ありがたいことにネタのタレコミをいただきましたので、今回はそれについてを。

中国オタクのマニア層の間では
「ドリフターズ」

のアニメが好評のようですが、それに合わせて歴史上の人物の創作における活用方法といったものが話題になっていたりするそうです。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「マイナーな歴史上の人物を活躍させる」
といったことなどに関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


島津豊久みたいなマイナーな歴史上の人物を主人公にするのって面白いね。そういうアニメや漫画がもっと増えてもいいんじゃないか。

とてもよく分かる。「ドリフターズ」を見ていると、そういう作品に夢を感じるよね。
異世界トリップというのもいいけど、私はマイナーな歴史上の人物を主人公にした歴史をテーマにした作品をもっとみたくなる。

だがマイナーな人物を題材にするのは難しいんじゃないか?
アニメになるのは商業的に一定の成功がなければ無理だろうし、マイナーな題材は商業的な競争ではどうしても不利になる。

「キングダム」とかは日本社会では一般的な知名度が微妙な中国歴史の時代及び武将をテーマにした作品なのにアニメ化まで行ったから、希望が無いわけじゃないと思うが。

一般的には知られていないけど実はスゴイことをやっている人物って探せば出て来るからね。まニアは知っていても、その分野に興味の無い一般人は知らないというレベルの人物が。
例えば平野耕太もネタにしているが、ナポレオンの部下のダヴーとか不敗で行政手腕もあってと優秀過ぎる。だが世間的にはナポレオンしか知られていない。

うーむ……面白ければいけるのかもしれないが、マイナーな武将を活躍させるとかになるとやはり難度が跳ね上がると思うんだが。

そもそも資料が足りなくなるのでは?

あまり誇張すると批判される可能性が……
既に評価の高い有名な人物と比較した場合どうなのかという話になる。

とは言え、現代社会で有名な歴史人物の評価も、創作やら誇張やらが混じっているからな……見せ方次第だと思う。

ウチの国の歴史を見ていると活用できそうな人物はたくさんいると思う。
史記を読んでいるとトンデモナイ人生を送った、主役級の扱いができる人物がゴロゴロ出て来る。

創作に対する向き不向きとかについては?
例えば周辺事情や人間関係を広い範囲で説明しなければいけないのは作品をスムーズに進める際の障害になるだろう。

実際の所「ドリフターズ」に出て来る人物も、アニメや漫画ではあまり題材になってないだけで、歴史的には有名な人物だからね。
本当にマイナーなのは主人公の島津豊久くらいだろう。

いや、島津豊久は島津家の武将だし日本の戦国時代ではそれなりに有名なはずだぞ。
私はアニメや漫画で使えるマイナーな歴史人物って、その分野が好きなら知っているし評価しているけど一般には知られていない、そして一般向けの有名作品も無いような人物だと思う。

島津豊久は関ヶ原で徳川四天王の井伊直政に討ち取られたが、その際に井伊直政に重傷を負わせて島津義弘の撤退を成功させた島津の退き口で知られている。
これが関ヶ原の勝敗が決まってから徳川軍が損害を受けるわ重要武将は負傷するわと有り得ない展開として有名なんだよな。

日本の戦国時代でマイナーな武将をテーマにして成功した作品は「へうげもの」じゃないか。古田重然はあの作品の前は日本の戦国ファンの間でも知られていない、知っていてもせいぜい千利休の弟子くらいの認識しかなかった。
一応司馬遼太郎が過去に題材にしているそうだが、別の人物と混同しているという指摘が入っている。

主人公キャラがマイナーな歴史人物なのは構わないが、メジャーな人物との関係が無いとダメだろう。
その時代の大きな流れと関係しないと、感情移入がし難くなる。

日本で作られた作品って、日本で有名な歴史武将が使われるからこっちの感覚では意外に感じることが少なくない。
人気が出るかは分からんが、普通に日本の歴史ネタの作品を持って来れば、こっちではマイナーな歴史人物の作品になるというような気がしないでもない。

マイナーな歴史上の人物を使うのは良いが、史実の有名な人物、評価の高い人物を踏み台にするのはどうなのかなーと思う。メアリースーと何が違うんだという話に感じる時がある。

確かに歴史に残っていないという設定のオリキャラ的な存在を入れるのとあまり違わないような気もする。でも完全オリジナルよりも背景はしっかりしたものになるし、やり易そうではある。

そこは好き勝手にやるのをある程度は許容してもいいんじゃないか?
マイナーな歴史人物が面白くなるのは、評価が定まっていないという点も理由だろうから。

歴史上のネタで有名所を出すと、人にしろ事件にしろ戦争にしろめんどくさいからね……軍事関係だとオタクのツッコミが鬱陶しいし、歴史問題ではヘタしたら政治的に敏感な問題に触れてしまう可能性もある。

ウチの国は有名なのでもマイナーなのでも歴史ネタはめんどくさいことになり易いからなあ。作品がマイナーで終わるならそれほど問題にならないだろうけど、アニメになると……ドイツの総統ネタとかも厄介なんだろうけど、こちらもメンドクサイ。

しかし有名で使い易い歴史上の人物は既にだいたい使われてしまっているのではないだろうか?最近のソーシャルゲームの三国志の武将の扱いとかを見るとそんな気がしてくるんだが。

確かに。三国志系は国産でも既に武将をキャラとして使い切っている感があるか。時代もキャラもマイナーにしなければならないとなると、さすがに厳しそう。

でもそれはキャラだけで、そういったキャラが独自に活躍する作品というのは少ないと思うよ。

私はマイナーなキャラで、メジャーな時代を描写する作品がみたいね。作者の力も必要だろうけど。

別に「全く知られていない人物」を使う必要は無いんだよ。誰もが知る定番を外すということができれば十分だと思う。

どこで、どうやって活躍させるかというのが難しい所だ。
創作、アニメや漫画で使われていない人物というのは探せばたくさんいるだろうけど、そういうキャラは大抵扱い難い所が有るし、いわゆる主役級を普通に活躍させるより難度が高い。

やはり架空の世界に召喚でもされるか?

歴史の中でそのまま出すと、その時代の有名人物との競争みたいな話になってしまったりするからなあ。有名な人物が有名なのには理由があるわけで。

そこはもう、いっそのことマイナーな人物をモデルにしたオリキャラとかにするのはどうだ?0から創るよりも説得力が出るだろうし。

やはりキャラを出すだけならともかく、それを活躍させるのがマイナーな歴史上の人物だと難しい気がする。キャラを作るまでは楽なんだよ、わりとみんな妄想できるだろ?

「活躍させる」か……そう考えるとFateの聖杯戦争システムの使い易さを改めて実感するわ。

あれは基本的にキャラ設定と紹介エピソードだけでいいからな……あとは聖杯を巡る戦いになるので、動機や活躍の方向も固まっているわけだし。



とまぁ、こんな感じで。
堂々巡りっぽくなったりもしていましたが、マイナーな歴史ネタは意外にいけるのでは……と考える人は少なくないようでした。
またそれと同時にそういった題材による面白い作品を作るということの難しさを認識してしまう人もいるようです。

しかしこの辺りに関しては、まだまだ未発見の鉱脈が埋まっていそうな気もしますね。
歴史ネタは様々なコンテンツでの定番ですから「一般的なレベルの知識で理解できる」部分さえあれば、マイナーな歴史上の人物とその活躍を容易に受け入れることが出来るでしょうし。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。