最近はオリジナルアニメの良作がまた増えてきているように感じられますが、
日本のアニメではやはり原作付きの作品が大きな位置を占めているかと思います。

中国オタクの間で人気となる日本の作品は基本的にアニメ媒体の作品なのですが、最近はイロイロと情報やら流通ルートが増えていることからアニメが始まる前に既に原作を知っていたり、アニメを見てから原作の方にも手を伸ばすのが出ているようです。

特に最近ではライトノベルの中国語版の刊行なども増えているので、昔に比べて原作にも手を出しやすくなっているようで、ライトノベル原作アニメなどの場合は放映前の段階で既にちょっとした話題になっているなんてことも珍しくありません。

また、そういった原作の知識はオタク同士の知識の競い合いのネタにもなるようですし、アニメ肯定派と原作肯定派の間で勃発するわりと不毛な争いにつながったりもしているのだとか。

先日中国のソッチ系の掲示板を巡回していた所、
そういったアニメと原作についてのやり取りを見かけたので、
以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のアニメって原作つきの作品が少なくないけど、アニメと原作両方見てるやつってどれだけいる?
最近、どの作品でも原作をやたらと持ち上げる原作派がなにかと目につくので気になってる。

私は基本的にアニメだけだな。原作まではさすがに手が回らない。

自分はとりあえず見たアニメは原作チェックしてるし、知っている漫画がアニメ化されたらとりあえず見てるわ。まぁ、好きな方を見ればいいんじゃないか?

俺は原作見ることはほとんど無いね。
ただ、この間勢いで「涼宮ハルヒの驚愕」を買ってしまった……だって、アニメで続きは無理そうだし……

全て原作チェックとかはしないが、一応好きになった作品は原作もチェックするかな。大体はアニメ見て、その後原作の流れ。

俺は基本的にはアニメかな。
新番組チェックする時に原作の情報くらいは予習するけど、原作を読むことはしないかな。

アニメチェックするだけで手一杯だよ!

原作までチェックするのは目が疲れるんでちょっと……
アニメとかならPSPに入れて気軽に見れるけど、PSPでテキスト見るのとかはキツイわ。

別にアニメだけで十分じゃないか。
てか原作、特にラノベ原作を評価するやつ多いけどそこまでレベル高い作品ばかりってわけでもないだろ。むしろアニメになって余分な所が無くなって見やすくなったりしたのだってあるんじゃね。

やはり原作までチェックするのがオタクの王道だと思うんだ。

でも、人気の出る作品って結局アニメ化して人気になった作品だよね。
原作派は自分達の好みを押し付けるだけでウザい。原作のどこそこがアニメでは表現で来てないとか騒がれると自分の楽しんでいた作品の価値が落ちたように思えて気分が悪い。

私の場合、原作を全部は見ないけどアニメ見る前に原作の評価や設定は調べている。前提知識があると無いとで作品の理解の難度がかなり違うし、追っかけるかどうかに関しての判断材料になるしね。

ウチの国のオタクの大多数はアニメ派だという現実を原作派は受け入れるべき。

超人気作品だと正規の中国語版とか、正規の中国語版の刊行が追い付いてない最新の巻のファンサブ翻訳なんかもそろっているけど、アニメ化前でそれほど注目が集まってない作品なんかは中国語のファンサブ翻訳版くらいしかなくてしかも質が悪かったり、そもそも無かったりするのがなぁ。
本で原作追っかけるのってなんだかんだで手間がかかるし、どうしてもアニメがメインになっちゃうね。

俺はアニメ、原作両方とも見てるよ。原作が好きでアニメ見たり、アニメ見て細かい所が気になって原作見たりしてる。あと原作まで見るのはアニメが終わっても原作の方にはまだ続きがあるってときが多いね。

