毎度の話ながら遅くなってしまいましたが、
「7月新作アニメの中国の動画サイトにおける公式配信の状況」
をまとめさせていただこうかと思います。

ここ1年で中国のネットにおけるビジネス環境もかなり変化しましたが、動画サイト界隈においてもその影響は出ているようですね。動画サイトの番組獲得の方向性や資金力に関しても、イロイロと見えてくるような所があります。


楽視(leTV)
「ソードアート・オンラインII」、「アオハライド」、「残響のテロル」、「PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版」、「幕末Rock」




楽視は自社ブランドのスマートテレビの販売、配信の事業も展開しているそうですが、そちらの雲行きが微妙で動画配信の方への影響も懸念されたりしているとかいう話も聞こえてきます。とりあえず7月の目玉作品となる「ソードアート・オンライン」の確保はできたようですが、今後に関しては少々気になる所でしょうか。
それと「残響のテロル」はタイトルが危ないということか、テロ関係の言葉を入れずに「東京残響」という中国語タイトルになっているようです。今のご時世、中国ではイロイロと気を使わなければならないのかもしれませんね。


愛奇芸(iqiyi)
「アルドノア・ゼロ」、「黒執事 Book of Circus」、「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」、「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!」、「グラスリップ」、「白銀の意思 アルジェヴォルン」、「ばらかもん」、「LOVE STAGE!!」、「スペース☆ダンディ」、「まじもじるるも」、「東京ESP」、「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」、「アカメが斬る!」、「東京喰種」、「月刊少女野崎くん」、「DRAMAtical Murder」、「戦国BASARA Judge End」








4月アニメでは中国オタク界隈においても大当たりとなった「ラブライブ」を配信していた愛奇芸ですが、7月も現在中国の動画サイト最大手と言われている通りに、中国オタク界隈における期待作も含めて多くの作品を確保しているようです。それと、気が付いたらロボアニメ系はほぼ愛奇芸が確保しているような形になって来ていますね。
また愛奇芸はこれに加えて「キャプテン・アース」、「ダイヤのA」、「オレカバトル」、「ドラゴンコレクション」、「ベイビーステップ」、「M3」、「アイカツ」も配信中のようです。


捜狐(sohu)
「美少女戦士セーラームーン Crystal」、「精霊使いの剣舞」、「六畳間の侵略者!?」、「さばげぶっ!」、「ヤマノススメ セカンドシーズン」、「RAIL WARS!」、「戦国BASARA Judge End」、「アカメが斬る!」、「東京喰種」





番組獲得能力が色んな意味で非常に高いと言われるsohuですが、今期は「セーラームーン」の独占配信などをきっちりと獲得しています。「セーラームーン」は旧作が中国のテレビで放映されトンデモナイ規模の影響を与えた作品です。今の中国のオタク業界の人はセーラームーン直撃世代ですし、7月の新作アニメ開始前の時点では業界や上の世代の間では今期最大の注目作となっていた感もありますね。
またsohuはこれに加えて「FAIRY TAIL」、「マジンボーン」、「ベイブーステップ」、「暴れん坊力士!!松太郎」、「M3」も配信中のようです。


騰訊(テンセント)
「東京喰種」



テンセントQQなどから来る独自のインフラによる強さを持つテンセントですが、7月新作のアニメに関してはあまり動きが無いようです。ただ、テンセントの展開しているオンラインゲーム「幻想神域」では日本の声優のキャスティングが行われるなど、オタク関係の動き自体はそれなりに活発だという話です。
またテンセントはこれに加えて「魔法少女大戦」、「M3」も配信中のようです。


土豆(tudou)
「Free! -Eternal Summer-」、「リプライ ハマトラ」、「ハナヤマタ」、「少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR 49-」、「モモキュンソード」、「闇芝居」、「DRAMAtical Murder」、「幕末Rock」、「戦国BASARA Judge End」、「月刊少年野崎くん」






一時期はやや迷走気味な所も見受けられた土豆ですが、ここしばらくは獲得したコンテンツを活用して現地でイベントなど、現地の中国オタクに好評な動きを見せているそうです。また7月新作に関しても女性ファンに対して強い作品を中心にしていくなど、獲得作品の方向性が比較的ハッキリしているのは面白いですね。
また土豆はこれに加えて「ハイキュー!!」、「ベイビーステップ」も配信中のようです。


PPTV
「人生相談テレビアニメーション 人生」、「戦国BASARA Judge End」



配信関係でのアクシデントはあったものの、前期は中国オタクの間でも人気作となった「ノーゲーム・ノーライフ」を獲得したPPTVですが、今期も「人生」が独占配信されるようです。


以上です。
7月の配信状況を見ると、独占配信ではない作品、複数の動画サイトで配信される作品が増えてきているのが面白いですね。

非独占配信の作品の中でも「東京喰種」は中国オタク界隈における前評判が特に高い作品でしたし、以前やはり複数の動画サイトで配信された「黒子のバスケ」のように今後は中国オタク界隈における期待作に関しては独占配信ではない作品も増えていくのでしょうかね。

それにしても中国の動画サイトにおける公式配信に関しては配信開始のタイミングもまちまちですし、告知も配信開始まで正式なアナウンスが出ないことが多いのが、この手の話題を追っかけている身としては頭の痛い所です。

私も記事にまとめる際に現地動画サイトや関連情報を一通り確認してはいるのですが、間違っていたり、抜けがあったりしたら申し訳ありません……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。