでは

この問題の作者はやはりオタクなんだろうか?

いいね、ちょっと試験が楽しくなった。

エヴァっぽいなぁ……最後に出てきたせいでなんかヘンな気分になった。

試験会場でアスカという名前が出た瞬間、笑いそうになって大変だったよ。

ドラクエっぽいのまで出ていたな。

最初がこのエヴァ問題だったらやばかったぜ……

こんな問題出せるなんてすごい試験だ……俺も今回受験すればよかった。

エヴァじゃないな。モビルファイターってことはGガンダムだ

日本語の試験に合格する為にはアニメやゲームの知識が必要ということか……

最後のエヴァ問題は楽勝だったね。俺はこういうことも有るかと思ってアニメを見ていたのさ!

今度から試験勉強として日本のアニメを見てゲームをしよう。


といったようなものが有りました。
聴解は他の問題でも、格闘技っぽい試合の選手の名前が前田と佐山(やはり日明と聡なんでしょうか)だったりとかなりアレなものが出ているようです。
しかし内容はともかく、ヘンな固有名詞なども混ざるこういった問題文はかなり難しいですね。その辺りはさすが現行制度で一番上の1級ということでしょうか。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。