今期ようやく日本での放映となった日中合作アニメ
最強武将伝・三国演義(テレビ大阪公式サイト)
ですが、日本での放映について中国での反応はどうなのかという質問を幾つかいただいております。ありがたやありがたや。

この作品は大評判というわけではないですが、正統派三国志を求める層などにそこそこ評価されているように思います。
最近日本では珍しくなった正統派の演義ですし、中国的な感覚に基づき作られた三国志ということで、日本の三国志マニアからすればイロイロな見方が出来ますしね。

中国のソッチ系のサイトの中には日本のオタクの反応ややり取り(たぶんソースは2ちゃんねるのアニメ板のスレだと思うのですが)を翻訳して紹介する、ウチのブログの反対のようなことをやってらっしゃる方もいるようで、そういった紹介を見て中国のソッチ系の掲示板でもちょいちょいと反応が出ているみたいです。そんな訳で、今回はそういった辺りの反応について一つやらせていただごうかと思います。

それでは以下に、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんかウチの国で作った三国演義が日本で評判良いらしいぞ。

日本で評価が高いのは本当に意外!
これはもしや良い作品なんじゃないか?

ワンピースと同じ時間に放映だから視聴率はかなり低いらしいね。
虐殺じゃないか……

中国のアニメが日本で放映されるってのがいまいちピンとこないなぁ。
まぁ、ちょっとでも視聴率が出れば成功なんじゃないかね。

日本の視聴者って偏向というか過激だから、中国制作ということでボコボコにされるんじゃないかと想像していたが、別にそんなことはなかったのか。

俺は罵声一色とかでなければ十分だと思っていた。
まさかこんなに評価されているとは。

日本の視聴者ってかなり細かい所まで見るんだなぁ……

よくあんな速いストーリー展開で理解できるな。俺はストーリーのあまりの速さに切ったよ。

日本人がアニメの三国演義の展開が速すぎると言っているのには同意だが、俺は日本の三国志のストーリーがなかなか前に進まないのにイライラすることが多いわ。黄巾だけでものすごい長かったりするし。

日本の反応を見たら俺も見たくなった。

中国で放映されたときは全く気にしてなかったな。まさか日本でこんなに評価されるとは。

こっちで放映してた時はそれほど面白いと感じなかったから追っかけなかったけど、ちょっとダウンロードしてみるかね。

あの三国演義って中日合資で作ってたのか。つまり日本の技術が入っていたのか……国産最高のアニメだと思っていたのに……

基本的に中国で作ってるみたいだからいいんじゃないか?
中国で放映された時は結構良かったし、俺は最近全部ダウンロードしてもう一度見た。
ウチの国もマジメにちゃんとやれば良いものを作れるんだと実感できたよ。



とまぁ、こんな感じで。
ざっと見た感じでは、日本で評価されてるのが結構意外に思われているようでした。

以前アニメ版三国演義が中国で放映された時、
数少ない視聴者の共通のものとして
「中国オタクの多くは興味が無い、みんな見ていない」
といった嘆きの声が出ていました。

当時はキャラデザや演出もなかなかで、「悪くない作品」だと評されていました。
また問題点として挙がっていたのはやはり「ストーリーが駆け足すぎる」というところで
「孟獲の七縱七禽くらいしかまともな描写がねぇぞ!」
「最後の二話は特にヒドイ」

といった声も。

まぁこの辺は52話で三国演義終わらせなきゃいけないこともあって、しょうがないのかもしれませんね。
1話が桃園、2話で董卓と、黄巾の乱も1話で終わらせているくらいですし。
私も後ろの方はまだ見ていないのですが、第50話で五丈原のはずなので、ラスト2話で晋までもって行くとなるとそうとう駆け足にならざるをえないのでしょうね。
あと、こんなペースなのになぜか孟獲で3話使っていたりもするそうですが、これは後半で数少ないコミカルなシーンだからなんですかね。

ちなみに、
「中国のファンサブグループは、日本で放映されているアニメ版三国演義にまで、あえて字幕をつけたりするのか?」
という質問もいただいたのでちょっと調べてみたのですが、
現在日本で放映された「日本語版」に中国のファンサブグループが字幕をつけて放流したものがP2Pに流れているようです。
中国国内には、既に放映されたオリジナル言語のバージョンがあるはずなのですが……

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


日中合作アニメ「三国演義」今度こそ放映開始……信じて良いんですよね?