ありがたいことに
「中国でスパロボVのヤマト参戦はどう受け止められているのでしょうか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

スパロボの新作の参戦作品に関しては中国オタクでも話題になっていますし、
最新作の「スーパーロボット大戦V」

の参戦作品に関する情報も早速入っているようで、「宇宙戦艦ヤマト」の参戦に関してもちょっとした話題になっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていた
「宇宙戦艦ヤマトのスパロボ参戦」
に関するやり取りを例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


ヤマトのスパロボ参戦でスパロボの基準が分からなくなった
いったいどこまで参戦できるんだ……

「宇宙戦艦」ヤマトも参戦か。もう何が何だか。

私もヤマトは参戦できない作品だと思ってたから驚いた。

なんで「宇宙戦艦ヤマト」がスパロボに参戦できるんだ?
新作の内容よりもそこが気になってしまう!

自分も。これは、日本のオタクの間では宇宙戦艦ヤマトもスーパーロボット、ロボット系作品枠として見ても問題無いということなのだろうか?

俺はヤマトが参戦できるなら……と参戦の期待作が増えて嬉しい。

例えば?

とりあえず「ロスト・ユニバース」とかに期待したくなるね!

私は「星方武侠アウトロースター」とかを希望する。
格闘属性の武器がある戦艦になれるぞ!

「星界の戦旗」とか参戦してくれないかなー

「ロスト・ユニバース」か……確かに参戦できるならして欲しいね。

同意だ。
私も子供の頃に見た作品だから参戦して欲しいな。あの作品がスパロボ参戦と妄想したこともある。

「ロスト・ユニバース」はマイナー過ぎてダメじゃないか?
あの作品、日本では「スレイヤーズ」関連で有名なだけだろう。

いや、他のもっとマイナーな作品も参戦しているからそこは問題にならないと思うが。

「ロスト・ユニバース」は間違いなく日本で有名だよ。もっとも、伝説の作画崩壊アニメとしてだけどね……そういうネタ経由でもいいから参戦してくれないかな。

ヤマトが参戦できるとなると、ハーロックや999が今後参戦する可能性もあるということか?

この参戦は「宇宙戦艦ヤマト」は日本のアニメ史、オタク史において特別な地位にあるから、その地位による「裏口」、特別措置じゃないか?
これによって非ロボ系の作品がスパロボに参戦できるようになったとは思えない。

そういう見方もできるのか。
ところで日本のスパロボファンからの反発や、逆に「宇宙戦艦ヤマト」のファンからの反発と言うのは無いのだろうか?

それは私も気になるね。
日本ではスパロボ系作品のファンとヤマトのファンって重なっているのか反発しあっているのか分かり難い。しかもヤマトファンは日本でオタクが形成されるきっかけになった作品で、ファンもスゴイのが多いと聞く。

日本のオタク界のガンダムのファンとヤマトのファンの摩擦だか衝突だかはめんどくさいと聞いたことがあるな。実際どうなんだろうね。

すいません、「無限のリヴァイアス」とかはどうなんでしょうか……平井キャラだし、SEEDやファフナーとの親和性も高いと思うのですが……

戦艦だけの作品がOKということなら、SF系の作品がたくさん出せるようになると思う。

これまではスパロボに参戦するためにはロボか、最低限人型と言うイメージがあったよな。

「テッカマンブレード」が出た時点でもう何でもアリだろ。

強い戦艦があるなら参加できるというのは夢がある。

「蒼き鋼のアルペジオ」とかどうでしょう!
「フルメタル・パニック!」だって参戦しているから参戦も不可能じゃない!?

よし、ここは「無責任艦長タイラー」ということで。
ストーリー的にも面白い組み合わせになると思うんだけど。

「無責任艦長タイラー」はアニメ版と原作版でストーリーが大幅に違う上に原作者がアニメ版をよく思っていないからなあ。
しかも原作の方もリメイク版でずっこけたから無理じゃないかな……同じ作者の「アイドル防衛隊ハミングバード」の方が望みがあるという説を見た事がある。

最近はスマホ版の方で予想しなかったタイトルの参戦、「ゴジラ」や「クレヨンしんちゃん」とかが出ているし、権利問題以外だとそこまでハードルは高くないのかもしれん。

スマホはコラボイベント的なものだから別枠で考えた方が良いのでは?
ゲーム機タイトル参戦までの第一歩的な見方は出来なくもないが、やはりゲーム機の作品への参戦とは区別するべきだと思う。

私はヤマトの参戦は「戦う歩行系ロボ無し」という意義があると思う。
「テッカマンブレード」だって「ゴジラ」だってロボはいた。
ヤマトは戦艦と戦闘機だけだ。

そう言えば戦艦と戦闘機の作品が出られるということは、戦闘機だけってのは出られるのだろうか?
私が具体的に気になるのは「戦闘妖精雪風」が出れるのかということなんだが。

ヤマトは権利問題が整理されたからようやく参戦したのであって、元から参戦企画はあったんじゃないかな?
ヤマトの権利問題はとてもめんどくさいと聞く。

自分は「宇宙戦艦ヤマト」よりも「クレヨンしんちゃん」の参戦の方が気になる出来事だね。「クレヨンしんちゃん」がいけるなら「ドラえもん」もいけるんじゃないかと。

ああ、なるほど。
ザンダクロスか!

そうだ。百式より使えると思うぞ。
もちろんドラえもんの秘密道具のプラモ兵器とかロボとかでもいいけどな!

自分はスパロボに銀河の歴史がまた一ページ加えられることをずっと待っている。ヤマトの参戦でその期待が高まった。



とまぁ、こんな感じで。
ヤマトがいけるなら……と様々な妄想が飛び交っていました。

中国オタク界隈においてスパロボは様々な作品のデータベースを兼ねているような所もあるので、参戦作品をスパロボ経由で知る、関連情報を調べて評価を知るといったことも少なくないそうです。

今回も「宇宙戦艦ヤマト」をきっかけに、中国オタク界隈における日本のSF系アニメ作品の認識や広まり具合に変化が出て来る可能性もありそうですね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。