新年あけましておめでとうございます。
今年も例によってイイカゲンな内容が続いていくかと思いますが、当ブログをよろしくお願いいたします。

そんな訳で前回の記事に続いて、以下に昨年後半のオススメと言いますか、良い評価や比較的大きな反応をいただいた記事を並べてみます。


中国オタクとオタク文化

中国オタク「TRPGに興味を持ったんだが、なんか分かんなくて挫折気味……どうやって楽しむんだ?」

中国オタク「日本人、おかしいよ!なんでウチの国のネタでこんなコスをやるんだよ!?」コミケのコスプレに中国オタク驚愕

中国オタク「我が国のアニメは中国的な要素、中国独自の要素を入れないと評価されないように思うが、どうすればいいのだろうか?」

中国オタク「日本のアニメや漫画が上海大好きなのはなぜ?上海以外のウチの国の都市が出てこない」

中国オタク「アニメや漫画の中の情報操作簡単過ぎ。現実ではありえなくない?」「いや現実見ろよ……」

中国オタク「吸血鬼系のアニメや漫画に出て来る真祖って設定、あれ何なの?」

中国オタク「もしかして中国らしさと現代の舞台は両立が難しかったりするのか?」

中国オタク「日本のアニメで金持ちキャラが主人公で金を使って活躍する作品って、案外無いんじゃないか?」


中国オタクとアニメと漫画とゲームとラノベ

中国オタク「衛宮士郎のアンチがいつの間にか減った気がする」

中国オタク「日本のネット小説系ラノベについて語ろう」

中国オタク「こんなに次回も無事配信されるのか心配になる作品は初めてだ!」、「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」への中国オタクの反応

中国オタク「「巴マミの平凡な日常」という漫画があるんだがキツイ。哀しい、そして怖い」

中国オタク「監獄学園の諸葛岳人に関して語りたい」

中国オタク「オーバーロードのように現実に戻ろうとしない主人公って日本のアニメだと珍しくないか?」

中国オタク「Fateの李書文って強いの?」

中国オタク「なんでウチの国では『おそ松さん』が人気にならないのだろうか?」

中国オタク「シュタインズ・ゲートの再放送でまさかの新展開だ。再放送でこんなことって、あるの!?」


その他諸々

中国オタク「日本の剣豪で強いのって誰なの?妄想ネタとして知りたい」

中国オタク「なんで日本人は透明なビニール傘を好むの?」

中国オタク「日本の通学手段について聞きたい。アニメや漫画を見る限りではちょっと電車が多過ぎない?自転車とかもっと多くてもいいと思うんだけど」

中国オタク「日本政府はTPPから同人誌を守るだと!?」

中国オタク「日本では中日妖怪大戦だと孫悟空無双と予想されている模様」

中国オタク「日本で米の飯はどれくらい偏愛されているのだろう?」


中国オタク界隈の動向

「うしおととら」が中国で有料配信に

中国で日本のラノベの従量課金配信が

中国オタク「我が国のアニメ『霊剣山』、1月からの日本での放映時間確定。いよいよだ……」

中国の2015年7月新作アニメ公式配信状況

中国の2015年10月新作アニメ公式配信状況

前半の方にも書きましたが、新作アニメの各シーズンの人気の傾向やアニメ配信関連の動向についてはアキバ総研様で書かせていただいているコラムにまとめておりますので、よろしければそちらもご参照ください。


コラム記事とその補足

定番曲は生まれにくい? 中国のアニソン事情(ダ・ヴィンチニュース)

中国ではラブライブ人気はボーカロイド人気の直系?

中国のボーカロイド人気とはなんだったのか?(ダ・ヴィンチニュース)

ぐだぐだボーカロイドチャイナ


昨年は3月末の取締り→中国の景気減速で7月以降は中国オタク界隈、オタク業界も大混乱でしたね。
コンテンツ業界はまだ伸びしろのある分野ということもあり、中国ではまだマシな分野、まだ投資が動いている分野だとも言われていますが、それでも以前と比べると難しいことになっています。

実際、私の知っている範囲で比較的景気が良い(ように見える)のはソーシャルゲームと映画くらいでしょうか。ただ映画はオタク関係になると、大当たりの作品が出て景気が良くなる→駄作連発で冷え込むということがこれまでも何度かあったので、単純に見れないのが何ともかんとも。

それから今年は中国の国産原作系アニメ制作及びその日本進出の動きが表に出て来るかと思われます。中国の景気や業界の変化もあり、今年の中国オタク界隈は今までと比べて更に大きな変動が起こりそうですね。


気が付けばこのブログも10年続いていますが、今年も例によってイイカゲンに中国のオタク事情を紹介していきますので、お暇な時にでも見に来ていただければ幸いです。

とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。