ゲームのOPはゲーム性に直接関係することは少ないですが、
「ゲームに入っていく」
という意味では大事な存在かと思います。

そんなゲームのOPですが、中国オタクのゲーマー層にとっては主に日本のゲームなどでOPが印象に残っている作品も少なくないようです。

先日中国のソッチ系の掲示板でその辺についてのやり取りを見かけたので、今回はそれについて一つやらせていただきます。
それでは以下、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


最近は3Dが主流だし、JRPGも元気が無いから2DアニメのOPが少なくて残念だが、昔はイロイロと良い2DアニメのOPがあったと思うんだ。みんなはどんなのが好きだった?
俺はやはりテイルズシリーズが良いと思う。特に「テイルズ オブ デスティニー」。ゲームのOPの最高傑作はTODだと今でも思っている。

昔は日本語が分からなくてゲームの内容がイマイチ理解できなくても、OPだけですげぇワクワクしたな……

私もTODが素晴らしいというのには同意。
「テイルズ オブ デスティニー」のOPは1も2もいまだに色褪せない。

TODは1も2もOPアニメがいいよね。歌もあっているし。ホントに数えきれないくらい繰り返し見たよ。

OPなら「サクラ大戦」もすごかったね。あの主題歌もイラストも衝撃的だった。
当時はそこら中の海賊版ゲーム屋がサクラ大戦の絵を使うようになったりしてたなぁ。

「サクラ大戦」だと3のOPの出来が特にスゴかったかな。1と2は歌は非常に良かったんだけどアニメの画質についてはサターンの限界があったし。

最近の作品だと「ペルソナ4」が良かったかな?

うーむ、真っ先に思いついたのは「ToHeart2」かな。ギャルゲーのOPが「一枚絵が続く幻灯アニメ」ではないちゃんとしたアニメだとテンション上がる。

TODは歌の雰囲気もアニメとあっているよね。ただ、私も日本語を勉強してから気づいたんだが、実は歌詞の内容自体は後ろ向きな失恋の歌だったりする。
歌詞までゲームの内容に合っていて良いOPというなら「テイルズ オブ ジアビス」かな。TOAの主題歌は主人公のストーリーそのもの。

私はゲームとしては「ワイルドアームズ セカンドイグニッション」の方がTODより上だと思っているけど、OPに限っていえばTODの方が上だと認めざるを得ないかな。WA2も十分良いOPなんだけどね。

クオリティ的にはちょっと劣ったけど「クロノ・トリガー」のPS版でOPアニメがついてくれたのは嬉しかった。

OPアニメのクオリティは高ければ高いほど良いんだけど、ゲーム本編との差が大きいとそれはそれでキツイものがあるよな。

ゲーム本編との差が無くて、しかも良いOPということなら「幻想水滸伝」とかかな。
私は1〜3のOPが好き。1や2は止め画で表現したり、エフェクトを使うようなわりと単純なものなんだがゲーム音楽と世界観描写の雰囲気が非常に良い。3で一気にアニメのクオリティ上がったしそっちも嫌いじゃないけど、私は2の方がワクワクしたなぁ。

俺は幻想水滸伝3のOPが良いアニメになって嬉しかったね。あのシリーズはもう出ないのだろうか。

ゲームが盛り上がるOPということなら「NAMCO x CAPCOM」だろう。あれは見てるとテンション上がるよ。やっぱヒーローの共闘はいいよな!
それにしても、続編出てほしい……やはり版権問題が難しいんだろうか。

新海誠制作のゲームOPアニメ良いよ。個人的には「イースIIエターナル」がおすすめ。

テイルズだと最高なのはやはりTODかな。最近の「テイルズ オブ ヴェスペリア」はなんか絵が崩れ気味に思えたし微妙だったね。
初めてTODのOPを見たときのような衝撃はスゴイものだった。あんなに震えた体験はそれ以降無い。

衝撃的というなら「センチメンタルグラフティ」だろ。どっちの方向性なのかよく分からないが、スゴイのは確かだ。

私が印象的なのは「QUOVADIS 2〜惑星強襲オヴァン・レイ〜」かな。ロボありのアニメだと一番良かった。

ゲームを手に入れたけどイマイチ面白くない、でもOPアニメは良かったって作品結構あったよね。俺はそういう作品はたまに起動してOPだけ見たりとかしてた。

PS改造ツールの動画ファイル再生機能はありがたかったね。
当時のPCの性能ではPSの動画を吸い出すのはかなり大変だったし、HDの容量も少なかったから。

テイルズシリーズはなんだかんだで各作品とそのOPに思い入れがあるファンがついているよね。ゲーム自体の面白さが重要だというのは理解できるけど、良質なOPも作り続けて欲しいというのが私の正直な気持ち。

ウチの国でのテイルズシリーズの人気、特にTODの人気の高さは間違いなくOPの影響がでかい。日本ではTOD2とかストーリーが悪いせいで評価もあまりよくないが、こっちだとそういうのあんまり影響しないし。
TOD2のOPによって作品に好感を抱いたヤツはきっとかなりいる。俺も含めて!



とまぁ、こんな感じで。
中国オタクのゲーマー層はPS&SS〜PS2辺りで一気に育ったという背景があるので、その辺りの時代での名作が印象に残っているのが結構いるようですね。

なかでも「テイルズ オブ デスティニー」のOPアニメは印象深いようです。


そういえば、私が北京にいたころの話ですが、一時期北京のゲーム街ではTODのOPがそこら中で流れていたりしましたね、
また中国オタクの間でもDEENの人気がわりと高く、「夢であるように」を歌える人間が結構いるのですが、恐らくそれもTODの影響なんでしょうね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国人は如何にして日本語のRPGを遊ぶか