ありがたいことに
「日本のファンタジー作品やRPGなどにおける定番の存在に関するイメージはどのようなものになっているのでしょうか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

先日、中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「日本の作品におけるゴブリンのイメージは?」
といったことに関するやり取りを見かけましたので例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のアニメや漫画、ゲーム、あとラノベとかの作品ってちょくちょくゴブリンに焦点を当てたエピソード出るよな。自分はゴブリンに関して雑魚と言うイメージしかないんだけど、みんなは日本の作品におけるゴブリンってどんなイメージ?

「弱い敵」かな。
設定でそうなっていることが多いように思う。

出てきたときは弱いけど、バフとか進化で強くなる。
使い方次第ではいけるとかだろうか。

弱い敵なのは変わらないが、地属性の精霊になっていることもあるな。

私の知る限りだがJRPGではとりあえず序盤の雑魚敵扱い。

確か元はそれなりに怖いモンスターだったけど、「ドラゴンクエスト」によってJRPGでは最初の雑魚といった扱いになってしまい、そのイメージが続いているんじゃなかったっけ?

「ドラゴンクエスト」により日本の作品における評価が変化して、怖くなくなったのはスライムじゃないか?

ゴブリンが雑魚敵なのは「ファイナルファンタジー」の方だな。ただ「ファイナルファンタジー」の雑魚敵としてのイメージはそれほど広まっていない。

コボルトに比べたら有名だし……

ゴブリンってスライムとかに比べると弱いというか、強さのイメージがそんなに無いかも。

「ファイナルファンタジー」でも出て来るくらい有名なのに、スライムと違ってJRPG独自のイメージがそれほど付与されていないのは興味深い。

JRPGだとスライムもゴブリンも雑魚敵だけど、スライムだとコミカルなイメージ、ペット的なイメージも付くように思う。
しかしゴブリンの場合は普通に害獣的な扱い。元ネタ的にはスライムの方がヤバイと思うんだが……

自分のイメージだと、ゴブリンは生存能力が強くて、どこにでもいるといった所だろうか。

だいたい序盤の腕試し、主人公が混乱していても完全なピンチにはなりにくいとか、そんな感じ?

SLGや古典のゲームやっている人間はゴブリンに対して難敵というイメージがあったりするかも。数や社会性が強さにつながるシステムなわけだしね。

作品によっては結構強い。キングなどの上位種が出て来ると普通に強キャラになるし、下っ端も強化される。社会システム持てる種族だし、強いという解釈もしやすいんじゃないかな。

「ゴブリンの王国」レベルの組織とかになるとむしろ強敵になるよな。

でもそういう作品でも、大体は「たかがゴブリンのはずなのに」という偏見のようなものがあるように思う。

社会的なシステムを持っている場合はかなり強くなるはずなんだが、あんまりそんなイメージ無いね。再序盤の敵というくらいか。

場合によっては文明持ちだったりするような。
ただ個人的にはあまり感情移入はできないかな。作品によってはプレイヤーの種族や交流可能な種族になっているらしいけど。

エロ方面で使い勝手の良いモブキャラ。

生命力や繁殖力旺盛なのは確かだがエロ方面で大活躍なのはオークじゃないか?豚系モブとして、とてもファンタジーなご活躍をされている。

「ゴブリンすら倒せない」的な言い回しをどこかで聞いた覚えが。
そう言えば「灰と幻想のグリムガル」はずっとゴブリンと戦うという話らしいが、主人公達のモブ感がゴブリンによってより強調されるな。

弱いけど装備や職業や特殊能力的なものによって種類は多い。

基本的なスペックが人類より下というイメージだ。
だから余計に弱い、手頃な雑魚のイメージにつながっているんじゃないだろうか。

ゴブリンが厄介なのは繁殖力だったはず。
人間捕えて交配してなんて作品もあるし、エロ方面に行かなくともガチ描写やり出したらヤバイ敵ではあるな。

弱い生物が繁殖力で勝負するのは納得できるが、ゴブリンはその辺りの強さがいまいちハッキリしない。ただ、真面目にやったら危険過ぎる敵になるというのは自分も理解できる。

繁殖力って実際は非常に怖い能力のはずだけど、そこに焦点が当たったケースはそんなに無いよね。ファンタジー世界であまり現実的にやってしまうと物語が成立しないという問題もあるのだろうけど。

西洋系のハードなファンタジーだとそういうのしっかり活用した作品ありそうだが、俺TUEEEE系だとそういうの需要ないからね。

最近の日本の作品はゴブリンの雌とかまで萌えキャラになっているし、どこに向かうのかが分からん。日本では萌えを加えて人間に近いアレンジまで可能なタイプではあるのだろうけど……



とまぁ、こんな感じで。
雑魚敵といった認識はあるようですが、そこまでメジャーではないような印象も受けます。

また中国オタク界隈ではゴブリンに限らず
「ファンタジー世界の敵」「冒険者の戦う敵」
のイメージが形成されるルートが日本とは異なりますし、定番の敵キャラに関してもイロイロなイメージの違いがあるのではないかと。

ちなみにゴブリンとの戦いが非常に重要な場面になっている「灰と幻想のグリムガル」は中国の動画サイトでの配信は無いようなのですが、どうなんでしょうね。

もうすぐ「ゴブリンスレイヤー」

の商業版も出ますし、ゴブリン関係も含めて日本のオタク界隈におけるファンタジー系のネタが伝わって、そこから中国オタ界隈におけるファンタジー系の世界観や定番要素のイメージについて改めて浮かび上がってきたりしないかなーなどと考えてしまう今日この頃でございます。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。