ありがたいことに
「おそ松さんの中国での反応はどうなのか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

「おそ松さん」

は中国の動画サイトでも配信が行われており、
第一話のパロディの嵐が話題になったりもしましたが、その後については日本での盛り上がり方に比べるとちょっと大人しいようも見えますね。

とりあえず以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「おそ松さんが中国であまり人気にならないのはなぜ?」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんでウチの国では「おそ松さん」が人気にならないのだろうか?
日本ではディスクも売れて、秋アニメの覇権作品になりそうなのに。

日本のオタクの間では人気なんだっけ?ウチの国でディスクまで買おうって人はそんなに出ないだろうけど。

日本では大人気らしいね。グッズとか予約開始と共にサーバが落ちるくらいの人気みたいよ。

アニメイトのランキングとかで大暴れしている。
歌プリとか刀剣乱舞と同レベルだ。

ディスク、「終物語」に勝ってるとか、わけわからん……

いやいや、おかしいだろ!
こんな作品ディスク1万枚売れればいい程度でしかないだろ!

そもそも、なんでこの作品が日本でウケるのか私にはよく分からん。
キャラデザがいいわけでも、王道的な作品でもない。
CVが豪華でネタが多い……くらいでしかないが、それだけで日本では人気になれてしまうもんなの?

日本の人気凄いよね。
私はこんなキャラデザだと誰も見ないと思ってたんだけど。

実際、ウチの国だと見ている人そんなにいないような印象。

優れた所に関しては豪華な声優、「銀魂」の監督、パロネタ、風刺的なコメディとかか……でも自分が見て分かる飛び抜けた部分はあの一話くらいだ。

日本では女性ファンの間で人気が高い。
でもウチの国の女性ファンを見ても今期そこまで盛り上がっているわけではないはず。再生数も大したことないし。

正直、「おそ松さん」は好みじゃないんだけど、現在の人気を見る限り日本のオタクはこれがとても好みに合っているということなのか?

この人気に関しては社会や時代による背景も考慮するべきだろう。
ウチの国では広まっていないけど、原作者の赤塚不二夫は藤子不二雄と同クラスの漫画家だ。そして「おそ松くん」は赤塚不二夫の代表作で、国民的な人気の作品。そこに現代的な要素を加えてクオリティも高く、更には人気声優までそろえたんだから当然人気は出る。

原作が日本では歴史的な名作クラスの漫画だからね。
あと調べてみて分かったんだが、過去にアニメ化された場合も有名な声優が起用されているから人気声優の起用は今に始まったことじゃないのかも。

私は「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」が話題をかっさらったのと似たようなもんかと思っていたが、違うのか。

「おそ松くん」って日本だと「ドラえもん」クラスだよ。
このキャラデザは原作を反映したものだし、日本ではむしろこれじゃなければまずい。1話はネタでの変形だから許されたのだろう。
名作のアニメ化は難しい所もあるが、見た所日本の視聴者の間では受け入れられているようだし、例えばこの間の「乱歩奇譚」とかと比べても現代的なアレンジ、ネタの混ぜ方など上手くやっているということなんじゃないかな?

しかし日本では人気になるのかもしれないけど、こっちではキツイでしょ。
私はこの作品、見ててクラクラする。声でしかキャラの区別が付かない。

いやいや、ちゃんと見てみると面白いよ。
私は普通にハマっている。六つ子についても何度も見ていると分かるようになるし。

個性がわりとハッキリ分かれているし、きちんと見ていれば見分けは付くよ。
分からなければ繰り返し見てみるといい。段々と違いが目に付くようになる。

そんなに何度も見られるか!精神崩壊起こすわ!

