ありがたいことに
「うしおととらの有料配信のその後は?」
と言う質問を複数いただいておりますので、今回はそれに関して簡単にまとめてみます。

以前の記事
「うしおととら」が中国で有料配信に
でも書いたように
「うしおととら」(中国語タイトルは「潮与虎」)

は中国の動画サイトtudouで正規配信されていますが、第2話までが無料で第3話からは現在月額20元(約400円)の有料会員向けの限定配信とされ、その第3話が今月18日(土)の午前1時から配信されたようです。

そして再生数ですが、この記事を書いている19日午後の時点で第3話の再生数は25万を超えています。これまでの第1話、第2話の再生数がそれぞれ約200万、約120万だというのを考えると、正直予想以上に良い数字になっているように思えますね。

この件に関して知り合いの中国オタクの面々と予想を話したときはもっと厳しいことになるのでは、場合によっては10%どころか1%になるのでは?という見方も出ていたくらいですし。

またtudou限定で見た場合、他の正規配信されている7月新作アニメの最新話の中で「うしおととら」3話以上の再生数を叩き出している作品はあまり無いようなので、外から見た限りではありますがこの実質有料配信という試みは、今の所悪いことにはなっていないように見えます。

有料会員向けの限定配信は日本で言えばバンダイチャンネルの月額見放題で見るようなものらしいですし、「うしおととら」がこのままの調子を維持できるなら今後有料会員向けの配信というスタイルが中国で正規配信されるアニメに広がる可能性も考えられそうです。


ちなみに中国で配信されている7月の新作アニメでは以前も書きましたが
「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」

がイロイロと大爆発していますし、女性向けでは
「純情ロマンチカ3」

がスゴイ勢いになっているようです。

ここ最近、オタク向けの要素が濃い女性向け或いは中国で女性ファンが多いとされる作品の続編アニメはあまり良い数字を出せていなかったのですが、「純情ロマンチカ」はそういった事前の印象など関係なく数字を積み重ねている模様です。

中国オタク的にはやや小粒に感じる作品が多いとされていたことや、3月末の取締りによる影響などから開始前はあまり盛り上がらなかった中国における7月の新作アニメの配信ですが、始まってみればイロイロと興味深いことになってきていますね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。