10月アニメの新作もぼちぼち出揃ってきましたが、今回はその中の一つ
「境界線上のホライゾン」

についてを。

ブログの左の方の「気になるアイテム」でもちょっと書かせていただきましたが、この「境界線上のホライゾン」は、ライトノベル原作のアニメではちょっと珍しい事態が中国オタクの間で起きています。

中国オタクの間でラノベ原作アニメというのは、放映開始前に原作既読のラノベ読み層からの布教や、wikiなどを参照にしてある程度作品の前提知識を仕入れてから見るというのが多い作品となっています。

そういったことからラノベ原作アニメは、スタートダッシュでの人気の影響が極めて大きい中国オタクの間で、事前情報量の多さから人気を獲得し易いという傾向があります。

しかし「境界線上のホライゾン」は簡単に説明するのが難しいその独特な内容と膨大な設定から、中国オタクの多くはイマイチどんな作品だか把握しきれず
「なんだかよく分からないけど気になるアニメ」
というようなポジションのまま放映開始となってしまった模様です。

放映開始となった現在でもその辺については残っているようで、中国のソッチ系の掲示板でも他のラノベ原作アニメとは違う混乱混じりのやり取りが行われているようでした。

それでは以下、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


みんな混乱しているんじゃないかと思うが、ちょっと「境界線上のホライゾン」についての感想を語ってみようか。正直、原作読んでる自分としては悪くないどころか、かなり良い出来に思えるんだが……

原作知らん俺にとっては萌えを売るお色気アニメとしか思えなかった。
あと作中の造語が多すぎてわけがわからん。

「IS」とかに比べるとストーリーの流れはしっかりしていそうだね。ヒロインっぽい無口キャラも好み。しかし、理解できない設定が多すぎてクラクラする。

巨乳アニメだったな!俺はこういうおっぱいが見たかったんだ!
最近はエロに走ったり貧乳に走ったりと、こういう巨乳キャラが大活躍する真正面からのアニメが無かったから嬉しいぜ。

キャラデザはスバラシイ。設定は分からない。あとおっぱい。

ストーリーの基本的な所は王道熱血のものだから、まずはそこを楽しめ。周辺のネタは追加装備だ!そして細部の設定はそれが把握できた後の上級追加要素とでも考えればいい。

第1話からこんなにわけのわからん作品は初めてだ。この調子で続くなら追いかけられないかも……

現時点まではスゴイ原作を尊重しているね。一話だけ見ると萌えアニメと勘違いされそうだが、もうちょっと後から熱い展開になってくるだろうし、今後も期待。

キャラデザや装備のデザインはかなり好みなんだが、内容がどうも理解できない。
声優は良いから、とりあえず追っかけるけど……

声優かなり豪華だよね、私も茅原実里の歌と声を目当てにしばらくはおっかける。
あと、男主人公の顔が今までにないようなタイプだ。

固有名詞が多すぎだ!制作側はもうちょっと何とかできなかったの?

とりあえず今までの印象は「ごちゃごちゃしすぎ、キャラ多すぎ」って感じだな、俺の記憶力ではキャラを覚えきれそうにない。戦闘シーンは良さそうなんだが……

キャラデザと武装のデザインがかなり変わってる。各国(でいいのか?)の装備もなんかスゴイことになってるっぽいなぁ。

見た。これは……おっぱいアニメ?キャラは覚えられなかったがおっぱいの印象はきっちり残ってる。

ラノベ原作のアニメの中では質が良さそう。でも、1話から登場人物が多いのはキツイな……追っかけるかどうかはまだ決められない。原作読んだ方が良いのかな。

原作読んでる身として言わせてもらうが、これ原作の再現度かなり高いし現段階では良作といって言いと思うぞ。
ただ、原作はスゴイ量だよ。第一巻の上巻だけでモノスゴイ分厚い。他のラノベの2倍とか余裕で超える。まずはアニメを見てみるのがいいんじゃないかな。

第一印象はお色気アニメというところ。おっぱいがこんだけ大量に出て来て逆に怖い。でも女性キャラ自体はわりと好み。

キャラクターはかなりいいよね。巨乳の大軍以外にも、無口美少女とか、百合天使とか、オッドアイの巫女と召喚される小さな巫女とか、超縦ロール(でいいのか?)とか、忍者に格闘家にメカドラゴン(?)、インドカレー人、全裸、スライムと盛りだくさん過ぎるだろ。特に先生はエロい。女教師好きとしては最高だ。
今の所微妙に感じたのは主人公の顔くらいかな。世界観も気になるし、追っかけることにするわ。

とりあえず自分が理解できたのは5分の1くらいかな?
設定関係は分からんし、聴き取るのは諦めた。この勢いで情報が増えていくとなると、俺にはもう追いかけられん。

うーむ、このアニメ、キャラデザでここまでお色気と萌え寄りにして大丈夫なの?
あと設定がどうも分からんのよね。作中の「学生」という存在の定義や権力体制、大人たちとの関係もよく分からん。

キャラの名前を覚えるのは後回しにするとして、あの全裸はいったい何?どんな生物なの?人でいいの?

伊藤・健児の種族はインキュバスだから人間じゃないな。てかこの作品は純粋な人間でないキャラがかなり多い。気になるとは思うがキャラの活躍以外はあまり気にするな。
あと今出て来ているキャラの一部は徳川家に関係のある人物と組み合わせて覚えると楽なのもいるな。例えば子安声の商人は茶屋四郎次郎が元ネタ。

見た感じ戦国時代のパロディなのかな?歴史再現って具体的には何?
今後の展開について、現実のネタではどの辺りを重点的に把握しておけばいいのかな?やはり戦国時代?

いや……日本の戦国時代が基本要素の一つではあるんだが、それに日本以外の歴史ネタや他の時代のネタも出て来るんだわ……
設定を一気に把握しようとしないで、ストーリーの展開に合わせて覚える方がいいんじゃないかと思う。

原作でもこの時点では設定が全部分からないし、その辺の設定についてはあとでストーリーに合わせて出て来るから今理解しないでも大丈夫だ、問題ない!
あとキャラの多さについては……あー……もう、好きなのをテキトウに覚えればいいと思うよ。個人的には忍者の点蔵とかオススメ。

それにしても、光はもうちょっと仕事を休んでも良いと思うんだけど、どうだろう?
おっぱい揉むくらいで光が発動しなくても良いじゃないか。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタクもオタクなんてのをやっているわけですから、作品の設定をキッチリ理解しようとしているようですが、この作品ではそれが裏目に出てパンク気味になっちゃったりしているっぽいですね。

それと、あの独特のキャラや装備のデザインは中国オタク的にかなり珍しいものに思えるようでした。

それにしてもこの「境界線上のホライゾン」、
個人的には川上稔作品の詰め込み過ぎてる戦闘シーンが映像化されて動きまくるというだけで、もう嬉しくなってしまいます。(OSAKAはOPだけで、戦闘部分は簡略化されていましたし)

原作がやたらと情報量の多い作品なので、アニメでどこまでやれるのかという点なんかは気になっていましたが、今のところは非常にいい感じで進んでいますし、私にとっては今期の新作の中では続きがとても気になる作品の一つですね。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


中国オタク的「初めてのライトノベル」