自分はかろうじてチョロ松が神谷だと頭の隅に引っかかっただけかな。
区別するのに疲れる。一人のキャラを六分割しただけにしか思えなくなってしまった。

最初は声でしか分からなかったけど、だんだんと外見の違いが分かるようになってきた。六つ子それぞれの性格も違うしね。

そこら辺、ウチの国のオタクにとってはハードル高いよね。
日本のファンの多くは「見ているうちに慣れる」「区別が付くようになる」と言っているようだが。

目の書き方や服装とその色で大体分かるだろ。
お前ら小さい頃に見た作品だって色でキャラ分けされてたろ?
見分けが付かないのはお前らの態度が悪いだけだ。もっと真面目に見ろよ。

「簡単」と言う人と、「分からない」と言う人がハッキリと分かれている印象。
恐らく日本語が分かって、声優の声を聴きとれないとこの作品厳しいんじゃないかな。
少なくとも字幕では分からない、伝わらない部分が多いし海外オタ向けではないんじゃないだろうか?

完全に同意。
字幕で見る場合、作中の情報がごっそり抜ける。字幕の訳の良い悪いじゃなくて、文字ベースで、中国語で読んだ場合は避けられない問題かもしれん。

それにビジュアル面も一目見て分かるわけじゃない。六つ子という設定もあるが、あまりにも同じだとキツイわ。

同一作品内でここまでキャラの区別が付き難いのは初めてだよ。「おそ松さん」は1話見終わっても(第1話は除く)誰が誰だか分からんのが……

ハンコ絵だとか、色でしか区別が付かないとかネタにしていたが、ああいうのってやはり重要だったんだね。

私が見るのやめちゃった理由、たぶんキャラの区別が付かないからだと思うわ。他にも見るのあるし、優先順位が下がっていってそのまま……

第一話はなんかすごかったけど、その後原作通りの日常部分に戻ってから見なくなった。第一話みたいな回がもっとあればこっちでも人気になったんじゃないかな。

第一話は削除されている。もう復活することはないだろう。

アレはさすがにやり過ぎたってことなんだろうな。特に最後の方。
あと日常は日常で面白いと思うんだが。

とりあえず、最初はチョロ松の識別から始めるのが楽だと思う。
アホ毛が無いし、神谷浩史だし、ツッコミキャラだし。

私は十四松が一番最初に判別できたわ。今では顔だけで分かるようになるし、慣れればいけるよ!

六つ子の区別に関しては、分かる人が区別できる部分とか、性格の違いとかをバンバン挙げてくれるけど、それを見ても「違いがあるらしい」と言うのは理解できても、実際にアニメ見ている時にきちんと区別できるわけではないのがね。たくさん見れば見分けが付くようになるんだろうけど。

別々に出て来るならともかく、いっぺんに出て来てずらっと並んで喋りまくるから、それで難度が跳ね上がる。
そのうち私は考えるのと見るのをやめた。



とまぁ、こんな感じで。
ハマっている人は出ているようですけど、なぜ人気なのか分からないという人も少なくないようでした。

ちなみに現在公式配信されている中国の動画サイトの土豆でも、例の第一話は削除され視聴できなくなっている模様です。

「おそ松さん」の中国における反応や、動画サイトの再生数の伸びを見ていくと、中国オタクの面々にとってはハードルが高い作品なのは確かではないかと思われます。
例えば中国では女性向け的な要素があるとされる作品に関して、日本よりもビジュアル面の影響がハッキリ出ますし、おそ松さんのキャラデザは間違いなくハードルの一つになります。

また、声優に関してもライトな層へのアピールはそれほど強いものではありません。中国では女性のオタクは日本語能力が高いといった傾向もありますが、それでも声優関係が守備範囲で、日本語音声で聴き取れるレベルの人というのは少数派で、ほとんどの人はやはり字幕ベースでの視聴になります。

そんな訳で「おそ松さん」に関して中国オタク界隈では、六つ子のビジュアルの違いやキャラの違いを見分けられるようになるほど作品を見る前に脱落する人が多く、その結果各キャラの特徴や関係性といった情報も中国オタク界隈では広まらない、共有されない……といったことになってしまうのかもしれません。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。