アニメも漫画もどっちも見ているけど、私の経験上原作が好きでアニメを見た場合の方が悲劇的なことになり易い。

ライトノベル原作の場合、大抵は原作の方が良い。アニメだと描写が減る上に話の途中で終わるから、基本的にラノベアニメは原作派になってしまうなぁ。

4コマ系の漫画原作の場合は、アニメの方が良いってことの方が多いんじゃないか?俺は「けいおん!」や「WORKING!!」なんかは逆に原作の方を読んでちょっとガッカリしたことがあるし、ストーリーの続きがあるような作品以外原作チェックはしてない。

俺は別に原作を否定するつもりはないよ、俺もたまに原作まで手を伸ばしたりするし。
ただ、原作派はアニメ否定して原作だけ持ち上げればいいとおもっているアホが少なくないと思う。

でも、アニメ化するとどうしても原作のいろんな部分を削るからなぁ……
原作にあった行動や説明を削ったせいでキャラの行動が矛盾したり説明不足になったりするのを見ると、文句を言いたくもなるし、誤解を解くために説明したくなってしまうよ。てか最近は原作を先に好きになった作品は原作だけ見てアニメは見ないことの方が多い。

放映前に出ている原作情報次第でアニメの期待度が変わるし、字幕組とかの動きも原作が有名な作品の方が活発になるんだよね。原作派が宣伝してくれると字幕組の動きも変わるし、こっちも作品の情報を知ることができるってのは確かにある。
しかしアニメが始まったとたんにアニメ版の否定を始める原作派はどうにかしてほしいのも確かだな。

一番めんどくさいのは原作党原著派。アニメだけでなく原作の中国語翻訳にまで口出して他のファンを否定するし、お前らはファンを増やしたいのか減らしたいのかどっちなのかと。どうせやるなら、原作の良さを知る人間が拡大する方向で紹介しろよ……

原作あるのにそっちを見ないのはもったいないとは思うんだが、やはりアニメチェックするだけで時間がなくなる。原作まで見るのはやはり好きになった作品だけだね。

逆に私はアニメの方あんまり見ないな。
特にラノベのアニメって原作の残りかすみたいなの多いじゃない。文学少女とかにはガッカリしたし、最近のラノベ原作もどうかと思う。「とらドラ!」みたいに評判が良ければアニメも見始めるという感じ。

普通は先にアニメの方で作品を知って、気に入った場合その後原作を見るという流れ。ただ、そういった作品の場合原作の方が良くてアニメ版を放り投げてしまうことも少なくないね。アニメ化ってなかなか
難しいよな……



とまぁ、こんな感じで。
やはり中国オタクの基本はアニメとなっているようですが、原作もチェックするというのが段々と増えているように思えました。

上の発言にもありますが、今まで中国オタクの間で大人気になったり有名になったりしたのはやはりアニメ化された作品で、アニメ化されない作品はたとえディープな層で評価が高かったとしても知名度はあまり上がりません。
(ファンの二次創作をきっかけに大人気となった「ヘタリア」や動画サイト経由で大人気となった「ボーカロイド」「東方シリーズ」なんかはかなりの例外です)

しかし最近ではアニメ化決定の段階で原作を既にチェックしていたりする中国オタクのツワモノも珍しくないですし、更には原作を知っている人間が先行して話題にしたりするので、中国オタク内では「原作」というものの存在感が強まっているそうです。

そのなかでも特にライトノベル原作のアニメに関してこういった後押しの影響が強くなっており、中国オタクの間でラノベ原作のアニメが堅実な人気を獲得する理由の一つにもなっています。

ただ、原作ファンとしてしっかり原作を読み込んでいたりする場合などは、アニメ化の結果が自分のイメージと違ったりしてガッカリするなんてこともあるようですし、そうなってくると当初声を大にして作品を宣伝していた原作ファンがアニメに対してはアンチな立ち位置になったりするなど、ややこしいことになってしまったりもするそうです。
中国オタクの間でもアニメと原作の関係についての難しい問題は尽きないようですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク的疑問「アニメはどれくらい原作を尊重してどれくらい改変を無くすべきか」