ありがたいことに
「最近多いアイドル系のアニメ、ジャンルは中国ではどうなのか?」
という質問をいただいておりますので、今回はそれについてを。

中国でも「ラブライブ!」が凄まじいレベルで人気になりましたし、中国の動画サイトで正規に配信されるアイドルをテーマにした新作アニメも少なくないことから、アイドル系のアニメやそのジャンルはかなりきっちりと認識されているようです。

もっとも「ラブライブ!」以降に大人気になった作品というのは出ていないようですし、中国オタク的にはやや難度の高いジャンルになっている感もあるそうです。

中国のソッチ系のサイトでは
「アイドル系のアニメを楽しむにはどうすればいいのか」
といったことに関するやり取りが行われていましたので、例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。


アイドル系作品にハマれない。どこを楽しめばいいんだ……教えてくれ……

最近はアイドルがテーマの作品が多いよね。
昔はアイドルキャラだけだったのが、今ではアイドル業界やシステムがメインになってきている。

そうなんだよ。
だからどうにか頑張って楽しもうとしているんだが、どの作品も3話辺りで脱落してしまうんだ。

合わないなら別に無理して見る必要ないと思う。
スレ主はなぜそんな無理をするんだ?

なんて言うか、これだけアイドルジャンルの作品が作られていると、楽しめない自分は間違っている、損をしているような気分になってしまって……

ストーリーじゃなくてキャラを中心に見るつもりでいけ!

すまん、そこが最大の障害なんだ。
キャラのデザイン自体は好みでも、アニメの中のキャラの行動が好きになれないで挫折し易い。

アイドル系の作品を楽しむコツがあるなら私も知りたい。
私はストーリーというか、作中の障害や心配事がなんか受け付けない。
現実的なんだが、キャラが現実的でなかったり、納得できない行動をしたりで。
いや、アイドルの女の子と自分の考えが合うわけがないのは分かっているんだが。

なんとなく理解できるかも。
私もライブに至るまでに頻発する障害がヒヤヒヤするというか、見てらんない。

アイドル系の作品は、可愛いキャラはいるけど、カッコイイ、納得できるキャラは貴重。

迷走するというか、考え無しに見えるようなキャラが少なくないかもしれん。そこが気になると厳しい。

中にはアタリもあるし、普通に見れる作品もある。
「アイドルマスター」なんかがオススメ。

この間やっていたのを見たけど、自分には微妙だったんだが……

ああ、そっちの「シンデレラガールズ」ではないよ。
オススメなのは本編の765プロの話の方だ。王道ストーリーでアイドルの仕事を描いている。

私もアイドル系作品の楽しみ方は気になる。
あれだけ量産されているんだから、楽しめる所があるのでは……と思ってしまう。

オタクとして、そして年齢によるものもあるんじゃないか?
若いとき、学生の時、社会人のときでは好みが変わっていくし。日本ではオタクの年齢が中年から老人クラスまでいるからアイドル系も需要があるのでは。

最近のアイドル系アニメ以外にも、「ラブライブ!」や「アイマス」もそれぞれ独立した作品になっているから、好きなのを試して合わなかったら放り投げるとかでいいと思うぞ。

いっそネタ重視でツッコミながら見るとか……
「Wake Up, Girls!」とかはその手のネタが豊富。

あれは……さすがに……

「Wake Up, Girls!」は日本ではまだ活動続いているらしいね。アイドル系はやはり他のジャンルに比べて生き残り易いのか?

アイドル系は一般向けじゃない。コアな層から稼げるから量産されているだけだ。
アイマスの時代からアイドル系の作品は一度ファンが付くと長く、高い客単価で稼げるんだよ。「ラブライブ!」とかディスク売れない時代なのに圧倒的な売れ方だし。

一般向けアイドル?
なら「アイカツ!」にハマろう!
ウチの国でもアーケードゲームが遊べるぞ!!

アニメがダメならゲームはどうだ?
私はアイマスに関しては音ゲーのソシャゲから入ってハマった。

音ゲーはハードル高くないか?
環境やスキルの差も出る。
それにアイマスのスマホゲーは日本のアカウント作る必要があったような?

うーむ…・…音ゲーもダメだと、とっかかりがかなり難しいかな。

音ゲーがダメだったけどキャラは好みだったので、デレステではなくモバマスの方で課金するようになってしまった自分のような人間もいるぞ!

普通に歌やライブシーン経由とかはどう?
最近のアイドルアニメってほぼライブシーンがあるから、そこだけ見ていくのもアリだと思う。

自分もそこから「ラブライブ!」にハマったっけな。

私はライブシーンがなんか合わないから、逆にソシャゲの存在に助けられている。
アイドルのキャラとストーリー自体は好きなもので。

そもそも「ラブライブ!」は既に先達のラブライバー達が整備開拓していたジャンルだからな。中国語向けも含めて。
アニメ2期のPVで一気に人気になったが、着火して爆発する下地があったわけで、後発のアイドル系作品とは前提が異なる。

ある程度流行ってしまえばウチの国でも簡単に楽しめるようになるけど、そこまで行ったのって「ラブライブ!」だけだからな。
「ラブライブ!サンシャイン!!」も他のアイドル系作品に比べたらかなり良い方だが、本家との差は大きい。

そんなに頑張らないでもいい。
そもそもアイドル系の作品をアニメだけで楽しむのはちょっと違う。
オタク向けの場合、キャラと声優とライブも把握しておかないといけないジャンルだから……

「アイカツ!」とかの子供向けアイドルアニメとオタク向けアイドルアニメは分けて考えるべき。どちらもファンになると金が飛んで行くのは変わらないけどね!

アイドル系はハマると本当に抜け出せなくなる、かかる金も跳ね上がると言われているね。グッズだけでなくライブにも行くことになるから。

私もアイドル系が好きで色んな作品追っかけてはいるけど、脱落してしまう作品は結構あるから気にするな。
個人的には「シンデレラガールズ」とかキツかったし、1月新作のは全部脱落している!!

アイドル系アニメに関しては、「アイドルマスター」の本家の方のアニメが合わないレベルなら無理しない方が良いんじゃないか?
あの作品は最も安定したアイドルをテーマにしたアニメだ。

自分の嫁が決まれば自然とハマってしまう。逆に言えばその前であれば引き返せる。
あえてこちらに来る必要は無い……

自分や周囲のアイドル系作品にハマった人間について考えてみたが、なんだかんだでアニメ単体では無いね。動画サイトで弾幕とか以外に、ソシャゲとかライブとかも合わせてになる気がする。
アイドル系の作品ってファンが積極的に動く必要のあるジャンルだし、新しい方の作品に関してはウチの国で楽しみながら追っかけるにはハードルが高いジャンルだと思うよ。



とまぁ、こんな感じで。
ハマっている人は出ているものの、そこに至るまでが難しいという見方もあるようです。

中国における「ラブライブ!」の人気はさておき、考えてみればアイドル系のジャンルは中国オタク界隈では「アイマス」の頃からライトな層お断りな所がありましたね。

アイドル系の作品に関してはアニメ以外にCDやグッズ、ラジオ、ライブといったメディアも重要になるので中国オタク界隈では個人の能力(語学力、行動力、資金力など)や環境による格差が大きいジャンルの一つでしたし、中国でオタクをやって日本のアイドル系のアニメにハマる……というのはなかなかに厳しい道なのかもしれませんね。


とりあえず、こんな所で。
例によってツッコミ&情報提供お待ちしております。