中国オタク界隈を見て回っていると、日本から入ったと思われる用語が飛び交っているのが目に付くことがあります。そういった言葉が日本と全く同じ意味や感覚で使われているとは限りませんが、基本的にオタク的な概念やネタを表す使い勝手の良い言葉として受け入れられている模様です。

中国のソッチ系のサイトでは、
そんな言葉の一つだと思われる「タイトル詐欺」に関して
「アニメの中国語タイトルによるタイトル詐欺」
といったことなどについてのやり取りが行われていましたので、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


作品名(中国語版でも原題でも構わない!)の印象と内容がかなり違った作品、タイトル詐欺と感じた作品について語ろう。良い意味でも悪い意味でも。
ちなみに私は「命運石之門」(シュタインズ・ゲート)をファンタジー作品だと思っていた!

「シュタインズ・ゲート」は中国語タイトルも混乱したからね。「斯坦因之門」やネタ呼称の「石頭門」だとまた印象が違ったと思う。
自分の場合は「氷菓」かな。普通のギャルゲー原作系のアニメかと思った。実際、ヒロインはカワイイけどギャルゲー要素ではなく、学園推理物として名作だった。

タイトル詐欺なら、やはり「魔法少女小圓」(魔法少女まどか☆マギカ)だろう。
この作品以前の魔法少女のイメージを悪用した見事なタイトル詐欺だ!

中国語タイトルになると「マギカ」が抜けるから、更に普通の魔法少女作品に思えるんだよな……

いまだに勘違いを量産している「龍与虎」(トラどら!)は興味深い。
熱血だとかバトルだとかの方向を勘違いさせるタイトルだが、意外な内容も良いし、今後も良い意味での詐欺に引っかかる人間が増えるのだろう。

「トラどら!」は日本語が分かる場合、アニメの日本語タイトルを見ると随分印象が違うのに気付くんだよね。

中国語版タイトルの方でのタイトル詐欺もアリか。
自分がガッツリと引っかかったのは「黒澤槍王」(オナニーマスター黒沢)だな。「槍」ってそっちかよ!
(中国語の「槍」は日本語の「槍」と同じ意味でも使われますが、「銃」としての意味の方が先に来ます)

「魔法科高校的劣等生」の劣等生はどこいったのだろうか?

お兄様に関しては一応学校では評価されない設定がまだ残ってる……はず。

「暗殺教室」は真正面から殺しに行っているので暗殺していない気がする。

「暗殺教室」はウチの国では上の方が内容見ないでタイトルだけで規制してるっぽいのがなあ。ある意味ではこれもタイトル詐欺に引っかかっていると言えるのかもしれないが、あんまり笑えない。

「科学小飛侠Crowds」(ガッチャマン クラウズ)は気の毒なことになってしまったと思う。実際に見てみると、ガキ向けでは無い作品になっている、いい意味でのタイトル詐欺。

「科学小飛侠Crowds」は絶対タイトルで損しているよなあ……
正規配信もされたんだし、大陸には「科学小飛侠」で思い入れのある旧作のファンとかほとんどいないんだから、中国語タイトルを変えても良かったと思うんだが。

そう言えば「悠哉日常大王」(のんのんびより)もそんな感じだった気がする。
こっちは逆に詐欺にかけようとするのがあからさま過ぎて、初動の人気が微妙になってしまったなあ
(訳注:この〇〇大王というタイトルは「あずまんが大王」の中国語タイトル「笑園漫書大王」「阿滋漫画大王」や、その二番煎じ的な響きのある「校園迷糊大王」(スクールランブル)の、更にパクリ的な印象になってしまったりもしたとのことです)

「日在校园」を挙げないわけにはいかない。オタクならだいたい引っ掛かり、その後実はうまい中国語タイトルだと感心してネタにする。
(訳注:中国語の「日」にはスラングとして姦淫、いわゆる「F○CK」の意味があります)

知り合いに「初音島」(D.C. 〜ダ・カーポ〜)を初音ミク関係の作品だよ、と吹き込んで詐欺にかけたことがあるぜ!

「無頭騎士異聞録」に関して、私はペルソナシリーズに関係する作品だと詐欺にかけられたよ。

自分は「無頭騎士異聞録」をホラー系の作品だと思って見始めたっけな。
でもあれ日本語タイトルだと「デュラララ!!」だから、こっちを音訳したら意味不明すぎるタイトルになったと思う。

「学園黙示録」(学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD)にハマったから、「賭博黙示録」(賭博黙示録カイジ)を見たら……

俺と同じ罠にかかったヤツがいるな。
日本語タイトルだと、その後ろに続くのがメインタイトルになるんだよな……漢字部分だけ抜き取って中国語にするのはどうなんだろう。

私は「反逆的鲁鲁修」(コードギアス)を、「ライ麦畑で捕まえて」みたいな少年の物語だと思っていたわ。

分かるぞ、その勘違い。自分は実際に見る前、詳しい情報を調べる前は青春時代にありがちな社会や学校への反発や、親との衝突の中で少年が成長する物語だと思っていた。

「俺物語」かな。いや、自分が悪いんだけど、物語シリーズと勘違いしていたんだよ。西尾維新がこんな作品を……!?と盛大な勘違いをしてしまってな……

「家庭教師」(家庭教師ヒットマンREBORN!)は本当に家庭教師をする話だと思って見始めたよ!!調べれば「家庭教师HITMAN REBORN!」というタイトルが出ては来るけど、みんなこの作品を「家教」や「家庭教師」とか呼ばないし……

「JOJO的奇妙冒険」(ジョジョの奇妙な冒険)を子供向け作品だと思い込んでみようともしなかったのは俺だけではないと思いたい。

安心しろ!俺もだ!
小さい頃に読んだ「タンタンの冒険」みたいなもんだと思い込んでいたぜ!

最近の作品でタイトル詐欺だと感じたのは「少女与戦車」(ガールズ&パンツァー)かな。
タイトル通りのことそのまんまやりやがった!?と驚愕した。
いや、別に詐欺ではないのは理解しているんだが、なんかスゴイ詐欺にかかった気分だったなあ。



とまぁ、こんな感じで。
日本語のタイトルでもイメージと違ったなんてことは珍しくないようですが、それが中国語タイトルで、全部漢字表記になったりすると更に混乱したりもするようですね。

ちなみにアニメや漫画の中国語タイトルは、日本語のタイトルの一部や副題など漢字の部分をそのままタイトルにしてしまうことも多いですね。
例えば上にも出ている「カイジ」は「賭博黙示録カイジ」の
「賭博黙示録」
の名前で記憶されています。そんな訳で中国オタク界隈では「カイジ」と呼ばれることは珍しいですし、日本のように「カイジ」ですぐに、広い範囲に通じる状態では無いようです。

こういった方向で付けられた中国語タイトルは、原題のカタカナ部分がそぎ落とされてしまったりするケースも多く、日本語で原題を見た時の印象とかけ離れたものになることも少なくないのだとか。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。