ありがたいことに
「1日でサービス終了となったDMMのゲーム『カオスサーガ』の中国での反応」
に関する質問をいただいておりますので今回はそれについてを。

DMMが1日で終了したゲーム「カオスサーガ」についてコメント 「他社の権利を侵害している可能性がある」(ねとらぼ)

私も艦これの遠征のついでにDMMのゲームページを見て知ったのですが、なかなかにスゴイ記録となってしまったようですね。
この件に関しては中国のネットの方にもこちらの記事(中国語)などで早速伝わっている模様です。

そんな訳で以下に中国のソッチ系のサイトで行われていたこの件に関するやり取りを、例によって私のイイカゲンな訳で紹介させていただきます。


中国のゲーム会社が開発に参加したゲームが1日でサービス終了という日本最速記録を打ち立てた!!
……いつものシリーズということで、日本に笑いを提供できた模様。

日本もソシャゲ系は結構中国のゲームが入っているようだし、この手の爆発案件ネタも定期的に供給されそうだな……

サーバーに障害出てサービス開始1日でいきなり長期メンテのサービス休止ってのはウチの国でもあった気がするが、版権問題で1日で終了というのは初耳だ。

中国のブラウザゲーなんて金を騙し取る専門家なんだから気を付けないといけないのにな。ウチの国の人口が多いから成り立って発展してしまったジャンルだ。

これはきっと、サービス終了の記録を更新するためにサービスを始めたに違いない。

確か以前、日本では中国系ゲームの「暗黒英雄」が11日でサービス終了という記録を打ち立ててニュースになっていたはず。
その記録を破るのは、やはり我が国のゲームだったか。

「暗黒英雄」はバグ関連だったが、こっちは権利問題という新たな手法で新記録!

でもどこがパクリなんだ?
日本のネットで話題になってるNPCの画像を見てもどこがパクリなのか分からんぞ。

日本人はよくこんな所のパクリまで気付くな。
そこは感心するよ。

いやさすがに並べられたら一目で分からないか……?
これはモデリングデータのパクリだろう。描画状態が違うからパクリに見えないのかもしれんが、パーツやテクスチャが一致し過ぎている。

コレを作った連中は中国の瘴気に慣れ過ぎていたのかもしれん。
壁の中ならまだやれたが、国外にまで出て「原作」にぶつかるとか、もう言葉も無い。

日本側もなんでこんなのに引っかかるかなあ……
開始1日でバレて炎上って、日本の常識ですぐに分かるレベルのやらかし、企画段階でチェックされるべきものだったんじゃないの?

日本のゲーム会社の海外作品のチェック体制ってどうなってんだろうね。

この事件によって日本の代理運営の業者達も中国のネトゲの恐ろしさを記憶することになるだろう。

いや……DMMのゲームを見ているとガワだけならウチの国のその辺のゲームの方が良く見えたりもするし、今後も簡単に引っかかるような気がするんだけど?

さすがにそれは……このカオスなんとかなんて明らかにウチの国のゴミゲーによくあるインターフェースじゃないか。見えている地雷だぞ。

イラストとかモデルで見るとDMMとか日本のスマホゲーより派手だったりする。それにこっちのゲームのイラストは日本の流行のタイプとは異なるから目新しく感じられたりもするそうだ。
それが全部自前ではなく、他所のを勝手に使ったりしてるからこういうことになるんだろうけど。

担当者がゲームの内容に興味が無い可能性がある。
日本で騒ぎになった原因にモデルのパクリ元がFF11だからってのもあるんだが、日本のネットゲーマーなら一発で分かるレベルのものだったそうだ。恐らく、日本でサービス開始即停止になって大炎上したのもFF11のモデルだったからだろう。

まぁこんなもん作った方が悪いのは間違いないが、サービス開始までやっちゃう日本の運営関係者もどうなのかとは思う。

あとは知っていたけどこの程度ならバレないと思ったとかかもな。

その可能性も考えられる……実際、DMMは昔「グランブルーファンタジー」をパクった18禁ゲームを出そうとして、クローン的なパクリではなく関連素材(ゲーム内容に関しては事前登録段階だったので不明)のソースの直接的な盗用がバレて炎上した前科があるからな。
ちなみにそのゲーム、延期したものの普通にサービス開始となってセールスも好調で18禁ゲーランキングの上位にいる。

DMMは「刀剣乱舞」でも画像盗用が発覚してニトロプラスと一緒に謝罪してたな。

なるほど……どこまでが過失でどこまで故意なのか分からんのか。だがどちらにしろなんでこういうゲームが世に出てしまったのかという疑問は残る。まさにカオスだ。

しかしこんな感じのゲームって誰が遊んでるんだろうな。

最初だけ、スタミナ回復する期間だけ遊ぶとか、最初にばら撒くギフトで良いの「当てちゃった」ようなヤツじゃないか?
広告やポータルの宣伝からタダで試しにやってみようというのは常にいるから。

日本の主流とは違うから価値があるように思われるのかね。
こういうゲームってウチの国ではゴミのようにあるのに。

見ろ!ゲームがゴミのようだ!

確かに見たら一発で分かるレベルだよな。

実際、日本のDMMの跡地に残っていた情報を見ただけでもウチの国のうるさい広告によくあるゲームだと分かる。

ウチの国は日本のゴミアニメに引っかかるが、日本はウチの国のゴミゲームに引っかかると……世の中って意外にうまく回っているもんなのかもしれん。



とまぁ、こんな感じで。
さすがに1日でサービス停止は中国でもネタになるレベルだったようで、背後関係も含めて、イロイロな疑問も出ているようでした。

それにしてもこの手の中国ではそこまで問題にならない(中国でも法律的に問題が無いわけでは無い)ので行われているパクリ、無断使用についてはゲームに限らず、中国からコンテンツを輸入する際には常に付いて回るリスクですね。

現在の中国国産アニメの中にも「日本に持ってきたら権利的に危なそう」という作品がありますし、過去には日本展開の計画も動いていたのに、いわゆるパクリ系の「恶搞」ネタが劇中に多過ぎたことなどが理由となり計画中止となった作品なんてのもあったり……
また無断使用については今回の件のようなモデルなどのデザイン関係以外にも、効果音やBGMについてのケースもあります。

しかもこういった問題に関しては作っている中国側でさえもきちんと把握していないことが珍しくありません。無断使用を悪い事だと思わずにやっているケースもあれば、制作者の中に暴走したのがいて自分の好きなアニメの素材を勝手に使っていたなんて話も聞いたことがあります。

そんな訳で中国から日本に作品を入れる場合に権利面でのチェックをきちんとやろうとしたら、それなりに手のかかるものになるかと思われます。
ですが中国の業界の方からは

「中国ではかなり分かり易いパクリ、無断使用をやっていたりするが、パクリ元の作品に関する知識が日本ほど広まっていないので気付かない人も多い」

「中国国産コンテンツのパクリ問題をチェックするには広いジャンルの、新旧の作品についての知識が必要になる。しかし中国ではオタクの最前線の人間であっても年代ごとに知識が偏っているので思わぬ所で守備範囲外の作品が出ることもあり、この手のチェックができる人材が少ない」

という話を聞いたことがありますし、日本側も丸投げせずに自前でのリスク管理をしっかりと意識するべきなのでしょうね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。