先日、ありがたいことに
「中国オタクはハーレム系の作品に出てくるキャラとかをどう思っているんですか?」
という質問をいただきました。

中国オタクの面々も萌え系の作品はきっちりカバーしているようですし、
ハーレム系の作品についてもわりと見ているようです。

中国のソッチ系の掲示板でハーレム系の作品に関する反応を探してみたところ、
うまい具合に「ハーレム系の作品の主人公」に関するやり取りを見つけることが出来ました。

そんな訳で、今回はその辺についてのやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のアニメって毎期毎期必ずハーレム系の要素を備えた作品が混ざるように思うが、そういった作品の主人公ってたいてい受動的なダメ男な気がする。
ハーレム系作品でちゃんとした主人公っているの?

ちゃんとした主人公か……確かに少ないよな。能力的にも微妙なレベルが多いし、告白されるのを待つタイプが多いからちょっとイライラするのは確かだね。

有能と言えば「ハヤテのごとく!」の綾崎ハヤテとかどう?
当初は悲観主義的な面も強かったけど、話が進むにつれどんどん有能になったりストーリー展開の中心になったりとちゃんと主人公としてやっている。

文武に加えて容姿も兼ね備えたような男性キャラって、少女マンガとかの領域じゃないか?
ハーレム系とはちょっと違う気もするが、「乙男」の正宗飛鳥なんかはまさにソレ。

女性恐怖症的なものを持っていて、ヒロイン達から逃げるという展開もなんか最近は飽きてきたよな。別に有能である必要はないと思うが、積極的な主人公を見たくなる。

「プリンセスラバー!」の有馬哲平なんてどう?あいつアニメ版の方は非常にカッコイイぞ。アニメ版で人間のクズレベルになってしまった「SHUFFLE!」の土見稟とは正反対。

最近の作品で一番良いと思った主人公は「生徒会の一存」の杉崎鍵だね。

そういや杉崎鍵は嫌いなヤツ少ないな。
key君とかいう名前が広まってるし、むしろ人気キャラかも。ああいう口が軽くて変態と見せかけてちゃんと行動するキャラってなかなかいないから印象に残るよね。

ハーレム系作品の主人公の人格には「優しさ」以外の特徴も持たせるべきだと思う。あと女嫌いや女性恐怖症ネタも無くすか弱めるかしてもいいんじゃないかね。

「IS」の織斑一夏みたいに特殊能力を持っているというのは、ヒロインとの交流のきっかけになるし悪くないと思う。しかしその後主人公の性格と行動で微妙な感じになるのが少なくないよね。

あんまりにもダメすぎると、そんなレベルの男で納得するヒロインもダメな存在に見えてきてしまうんだよね。その世界の登場人物全てを疑うようになってしまう。

いやだってさ、主人公が全ての場面で冷静に正しい行動をするラブコメとか、ありえないだろ?
擦れ違いや葛藤とか無くなってストーリーの起伏が作れなくなる。

ハーレム系作品の主人公が優柔不断で受動的なのは結局のところ見る人間が感情移入するためだろ。オタクが見る作品だからオタクが感情移入し易いダメ人間になる。
ダメな主人公になるのはオタクが「自分ももしかしたら」とか言う気持ちを抱いて妄想したりできるようにするためだからしょうがない。

マイナーな作品だし厳密には主人公か分からんが「京四郎と永遠の空」の綾小路京四郎は結構良かった。介錯作品なのに珍しく百合じゃなくいし男の主人公が活躍している。

ハーレム系作品でちゃんとした主人公ってことなら「ラブひな」の浦島景太郎後期型とかはどうかね?あとは「ネギま!」のネギ・スプリングフィールドとか。でも残念ながら赤松健作品の場合、主人公が優秀になればなるほどなぜか感情が冷めていく……

その感覚、私もなんとなく分かる。
浦島景太郎は初期のダメな部分があった頃も、別に特別感情移入できる主人公というわけではなかったんだが、ハーレムな世界に浸ることはできたんだよね。
なんか自分でもうまく言えないが、主人公が完璧な存在になるとハーレム世界がつまらなくなるように思う。こういうのがあるからダメ主人公になるのかもな。

てかそもそも、パーフェクトなキャラによるストーリーってあまり面白くないぞ。夜神月や千秋真一のようなレベルのキャラだって何かしら欠点のようなものがあるし。
ハーレム系主人公に必要なのは完璧さじゃなくて、感情移入できて納得できる性格や能力などの要素なんじゃないかな。そして「優しさ」というのはそれほど感情移入できる要素ではない。

「神のみぞ知るセカイ」の桂木桂馬は客観的にはダメ人間なんだが、主人公的にはかなり良い感じだと思う。彼の堅固なギャルゲー的価値観とそれによる一貫した態度はある意味非常にカッコイイ。

梶島正樹作品の主人公はわりと良い感じの多いぞ。エロアニメの方も含めて。
梶島作品の「天地無用!」はハーレムアニメの源流の一つだけど、実はその主人公ってそんなに悪くないんだよね。それなりに良い所見せてくれる。

「うたわれるもの」とかどう?ハーレムだけど、ちゃんとした大人のキャラだし職責や地位的にもハーレム持ってて当然な存在。他にもLeaf系作品だと「ティアーズ・トゥ・ティアラ」の主人公とか良いよ。

良い主人公を一人思い出した。「BASTARD!!」のダーク・シュナイダーはどうだ?ハーレムを作ることが非常に納得できるキャラだ。

ハーレム系作品の主人公として、最も納得できるキャラということなら「乙女はお姉さまに恋してる」の宮小路瑞穂だろう!
お前ら、ダメ男が作るハーレムには反感を覚えるだろうけど、美人が作るハーレムならば受け入れられるだろ?



とまぁ、こんな感じで。
中国オタクの面々もハーレム作品についてなんだかんだで語れるようですね。

ちなみに今回見た反応では
「生徒会の一存」

の杉崎鍵が、中国オタクから比較的評価の高いハーレム系作品の主人公のようでした。

「生徒会の一存」は中国語版が中国本土で正式に発売されたりしていますし、あまり表に出て来ることはないですが、実は中国オタクからかなり支持されている作品なのかもしれませんね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。



中国本土で角川系ライトノベルが正式に発売 高橋弥七郎先生と葵せきな先生のサイン会も開催だそうで