ありがたいことに
「中国のゲームに日本の声優が起用されることが増えていますが、中国ではどう受け止められているのでしょうか?最近は『陰陽師』のように和風テイスト、日本の声優起用という日本向けと見紛うようなゲームも出ていますが」
という質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

質問にもある、今年中国でサービスが開始されで結構な人気になっている「陰陽師」などは、タイトルの通り完全な和風テイストのゲームになっていて、ボイスも日本の有名声優が起用されています。
網易の陰陽師公式サイト(中国語)
中国のニュースサイトにあった9月の時点のCV一覧(中国語)

それからこちらのニュースサイトの記事(中国語)でも陰陽師に出演している日本の声優が紹介されています。
こっちは色んなキャラ画像を勝手に使って紹介しているのですが、声優に対して中国でどんなイメージを重ねているかが見て取れるのは興味深い所でしょうか。

またbilibiliで配信されているゲームを見ても、中国国産のゲームで日本の声優が起用されているものが結構あるようです。

この中国における日本の声優を起用したゲームの増加については中国でも話題になっているようなので、中国のソッチ系のサイトで行われていた
「なぜ中国国産ゲームに日本の声優が使われるのか」
といったことに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


なんで中国国産のゲームに日本の声優を使うんだ!?
最近そういうゲームが目に付き過ぎる。これが日本のゲームなら分かるが、なぜ完全国産のゲームに中国の声優を使わず日本の声優を使うんだ。

ここ最近のソーシャルゲーム、日本の声優の起用が一気に増えたよなあ
2年前に崩壊学園が釘宮理恵を起用した時なんかは大きな話題になったが、今ではそんなに珍しくなくなったような気がする。

網易の「陰陽師」なんかは日本の声優どころか、ガワまで完全和風の作品になってるもんな。

なんで国産ゲームなのに日本語音声なんだ!中国らしくない!気分が悪い!とかいう文句が出る、いやもう既にかなり出てるだろ。

そういうのは客として計算してないんじゃないか?
日本の声優を使うような二次元系デザインの作品については、多かれ少なかれ日本のアニメを見る層と重なっているだろうし

それでも「陰陽師」とかどうなんだと思ってしまう。

あれは背景が完全に和風だから日本語音声でも問題無いだろ。
日本のゲームだって「バーチャファイター」は外国人声優を起用している。なぜか中国人キャラは日本人声優だが!

「陰陽師」って日本の作品じゃなかったのか。

「陰陽師」は網易の国産ソシャゲだぞ。現時点では中国国内向けのみ、日本への展開は無し。日本のネットでもなぜ中国向けでこんなの作ったんだとツッコミ受けてる。

でも日本では三国志に中国の声優起用しないってのに……

「陰陽師」は極端な例だろうが、二次元系の作品で日本の声優だけを起用するのはどういうことなんだ。

簡単な話だ。
中国語のボイスは反発が大きい。プラスの材料として使うのが難しい。

同意。中国語だとボイスが合わない、微妙だ、なんて反応が多くなる。日本の声優も合わないとか棒だとかもいるはずなんだが、なぜかそこまで大きな問題にはならない。

日本語のボイスじゃないといけないってのはさすがにマニアックな嗜好だろ。ここは中国だぞ?それも中国国産のソシャゲがなぜ日本語を実装するんだ。

何と言えばいいかな。
好き嫌いとかじゃないんだよ。中国語のボイスになんとなく違和感を覚えるというか……

中二病的なノリは日本語の方が、深く考えないでいいから恥ずかしくない。

私が引っかかっているのは、日本の声優を起用するのに安くないコストがかかるはずなのに、なぜわざわざこんなことをするのか、ということだな。日本の声優嫌いじゃないけど、そこは不思議。

CG作り込むのやプログラマを長時間拘束するよりはコストかからんぞ。ウチの国の使える人材の人件費はどんどん上がっている。
それに日本の声優の起用に関してはスケジュールが計算できるから予算に組み込みやすい。

クオリティで考えたら日本の声優はコスパ抜群なんだよ。
それに日本の大手声優事務所を通せば現在の人気声優複数+残りも一線級みたいな起用ができる。
まぁそれでも無茶苦茶安いってわけじゃないし、ウチの国の声優使うよりは高くなるし、外貨でキャッシュが必要になるけど。

中国でも声優では無い有名俳優とかを起用したらトンデモナイ額になるし、それと比べると日本の声優はコストパフォーマンス良いだろうね。

国内の声優業界が始まったばかりみたいなもんだからね。
もちろん吹き替え声優はいたけど役者枠の扱いになっていたし、声優としてクローズアップされて専門カテゴリになったのはそれほど昔の話じゃない。

中国の声優でもちゃんと萌えボイスを当てたりできるんだが……

現在の環境ではCV自体がセールスポイントになっているから、二次元で有名な日本の声優が起用されるのは当然なのかもしれん。

それは間違いないだろう。
商業的な観点から考えた場合、重要なのは収益につながる人気でそれに関しては国内の声優より日本の声優の方が上。
それに例えばこれが武侠系作品で中国の歴史上の有名人物だとか、抗日戦争ベースの中国人キャラだとかを日本の声優で日本語喋らせるならば問題だろうけど、架空の世界観とキャラによる作品であれば、日本の声優を起用しても我が国の敏感な問題にはひっかからないからね。

