先日、ありがたいことに
「日本では人気だけど中国ではあまり人気にならなかった作品ってどんなのがありますか?」
という質問をいただきました。

最近はネットや物流も随分と便利になっているので日本における人気と中国における人気の傾向がどんどん似てきていますが、それでもまだ「違い」は存在します。

うまい具合に中国のソッチ系の掲示板でそういったことに関するやり取りを見かけたので、
そんな訳で、今回はその辺についてを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本では大人気になっているらしいけど、ウチの国ではあんまり話題にならなかったりして微妙な扱いの作品ってあると思うが、具体的にはどんなのがあるかね?

最近のだと一番違いが大きいのは「イナズマイレブン」じゃないか?
日本での商品展開と市場規模を見ればこっちでも簡単に分かるくらいのスゴイ人気だし、制作会社の代表はガンダムに抜擢されるくらいなのに、こっちではホントにこう、話題にならない。

「カードファイト!! ヴァンガード」も日本との温度差激しいね。日本だとそこら中に広告出てるし、売り上げもでかい。同じカード系の作品でも「遊戯王」はウチの国でも大人気になって、今でもファンがいるのになぜこう違いが出たのか。当時と今では時代が違うということでいいんだろうか?

ホントに「イナズマイレブン」の人気の差の原因はなんだろ?
キャラデザと、ゲームのプラットフォームというのがまず思い浮かぶが……
あとウチの国の腐女子はああいうキャラデザ嫌いなのかね。腐の方の女性ファンが少ないのも大きな違いじゃないかと思えたりもする。

「遊戯王」は当時ウチの国でもパチモンカードが流行りまくったから人気出たってのが大きいんじゃないか?俺の学校とかクラスが「遊戯王」一色になったことがあったし。

最近の話では「TIGER & BUNNY」も日本との差が大きかったな。
あの作品は中国語訳のタイトルに広告やらBLやらのネタなんだか悪意なんだか分からないのをつけられちゃっていたし、OPも広告を強調するものだったから見ないヤツ続出。
その後第二期になった辺りから女のオタクの間では二次創作を中心に人気が上がっていったが、男のオタクの間では人気が戻らないままだったなぁ。

ウチの国はアニメの関連商品による金儲けに拒否感を抱くヤツ多いからね。「TIGER & BUNNY」はそういった関連商品で「金をだまし取る」作品ではないが、あまりにも金に関する部分が表に出過ぎていたから反感が多くなったんじゃないかと。
あと「TIGER & BUNNY」はキャラデザが桂正和だったから、個人的にはもっと注目されると思ってたんだけどね。やはりエロ要素がないとダメだったのか。

「BECK」とかどうだろう?
ウチの国ではバンド関係の作品は「けいおん!」みたいなのでもない限り流行らないのかも。

「イナズマイレブン」で思い出したが、「ダンボール戦記」もこっちでは微妙だな。個人的にはロボットモノとしてそれなりに楽しめているんだが。

ちょっと古い作品になるが「R.O.D」はもう少し話題になっても良かったんじゃないかと今でも思う。

「BLOOD+」とかのBLOODシリーズは日本だけでなく海外でも結構人気が高いらしいんだが、正直よう分からん。
ウチの国もヴァンパイア系の作品が好きな層っているけど、欧米のヴァンパイア作品の方が人気だしなぁ。最近の「BLOOD-C」も個人的にはどこを評価すればいいのか分からない作品だったし。

私は「ARIA」とか、もうちょっと人気になってもいいと思うんだが……

いや「ARIA」はこっちでも十分人気あるぞ。
むしろウチの国のファンが「最高の癒し系の作品」みたいな感じで過大評価しすぎているような気もする。

「人気が微妙」というのとはちょっと違うんだが、「リリカルなのは」は日本との温度差を感じる。
もちろんなのははウチの国でも人気あるし、白い魔王だとか魔砲少女だとか淫獣だとかのネタは通じるんだが、作品やキャラそのものに関してはそこまで評価されていないというか、熱中している人間が少ないように思う。
劇場版のときの反応とか、そういった差が結構出ているように感じたわ。

ゲームだけど「ドラゴンクエスト」はこっちでは人気ないね。JRPGの二巨頭であるFFとドラクエ、こっちで人気になったのはFFだけ。PS1でマトモに出たのが7だけだったのが影響していると思う。

「ジョジョの奇妙な冒険」は最近の若いオタクからの人気が無いな。90年代とかだと、海賊版の漫画がかなり入っていたしジョジョも結構人気だったんだけどね。長編TVアニメがないと現在のオタク層からの人気は出ないのかも。

そういや「カイジ」とかの福本作品とか日本で大人気らしいけど、ウチの国では人気出ないね。個人的にはあのクセのある絵が影響しているんじゃないかと思うが。

個人的な印象だけど、違いが特に大きいのは「プリキュア」じゃないかと思う。香港や台湾では人気みたいだが、大陸の方では注目が集まらない。

「プリキュア」は確かに違いが大きいな。
ウチの国のオタク層のホントに一部しか見てないようだし、シリーズを最初からキッチリ把握している人間なんてほとんどいないんじゃないだろうか。子供向けだからってんでみんな見てないのかね。

「セーラームーン」なんかは過去にウチの国でも大ブームを起こしたのに、なぜこんなに反応が違うんだろうね。
「プリキュア」は日本だとオタクにとってかなり重要な作品になっているのに、こっちだとよほどのマニアでもないとチェックしていない。前作の「ハートキャッチプリキュア! 」のときなんかは日本との温度差を特に強く感じたよ。



とまぁ、こんな感じで。
中国オタクの間でも作品によっては中国と日本でで人気の差がある作品については不思議に思ったりすることもあるようです。

こういった差に関しては、好みの違いやメディアミックス展開が中国までは伝わっていないといったこと等が理由として考えられますが、今回反応を調べていて特に大きいと感じたのは「テレビ放映の有無」ですね。

現在中国では政策の影響で日本のテレビアニメの放映が難しくなっていますので、テレビ経由で作品が広まるのは非常に難しくなっています。そういったことから、特にに低年齢層も対象となっているような作品は中国と日本で人気に違いが出ることになっているのかもしれません。

過去には「ちびまる子ちゃん」、「クレヨンしんちゃん」といった作品が中国のテレビで放映され、中国の低年齢層でも大ヒットしましたが、今の中国ではそういった流れで日本の作品の人気が出る可能性は低そうですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。