ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。
日本刀を使うキャラ、そして
「二刀流」
で戦うスタイルというのは中国オタクの間でも一般的な知識になっていますし、そういったキャラが人気になるのも珍しくありません。ただ、そのイメージに関しては個人個人でちょっとした差があったりもするようです。

中国のソッチ系のサイトでは
「二刀流での戦い方」
に関するやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


二刀流ってのがどうもイメージし難い。あれどうやってカッコよく戦うの?

えーと……ちょっと待ってくれ。いざ説明するとなると少々難しいかもしれない。

おいおい、俺もその問題を意識しちゃったじゃないか!
ポーズ決めるのはカッコイイけど、戦い方が想像し難い。二刀流で華麗な動きってどんな流れになってたっけ?

ウチの国のだと剣は片手持ちだからな。あと武士系キャラもすぐに思いつくのは片手か両手が多いか?三刀流や六爪流は一応二刀流の変種に入れてもいいかな?

両手の武器で攻撃ってのが普通は無いからねぇ

「るろうに剣心」の四乃森蒼紫はどう?
小太刀だからちょっと違うかもしれないが。

「SAO」のキリトは二刀流だよ。日本の二刀流は基本的には手数を増やすという感じかな。

「進撃の巨人」は基本的に二刀流だ。探せば結構出てくると思うけど、戦い方はアニメとかで見た経験が無いと想像し難いのは確かか?

香港の漫画は武器双つ持ち系のスタイルとかあったりするから、そっちを参考にしてもいいかも。

ガンダムは二刀流多かった気がする。ロボだけど演出的には人間の動きだから悪くないんじゃないかな。

私は二刀流に対するイメージはそんなに無いけど、ネット小説なんかでそれっぽい描写は見かける。適当に流して読んで利していたが、細かく考え出すと確かに微妙かもしれん。

双刀系のキャラが活躍するような作品を多く見ればそれなりにイメージし易くなるとは思うが……
とりあえず現実よりもゲームとかの動作の方がカッコ良くなってはいるのは間違いないかな。個人的には「アラド戦記」のモーションとかが好き。細かいことに気にしないで現実と切り離して考えてみようぜ。

二刀流を現実にやろうとすると、振り回す際にどうしても制限が出てしまうからね。
例えば「NINJA GAIDEN」や「デビルメイクライ」のモーションとかカッコイイことはカッコイイけど、現実だと無理というか無謀なものになっている気がする。

両手に刀を持って素早く飛び回り、両手の刀を風車の如く叩きつけるとか、そんな所だろうか。

あんまり深く考え過ぎない方が良いと思うぞ。
創作において重要なのはカッコ良さであって、動きが物理的にどうこうといったものではない。

でも二刀流の動きって突き詰めると扇風機状態になるよな。

二刀流は守りを考えずに攻撃するスタイル。

ちゃんとした二刀流は長い刀と短い刀のセットだろ。
そして長い方で攻撃して短い方で防御。同時攻撃や連続攻撃とかはやらないんじゃなかったっけ?

そうそう。二刀流は長短の組み合わせで同時使用ってのは無い、というか不合理。日本刀ってかなり重いし。
現実と二次元のオサレスタイルは別にして考える方が良いぞ。

歴史上においては二刀流の短い方、小太刀や脇差は防御としての用途だね。日本の武士は戦場の遮蔽物としての盾はあっても、手持ちの盾は使わないからね。

基本的には両手で一本の刀を持つのが武士の戦い方だが、二刀流をやる場合は利き手じゃない方に脇差を持つのが基本だ。

脇差は切腹用のものだろう。
戦闘用と切腹用として日本の武士はわざわざ二本刀を持ち歩いている。二刀流のためじゃない。

二刀流のためではないが、切腹が主な用途でもないぞ。
自殺も確かに用途の一つではあるけど、脇差の主な用途はサブの武器としてのものだ。メインの長い刀が壊れたときの予備だし、長い武器が使い難い狭い空間で用いたり、投擲攻撃をしたり、あとは鎧の隙間に刺すような使い方もある。

二刀流の使い手として有名な宮本武蔵は片方で防御、片方で攻撃するために二刀流を使った。でも宮本武蔵も基本的には刀一本で戦っているんだよね。

刀って重いし振り回すと更に難しくなるから長いの2本で二刀流ってのは現実だとほぼ無いんじゃないかな。短めの2本か、長いのと短いのという組み合わせになると思う。

攻撃回数増えるのは創作の中だけだからな。
いざ自分の身体でイメージしようとすると戸惑う。

二刀流が防御には有利なのは間違いないよ。
あと日本の剣道では公式試合で二刀流を使っても全く問題ない。

想像し難いならば双刀じゃなくて鞭や錘、鐗とかに置き換えてみてはどうだろう。それだったら舞台での動きとかからイメージできないか?
(ここの「鞭」はは金属で作られた棒状の打撃武器、硬鞭の方かと思われます。鐗は硬鞭に似ていますが柄があり硬鞭のような節は無く打撃部分は円柱ではなく三角か四角になっているシンプルな武器です)

両手で振り回すリズム的にそっちの方向からというのもアリか……?
ところで創作における二刀流のイメージの良さって何なの?なんでカッコイイものとされているの?

そりゃ武器いっぱい持っていっぱい攻撃できる方が強そうだからだろう。
それにゲームとかで強い武器二つ装備できる方が嬉しいだろう?

ちなみに現実の二刀流の戦法の一つに、
「二刀流で構えて、敵と対峙したら片方を相手に投げつけ、敵の体勢が崩れている所に残った方で斬りつける」
というのもあるそうだ。これにはちょっとガッカリしたよ!有効なのは分かるけど!!



とまぁ、こんな感じで。
アニメや漫画、ゲームの話から始まって現実の二刀流に関する知識や考察の披露まで行われていました。

日本刀での二刀流に関しては今の中国で主流となっている武侠、中華ファンタジー系の武器や戦い方とはまたちょっと違う所もありますし、案外想像し難い所もあるのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。