オタク界隈では様々なものが擬人化されていますが、なかには中国オタクの間に伝わって人気になったりするものもあったりします。
ここしばらくですと、国を擬人化したヘタリアなどは女性の中国オタクのハートを鷲づかみにして大ブームを巻き起こしています。

先日この擬人化ジャンルについての質問&情報提供をいただいたのですが、
それによると、この擬人化ジャンルにおいて今度は
「ラーメン擬人化」
という新たなジャンルが開拓されたそうです。

このラーメン擬人化作品はドラマCDが今年の夏コミで先行販売予定で、公式サイトも既に出来上がっているとか。
麺クイ! −擬人化ら〜めん 恋の争・奪・戦−(公式サイト)

そんな訳で、
ちょっと私の守備範囲からは外れるのですが今回はこのネタについてを。
それでは以下に、中国のソッチ系の掲示板で見かけた反応を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


さすがにラーメン擬人化というネタを聞いた時は困惑したが、イラストを見て間違いなく萌えられると思いました。

トンコツとシオがショウユを巡って争うって。
笑えばいいのか、マジメな話にとればいいのか分からないよ!

麺クイ!というタイトルはうまいよね。イロイロ妄想できる。
ところで、キャストにある天の声って何?
キャストが野島さんだからとても気になる。

天の声って脇台詞の一種じゃないかね。
たぶんちびまる子ちゃんのアレみたいなものだと思う。

マジでラーメン擬人化するのか……
私は国擬人化からこの世界に入ったが、重要に思えるのは性格設定かな。
味でキャラ付けってどんな感じになるんだろう。

あの国に擬人化できないものは存在しないようだ。
しかしラーメンか……食った食われたという関係……なんて18禁な。グヘヘヘヘ

私は普通に擬人化ジャンルが好きだし、小西克幸と遊佐浩二も出ているから楽しみ。売り上げが良かったら別の麺類も出てシリーズ化されるんだろうか。

そういや以前は電車の擬人化とかもあったよね。
最初この情報を知ったとき、さすがにコレはないと思ったけど、キャストがこんなに豪華ならいいかなー。

考えてみれば、ヘタリアの連合国と同じ声優だよね。
個人的には杉山紀彰が主役なのが嬉しい。更に小西遊佐小野寺野島と、もう最高!

ラーメンで擬人化……トンコツとかショウユで、擬人化!
小西克幸ファンの私に今後トンコツラーメンを食べる時にはどんな気持ちで食べろというのか!
どれだけ太るか分からないじゃないか!

シオが遊佐浩二……今後料理をするときに危険な気分になりそうだわ。フフフ

これが売れて、料理擬人化作品がシリーズ化されたらどんなのが出るかな。
寿司擬人化とかもありそう。あの国にできないことはない。きっとやってくれる。

また遊佐浩二でメガネ!
キャスト見る前からメガネキャラは遊佐浩二だろうと思ったら、やはり遊佐浩二だった!マンネリかもしれないが、私は大好物!
私はラーメンはあまり食べたことが無いけど、擬人化には期待。

キャラの服装もカッコイイね。
ラーメンだから、服装にちょっと中華要素入ってるのかな?

中の人は英米仏か……
そして、三角関係。なんか嬉しくなってくる。
ラーメンがモトネタというのには絶句したが、このキャストならば期待しないわけにはいかない。

あの島国にはいったいどれだけの妄想がつまっているのか。
あの国に擬人化できない物質は存在しないというのは本当だったようだ。
ところで、私はトンコツとシオの関係がとても気になるのですが……

あ、このラーメン擬人化の作者さん知ってる。
HPではラーメン以外の麺類も擬人化しているよ。
キレイな絵とぶっ飛んだ題材が印象深かったが、まさかドラマCD化するとは。

キャラデザがいいなと思って、よく見たらラーメンの擬人化だった……
しかし、ラーメンということは中の人がラーメンをすする音も収録されちゃったりするの!?
これは嬉しい企画。

擬人化ネタが広がっているのは面白いね。
それにしても、味=キャラ名という分かり易すぎる名前のせいで、今後調味料を見たら笑うか妄想してしまいそうな気がする。

このタイトルはヒドイ!見た瞬間に笑ってしまった。
でも考えてみれば「面食い」で「ラーメン」というのは非常にウマいタイトルだよね。



とまぁ、こんな感じで。
今回反応を見かけたところは女性ユーザーが多いと思われる掲示板がほとんどだったので、発言者の多くは女性の中国オタクだと思われます。たぶん。

それにしても、ちゃんと「面食い」という言葉を知っていて、このタイトルのダブルミーニングに笑えるレベルの人間がいるのはスゴイですね。
それから女性の中国オタクは声優ファンも多いからか、ネタにぎょっとしつつもキャストの名前を見て「OK、イケル」と思う人も多いようです。

ラーメンは中華料理をもとに日本で発達したものですが、中華のフリをした日本料理と言われたりするように、中華の本場中国には無い麺料理です。

しかし最近はラーメンが中国に逆輸入され、「日式拉面」と呼ばれて微妙にローカライズされてはいますがラーメン屋もでてきたりと、そこそこ人気が出ているようです。
日本に仕事や旅行で来られる中国の方にもラーメン好きな人が多いそうで、中国からお偉いさんが来たとき、その人がラーメン好きだったもんで接待側は夜な夜なラーメン屋めぐりに付き合わされたなんて話もあります。

また日本のアニメや漫画では定番メニューですから、中国オタク的にもかなり知られています。そんな訳で、ラーメン擬人化についてもモトネタのラーメンとその味によるキャラ付けについても結構分かるみたいですね。


ちなみに、本題とは関係ありませんがラーメンと中国、そして漫画やアニメという組み合わせとなると「ラーメンマン」

を思い浮かべる方も多いかと思います。
しかし「キン肉マン」が現在の中国オタクの間ではほとんど知られていないので、ラーメンマンについても知っている人間は非常に少ないようです。

ただまぁ正直な話、昔はともかく今のご時世の感覚ではラーメンマンのデザインってある意味国辱モノだとされかねないモノなので、中国の多くの人にとりあえずバレていないというのはありがたい話に思えたりも……

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


ラーメンマンは中国だとほとんど知られておりません・・・・・・