俺みたいな日本語の発音が耳障りな人間にとって、今の状況は耐え難い。

ボイスの種類を選択できるようにすればいいと思うんだが
複数の言語から選択できるように。

でも、中国語のボイスつけても叩かれるよね。

叩かれるな……日本語つけたらなぜ国産ゲームなのに日本語ボイスなんだと叩かれ、中国語つけたら日本っぽいゲームなのになぜ中国語ボイス何だと叩かれ、日中両言語のボイスにしたらなぜ別の言語が無いんだと叩かれる。
消去法と費用対効果で日本語ボイスになるのはなんだか納得できてしまう。企画するなら自分だってそれを選ぶ。

戦艦少女Rでさえそんな感じになっちゃってたな。

戦艦少女はボイスの役者の数、演じ分けの幅とかでもうどうにもならんかったしなあ。艦これとかを見ると日本の声優の技術と層の厚さを感じる。

一応国内も良い声優いるよ。映画の吹き替えとかに。
でもアニメやゲームにはまわってこない。

こういうゴタゴタがあるから私ボイス無しの方が良いと思ってしまう。
好きなゲームでボイス実装!とかやられて荒れて嫌になったことだってある。

多言語実装とか、更に非現実的なのにそれを要求するのがいるからな……

こういうのは時間が経てば変わって来るだろう。
今増えている中国国産アニメと中国語声優で育った世代が増えれば自然と中国語ボイスへの反発も減るし、金になる分野だから国内で声優も育ってくるし中国語ボイスの作品も増える。すぐに変えられるもんでもないが、焦るもんでもない。

声とか結局宣伝材料だからな。
花澤香菜とかウチの国のネットで「兵庫北」のネタ表情で有名になってるだけな所もある。話題になるから、目をひくからってのが前提としてある。実際のユーザーの需要はその次だ。

ユーザーの需要の前に、株価への影響や関係者の説得というのがあるぞ!!
日本の有名な声優の起用は、プロジェクト内でも使い易い説得材料だ!

しかし実際の所、声優のために遊ぶってのはどの程度いるんだろう?
狙いとしては理解できるが、効果についてはいまいちハッキリしない。

俺みたいな普通の人間は声優なんてほとんど知らんぞ。

実際、金使う層はそんなにいないように思う。
こっちで開催される日本の声優イベントもディープな一部が回しているだけだし。

人を集めればソシャゲは勝算が出てくるから、最初から金を使う人間を集めなければならないわけではない。
集めた人間に対して、金を使うように誘導すればいいのだから。そういうのはウチの国の運営は本当に上手い。

わりと本気で、制作サイドが日本の声優を使いたいからというのも理由の一つだと思う。
地位と資金が手に入ったから、自分の作品に自分がファンをやっている日本の声優を起用するという、公私混同的なことをやっている可能性は普通にある、というか業界の知り合いにそれをやったヤツがいる!

私はイラストにひかれることはあっても、声優にひかれることはないな。

そこは声優本人がどうこうじゃないんだよ。
例えば「銀さんを演じた人が出演」「ルルーシュを演じた人が出演」的な話で見ればいい。その声優が演じた人気キャラがそのままブランドになって宣伝材料になる。

ああ、なるほど……それは二次元系の作風のゲームにとっては大きいな。吸引力が発生するのも理解できる。

メインターゲットが声優ファンじゃなくて、二次元ファン、アニメのファンだと考えたら日本の声優を起用するのは納得できる。
スポンサーは投入するコストに対する効率の良いリターンを求めるのだから。

別に国内の声優が悪いってわけじゃないが、影響力という点では日本の声優がかなり上なのは事実だからな。商売で大事なのはそこ。

現在、ソシャゲ市場の加熱で他作品との差別化、宣伝のできる要素が欠乏している。現在の環境ではごく一部の大作を除いて、イラストやゲーム性「のみ」でユーザーを呼び込もうという段階は終わっている。
IPの確保とか、日本の声優の起用というのは宣伝のためというのが大きいのだろう。

日本の声優が宣伝広告、看板として大きいのは間違いない。
声優ファンじゃなくても、アニメを見ていれば「どの作品の声優」と言われればなんとなく興味を持つし、人気キャラだったらそのイメージも活用できるってのはやはり大きいよ。

ウチの国は「声」で「分かり易く」宣伝できるだけのブランドを持った声優はまだいないからね。
こっちのソシャゲが日本の声優を起用するのは、日本の声優ブランドをこっちで活用しているという見方もできると思う。



とまぁ、こんな感じで。
遊んでいる人は日本のアニメにも慣れているのでそれほど問題は無く、ユーザーの方でも日本の声優には一定の宣伝効果が期待できると納得しているような所も見受けられました。

また中国の声優の層の薄さ、客を呼べる看板となる声優がまだ少ないことについての嘆きの声も見かけましたが、この辺については時間が経てば解決する、そのうち声優も含めて完全国産の人気作品も出て来るのではないかとも思えますね。

この状況が何時まで続くかは何とも言えませんし、中国における過去の様々なアレコレ、チャイナリスクの表面化した事例なんかもありますから、日本側はあまり深入りせずにちょっとしたボーナスくらいの扱いでやっていくのがいいのではないかという気もします。
現在の需要がずっと続くわけではないでしょうけど、需要が完全に消えることもないでしょうしね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております