どうにか夏休みに入り、艦これのイベンをトやったり積読や積ゲーを消化したりしております。
有難いことに管理人の艦これの状況に関する質問もいただいておりますが……今回のイベント、本気で難しいですね。
やっとこさE7まで来ましたが、甲難度の噂通りの凶悪さに現実逃避して現在ウィークリィ任務消化中です。あと阿武隈を改二にした後、未改修で遠征にまわしていたのを思い出し慌てて改修をしている最中でございます。


さて、ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので今回もちょっとコミケ関係のネタっぽいものを。

日本に旅行に来た中国オタクの方々は、日本で買った様々な本屋グッズを中国に持ち帰らなければならなくなるわけですが、モノによっては無事持ち帰ることが出来るか心配になってしまうようです。
中国のソッチ系のサイトでは
「夏コミの戦利品を持ち帰るにはどうすればいいだろう」
といったことに関するやり取りが行われていましたので例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


同人誌を買い過ぎてしまったんだが、どうすればいいのだろう……
いくら薄い本でも数十冊になると結構な量になってしまう。
求む、夏コミの戦利品の安全な持って帰り方

スキャンするんだ!
スキャンしたデータをHDにいれればもう大丈夫!

そうだスキャンして、証拠は処分!
そして俺あてにデータを送る。

ネタじゃなく本気で悩んでいるんだ。
紙とデジタルでは全然違う。それこそ次元の壁クラスの差がある。スキャンしたデータがネットに流れていて読むことが出来ると言っても、実際の本とはやはり違う。
だから、どうにかして本のまま持って帰りたいんだよ……!

覚えるんだ!お前の記憶力が、オタクとしての土壇場でのパワーが試される時だ!頑張れ!!

真面目に答えるけど、そのくらいなら大丈夫だと思うぞ。

普通にトランクに入れて預ければいいんじゃないか?
心配なら機内持ち込みの手荷物にすればもっと安全になるかも。

預ける方の荷物にした場合、リスク高そうだ。

気にせずに持って帰ればいい。
トランクやダンボール箱開けてのチェックとか無いぞ。私は検査が怖くてその手のアイテムを買わずに「健康的なオタクグッズ」ばかり買って、少し後悔したことがある。

空港の取締りキャンペーンで税関が点数稼ぎに走っているとかでなければ大丈夫じゃないかね。

私は何度もその手の薄い本をカバンに入れて税関を通過している。緊張する必要もないよ。

でも取締りが厳しい時期に当たったらアウトだよね。
心配なら諦めるのも別に悪いわけじゃない。空港のX線検査ってかなり精度高いと思うぞ。カバン開けさせられたヤツはだいたい何か問題のブツを持っている印象。

そりゃ問題が見付からなければ税関だってわざわざカバン開けさせないだろ……
とりあえず複数の荷物を作り、リスク分散をする。それか何人かで分けて持ち帰るとかどうよ。

他のアイテムと一緒に詰める。
ちなみに自分はプラモの箱を使ったことがある。

日本の郵便局から発送する!

郵便は一番危ないと思うぞ。時期によっては全部開けて検査される勢いになる。
大体は関税逃れの個人輸入とかがターゲットだけど、その時にエロが見付かればついでに摘発される。

普通の航空便や船便では無くEMSだとどうだろう?やはり危ないか?

一度、税関の職員に囲まれて「薄い本」をじっくりチェックされている人を見てから、そういうリスクは極力避けるようにしている。あれは我がオタク人生において見た最も恐ろしい光景だった。

どんなルートだろうと、その手の本をウチの国に持ちこむのは危険だ。自分の人生にかかるペナルティのリスクをきちんと認識しろ。

さすがにそこまでヤバくは無いと思うが。
没収される程度だろ。そりゃあそういうことになったら非常に恥ずかしいとは思うけど。

自分の住んでいる場所をよく考えてみろ。俺達が住んでいるのは中国だぞ。

ポルノ関係でヤバいのはポルノを広めた場合だから空港の税関なら持ち込み不可で没収くらいだぞ。危険なモノってわけでもないし。
不審な態度を見せずに堂々と通ればいい。自分は「没収は痛いが、最悪それで済む」と思って毎回通過している。

本に関しては量が多過ぎるとチェック受けるね。最近は書籍に関する検査が厳しい気がする。
私はラノベ数十冊持ち帰った時にトランク開けての検査になった。エロ系のは無かったから「量が多過ぎ」「次回は気を付けるように」といった軽い注意で済んだが。

手持ちで持ち込むのが比較的リスク低いのは確かだ。
まぁ俺は預けたときも手持ちの時も抜き打ち検査くらったことあるけどな!
ただ仕事で空港の出入りをよくする自分でもその手の抜き打ちくらったのは10回に1回もいかない。あと時期や空港の検査体制次第って所もあるから気軽に特攻しようぜ!

可能ならば分散するのが良いかな。検査が入ってもスルーしてもらえる可能性が上がる。

量が多いとやはりリスク高いよね。恐らく10冊以上とかになると危険。

恐れる必要はない。私も日本で買った薄い本でいっぱいのトランクで帰ってくることが出来たのだから。

基本的に日本からの便だとそこまで厳しい検査は無いと思うよ。
自分は抜き打ち的な検査、出る前のX線再検査を受けたこともあるけどエロ同人誌がどうこうってのは無かった。心配なら大事なのだけ手荷物で持ち帰ればいい。

学校の教科書や仕事の資料と一緒にまとめておくのも手かな?
もっとも、特殊な時期でもない限り一人一人の手荷物検査をきっちりやることは無いよ。周りの人と同じ流れに乗って堂々と税関を通ろう。

まぁ基本的にその時の税関の状況次第だよね。
たぶん大丈夫、ダメだったら諦めるくらいの気持ちでいくべし。



とまぁ、こんな感じで。
外野からはわりと無責任に「たぶん大丈夫」と言えますが、荷物を持っていく本人にとってはやはり「万一のこと」を考えて結構悩んでしまうようです。

ちなみに今はどうだか分かりませんが、私の留学当時は本に関しては政治関係はかなり厳しいというか実際に取り上げられたという話はよく聞きましたが、エロ関係は個人用の範囲ならば比較的緩かった印象があります。

私も留学当時、オタク関係でイロイロと引っかかりそうなもの(エロゲーやエロゲー原画集など)を持ち込んだことはあるのですが、基本的には大丈夫だった覚えがあります。
一度実際に引っかかったのは電撃王(まだ電撃姫分離前なのでエロゲーページアリ)を郵送してもらったときですが、その時も国際郵便局で
「このページ(エロゲー紹介ページ)がダメ、没収」
とされたときに
「私が読みたいのはこっちの記事と、あと巻末のゲーム発売スケジュールの部分だから、そこだけ今ここで破いて持っていっちゃダメ?」
「それならまあいいか」
というような交渉はできたので、厳しいのは確かですが恐らく日本におけるイメージほど厳しいわけではないかと……


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。