ありがたいことに
「日本の作品に出て来る中華系キャラの名前には中国人がツッコミを入れたくなるものが混じっているという話を聞きますが、逆に中国人の感覚で問題の無い名前のキャラというのはどんなものなのでしょうか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

キャラクターの名前というのは作品に接する上で重要なポイントになりますし、日本のアニメや漫画に出て来る中華系キャラの名前に関しては、中国オタク界隈でもちょくちょく話題になったりしていますね。

先日中国のソッチ系のサイトを巡回していて
「日本のアニメや漫画の中国系キャラで正しいと思える名前のキャラ」
といったことに関するやり取りを見かけましたので例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


日本のアニメや漫画の中国系キャラでマトモな、正しいと思える名前のキャラを教えてくれないか。
中国人が作っているわけじゃないからしょうがないのは理解しているが、違和感のある名前が多いのも結構キツイ。

名前の流行的には古めだけど、「ピンポン」の孔文革はウチの国の普通にいそう。

定番だが「DARKER THAN BLACK」の李舜生?

李舜生はまともな中国人キャラとしてはよく挙がるけど、名前に関しては違和感無しではないような……

同時に「中国人というのは偽装だろ」という話もよく出る。
李舜生という名前に関しては非常に正しい中国人名だと思う。日本の作品で李舜生よりマトモな名前の中国系主人公名はなかなか無いぞ。

「中華一番」の劉昴星はどうだろう?

「昴」がちょっと珍しい気もするが、無くは無いかも。
あと私は「金田一少年の事件簿」に出て来た楊小龍は、なんか普通の中国人っぽい名前だと感心した覚えがある。

そりゃ李小龍(ブルース・リー)がいるからな。
名前を検索して、アニメキャラ以外の実在の人がかかるような名前なら「現実世界に普通にある中国人の名前」になるだろうけど、他にどんなのがあるかなあ

マクロスのリン・ミンメイは?林明美だから普通だろ。
あとランカ・リーも漢字表記の李蘭花に違和感はない。

中華圏の翻訳だと林明美表記だけど、日本のオフィシャル表記は「鈴明美」だ。こっちだといかにもアニメの中国人キャラみたいな感じだ。

「カードキャプターさくら」の王小明はとてもありそうな、正しい中国人名。

そりゃそうだ。王小明は翻訳の際に「中国語化」された名前なんだから。元の名前は李小狼だ。

日本では狼が中二病的かなんかでカッコイイとされているのかもしれないが、李小狼はこっちの感覚ではカッコ良くないどころか悪いイメージになりかねない名前だし、変更自体はアリだと思う。
もっとも、王小明という普通過ぎる名前に変更するのはどうなのかという気はするが……

創作だが「鋼の錬金術師」のシン国のキャラは?

あれは姚林(リン・ヤオ)、蘭芳(ランファン)、張梅(メイ・チャン)としっかりしているよね。現実に普通にいそうな名前。

いやいや、ハガレンのキャラは日本語版だとカタカナ表記だぞ。翻訳の時にそれっぽい中国人名になっただけの可能性もある。

ハガレンのシン国のキャラはいわゆる中国向けにキャラ名が意訳される、創作されるケースだろう。あと例えばリン・ヤオは「姚麟」とされていたりと、翻訳のバージョンも複数ある。
作者の牛おばさんは中華歴史ネタが好きだから、中国人っぽい名前や漢字をイメージしているとは思うけどね。

最近だと「テラフォーマーズ」の張明明とか。
キャラデザは例によって何だが、名前に関しては最も違和感が無いキャラの一人だろう。

張明明は自分も印象に残っている。
日本人の考える中国人の名前って、同じ字が二文字続く、畳名のケースがほとんど無いと思うんだけど。

明明はウチの国だと一昔前の流行って感じだけど、普通にいる名前だよね。

俺の世代はまさにそれに直撃。
同世代の学生には明明や亮亮みたいなのがよくあった。

確かに日本のキャラ名だと見かけないな。私の知っている限りでは、日本人の名前で同じ漢字が二文字続くのは一一みたいな姓名連続のネタ名前しか知らないんだが、日本人には同じ字が続く名前が少ないのかな?

