ありがたいことにネタのタレコミと質問をいただきましたので、今回はそれについてを。

中国でもソーシャルゲーム関係は非常に盛り上がっているようですが、中国オタク界隈では日本のソーシャルゲーム界隈の動向に興味を持つ人も増えているようです。

先日、日本で報道されたニュース
パズドラ? モンスト? それとも……今大学生の間でいちばん遊ばれているスマホゲームランキング!(マイナビ 学生の窓口)

が中国に伝わってちょっとした話題になっているようなので、以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの辺に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本でも無課金が多いってホント?
90%が無課金って言うニュースが出てるんだけど。

少し意外だ。
自分のイメージでは、日本人のゲーマーってパッケージゲーム買う程度の額は課金しているようなイメージだった。

ソーシャルゲームは基本無料なのはどこも一緒だし、日本も課金したくなるようなゲームがそこまで多くないんじゃないかな。

俺は今まで課金したことないぜ!

課金しなけりゃ、どうやって強くなるって言うんだ!

これが日本の課金額の多いゲームってことでいいのかな?
アイマスと白猫は分かるが他は知らん。

「ねこあつめ」はこっちでも結構人気だぞ。課金するとは思えんが。

このソース記事、上位に「ラブライブ!」とかが入っていないし、参照しているデータがこっちのイメージと違うんじゃないかな。

あー……言われてみれば。
「ラブライブ!」が上位に無いのはおかしい。

アニメ化もされていて、ストアのランキングのトップにいるモンストも無いな。

「グランブルーファンタジー」も無い。
確か日本では70万円課金してキャラが出なくて大炎上する事件があったばかりだし、CMもたくさんやっているから日本で今一番勢いのある作品のはずなのに。

これって移動中の暇つぶし的な、カジュアルゲームについてのニュースでは?

記事でランクインしているゲームは人気は高いけど無課金で遊ぶ人間が多くて、一人あたりの課金額もそこまで高くないゲームってことなんだろう。
課金総額、ゲームがどれくらい稼ぐかについての話ではないようだね。

ソシャゲは課金しないと楽しく遊べないだろ。勝てないし。

そうとは限らない。
俺は「ラブライブ!」で無課金を通しているが普通に楽しんでいる。

課金に関してはソース記事の調査対象が「大学生」だな。
仕事している社会人だとまた違う。アイマスなんかは社会人が課金しまくるヤバイゲームだ。

でもデレステは課金しても別に強くなれんぞ?
無課金で楽しむのが普通じゃないの?

デレステは遊ぶだけなら課金しないで済むし、良心的ではあると思う。
凄いことになっているのはモバマスやミリマス、それからそっちのゲームから流れてきたファンがデレステで課金しているから結果的にデレステも課金が凄いことになっている。

日本のアイマスファンはゲームを遊ぶために課金するんじゃないからな……ファンとして課金するという態度だし、あれは理解できん。

どっかで聞いた話だが、ウチの国のゲーマーの課金志向は競争に勝つため、日本のゲーマーはコレクションのためって話があったな。
日本のソシャゲは課金させる手口がウチの国とは違うのは確かだし、無課金でもわりと何とかなるのだろうか。

課金と言えば、最近はFate/GOも有名になってきたな。

ああ、そう言えばFateはヤバイらしいな。
完全にコレクション重視で、出演声優が数十万課金しているそうだし恐ろしい。

Fateはゲーム自体は結構強いレアや素材をイベントでかなり配ってくれるし、公式のストーリーも無課金で楽しめるから案外良心的なんだが……課金にハマるとヤバイな。

俺、Fate/GOにもう数千元課金しているわ。あのゲームではまだかなり少ない方。

実際に遊んでみると日本のゲームの課金のさせ方って、ウチの国のゲームとは違うように感じる。日本のゲームもガチャの宣伝はするんだけど、ウチの国のように常に宣伝される感じではないし、ゲームやっていて無課金の限界を感じることも少ない。

そう言えば私は「ラブライブ!」は課金しないで続けているけど、国産ゲームだと我慢できずに課金しちゃうな。

自分の経験によるものだが、日本のゲームは課金して狙いのレア取れたら遊ぶ意欲が激減する、他の目的が無くなるように思う。
日本のゲーマーの場合は、そこからコレクションとしての課金の罠にハマっていくのだろうか……?

チェンクロや白猫とか、無課金で普通に楽しめるし石も貰えるからウチの国の業者のやり方とは少々違う所は感じるね。

ガチャ用の課金アイテムを無料でかなり配るしよほどの廃ゲーマーでもなければ課金いらないんだよね。

極める場合は課金が必須になってくるのも日本の特徴だと思う。だから、ゲーマー層がガッツリ課金しているんじゃないの?
実際、スマホゲーの課金額は日本がアジアでトップだというニュースが以前あったし。

日本のゲームは課金の有無が外からあまり分からないという印象も。無料配布でレア当てている可能性もあるし、よほど大量にならんとハッキリしない。

周りには知られていないけど実は俺、「ねこあつめ」に結構課金しちゃってるんだ……

あれのどこに課金する要素があるんだよ!

「ねこあつめ」は課金の必要なんて無いゲームだろ?

俺も遊んでいるけど、課金するとか信じられん。

猫が集まるのが待てなくて……そしてもっとたくさん猫を見たくて……



とまぁ、こんな感じで。
ソーシャルゲームにおける課金自体は分からなくもないが、日本の課金の傾向についてはいまいち納得できない人もいるようでした。

現在タイヘンなことになっちゃっている中国において、ソーシャルゲームは映画と並んで、コンテンツ関係で最近の数少ない景気の良い分野だとされていますし、ユーザーの課金に関する考え方も一昔前に比べて随分と変化しているそうです。

ですが、ゲーム内の課金のモデルというか煽り方というかなものは、日本とはまた違ったものになっているのかもしれませんね。

実際、日本のソーシャルゲームのサービスを現地の代理などを通じて中国に展開したケースでは、日本でトップクラスの作品であっても長期間の人気を保つのは難しいようですし、この辺りの勝ちパターンや、現地のユーザーが反発を覚える方向の違いというのも面白そうですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。