昨年末に行われた「Dynamite!!」では、
キックボクサーにしてコスプレイヤーである長島☆自演乙☆雄一郎さんが劇的な勝利をおさめました。

長島ひざ1発 青木病院送り/Dynamite!!(日刊スポーツ)
戦慄の膝! 大みそかDynamite!!で長島☆自演乙☆雄一郎が衝撃的KO勝利!!(週刊アスキーPLUS)


ありがたいことにこの件についての質問をいただいておりますので、今回はそれについて一つ。

長島☆自演乙☆雄一郎さんはそのインパクトのあるコスプレと、
オタクにして格闘家というキャラが中国オタクにも知られていますし、
今回の試合についても、ちょっとした話題になっているようです。

それでは以下、
中国のソッチ系の掲示板で見かけた反応を、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


コスプレ、ミルキィホームズのこころちゃんかよ……!
やはり長島がディープなオタクというのは本当なんだな。

あの入場はスゴイ。きっと対戦相手は冷静ではいられない。
試合前から相手に精神攻撃をしかける長島雄一郎マジ鬼畜。

あの戦い方はさすがにどうかと思うが、それでも青木はちょっと気の毒だな……
今後はオタクに負けたというレッテルをずっと背負わなければいけない。

あんだけ豪華な入場演出が出来るのはオタクとして幸せだろう。
試合でも勝ったし、長島にとってはいい年末になったに違いない。

女装コスプレファイター……!
偽娘ではなくネタでやってるのは分かるし、本人も楽しんでいるんだろうけど、イロイロな意味で対戦相手への精神攻撃となるんだろうなぁ。

ヒャッハー!青木をKOだ!スカッとしたぜ!!

俺は正直長島雄一郎の行動って格闘家としてどうかと思っていたんだが、下には下がいるんだな……

俺もキモオタ格闘家の長島は嫌いだけど、さすがに青木の1Rの戦い方は無いよ。長島は試合以外はふざけてるけど、試合ではちゃんと戦っている。

まずい……強烈なイメージが俺の脳に焼付いてしまった。きっと、今後しばらくミルキィホームズをを見るたびに長島雄一郎の顔が脳裏に浮かぶことになってしまうのだろう……
以前長島雄一郎のコスプレを見たせいでそのキャラのイメージが長島雄一郎の顔で上書きされてしまってなかなか消えなかった悪夢が再び訪れるのか……

今回の試合展開はホント漫画みたいだよね。リアルで漫画を再現するとはスゴイ選手だ。

青木は……きっと長島のコスプレにやられたんだよ。
以前私も長島のハルヒコスに強烈な精神的ダメージをくらったことがあるし。

これはコスプレイヤー長島の勝利と言ってもいいんじゃないかね?コスプレやってる身としては応援したくなる。

どうせ単なるショーだろ?あんなのに負けるってのも、4秒で終わるとか普通無いだろ。

青木は長島のコスプレに萌えてしまったから負けたんだろうな。青木はスゴイ趣味だな!

あれ?長島雄一郎ってK-1だろ?今回どんなルールでやってんだ?

1ラウンドがキックボクシングで、2ラウンドが総合格闘技らしい。
あと対戦相手の青木は総合格闘技でグラウンドが強い選手だって。
青木は立ち技から逃げるためにあんなヒドイ逃げ方してた。
レフェリーが反則とっていないけど、あの逃げ方は選手としてダメじゃないかね?

なんか翻訳記事では「長島の相手の青木は長島との実力差があることを認めていた」「青木は今回のルールが自分にとって不利だと認めていた」とか紹介しているんだけど、今回は長島が有利だったの?

それたぶん間違って訳している。今回は長島が絶対的に不利。
2R目は総合格闘ルールで、青木はK-1ルールの1Rを逃げればほとんど勝ち、判定も無いから最低でも負けは無いと言われていた。
あと実力差を認めていたのは長島の方。長島はキックボクサーでグラウンドでの戦いは専門外だから、2Rになれば自分の負ける可能性が極めて高いと認めていた。逆に青木はグラウンドの強者。だから長島にとっては2Rのあの攻撃が最初で最後の勝利の機会だったんだろうね。

長島雄一郎がK-1だと結構強いのは知ってるけど、グラウンドありだと不利すぎるだろ……主催者に嫌われているのか、オタクを倒してやろうという嫌がらせなのか……

青木が負けたのはさすがにいい気味。1Rは立ち技から下品に逃げ回り、2Rは自分に有利だからと警戒せずにテイクダウン狙って反撃喰らってKO。これは反省するべきだろ。

青木は2Rになれば自分が秒殺できると思っていたんだろうね。だからあんな恥ずかしい逃げ方もしたんだろう。結果は最大級の「恥辱」ということになったが。

長島がスゴイのはK-1選手なのに総合格闘技ルールで勝ったことだよ。
他の試合では総合格闘技選手のゲガール・ムサシがK-1ルールでK-1王者の京太郎に勝ってるし、強い奴は不利なルールでも勝てる方法があるんだろうなぁ。

1Rの青木の逃げ方はホントもうね……それだけに2Rの勝利がカッコよすぎる……さすが宅男拳王!



とまぁ、こんな感じで。
やはり1Rのあの展開は不評だったようで、それだけにあの決着にスカッとしたのも多かったみたいですね。

私はあんまり詳しくないのですが、中国の方でも日本の格闘技をチェックしている層はわりといるようです。
K-1もそうですし、今回のようなイベントについてはちょっとした話題になることもあるとかなんとか。

それから、長島☆自演乙☆雄一郎さんの
「☆自演乙☆」
の部分は、訳すのが難しいのか長すぎるのか分かりませんが、翻訳されるときや中国オタクの間でのやり取りでは省略されていることが多い模様です。
そんな訳で、残念ながら(?)中国オタクの間では「自演乙」という名前では呼ばれていないようですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタクの長島☆自演乙☆雄一郎さんへの反応