先日ナイスなネタのタレコミをしていただきましたので、
今回はそれを紹介させていただきます。ありがたやありがたや。

先日、中国の国営放送CCTVの「我愛発明」という番組で、
中国の街角発明家が作ったスゴイロボットが紹介されたそうです。
ネットで拾った画像によれば、そのロボの姿はこんな感じになっています。
機甲厨神01
機甲厨神02
機甲厨神03

はい、明らかにM78星雲から来た方々の影響を受けていますね。
「機甲厨神」
などと呼ばれたりしているらしいこのロボ、
作ったのは中国山西省の大同の刀削麺屋の店主さんだそうで、
その能力はズバリ
「刀削麺を削る」
というものらしいです。

その機能とデザインが街の人達、特に小さなお友達にも評判となっているそうで、
刀削麺が大好物な私としても非常に気になるロボットでございます。

情報によれば、
このロボは店主さんがスクラップから作ったもので、
可動部分は基本的に腕部分のみではあるものの、
効率よく麺を削るためにイロイロと工夫されているのだとか。

それから、周囲の目をひくために
「カラータイマーと目が光る」
らしいです。

それからデザインについては紹介された番組中でも
「ウルトラマンみたいな」
と言われたり、
「ウルトラマン麺削りロボット」
とか言われているそうですし、そもそも作った刀削麺屋の店主さん自身が
「子供が見ていたウルトラマンを見てデザインを思いついた」
とハッキリ言っているとか。


ちなみに、さすがにこのデザインと機能は中国でもネタ扱いされているようで
中国のネットでは

「ウルトラマンに刀削麺って……」
「良い動きしてるよね、“手”は。デザイン?ナニソレ?」
「一瞬権利侵害な気もしたが、このレベルだったらたぶん許してもらえるんじゃないかな」
「まぁコイツならきっと数分でエネルギー切れてすぐに帰ったりできないし大丈夫なんだろう」

といったような反応が見受けられました。

なんかイロイロとあるツッコミどころも含めて良い味出していますよね。
個人的にはこういうの結構好きです。


しかしそれにしても、中国ではウルトラマンが人気ですね。
以前も中国の温家宝首相が
「孫がウルトラマンばっかり見ている。彼はもっと中国のアニメを見るべきだ」
という発言をして話題になったりしたことがありましたし、人気は今も相変わらずのようで。

考えてみれば私が中国に行ったばかりのころから今に至るまでずっと人気を保っていますし、もう二十年近く中国の子供の心をつかんでいることになります。
中国でも定番キャラとして、大人から子供まで広く認識されているのも当然のことなのかもしれませんね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。



温家宝総理の発言の影響でウルトラマンが槍玉に・・・・・・そして