中国オタクの間に伝わって向こうでも定番、お約束的なモノだと認識されているモノは少なくありませんが、「ハーレム系作品」もその一つかと思われます。

中国オタク界隈で「ハーレム系」はそのまま「後宮系」などと呼ばれていますが、主人公やヒロイン、主要キャラを取り巻く環境といったお約束ネタに関してもイロイロな話題、ツッコミが飛び交っています。

先日中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「ハーレム系作品、特にギャルゲー原作系の作品の主人公の親友キャラ」
に関するやり取りを見かけましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ハーレム系作品の男の友達は幸せになれないのだろうか?
特にギャルゲー原作系の作品だと、主人公の男友達、親友的なキャラは基本的に主人公を羨ましがって話題にするだけで、誰か別の女の子とくっつくことはない。彼等は幸せになることはできないのだろうか?

ラブコメとかではなく、ハーレム系、ギャルゲー系と来たか……

とりあえず「バカとテストと召喚獣」の雄二や「これはゾンビですか」の織戸とかが思いついたが、これらは微妙にハーレム系では無いかも。ただラブコメ系でも元から主人公の親友の恋人的な立ち位置で設定されたキャラでもいない限り難しいのかね。

確かにその手の立ち位置のキャラって良いヤツ、良い人過ぎて時折不憫になるよな。

結果としてハーレム系になっているような気がする「とある魔術の禁書目録」なんかを見ても分かるが、ライバル格、主人公以外の主要キャラとそのカップリング対象としてのキャラはわりと出るんだが、ハーレム系だと難しいかな……

私はきちんと語れるほどハーレム系作品を見ていないけど、確かに主人公とその周囲のハーレム枠ヒロイン群の描写の中に、主人公とは対照的な親友キャラがいるという印象だ。
そしてその親友キャラに対しては、ちょっと同情してしまう。

そういや「月刊少女野崎くん」でこのギャルゲーの主人公が良いヤツ過ぎるってネタがあったな。

それはな、主人公の親友も主人公のハーレムの中の一人だからだよ!!……という主人公とのBLとか、ヤツが一番好きなのは主人公だとかいうネタは置いておくとして、あれって主人公の人気を演出するための記号的存在じゃないの?
女の子を追っかけてばかりだけど、誰からも相手にされない。それに対して主人公は女の子に特に興味ないのに追っかけられまくるとか……

あとは主人公の男性に対する一定の人望の演出、主人公とヒロインの関係を動かすための口実とかの要素も考えられるな。

周りに男性キャラがいないと視聴者やプレイヤーが感情移入し難くなるからじゃないか?ただそのキャラがモテるとまた別の意味で感情移入し難くなるから、結果として恋人ができなくなるとかでは。

実は俺はハーレム系の作品だと、主人公よりも主人公の周りにいる男性キャラに感情移入してしまう。ただ、俺みたいなのは少数派なんだろうな。

ハーレム系の親友キャラって、主人公より優秀と言うか好感のもてるキャラが少なくないよね。

まぁ実際、ウダウダ悩んだり、ヒロインに対する態度が悪かったり、フラグを故意に回収しない主人公に比べると……てかNTR系作品だと大活躍だよな。親友ポジションのキャラ。

NTRで思い出したが「School Days」の澤永泰介とかは?

あれは特殊な例の一つではあるが、原作のエロゲの方向性が特殊と言うかギャルゲのお約束を逆手に取ったような所のある作品だから、キャラの設定的にも一般的なギャルゲーの親友的なキャラの枠に入れていいのか迷うな。

親友ポジションのキャラは結局主人公の引き立て役みたいな扱いになってしまうのがね……作品によってはなんかイヤな気分になるのもある。

一応、「true tears」の野伏三代吉はヒロインの一人との関係があるぞ。
ただ私も他の彼女が出来て円満なその後を想像できるような親友キャラってちょっとすぐには出てこない。

そういや昔の作品はサブヒロインとくっついたりと言うのがあったような気がするが、最近は見ないね。まぁラブコメ系作品よりもハーレム系作品が目立つようになってきたってのもあるんだろうけど。

最近の作品だと「IS」の五反田弾はアニメ未登場だが相手になりそうなキャラがいるな。今後どうなるかは分からないが。

ちょっと違うかもしれないが、「キミキス」とかはどう?メインの男性キャラには相手の女の子がいるけど。

「キミキス」の甲斐栄二か。あれは親友ポジションじゃなくてライバルポジションじゃないか?それにアニメオリジナルキャラクターだし、親友キャラは柊明良の方だろ。
あと「キミキス」のアニメの男性キャラは原作ゲームの主人公が分裂したようなものだし、判断が難しい所だな。

「STEINS;GATE」のダルは将来的に結婚するような相手に出会えるぞ。ゲーム本編でもアニメでも詳しい描写はない……と思っていたら、後日談とかその後の展開や外伝でイロイロと描写が増えた。

アニメにはなっていないけど、「ときめきメモリアル」で早乙女好雄はヒロインの誰かとくっつくときがあるよね。ギャルゲーで親友キャラとヒロイン格がくっつくケースも無いわけではないのでは……

でも「ときメモ」以外ではあまり無いような気もする。
それに最終的に誰か一人とくっついて終わるようなハーレム系作品はともかく、複数ルートのあるギャルゲーだとどのキャラにもファンがいるだろうし。

結局はギャルゲー、ハーレム系作品だとサブキャラの恋愛を描写しても得するファンがそんなに出ないからじゃないかね。

まぁ、どのヒロインとくっつくかで不毛で熱い争いが勃発しているくらいだし、そこで更にサブキャラとくっつくとかになったら追い打ち攻撃になるのは理解できる。

そう言えば私も早乙女好雄に好きなキャラを取られないように、登場キャラを絞ったりパラメータの調整をした覚えが……

求められているのは、主人公が誰とくっつくかであって、男の親友の恋愛エピソードじゃないからでしょ。もしやるなら、人気が出たら外伝とかでってことなんじゃないの?最近は話数が少ないし、サブキャラの恋愛描写もあんまりできないだろうし。

しかしそれでも、良いヤツだけど彼女が出来ない親友キャラはハーレムの必須構成要因というか、ハーレム的環境の一部として欠かせない。
とても気の毒だが、ハーレム系の作品が制作される限り、幸せになれない親友キャラも作られ続けていくのだろう……



とまぁ、こんな感じで。
中国オタク界隈では最近はキャラを叩いたり矛盾を否定するといっただけでなく、ネタにツッコミを入れたり分析したりして楽しむやり取りが増えているように感じられます。
私もその手のやり取りを追っかけるのが個人的にイロイロと楽しみになっていますね。

それから7月新作の中国における公式配信状況のまとめはもうちょっとお待ちください……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。