そのタイプだと一応「鈴鈴」という名前がアニメや漫画で結構使われている。ただこれ以外はほぼ見かけない。

「コードギアス」の天子の名前、蒋麗華は普通にある名前だとは思ったが、トップの地位にいるのを「蒋」姓にするとか、危険過ぎると思った。

危険と言えば……ピンポンの孔文革だが、今じゃウチの国で文革とかマズイだろ。過去には普通にたくさんいたであろう名前だとは思うけどね。

さすがに今の時代にあえてつけるのは少ないかもしれないが、今でも文革という名前の人は普通にいるぞ。歴史的な事件や流行したスローガンを子供の名前につけるのはありふれた話だ。
そもそも孔文革の名前の元ネタは馬文革だぞ。

「建国」とかの愛国的な名前を付けるのは昔の人にはよくある。
ただ創作物になると、そういう名前のキャラは出ないかも……

「ヨルムンガンド」の陳国明もあえていうならそちらのカテゴリかもね。
最近の作品で現代を舞台にしている場合はちゃんと現実の中国人っぽい名前のキャラが出るように思う。

「ガンダム00」の王留美も違和感は無い。わりと昔の名前という印象になるけど。
(訳注:中国語ではアメリカが「美国」なので、「留美」だとアメリカ留学という意味になります)

実在する名前を元にしたと思われるキャラでも、一昔前の人物、歴史上の人物だとヘンな感じになったりもするね。出て来る時代と合わない、現代ではそんなに使われていない組み合わせとかで。

実在するもので今でも違和感ないか……「ガンダム」の林有徳は間違いなく中国人っぽい名前だろ。

林有徳は中国語化されたキャラ名だぞ。
「ブライト・ノア」の公式中国語表記は布莱徳・諾亜だ。中国全く関係無い。

えっ……林有徳って翻訳で創られた名前だったの?
上で出ている王小明みたいに。

そうだよ。初代ガンダムは香港に入る際にキャラ名やMS名などの固有名詞が「中国語化」された。
ガンダムに限らず一時期の香港はみんなこんな感じで「中国語化」した名前になったから、香港経由で広まった作品の名詞はわりと混乱している。

香港訳だとザビ家のキャラが「楊」だから、「楊家」になって宇宙世紀感がかなり消えるんだよね。ミネバ・ザビとか「楊小美」とかになってたし。

ガンダムのキャラ名の翻訳は混乱しているが中には「ジュドー」を「朱徳」と訳した危ないのもあってだな……なまじ日本語の発音にかなり似ているから困る。
林有徳もそうだが香港訳の馬沙(シャア)、李阿宝(アムロ)、楊大基(ギレン・ザビ)なんかよりもよほど良いのが……
(訳注:現在、ジュドーの中国語表記はや「捷多」や「杰特」が一般的になっている模様です)

「デジモンテイマーズ」の李健良は妹の小春も含めてアリ。

いたいた。李健良は普通にありそうな名前だった。
だが……このキャラの最大のツッコミ所は兄の名前が「李連杰」(ジェット・リー)だという点だ!

誤訳の結果という説もあるが、「銀英伝」の楊威利は違和感のない、キャラのイメージにもあった中国人名だと思う。

ヤン・ウェンリーに関しては私も楊威利がしっくりくる。

日本の公式表記は楊文里だっけ?楊文理だっけ?

田中芳樹公認のは楊文里だな。アニメでのスペルもYang Wenliになっているから「威」(wei)を使うのは正しくない。
でも私も彼に関しては楊威利の方が良いと思うんだよね。



とまぁ、こんな感じで。
中国語ネイティブの人達にとって違和感のない中華系の名前のキャラというのは案外少ないようですし、「普通にありそうな名前」だと思っていたものが実は翻訳の際に「現地化」された名前だったりするケースもあるようです。
キャラ名の現地化については過去の記事
名前を「現地化」されたキャラについて語る中国オタク
にも書いておりますのでよろしければご参照ください。

それと今回の反応を見て面白かったのは、上のコメントにもある
「時代の変化による違和感」
という点でしょうか。

考えてみれば日本も戦国武将などの名前をそのまま現代に持ってきたら「変わった名前」になってしまうようなケースもありますし、実在する中華系の人名からとった名前でも、登場させる時代背景によっては違和感を生じさせてしまうケースがあるのでしょうね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


10/6修正:誤字脱字を修正しました。ご指摘ありがとうございます。