今回は定期的にやる三国志ネタで一つ。

以前の記事
中国オタク「お前らの好きな三国武将って誰?」
などで中国における三国志武将の評価、イメージについてイロイロと紹介させていただきましたが、実はこれまで私は日本と中国で評価の違いの大きい武将は呂布や馬超といった辺りだろうと思っていたのですが、先日中国オタクの人と話していて
「日本と中国で評価の違いが大きい三国志武将はもしかしたら趙雲では」
という話が出て来ました。

日本でも趙雲の人気は高いと思われますが、
中国では趙雲のヒーロー性は更に飛び抜けているそうで、
以前の記事
中国国産アニメの主人公はなぜブタに扮するのか
でも触れた
「必死に戦うのはよろしくない」
「終始余裕をもっているのがカッコイイ」

という中国の主人公に求められるカッコ良さのイメージとも合致するそうです

更に趙雲に関して中国では
「呂布と趙雲どっちが強いのか?」
的なネタもあるそうです。
日本だと恐らく比較の対象にならない、趙雲は確かに良い武将ではあるものの強さ比べだと呂布が別格過ぎて比べるようなものではないといったイメージもあるかと思うのですが、中国ではその辺りに関して日本とは違う認識の人も多いという話です。

一応中国でも最近増えてきているデータ派というか、ネット上に蓄積されている武将分析情報などを重視する層からは
「趙雲は実は大したことない」
「史実では将軍としての地位も低いし活躍もそれほどではない」
的な指摘が出たりしているのですが、趙雲をイメージ中心で捉えている人を説得するほどではないようですし、荒れているうちに正史と演義と関連創作物がごっちゃになってきたりもするので、なかなかにめんどくさいことになっている模様です。

そんな訳で以下に中国のネットで行われていた
「呂布と趙雲どっちが強いのか?」
的なやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


呂布と趙雲、どっちが凄いんだろう。
演義で戦ったことが無いからハッキリしないんだが。

凄さはともかく強さに関して単純に比較するなら呂布だろう。
人中の呂布、馬中の赤兎なわけだし、強さなら呂布が第一位だ。

実際にやり合ったとしたら長期戦になるだろう。趙雲は体力も粘りもある。

まぁ強さなら呂布だろうね。
演義の描写で見たら呂布が一位で趙雲が二位だ。

そこは趙雲だと思うけど。

演義で考えるんだろ?なら呂布。
呂布はキャラのせいで評価が低過ぎ。逆に趙雲はファンが騒ぎ過ぎ。

なんか趙雲は身体能力は及ばないが技術は最高みたいなイメージになってるよな……

呂布の方が強いに決まってるだろ。
趙雲なんざ一撃で終わる。趙雲マニアは黙ってろ。

呂布は逆にパワーだけという感じも。
趙雲は槍の名手だし、なんかやってみるまで分からんという気にもなる。

趙雲を否定するヤツの言い分は理解できるが、なぜそういうヤツは呂布の方に疑問を持たないんだろうな。趙雲も呂布も虚構な部分が多いんだが。

趙雲は胆力があって死を恐れないが、呂布はそもそも死にそうにないからな……
一対一でなら人中の呂布だし、武力のトップはやはり呂布だろうね。
それに呂布は人品の問題や、政治面での頭の悪さがよく言われるが戦いに関する頭は普通に優れているぞ。

虎牢関で張飛関羽劉備の3人を相手にしているんだから、さすがに呂布の方が強いでしょ。

でも虎牢関は呂布の実力のピークで、関羽や張飛はまだルーキーの頃の話だぞ。

歴史ベースで考えるなら呂布だが、創作ベースで考えるなら6:4で呂布有利くらいかと。

趙雲も強いけど、そこはさすがに呂布の方が上じゃないか?

俺は呂布と比べるべきなのは馬超だと思うんだが。最近は錦馬超の影が薄くなってきて悲しい。

呂布は単独での戦闘、趙雲は乱戦に向いている。
武力で上なのは呂布だが、趙雲は全方面が高水準でまとまっている。

俺の中では一位が呂布、二位が張飛、三位に趙雲という感じなんだが。

とりあえず一般的な認識では呂布が最強ということで間違いないだろう。
だが年代ごとの違いやそれぞれの強みもあるからやってみないことには分からない。



とまぁ、こんな感じで。
さすがに中国の方でも「趙雲が呂布より強い」と考えられているわけではないでしょうし、戦闘力で一番強いのは呂布という認識もあるようですが、
「趙雲に勝機が無いとは思わない」
的な考えの人も少なくないのが面白い所ですね。

ちなみにそんな
「それでも趙雲なら……」
的な考えが透けて見えるように思われるのが中国オタク界隈で行われる
「ぼくの考えた中華サーヴァント」
的なやり取りの時でしょうか。
中華系サーヴァントとしてよく挙がるのがランサー趙雲で、最優のサーヴァント的なイメージが持たれているような節も見受けられます。
「中国の英霊のランサーならやはり趙雲だろう」
的な発言も見かけますね。

これについても中国オタクの方にちょっと話を聞いてみたのですが、中国だと三国志武将はなんとなく転生なり召喚なりで別の時代や現代に出てきたときには神仙的な武侠パワーを使えるイメージもあるそうで、軍記物的なイメージが付随する日本に比べて「武将個人が強い」イメージになっているらしく、中でも趙雲はトップクラスのイメージになっているとのことです。
(ちなみに関羽は神枠なので別格、周倉や赤兎馬、青竜偃月刀は神のオプション?的な扱いかな……とのことです)

それと今回の話題について話している時、ついでに呂布について
「中国での呂布のイメージの悪さや人気の無さについては、日本で言われている通り義理の父親を殺したというのが一番の原因なのか?」
と聞いてみました。

これに関して、中国オタクの方曰く

「それも大きな原因の一つですが人気にならない、評価されない理由で一番大きいのはいわゆる三十六計の一つ、美人計に引っかかったからでしょうね」

「中国では美人計にやられるというのは人気の上で極めて大きなマイナスです。呂布は恐らくオタク用語で言う残念なキャラのイメージになっているのではないかと」

「中国の感覚で見ると、演義の呂布は嫌われる敵、やられ役を強く意識して設定されているのが分かります。女、養父殺し、裏切りの三点セットに加えて、養子になったことが血筋がつながっているわけでもないのに名家きどりのニセモノと見なされます。呂布は中国の庶民に嫌われる要素が大盛りになっているんですよ」


とのことでした。
日本だと最強キャラの「魅力的な弱点」として捉えることもできる部分が、中国だと悪いイメージを更に加速させるようなことになるというのは面白いものですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。