ありがたいことに
「日本の作品の定番表現で、中国では受け取り方の異なるものはあるのでしょうか?」
という質問をいただいておりますので今回はこれについてを。

確かに中国での日本のアニメや漫画に対する反応を見ていると、定番表現に関して時折日本とは微妙に反応が違うものにぶつかることがありますね。例えば
「何かやらかしてヒロインにぶっ飛ばされる主人公」
などは中国オタク的には反発の強い展開だったりします。

そしてそういったものの一つに
「頭を撫でる」
というのもあるようです。これも全く通じないわけではないのですが、日本とは少々感覚の違うものになっているようで……

先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「日本の女性って頭を撫でられるのが好きなのか?」
ということに関するやり取りを見かけましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本の女性って頭を撫でられるのが好きなの?
女性キャラの頭を撫でる行為は日本のアニメや漫画でよく出て来るんだが、ちょっと多すぎる、強調し過ぎるようにも思える。日本人の感覚ではあれが普通、或いはあってもおかしくないと感じられるんだろうか?

女性キャラの頭を撫でて相手が頬を染めるとか、二次元における定番表現ではあるよね。

表現の一種なんじゃないの?
言っちゃなんだが動物をなでるのと同じような感覚もあるんじゃないかと。

撫でるというのは、動物でも好き嫌いあるぞ。
ウチで飼っている猫は撫でられるの嫌いだし。

いきなり女性の頭撫でたら、場合によっては大問題になりそうなんだが……

俺の幼馴染は頭撫でられるのは嫌だといっていた。

私の幼馴染にそんなことやったら蹴られる等のヒドイ反撃を受けると思われる。

おい、頭を撫でることができるような幼馴染の女の子がいるのか!?
そこの所についてちょっと詳しく。君達に対して殺意を抱くかどうかということについての重要な判断材料だ。

私の中ではなぜか内気な女性に対して非常に効果の高い好意の表現というイメージになっているが、確かに現実でやるとマズイだろうね。

頭撫でられて喜ぶ女性なんてそんなにいないだろ。

私の親戚の子供は褒めながら頭撫でると喜ぶぞ。

俺はそういう女性が実はいるんじゃないかという希望を捨てきれない。ほら、口では大嫌いとか言いながらも喜んでくれるとかさ!

あー……ツンデレロリキャラとかにあるよな。なんとなくその感覚は分かる。ガンバレ!
しかし私はもちろん現実で試した際の結果に関しては保証しないぞ!

それは幻想だろう。
いわゆるハーレム属性か主人公補正があればOKと言うヤツなのでは?

どんな人間が撫でるかということに集約されるんじゃね?

頭撫でるのは日本の習慣というか、友好や愛情表現の一つのはず。外人がハグしたりキスしたりするようなもん。

そうそう。日本人って自分を見せない、距離を取る傾向が強いんだが、子供の頭をなでるという行為に関してはわりと距離感無いんだよね。日本人と接していて意外に思ったことの一つ。

中学の時になんとなくクラスメートの頭を撫でたことがあるが、鬱陶しいと少し怒られた。

少なくとも、私は頭撫でられて嬉しいと思うことは無いよ。三次元で気軽にやるのはやめた方が良いと思う。

親戚の子供とかにやるならともかく、それほど親しくない相手に対して頭撫でるとかはやめた方がいい。頭を撫でるのって寵愛しているという表現にもなるから、人によってはやったら怒るだろう。

お前ら、そんなことがあるわけないだろ!そういうのは二次元だけの話だ!三次元に持ち込むんじゃない!!

まぁ、三次元でやったらセットした髪が崩れたりするだろうし怒られるだろうね。
私にはうっかり手がかすって髪型が少し崩れただけで激怒する親戚の子がいる……

そもそも、男女関係無くあんまりやられたい行為ではないと思う。そういうのを他人にやるのはどうなのかな。

嫌がられるのは、それは相手に嫌われているからだろ。アニメや漫画の中では、前提として好意が存在する。

そりゃまぁ……大して親しくないも無い人間とか嫌いな人間に頭触られるのは嫌だよな。

アニメや漫画ではいきなり頭撫でるような感じもあるよな。あれ三次元でやったら相手はドン引きするだろうと思ってしまう。

ここは中国なんだからそういうのはやめておけ。ウチの国は何だかんだで保守的なんだし。



とまぁ、こんな感じで。
頭を撫でるというのがアウトというわけではないものの、そこまで好ましい行為とは思われていないようです。

この辺に関してはタブーというほどではないようですが、とりあえず嫌がる人も多く他人に対してやるのはやめた方が良い……といったものはありそうです。

日本の作品では頭をなでるという親愛表現はありふれていますし、SS界隈には「ナデポ」という「頭をなでる→好感度アップ」の安直な流れを揶揄する言葉もあるくらいですが、そういった表現に関して中国オタクの間ではちょっと印象というか受け取り方が異なるものになっているのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。