気が付いたら関連作品との関係から考えるとネタの賞味期限が切れそうな「食べ物ネタ」があるので今回はそれについて……

中国オタク内では
「ドクターペッパー」

がある種のオタク系アイテムと言いますか、
「オタクとしては飲んでみたい」
「アニメ経由で知ったちょっと不思議な飲み物」

といった扱いになっているようです。

これに関しては
「シュタインズ・ゲート」や「神様のメモ帳」

などの中国オタク内で人気のある作品において主要キャラが愛飲しているといったことが影響しているのだとか。

以前中国のソッチ系のサイトなどをまわっていて
「ついにドクターペッパーを手に入れた!飲んでみた!」
という報告に関するやり取りを見かけましたので、今回はその辺についてを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ついに旅行先のスーパーで見つけた!ドクターペッパーを!
ずっと気になっていたドクターペッパーにまさか旅先で出会えるとは。

おお、売っている場所にいけたのか!ところでいくらで売ってたの?

えーと、人民元だと3元くらいになるかな?さぁ、飲むぞ!

ドクターペッパーに関してはマズイ、普通、ハマる等々、味への反応がイロイロあるよな。実際の所はどうなのか気になるから詳しく頼む。

ドクターペッパー……伝説の「飲んだら主人公になれる飲み物」だな!

すまん、ちょっと教えて欲しい。ドクターペッパーって何?どんなアイテムなの?
てか何ででこんなに騒がれるんだ?どういう背景敬があるんだ?

ドクターペッパーは……一言で言うと中二病指定飲料?
有名な所では「シュタインズ・ゲート」や「神様のメモ帳」で主要所のキャラが飲んだりネタにしたりしているし、他にも色んな作品で出てくるかな。

……飲んだ。やべぇ、言われていたように独特過ぎる味だ。咳止めシロップっぽいなんて話も聞いていたが、なんかそれとはまたちょっと違った薬の味というか……正直常飲するのは無しだな……

お疲れ様。
私も一時期こう、勢いで飲み続けていたが、味は普通だと感じたかな。当時の俺は作品の愛のために飲んでたな……

このドクターペッパーって中国で手に入るの?もし買えるならどんな感じ?

近頃はネットショップでドクターペッパー探せば出て来ると思う。確か前見たときは1缶6元くらいだったような?ただ、私はできれば普通にお店で売っているのを買って一気に飲みたいね。

うむ。私も初めてネットで売っているのを見つけたときは「これはシュタインズ・ゲートの選択だ!」と思ってしまった。

上海の輸入商品扱っているスーパーならおいてあるぞ。そこでも確か6元くらいだったな。

正直、飲んでみたいという気持ちはある。通販で買い求めるってほどではないんだが、身近に売られていたら一回は試してみるだろうなぁ。

ドクターペッパーを蓄えていた俺は、今取り出して飲んでいるぜ!
味は……杏仁味とでも言えばいいのかなぁ。

話だけ聞いても想像し難いな。少なくともコーラとは違う味なんだろうというくらししか思い浮かばん。なんか薬品の味がするとは聞くが。

甘い飲料ではあるんだが、フレーバーと混ざるとビターな杏仁味って感じになるかな。私は全部飲み切れなかった。

ウマいと思って飲んだ俺は異端なのか?ポテチ食いながら一緒に飲むとか、最高じゃないか!?

私も以前飲んだことがあるがそこまで悪くない味だと感じたね。思ったより甘くなかったし。薬の味もたぶん飲んでるうち慣れることもできるんじゃないかな。

私はアメリカにいたときに普通に飲んでいたね。クセの強い味だし、拒絶する人間の方が多いだろうというのは認めないわけにはいかない。最初に飲んだときにある程度受け入れられれば、あとは慣れだな。

名前のように胡椒味ってわけではないのね。
この手のコーラっぽい感じの独特な味の飲料って、台湾の黒松沙士なんかもあるけどあっちと比べてどうなんだろう。

どっちも飲んだことのある私が答えよう。どっちも薬の味っぽく感じるが、ドクターペッパーは杏仁系、黒松沙士はミント系の香りが来る。あと、慣れた人間でもない限りどっちもマズイぞ!

そういや台湾に行った同級生がお土産にドクターペッパーをくれたことがあるな。台湾ならばその手のキワモノ飲料の飲み比べとかが簡単にできるんだろうか?

興味があるなら飲んでみればいいとは思うけど、最初から大量購入するのはやめた方がいいね。ウチの大学の宿舎に「シュタインズ・ゲート」にハマった勢いで一箱購入したはいいけど口に合わず、結局周囲に配りまくってどうにかした……なんてヤツがいる。皆興味はあったから、1缶もらって飲む分にはネタとして楽しめたんだけどね。

ちなみにダイエットコーラが存在するんだから、もちろんダイエットドクターペッパーなるものも存在する。飲んでみたがこっちはドクターペッパーより更に独特な味だぜ!



とまぁ、こんな感じで。
ドクターペッパーのあの独特な味はやはりキツイモノがあるようですが、中には悪くないと感じる、ハマる素質がある人もいるようです。

それにしても、2年前の記事
中国オタク的疑問「ドクターペッパーってどんな飲み物なんだ?」
を書いた時点では多くの中国オタクにとってはまだ謎の飲料だったドクターペッパーが、今では味もそれなりに知られるようになり、ある種のネタ飲料として認識されたりしているのは面白いもんですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。