間違っていた部分の確認がとれたので、記事を再アップさせていただきます。
下げる前の記事で間違っていたのはキャストについてでして、スマホのゲームなので情報の確認に現地のアカウントが必要だったこともあり、再アップに時間がかかってしまいました……
ご面倒をおかけしてまことに恐れ入ります。以下、再アップの記事になります。


今回は中国オタク業界の新しい動きの紹介を。

日本の声優は中国でもかなりの知名度になっていますし、中国で行われるイベントに日本の声優が招かれるといったことも珍しくなくなっていますが、そんな中国のオタク界隈で今度は
「スマホ向けの人気ゲームに日本の声優、それも人気の女性声優を起用する」
という動きが出てきたそうです。

その日本の女性声優起用を行ったのが「崩壊学園2」というゲームです。
崩壊学園2公式サイト(中国語)

このゲームは今年の初めごろにサービス開始となり、現在はbilibili系のユーザーなどを中心に中国のオタク層に大人気となっているそうです。とりあえず公式PVを見ていただけば大まかなイメージはつかめるのではないかと。


内容は女の子が色んな武器を使って女の子ゾンビな敵キャラをバッタバッタと倒していく横スクロールアクションといった所でしょうか。

日本のサイトではちゃにめ!様がプレイ記事を掲載されていますね。
中国のソーシャルスマホゲーム 「崩壊学園2」 のオープンβ版を遊んでみました(中国アニメブログ ちゃにめ!)

そしてこちらの崩壊学園アップデート情報(中国語)
などによると、先日日本の女性声優による日本語ボイスが実装されることになったそうです。
中国のネットの情報を見た限りではメインキャラのボイスとして日本語ボイスが選択可能になっているようですね。そして現在実装されているボイスは

Kiana Kaslana:釘宮理恵さん
Raiden Mei(雷電芽衣):斎藤千和さん、沢城みゆきさん
Bronya Zaychik:花澤香菜さん、阿澄佳奈さん


となっている模様です。

ネットで崩壊学園関係のスレなどを見ているとゲームの内容や攻略に関する話題に混じって、日本の声優によるボイス実装に関するやり取りも行われているので、以下に例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ついに来た!釘宮が来た!釘宮病患者への福音だ!

釘宮党としては歓迎である。シャナから始まった俺のオタクの道がここにつながるとは……

本当なのか?なんか信じられんキャストだ。

おいおいおい、どのCVも素晴らしすぎるじゃないの!

ちょっと聞いた感じではセリフが短くて、そこまで特徴を聴き取れないが……どうなんだろう。

俺、まだこのキャラ引けてないんだけど……なんてこった!

セリフがわりと少ないっぽいな。同じセリフがよく出る。あと思ってた演技とちょっと違ったキャラもいるが……まぁ、いいか!

やった!沢城みゆきのお姉さまだ!

これって中国国産ゲームじゃなかったっけ?なんで日本の声優を使えたんだ?

直接日本の声優事務所と交渉したとかじゃないの?

依頼自体は十分な予算があればいけるだろうし、この手のゲームだとワード数もそこまで多くないからスケジュールの調整もそこまで難しくないと思う。ただ、その前の交渉がわりと難しいはず。依頼を取り付けるとこまでいけたのがまずスゴイと思うわ。

なるほど。しかしそれにしたっていくらかけたんだよ……
いや、毎日の俺らの課金の勢いからしてそう難しいことではないとは思うが。

もうやめようと思っていたのに……しかも今月はトラフィック量がわりとヤバイ状況なのに……!

非常に良い、アリなCVだが……萌えボイスが響き渡るわけだし、ちょっと外だと音声ありでは遊びにくくなっちゃったかもな!



とまぁ、こんな感じで。
それにしても現在の中国オタク層、その中でもスマホでゲームをやっている世代、現在の中国オタクの主流となっている年代に対して訴求力のあるキャスティングを、女性声優でやってきたというのは非常に珍しいかと思われます。

これまでの中国での声優展開は、イベントが中心でしたから熱心というか濃いファンの多い男性声優がメインになっていましたが、ここに来てスマホ系のゲームにおいてライト層にも通じる女性声優のキャスティングが出てきたのは、私としても非常に興味深い動きですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。